>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

9211

-1982

エネルギー管理用語(その 1)

Technical Terms Used in Energy Management

1.

適用範囲  この規格は,工場又は事業場におけるエネルギー使用設備に用いられるエネルギー管理用

語のうち,主として一般及び熱管理に関する用語について規定する。

2.

分類  エネルギー管理用語(その 1)は,次のように分類する。

(1)

一般用語

(1.1)

一般

(1.2)

エネルギー源

(1.3)

単位系

(1.4)

エネルギー勘定

(2)

熱管理用語

(2.1)

物性値

(2.1.1)

基本物性値

(2.1.2)

熱力学物性値

(2.1.3)

化学熱力学物性値

(2.1.4)

湿り空気物性値

(2.1.5)

伝熱及び熱物性値

(2.1.6)

輸送(トランスポート)物性値

(2.2)

燃料

(2.2.1)

固体燃料

(2.2.2)

液体燃料

(2.2.3)

気体燃料

(2.3)

熱力学,伝熱及び熱化学

(2.3.1)

熱力学基本法則

(2.3.2)

気体の法則

(2.3.3)

多成分系

(2.3.4)

熱伝導及び対流熱伝達

(2.3.5)

放射伝熱

(2.3.6)

化学反応

(2.4)

蒸気及び熱媒体

(2.4.1)

蒸気

(2.4.2)

湿り空気


2

Z 9211-1982

(2.4.3)

熱媒体

(2.5)

燃焼

(2.5.1)

燃焼計算

(2.5.2)

燃焼形態

(2.5.3)

燃焼現象

(2.5.4)

燃焼生成物

(2.6)

計測

(2.6.1)

基本用語

(2.6.2)

測定の方法

(2.6.3)

測定の項目

(2.6.4)

計測器

(2.7)

炉材及び断熱材

(2.7.1)

耐火物の種類

(2.7.2)

築炉及び耐火物の形状

(2.7.3)

耐火物の特性及び試験方法

(2.7.4)

断熱材

(2.8)

燃焼設備

(2.8.1)

燃焼設備一般

(2.8.2)

気体燃料燃焼装置

(2.8.3)

液体燃料燃焼装置

(2.8.4)

固体燃料燃焼装置

(2.8.5)

空気供給及び通風装置

(2.8.6)

安全及び制御装置

(2.8.7)

排ガス処理装置

(2.9)

熱動力設備及び熱設備

(2.9.1)

動力発生設備

(2.9.2)

冷凍機及びヒートポンプ

(2.9.3)

ボイラ及び蒸気配管

(2.9.4)

工業用炉

(2.9.5)

化学装置

(2.9.6)

熱交換器及び冷却設備

(1)

一般用語

(1.1)

一般

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

11001

エネルギー管理

え ね るぎ ー かん

燃料及びこれを熱源とする熱並びに電気の有効

利用を図る管理及び技術。

energy management

11002

熱管理

ねつかんり

燃料及びこれを熱源とする熱の有効利用を図る

管理及び技術。

heat management

11003

電気管理

でんきかんり

電気の有効利用を図る管理及び技術。

electricity management


3

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

11004

エネルギーの使用

の合理化に関する

法律

え ね るぎ ー のし

よ う のご う りか

に か んす る ほう

りつ

エネルギー資源の乏しい我が国のエネルギー事

情にかんがみ,燃料資源の有効利用の確保に資す

るため工場,建築物及び機械器具についてエネル

ギーの使用の合理化に関する所要の措置等を講

ずることを目的としてつくられた法律。昭和 54

年 6 月 22 日公布,昭和 54 年 10 月 1 日施行。

law pertaining to

rationalization in the

use of energy

11005

エネルギー管理指

定工場

え ね るぎ ー かん

り し てい こ うじ

ょう

エネルギーの使用の合理化に関する法律によっ

て製造業その他政令で定める業種(電気・ガス等)

に属する事業の用に供する工場で燃料等又は電

気の使用量の大きい工場(燃料は年間原油換算

3000kl

以上,電気は年間 1200 万 kWh 以上)でエ

ネルギーの使用の合理化について努力を行う必

要が高いところから通商産業大臣によって指定

された工場。

designated energy

management factory

11006

熱管理指定工場

ね つ かん り して

いこうじょう

エネルギー管理指定工場のうち,燃料及びこれを

熱源とする熱の使用量について政令で定める要

件に該当し,通商産業大臣によって指定された工

場。

designated heat

management factory

11007

電気管理指定工場

で ん きか ん りし

ていこうじょう

エネルギー管理指定工場のうち電気の使用量に

ついて政令で定める要件に該当し,通商産業大臣

によって指定された工場。

designated electric

energy management

factory

11008

エネルギー管理者

え ね るぎ ー かん

りしゃ

熱管理指定工場又は電気管理指定工場で通商産

業大臣が行うエネルギー管理士試験の合格者又

はこれと同等以上の学識経験者として認定され

た者の中から選任され,エネルギーの使用の合理

化に関する法律に定められた管理を行う者。

energy manager

11009

エネルギー管理士

え ね るぎ ー かん

りし

熱管理士と電気管理士とあり,通商産業大臣の行

うそれぞれの試験に合格又はこれと同等以上の

学識経験者として通商産業大臣が認定し熱管理

士又は電気管理士の免状をもつ者。

qualified person for

energy management

11010

熱管理士

ねつかんりし

エネルギー管理士のうち熱管理士試験に合格し

免状をもつ者。

qualified person for heat

management

11011

電気管理士

でんきかんりし

エネルギー管理士のうち電気管理士試験に合格

し免状をもつ者。

qualified person for

electricity

management

11012

減価償却

げ ん かし ょ うき

ゃく

物質的及び経済的な消耗を見積り帳簿価格を減

額し,又は一時に支出した費用をその効果の及ぶ

期間に応じ収益に対応させるため費用配分させ

る会計用語。

depreciation

11013

稼動率

かどうりつ

ある期間内に設備が稼動できる最大時間に対す

る稼動時間の割合。

rate of operation

11014

経済負荷

けいざいふか

ある生産活動を行う時に最も効果の得られる負

荷。

economical load

11015

定格出力

て い かく し ゅつ

りょく

規格に定められた周囲条件その他の条件を考慮

して,製造者が保証した使用限度の出力。

rated output

11016

エネルギー原単位

え ね るぎ ー げん

たんい

単位量の製品を生産するのに必要なエネルギー

の総和。

energy consumption rate

11017

熱量原単位

ね つ りょ う げん

たんい

単位量の製品を生産するのに必要な熱量の総和。

heat consumption rate


4

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

11018

電力原単位

で ん りょ く げん

たんい

単位量の製品を生産するのに必要な電力量の総

和。

electric power

consumption rate

11019

蒸気原単位

じ ょ うき げ んた

んい

単位量の製品を生産するのに必要な蒸気量の総

和。

steam consumption rate

11020

燃料原単位

ね ん りょ う げん

たんい

単位量の製品を生産するのに必要な燃料の総和。

fuel consumption rate

11021

エネルギー弾性値

え ね るぎ ー だん

せいち

国の主要経済指標とエネルギー消費量の関係を

次式で指標化したもの。

(

)( )

E

Y

Y

E

E

はエネルギー消費量,は,

国民総生産 (GNP) 又は工業生産指数 (IIP)。

energy elasticity

(1.2)

エネルギー源

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

12001

一次エネルギー

い ち じえ ね るぎ

自然界に存在するエネルギーで人間が利用する

ことができるもの。

primary energy

12002

二次エネルギー

にじえねるぎー

一次エネルギーに人間が手を加えて使用し,輸送

に便利な形に変換したもの。

secondary energy

12003

化石燃料

か せ きね ん りょ

地殻中に埋蔵され燃料として使用される炭化水

素系天然資源の総称。

fossil fuel

12004

核燃料

かくねんりょう

核分裂連鎖反応を行わせる目的で使用する核分

裂物質又はそれを含むもの。

nuclear fuel

12005

水力

すいりょく

地上の高い位置にある水が保有する位置エネル

ギー又はこの位置エネルギーを用いて取り出さ

れる動力。

hydraulic power

12006

風力

ふうりょく

風の保有する運動エネルギー又はこの運動エネ

ルギーから取り出される動力。

wind power

12007

波力

はりょく

海波の保有する位置・運動エネルギー又はこの位

置・運動エネルギーから取り出される動力。

wave power

12008

潮せき(汐)力

ち ょ うせ き りょ

潮の干満差によって生じる位置エネルギーと潮

流の運動エネルギー又はそれから取り出される

動力。

tidal power

12009

太陽エネルギー

た い よう え ねる

ぎー

太陽から発する放射のエネルギー。

solar energy

12010

地熱エネルギー

ち ね つえ ね るぎ

地下にある高温物質が保有する熱エネルギー。

geothermal energy

12011

海洋温度差エネル

ギー

か い よう お んど

さえねるぎー

表面海水と深層海水の温度差から取り出し得る

有効エネルギー。

ocean thermal energy

12012

バイオマス

生物の作用でつくり出される有機物質の保有す

る化学エネルギー。

biomass

(1.3)

