>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

B 6549-1991 

 

 

グルースプレッダ−試験及び検査方法 

Glue spreaders−Test and inspection methods 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,塗布ロールの長さが900mm以上4 500mm以下のグルースプレッダの機能,

運転性能及び剛性に関する試験方法並びに静的精度及び工作精度検査方法について規定する。 

備考1. グルースプレッダとは,単板,板材などの接着面に,回転するロールによって一定量の接着

剤を塗布する機械をいう(JIS B 0114参照)。 

2. この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS B 0114 木材加工機械の名称に関する用語 

JIS B 6507 木材加工機械の安全通則 

JIS B 6521 木材加工機械の騒音測定方法 

3. この規格の中で{ }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。 

 

2. 機能試験方法 グルースプレッダの機能試験は,表1による。 

表1 機能試験 

番号 

試験項目 

試験方法 

電気装置 

運転試験の前後に,各1回絶縁状態を試験する。 

駆動装置の始動,停止及

び運転操作 

始動及び停止を繰返し10回行い,作動の円滑さ及び確実さを試験する。 

塗布ロール回転速度の

変換操作 

表示のすべての塗布ロール回転速度,無段変速式のものは最低,中間及び最高の三つの回転速度に

ついて速度を変換し,操作装置の作動の円滑さ及び指示の確実さを試験する。 

ドクタロール回転速度

の変換操作 

表示のすべてのドクタロール回転速度,無段変速式のものは最低,中間及び最高の三つの回転速度

について速度を変換し,操作装置の作動の円滑さ及び指示の確実さを試験する。 

塗布量調整装置 

機能の円滑さ及び確実さを試験する。 

接着剤循環装置 

機能の円滑さ及び確実さを試験する。 

安全装置 

作業者に対する安全機能及び機械防護機能の確実さを試験する(JIS B 6507参照)。 

潤滑装置 

油密,油量の適正な配分など,機能の確実さを試験する。 

油圧装置 

油密,圧力調整など,機能の確実さを試験する。 

10 

空気圧装置 

気密,圧力調整など,機能の確実さを試験する。 

11 

附属装置 

機能の確実さを試験する。 

備考 その機能をもたないグルースプレッダでは,表1中のこれに該当する試験項目を省略する。 

 

3. 運転試験方法 

3.1 

無負荷運転試験 塗布ロール及びドクタロールを作動させ,30〜60分間運転を継続して軸受温度が

安定した後,所要電力及び騒音を測定し,表2の記録様式1に規定する各項について記録するとともに,

異常振動がないことを感触によって観察する。 


B 6549-1991  

なお,騒音の測定は,JIS B 6521による。 

表2 記録様式1 

 

備考1. 塗布ロール及びドクタロール周速度に変速装置があるものは,最大周速度を含む少なくとも2条件の周

速度について記録する。 

2. 騒音測定条件は,記事欄に記録する。 

3.2 

負荷運転試験 試験材に接着剤を塗布し,所要電力及び騒音を測定し,表3の記録様式2に規定す

る各項について記録するとともに,異常振動がないこと及び塗布量の状態を感触によって観察する。 

所要電力の測定は,試験材の厚さを一定とし,塗布ロールの周速度を変えて試験を行う。ただし,変速

装置のないものについては,この限りではない。 

なお,騒音の測定は,JIS B 6521による。 

表3 記録様式2 

 

備考1. 塗布方法(片面,両面)並びに騒音測定条件は,記事欄に記録する。 

2. 溝の形状は,図示して主要寸法を記入する。 

 

4. 剛性試験方法 グルースプレッダの剛性試験は,表4による。 


B 6549-1991  

表4 剛性試験 

番号 

試験項目 

測定方法 

測定方法図 

ドクタロールの曲げ
剛性 

定置したインジケータをドクタ
ロールの中央部に当てて,ドクタ
ロールに直角方向の荷重 (P) を
加えて(1),ドクタロールのたわみ
を測定する。 
この測定は,互いに90°をなす2
方向について荷重を加えて行う。 

 

注(1) 荷重を加える位置は,できるだけドクタロールの中央とし,そのドクタロール固定端か

らの距離を記録する。 

備考1. 同一設計の機械の剛性試験は,代表的な1台について行った試験結果で代表させ,他の

ものについては省略してもよい。 

2. 荷重 (P) の大きさは,製造業者が推奨する値とし,その値を記録する。 
3. この測定は,ドクタロールを回転させ,軸受温度が安定した後に行う。 

 

