>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

F 0011-1997 

 

 

造船用語−船体−基本計画 

Shipbuilding−Vocabulary−Basic design of hull part 

 

 

l. 

適用範囲 この規格は,船体基本計画に関する用語について規定する。 

 

2. 分類 用語の分類は,次のとおりとする。 

(1) 主要目 

(2) トン数及び乾玄 

(3) 復原性及び動揺 

(4) 抵抗,推進及び旋回 

(5) 図書 

 

3. 用語及び定義 用語及び定義は,次のとおりとする。 

なお,参考のために対応英語及び慣用語を示す。慣用語欄で,“……(法)”として記載してある用語は,

法律用語である。 

備考1. 用語欄・定義欄で,用語表記の中の( )内の漢字は常用漢字表にないもので,便宜的に記

載したものであり,( )の部分は用語の一部ではない。 

2. 用語欄で,用語の下の( )内の仮名書きは読み方を示す。 

(1) 主要目 

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

1001 

船型 

機関室,船楼の位置で決まる船の側面形状。 

type of ship 

 

1002 

全長 

船体の最前端から最後端までの水平距離(付図
1参照)。 

length overall 

Loa 

1003 

垂線間長 

船体の前部垂線から後部垂線までの水平距離
(付図1参照)。 

length between 

perpendiculars 

L,  
Lpp,  
Lbp 

1004 

前部垂線 

計画満載喫水線と船首材前面との交点を通る鉛
直線(付図1参照)。 

fore perpendicular 

FP 

1005 

後部垂線 

だ(舵)柱がある船ではその後面,だ柱がない
船ではだ頭材の中心を通る鉛直線(付図1参
照)。 

aft perpendicular 

AP 

1006 

最大幅 

船体の最広部における両玄の外面間の水平距離
(付図1参照)。 

extreme breadth;  
maximum breadth 

Bext,  
Bmax 

1007 

型幅 

船体最広部における両玄のろっ(肋)骨外面間
の水平距離(付図1参照)。 

moulded breadth 

B,  
Bmid 


F 0011-1997  

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

1008 

型深さ 

垂線間長の中央における,キール上面から乾玄
甲板ビームの船側における上面までの垂直距離
(付図1参照)。 

moulded depth 

D,  
Dmid 

1009 

計画満載喫水 

垂線間長の中央におけるキール上面から計画満
載喫水線までの垂直距離で,船の計画時,載貨
重量・速度など船の諸性能を計画する場合の基
礎となる喫水(付図1参照)。 

designed load draught ;  
designed load draft 

 

1010 

最大喫水 

垂線間長の中央におけるキール下面から満載喫
水線までの垂直距離(付図1参照)。 

extreme draught ;  
extreme draft 

dext 

1011 

構造喫水 

船こく構造設計上の基準として使う喫水。 

scantling draught ;  
scantling draft 

ds 

1012 

肥せき係数 

船の水線下の形状や水線面が,どの程度やせて
いるかを示す係数の総称。 

coefficient of fineness 

 

1013 

方形係数 

船体の水線下の容積のやせている度合いを示す
係数。船の排水容積と,同状態の長さ・幅・喫
水で表される直方体容積との比。 

block coefficient 

Cb 

1014 

中央横断面係数 

船体の水線下の中央断面積のやせている度合い
を示す係数。船体の水線下の中央断面積と同状
態の幅と喫水とで表される長方形面積との比。 

midship section 

coefficient 

Cm 
Cx 

1015 

柱形係数 

(ちゅうけいけいすう) 

船体の水線下の前後部の容積のやせている度合
いを示す係数。船の排水容積と,同状態の中央
断面積と長さで表される柱状体容積との比。 

prismatic coefficient 

Cp 

1016 

水線面積係数 

船体の水線面のやせている度合いを示す係数。
船の喫水面の面積と,同状態の幅と長さとで表
される長方形面積との比。 

waterplane area 

coefficient 

Cw 

1017 

排水量 

船体が排除する水の質量。 

displacement 

⊿ 

1018 

満載排水量 

満載喫水における排水量。 

full load displacement 

 

1019 

軽荷重量 

船体,機関などの設備,法定備品などからなる
船の自重。 

light weight 

LW 

1020 

載貨重量 

満載排水量から軽荷重量を差し引いた質量。 

deadweight 

DW 

1021 

貨物倉容積 

貨物倉内の総容積。 

cargo hold capacity 

 

