>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

Z 2382 : 1998 

 

 

大気環境の腐食性を評価するための 

環境汚染因子の測定 

Determination of pollution for evaluation of  

corrosivity of atmospheres 

 

 

序文 この規格は,1992年第1版として発行されたISO 9225 (Corrosion of metals and alloys−Corrosivity of 

atmospheres−Measurement of pollution) を翻訳し,原国際規格の様式によって作成した日本工業規格である。

ISO 9225では,“金属及び合金の腐食を引き起こす大気環境の特性は,次の諸因子によって左右される。

大気環境の腐食性を評価するための基本的必要事項は,環境汚染物質の濃度と付着度の標準的測定である。

大気中の二酸化硫黄 (SO2) の濃度は別の規格によって測定されるべきである。この規格は二酸化硫黄及び

大気浮遊塩分(海塩粒子,Cl-)の付着度を測定するための方法を提示する。”と述べている。 

この規格では,規格の名称を“大気環境の腐食性を評価するための環境汚染因子の測定”とし,規定内容

の一部を我が国の実状に即して変更した。 

なお,この規格で下線(点線)を施してある箇所は,原国際規格の規定内容を変更した事項又は原国際規

格にない事項である。 

 

1. 適用範囲 この規格は,大気中の二酸化硫黄(硫黄酸化物)及び大気浮遊塩分(海塩粒子)の付着度

を測定する方法について規定する。 

備考 この規格に包含される測定方法は,試験場所の腐食性の特性化に適用する。 

警告 この日本工業規格に包含される方法の幾つかは,有害な可能性のある化学薬品の使用を伴う。

あらゆる適切な安全性の対策がとられることが強調される。 

 

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の一部を構成する。こ

れらの引用規格は,その最新版を適用する。 

JIS K 0101 工業用水試験方法 

JIS K 8101 エタノール (99.5) (試薬) 

JIS K 8155 塩化バリウム二水和物(試薬) 

JIS K 8625 炭酸ナトリウム(試薬) 

JIS P 3801 ろ紙(化学分析用) 

 


Z 2382 : 1998  

3. 二酸化鉛 (PbO2) プレートによる二酸化硫黄 (SO2) の測定 

3.1 

原理 大気中の二酸化硫黄 (SO2) は二酸化鉛と反応して硫酸塩を形成して捕捉される。大気中に所

定の期間暴露した二酸化鉛プレートを回収し,二酸化硫黄捕捉程度を決定するためにこの二酸化鉛プレー

トの硫酸根分析を行い,二酸化硫黄の付着度を平方メートル・日当たりのミリグラム [mg/ (m2・d)] で表示

する。この方法で使用される二酸化鉛試薬は,硫化水素やメルカプタンのような他の硫黄化合物とも反応

し硫酸塩を形成することがある。 

二酸化鉛プレートの二酸化鉛の面を地面向きにしてあるのは,酸性雨や硫酸エアゾルからの硫酸の捕捉

を最小にするためである。 

3.2 

測定装置 

3.2.1 

二酸化鉛プレート 二酸化鉛プレートは,次のとおり作製する。 

a) 円形ろ紙(直径50mm又は60mm)をポリスチレン製ペトリ皿の底にはり付ける。はり付けは,ペト

リ皿の底にろ紙の粗面を上にしてろ紙にしわがよらないように,ペトリ皿の内側にはり付けアセトン

を注意深く注入し,ろ紙をガラス棒でしっかりと完全に圧着した後,アセトンを蒸発させて行う。 

b) 1バッチのろ紙をはり付けたペトリ皿(以下,プレートという。)は,架台の上に置き,蒸留水又は脱

イオン水ですすぐ。再びプレートに蒸留水又は脱イオン水を満たし,1時間放置する。プレートから

水を注ぎ出し,蒸留水又は脱イオン水で4分の1から2分の1まで再び満たす。 

c) 3.5gのトラカントゴムと900mlの蒸留水又は脱イオン水を高速混合機に入れ,低速で2時間混合する。 

d) 混合機の内容物を1lビーカーに移し,その溶液の350mlを混合機に戻す。パルプ化した3.5gのろ紙

を350mlのゴム溶液に加え,混合物が滑らかで均一になるまで,中速で混合する。 

e) これにc)で作製した400mlのゴム溶液を加え,中速で1分間混合する。次に,混合機を高速にセット

し,112gの二酸化鉛(1)を加え,2分間混合し,次いで混合機を低速に戻す。 

f) 

この混合液を,b)の50mmのプレートには10ml,60mmのプレートには15ml,注意深くピペットを用

いて注ぐ。混合物はプレートの縁まで均一に流れるようにする。 

g) このプレートの乗った架台を40〜50℃にセットした炉内に20時間置き,乾燥する。プレートを炉か

ら取り出し,冷却し,次いで,暴露開始までそれらを保護するためにカバーで密閉し,保管する。 

h) プレートは,番号を付け,作製から120日以内に暴露する。各バッチから少なくとも3個のプレート

をブランク値を求めるために用意する。 

注(1) 二酸化鉛粉末の活性度は,品質によって差があるので,活性度を明示した英国D. S. I. R. 