5. 静的精度検査方法 グルースプレッダの静的精度検査は,表5による。 

表5 静的精度検査 

単位 mm 

番号 

検査項目 

測定方法 

測定方法図 

許容値 

ロールの長さの相
互差 

一対の塗布ロールとドクタロー
ルの長さをノギス(2)で測定し,そ
の差を測定値とする。 

 

 

 

0.60 

ドクタロールの円
筒度 

軸を含み,互いに直角な二つの平
面内においてそれぞれ測定した
ドクタロールの直径の最大差の
うち,大きい値を測定値とする。 
この測定箇所は,ドクタロールの
少なくとも中央及び両端(3)の3
か所以上とする。 

 

ロールの長さ
が3 000以下 

0.02 

ロールの長さ
が3 000を超え
るもの 

0.03 

ロールの
振れ 

塗布ロー
ル 

ロールの外周面にテストインジ
ケータを当てて,ロールを手動で
回転し,回転中におけるテストイ
ンジケータの読みの最大差を測
定値とする。 
この測定は,ロールの中央及び両
端(3)の3か所について行う。 

 

ロールの長さ
が3 000以下 

0.05 

ロールの長さ
が3 000を超え
るもの 

0.06 

ドクタロ
ール 

ロールの長さ
が3 000以下 

0.04 

ロールの長さ
が3 000を超え
るもの 

0.05 


B 6549-1991  

単位 mm 

番号 

検査項目 

測定方法 

測定方法図 

許容値 

上塗布ロールと下
塗布ロールとの平
行度(4) 

上塗布ロールと下塗布ロールと
の間隔を零にし,上下塗布ロール
に垂直方向に直定規を沿わせ,そ
れに精密角形水準器を当てて,塗
布ロールの両端における精密水
準器の読みを取り,その差を測定
値とする(5)。 

 

0.40/m 

上塗布ロールの上
下運動の平行度 

上塗布ロールと下塗布ロールと
の間隔を零にした後,上塗布ロー
ルを20mm上昇させ,塗布ロー
ルの両端(3)における移動距離を
内側マイクロメータで測定し,そ
の差を測定値とする。 

 

 

 

0.05 

注(2) この測定を行うに当たり,ノギスのほかに専用の測定ジグを製作し,それを使用してもよい。ただし,そ

の測定ジグの精度については,ノギスと同等以上の精度とする。 

(3) “だれ”の部分を避けて測定する。 
(4) この測定は,構造によってドクタロールを取り付ける前に行ってもよい。 
(5) この測定は,上塗布ロール及び下塗布ロールの振れが最も少ない位置を基準とする。 

備考 その機能をもたないグルースプレッダでは,表5中のこれに該当する検査項目を省略する。 

 

6. 工作精度検査方法 グルースプレッダの工作精度検査は,表6による。 

表6 工作精度検査 

単位 g/m2 

番号 

検査項目 

測定方法 

測定方法図 

許容値 

塗布量のばらつき 試験材を2枚重ねして塗布ロー

ルの中央及び両端(3)で同時に通
し,各位置における試験材の塗布
前及び塗布後の重量を測定し,そ
の差の最大値と最小値との差を
測定値とする。 

 

15.0 

備考 試験材は,同一条件,同一樹種で約300mm×約600mmの単板とし,厚さ及び含水率むらが少ないむき肌

の良好なものとする。 

 

関連規格 JIS B 6501 木材加工機械の試験方法通則 

JIS Z 8203 国際単位系 (SI) 及びその使い方 


B 6549-1991  

JIS原案作成委員会委員 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

林   大九郎 

東京農業大学農学部 

 

 

木 下 敍 幸 

林野庁森林総合研究所 

 

 

伊佐山 建 志 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

吉 田 藤 夫 

工業技術院標準部 

 

 

池 田 順 一 

財団法人日本規格協会 

 

 

可 西 忠 雄 

ユアサ建材工業株式会社 

 

 

田 中 哲 郎 

ホクヨープライウッド株式会社 

 

 

小田嶋 輝 夫 

日本合板工業組合連合会 

 

 

櫻 井   昭 

開成産業株式会社 

 

 

大 友 静 正 

株式会社ウロコ製作所 

 

 

川 端 宗 之 

株式会社菊川鉄工所 

 

 

高 井 正 弘 

株式会社太平製作所 

 

 

大 川   勝 

橋本電機工業株式会社企画室 

 

 

正 木 康 夫 

南機械株式会社製造部 

 

 

坂 本 晋 一 

株式会社名南製作所 

 

 

村 上   勝 

社団法人全国木工機械工業会 

(事務局) 

 

雨 宮 礼 一 

社団法人全国木工機械工業会業務部技術課 

 

 

佐久間 章 雄 

社団法人全国木工機械工業会業務部業務課