1022 

グレーン容積 

貨物倉容積の表し方のうち,ばら積貨物を積載
する場合の容積。 

grain capacity 

 

1023 

ベール容積 

貨物倉容積の表し方のうち,雑貨物,コンテナ
など,ある形をもった荷姿の貨物を積載する場
合の容積。 

bale capacity 

 

1024 

試運転最大速力 

海上公試運転時に記録された最大速度。 

maximum trial speed 

 

1025 

航海速力 

満載航海状態において機関の常用出力に特定の
シーマージンを見込んで得られる速度。 

service speed ;  
sea speed 

 

1026 

シーマージン 

航路の海象,船体の汚損などによる航海速力の
低下を見込んだ,常用出力に対する余裕度。 

備考 百分率 (%) で表す。 

sea margin 

 

1027 

航続距離 

満載状態・常用出力で航海できる最大距離。 

cruising distance ;  
endurance 

 

1028 

シヤー 

甲板下面の玄側線の船首尾方向の反り(付図1
参照)。 

sheer 

舷弧(法) 

1029 

キャンバ 

甲板の横方向の反り(付図1参照)。 

camber 

梁矢(法) 

1030 

フレームスペース 

ろっ(肋)骨の間隔。 

frame space 

肋骨心距(法) 


F 0011-1997  

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

1031 

船底こう(勾)配 

船底外板面を玄側面で高くした高さ(付図1参
照)。 

rise of floor 

 

1032 

基線 

船体の諸寸法を表す場合の基準とする線であっ
て,船の中央におけるキールの上面を通る水平
線(付図1参照)。 

base line 

BL 

(2) トン数及び乾玄 

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

2001 

トン数 

船舶の大きさを表すため,一般に用いる単位。 tonnage 

 

2002 

総トン数 

船舶法に規定する船舶の大きさを表すのに用い
る単位。 

gross tonnage 

GT 

2003 

国際総トン数 

船舶のトン数測度に関する国際条約において規
定された国際航海に従事する船舶のトン数。 

international gross 

tonnage 

GT 

2004 

純トン数 

旅客又は貨物の運送に供する場所の大きさを表
すのに用いる単位。 

net tonnage 

NT 

2005 

スエズ運河トン数 

スエズ運河のトン数測度規則によって測度され
るスエズ運河通行料算定の基準となるトン数。 

Suez Canal Tonnage 

 

2006 

パナマ運河トン数 

パナマ運河のトン数測度規則によって測度され
るパナマ運河通行料算定の基準となるトン数。 

Panama Canal Tonnage  

2007 

トン数マーク 

全通甲板二層以上を備える船で第二甲板を測度
甲板とするとき,測度甲板と上甲板間の貨物倉
を総トン数に含めないために所定の位置に標示
するマーク(付図2参照)。 

備考 測度甲板とは,トン数算出の基準と

する甲板をいう。 

tonnage mark 

 

2008 

乾玄 

船の中央における乾玄甲板のりょう上側板の上
面から満載喫水線までの垂直距離。 

freeboard 

フリーボード 

2009 

乾玄甲板 

乾玄を測る基準となる最上層の全通甲板。 

freeboard deck 

 

2010 

形状乾玄 

満載喫水線規則によって規定され,船の形状に
よって決定される乾玄。 

form freeboard ;  
geometrical freeboard 

 

2011 

形状喫水 

形状乾玄に対する喫水。 

form draft ;  
geometrical draught 

 

2012 

甲板線 

乾玄甲板の上面を示す水平な線(付図3参照)。 deck line 

 

2013 

満載喫水線 

載貨による船体の水中沈下が許される最大限度
の喫水線。 

load line 

 

2014 

区画満載喫水線 

国際航海に従事する旅客船の区画の決定に用い
る喫水線。 

subdivision load line 

 

2015 

フリーボードマーク 

満載喫水線規則によって規定され,船の積載が
許される最大喫水を標示するマーク(付図3参
照)。 

freeboard mark 

満載喫水線標識 

(3) 復原性及び動揺 

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

3001 

復原性 

船が外力に抵抗して直立の姿勢を保とうとする
性能。 

stability 

復原力 

3002 

復原偶力 

重力と浮力の作用で船を直立の姿勢に戻すよう
に働く力。 

righting couple 

 


