>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

B 6547-1991 

 

 

ローラ乾燥機−試験及び検査方法 

Roller dryer−Test and inspection methods 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,ロールの長さ(1)2 750mm以上4 850mm以下,段数2以上,加熱セクション(2)3

以上の単板用ローラ乾燥機の,構造,呼び寸法,機能試験,運転試験,精度検査及び工作精度検査方法に

ついて規定する。 

注(1) 加熱セクションのロールの長さをいう。 

(2) 加熱セクションの長さは,原則として1 600〜2 600mmとする。 

備考1. この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS B 6521 木材加工機械の騒音測定方法 

2. この規格の中で{ }を付けて示してある単位は,従来単位によるものであって,参考とし

て併記したものである。 

 

2. 構造 ローラ乾燥機の各部分は,熱による変形を考慮したうえで,それぞれ十分な剛性をもち,工作

精度に悪影響を及ぼさないものでなければならない。 

 

3. 呼び寸法 ローラ乾燥機の呼び寸法は,ロールの長さ (mm) で表し,表1による。 

表1 呼び寸法 

単位mm 

呼び寸法 

ロールの長さ 

寸法 

許容差 

2 750 

2 750 

±10 

3 050 

3 050 

±20 

3 350 

3 350 

3 650 

3 650 

3 950 

3 950 

4 250 

4 250 

±30 

4 550 

4 550 

4 750 

4 750 

4 850 

4 850 

備考 ローラ乾燥機の呼び方は,名

称,呼び寸法,段数及び加熱
セクション数による。 

例 ローラ乾燥機4 550×4×9 

 

4. 機能試験方法 ローラ乾燥機の機能試験は,表2による。 


B 6547-1991  

表2 機能試験 

番号 

試験項目 

試験方法 

 1 

電気装置 

運転試験の前後に,各1回絶縁状態を試験する。 

 2 

送り装置 

機能の確実さ,円滑さ及び表示の正確さとを試験する。 

 3 

工作物の送り 

機能の確実さ及び円滑さを試験する。 

 4 

送風装置 

機能の円滑さを試験する。 

 5 

加熱装置 

バルブ,トラップなどの機能の確実さを試験する。 

 6 

保温装置 

機能の確実さ及び熱風漏れを試験する。 

 7 

吸気−排気装置 機能の円滑さを試験する。 

 8 

安全装置 

作業者に対する安全機能と機械防護機能の確実さとを試験す
る。 

 9 

潤滑装置 

機能の円滑さと確実さとを試験する。 

10 

附属装置 

機能の確実さを試験する。 

備考 その機能をもたないローラ乾燥機では,表2中のこれに該当する試験項目を省略す

る。 

 

5. 運転試験方法 機内が使用温度(3)に達した後,使用送り速度(3)で所要電力及び騒音を測定し,表3記

録様式1に規定する各項について記録するとともに,異常振動を感触によって観察する。 

なお,騒音の測定は,JIS B 6521による。 

注(3) 使用温度及び使用送り速度は,受渡当事者間の協議によって決定する。 

表3 記録様式1 

番号 測定

時刻 

使用

温度 

使用

送り

速度 

送風機 

加熱装置 

所要電力 

騒音 

A特性 

室温 

 

記事 

加熱 

冷却 

蒸気 

その他 排気

孔開

度 

加熱セ

クショ

ン温度 

(4)℃ 

電圧 

電流A 

入力 

風量 

 

m3/ 

min 

風圧 

Pa 

mm 

Aq 

軸受

温度 

 

℃ 

風量 

 

m3/

min 

風圧 

Pa 

mm 

Aq 

軸受

温度 

 

℃ 

圧力 

Mpa 

kgf/ 

cm2 

使用

量 

kg/ 

燃料

名 

使用

量 

搬送

装置 

加熱

送風

機 

冷却

送風

機 

時分 ℃  m/s 

左 右  V 

kW 

dB 

℃ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注(4) 加熱セクション温度の測定位置は,ロールの端面から約300mm内側とする。 
備考 騒音測定条件については,記事欄に記録する。 