単位系

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

13001

絶対単位系

ぜ っ たい た んい

けい

長さ,質量及び時間を基本とする物理単位系。SI

単位系をはじめ CGS 単位系など質量の単位を基

本としたものをいう。

absolute system of units

13002

工学単位系

こ う がく た んい

けい

基本単位として長さ,力,時間の単位をそれぞれ

m

,kgf,s にとった単位系。

engineering system of

units


5

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

13003

CGS

単位系

し ー じー え すた

んいけい

基本単位として長さ,質量,時間の単位をそれぞ

れ cm,g,s にとった絶体単位系。

CGS system of units

13004

MKSA

単位系

え む けい え すえ

ーたんいけい

長さ,質量,時間の単位をそれぞれ m, kg, s とし,

この三つを基本単位とする単位系を MKS 単位系

と呼び,これに電流の単位アンペア (A) を基本

単位として加え,かつ有理化したもの。

MKSA system of units

13005

国際単位系 (SI)

こ く さい た んい

けい

国際度量衡総会で採用された一貫した単位系。基

本単位,補助単位及び誘導単位からなる。基本単

位として長さ m,質量 kg,時間 s,電流 A,熱力

学的温度 K(常用温度℃)

,光度 cd,物質の量 mol

がある。

International System of

Units

(Système International

d' Unités)

(1.4)

エネルギー勘定

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

14001

熱勘定

ねつかんじょう

設備に供給される熱量及び電力(又は仕事)の熱

当量とその使用状態を検討し,入熱と出熱との関

係を明らかにすること。

heat balance

14002

熱精算

ねつせいさん

→熱勘定

14003

熱収支

ねつしゅうし

→熱勘定

14004

エネルギー勘定

え ね るぎ ー かん

じょう

エネルギー保存の法則に基づき,設備に供給さ

れ,出てくるエネルギーの関係を明らかにするこ

と。

energy balance

14005

エネルギーバラン

→エネルギー勘定

14006

物質勘定

ぶ っ しつ か んじ

ょう

質量保存の法則に基づき設備に供給され,出てく

る物質の質量の関係を明らかにすること。

material balance

14007

入熱

にゅうねつ

熱勘定を行うとき,設備に入る熱量及び電力量

(又は仕事量)の熱当量。

heat input

14008

出熱

しゅつねつ

熱勘定を行うとき,設備から出る熱量及び電力量

(又は仕事量)の熱当量。

heat output

14009

循環熱

じゅんかんねつ

設備又はシステム内部で循環する熱。

circulating heat

14010

仕事の熱当量

し ご との ね つと

うりょう

仕事量  (W)  と熱量  (Q)  は一定の割合で互換で

き WJQ の関係がある。このときの と の比

8

.

426

1

kcal/kgf・m をいう{SI 単位系では熱量も仕事

量も同じ単位ジュールで表される}

thermal equivalent of

work

14011

基準温度

きじゅんおんど

物質の変化,状態を示す基準となる温度。

base temperature

14012

基準状態

き じ ゅん じ ょう

たい

物質変化の基準となる状態。

base condition

14013

有効熱

ゆうこうねつ

入熱のうち対象物の付加価値を高めるのに使わ

れた熱。動力をつくり出す目的の設備ではその動

力の熱当量。

effective heat

14014

熱効率

*

ねつこうりつ

(%)

100

×

入 熱

有効熱

thermal efficiency

14015

燃焼効率

ね ん しょ う こう

りつ

(%)

100

)

(

)

(

)

(

×

燃料発熱量

不完全燃焼損失熱

燃料発熱量

  combustion efficiency

14016

熱勘定表

ね つ かん じ ょう

ひょう

熱勘定の結果による入熱と出熱の関係を示した

表。

heat balance table


6

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

14017

熱勘定図

ね つ かん じ ょう

熱勘定の結果による入熱と出熱の関係を示した

図。

heat balance chart

14018

熱流れ図

ねつながれず

熱エネルギーの流れ状態を熱設備単位,工場単

位,又は地域単位に示した図。

heat flow chart

14019

回分式操業

か い ぶん し きそ

うぎょう

設備にある一定量の品物を投入し,その状態で付

加価値を高めて取り出し,この操作を反復する操

業のこと。連続的な操業に対していう。

batch operation

14020

損失熱

そんしつねつ

有効熱とならずに排出される熱量。

heat loss

(2)

熱管理用語

(2.1)

物性値

(2.1.1)

基本物性値

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21101

圧力

あつりょく

流体内(又は流体中に置かれた固体)の単位面積

当たりに働く力。

pressure

21102

絶対圧

ぜったいあつ

真空の状態を圧力 0 とし,それを基準として表示

される圧力。

absolute pressure

21103

ゲージ圧

げーじあつ

大気の圧力を 0 とし,それを基準として表示され

る圧力。

gage pressure

21104

標準大気圧

ひ ょ うじ ゅ んた

いきあつ

水銀柱 760mm の大気の圧力。

standard atmospheric

pressure

21105

標準圧力

ひ ょ うじ ゅ んあ

つりょく

標準大気圧 1atm。

1.033227kgf/cm

2

 {101325Pa}

standard pressure

21106

全圧

ぜんあつ

圧力感知面を流れと直角に置いてその位置の流

速を 0 としたときに感知される圧力。

total pressure

21107

動圧

どうあつ

全圧からその位置の圧力(静圧)を減じたもの又

は流体の運動エネルギーを圧力に換算したもの。

dynamic pressure

21108

静圧

せいあつ

流れている流体のある位置における圧力を動圧

に対して静圧という。

static pressure

21109

分圧

ぶんあつ

混合気体の中のある成分が占める圧力。各成分の

分圧の和が混合気体の圧力となる。

partial pressure

21110

温度

おんど

温冷の感覚を定量的に表示したもの。一般に水の

氷点を 0,沸点を 100 とした温度目盛℃で表示さ

れる。

temperature

21111

絶対温度

ぜったいおんど

熱力学から導かれる絶対 0 度を基準として,C 温

度の目盛間隔に合うように定めた熱力学的温度。

absolute temperature

21112

標準温度

ひ ょ うじ ゅ んお

んど

標準にとる温度のことで,物理学上では 0℃。

standard temperature

21113

標準状態

ひ ょ うじ ゅ んじ

ょうたい

物理学上では 0℃,1atm の状態。

standard state

21114

沸点

ふってん 1atm の圧力下で液体が沸騰して蒸気となる温度。

boiling point

21115

融点

ゆうてん 1atm の圧力下で固体が融けて液体となる温度。

melting point

21116

三重点

さんじゅうてん

純粋物質の固体,液体,気体の 3 相が共存する状

態。物質によって温度も圧力も,ある定まった値

をもつ。

triple point

21117

比容積

ひようせき

物質の単位質量の体積。

specific volume

21118

比体積

ひたいせき

→比容積


7

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21119

比重量

ひじゅうりょう

物質の単位体積当たりの重量。工学単位系で用い

る。

specific weight

21120

密度

みつど

物質の単位体積当たりの質量。絶対単位系の密度

は,工学単位系の比重量に相当する。

density

21121

比重

ひじゅう

物資の密度と水の密度との比。

specific gravity

21122

真比重

しんひじゅう

内部に空げきをもたない状態の固体の比重。

true specific gravity

21123

見かけ比重

みかけひじゅう

内部に空げきをもつ固体の比重。

apparent specific gravity

21124

かさ密度

かさみつど

固体粒子のたい(堆)積の単位体積当たりの質量。

bulk density

21125

空げき率

くうげきりつ

固体又は液体が気体と混在するとき,全体積に対

する気体部分の体積の割合。

void ratio,

voids

(2.1.2)

