>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

B 9204-1994 

 

 

農業機械用フィードチェーン 

Agricultural machinery−Feed chains 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,定置式又は自走式自動脱穀機及びコンバインに用いるフィードチェーン(以

下,チェーンという。)について規定する。 

備考1. この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS B 7721 引張試験機 

JIS B 7725 ビッカース硬さ試験機 

JIS B 7726 ロックウェル硬さ試験機 

JIS Z 2241 金属材料引張試験方法 

JIS Z 2244 ビッカース硬さ試験方法 

JIS Z 2245 ロックウェル硬さ試験方法 

2. この規格の中で{ }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。 

 

2. 種類 

2.1 

呼び番号 チェーンの呼び番号は,ピッチ及び内リンク内幅によって,表3に示す20種類とする。 

2.2 

形式 チェーンは,その中に含まれるプレートの形式によって,A形,C形,C′形及びC″形の4

種類に区分する。 

 

3. 性能 

3.1 

長さの許容差 長さの許容差は,基準の長さの±0.4%とする。ただし,基準の長さは,次の式によ

る。 

K=P×R 

ここに, 

K: 基準の長さ (mm) 

 

P: ピッチ (mm) 

 

R: リンク数 

3.2 

破断荷重 破断荷重の測定は,6.2によって行い,破断荷重は,表1による。 

表1 破断荷重 

プレート厚さ 

破断荷重(最小) 

外プレート厚さ 1.2mmの場合 15.7kN {1 600kgf} 
その他の場合 

19.6kN {2 000kgf} 

3.3 

硬さ 各部品の硬さの測定は,6.3によって行い,表2による。 


B 9204-1994  

表2 硬さ 

部品の名称 

硬さHRC (HRA) 

プレート 

30以上(65以上) 

ピン 

39以上(70以上) 

ローラ 

26以上(63以上) 

3.4 

外観 チェーンの外観は,有害なきず,さび,ばり,その他の有害な欠点があってはならない。 

3.5 

運転機能 チェーンは,図1に示すローラに180°巻き付けて動かしたとき,リンク相互の動きが円

滑でなければならない。 

図1 運転機能検査用ローラ 

 

 

4. 構成部品の名称 構成部品の名称は,図2による。 

図2 構成部品の名称 

 

 

5. 構造及び寸法 

5.1 

チェーンの構造及び寸法 チェーンの構造及び寸法は,表3による。 


B 9204-1994  

表3 チェーンの構造及び寸法 

 

単位 mm 

呼び番号 

ピッチ 

 

内リンク 

内幅 

ローラ外径 

 

D1 

ピン外径 

 

D2 

プレート厚さ 

内プレート

T1 

外プレート

T2 

S3058 

30 

5.00

58+  

10±0.1 

007
.0

7−

 

1.6±0.17 
2.0±0.2 

1.2±0.1 
1.6±0.17 
2.0±0.2 

 (S3318) 

33 

5.00

18+

 

S3320 

5.00

20+

 

 (S3322) 

5.00

22+  

S3325 

5.00

25+ 

S3330 

5.00

30+ 

S3335 

5.00 

35+ 

S3340 

5.00

40+

 

S3350 

5.00

50+ 

S3355 

5.00

55+

 

S3358 

5.00

58+ 

S3540 

35 

5.00

40+

 

S3550 

5.00

50+ 

S3558 

5.00

58+

 

3350 

33 

5.00

50+ 

12.7±0.1 

0

   07

.0

5.9

 

1.6±0.17 
2.0±0.2 

1.6±0.17 
2.0±0.2 

3355 

5.00

55+

 

3358 

5.00

58+

 

3550 

35 

5.00

50+ 

3558 

5.00

58+

 

3568 

5.00

68+ 

備考 呼び番号に括弧を付けたものはできるだけ用いない。 


B 9204-1994  

5.2 

プレートの厚さの組合せ 内プレート及び外プレート厚さの組合せは,表4による。 

表4 内プレート及び外プレート厚さの組合せ 

単位 mm 

ローラ外径 

D1 

プレート厚さ 

内プレート T1 

外プレート T2 

10 

1.6 

1.2 
1.6 
2.0 

2.0 

12.7 

1.6 

2.0 

2.0 

1.6 

5.3 

プレートの形式及び寸法 プレートの形式及び寸法は,表5による。 


B 9204-1994  

表5 プレートの形式及び寸法 

 