F 0011-1997  

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

3003 

復原てこ 

復原偶力が作用する腕の長さ(付図4参照)。 righting arm ;  

righting lever 

GZ 

3004 

復原力滅失角 

復原てこが零になる傾斜角度。 

vanishing point of 

stability 

 

3005 

復原性範囲 

船の直立状態から復原力滅失角までの傾斜の範
囲。 

range of stability 

 

3006 

メタセンタ 

船を小角度傾けたときの浮力の軌跡の曲率中心
(付図4参照)。 

metacenter 

3007 

動的復原力 

船をある角度傾けるために外力がなす仕事。 

dynamical stability 

 

3008 

初期復原力 

船を小角度傾けたときの復原力。 

initial stability 

 

3009 

負復原力 

重心がメタセンタより高い位置にある場合,船
を直立の姿勢から傾けるように働く力。 

negative stability 

 

3010 

損傷時復原性 

損傷区画が浸水した場合の復原性。 

damaged stability 

 

3011 

船底レイキング損傷 

海洋汚染防止条約に規定された,船底外板だけ
に生じた船首部から広範囲(長さ方向)にわた
る損傷。 

bottom raking damage 

 

3012 

自由水 

自由表面をもつ水。 

free water 

 

3013 

自由水影響 

自由水が復原性に及ぼす影響。 

free water effect 

 

3014 

浸水計算 

船の損傷時の復原性・姿勢を求める計算。 

flooding calculation 

 

3015 

浸水率 

浸水した区画の水が占め得る容積と,その区画
の全容積との比。 

permeability 

 

3016 

水密区画 

水密壁で囲われた区画。 

watertight compartment  

3017 

可許長 

船のある部分において許すことができる水密区
画の最大長さ。 

permissible length 

 

3018 

可浸長 

規定の浸水率である区画を浸水させても,船が
限界線を超えて沈下しない最大長さ。 

floodable length 

 

3019 

限界線 

船側における隔壁甲板の上面から76mm下方に
引いた線。 

margin line 

 

3020 

動揺軸 

船の動揺を扱うために用いる船の重心を通る,
長さ方向(縦軸),幅方向(横軸)及び鉛直方向
(鉛直軸)の座標軸。 

axis of oscillation 

 

3021 

横揺れ 

船の縦軸周りの揺れ。 

rolling 

 

3022 

縦揺れ 

船の横軸周りの揺れ。 

pitching 

 

3023 

船首揺れ 

鉛直軸周りの揺れ。 

yawing 

 

3024 

前後揺れ 

船の縦軸方向の揺れ。 

surging 

 

3025 

左右揺れ 

船の横軸方向の揺れ。 

swaying 

 

3026 

上下揺れ 

鉛直軸方向の揺れ。 

heaving 

 

3027 

動揺中心 

船の動揺の中心。 

center of oscillation 

 

3028 

減滅係数 

船の動揺減衰の割合を表す係数。 

extinction coefficient 

 

3029 

環動半径 

船体の動揺周期を算出するときに用いる動揺軸
周りの見掛けの回転半径。 

radius of gyration 

 

3030 

出会い角 

船の進行方向と波の進行方向とがなす角。 

angle of encounter 

 

3031 

出会い周期 

進行中の船が波と出合う周期。 

period of encounter 

 

3032 

減揺タンク 

船の横揺れを軽減するための,船と自由水との
連成動揺を利用したタンク。 

anti-rolling tank 

 

3033 

ジャイロスタビライザ 船の横揺れを軽減するための,ジャイロスコー

プの偶力を利用した装置。 

gyrostabilizer 

 


F 0011-1997  

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

3034 

フィンスタビライザ 

航行中の船の横揺れを軽減するためフィンに働
く揚力を利用した装置。 

fin stabilizer 

 

(4) 抵抗,推進及び旋回 

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

4001 

全抵抗 

平水中を航走するとき,船が水及び空気から受
ける抵抗。 

total resistance 

 

4002 

粘性抵抗 

船体表面を流れる水の粘性によって生じる抵抗。 viscous resistance 

 

4003 

造波抵抗 

船が前進するときに波を起こすことによって生
じる抵抗。 

wave making resistance  

4004 

空気抵抗 

航走中に船が空気から受ける抵抗。 

air resistance 

 

