>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 9605 : 1998 解説 

 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 9605 製版機械−印刷用の焼付原板位置決めピ

ンシステム 

ISO 11084-1 Graphic technology−Register systems for 

photographic materials,foils and paper−Part 1 : 
Three-pin systems 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

 印刷用の焼

付原板位置
決めピンシ
ステムにつ
いて規定。 

 

○ 印刷用の焼

付原板の位
置決め3点ピ
ンシステム
について規
定。 

ADP JISは,3点ピ

ンのほかに2
点ピンを規
定している。 

国際規格では,2点ピンは
将来の計画とされている。 

(2) 引用規格 

○ JIS B 0401 : 

1986 

ISO 2861 : 1988 

○  

  

 

(3) 定義 

○  

 

○  

ADP  

2点ピンシステムを増やし
たことにより追加した。 

(4) ピン穴の配

置 

○ 3点ピンシス

テムを規定。 

ISO 11084-1 

○  

ADP JISは国際規

格を包含し
ている。 

同上 

○ 2点ピンを規

定。 

 

−  

(5) ピン穴の形

状 

○ 丸形及び小

判形を規定。 

 

○ 小判形のみ

を規定。 

ADP 3点ピンでは

位置決めピ
ン穴に丸形
も規定した。 

2点ピンでは1方のピンは,
丸形が不可欠である。3点
ピンの中央位置決めピン
の丸形については国内で
普及している。 

(6) ピン穴の基

本寸法 

○ 5mmを基本

として規定。 

 

○ 5mmを基本

として規定。 

ADP  

 

(7) ピン穴の中

心距離 

○ 3点ピンシス

テム 

 

○  

ADP JISは2点ピ

ンも規定し
た。 

国際規格では2点ピンは将
来の計画とされている。 

○ 2点ピンシス

テム 

 

−  

(8) ピンの形状

及び寸法 

○ 丸形及び小

判形ピンを
規定。 

 

○ 丸形及び小

判形ピンを
規定。 

  

 

 

備考1. 表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を現していることを示し,“−”は,規定していな

いことを示す。 

2. 表中の(IV)欄にある“ADP”は,JISは国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JISとして必

要な規定内容を追加していることを示す。