>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6161 : 1998 解説 

 

解説表1 改正規格と対応ISO規格の対比 

JIS B 6161 : 1998 工作機械−旋盤センタ−形状・寸

法 

ISO 298 : 1973 工作機械−旋盤センタ−互換寸法 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(II) 国際規格の

規定内容 

(III) JISと国際規

格との相違点 

(IV) JISと国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 旋盤センタ

の形状・寸法
について規
定。 

 

○ 旋盤センタ

の互換寸法
について規
定。 

≡  

 

(2) 引用規格 

○ JIS B 0401-2,

JIS B 0614及
びJIS B 4003
を引用する
ことと規定。 

 

○ ISO 296を引

用すること
と規定。 

ADP JIS B 4003と

ISO 296は同
等。 

テーパシャンク部の角度
公差について,ISO 296に
ある品質AT5の表現がJIS 
B 4003にないため,JIS B 
0614を引用することをJIS
に追加した。 

(3) 製品の呼び

方 

○ センタの呼

び方につい
て規定。 

 

○ センタの呼

び方につい
て規定。 

≡  

 

(4) 形状・寸法 ○ センタの形

状及び寸法
について規
定。 
テーパシャ
ンク部の角
度公差は,
AT5,又はテ
ーパシャン
クとテーパ
ゲージとの
当たりを
75%以上とす
ると規定。 

 

○ センタの形

状及び寸法
について規
定。 
テーパシャ
ンク部の角
度公差は,
AT5とすると
規定。 

ADP JISでは,イ

ンチ系のプ
ラウンアン
ドシャープ
テーパシャ
ンクセンタ
をメートル
換算し,附属
書に規定し
ている。 
JISでは,テ
ーパシャン
ク部の角度
公差につい
て,テーパシ
ャンクとテ
ーパゲージ
との当たり
75%以上を備
考に規定し
ている。 

 

 

備考1. 表中の(I)及び(II)欄にある“○”印は,該当する規定項目を規定していることを示す。 

2. 表中の(III)欄にある“≡”は,JISと国際規格との技術的内容が致であることを示す。“ADP”は,国際規

格JISとして技術的内容の変更なしに採用したほか,さらにJISとして必要な規定内容を追加しているこ
とを示す。