>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6159 : 1998 解説 

 

解説表1 改正規格と対応ISO規格との対比 

JIS B 6159 : 1998 万能割出し台−精度検査 

ISO 5734 : 1986 工作機械の割出し台の試験方法−精度検査 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 主として工

作機械に使
用される万
能割出し台
の精度検査
について規
定。 

 

○ ISO 230-1に

従い,工作機
械に用いら
れる普通精
度の万能割
出し台につ
いての幾何
学的試験及
びそれに適
用する許容
値を規定。 

= ほぼ同等で

ある。 

 

(2) 引用規格 

○ JIS B 6191を

引用するこ
とと規定。 

 

○ ISO 230-1を

引用するこ
とと規定。 

= JIS B 6191と

ISO 230-1は,
ほぼ同等で
ある。 

 

(3) 一般 

○ 寸法及び許

容値の単位
は,mmとす
るなど,この
規格の全般
にわたって
要求される
事項につい
て規定。 

 

○ 寸法及び許

容値の単位
は,mm及び
inとするな
ど,この規格
の全般にわ
たって要求
される事項
について規
定。 

= ほほ同等で

はあるが,JIS
ではinの単
位を削除し
ている。 

インチ表示は,SI単位採用
によって削除されるべき
ものである。 

(4) 定義 

○ 万能割出し

台,テールス
トック,直接
割出し,間接
割出しなど
について規
定。 

 

−  

  

この規格の利用者に便を
図るため,規定として残し
た。 

(5) 各部の名称 ○ 万能割出し

台及びテー
ルストック
の部品名称
について規
定。 

 

−  

  

この規格の利用者に便を
図るため,規定として残し
た。 

(6) 精度 

○ 万能割出し

台の精度の
測定方法及
び許容値に
ついて規定。 

 

○ 万能割出し

台の精度の
測定方法及
び許容値に
ついて規定。 

ADP ほぼ同等で

はあるが,JIS
では直接割
出し精度の
測定方法及
び許容値に
ついても規
定している。 

直接割出し機構をもつ万
能割出し台もあるので,た
だし書きを付け,規定項目
として残し,追加した。 


B 6159 : 1998 解説 

 

 

備考1. 表中の(I)及び(II)欄にある“○”印は,該当する規定項目を規定していることを示す。 

2. 表中の(III)欄にある“=”は,JISと国際規格との技術的内容が同等であることを示す。“ADP”は,国際

規格をJISとして技術的内容の変更なしに採用したほか,さらにJISとして必要な規定内容を追加してい
ることを示す。