4005 

摩擦抵抗 

航走する船体の浸水表面と水との粘性摩擦によ
る抵抗。 

frictional resistance 

 

4006 

形状抵抗 

船体が3次元曲面であるために生じる粘性抵抗
の成分。 

form resistance 

 

4007 

粗度抵抗 

船体表面が平滑でなく凹凸があるために生じる
粘性抵抗の成分。 

resistance increase due 

to roughness 

 

4008 

剰余抵抗 

全抵抗から摩擦抵抗,粗度抵抗及び空気抵抗を
差し引いた抵抗。 

residuary resistance 

 

4009 

有効出力 

船が抵抗に打ち勝ってある速度で航走するため
に必要な正味の出力。 

effective output ;  
effective horsepower 

有効馬力, 

EHP 

4010 

スラスト出力 

プロペラが発生する推進出力。 

thrust output ;  
thrust horsepower 

スラスト馬

力, 

推力馬力, 

THP 

4011 

伝達出力 

主機からプロペラに伝達される出力。 

delivered output ;  
delivered horsepower 

伝達馬力, 

DHP 

4012 

伝達効率 

伝達出力と主機出力との比。 

transmission efficiency  

4013 

推進効率 

有効出力と伝達出力との比。 

propulsive efficiency 

 

4014 

船体効率 

有効出力とスラスト出力との比。 

hull efficiency 

 

4015 

単独プロペラ効率 

プロペラが均一な流れの中で単独に回転する場
合,プロペラが発生するスラスト出力とプロペ
ラに伝達される出力との比。 

propeller efficiency in 

open water 

 

4016 

船後プロペラ効率 

プロペラを船尾に取り付けた場合,プロペラが
発生するスラスト出力とプロペラに伝達される
出力との比。 

propeller efficiency 

behind ship 

 

4017 

プロペラ効率比 

船後プロペラ効率と単独プロペラ効率との比。 relative rotative 

efficiency 

 

4018 

スラスト減少係数 

プロペラの作用による船体抵抗の増加分と,プ
ロペラの発生するスラスト出力との比。 

thrust deduction 

coefficient 

 

4019 

伴流 
(はんりゅう) 

船が航走するとき,船体周りの流線の変化,摩
擦,波などによって船体周囲に生じる流れ。 

wake 

 

4020 

伴流係数 

船のプロペラの位置における伴流の,プロペラ
面内における平均速度と船の前進速度との比。 

wake factor ;  
wake fraction 

 

4021 

自航要素 

スラスト減少係数,伴流係数及びプロペラ効率
比の総称。 

self propulsion factor 

 

4022 

アドミラルティ係数 

計画する船の速力に対する機関の出力を求める
ための係数。 

admiralty coefficient 

 


F 0011-1997  

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

4023 

キャビテーション 

船のプロペラ翼に水が作用したとき,翼表面の
圧力の低い部分から水が離れ,そこに気孔又は
空所を発生する現象。 

cavitation 

空洞現象 

4024 

キャビテーション係数 模型プロペラと実物のプロペラとのキャビテー

ションを相似にするための条件を求める係数。 

cavitation number 

 

4025 

プロペラエロージョン プロペラ表面に孔食を生じる現象。 

propeller erosion 

 

4026 

失脚 

プロペラのピッチに回転速度を乗じた値と,実
際にプロペラが前進した距離との差。 

slip 

スリップ 

4027 

失脚比 

失脚をプロペラのピッチと回転速度の積で除し
た値。 

slip ratio 

スリップ比 

4028 

浸水面積 

水線下の船体表面積。 

wetted surface area 

 

4029 

浅水影響 

水深が浅いために,プロペラ及びかじの効率が
低下したり,船体抵抗が増加したり,操縦性が
悪くなったりする現象。 

shallow water effect 

 

4030 

針路安定性 

船が直進中に,外力を受けてその針路からわずか
に外れたとき,その外力がなくなると徐々にある
一定方向の針路に落ち着いてゆく性質。 

course stability ;  
directional stability 

保針性 

4031 

旋回縦距 

船が転だしてから船首方向が90°変わるまで
に船体重心が原針路方向に移動する距離。 

advance 

アドバンス 

4032 

旋回横距 

船が転だしてから船首方向が90°変わるまでに船
体重心が原針路方向から横方向に移動する距離。 

transfer 

トランスファ 

4033 

旋回半径 

船が旋回中に船の重心が描く回転円の半径。 

turning radius 

 

