>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4003 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS B 4003 : 1991 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,対応国際規格である ISO 296 : 1991, Machine tools−Self-holding tapers for tool shanks との

整合化を図るため改正を行った。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

4003

 : 1999

工具用テーパシャンク部及び

ソケット−形状・寸法

Machine tools

−Self-holding tapers for tool shanks

序文  この規格は,1991 年に第 2 版として発行された  ISO 296  Machine tools−Self-holding tapers for tool

shanks

を翻訳し,対応する部分については技術内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,

対応国際規格には規定されていない規定項目(ゲージによる円すい角度公差の判定)を日本工業規格とし

て追加した。

なお,点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,工具に約 1/25∼1/20 のテーパをもつテーパシャンク部及びソケットの形状・

寸法について規定する。テーパは,その用途に応じて次の 3 種類に区分される。

a)

一般的に用いられるテーパ

b)

小さいテーパ

c)

大きいテーパ

一般用として,推奨するテーパは,モールステーパ番号 1 からモールステーパ番号 6 で,形状及び寸法

を,

表 に規定する。また,小さなテーパとして,メトリックテーパ番号 4 とメトリックテーパ番号 6 及

びモールステーパ番号 0 を,大きなテーパとして,メトリックテーパ番号 80 からメトリックテーパ番号

200

までを同様に

表 に規定する。

この規格で規定するテーパの種類を

表 に示す。

表 1  テーパの種類

区分

種類

小さいテーパ

メトリックテーパ番号 4 及び 6,モールステーパ番号 0

一般的に用いられるテーパ

モールステーパ番号 1∼モールステーパ番号 6

大きいテーパ

メトリックテーパ番号 80∼メトリックテーパ番号 200

この規格は,モールステーパ番号 1 からモールステーパ番号 6 の引きねじ部において,全く異なる形状

のミリ系の M ねじとインチ系の UNC ねじは,厳密には同一値ではないが,どちらで製造してもよい。

この規格は,M ねじか UNC ねじの種類によって,全く異なる 2 種類の製品にねじ切りされる寸法を規

定している。これらの種類を区別するために,4.形状・寸法の図に示すようにねじ記号やテーパ記号の種

類に関する内容を表示をする必要がある。最後に,この規格は,給油を採用する場合のテーパ部の設計に

必要な盗みと穴の寸法を規定している。

備考  この規格の対応国際規格を次に示す。

ISO 296 : 1991

  Machine tools−Self-holding tapers for tool shanks


2

B 4003 : 1999

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによってこの規格の規定の一部を構成する。

これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0614

  円すい公差方式

備考  ISO 1947 : 1973  System of conetolerances for conical workpieces from C=1 : 3 to 1 : 500 and

lengths from 6 to 630mm

が,この規格と一致している。

JIS B 3301

:モールステーパゲージ

3.

円すい角度公差  円すい角度公差は,JIS B 0614 に規定する AT5 によって,外側テーパは正の公差並

びに内側テーパは負の公差で規定される。その他の特珠な場合でも,その円すい角度公差は,JIS B 0614

による。

また,円すい角度交差は,JIS B 3301 に規定するリングゲージ又はプラグゲージで検査し,当たり 75%

以上で判定してもよい。

4.

形状・寸法  形状・寸法を図 及び表 に示す。


3

B 4003 : 1999

図 1


4

B 4003 : 1999

備考  対称度の公差の単位は mm で示す。 
(

1

)

図は栓のある場合を示す。

図 1  (続き)


5

B 4003

: 19

99

表 2  モールステーパ番号 からモールステーパ番号 と 1/20 メトリックテーパ

単位 mm

メトリック

テーパ番号

モールステーパ番号

メトリックテーパ番号

テーパの種類

4

6

0 1 2 3 4 5 6

80

100

120

160

200

テーパ

1 : 20

=0.05  0.624 6 : 12

=1 : 19.212

=0.052 05

0.598 58 : 12

=1 : 20.047

=0.049 88

0.599 41 : 12

=1 : 20.02

=0.049 95

0.602 35 : 12

=1 : 19.922

=0.050 2

0.623 26 : 12

=1 : 19.254

=0.051 94

0.631 51 : 12

=1 : 19.002

=0.052 63

0.625 65 : 12

=1 : 19.18

=0.052 14

1 : 20

=0.05

D

4  6

9.045

12.065

17.78

23.825

31.267

44.399

63.348

80 100 120 160 200

a

2  3

3

3.5

5

5

6.5

6.5

8

8 10 12 16 20

D

1

4.1

6.2

9.2 12.2 18  24.1 31.6 44.7 63.8

80.4 100.5 120.6 160.8 201

D

2

15 21 28 40 56

d

2.9

4.4

6.4  9.4 14.6 19.8 25.9 37.6 53.9

70.2

88.4 106.6 143

179.4

d

1

− M6 又は UNC1/4 M10 又は UNC3/8 M12 又は UNC1/2 M16 又は UNC5/8 M20 又は UNC5/8 M24 又は UNC1 M30