(Department of Scientific Industrial Research) 標準品を使用するとよい。 

3.2.2 

プレート暴露用架台 プレート暴露用架台は,次のとおりとする。 

a) プレートを逆さ位置(地向き)にしっかりと水平に固定できるもの(図1に架台例を示す。)で,大気

腐食に対し十分な耐食性をもつ材質であること。 

b) 架台は,暴露したプレートに対し通常の風及び空気の循環を妨げてはならない。 

c) 強風の場合に,プレートが飛ばされないための保持クリップ又は他の防御手段を備えていること。 


Z 2382 : 1998  

 

図1 二酸化硫黄プレートと暴露架台例 

3.3 

プレートの暴露 プレートの暴露は,次のとおり行う。 

暴露場所をモニタリングするとき,最低3個のプレートを各暴露期間ごとに使用すべきである。プレー

トは可能ならば腐食試験片の最低と最高の暴露高さの位置に置く。 

a) プレートを暴露用架台に地面向きに固定し,暴露する。 

b) 暴露期間は1か月とし,通常,各月の1日に暴露を開始し,翌月の1日に回収する。 

c) 暴露終了後,架台から取り外しカバーをして密封し,分析するときまで保管する。このとき,プレー

トには暴露場所,暴露開始及び終了した日付を記録しておく。 

d) 暴露を終了したプレートの分析は,終了後60日以内に行う。 

3.4 

二酸化硫黄 (SO2) の分析及び付着度の表示 プレートの二酸化硫黄 (SO2) の分析及び付着度の表

示は,通常,次によるが,4.4の方法によってもよい。 

3.4.1 

原理 プレートの内容物は取り外され,例えば炭酸ナトリウムの溶液を用いて溶解される。次いで,

硫酸塩は,バリウムイオンで沈澱され,比濁法で測定される。 

3.4.2 

試薬 分析には,推奨される分析級の試薬だけ及び蒸留水又は同純度の水だけが使用される。 

a) 炭酸ナトリウム 約50g/l溶液 50+0.5gの無水炭酸ナトリウム (Na2CO3) を1 000mlの水に溶解する。 

b) 塩酸 (HCl) 溶液 0.7mol/l 60mlの濃塩酸 (

1.19g/ml) を水で1 000mlに希釈する。 

c) 塩化バリウム二水塩5g/l溶液 5gの塩化バリウム二水塩 (BaCl2・2H2O) を1 000mlの水に溶解する。 

d) 硫酸ナトリウム500mgSO42−/lに相当する標準液 0.740gの無水硫酸ナトリウム (Na2SO4) を0.1mgま


Z 2382 : 1998  

で量り,1 000mlのワンマーク全量フラスコにそれを入れ,水に溶解し,マークまで希釈し,よく混

合する。 

この標準液1mlには500

渀匀伀

を含む。 

3.4.3 

プレートの分析 プレートの分析は,次による。 

a) プレートから二酸化鉛とできるだけ多くの繊維状材料を定量的に取り外し,50mlのワンマーク全量フ

ラスコに入れ,これに20mlの炭酸ナトリウム溶液[3.4.2a)]を加えかき混ぜ,さらに,時折かき混ぜな

がら3時間放置する。 

b) 次いで,100℃の湯浴中で30分間加熱した後,冷却してマークまで水で希釈する。 

c) 定量微細級定量ろ紙を用いて,清浄かつ乾燥した試験管に少なくとも15mlをろ過する。 

d) 直径25mm,長さ150mmの試験管に10.0mlのろ液をピペットで採り,10.0mlの水と5.0mlの塩酸溶

液[3.4.2b)]を加え,よく混合して指示薬紙でpHを測定する。pHは2.5から4.0の間でなければならな

い。これを試料溶液とする。そうでないときはこれを捨て,この操作を繰り返す。 

e) 直径25mlの試験管2本に,それぞれ5.0mlのこの試料溶液をピペットで採り,15mlの水を加える。 

f) 

これらに,1mlの塩化バリウム溶液[3.4.2c)]を加え,激しくふり混ぜ,濁度測定まで5分間放置する。 

g) 試料溶液の濁度は,500nmでバリウムを含まない溶液を対照液として測定する。吸光度(濁度)の読

みは,3.4.4に規定する方法で得られた検量曲線を用いて,硫酸根のマイクログラムに換算する。 

h) 暴露したプレートと同一バッチの未暴露プレートについて,同時に,この分析操作を行い,ブランク

値を求める。 

3.4.4 

検量曲線の作成 検量曲線は,次のとおり作成する。 

a) 10.0mlの硫酸ナトリウム溶液[3.4.2d)]を,全量フラスコを用いて100mlに希釈する。 

b) 希釈した硫酸ナトリウム溶液の1ml, 2ml, 3ml, 4ml, 5ml, 10ml及び15mlを各試験管にピペットで採る。 

c) それぞれを水で20mlに希釈する。 

d) 次に,3.4.3で規定した操作を行い,それぞれの吸光度(濁度)を測定する。 

e) 各溶液の吸光度の読みをそれらが含む硫酸根のそれぞれの質量,すなわち,50

洀最

 100

洀最

 150

洀最

 200

洀最

 

250

洀最

 500

洀杓

び750

歛⁚埿

グラフ用紙にプロットして検量曲線を作成する。 

3.4.5 

付着度の表示 次の式によって計算し,

2

SO

R

) [mg/ (m2・d)] で表す。 

1000

67

.