熱力学物性値

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21201

内部エネルギー

な い ぶえ ね るぎ

物質がある状態にあるとき,その物質がもつ熱

的・化学的エネルギーの総和。

internal energy

21202

比内部エネルギー

ひ な いぶ え ねる

ぎー

物質の単位質量当たりの内部エネルギー。

specific internal energy

21203

エンタルピー

定圧下で物質の温度,相,化学的結合状態が変化

するときその物質に出入する熱量。流体が系(例

えば一つの装置)に流入,又は系から流出すると

き系に出入するエネルギーで,内部エネルギーと

押込み若しくは押出し仕事の和。

enthalpy

21204

比エンタルピー

ひえんたるぴー

物質の単位質量当たりのエンタルピー。

specific enthalpy

21205

エントロピー

物質の状態量の一つ。ある温度の物体が流入する

とき,熱量を絶対温度で除した量だけその物体の

エントロピーは増加する。

entropy

21206

比エントロピー

ひえんとろぴー

物質の単位量当たりのエントロピー。

specific entropy

21207

熱容量

ねつようりょう

ある物体の温度を 1℃高めるのに要する熱量。

heat capacity

21208

比熱

ひねつ

物質単位量(kg 又は m

3

N

)の温度を 1℃高めるの

に要する熱量。

specific heat

21209

定容比熱

ていようひねつ

定容のもとでの比熱。

specific heat at constant

volume

21210

定圧比熱

ていあつひねつ

定圧のもとでの比熱。

specific heat at constant

pressure

21211

平均比熱

へいきんひねつ

与えられた温度範囲で平均した比熱。

mean specific heat

21212

顕熱

けんねつ

熱容量に温度差を乗じることによって示される

熱量。

sensible heat

21213

潜熱

せんねつ

温度一定のもとでの相変化に際して出入する熱

量。

latent heat

21214

融解熱

ゆうかいねつ

定圧のもとで単位質量の固体が加熱されて液化

するのに要する熱量。純粋物質では温度も一定で

ある。

heat of melting

21215

凝固熱

ぎょうこねつ

定圧のもとでの単位質量の液体が固化する際に

放出する熱量。その値は融解熱に等しい。

heat of solidification

21216

蒸発熱

じょうはつねつ

定圧のもとで単位質量の液体が蒸気となるとき

に要する熱量。蒸発潜熱ともいう。純粋物質では

温度も一定である。

heat of vaporization


8

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21217

凝縮熱

ぎ ょ うし ゅ くね

定圧のもとで単位質量の蒸気が液体となるとき

に放出する熱量。蒸発熱に等しい。

heat of condensation

21218

昇華熱

しょうかねつ

単位質量の物質が定圧のもとで固体から直接気

体へ,あるいはその逆の変化をするときに出入す

る熱量。

heat of sublimation

21219

有効エネルギー

ゆ う こう え ねる

ぎー

系の保有するエネルギー又は系に加えられるエ

ネルギーのうち,標準状態  (21113)  まで可逆変化

させることにより外部に取り出しうる仕事量。

available energy

21220

エクセルギー

→有効エネルギー

exergy

(2.1.3)

化学熱力学物性値

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21301

反応熱

はんのうねつ

定圧のもとで化学反応が進行するときに発生又

は吸収する熱量。

heat of reaction

21302

燃焼熱

ねんしょうねつ

燃焼反応の反応熱。

heat of combustion

21303

発熱量

はつねつりょう

定圧のもとで単位量の燃料が完全燃焼したとき

に放出する熱量。

heating value,

(calorific value)

21304

高(位)発熱量

こう(い)はつね

つりょう

燃料が水蒸気で飽和された空気によって完全燃

焼したときの発熱量。総発熱量ともいう。

higher heating value

21305

低(位)発熱量

てい(い)はつね

つりょう

高発熱量から燃焼によって発生した水蒸気の蒸

発熱を引いた残りの熱量。真発熱量ともいう。

lower heating value

21306

生成熱

せいせいねつ

ある化学物質をその構成元素から作られるとき

に発生する熱量。

heat of formation

21307

化学ポテンシャル

か が くぽ て んし

ゃる

ある系にある化学物質の微少量を添加するとき,

その系のエネルギーの増加の割合。

chemical potential

21308

活量

かつりょう

理想混合物でない溶体中のある成分の平衡分圧

とその成分の飽和分圧との比

activity

21309

活量係数

か つ りょ う けい

すう

活量とモル分率との比。

activity coefficient

21310

化学平衡定数

か が くへ い こう

ていすう

化学平衡にある系の組成を定める定数。化学方程

式の係数で乗べきした分圧又は濃度の積で,温度

だけの関数である。

chemical equilibrium

constant

(2.1.4)

湿り空気物性値

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21401

湿度

しつど

湿り空気中の水蒸気含有の程度。

humidity

21402

絶対湿度

ぜったいしつど

湿り空気中の水蒸気の質量と,その水蒸気を除い

た空気(乾き空気)の質量との比。

absolute humidity

21403

相対湿度

そうたいしつど

ある温度における湿り空気中の水蒸気の分圧と

その温度における水蒸気の飽和圧との比。

relative humidity

21404

露点

ろてん

湿り空気を定圧のままで冷却していき,空気中の

水蒸気が液化し始める温度。

dew point

(2.1.5)

伝熱及び熱物性値

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21501

熱流束

ねつりゅうそく

単位面積を通って単位時間に移動する熱量。

heat flux

21502

熱伝導率

ね つ でん ど うり

熱流束とその位置の温度傾斜との比。物質とその

heat (thermal)


9

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

状態で定まる値。

conductivity

21503

温度伝導率

お ん どで ん どう

りつ

熱伝導率をその物質の比熱と密度の積で除した

値。熱伝導微分方程式の係数となる。

thermal diffusivity

21504

温度拡散率

お ん どか く さん

りつ

→温度伝導率

21505

熱伝達率

ね つ でん た つり

固体表面での周囲流体との間の熱流束を両者の

温度差で除した値。

heat transfer coefficient

21506

境膜伝熱係数

き ょ うま く でん

ねつけいすう

→熱伝達率

film heat transfer

coefficient

21507

熱抵抗

ねつていこう

考えている二面間の温度差を熱流束で除した値。

heat (thermal) resistance

21508

熱貫流率

ね つ かん り ゅう

りつ

壁を隔てた二流体間の温度差でその間の熱流束

を除した値。

overall heat transfer

coefficient

21509

熱通過率

ねつつうかりつ

→熱貫流率

overall heat transfer

coefficient

21510

総括伝熱係数

そ う かつ で んね

つけいすう

表面の熱放射も含めた熱貫流率。

overall heat transfer

coefficient

21511

汚れ係数

よごれけいすう

伝熱面の汚れによって生じる熱抵抗の逆数。

surface contamination

factor

21512

放射度

ほうしゃど

単位時間,単位面積当たりに放出される熱放射エ

ネルギー。

emissive power

21513

放射能

ほうしゃのう

→放射度

21514

放射率

ほうしゃりつ

与えられた面の放射能とそれと等しい温度の黒

体面  (23502)  の放射能との比。

emissivity

21515

黒度

こくど

→放射率

blackness

21516

吸収率

き ゅ うし ゅ うり

与えられた面に投射される熱放射のエネルギー

のうち,その面に吸収されて熱となるものの割

合。

absorptivity

21517

反射率

はんしゃりつ

与えられた面に投射される熱放射のエネルギー

のうち,その面で反射して再び空間にもどるもの

の割合。

reflectivity

21518

透過率

とうかりつ

物体の面に投射される熱放射のエネルギーのう

ち,その物体内で吸収されずに通過していくもの

の割合。

transmissivity

21519

吸収係数

き ゅ うし ゅ うけ

いすう

厚さ の半透過体(完全に透明ではないが熱放射

を透過する物体)でその吸収率

α

=1−e

kx

の関係

があり,を吸収係数という。

coefficient of

absorptivity

21520

熱膨張率

ね つ ぼう ち ょう

りつ

物体の温度が 1℃上昇したときのその物体の体積

の膨張の割合。

coefficient of thermal

expansion

21521

線膨張率

せ ん ぼう ち ょう

りつ

固体の温度が 1℃上昇したとき,その一方向の 2

点間の距離の増加の割合。

coefficient of linear

expansion

21522

体膨張率

た い ぼう ち ょう

うりつ

熱膨張率と同じであるが,主として固体の熱膨張

に用い,等方性固体では線膨張率の 3 倍である。

coefficient of cubical

expansion


10

Z 9211-1982

(2.1.6)

輸送(トランスポート)物性値

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

21601

熱伝導率

ね つ でん ど うり

21502 

21602

粘度

ねんど

流体の流れに伴う内部摩擦の程度を表す指標。

viscosity

21603

粘性係数

ね ん せい け いす

ニュートンの粘性法則

dy

du

xy

η

τ

=

で定義される係

η

。ここに

τ

xy

は流体内の 面に働く 方向のせ

ん断応力,は 方向の流速。

coefficient of viscosity

21604

粘性率

ねんせいりつ

→粘性係数

21605

動粘度

どうねんど

粘性係数をその流体の密度で除した量。

kinetic viscosity

21606

動粘性係数

ど う ねん せ いけ

いすう

→動粘度

21607

拡散係数

か く さん け いす

フィックの法則

dx

dc

D

q

=

で定義される係数 D

ここに は 面単位面積,単位時間当たりに移動

する拡散物質の質量,は単位体積当たりの拡散

物質の質量。

diffusion coefficient

(2.2)