M36

M36

M48

M48

d

2

6.1

9  14  19.1 25.2 36.5 52.4

69

87

105

141

177

d

3

最大

6

8.7 13.5 18.5 24.5 35.7 51

67

85

102

138

174

d

4

最大

2.5

4

6

9 14 19 25 35.7

51

67

85

102

138

174

d

8

−  6.4

10.5

13 17 21 26

d

9

−  8 12.5

15 20 26 31

d

10

最大

− 8.5

13.2

17 22 30 11.5

l

1

最大  23  32

50

53.5

64

81

102.5

129.5

182

196 232 268 340 412

l

2

最大  25  35

53

57

69

86

109

136

190

204 242 280 356 432

l

3

56.5

62

75

94

117.5

149.5

210

220 260 300 380 460

l

4

最大

59.5

65.5

80

99

124

156

218

228 270 312 396 480

l

7

− 20 29 39 51 81

l

8

− 34 43 55 69 99

l

11

− 4  5  5.5

8.2

10 11.5

l

12

− 27 36 47 60 90

p

−  3.3 4.2 5  6.8 8.5

10.2

b h13

3.9

5.2

6.3

7.9

11.9

15.9

19

26 32 38 50 62

c

6.5

8.5

10

13

16

19

27

24 28 32 40 48

e

最大

10.5

13.5

16

20

24

29

40

48 58 68 88

108

i

最小

− 16 又は 12.7 24 又は 19.05

24 32

又は 31.75

40

又は 31.75

47

59 70 70 92 92

外側

テーパ

R

最大

4

5

6

7

8

12

18

24 30 36 48 60


6

B 4003

: 19

99

単位 mm

メトリック

テーパ番号

モールステーパ番号

メトリックテーパ番号

テーパの種類

4

6

0 1 2 3 4 5 6

80

100

120

160

200

テーパ

1 : 20

=0.05  0.624 6 : 12

=1 : 19.212

=0.052 05

0.598 58 : 12

=1 : 20.047

=0.049 88

0.599 41 : 12

=1 : 20.02

=0.049 95

0.602 35 : 12

=1 : 19.922

=0.050 2

0.623 26 : 12

=1 : 19.254

=0.051 94

0.631 51 : 12

=1 : 19.002

=0.052 63

0.625 65 : 12

=1 : 19.18

=0.052 14

1 : 20

=0.05

r

1

1.2

1.6

2

2.5

3

4

5 5 6 8

10

t

最大  2  3

4

5

5

7

9

10

16

24 30 36 48 60

d

5

 H11

3  4.6

6.7

9.7

14.9

20.2

26.5 38.2 54.8

71.5

90

108.5 145.5 182.5

d

6

最小

7

11.5

14

18

23

27

33 39 39 52 52

d

7

− 19.5

24.5

32 44 63

l

5

最小  25  34

52

56

67

84

107

135

188

202 240 276 350 424

l

6

21  29

49

52

62

78

98

125

177

186 220 254 321 388

l

9

− 22 31 41 53 83

l

10

− 32 41 53 67 97

l

13

− 27 36 47 60 90

g A13  2.2 3.2

3.9

5.2

6.3

7.9

11.9

15.9

19

26 32 38 50 62

h

8

12

15  19 22 27 32 38 47

52

60

70

90

110

P

− 4.2

5 6.8

8.5

10.2

内側

テーパ

z

0.5

0.5

1  1 1 1 1 1 1

1.5

1.5

1.5

2

2

備考1.  テーパ大端径 D

1

及びテーパ小端径 又は d

1

は参考として示す(実際の値は,テーパ値や基準値 を考慮して,と l

1

又は l

2

の実値からおのおの得られる値であ

る。

2.  d

1

は,メートル並目 M ねじ又は明記された場合は UNC ねじの呼び外径である。いかなる場合でも,M ねじか UNC ねじの適切なねじ記号が示される。

3.

タング径 d

1

の長さ は,を超えない範囲で延ばしてもよい。

4.  z

は,ゲージ面からのテーパ大端面の偏りの最大値である。


7

B 4003 : 1999

工具分野国際整合化調査研究委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

村  田  良  司

東京理科大学

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

工業技術院標準部

伊  藤      哲

工業技術院機械技術研究所

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

野  上      彰

株式会社不二越

羽  山  隆  貫

日立ツール株式会社

川  口  俊  充

株式会社不二越

日下部  祐  次

神鋼コベルコツール株式会社

宮  林  光  行

株式会社彌満和製作所

倉  持      建

日本高周波鋼業株式会社

舞  田  靖  司

社団法人日本機械工業連合会

岡  安  英  雄

社団法人日本工作機械工業会

西  村  欣  也

社団法人日本歯車工業会

石  川  侑  男

社団法人日本金型工業会

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社

小  峰  武  夫

コベルコツールエンジニアリング株式会社

白  土  秀  明

オーエスジー株式会社

佐  藤  直  彦

理研製鋼株式会社

田  中  祐  弌

コベルコツールエンジニアリング株式会社

大  沢  秀  彦

オーエスジー株式会社

(事務局)

平  野  武  治

日本工具工業会

佐  野  保  次

日本工具工業会