16

0

1

2

t

A

m

m

RSO

 

ここに, 

2

SO

R

 : 二酸化硫黄の付着度 [mg/ (m2・d)]  

 

m0: 未暴露プレートの硫酸根の質量 (

洀最

 

m1: 暴露したプレートの硫酸根の質量 (

洀最

 

A: プレートの面積 (m2)  

 

t: 暴露期間 (d)  

 


Z 2382 : 1998  

4. 二酸化鉛 (PbO2) 円筒による二酸化硫黄 (SO2) の測定 

4.1 

原理 大気中の二酸化硫黄 (SO2) は二酸化鉛と反応して硫酸塩を形成して捕捉される。大気中に所

定の期間暴露した二酸化鉛円筒を回収し,二酸化硫黄捕捉程度を決定するためにこの二酸化鉛円筒の硫酸

根分析を行い,二酸化硫黄の付着度を平方メートル・日当たりのミリグラム [mg/ (m2・d)] で表示する。こ

の方法で使用される二酸化鉛試薬は,硫化水素やメルカプタンのような他の硫黄化合物とも反応し硫酸塩

を形成することがある。 

4.2 

二酸化鉛円筒の作製 二酸化鉛円筒の作製は,次のとおりとする。 

a) 清浄な60番ブロード布を10×10cmに切り,陶器製などの円筒(外周囲10cm,長さ15cm)の中央部

にはり付ける(図2参照)。 

b) 粉末トラカントゴム2gをJIS K 8101に規定のエタノール10mlに溶解し,かき混ぜながら水(2)190ml

をさらに加えよくかき混ぜ,トラカントゴム液を作製する。 

c) トラカントゴム液5mlと粒径が149

洀浧

満の硫酸塩の特に少ない二酸化鉛(1)の粉末5gとをよく練り

合わせ,ペースト状にする。 

d) このペースト状の混合物を,円筒表面のブロード布面にはけ(刷毛)又は清浄な外科用ゴム手袋をは

めた手で均一に塗り,デシケーター中で乾燥する。乾燥した二酸化鉛円筒は暴露するまでデシケータ

ー又は適切な容器中に保管する。 

注(2) 使用する水は,JIS K 0101に規定する電気伝導率が1

洀匀一

25℃) 以下のイオン交換水とする。 

 

図2 二酸化鉛円筒 

4.3 

二酸化鉛円筒の暴露 二酸化鉛円筒の暴露は,次のとおり行う。 

a) 暴露試験架台の近くに置かれた百葉箱,専用のシェルター内又は雨及び日光の当たらない覆いの下な

どで通風のよい場所に,垂直に暴露する。 

b) 暴露期間は1か月とし,通常,各月の1日に暴露を開始し,翌月の1日に回収する。 


Z 2382 : 1998  

c) 暴露を終了した円筒は,分析するまで更に硫酸塩が生成されないように保護し,保管する。 

d) 暴露を終了した円筒の分析は,暴露終了後60日以内に行う。 

4.4 

硫酸塩の分析 

4.4.1 

原理 二酸化鉛円筒から取り外された布は,炭酸ナトリウムの溶液で溶解され,硫酸塩はバリウム

イオンで沈澱され,沈澱した硫酸バリウムの質量を測定する質量法で行う。 

4.4.2 

試薬 試薬は,次のとおりとする。 

a) 炭酸ナトリウム JIS K 8625に規定の炭酸ナトリウム 

b) 塩化バリウム100g/l溶液 JIS K 8155に規定の塩化バリウム100gを水に溶解し1 000mlにする。 

4.4.3 

分析 分析は,次のとおり行う。 

a) 円筒から二酸化鉛を塗布した布を取り外し,500mlのビーカーに入れ,100mlの水(2)を加える。 

b) これにJIS K 8625に規定の炭酸ナトリウム5gを加え,溶けるまでかき混ぜる。 

c) 水を加えつつほぼ100mlに保ちながら30分間煮沸し,室温まで冷却してからJIS P 3801の5種Cの

ろ紙を用いてろ過し,洗浄する。 

d) このろ液に徐々に塩酸を加えて酸性にし,加温して炭酸ガスを追い出す。 

e) 次いで,加温しながら塩化バリウム溶液 (100g/l) を加えて硫酸バリウムを沈澱させる。 

f) 