燃料

(2.2.1)

固体燃料

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

22101

石炭

せきたん

地質時代の植物の遺体がたい積し,生化学的過程

を経て地圧と地熱などによって変化してできた

可燃性炭質物。

coal

22102

石炭化度

せきたんかど

地下に埋没・たい積した太古の植物が長年月の間

に,地熱・地圧等の作用を受けて,炭酸ガス,メ

タン,水素等を放出し,次第に炭素分に富む石炭

となる度合。通常,揮発分,炭素分(いずれも無

水,無灰ベース)又はビトリニット部の反射率な

どで表す。

rank of coalification,

coal rank

22103

褐炭

かったん

石炭化度による分類

(

1

)

において,石炭化度の最も

低い石炭。この中で特に石炭化度の低いものを亜

炭という場合がある。

brown coals and lignites

22104

亜れき青炭

あれきせいたん

石炭化度による分類

(

1

)

において,石炭化度が褐炭

より高く,れき青炭よりは低い石炭。

subbituminous coal

22105

れき青炭

れきせいたん

石炭化度による分類

(

1

)

において,石炭化度が亜れ

き青炭より高く,無煙炭よりは低い石炭。

bituminous coal

22106

無煙炭

むえんたん

石炭化度による分類

(

1

)

において,石炭化度が最も

高い石炭。

anthracite

22107

まき(薪)

ナラ,カシ,ブナその他の雑木を伐採し,又は古

材等を適当な大きさに切り割って乾燥させ,燃料

とするもの。

firewood

22108

樹皮(バーク)

じゅひ

樹木の幹,枝,根等の木部の外側を含む全組織。

bark

22109

木炭

もくたん

木材を乾留して得られる炭素質物質。

charcoal

22110

コークス

石炭又は石油を熱分解して得られる炭素質固体。

coke

22111

れんたん

れき青炭,無煙炭,コークス,木炭などを粉砕し

たものに粘着剤を加えて成形したもの。

briquette


11

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

22112

塊炭

かいたん

粒度による分類において通常は 20mm 以上の石

炭。用途によって若干異なるが通常 38∼50mm を

塊炭,25∼38mm を中塊炭,20∼25mm を小塊炭

ということが多い。

lump coal

22113

粉炭

ふんたん

粒度による分類において,通常は 20mm 未満の石

炭。通常 3∼20mm を粉炭,3mm 未満を微粉炭と

いうことが多い。

pulverized coal

22114

非粘結炭

ひねんけつたん

石炭の性状による分類において,乾留した場合

に,ほとんど粘結せず,残留するコークスが粉状

となるような石炭。

non-caking coal

22115

粘結炭

ねんけつたん

石炭の性状による分類において,乾留時に軟化溶

融してコークスを生成する石炭。

caking coal

22116

原料炭

げんりょうたん

石炭の用途による分類において,一般にコークス

製造の原料として用いられる石炭。コークス用炭

ともいう。

metallurgical coal,

coal for coke making

22117

一般炭

いっぱんたん

石炭の用途による分類において,一般に発電用な

どの燃料に用いられる石炭。非・微粘結炭である

ことが多い。

steam coal

22118

高品位炭

こうひんいたん

石炭の品位による分類において,一般に水分,灰

分,硫黄分などの少ない石炭。

high grade coal

22119

低品位炭

ていひんいたん

石炭の品位による分類において,一般に水分,灰

分,硫黄分などの多い石炭。

low grade coal

22120

純炭発熱量

じ ゅ んた ん はつ

ねつりょう

純炭ベース

(26109)

に換算した発熱量。

heating value of pure

coal

22121

燃料比

ねんりょうひ

石炭の工業分析結果のうち,固定炭素 (%) を揮

発分 (%) で割った値。

備考  高炉操業等における製品単位,重

量当たりの燃料消費量。

fuel ratio

22122

自然発火

しぜんはっか

可燃性の物質又は混合物が外部からの加熱なし

に,内部の酸化反応熱の蓄積だけで発火点に達

し,燃焼を起こす現象。

spontaneous ignition

(

1

)  JIS M 1002

(炭量計算基準)には,純炭発熱量による石炭化度の分類が示されているが,この分類

基準は ISO その他各国の基準と異なるため,ここでは記載していない。

(2.2.2)

液体燃料

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

22201

石油

せきゆ

天然に産する鉱油及びその製品の総称。

petroleum

22202

原油

げんゆ

油井から採取したままの鉱油。各種液状炭化水素

を主成分とし,少量の硫黄,酸素,窒素などの有

機化合物を含む。

crude oil

22203

ガソリン

石油から得られる常温で液状沸点範囲(30 ∼

200

℃程度)の石油製品。用途によって工業用と

燃料用とに分けられ,前者には工業用ガソリン,

後者に自動車ガソリン及び航空ガソリンがある。

gasoline

22204

揮発油

きはつゆ

→ガソリン


12

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

22205

ナフサ

原油中のガソリンの沸点範囲の留分。このうち軽

質のもの(沸点範囲 30∼100℃程度)を軽質ナフ

サ,重質のもの(沸点範囲 100∼200℃程度)を重

質ナフサと呼び,両者を含むものをフルレンジナ

フサ又はホールナフサという。

naphtha

22206

燈油

とうゆ

原油蒸留の際,ガソリンと軽油との間に留出する

沸点範囲 150∼280℃程度の留分。

kerosine

22207

軽油

けいゆ

原油蒸留の際,燈油留分の次に留出する沸点範囲

200

∼350℃程度の留分。

gas oil

22208

重油

じゅうゆ

ディーゼル機関用,ボイラ用及び各種炉用の燃料

として適当な品質の鉱油。製造上の区分では,常

圧蒸留残油又は主としてガソリン,ナフサなどの

軽質分を除く留出物(燈軽油)と常圧蒸留残油と

の混合物をいう。

fuel oil

22209

A

重油

えいじゅうゆ

重油の慣用上の呼び方。一般的に JIS K 2205 の重

油規格の 1 種に相当する。

fuel oil A

22210

B

重油

びーじゅうゆ

重油の慣用上の呼び方。一般的に JIS K 2205 の重

油規格の 2 種に相当する。

fuel oil B

22211

C

重油

しーじゅうゆ

重油の慣用上の呼び方。一般的に JIS K 2205 の重

油規格の 3 種に相当する。

fuel oil C

22212

パルプ廃液

ぱるぷはいえき

木材チップを薬液で蒸解してパルプを製造する

際に発生する液。リグニンなど多量の有機物及び

それを処理した薬品を含む。

pulp spent liquor

22213

炭水素比

たんすいそひ

燃料の元素分析によって得た炭素と水素の重量

比で,液体熱料の性状を示す数値。

C/H weight ratio

(2.2.3)

気体燃料

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

22301

燃料ガス

ねんりょうがす

燃料として一般の使用に供せられるガス。

fuel gas

22302

天然ガス

てんねんがす

天然に地下から産するパラフィン系炭化水素を

主成分とする可燃性ガスの総称。油田から原油に

伴って産出する油田ガス,原油を伴わないガス田

から採取されるガス田ガス,きょう(夾)炭層か

ら産出する炭田ガス,地下水に伴って産出する水

溶性ガスなどがある。

natural gas

22303

コークス炉ガス

こーくすろがす

コークス炉で石炭を乾留する際に副生するガス。

coke oven gas

22304

高炉ガス

こうろがす

製鉄用高炉から副生するガス。

blast furnace gas

22305

都市ガス

としがす

都市の家庭や工場に配管によって供給される燃

料ガス。

town gas

22306

液化天然ガス 

(LNG) 

え き かて ん ねん

がす

冷却・液化した状態の天然ガス。

liquefied natural gas

22307

液化石油ガス 

(LPG) 

え き かせ き ゆが

主成分として炭素数 3 及び 4 の炭化水素の加圧又

は冷却によって液化したもの。

liquefied petroleum gas


13

Z 9211-1982

2.3

熱力学,伝熱及び熱化学

(2.3.1)

