>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

B 0951-1962 

 

 

ローレット目 

Knurling 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,一般に用いるローレット目について規定する。 

 

2. 種 類 種類は,平目およびアヤ目の2種類とする(図1参照)。 

図1 

 

 

3. 形状・寸法 

3.1 

形状 ローレット目のミゾの形状は,加工物の直径が無限大となったと仮定した場合のミゾ直角断

面について図2のように規定する。 

図2 

 

3.2 

寸法 ローレット目の寸法は,つぎの表による。 


B 0951-1962  

表 

単位mm 

モジュール 

ピッチ 

 

 

0.2 

0.628 

0.06 

0.132 

0.3 

0.942 

0.09 

0.198 

0.5 

1.571 

0.16 

0.326 

 

4. 呼び方 ローレット目の呼び方は,種類およびモジュールによる。 

例: 平目 

m 0.5 

 

アヤ目 

m 0.3 

参考 加工物のブランクの直径を求めるには,つぎの式によるのがよい。 

(1) 平目の場合 

D=nm 

ここに 

D: 直径 

n: 整数 m: モジュール 

(2) アヤ目の場合 

D=nm/cos30° 

nm/cos30°の値をつぎに示す。 

モジュール 

0.5 

0.3 

0.2 

m/cos30° 

0.577 

0.346 

0.230