>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6012-1 : 1998 解説 

解説付表1 JISと対応する国際規格との対比表 

JIS B 6012-1 : 1998 工作機械一操作表示記号 

ISO/R 369 : 1964 工作機械の操作表示記号 

対比項目 

 
規定項目 

(I) JISの規定内

容 

(II) 国際規格番

号 

(III) 国際規格の

規定内容 

(IV) JISと国際規

格との相違点 

(V) JISと国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策 

(1) 適用範囲 

○ 表示板及び

押しボタン
に表示する
記号 

ISO/R 369 

○ 表示板及び

押しボタン
に表示する
記号 

≡  

 

(2) 記号 

○ 5分類し82記

号を規定 

ISO/R 369 

○ 5分類し82記

号を規定 

≡  

 

3) 附属書1 
(規定) 

○ 42記号を規

定 

ISO/R 369 

−  

  

旧JIS規定していた記号
で,工作機械用としては当
然規定すべき記号である
ので,ISO/R 369の改定時
に追加提案を行う。 

(4)附属書2 
(参考) 

○ 実施例 

ISO/R 369 

−  

  

 

(5) 附属書3 
(参考) 

○ 制御盤の一

例 

ISO/R 369 

−  

  

 

 

  

 

  

  

 

備考1. 表中の(Ⅰ)及び(Ⅲ)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定して

いないことを示す。 

2. 表中の(Ⅳ)欄にある“≡”は,JISと国襯格とが一致していることを示している。