熱力学基本法則

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23101

熱力学第 法則

ね つ りき が くだ

いいちほうそく

系の内部エネルギーの増加は,系に加えられる熱

と仕事の和に等しい。

first law of

thermodynamics

23102

ジュールの法則

じ ゅ ーる の ほう

そく

仕事が熱に変換されるときその割合は一定であ

り,この比が仕事の熱当量である。

Joule's law

23103

エネルギー保存則

え ね るぎ ー ほぞ

んそく

孤立系(外部との間でエネルギーも物質も変換し

ない系)内ではエネルギーの総和は一定である。

law of energy

conservation

23104

熱平衡

ねつへいこう

二つの物体を他と絶縁した状態で十分長時間接

触させると両者は熱平衡に達する。このとき両者

の温度は等しい。

thermal equilibrium

23105

熱力学第 法則

ね つ りき が くだ

いにほうそく

一定温度の熱源から熱をとり入れて,それをすべ

て連続的に仕事に変換する装置(第 2 種の永久機

関)をつくることはできない。

second law of

thermodynamics

23106

可逆変化

かぎゃくへんか

ある変化過程とその逆の変化過程が他に何の変

化も与えないで行い得るもの。

reversible change

23107

可逆過程

かぎゃくかてい

→可逆変化

reversible process

23108

不可逆変化

ふ か ぎゃ く へん

どのようにしても可逆とならない変化過程。

irreversible change

23109

不可逆過程

ふ か ぎゃ く かて

→不可逆変化

irreversible process

23110

可逆サイクル

か ぎ ゃく さ いく

可逆過程だけで一連の変化を行って初めの状態

に戻し,その間に熱から仕事へ又はその逆のエネ

ルギー変換を行うもの。

reversible cycle

23111

カルノーサイクル

可逆の等温変化過程と断熱変化過程を組み合わ

せて二つの温度水準の間で行う可逆サイクル。

Carnot's cycle

(2.3.2)

気体の法則

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23201

ボイルの法則

ぼ い るの ほ うそ

一定量の気体を定温下で圧力を変えると,その体

積は圧力に反比例する。

Boyle's law

23202

シャールの法則

し ゃ ーる の ほう

そく

一定量の気体を定圧のもとで温度変化させると,

その体積は絶対温度に比例する。

Charle's law

23203

理想気体の状態式

り そ うき た いの

じょうたいしき

1kg

の気体に対する PvRT の関係。は絶対圧

力,は比容積,はガス定数,は絶対温度で

ある。

equation of state of ideal

gas

23204

アボガドロの法則

あ ぼ がど ろ のほ

うそく

ある圧力,温度のもとで単位体積の気体の中に含

まれる分子の数は気体の種類に関係なく一定で

ある。

Avogadro's law

23205

一般ガス定数

い っ ぱん が すじ

ょうすう

アボガドロの

法則を用いて理想気体の状態を

R

v

R

0

T/M

のとき物質に無関係に定まるガ

ス定数 R

0

はその物質

の分子量である。

universal gas constant

23206

理想気体

りそうきたい

理想気体の状態式を満足し,比熱が温度に無関係

な気体。

ideal gas

23207

完全ガス

かんぜんがす

→理想気体


14

Z 9211-1982

(2.3.3)

多成分系

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23301

相律

そうりつ

多成分系でその状態を決定するのに必要な変数

の最小の数。すなわち自由度は,成分数に 2 を加

えたものから相の数を減じたものに等しい。

phase rule

23302

相平衡

そうへいこう

同じ物質が異なる相の中にあって,その間で熱力

学的につり合っている状態。

phase equilibrium

23303

化学平衡

かがくへいこう

化学反応で反応系から生成系へ移る速度と生成

系から反応系に移る速度が等しく両者がつり合

っている状態。

chemical equilibrium

23304

ダルトンの法則

だ る とん の ほう

そく

各種の成分の混合気体では,各成分が系の全体積

とその気体の分圧をもつ気体の法則に従う。

Dalton's law

23305

溶液

ようえき

液体の中に他種の物質が溶け込んで同一の液相

となっているもの。

solution

23306

溶質

ようしつ

溶液の中に溶け込んでいる物質。

solute

23307

溶媒

ようばい

溶液の主体をなす液体。

solvent

23308

ラウールの法則

ら う ーる の ほう

そく

溶液中のある成分のモル分率を とし,ある温度

におけるその成分の飽和蒸気圧を とすると,そ

の温度において溶液と平衡にある気体中のその

成分の分圧 は pPx である。

Raoult's law

23309

沸点上昇

ふ っ てん じ ょう

しょう

固体の溶液の沸点が溶媒の沸点より高くなる現

象。

rise of boiling point

23310

気液平衡

きえきへいこう

気体と液体の系において両相の組成,温度,圧力

が一定になった状態。

vapor-liquid equilibrium

23311

気液平衡図

き え きへ い こう

気液平衡のとき,液組成と気体組成,平衡温度,

平衡圧などの関係を表した図。

vapor-liquid equilibrium

curve

23312

共沸混合物

き ょ うふ つ こん

んごうぶつ

気液平衡状態において液組成と蒸気組成が等し

くなる点をもつ混合気体。

azeotrope

23313

x

線図

え っ くす − わい

せんず

圧力一定の気液平衡関係を表した図(横軸に液濃

度,縦軸に蒸気濃度をプロットした曲線)

x

y curve

(2.3.4)

熱伝導及び対流熱伝達

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23401

フーリエの法則

ふ ー りえ の ほう

そく

熱流束(21501)は,温度傾斜に比例する。

Fourier's law

23402

熱伝導方程式

ね つ でん ど うほ

うていしき

フーリエの法則と熱量保存式から導かれる温度

を従属変数とし,時間と位置座標を変数とする偏

微分方程式。

equation of heat

conduction

23403

定常熱伝導

て い じょ う ねつ

でんどう

温度が位置座標だけの関数で,時間には無関係と

なる状態での熱伝導。

steady heat conduction

23404

非定常熱伝導

ひ て いじ ょ うね

つでんどう

ある位置の温度が時間と共に変化する熱伝導。

non-steady heat

conduction

23405

対流熱伝達

た い りゅ う ねつ

でんたつ

流体と固体表面との間での伝熱。

convective heat transfer

23406

強制対流熱伝達

き ょ うせ い たい

り ゅ うね つ でん

たつ

流体の流れが伝熱と無関係に与えられた圧力差

によって定まる状態での熱伝達。

heat transfer by forced

convection


15

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23407

自然対流熱伝達

し ぜ んた い りゅ

うねつでんたつ

流体温度と固体面温度との差によって生ずる流

体内の密度差に起因する流れ(自然対流)以外の

原因による流れを考えない場合の熱伝達

heat transfer by natural

convection

23408

ヌッセルト数

ぬっせるとすう

対流熱伝達率

α

,流体の熱伝導率

λ

,物体の代表長

さ から

λ

α

L

Nu

=

で定義される無次元数。

Nusselt number

23409

スタントン数

すたんとんすう

対流熱伝達率

α

,流体の比熱 C,密度

ρ

,代表流速

V

から

V

C

St

ρ

α

=

で定義される無次元数。

Stanton number

23410

レイノルズ数

れいのるずすう

流体の動粘度

ν

,代表流速 V,物体の代表長さ L

から

v

VL

Re

=

で定義される無次元数。

Reynolds number

23411

プラントル数

ぷらんとるすう

流体の動粘度

ν

,温度伝導率 から

a

v

Pr

= で定義される無次元数。

Prandtl number

23412

グラスホフ数

ぐらすほふすう

流体の熱膨張率

β

,

流体と固体面の温度差

t

,重力

加速度 g,物体の代表長さ L,流体の動粘度

ν

から

2

3

v

tgL

Gr

=

β

で定義される無次元数。

Grashof number

23413

沸騰熱伝達

ふ っ とう ね つで

んたつ

伝熱面温度が液体の飽和温度以上となって伝熱

によって伝熱面上又はその近くから蒸気が発生

することによって行われる伝熱。

heat transfer with

boiling

23414

凝縮熱伝達

ぎ ょ うし ゅ くね

つでんたつ

伝熱面温度が蒸気の飽和温度以下となって伝熱

面上に蒸気が凝縮して液体となることによって

行われる伝熱。

heat transfer with

condensation

23415

熱抵抗

ねつていこう

二つの面の温度差をその間の伝熱量で除した値。

電気回路の電気抵抗からの類推概念である。

thermal resistance

23416

抵抗和の法則

て い こう わ のほ

うそく

重ね板,重ね円筒などを熱流が通過するとき全体

の熱抵抗は熱流に対して直列に置かれた個々の

抵抗の和に等しい。電気回路の抵抗の直列接続に

相当する。

law of overall resistance

23417

熱貫流

ねつかんりゅう

伝熱面の壁によって隔てられた二つの流体間の

伝熱。

overall heat transfer

23418

熱通過

ねつつうか

→熱貫流

(2.3.5)

