>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6104 : 1998 解説 

 

解説表1 改正規格との対応ISO規格の対比 

JIS B 6104 : 1998 
フライス盤用アーバ及びその附庸品−形状・寸法 

ISO 839-1 : 1976 7/24テーパ付きフライス盤用アーバ−第1部:

寸法 

ISO 839-2 : 1977 7/24テーパ付きフライス盤用アーバ−第2部:

附属品 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ フライス盤

用アーバ及
びその附属
品の形状・寸
法について
規定。 

ISO 839-1 
ISO 839-2 

○ フライス盤

用アーバ(1)
及びその附
属品(2)の寸
法について
規定。 

= 同等。 

 

(2) 引用規格 

○ JIS B 1002,

JIS B 4201及
びJIS B 6101
を引用する
ことと規定。 

ISO 839-1 
ISO 839-2 

○ ISO 240,ISO 

272及びISO 
297を引用す
ることと規
定。 

= JIS B 1002と

ISO 272,JIS 
B 4201とISO 
240及びJIS 
B 6101とISO 
297は同等で
ある。 

 

(3) 形状・寸法 ○ フライス盤

用アーバ及
びその附属
品(カラー,ベ
アリングカ
ラー,ナット)
の形状及び
寸法につい
て規定。 

ISO 839-1 
ISO 839-2 

○ フライス盤

用アーバ(1)
及びその附
属品(2)(カラ
ー,ベアリン
グカラー,ナ
ット)の形状
及び寸法に
ついて規定。 

= JISでは,イ

ンチ系をメ
ートル換算
し,附属書に
規定してい
る。 

 

 

備考1. 表中の(I)及び(III)欄にある“○”印は,該当する規定項目を規定していることを示す。 

2. 表中の(IV)欄にある“=”は,JISと国際規格との技術的内容が同等であることを示す。