>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

A 9521:2020  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS A 9521の追補1は,産業標準化法に基づき,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS A 9521:2017を改正した内容だけを示すものである。 

JIS A 9521:2017は,この追補1の内容の改正がされ,JIS A 9521:2020となる。 

注記 工業標準化法に基づき行われた申出,日本工業標準調査会の審議等の手続は,不正競争防止法

等の一部を改正する法律附則第9条により,産業標準化法第12条第1項の申出,日本産業標準

調査会の審議等の手続を経たものとみなされる。 

 


 

 

  

日本産業規格          JIS 

 

A 9521:2020 

 

建築用断熱材 

(追補1) 

Thermal insulation materials for buildings 

(Amendment 1) 

 

JIS A 9521:2017を,次のように改正する。 

 

箇条2(引用規格)のJIS A 1423 赤外線放射温度計による放射率の簡易測定方法を,JIS A 1423 赤外線

放射温度計による垂直放射率の簡易測定方法に置き換える。 

 

5.2.1(厚さ)の表12(厚さ)の種類欄“硬質ウレタンフォーム断熱材”,包装による区分欄“区分なし”,

厚さの範囲欄“20超 150未満”,呼び厚さに対する許容差欄“±2”を,次に置き換える。 

 

表12−厚さ 

単位 mm 

種類 

包装による区分 

厚さの範囲 

呼び厚さに対する 

許容差 

硬質ウレタンフォーム断熱材 

区分なし 

 

5以上 

20以下 

I種の場合:±2 
II種の場合:+2,0 

  20超 

150未満 

I種の場合:±2 
II種の場合:+2,−1 

 150以上 300以下 

I種の場合:±5 
II種の場合:+5,0 

 

附属書I(参考)(技術上重要な改正に関する新旧対照表)の末尾に,次の表を追加する。 

 

 


A 9521:2020  

  

 

現行規格(JIS A 9521:2020) 

旧規格(JIS A 9521:2017) 

改正理由 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条番号 
及び題名 

内容 

 

5.2.1 厚さ 
表12 

 

厚さの範囲 

呼び厚さに対する 

許容差 

5以上20以下 

I種の場合:±2 
II種の場合:+2,0 

20超150未満 

I種の場合:±2 
II種の場合:+2,−1 

150以上300以

下 

I種の場合:±5 
II種の場合:+5,0 

 

5.2.1 厚さ 
表12 

 

厚さの範囲 

呼び厚さに対する 

許容差 

5以上20以下 

I種の場合:±2 
II種の場合:+2,0 

20超150未満 

±2 

150以上300以

下 

I種の場合:±5 
II種の場合:+5,0 

 

旧規格の表7に規定している硬質ウレタ
ンフォーム断熱材の種類及び製品記号と
してI,IIの記号を規定しており,この記
号は呼び厚さに対する許容差の区分を示
している。これに対し,表12の厚さにお
いて,当該断熱材は,厚さの範囲,20超 
150未満のみにI種,II種の区別がされて
いない。表7と表12とを整合させるため,
当該呼び厚さの許容差にI種及びII種を
追加規定した。 

 

 

2

 

A

 9

5

2

1

2

0

2

0