放射伝熱

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23501

熱放射

ねつほうしゃ

物体がある温度にあるということだけによって,

その物体から空間に放出される電磁波。その波長

は遠赤外,赤外,可視,紫外にわたる。

thermal radiation

23502

黒体

こくたい

その面に投射される熱放射をすべて吸収して物

体の熱とする面(黒体面)をもつ物体。

(perfect) black body

23503

黒体放射の法則

こ く たい ほ うし

ゃのほうそく

すべての黒体面から放出される熱放射における

波長に対する放射強さの分布は,温度だけの関数

である。プランクの黒体放射の式で与えられる。

law of black body

radiation

23504

プランクの放射法

ぷ ら んく の ほう

しゃほうそく

→黒体放射の法則。

Planck's law of thermal

radiation

23505

ステファン・ボル

ツマンの法則

すてふぁん・ぼる

つ ま んの ほ うそ

全波長についての黒体面の放射能は,絶対温度の

4

乗に比例する。

Stephan-Boltzman's law


16

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23506

キルヒホフの法則

き る ひほ ふ のほ

うそく

ある面又は物体の放射率は,その吸収率に等し

い。

Kirchhoff's law

23507

ランベール(ラン

バート)の法則

らんべーる(らん

ばーと)のほうそ

面からの熱放射の強さの方向に関する分布は,法

線方向となす角度の余弦に比例する。

Lanbert's law

23508

ガス放射

がすほうしゃ CO

2

,H

2

O

などの原子の数の多い気体の赤外域に

ある放射帯による熱放射。それによって生ずる燃

焼ガスからの熱放射。

gas radiation

23509

輝炎放射

きえんほうしゃ

火炎中の微粒子(主としてすす)から発する連続

スペクトルの熱放射。

radiation from luminous

flame

(2.3.6)

化学反応

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

23601

吸熱反応

き ゅ うね つ はん

のう

反応系で熱の吸収を伴う化学反応。

endothermic reaction

23602

発熱反応

は つ ねつ は んの

反応系で熱の放出を伴う化学反応。

exothermic reaction

23603

触媒反応

し ょ くば い はん

のう

触媒の影響によって行われる化学反応。触媒とは

反応系において自らは変化せずに反応を促進又

は選択的反応を行う役目をするもの。

catalytic reaction

23604

反応速度

はんのうそくど

化学反応において反応系の各成分の量の変化す

る速度。

rate of reaction

(2.4)

蒸気及び熱媒体

(2.4.1)

蒸気

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

24101

飽和状態

ほ う わじ ょ うた

同一物質の気相と液相(又は固相)とが平衡して

共存するとき,気相の占める空間はその液体(又

は固体)の蒸気によって飽和されたといい,この

状態を飽和状態という。

saturated state

24102

飽和温度

ほうわおんど

液体又は固体が飽和状態にある場合の温度。

saturation temperature

24103

飽和圧力

ほ う わあ つ りょ

液体又は固体が飽和状態にある場合の圧力。

saturation pressure

24104

飽和蒸気

ほうわじょうき

飽和状態にある蒸気。

saturated steam

24105

乾き飽和蒸気

か わ きほ う わじ

ょうき

水分を含まない飽和蒸気。

dry saturated steam

24106

湿り蒸気

しめりじょうき

水分を含む飽和蒸気。

wet steam

24107

蒸気乾き度

じ ょ うき か わき

湿り蒸気  (24106)  において,その中に含まれる蒸

気の質量の全質量に対する割合。

quality of vapor

(dryness of steam)

24108

飽和液(水)

ほ う わえ き (す

い)

同一物質の蒸気と平衡して共存する液体(水)

saturated liquid

(saturated water)

24109

過熱蒸気

かねつじょうき

飽和温度よりも高い温度の蒸気。

superheated steam

24110

圧縮水

あっしゅくすい

飽和圧力よりも高い圧力の状態にある水。

compressed water

24111

蒸気表

じょうきひょう

圧縮水,飽和水,乾き飽和蒸気及び過熱蒸気の諸

性質を示す表。

steam tables

24112

飽和蒸気表

ほ う わじ ょ うき

ひょう

飽和水と乾き飽和蒸気の諸性質を示す表。

saturation state steam

tables


17

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

24113

過熱蒸気表

か ね つじ ょ うき

ひょう

圧縮水と過熱蒸気の諸性質を示す表。

compressed water and

superheated steam

tables

24114

蒸気線図

じょうきせんず

圧縮水,飽和水,飽和蒸気及び過熱蒸気の諸性質

を表す線図。

steam diagram

24115

h-s

線図

え い ち− え すせ

んず

縦軸に比エンタルピーh,横軸に比エントロピーs

をとって,hに対応する蒸気の圧力,温度,比

容積,乾き度等の状態線を引いたもの。

h-s diagram

24116

モリエ線図

もりえせんず

h-線図

Mollier chart

24117

T-s

線図

て ぃ ーえ す せん

縦軸に絶対温度 T,横軸に比エントロピーをと

って,Tに対応する蒸気の圧力,比エンタルピ

ー,比容積,乾き度等の状態線を引いたもの。

T-s diagram

24118

P-h

線図

ぴ ー えい ち せん

縦軸に圧力 P,横軸に比エンタルピーをとって

P

に対応する蒸気の温度,比容積,乾き度等

の状態線を引いたもの。

P-h diagram

24119

臨界状態

り ん かい じ ょう

たい

圧力が上昇し,その圧力に対応する飽和状態が存

在しなくなる限界のときの状態。

蒸発熱  (21216)  が 0 となり蒸気と液の区別がな

くなる。

critical state

24120

臨界温度

りんかいおんど

臨界状態における蒸気の温度。

critical temperature

24121

臨界圧

りんかいあつ

臨界状態における蒸気の圧力。

critical pressure

24122

超臨界圧蒸気

ち ょ うり ん かい

あつじょうき

圧力が臨界圧力を超える蒸気。

supercritical pressure

steam

(2.4.2)

湿り空気

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

24201

乾き空気

かわきくうき

水蒸気を含まない空気。

dry air

24202

湿り空気

しめりくうき

水蒸気を含む空気。

moist air (humid air)

24203

飽和空気

ほうわくうき

湿り空気の温度が,それに含まれている水蒸気の

分圧に対する飽和蒸気の温度に等しい空気。

saturated air

(2.4.3)

熱媒体

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

24301

熱媒体

ねつばいたい

物理的,化学的に安定な物質であって,熱源と被

加熱体間の伝熱の仲介に使われる媒体。

heating medium

24302

高温熱媒体

こ う おん ね つば

いたい

一般に比較的高温の温度範囲で使用される熱媒

体。

heating medium for

higher temperature

24303

低温熱媒体

て い おん ね つば

いたい

高温熱媒体より低い温度範囲で使用される熱媒

体。

heating medium for

lower temperature

24304

有機熱媒体

ゆ う きね つ ばい

たい

熱媒体として使用する有機化合物。

organic heating medium

24305

ブライン

間接冷凍法において,蒸発器と被冷凍物との間に

介在して熱の吸収伝達を行う液体。

brine

24306

冷媒

れいばい

低温熱媒体の一種で,液相−気相の状態変化を利

用するもの。

refrigerant

24307

フロン

ふっ化炭化水素の総称。冷媒として使用される。

freon

24308

アンモニア

窒素 1 原子と水素 3 原子からなる無色刺激性物

質。冷媒としても利用される。化学記号 NH

3

ammonia


18

Z 9211-1982

(2.5)

燃焼

(2.5.1)

燃焼計算

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

25101

完全燃焼

か ん ぜん ね んし

ょう

燃料が未燃分を残さないで燃焼し尽くすこと。

complete combustion

25102

理論空気量

り ろ んく う きり

ょう

燃料の完全燃焼に必要な理論上の空気量。

amount of theoretical

combustion air

25103

過剰空気量

か じ ょう く うき

りょう

燃焼の際に実際に供給された空気量と理論空気

量との差。

amount of excess air

25104

空気比

くうきひ

理論空気量に対する実際の燃焼に使用した空気

量の割合。

air ratio

25105

空気過剰係数

く う きか じ ょう

けいすう

→空気比。

25106

過剰空気率

か じ ょう く うき

りつ

過剰空気量の理論空気量に対する割合。普通,容

積百分率で表す。

excess air ratio

25107

当量比

とうりょうひ

燃焼に用いる空気中の酸素に当量の燃料量に対

する,実際に供給した燃料の割合。空気比の逆数。

equivalent ratio

25108

空燃比

くうねんひ

燃焼に使用した燃料に対する空気の質量割合。

air-fuel ratio

25109

理論燃焼ガス量

り ろ んね ん しょ

うがすりょう

単位量の燃料が理論空気量で完全燃焼したとき

に生成するガス量。

amount of theoretical

combustion gas

25110

燃焼ガス量

ね ん しょ う がす

りょう

燃焼装置から排出される全ガス量。単位量の燃料

の燃焼によって生ずるガス量。

amount of combustion

gas

25111

排ガス量

はいがすりょう

燃焼装置から排出される全ガス量。

amount of exhaust gas

25112

乾き燃焼ガス量

か わ きね ん しょ

うがすりょう

燃焼ガス量から水蒸気量を差し引いたガス量。

amount of dry

combustion gas

25113

湿り燃焼ガス量

し め りね ん しょ

うがすりょう

水蒸気を含んだ燃焼ガス量。

amount of wet

combustion gas

25114

燃焼ガス温度

ね ん しょ う がす

おんど

燃焼ガスのある位置における温度。実測値又は熱

損失を考慮して計算で求めた値。

temperature of

combustion gas

25115

理論燃焼温度

り ろ んね ん しょ

うおんど

燃料が完全燃焼し,外界への熱損失が全くないと

仮定したときに到達すべき燃焼ガス温度。

theoretical temperature

of combustion

25116

理論最高燃焼温度

り ろ んさ い こう

ね ん しょ う おん

0

℃の燃料が 0℃の理論空気量で完全燃焼し,か

つ,外界への熱損失が全くないと仮定した場合に

到達すべき燃焼ガス温度。

maximum theoretical

temperature of

combustion

25117

断熱燃焼温度

だ ん ねつ ね んし

ょうおんど

外界への熱損失がない状態で燃焼が行われ,燃焼

ガスが化学平衡にある時の温度。

adiabatic temperature of

combustion


19

Z 9211-1982

(2.5.2)