沈澱物を定量ろ紙を用いてろ過し,これをろ紙とともに磁性るつぼに入れ,初めは,ふたをずらした

状態で加熱し,ろ紙の炭化を確かめてからふたをし,強く加熱する。 

g) 次に,るつぼを常温に冷却してから内容物の質量を量り,これを灰分を含む硫酸バリウムの量W1と

する。 

h) 暴露した二酸化鉛円筒と同時に作製した暴露しない円筒についても同様に操作し,空試験値W2を求

める。 

4.4.4 

表示 次の式によって計算し,S [mgSO2/ (m2・d) PbO2] で表す。 

100

1

274

.0

2

1

t

W

W

S

 

ここに,S:大気中の二酸化硫黄の付着度 [mgSO2/ (m2・d) PbO2]  

    W1:暴露した円筒から求めた灰分を含む硫酸バリウムの質量 (mg)  

    W2:暴露しない円筒から求めた灰分を含む硫酸バリウムの質量 (mg)  

     t:二酸化鉛円筒の暴露日数 (d)  

   0.274:

の式量

の式量

4

2

BaSO

SO

 

    100:

2

2

100

000

10

cm

cm 

 

5. アルカリろ紙法による二酸化硫黄 (SO2) の付着度の測定 

5.1 

原理 二酸化硫黄 (SO2) 及びその他酸性硫黄化合物は,炭酸ナトリウム又は炭酸カリウム溶液で飽

和された多孔質のろ紙プレートの表面でアルカリと反応して硫酸塩を形成し捕集される。二酸化硫黄の付

着度は,平方メートル・日当たりのミリグラム [mg/(m2・d)] で表される。 

5.2 

測定装置 

5.2.1 

アルカリろ紙プレートの作製 アルカリろ紙プレートは,次のとおり作製する。 

a) 150×100×3mmのろ紙(クロマトグラフ用ペーパーろ紙又は類似の性質の材料を使用することができ


Z 2382 : 1998  

る。)を,70g/lの炭酸ナトリウム又は炭酸カリウム溶液に2分間浸せきする。 

b) 溶液からろ紙を取り出し,しずくを切り,105±2℃で1時間又は90±2℃で8時間乾燥する。 

c) 乾燥後,アルカリろ紙プレートは,プラスチック容器(ポリエチレン,ポリプロピレン)内に暴露す

るまで密封保管する。 

d) 同時に作製した5個のアルカリろ紙プレートを,ブランク試験用とする。 

5.2.2 

暴露架台 暴露架台は,次のとおりとする。 

a) アルカリろ紙プレートを暴露する架台は,直射日光及び雨の当たるのを防ぎ,垂直に暴露する保持具

をもったもの(図3参照)。 

b) 保持具の位置は,ろ紙プレートを暴露場所の風の主方向に平行に保持でき,さらに,ろ紙プレートの

下端が地上から1.8〜2m離れていること。 

c) 架台は,大気のろ紙プレートへの自由な接近を妨げない構造であること。 

 

図3 アルカリろ紙プレートの暴露架台例 

5.3 

アルカリろ紙プレートの暴露 アルカリろ紙プレートの暴露は,次のとおり行う。 

a) 暴露架台に垂直に取り付ける。 

b) 暴露期間は1か月とし,通常,各月の1日に暴露を開始し翌月の1日に回収する。 

c) 暴露を終了したアルカリろ紙プレートは,表面を傷つけないように取り外し,プラスチック容器に密

閉保管する。その際,容器には暴露場所名,暴露開始及び取り外しの日付を記録しておくこと。 

d) 暴露するアルカリろ紙プレートの数は,暴露試験場所で同時に3個が望ましい。 

e) 暴露を終了したアルカリろ紙プレートの分析は,60日以内に行う。 


Z 2382 : 1998  

5.4 

硫酸塩の分析 硫酸塩の分析は,通常,次の容量分析方法によって行うが,精度が十分であれば,

質量分析方法又は分光分析方法などによってもよい。 

5.4.1 

原理 硫酸塩の量は,トリン試薬の存在下で,過塩素酸バリウムの水/エタノール溶液による,水

/エタノール試料溶液の滴定によって決定される。滴定の終点は,pH間隔2〜3への黄桃色移行で示され

る。 

5.4.2 

試薬 分析には分析級の試薬及び蒸留水又は同純度の水を使用する。 

a) 過酸化水素水 150g/l溶液 

b) エタノール 95% (v/v)  

c) 過塩素酸 1+5に希釈 

d) 硫酸標準照合溶液 c (H2SO4) =0.005mol/l 

e) 容量分析用過塩素酸バリウム標準溶液 c [Ba (ClO4) 2] =0.005mol/l 

2.0gの過塩素酸バリウム三水塩 [Ba (ClO4) 23H2O] を200mlの水に溶解し,過塩素酸[c)]を加えてpH

を2〜3に調整する。この溶液をエタノール[b)]で1 000mlに希釈する。正確な濃度は5.4.4の方法で,

10mlの硫酸標準照合溶液[d)]を滴定することによって決定する。 

f) 

