>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

  

日本工業規格          JIS 

 

B 9121-1989 

 

 

噴霧機用コック 

Cocks for Sprayer 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,主として,JIS B 9112(人力噴霧機)及びJIS B 9113(動力噴霧機)による噴

霧機に使用するコック(以下,コックという。)について規定する。 

備考 この規格で { } を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,参考と

して併記したものである。 

引用規格: 

JIS B 0202 管用平行ねじ 

JIS B 0401 寸法公差及びはめあい 

JIS B 2401 Oリング 

JIS B 2406 Oリング取付みぞ部の形状・寸法 

JIS B 9112 人力噴霧機 

JIS B 9113 動力噴霧機 

JIS H 5101 黄銅鋳物 

JIS K 6339 農業用噴霧機ホース 

JIS K 6765 噴霧機用ポリエチレンホース 

 

2. 種類 コックの種類は,形状によって表1の4種類とする。 

表1 コックの種類 

区分 

種類 

形状 

用途 

先コック ボール先コック 

付表1 

人力用 
動力用 

栓先コック 

付表2 

元コック ボール元コック 

付表3 

栓元コック 

付表4 

 

3. 機能 コックの閉止の回転は滑らかで,開閉を確実に行えるものでなければならない。 

 

4. 耐圧及び漏れ コックを閉じ,表2の水圧を片側ずつ両面に30秒間加えたとき,水漏れがあってはな

らない。 


B 9121-1989  

表2 耐圧及び漏れ 

区分 

用途 

水圧 

先コック 

人力用 

1MPa {10kgf/cm2}  

動力用 

2MPa {20kgf/cm2}  

元コック 

人力用 

1MPa {10kgf/cm2}  

動力用 

3.5MPa {35kgf/cm2}  

 

5. 構造・形状・寸法 先コック及び元コックの構造,形状及び寸法は,付表1〜4による。 

 

6. 外観 コックの外観は,仕上がりが良好で,有害な鋳巣及び鋳ばりがあってはならない。 

 

7. 材料 コックの材料は,JIS H 5101(黄銅鋳物)のYBsC3,又は耐食性及び強さがこれと同等以上の

ものとする。 

また,パッキンの材料は,牛革又は品質がこれと同等以上のものを使用する。 

 

8. 検査 コックの検査は,機能,耐圧,構造・形状・寸法,外観及び材料について行い,3.〜7.の規定に

適合しなければならない。 

 

9. 製品の呼び方 コックの呼び方は,規格番号,用途,種類及び呼びによる。 

例: JIS B 9121 人力用ボール先コック 7 

 

10. 表示 製品の包装には,次の事項を表示する。 

(a) 種類及び呼び 

(b) 製造業者名又はその略号 

(c) P(動力用だけに適用) 


 

 

 

3

 

B

 9

1

2

1

-1

9

8

9

  

 

付表1 ボール先コック形状及び寸法 

 

単位mm 

呼び 

ねじの 
呼 び 

D3 

G2 

T1 

基準
寸法 

許容差 

基準
寸法 

許容差 

基準
寸法 

許容差 

 7 

 5 

1.3 

 8 

+0.2 
  0 

41

 15.5  16.0 

 

+0.2 

 

±0.5 

 8 

10 

 8.5 

 6 

1.3 

 8 

41

 15.5  16.0 

 8 

10 

10 

 8 

1.3 

11 

83

 20 

 20.5 

 8 

10 

13 

10 

1.8 

15 

21

 23.5  24 

10 

12 

備考1. D部ねじは,JIS B 0202(管用平行ねじ)による。 

2. 噴霧機本体への取付部分は,特に規定しない。 
3. 図は,構造及び形状の例を示すもので,特定のモデルを規定するものではない。 
4. 適用するホースは,JIS K 6339(農業用噴霧機ホース)若しくはJIS K 6765(噴霧機用ポリエチレンホース)又は品質

がこれらと同等以上のものとする。 

5. 寸法許容差の指定のないものは,JIS B 0401(寸法公差及びはめあい)のjs16又はJs16とする。 

 


 

 

 

4

 

B

 9

1

2

1

-1

9

8

9

  

 

付表2 栓先コック形状及び寸法 

 

単位mm 

呼び 

ねじの
呼 び 

D1 

D2 

D3 

D4 

G2 

T1 

基準

寸法 許容差 

基準

寸法 許容差 

基準

寸法 許容差 基準

寸法 許容差 基準

寸法 許容差 基準

寸法 許容差 基準

寸法 許容差 

 7 

 5 

1.3 

 8 

+0.2 

41

13.5 

11.5 

+0.4 

15.5 

11.5 

−0.4 
−0.7 

16.0 

+0.2 

±0.5 

 8 

±0.5 

±0.2 

10 

 8.5 

 6 

1.3 

 8 

41

13.5 

11.5 

15.5 

11.5 

16.0 

 8 

10 

10 

 8 

1.3 

11 

83

 17 

15.0 

20.0 

15.0 

20.5 

 8 

10 

13 

10 

1.8 

14 

21

 21 

18.7 

23.5 

18.7 

24.0 

10 

 7.5 

12 

備考1. D部ねじは,JIS B 0202による。 

2. 噴霧機本体への取付部分は,特に規定しない。 
3. 図は,構造及び形状の例を示すもので,特定のモデルを規定するものではない。 
4. 適用するホースは,JIS K 6339若しくはJIS K 6765又は品質がこれらと同等以上のものとする。 
5. 寸法許容差の指定のないものは,JIS B 0401のjs16又はJs16とする。 