燃焼形態

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

25201

予混合燃焼

よ こ んご う ねん

しょう

あらかじめ燃料と空気を混合して燃焼させるこ

と。

premixed combustion

25202

拡散燃焼

か く さん ね んし

ょう

燃料と空気を混合しながら燃焼させること。

diffusion combustion

25203

表面燃焼

ひ ょ うめ ん ねん

しょう

固体表面において酸化反応が起こることによっ

て行われる燃焼。

surface combustion

25204

蒸発燃焼

じ ょ うは つ ねん

しょう

蒸発しやすい液体燃料の液面に点火した時,燃料

が蒸発しながら燃焼すること。

combustion by

evaporation

25205

分解燃焼

ぶ ん かい ね んし

ょう

燃料が燃焼に際し,化学的に分解が起こって燃焼

すること。

combustion by cracking

(2.5.3)

燃焼現象

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

25301

着火(発火)

ち ゃ っか ( はっ

か)

未燃焼状態であった燃料が燃焼し始めること。

ignition

25302

点火

てんか

燃料に火をつけること。

ignition,

firing

25303

自己着火

じこちゃっか

燃料と空気をある温度(圧力)に置いたとき,燃

料の温度が上昇して燃焼状態となる現象。

self ignition

25304

火炎伝ぱ

かえんでんぱ

燃焼火炎が未燃焼の部分へ伝わって燃焼状態と

していく現象。

flame propagation

25305

火炎伝ぱ速度

か え んで ん ぱそ

くど

予混合燃焼における火炎面の移動速度。

flame propagation speed

25306

燃焼速度

ね ん しょ う そく

一様な可燃予混合気中に生じた平面状火炎が未

燃の混合気に向かって進行する速度。

burning velocity

25307

デトネーション

可燃気体と空気又は酸素の混合気中の燃焼伝ぱ

の際に衝撃波を生じ,その伝ぱに伴って非常に大

きな一定の速度で火炎帯が混合気中を進行する

現象。

detonation

25308

可燃限界

かねんげんかい

可燃気体と空気又は酸素の一様な混合気の一端

に点火したとき,混合気中に火炎が伝ぱし得る限

界の可燃気体の容積百分率。上限と下限がある。

inflammable limits

25309

爆発限界

ば く はつ げ んか

→可燃限界。

explosion limits

25310

吹き消え

ふききえ

燃料及び空気の噴出速度が燃焼速度より大きく

なり,炎が飛んで消える現象。

blow off

25311

逆火

ぎゃっか

火炎伝ぱによって火炎がバーナ内に引き込まれ

る現象。

flash back

25312

輝炎

きえん

火炎中にすすが生成し,その固体放射による輝き

のある火炎。

luminous flame

25313

不輝炎

ふきえん

すす生成がなく,その固体放射の輝きのない火

炎。

non-luminous flame

25314

酸化炎

さんかえん

酸化作用のある炎。

oxidizing flame

25315

還元炎

かんげんえん

還元作用のある炎。

reducing flame


20

Z 9211-1982

(2.5.4)

燃焼生成物

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

25401

未燃ガス

みねんがす

燃焼ガス中に含まれる可燃性ガス。

unburnt gas

25402

すす

燃料の燃焼過程で生成する微粒炭素物質。

soot

25403

ばい煙

ばいえん

すすやばいじんを含んだ燃焼排ガス。大気汚染防

止法の定義によれば燃料その他の燃焼又は熱源

として電気の使用に伴い発生する硫黄酸化物,カ

ドミウム,塩素,ふっ化水素,鉛その他,人の健

康又は生活環境に被害を生じるおそれのあるも

の。

smoke

25404

ばいじん

燃焼によって生じたすすと固体粒子。大気中にあ

るこのような混合物も,ばいじんという。

soot and dust

25405

硫黄酸化物

い お うさ ん かぶ

二酸化硫黄 (SO

2

)

,無水硫酸 (SO

3

)

など,硫黄

の酸化物の総称。

sulfur oxides

25406

窒素酸化物

ち っ そさ ん かぶ

一酸化窒素 (NO) ,二酸化窒素 (NO

2

)

など,窒

素の酸化物の総称。

nitrogen oxides

25407

燃えがら

もえがら

固体燃料の燃焼で,燃焼室から排出される固体残

さ物。

(combustion) residue

25408

酸露点

さんろてん

燃焼ガス中の硫酸蒸気が凝縮し始める最高温度。

sulfuric acid dew point

(2.6)

計測

(2.6.1)

基本用語

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26101

化学分析

かがくぶんせき

物質の成分を調べること。定量分析と定性分析が

あり,前者では成分の量を調べる。

chemical analysis

26102

工業分析

こ う ぎょ う ぶん

せき

燃料の性状を知る分析法。一般に固体燃料の水

分,灰分,揮発分,固定炭素の定量法をいう。

proximate analysis

26103

元素分析

げんそぶんせき

物質の成分元素の含有量を定量すること。一般に

液体燃料,固体燃料の炭素,水素,硫黄,窒素,

酸素の定量をいう。

ultimate analysis

26104

比色分析

ひ し ょく ぶ んせ

溶液の色の濃さ又はその色調を標準液のそれと

比較して物質を定量する化学分析。

colorimetric analysis

26105

恒湿ベース

こうしつべーす

固体燃料の分析試料の状態で,食塩飽和溶液を入

れた恒温器中に試料を入れてその湿度と平衡さ

せた状態。

equilibrium moisture of

coal at about 75%

re-lative humidity and

room temperature

26106

気乾ベース

きかんべーす

固体燃料の分析試料の状態で,試料がふん囲気の

湿度とほぼ平衡となっているときの状態。

air dried basis

26107

無水ベース

むすいべーす

固体燃料の分析値の状態で,工業分析の水分量を

除いた状態が基準となるように換算したもの。

dry basis

26108

無水無灰ベース

む す いむ は いべ

ーす

工業分析の水分量,灰分量を除いた状態が基準と

なるように換算したもの。

dry ash-free basis

26109

純炭ベース

じ ゅ んた ん べー

工業分析の水分量,灰分量に灰分補正率を乗じた

値(鉱物量)を除いた状態が基準となるように換

算したもの。

pure coal substance

basis

26110

使用時ベース

しようじべーす

固体燃料の使用するときを基準となるように換

算したもの。

as fired basis


21

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26111

恒湿試料

こ う しつ し りょ

恒湿ベース状態に調整した試料。

equilibrated sample at

about 75% relative

humidity & room

temperature

26112

ロット

等しい条件又は等しいと思われる条件下で生産

された品物の特定量。

備考  受け渡される特定の商品の 1 回分の量をコ

ンサイメント (consignment) という。これは 1 個

又は数個のロットから成り立っていることもあ

り,また,ロットの一部分のこともある。

lot,

batch

26113

大口試料

お お ぐち し りょ

コンサイメント又はロットから採集したサンプ

リング単位を集めたもの。一般に石炭類について

いう。

gross sample

26114

小口試料

こぐちしりょう

数個のインクリメントを集めたもの。必要に応じ

てインクリメントを個々に粉砕・縮分した後で,

これらを数個集めたものをいうこともある。一般

に石炭類についていう。

sub-sample

26115

インクリメント

単位試料のことで,原則として試料採取器によっ

て 1 動作で採取した単位量の試料。

increment

26116

一次試料

いちじしりょう

1

ロットから適当な採取方法によって採取した試

料全量。一般に原油,石油製品についていう。

primary sample

26117

二次試料

にじしりょう

一次試料からその品質を代表するように採取し

た数個の試料。一般に原油,石油製品についてい

う。

secondary sample

26118

標準試料

ひ ょ うじ ゅ んし

りょう

化学的又は物理的特性などの標準値があらかじ

め決められている試料。

standard sample

26119

安息香酸

あ ん そく こ うさ

燃料の発熱量測定に際しての熱量基準物質。化学

式 C

6

H

5

COOH

benzoic acid

2

6120

API

えいぴーあいど

アメリカ石油協会 (American Petroleum Institute)