トリン指示薬 2g/l溶液0.2gのトリン指示薬を100mlの水に溶解する。 

5.4.3 

試料溶液の調製 試料溶液は,次のとおり調製する。 

a) 暴露したアルカリろ紙プレートを800mlのビーカーに入れ,湿らせた後,ガラス棒を用いてそれを断

片に分割し,懸濁液の量を水で400mlに調製する。 

b) 1mlの過酸化水素溶液[5.4.2a)]を加え,懸濁液をよくかき混ぜる。 

c) 混合物を短時間煮沸して,一晩静置する。 

d) 目の粗い定量ろ紙を用いて懸濁液を真空ろ過し,ろ紙上の残さ(渣)を水で2回洗浄する。 

e) ろ液の容量を容量フラスコで500mlに調製する(試料溶液)。 

5.4.4 

分析 分析は,次のとおり行う。 

a) 10mlの試料溶液をピペットでフラスコに採る。もし試料溶液の硫酸塩濃度が高いときは,低容量をピ

ペットで採り,その容量を水で10mlにする。また,試料溶液の硫酸塩濃度が低いときは,5mlの硫酸

標準照合溶液[5.42d)]を加える。 

b) 過塩素酸[5.4.2c)]を添加して,pHを2〜3に調整する。 

c) 40mlのエタノール[5.4.2b)]と3滴のトリン指示薬[5.4.2f)]を加える。 

d) この溶液を過塩素酸バリウム標準溶液[5.4.2e)]を用いて,黄桃色に変わるまで滴定する。 

e) 同時に作製した未暴露プレートについて,5.4.3並びに5.4.4の操作を行い,ブランクの二酸化硫黄を

分析する。 

5.4.5 

表示 分析結果は,実施した分析方法について,次の式によって計算し,

2

SO

R

 [mg/ (m2・d)] で表

す。 

t

A

m

RSO =

2

 

ここに, 

2

SO

R

 : 二酸化硫黄 (SO2) の付着度 [mg/(m2・d)]  

 

m: 暴露したアルカリろ紙プレートの二酸化硫黄の質量 (mg)  

 

A: アルカリろ紙プレートの暴露部分の面積 (m2)  

 

t: 暴露期間 (d)  

容量分析用過塩素酸バリウム標準溶液による硫酸塩の滴定の場合は,その結果は次の式によって計算す


Z 2382 : 1998  

る。 

t

A

V

V

c

V

V

R

A

T

SO

06

.

64

1

0

1

2

 

ここに, 

2

SO

R

: 二酸化硫黄付着度 [mg/ (m2・d)]  

 

V0: ブランクの試料溶液の滴定のために使用した容量分析用過

塩素酸バリウム標準溶液[5.4.2)]の容量 (ml)  

 

V1: 暴露した試料溶液の滴定のために使用した容量分析用過塩

素酸バリウム標準溶液[5.4.2e)]の容量 (ml)  

 

VA: ピペットで採った暴露試料溶液の容量 (ml)  

 

VT: 試料溶液の全容量 (ml)  

 

c1: リットル当たりのBa (ClO4) 2のモル数で表した容量分析用

過塩素酸バリウム標準溶液[5.4.2e)]の正確な濃度 

 

A: 試験プレートの暴露部分の面積 (m2)  

 

t: 暴露期間 (d)  

 

6. ウェットキャンドル法による塩化物の測定 

6.1 

原理 一定面積の織物を湿潤状態で雨を遮断して暴露すると,織物表面に塩化物が捕集される。こ

の塩化物を化学分析によって定量する。分析結果から塩化物の付着度を計算し,平方メートル・日当たり

のミリグラム [mg/ (m2・d)] で表す。 

6.2 

測定装置 

6.2.1 

ウェットキャンドル ウェットキャンドルは,次のとおり作製する。 

a) ウェットキャンドルは,瓶の中に挿入した心棒から構成される。 

b) 心棒は,不活性材料(ポリエチレンなど)製の直径約25mm,長さ150mm以上のもの。 

c) 瓶は,容積500ml以上のポリエチレン製又は他の不活性材料製のもの。 

d) ゴム栓は,c)の瓶の首にはめられる大きさのもので,中央部にb)の心棒を挿入する孔及びその孔の周

辺にガーゼのフリーの端が通る二つの孔をもち,三つの孔の縁はすべてじょうご状であるもの(図4

参照)。 

e) 心棒を,長さ約120mmを残してゴム栓に差し込む。このとき暴露される心棒の表面積は約100cm2で

ある。 

f) 

