>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6016-2 : 1998 解説 

 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 6016-2 : 1998 工作機械−潤滑システム 

ISO 5170 : 1977 工作機械−潤滑システム 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 分類,構成要

素,制御及び
監視,配置及
び保守 

ISO 5170 

○ 分類,構成要

素,制御及び
監視,配置及
び保守 

≡  

 

(2) 定義 

○ 潤滑箇所,作

業箇所 

 

○ 潤滑箇所,作

業箇所 

≡  

 

(3) 潤滑方法 

○ 全損方式,循

環方式 

 

○ 全損方式,循

環方式 

≡  

 

(4) システムの

種類 

○ 9種類 

 

○ 9種類 

≡  

 

(5) 構成部品の

仕様 

○ タンク,ポン

プ,配管,管
継手など 

 

○ タンク,ポン

プ,配管,管
継手など 

≠ ISOは単に

ISOねじ,JIS
はISOと該
当番号を併
記 

ISOに規格番号明記の提案
が必要。 

(6) システム構

成部品 

○ タンク,ポン

プ,配管,管
継手など 

 

○ タンク,ポン

プ,配管,管
継手など 

≠ ISOは潤滑箇

所,給油口の
高さを500〜
1 200と規定,
JISは推奨値 

機械の大きさなどにより
一律規定はふさわしくな
いので推奨値とするよう
ISOへの提案が必要。 

(7) 潤滑剤 

○ ISO/TR 3498

又はJIS B 
6016-1の附
属書2 

 

○ ISO/TR 3498 ADP  

ISO/TR 3498がまだIS化
されておらず,実態にそぐ
わない。JISを元にした
ISOへの提案が必要。 

(8) 附属書1 
 (規定) 

○ 潤滑システ

ムの分類チ
ャート 

 

○ 潤滑システ

ムの分類チ
ャート 

=  

 

(9) 附属書2 
 (規定) 

○ 集中潤滑方

式の回路図 

 

○ 集中潤滑方

式の回路図 

=  

 

(10) 附属書3 
 (参考) 

○ 潤滑油の使

用方法及び
供給方式 

 

−  

  

附属書3を元にしたISOへ
の提案が必要。 

(11) 附属書4 
 (規定) 

○ 潤滑回路用

図記号 

 

−  

  

附属書4を元にしたISOへ
の提案が必要。 

(12) 附属書5 
 (参考) 

○ 潤滑回路用

図記号の組
合せ例 

 

−  

  

附属書5を元にしたISOへ
の提案が必要。 

 


B 6016-2 : 1998 解説 

 

備考1. 対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合

を示す。 

2. 対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。 

“≡”:JISと国際規格との技術的内容は同等である。 
“=”:JISと国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。 
“ADP”(ADOPTIQNの略):JISは,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用して

いる。ただし,採用した部分において,JISとして必要な規定内容を追加
し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としてい
る。 

“≠”:JISは,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。