>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6209-1 : 1998 解説 

 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 6209-1 : 1998 角コラム形直立ボール盤−精度

検査 

ISO 2772-1 : 1973 角コラム形直立ボール盤の試験方法−精度

検査 

ISO 2772-2 : 1974 角コラム形直立ボール盤の試験方法−剛性

検査 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 角コラム形

直立ボール
盤−精度検
査及び剛性
検査を規定 

ISO 2772-1 
ISO 2772-2 

○ ISO 2772-1で

静的精度検

,ISO 

2772-2で剛
性検査を規
定 

≡ ISOは別規格 

JISは1規格
に統合 

 

(2) 一般事項 

○ 5項目を規定  

○ 5項目を規定 ≡  

 

(3) 静的精度検

査 

○ 5項目を規定  

○ 6項目を規定 ≡ JISはG1〜

G5 
ISOはG0〜
G5 

最近のISO規格はG0(機
械の水平出し)関係は規定
していないので実質整合
である。 

(4) 剛性検査 

○ 1項目を規定  

○ 1項目を規定 ≡  

 

附属書1 
(参考) 

○ 角コラム形

直立ボール
盤−機械の
穴あけ能力
に対する軸
方向の力(F)  

 

○ 角コラム形

直立ボール
盤−機械の
穴あけ能力
に対する軸
方向の力(F)  

≡  

機械の穴あけ能力に対す
る軸方向の力(F)の値は大
きすぎるという意見があ
り,検討を要する。 

附属書2 
(参考) 

○ 角コラム形

直立ボール
盤−運転試
験及び静的
精度検査 

 

−  

  

この形のボール盤のテー
ブルはX・Y軸方向の動き
をするので,ISOにはない
が追加。 
運転試験を含めISOへの
提案を検討する。 

 

備考1. 表中の(I)及び(III)の小欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定し

ていないことを示す。 

2. 表中の(IV)の小欄にある“≡”は,JISと国際規格とが一致していることを示す。