>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

Z 1531-2:2004 (ISO 8367-1:1993) 

(1) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,全国クラフト紙袋工業組合 (JKPSA)/財団

法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。 

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 8367-1:1993,Packaging−Dimensional 

tolerances for general purpose sacks−Part 1:Paper sacksを基礎として用いた。 

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Z 1531-2:2004 (ISO 8367-1:1993) 

(2) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1. 適用範囲  1 

2. 引用規格  1 

3. 許容差  1 

 

 

 

 


 

 

日本工業規格         JIS 

 

Z 1531-2:2004 

 

(ISO 8367-1:1993) 

クラフト紙袋−通常の目的に 

使用する袋の寸法許容差 

Kraft paper sacks−Dimensional tolerances for general purpose sacks 

 

序文 この規格は,1993年に第1版として発行されたISO 8367-1,Packaging−Dimensional tolerances for 

general purpose sacks−Part 1:Paper sacksを翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成

した日本工業規格である。 

なお,この規格で点線の下線を施してある“参考”は,原国際規格にはない事項である。 

 

1. 適用範囲 この規格は,JIS Z 0102に規定のクラフト紙袋の製造に適用する一連の許容差について規

定する。 

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。 

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21に基づき,IDT(一致している),MOD

(修正している),NEQ(同等でない)とする。 

ISO 8367-1:1993, Packaging−Dimensional tolerances for general purpose sacks−Part 1:Paper sacks 

(IDT) 

 

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成

するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その最

新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS P 8124 紙及び板紙−坪量測定方法 

備考 ISO 536:1995,Paper and board−Determination of grammageからの引用事項は,この規格の

該当事項と同等である。 

JIS Z 1531-1 クラフト紙袋−寸法の記述及びその測定方法 

備考 ISO 6591-1:1984,Packaging−Sacks−Description and method of measurement−Part 1:Empty 

paper sacksからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。 

JIS Z 1531-3 袋−試験用空袋のサンプリング方法 

備考 ISO 7023:1983,Packaging−Sacks−Method of sampling empty sacks for testingが,この規格と

一致している。 

JIS Z 0102 クラフト紙袋−用語及び種類 

備考 ISO 6590-1:1983,Packaging−Sacks−Vocabulary and types−Part 1 : Paper sacksからの引用事

項は,この規格の該当事項と同等である。 

3. 許容差 測定のための紙袋は,JIS Z 1531-3によってサンプリングする。 


Z 1531-2:2004 (ISO 8367-1:1993) 

 

層の坪量は,JIS P 8124による。 

寸法は,JIS Z 1531-1によって記述・測定され,寸法の許容差は,表1に規定する許容範囲内とする。 

規定より狭い許容差が要求される場合は,受渡当事者間の協定による。 

 

 

表 1 紙袋の寸法許容差 

単位 mm 

寸法の呼称 

記号 

許容差 

層の坪量 

− 

 

± 4 (%) 

袋の長さ 

 

±10 

袋の幅 

 

± 5 

ひだの幅 

 

± 5 

ひだを含む袋の円周 

− 

 

±10 

底幅 

 

± 5 

バルブの幅 

 

のりばり袋のバルブ 

 

 

+ 5 

 

   0 

 

 

ミシン縫い袋のバルブ 

 

 

+10 

 

   0 

 

 

バルブスリーブの先にでた端
の位置(袋の端から) 

 

± 5 

袋の印刷位置 

 

 

長さの方向 

− 

 

±20 

幅の方向 

− 

 

±15 

 

参考 この規格は,バルブの幅 (g) だけで規定しているが,JIS Z 1531-1のバルブスリーブの幅 (v) 

を含む。