4034 

旋回径 

船が転だしてから船首方向が180°変化したと
きの船体重心と原針路との間の垂直距離。 

tactical diameter ;  
maximum transfer 

 

4035 

旋回圏 

船が前進中転だして360°回転する間に描く円
形の運転軌跡。 

turning circle 

 

(5) 図書 

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

5001 

主要目表 

船の大きさ,性能を表すのに最も基本となる項
目を示す表。 

principal particulars 

 

5002 

仕様書 

船の性能,構造,装備品,建造方法などについ
て規定する文書。 

specifications 

 

5003 

線図 

船体の表面形状を表すために,横断面,水平面
及び船体中心線に平行な垂直面で船体を切断し
たとき現れる線を示す図面。 

lines 

 

5004 

排水量等曲線図 

各喫水における排水量,浮心位置,毎センチト
リムモーメント,メタセンタ高さなどを示す図
面。 

備考 毎センチトリムモーメントとは,ト

リム1cmを生じさせるモーメントを
いう。 

hydrostatic curves 

 

5005 

プリズマチック曲線図 船の長さを横軸に取り,縦軸には長さ方向の各

位置における満載喫水線下の横断面積と中央最
大横断面積との比を表す曲線図。 

prismatic curve 

 

5006 

復原力曲線図 

横軸に船体傾斜角度を,縦軸に復原てこを取っ
て描く曲線図。 

stability curve 

 


F 0011-1997  

番号 

用語 

定義 

参考 

対応英語 

慣用語 

5007 

復原力交差曲線図 

各船体傾斜角に対して,横軸に排水量を,縦軸
に仮定の重心点に対する復原てこを取って描く
曲線図。 

cross curves of stability  

5008 

ボンジャン曲線図 

船の長さ方向の各位置に対し,各喫水における
その喫水以下の横断面積を表す曲線図。 

Bonjean curves 

 

5009 

可浸長曲線図 

船の長さ方向の各位置での可浸長を表す曲線
図。 

curve of floodable length  

5010 

減滅曲線図 

横軸にその動揺の前後の平均横揺角を,縦軸に
横揺角の減少量を取って横揺の減衰の様子を表
す曲線図。 

curve of extinction 

 

5011 

出力曲線図 

船の速度と主機出力との関係を表す曲線図。 

power curves 

馬力曲線図 

5012 

一般配置図 

船の外観形状,船倉,機関室,諸タンク,その
他荷役装置,居住区などのぎ装設備の全般的配
置を表す図面。 

general arrangement 

 

5013 

機関室全体配置図 

機関室内の主機,補機,諸タンクなどの配置を
表す図面。 

general arrangement of 

engine room ;  

machinery arrangement 

in engine room 

機関室全体装

置図 

5014 

中央横断面図 

船の中央部における船体の構造を表す図面。 

midship section 

中央切断面図 

5015 

鋼材配置図 

船体の主要強度部材の配置,寸法などを表す図
面。 

construction profile and 

decks 

 

5016 

外板展開図 

外板を船体の横断面の外板内面に沿って船体の
全長にわたり基線に垂直方向に展開し,外板の
シーム,バット,板厚,外板に接する構造部材
の配置などを示す図面。 

shell expansion and 

framings 

 

 


F 0011-1997  

付図1 

 

 

付図2 

 

 

付図3 

 


F 0011-1997  

付図4 

 

原案担当作業委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

小 川 隆 也 

アイ・エイチ・アイ・クラフト株式会社 

(委員) 

 

村 瀬 孝 明 

社団法人日本船主協会 

 

 

丸 山 修 史 

住友重機械工業株式会社船舶艦艇鉄構事業本部 

 

 

熊 田 展 雄 

NKK総合エンジニアリング事業部 

 

 

上 谷 秀 雄 

三井造船株式会社千葉事業所 

 

 

友 井 武 人 

三菱重工業株式会社船舶・海洋事業本部 

 

 

高 濱 秀 正 

日立造船株式会社船舶防衛事業本部 

(事務局) 

 

小 林 正 雄 

財団法人日本船舶標準協会 

 

 

今 井 要 介 

財団法人日本船舶標準協会