単位 mm 

プレート

の形式 

プレートの高さ 

プレートの

高さ記号 

H1 

H2 

H3 

H4 

10 

10 

 0 

− 

01000 

 6 

01006 

10 

01010 

15 

01015 

18 

01018 

25 

01025 

30 

01030 

45 

01045 

50 

01050 

60 

01060 

10 

18 

15 

− 

01815 

18 

01818 

20 

01820 

12 

16 

10 

− 

21610 

13 

15 

10 

− 

31510 

15 

13 

10 

− 

51310 

27 

51327 

C′ 

10 

13 

10 

− 

01310 

13 

10 

 0 

− 

31000 

15 

31015 

20 

31020 

25 

31025 

30 

31030 

20 

15 

− 

32015 

15 

10 

10 

− 

51010 

15 

51015 

18 

15 

− 

51815 

18 

15 

81515 

C″ 

12 

− 

− 

36 

  236 

13 

− 

− 

33 

  333 

備考 プレートの高さ記号の表し方 

(1) 形式A, C, C′の場合,H1の数値の1位の数字,H2, H3の数値を並べて表

す。 

(2) 形式C″の場合,H1の数値の1位の数字,H4の数値を並べて表す。 

5.4 

内プレートに施すバーリング部の寸法 バーリング部の寸法は,一般に表6による。 

なお,バーリングとは,穴の周縁に加工した輪状の突起をいう。 


B 9204-1994  

表6 バーリング部の寸法 

 

 

6. 試験方法 

6.1 

長さ チェーンの長さの測定は,15リンク以上の長さの塗油していないものを用い,チェーンの一

端を固定し,他端に175N {17.84kgf} の荷重を加えた状態で測定する。 

製品の全長を直接測定できない場合は,15リンク以上の長さの測定値を基準に換算してもよい。 

6.2 

破断荷重 破断荷重の測定は,5リンク以上のチェーンを試験片とし,その両端部ピン位置に図3

に示すような測定ジグのB部を装着する。それをJIS B 7721に適合する引張試験機に取り付けて試験を行

う。その場合の試験方法は,JIS Z 2241に準じて行う。 

図3 測定ジグ 

 

備考1. A部は,引張試験機のつかみ部を示すが,必ずしも図3のような形状

でなくてもよい。 

2. Wは,試験片の内幅寸法をいう。 

6.3 

硬さ チェーンの硬さは,JIS B 7726に規定する試験機を用いて,JIS Z 2245に規定する試験方法に

よって測定する。 

また,JIS B 7725に規定する試験機を用い,JIS Z 2244に規定する試験方法によって測定し,HRC又は

HRAに換算してもよい。 

 

7. 検査 チェーンの検査は,性能及び寸法について行い,3.〜6.の規定に適合しなければならない。 


B 9204-1994  

8. 製品の呼び チェーンの呼び方は,規格番号,呼び番号,プレートの形式,プレートの高さ記号,内

プレートの厚さ,外プレートの厚さ及びチェーン中に含まれるリンク数による。ただし,内プレートにバ

ーリング加工を施したものは,プレートの形式の後にbを付ける。 

例1. 

 

例2. JIS B 9204 S3550A 01006-1.6-2.0-50 

例3. JIS B 9204 S3550Cb 01815-2.0-2.0-50(バーリング加工を施した場合) 

 

9. 表示 チェーンは,包装容器に次の事項を表示する。 

(1) 呼び番号 

例 S3550 

(2) 製造業者名又はその略号 

JIT B 9204改正原案作成委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

田 原 虎 次 

東京農工大学名誉教授 

 

 

藍   房 和 

東京農工大学農学部 

 

 

林   清 輝 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

桐 山 和 臣 

工業技術院標準部 

 

 

波 川 鎮 男 

農林水産省農蚕園芸局 

 

 

安 食 恵 治 

生物系特定産業技術研究推進機構安全試験室 

 

 

船 曳 英 夫 

社団法人日本農業機械化協会 

 

 

渡 邊   崇 

社団法人全国農業機械商業協同組合連合会 

 

 

谷田部 勝 男 

全国農業協同組合連合会 

 

 

波 多 幸 夫 

株式会社クボタ作業機技術部 

 

 

福 永 喜 一 

井関農機株式会社技術管理部 

 

 

安 田 国 昭 

ヤンマー農機株式会社中央技術研究所技術管理部 

 

 

辻     章 

三菱農機株式会社管理部(東京) 

 

 

佐 藤 文 男 

石川島芝浦機械株式会社トラクタ技術部 

 

 

木 内   渥 

株式会社丸山製作所研究開発本部管理部 

 

 

井之川 明 嗣 

本田技研工業株式会社朝霞東研究所 

 

 

太 田 万 喜 

小橋工業株式会社開発部 

 

 

平 松 献 三 

株式会社共立技術本部 

 

 

苫米地   眞 

株式会社佐竹製作所調製機事業部 

(事務局) 

 

栗 原 靖 一 

社団法人日本農業機械工業会 

 

 

天 野   謙 

社団法人日本農業機械工業会