 

6. 精度検査方法 ローラ乾燥機の精度検査は,表4による。 


B 6547-1991  

表4 精度検査 

単位mm 

番号 

検査項目 

測定方法 

測定方法図 

許容値 

ロールの長さ
の相互差 

各ロールに鋼製巻尺を平行に当てて,
ロールの長さを測定し,読みの最大差
を測定値とする。 

 

 

 

ロールの振れ 

両端を図のように支持したロールにテ
ストインジケータを当てて,ロールを
手動回転させ,回転中のテストインジ
ケータの読みの最大差を測定値とす
る。 
この場合,少なくともロールの中央及
び両端の3か所で測定する。 

 

 

 

ロールの長さ 

3 350 

以下 

3 350 

を越え 
るもの 

1.0 

1.5 

各段の下ロー
ルの平面度 

任意の6本以上の下ロール上に直定規
を送り方向に当てて,ロールと直定規
とのすきまをすきまゲージによって測
定する。この測定は,各下ロールの両
端付近で行い,その最大値を測定値と
する。 

 

1.5 

2.0 

ロール
軸の平
行度 

ロール
間 

隣接するロール軸両端の間隔をノギス
で測定し,読みの差の最大値を測定値
とする(5)。 

 

 

 

セクシ
ョン間 

任意のセクションの中央付近と隣りの
セクションの中央付近のロール軸の間
隔及び対角長さを鋼製巻尺で測定し,
それぞれの読みの差を測定値とする
(5)。 

 

 

 

ロール軸の間
隔について 

対角長さにつ
いて 

注(5) この測定は,ロール軸を送り方向に寄せて行う。 
備考 最大差とは,指定された測定方法によって得た最大値と最小値との差をいう。 

 


B 6547-1991  

7. 工作精度検査方法 ローラ乾燥機の工作精度検査は,表5による。 

表5 工作精度検査 

番号 

検査項目 

測定方法 

許容値 

仕上がり含
水率のばら
つき 

単板(6)を各段(7)の中央及び両端の各位置に置いてそれぞれ10枚以上乾燥し,2時間放
置後に単板の対角線上の中央及び両端の3点の含水率を測定し,その総平均値に対す
る各位置ごとの平均値の最大と最小との差の比で表す。 

 0.25 

割れ 

品質中位の単板(6)を各段(7)10枚以上乾燥し,乾燥前と乾燥後の割れの総長さの比で表
す。 

1.5 

注(6) 試験単板は,同一樹種で類似条件の約1×2mの表板とし,割れの検査では補強しないものとする。 

(7) 3段以上のローラ乾燥機では,上下段及び中央部の1段とする。 

備考 試験単板は,正常な稼動状態において挿入する。 

 

改正原案作成委員会構成委員名簿(順不同,敬称略) 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

林   大九郎 

東京農業大学農学部 

 

 

田 辺 俊 彦 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

山 崎 宗 重 

工業技術院標準部 

 

 

木 下 敍 幸 

林野庁農林業試験場 

 

 

高 橋   久 

日本合板組合連合会 

 

 

望 月 善 治 

野田合板株式会社資材部 

 

 

佐 藤 孟 志 

西北ベニヤ工業株式会社 

 

 

桜 井   昭 

開成産業株式会社 

 

 

谷 尻 正 三 

株式会社中国機械製作所 

 

 

大 友 静 正 

株式会社ウロコ製作所 

 

 

竹 田 正 義 

株式会社太平製作所合板産業機械事業部 

 

 

正 木 康 雄 

南機械株式会社 

 

 

村 上   勝 

社団法人全国木工機械工業会 

(事務局) 

 

佐久間 章 雄 

社団法人全国木工機械工業会