>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6223 : 1998 解説 

 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 6223 : 1998 立て旋盤−精度検査 

ISO 3655 : 1986 テーブル固定形及びテーブル移動形単柱及び

門形立て旋盤の試験方法−序論及び精度検
査 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ テーブル固

定形及びテ
ーブル移動
形単柱及び
門形立て旋
盤の定義・用
語,静的精度
及び工作精
度検査を規
定 

ISO 3655 

○ テーブル固

定形及びテ
ーブル移動
形単柱及び
門形立て旋
盤の定義・用
語,静的精度
及び工作精
度検査を規
定 

≡  

 

(2) 加工作業の

定義 

○ 4項目を規定  

○ 4項目を規定 ≡  

 

(3) 形式,定義及

び説明 

○ 形式及び運

動の説明 

 

○ 形式及び運

動の説明 

≡  

 

(4) 座標軸の名

称 

○ 座標軸の名

称 

 

○ 座標軸の名

称 

≡  

 

(5) 一般事項 

○ 7項目を規定  

○ 7項目を規定 ≡  

 

(6) 機械各部の

名称 

○ 22名称を規

定 

 

○ 22名称を規

定 

≡  

 

(7) 静的精度検

査 

○ 12項目を規

定 

 

○ 13項目を規

定 

≡ ISOはG0を

規定 
JISはG0を
削除 

G0は,最近のISO規格で
は規定しないことになっ
ているのて実質整合であ
る。 

(8) 工作精度検

査 

○ 3項目を規定  

○ 3項目を規定 ≡  

 

(9) 附属書1 
(参考) 

○ 立て旋盤−

静的精度検
査(追補) 

 

−  

  

静的精度検査の“G5”及び
“G12”を補完するもので,
ISOへの提案を検討する。 

(10) 附属書2 
(参考) 

○ 立て旋盤−

運転試験及
び剛性試験 

 

−  

  

ISOへの提案の必要性及び
妥当性を検討する。 

 

備考1. 表中の(I)及び(III)の小欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。“−”は,規定し

ていないことを示す。 

2. 表中の(IV)の小欄にある“≡”は,JISと国際規格とが一致していることを示す。