この心棒の約120mmの部分に,蒸留水で塩化物をよく洗浄し乾燥した管状の外科用ガーゼ又は帯状

の外科用ガーゼを2層に巻き付け,残りのフリーのガーゼの端をゴム栓の孔に通す。ガーゼは,管状

のものは,約120mmを残して長さ方向に沿って二つに切断し,切断した部分が瓶の底に達する長さ

のものを用いる。また,帯状のガーゼは,約120mmの部分に2層に巻き付けた残りがゴム栓を通し

て瓶の底に達する長さのものを用いる。 

g) 瓶に,200mlのオクタン酸を加えたグリセリン溶液 [20% (v/v)] を入れる。このグリセリン溶液は,

200mlのグリセリン [CHOH (CH2OH) 2] を蒸留水で1 000mlにし,この溶液に20滴のオクタン酸 

(C8H16O2) を加える。オクタン酸を加えるのは,アスパーギラスニガーのような菌類の成長を妨げる

ためである。 

長期的に極端な温度,すなわち25℃以上とか−25℃以下といった状況では,凍結や過剰な蒸発を防

ぐため,グリセリン濃度を40% (v/v) まで高めるか,グリセリン溶液を20% (v/v) のエチレングリコー

ル溶液に置換する必要がある。 

h) グリセリン溶液の入った瓶g)に,d)のゴム栓をして,ウェットキャンドルを組み立てる(図5参照)。 


10 

Z 2382 : 1998  

 

図4 ウェットキャンドルのゴム栓部分の詳細図 

 

図5 ウェットキャンドル組立図及び暴露架台例 


11 

Z 2382 : 1998  

6.2.2 

暴露架台 暴露架台は,次のとおりとする。 

a) 直射日光,雨を避けるための屋根及びウェットキャンドルを暴露する支持台で構成される。 

b) 支持台は,ウェットキャンドルの先端が屋根から約200mmの位置に,瓶と地表との距離が少なくと

も1mになるように取り付ける。 

c) 暴露架台の材質は,耐食性のよいものを用いる。 

6.3 

ウェットキャンドルの暴露 ウェットキャンドルの暴露は,次のとおり行う。 

a) 暴露架台の支持台に垂直に取り付け,固定する(図5参照)。 

b) 暴露期間は1か月とし,通常,各月の1日に暴露を開始し翌月の1日に回収する。 

c) 暴露を終了したウェットキャンドルは,心棒のガーゼを取り外し瓶の中に入れるとともに,心棒及び

ゴム栓の孔の内面を蒸留水で洗浄し,洗浄液を瓶の中に入れて密栓をして分析するまで保管する。瓶

中の溶液が分析用試料となる。瓶には,暴露場所の名称,暴露開始及び終了日を記録する。 

6.4 

塩化物の分析 塩化物の分析は,通常,次のとおり行うが,7.4の方法で行ってもよい。 

6.4.1 

原理 試料中の塩化物の量は,ジフェニルカルバゾン・ブロモフェノールブルー混合指示薬を用い

て,水銀化合物溶液滴下法によって決定される。滴定の終点はpH2.3〜2.8の範囲で,ジフェニルカルバゾ

ン第二水銀の青紫色錯塩の形成によって示される。 

6.4.2 

試薬 分析には,分析級の試薬及び蒸留水又は同純度の水を使用する。 

a) エタノール 95% (v/v)  

b) 硝酸溶液 c (HNO3) =0.05mol/l 

3mlの硝酸 (

1.40g/ml) を水で1 000mlに希釈する。 

c) 水酸化ナトリウム溶液 c (NaOH) : 0.25mol/l 

10 gの水酸化ナトリウムを水に溶解し,1 000mlに希釈する。 

d) 塩化ナトリウム標準照合溶液 c (NaCl) : 0.025mol/l 

塩化ナトリウムを300℃で1時間乾燥する。その1.461 3gを水に溶解し,全量フラスコで1 000ml

に希釈する。 

e) 硝酸第二水銀容量分析用標準溶液 c [Hg (NO3) 2] : 0.0125mol/l 

4.283gの硝酸第二水銀一水塩 [Hg (NO3) 2・H2O] を0.5mlの硝酸 (HNO3, 

1.40g/ml) を加えて酸性

にした50mlの水に溶解する。次いで,全量フラスコを用いて水で1 000mlに希釈する。必要ならばろ

過した後,6.4.3の方法で塩化ナトリウムの標準照合溶液[d)]を用いて,滴定によって正確な濃度を決

定する。 

f) 

