>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 
 

 

1

 

B

 7

0

9

5

-1

9

9

7

 

 

 

JISと対応する国際規格との対比表 

JIS番号:JIS B 7095 写真レンズ−有効口径,Fナンバ及び口径比の

測定方法 

国際規格番号:ISO 517 : 1996 Photography−Apertures and related properties pertaining to photographic 

lenses−Designations and measurements 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 写真レンズの有効口径,Fナ

ンバ及び口径比の測定方法
を規定 

 

○ 写真レンズの開口絞り,入射ひと

み,焦点距離,相対アパーチャ及
びf−ナンバの測定方法を規定 

= ISO 517はJIS B 7094,JIS B 

7095,JIS B 7106の3規格と
対応しているためこの規格
で規定していない部分は他
の2規格で規定している。 

 

(2) 引用規格 

○ JIS B 7094及び 

JIS Z 8120を引用 

 

− 規定していない。 

− JIS Z 8120は光学用語の規

格,JIS B 7094はISO 517の
対応規格の一つである。 

 

(3) 定義 

○  

 

○  

=  

 

(4) 有効口径の

測定方法 

○ 3種類の測定方法を規定 

 

○ 2種類の測定方法を規定 

= JISはISO 517の2種類の方

法に1種類の方法を追加して
いる。 
どの方法を用いても同じ結
果となる。 

 

(5) Fナンバ及

び口径比の
測定方法 

○  

 

○  

=  

 

(6) 測定値の記

録 

○ 測定値を記録する場合の4項

目を規定 

 

− 規定していない。 

− JISはこの附属書を追加して

規定している。 

 

(7) 附属書1(参

考)Tナンバ
の測定方法 

○ Tナンバの測定方法を記述 

 

− 規定していない。 

− JISはこの附属書を参考とし

て追加している。 

 

(8) 附属書2(参

考)有効F
ナンバの測
定方法 

○ 有効Fナンバの測定方法を記

述 

 

− 規定していない。 

− JISはこの附属書を参考とし

て追加している。 

 

 


 
 

 

2

 

B

 7

0

9

5

-1

9

9

7

8

 

 

 

備考1. 対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。 

2. 対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおりである。 

“=”:JISと国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。 

“−”:該当項目がない場合。