>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

B 9518-1992 

 

 

金銭登録機用記録紙及び領収紙 

Receipt and journal paper for cash register 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,主として金銭登録機などに用いる記録紙及び領収紙の巻紙(以下,ロールペ

ーパという。)について規定する。ただし,感圧紙,感熱紙及び光学的文字読取り機用用紙には適用しない。 

備考1. この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS P 0001 紙・パルプ用語 

JIS P 8110 試験用紙採取方法 

JIS P 8111 試験用紙の前処置 

JIS P 8113 紙及び板紙の引張強さ試験方法 

JIS P 8115 紙及び板紙のMIT形試験器による耐折強さ試験方法 

JIS P 8116 紙及び板紙の引裂強さ試験方法 

JIS P 8123 紙及びパルプのハンター白色度試験方法 

JIS P 8124 紙のメートル坪量測定方法 

2. この規格の中で{ }で示してある単位及び数値は従来単位によるものであって,参考とし

て示したものである。 

 

2. 用語の定義 この規格で用いる主な用語の定義は,JIS P 0001によるほか,次による。 

(1) 記録紙 金銭登録機において記号,数字,文字などを印字し,店舗の営業記録に用いるロールペーパ。 

(2) 領収紙 金銭登録機において記号,数字,文字などを印字し,領収書として発行するのに用いるロー

ルペーパ。 

 

3. 品質 ロールペーパの紙質は,印刷及び使用上支障を来すような汚れ,しわ,きず,紙粉,破れ,き

ょう雑物,ワイヤマークなどがなく,表1の規定に適合しなければならない。ただし,白色度は,未着色

のものに限り適用する。 

表1 ロールペーパの紙質 

項目 

番手 

45 

55 

70 

坪量 g/m2 

52.3±4% 

64.0±4% 

81.4±4% 

引張強さ N {kgf} 縦 30 {3 }  以上 

45 {4.5} 以上 

60 {6} 以上 

横 15 {1.5} 以上 

25 {2.5} 以上 

30 {3} 以上 

耐折強さ 回 

縦 15      以上 

20      以上 

25    以上 

横 10      以上 

15      以上 

20    以上 

引裂強さ N {gf}  

縦  0.25 {25} 以上 

 0.35 {35} 以上 

 0.5 {50} 以上 

横  0.25 {25} 以上 

 0.35 {35} 以上 

 0.5 {50} 以上 


B 9518-1992  

項目 

番手 

45 

55 

70 

白色度 % 

75      以上 

75       以上 

75      以上 

 

4. ロールペーパの寸法 

4.1 

寸法 ロールペーパの仕上がり寸法及びその許容差は,表2のとおりとする。 

表2 ロールペーパの仕上がり寸法 

 

単位 mm 

区分 

寸法 

許容差 

用紙 

幅  (A)  28, 38, 40, 45, 50, 58, 67, 71 

+0.1 
−0.5 

外径 (B)  45, 50, 60, 80, 100 

±1.0 

巻きしん 外径 (C)  18, 25.5 

+0.5 
−0.1 

内径 (D)  12, 17.5 

+0.5 
−0.1 

4.2 

ばらつき ロールペーパのばらつきなどは,表3による。 

表3 ロールペーパのばらつき 

 

 


B 9518-1992  

 

単位 mm 

項目 

ロールペーパの直径 

50以上 

60以下 

側面径の差 

 (E)  

0.3 

0.4 

両側面外径の差 

 (F)  

0.3 

0.4 

内部形状のゆがみ 

 (G)  

0.4 

0.5 

側面の出入り 

 (H)  

0.5 

0.5 

巻きしん端面の出入り  (I )  

0.5 

0.5 

 

5. 巻き方 ロールペーパの巻き方は,均一に巻かれており,緩み,ゆがみなどが生じてはならない。 

 

6. 継ぎ目 ロールペーパには,継ぎ目があってはならない。 

 

7. エンドマーク ロールペーパには,エンドマークとして終端から約2m以内の部分に,1〜1.5mの赤

色着色をする。 

 

8. 試験方法 供試用紙は,JIS P 8110によって採取し,JIS P 8111によって前処置したものを用い,次に

よって試験する。 

(1) 坪量 JIS P 8124による。 

(2) 引張強さ JIS P 8113による。 

(3) 耐折強さ JIS P 8115による。 

(4) 引裂強さ JIS P 8116による。 

(5) 白色度 JIS P 8123による。 

 

9. 包装と表示 

9.1 

包装 ロールペーパの包装は,輸送中にきずが付いたり,湿度の影響によって,しわができないよ

うに行う。 


B 9518-1992  

9.2 

表示 表示は,次による。 

(1) 包装の表面には,次の事項について表示を行う。 

(a) 製造番号又はロット番号 

(b) 番手 

(c) 寸法(用紙の幅,用紙の外径及び巻きしんの穴径) 

(d) 数量 

(e) 製造業者名又はその略号 

(2) 個々のロールペーパの側面には,見やすい位置に番手,ミリメートル (mm) の単位で表した用紙の幅,

用紙の外径及び巻きしん穴径の順序に印刷する。 

なお,スタートマークとして番手を□で囲う。