硝酸第二水銀容量分析用標準溶液 c [Hg (NO3) 2] =0.007 05mol/l 

2.420 0gの硝酸第二水銀一水塩 [Hg (NO3) 2・H2O] を0.25mlの硝酸 (HNO3, 

1.40g/ml) を加えて酸

性にした25mlの水に溶解する。次いで,全量フラスコを用いて水で1 000mlに希釈する。必要ならば,

ろ過した後,6.4.3の方法で塩化ナトリウムの標準照合溶液[d)]を用いて,滴定によって正確な濃度を

決定する。 

g) 混合指示薬 

0.5gのジフェニルカルバゾンと0.5gのブロモフェノールブルーを75mlのエタノール[a)]に溶解し,

エタノールで100mlに希釈する。暗色の瓶に入れ,冷蔵庫に保存する。 

6.4.3 

分析 分析は,次のとおり行う。 

a) 暴露を終了した瓶中の溶液[6.3c)]をよくかき混ぜ,定性ろ紙を用いてろ過し,ろ液を試料溶液とする。 

b) あらかじめ硝酸第二水銀容量分析用標準溶液[6.4.2e)]を用いて予備滴定によって,試料溶液中の塩素イ


12 

Z 2382 : 1998  

オンの概略の含有量を決定する。 

c) 20mg以上塩素イオンを含まないよう試料から一定量を採取する。もし採取した一定量の試料溶液に

2.5mg以上の塩素イオンが含まれるときは,硝酸第二水銀容量分析用標準溶液[6.4.2e)]を用いて滴定を

実施する。もし採取した一定量の試料溶液に2.5mg以下の塩素イオンしか含まれないときは,硝酸第

二水銀容量分析用標準溶液[6.4.2f)]とマイクロビュレットを用いて滴定を実施する。もし一定量が1リ

ットル当たり0.1mg以下の塩素イオンしか含まないときには,適当な量を50mlまで蒸発する。 

d) 採取した試料溶液に,5〜10滴の混合指示薬[6.4.2g)]を加える。もし青紫色又は赤色に発色するならば,

色が黄色に変わるまで硝酸溶液[6.4.2b)]を滴加する。混合指示薬を加えたとき黄色又はだいだい(榿)

色が現れるならば,水酸化ナトリウム溶液[6.4.2c)]の滴加によって青紫色に発色させ,次いで酸性化す

る。 

e) 黄色の酸性溶液は全体が青紫色を持続するまで適合する硝酸第二水銀容量分析用標準溶液[6.4.2e)又

は6.4.2f)]で滴定する。 

f) 暴露したウェットキャンドルと同時に作製した未暴露のウェットキャンドルについて同様に操作して,

ブランク試験を実施する。 

6.4.4 

表示 分析結果は,実施した分析方法について,次の式によって計算し,R (Cl-) [mg/ (m2・d)] 又はR 

(NaCl) [NaCl mg/ (m2・d)] で表す。 

t

Am

RCl =

 

ここに, 

R

Cl

 : 塩化物 (Cl−) の付着度 [mg/ (m2・d)]  

 

m: 試料溶液中の塩素イオンの全質量 (mg)  

 

A: 暴露ガーゼ表面の面積 (m2)  

 

t: 暴露期間 (d)  

R (NaCl) =1.649×R

Cl

 

ここに, 

R (NaCl) : 塩化物 (Cl−) の付着度 [NaClmg/ (m2・d)]  

の原子量

の式量

=Cl

NaCl

649

.1

 

水銀化合物溶液滴定法によって分析した場合は,次の式によって計算する。 

t

A

V

V

c

V

V

R

A

T

C

5.

35

2

2

4

3

l

 

ここに, 

R

Cl

: 塩化物 (Cl−) の付着度 [mg/ (m2・d)]  

 

V3: 

一定量の試料溶液の滴定に用いられた硝酸第二水銀容量分析用標準液
の容量 (ml)  

 

V4: 

ブランクの滴定に用いられた硝酸第二水銀容量分析用標準液の容量 
(ml)  

 

VA: 一定量の試料溶液の容量 (ml)  

 

VT: 試料溶液の全容量 (ml)  

 

c2: 

使用した硝酸第二水銀容量分析用標準溶液の正確な濃度 (mol/l)  

 

A: 暴露ガーゼ表面の面積 (m2)  

 

t: 暴露期間 (d)  

 


13 

Z 2382 : 1998  

7. ドライガーゼ法による塩化物の測定 

7.1 

原理 一定面積をもつ2枚重ねのガーゼを,雨を遮断して暴露すると,ガーゼ表面に塩化物が捕集

される。この塩化物を化学分析によって定量する。分析結果から,塩化物の付着度を計算し,平方メート

ル・日当たりのミリグラム [mg/ (m2・d)] で表す。 

7.2 

測定装置 

7.2.1 

ドライガーゼプレートの作製 ドライガーゼプレートは,次によって作製する。 

a) 捕集枠 図6に例示した,外寸法150×150mm,内寸法100×100mmの木製の外枠に,外寸法120×

120mm,内寸法100×100mmの木製の内枠をはめ込み式にしたものを用いる。捕集面積は,両面を合

わせて200cm2とする。 

b) ガーゼの調製 ガーゼは120×240mmの大きさに切り,水(2)で十分に塩化物を浸出した後,よく乾燥

させ,使用時までポリエチレン袋に入れて保存する。 

c) ドライガーゼプレートの組立て 暴露直前に,b)で調製したガーゼを二つ折りにし,しわが生じない

ようにa)の捕集枠に取り付ける。 

 

図6 ドライガーゼプレート捕集枠の一例 

7.2.2 

暴露装置 暴露装置は,次のとおりとする。 

a) 図7に例示したように,直射日光及び雨雪を遮断できる構造のもの。 

b) ドライガーゼプレートを垂直に,所定の位置に保持できる保持具を備えていること。ドライガーゼプ

レートの低端が地上から1〜1.2mの位置であることが望ましい。 

c) ドライガーゼプレート面への風通しを妨げない構造であること。 


14 

Z 2382 : 1998  

 

