>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 
 

 

1

 

B

 6

2

1

6

 : 

1

9

9

8

 


 

 

JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 6216 : 1998 ホブ盤−精度検査 

ISO 6545 : 1992 歯車ホブ盤の受取り検査−精度試験 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の規定内容 

(IV) JISと国際規格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ ホブ盤の静的精度検査,運動

学的精度検査及び工作精度
検査を規定 

ISO 6545 

○ ホブ盤の静的精度検査,運動学的

精度検査及び工作精度検査を規
定 

≡  

 

(3) 一般事項 

○ 7項目を規定 

 

○ 7項目を規定 

≡ 寸法はmm,許容値及び数式.

洀消桹

JISは許容値及び

数式に0.001を乗じたことの
“参考”を追加 

表示をmmに統一したまで
で実質整合。ISOの改正時に
修正を申し入れる。 

(4) 機械各部の

名称 

○ 21項目を規定 

 

○ 19項目を規定 

= 名称の相違 

JISは6.及び7.の説明上必要
なので追加。ISOの改正時に
追加を申し入れる。 

(5) 記号 

○ 5項目を規定 

 

○ 5項目を規定 

≡  

 

(6) 静的精度検

査 

○ 13項目を規定 

 

○ 13項目を規定 

=  

 

(7) 運動学的精

度検査 

○ 3項目及び注意事項を規定 

 

○ 3項目及び注意事項を規定 

=  

一部の規定文を内容を変更
せず規定欄の移動を行った
だけであるため,実質整合で
ある。 

(8) 工作精度検

査 

○ 一般事項,設計,許容値など

を規定 

 

○ 一般事項,設計,許容値などを規

定 

= ISOの8.2では静的精度及び

運動学的精度検査の代わり
に工作精度検査を行ってよ
いとしているが,JISは運動
学的精度検査の代わりに工
作精度検査を行ってもよい
とするとともに8.に移した。 

ISOの8.2は,7.1と矛盾す
る。本来は7.1の考え方が正
しいのでJISは7.1に準じ
た。ISOの改正時に修正を求
める。 

附属書1(参考) 

○ ホブ盤−運転試験方法 

 

−  

  

 

備考1. 対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。 

2. 対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 

“≡”:JISと国際規格との技術的内容は同等である。 

“=”:JISと国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。