 


 

 

 

5

 

B

 9

1

2

1

-1

9

8

9

  

 

付表3 ボール元コック形状及び寸法 

 

単位mm 

呼び 

(ねじの呼び) 

D' 

(ねじの呼び) 

T5 

T6 

L1 

基準
寸法 

許容差 

基準
寸法 

許容差 

 7 

 5 

1.3 

 8 

+0.2 

41

41

±0.5 

11.5 

13 

 8.5 

 6 

1.3 

 8 

41

41

11.5 

13 

10 

 8 

1.3 

11 

83

83

11.5 

13 

13 

10 

1.8 

14 

21

21

 15 

13 

12 

備考1. D部ねじは,JIS B 0202による。 

2. Oリングは,JIS B 2401(Oリング)による。 
3. Oリング取付部は,JIS B 2406(Oリング取付みぞ部の形状・寸法)による。 
4. 噴霧機本体への取付部分は,特に規定しない。 
5. 図は,構造及び形状の例を示すもので,特定のモデルを規定するものではない。 
6. 寸法許容差の指定のないものは,JIS B 0401のjs16又はJs16とする。 

 


 

 

 

6

 

B

 9

1

2

1

-1

9

8

9

  

 

付表4 栓元コック形状及び寸法 

 

単位mm 

呼び 

(ねじの呼び) 

D5 

D6 

T5 

参考 

基準寸法 

許容差 

基準寸法 

許容差 

Oリング 

 5 

1.3 

 8 

+0.2 

41

 7 

10 

±0.5 

 9 

 P7 

 8.5 

 6 

1.3 

 8 

41

 7 

10 

 9 

 P7 

10 

 8 

1.3 

11 

83

10 

13 

 9 

P10 

13 

10 

1.8 

14 

21

12 

16 

12 

P12 

備考1. D部ねじは,JIS B 0202による。 

2. Oリングは,JIS B 2401による。 
3. Oリング取付部は,JIS B 2406による。 
4. 噴霧機本体への取付部分は,特に規定しない。 
5. 図は,構造及び形状の例を示すもので,特定のモデルを規定するものではない。 
6. 寸法許容差の指定のないものは,JIS B 0401のjs16又はJs16とする。 

 


B 9121-1989   

解説表1 改正原案作成委員会 構成表(昭和50年度) 

(一般機械部会 農業機械専門委員会 構成表) 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

手 塚 右 門 

全国農業協同組合連合会 

 

 

安 田 圭 三 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

逢 坂 国 一 

工業技術院標準部 

 

 

前 田 耕 一 

農林水産省農蚕園芸局 

 

 

有 吉   亮 

農業機械化研究所 

 

 

中 島 元 夫 

社団法人日本農業機械工業会 

 

 

成 沢 登美雄 

松山株式会社 

 

 

細 山 吉太郎 

株式会社丸山製作所 

 

 

三箇山 正 雄 

久保田鉄工株式会社 

 

 

水 田 栄 久 

井関農機株式会社 

 

 

春 日 俊 夫 

全国農業協同組合連合会 

 

 

渡 辺 波 夫 

社団法人日本農業機械化協会 

(専門委員) 

 

竹 内 健 二 

国際協力事業団 

 

 

松 川 東 一 

工業技術院標準部 

(事務局) 

 

伊 藤 彰 一 

工業技術院標準部機械規格課 

 


B 9121-1989  

 

解説表2 改正原案作成委員会 構成表(昭和63年度) 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

田 原 虎 次 

日本大学 

 

 

藍   房 和 

東京農工大学 

 

 

白 井   宏 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

吉 田 藤 夫 

工業技術院標準部 

 

 

(鈴 木 茂 光) 工業技術院標準部 

 

 

寺 本 忠 孝 

農林水産省農蚕園芸局 

 

 

戸 崎 紘 一 

生物系特定産業技術研究推進機構 

 

 

船 曳 英 夫 

社団法人日本農業機械化協会 

 

 

佐 藤   功 

全国農業協同組合連合会 

 

 

渡 辺   崇 

全国農業機械商業協同組合連合会 

 

 

木 内   渥 

株式会社丸山製作所 

 

 

平 松 献 三 

株式会社共立 

 

 

郡   惟 司 

有光工業株式会社 

 

 

(上 原   宏) 有光工業株式会社 

 

 

相 馬 敏 光 

佐々木農機株式会社 

 

 

(佐々木 春 夫) 佐々木農機株式会社 

 

 

友 松 武 夫 

株式会社マルナカ製作所 

 

 

(三 宅 緑 治) 初田工業株式会社 

 

 

町 田 敏 郎 

富士ロビン株式会社 

 

 

(原 田 国 弘) 富士ロビン株式会社 

 

 

伊 東 秀 見 

株式会社日東製作所 

 

 

吉 田 隆 三 

株式会社ダイシン 

 

 

泉   蔵 寛 

オリンピア工業株式会社 

 

 

吉 村 智 光 

麻場産業株式会社 

(事務局) 

 

栗 原 靖 一 

社団法人日本農業機械工業会 

 

 

天 野   謙 

社団法人日本農業機械工業会 

 

 

( ) 内は、昭和62年度検討時委員