図7 ドライガーゼプレート暴露架台例 

7.3 

ドライガーゼプレートの暴露 ドライガーゼプレートの暴露は,次のとおり行う。 

a) 暴露場所は,試験片を暴露する暴露試験装置の近くであることが望ましい。 

b) ドライガーゼプレートを暴露装置に取り付け,風で揺れないようにしっかりと固定する。 

c) 暴露期間は1か月とし,通常,各月の1日に暴露を開始し翌月の1日に回収する。 

d) 暴露を終了したガーゼは,捕集枠から取り外し,ポリエチレン袋に入れて分析するまで保管する。 

7.4 

塩化物の分析 分析は,次のとおり行う。 

7.4.1 

原理 試料中の塩化物イオンは,チオシアン酸水銀 (II) を用いた吸光光度法又はイオンクロマト

グラフ法によって定量する。 

7.4.2 

試料溶液の調製 ガーゼを細かく切断し100mlのビーカーに入れ,水(2)50mlを加えて水浴中で20

分間加熱する。冷却した後,JIS P 3801の5種cのろ紙を用いてろ過し,さらに水(2)でろ紙を洗浄してろ

液を50mlとして,試料溶液Iを調製する。次に,暴露したガーゼと同時に調製した未暴露のガーゼについ

て同様に操作し,試料溶液IIを調製する。 

7.4.3 

分析 分析操作は,試料溶液I及びIIについて,次の吸光光度法又はイオンクロマトグラフ分析法

によって,試料溶液中の塩素イオンを定量分析する。 

a) チオシアン酸水銀 (II) 吸光光度法 JIS K 0101の32.1[チオシアン酸水銀 (II) 吸光光度法]による。 

b) イオンクロマトグラフ分析法 JIS K 0101の32.5(イオンクロマトグラフ法)による。 

7.4.4 

表示 分析結果は,次の式によって計算し,R (NaCl) [NaCl・mg/ (m2・d)] で表す。 

a) 吸光光度法 

100

1

2.

41

2

1

t

C

C

RNaCl

 


15 

Z 2382 : 1998  

ここに,R (NaCl) :塩化物の付着度 [NaCl・mg/ (m2・d)]  

       C1:試料溶液Iの塩素イオン濃度 (mg/l)  

       C2:試料溶液IIの塩素イオン濃度 (mg/l)  

        t:暴露期間 (d)  

      41.2:

2

2

200

100

50

cm

cm

ml

CI

NaCI

の原子量

の式量

 

      100:

2

2

100

000

10

cm

cm 

b) イオンクロマトグラフ法 

C

C

RNaCl

1

824

.0

2

1

 

ここに,R (NaCl) :塩化物の付着度 [NaCl・mg/ (m2・d)]  

        C1:試験溶液Iの塩素イオン濃度 (mg/l)  

        C2:試験溶液IIの塩素イオン濃度 (mg/l)  

        t:暴露期間 (d)  

      0.824:

2

2

2

2

100

10000

200

100

1000

100

cm

cm

cm

cm

ml

ml

CI

NaCI

の原子量

の式量

 

 

8. 記録 次の事項について記録する。 

a) 汚染物質の測定場所の所在地 

b) 測定した汚染物質の種類 

c) 測定方法 

d) 測定開始日,終了日及び測定期間 

e) 測定結果 

f) 

測定を中断した期間及びその理由と処置 

g) 測定期間中の暴風雨など特記事項 


16 

Z 2382 : 1998  

JIS Z 2382(待機環境の腐食性を評価するための 

環境汚染因子の測定)原案作成委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

外 川 靖 人 

日本テストパネル工業株式会社 

(委員) 

 

斎 藤   充 

工業技術院標準部材料規格課 

 

 

武 田 尚 志 

工業技術院標準部繊維化学規格課 

 

 

梅 原 博 行 

工業技術院物質工学工業技術研究所 

 

 

黒 沢 勝登志 

科学技術庁金属材料技術研究所 

 

 

篠 原   正 

東京大学大学院金属工学専攻 

 

 

屋 良 秀 夫 

琉球大学工学部機械工学科 

 

 

石 原 金 盛 

沖縄県工業試験場 

 

 

田 尻 勝 紀 

社団法人日本防錆技術協会 

 

 

川 本 和 生 

日本鉛亜鉛需要研究会 

 

 

当 麻   建 

三菱アルミニウム株式会社技術開発センター 

 

 

相 馬 南海雄 

日本伸銅協会 

 

 

大 屋 武 夫 

ステンレス協会 

 

 

紀 平   寛 

新日本製鐵株式会社鉄鋼研究所 

 

 

幸   英 昭 

住友金属工業株式会社鉄鋼技術研究所 

 

 

平 井 陽 一 

石川島播磨重工業株式会社技術研究所 

 

 

清 水 義 明 

日本鋼管株式会社総合材料技術研究所 

 

 

伊 藤 哲 司 

財団法人日本ウエザリングテストセンター 

(関係者) 

 

増 田 正 純 

工業技術院標準部材料規格課 

(事務局) 

 

小野岡 竜 三 

財団法人日本ウエザリングテストセンター