の石油の比重を表す単位。

API

度=141.5/(比重 60/60°F)−131.5

API degree

(2.6.2)

測定の方法

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26201

エシュカ法

えしゅかほう

固体燃料の全硫黄分試験方法の一つ。試料とエシ

ュカ合剤を混合し、強熱して試料中の硫黄分を硫

酸塩として固定し,抽出した溶液から定量する。

testing method for sulfur

by Eschka method

26202

ボンベ式硫黄分試

験法

ぼ ん べし き いお

う ぶ んし け んほ

揮発性の少ない石油製品の硫黄分定量方法。酸素

を圧入したボンベ中で試料を燃焼させた後ボン

ベ内を洗浄し,洗液中の硫酸塩を重量法によって

定量する。

testing method for sulfur

by bomb combustion

method

26203

燃焼管式硫黄分試

験法

ね ん しょ う かん

し き いお う ぶん

しけんほう

揮発性の少ない石油製品の全硫黄分の定量方法。

試料を石英又は磁製燃焼管内で、空気又は酸素気

流中で燃焼し,生成した硫黄酸化物を過酸化水素

水に捕集し,容量法で定量する。

testing method for sulfur

by combustion tube

26204

ケルダール法

けるだーるほう

固体,液体燃料の窒素分測定方法の一つ。強アル

カリ溶液中で試料を分解し,生成するアンモニア

を蒸留して定量する。マクロ法及びミクロ法があ

る。

Kjeldahl method


22

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26205

ヘンペル分析方法

へ ん ぺる ぶ んせ

きほうほう

燃料ガス,燃焼ガスの成分をヘンペル式分析装置

によって CO

2

,C

m

H

n

,O

2

,CO は吸収法で,C

n

H

2n

+2

と H

2

は燃焼法で定量する方法。

analysis by Hempel

method

26206

オルザット分析方

お る ざっ と ぶん

せきほうほう

燃料ガス,燃焼ガスの成分をオルザット式分析装

置によって CO

2

,O

2

,CO を吸収法で定量する方

法。

analysis by Orsat

analyzer

26207

コンラドソン試験

こ ん らど そ んし

けんほう

コンラドソン試験器を用いて原油,石油製品の残

留炭素分を定量する方法。

testing method for

carbon residue by

Con-radson method

(2.6.3)

測定の項目

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26301

湿分

しつぶん

石炭類粒子の表面に付着している表面水分で,ふ

ん(雰)囲気の乾燥や散水,降雨などによって容

易に変化する水分。

hygroscopic surface

moisture

26302

全水分

ぜんすいぶん

固体燃料の水分には湿分,固有水分,化合水分が

あるが,このうち湿分と固有水分とを合計した水

分。

total moisture content

26303

包蔵水分

ほ う ぞう す いぶ

規定条件のもとで石炭試料を 30℃,96∼97%相対

湿度のふん(雰)囲気中で恒湿平衡に至らせたと

きの水分。

equilibrium moisture of

coal at 96 to 97%

relative humidity and

30

26304

水分

すいぶん

一般に物質と水が共存する場合,その中に含まれ

る水分の割合。固有水分,化合水分に分けられる

が,単に水分といった場合には固有水分を表し,

規定の温度に加熱乾燥したとき,その減量の試料

に対する百分率をもって水分とする。

moisture content

26305

灰分

かいぶん,

はいぶん

固体燃料,液体燃料について,規定の温度,規定

の方法で加熱したとき,燃焼残量の試料に対する

百分率。

ash content

26306

揮発分

きはつぶん

固体燃料が燃焼する際,乾留されて気体となる成

分。試料を規定の温度に調整されている電気炉中

で規定時間加熱して定量する。

volatile matter content

26307

固定炭素

こていたんそ

固体燃料の工業分析での水分,灰分,揮発分から

次の式によって求められる。

固定炭素%=100−[水分 (%) +灰分 (%) +揮

発分 (%)]

fixed carbon content

26308

炭素分

たんそぶん

燃料中の炭素含有量。

carbon content

26309

水素分

すいそぶん

燃料中の水素含有量。

hydrogen content

26310

硫黄分

いおうぶん

燃料中の硫黄含有量。

sulfur content

26311

全硫黄

ぜんいおう

固体燃料中には燃焼性硫黄と不燃焼性硫黄が存

在するが,この二つの硫黄の全量。

total sulfur

26312

不燃焼性硫黄

ふ ね んし ょ うせ

いいおう

固体燃料の燃焼に際して,燃焼しないで灰中に残

留する硫黄。

incombustible sulfur

26313

燃焼性硫黄

ね ん しょ う せい

いおう

固体燃料の燃焼に際して,燃焼して二酸化硫黄と

三酸化硫黄とになる硫黄。

combustible sulfur

26314

可燃元素

かねんげんそ

燃料の成分中 C,H,S の成分。

combustible element

26315

酸素分

さんそぶん

燃料中の酸素含有量。一般に換算値。

oxygen content


23

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26316

燃えがら量

もえがらりょう

固体燃料の燃焼に際して,未燃焼残さの燃料に対

する百分率。

combustion residue

26317

灰の融点

はいのゆうてん

固体燃料の灰が加熱によって固相から液相に融

解するときの温度。

melting point of ash

26318

粘結性

ねんけつせい

石炭は加熱に際してある温度から溶融して塊状

のコークスになるが,その性質の難易。

caking property

26319

粉砕性

ふんさいせい

石炭の粉砕に際して,粉砕されやすさの割合。

grindability

26320

流動点

りゅうどうてん

液体燃料をかき混ぜることなく規定条件で冷却

したとき,流動できる最低温度。

pour point

26321

凝固点

ぎょうこてん

石油製品が低温になって凝固するときの最高温

度。

coagulation point

26322

曇り点

くもりてん

流動点の試験で,試料中のパラフィンなどの析出

によって試料が不透明になったときの温度。流動

点より数度高い。

cloud point

26323

引火点

いんかてん

可燃性液体又は固体が空気中において引火する

のに十分な濃度の蒸気をその表面近くに生じる

最低の温度。

flash point

26324

着火点

ちゃっかてん

燃料を空気又は酸素のあるところで徐々に温度

を上げたとき,自己発熱燃焼を開始する最低温

度。

ignition point,

ignition temperature

26325

燃焼点

ねんしょうてん

蒸発燃焼をする液体燃料を引火点以上に加熱し,

炎を近づけたとき,継続的に燃焼する温度。引火

点より数度高い。

burning point

26326

残留炭素分

ざ ん りゅ う たん

そぶん

液体燃料が蒸発,熱分解後に生じるコークス状炭

化残留物。コンラドソン法によって定量する(コ

ンラドソンカーボン)

carbon residue content

26327

乾点

かんてん

石油製品の蒸留において最後のかま残油が蒸発

するときの留出温度。

dry point

26328

煙点

えんてん

燈油,航空タービン燃料油等について規定される

性状の一つ。試料を規定の条件で燃焼したとき,

煙を生じないで規定の形状を示す炎の高さ。

smoke point

26329

ダスト量

だすとりょう

燃焼排ガス中に浮遊する未燃焼残さの量。

dust content

26330

二酸化硫黄(亜硫

酸ガス)

に さ んか い おう

( あ りゅ う さん

がす)

硫黄の燃焼によって生じる硫黄酸化物。

化学記号 SO

2

sulfur dioxide

26331

無水硫酸

む す いり ゅ うさ

硫黄の燃焼によって生じる硫黄酸化物。

化学記号 SO

3

sulfur trioxide

26332

一酸化炭素

い っ さん か たん

炭素の不完全燃焼によって生じるガス。

化学記号 CO

carbon monoxide

26333

二酸化炭素(炭酸

ガス)

に さ んか た んそ

(たんさんがす)

炭素の完全燃焼によって生じるガス。

化学記号 CO

2

carbon dioxide

26334

一酸化窒素

い っ さん か ちっ

窒素酸化物の一つ。

化学記号 NO

nitrogen monoxide

26335

二酸化窒素

にさんかちっそ

窒素酸化物の一つ。

化学記号 NO

2

nitrogen dioxide

26336

炭化水素

たんかすいそ

炭素原子と水素原子とからなる有機化合物。

hydrocarbon

26337

COD

しーおーでー

化学的酸素要求量。化学的に酸化される水中の物

質(主として有機物)のおよその濃度を表す尺度。

chemical oxygen

demand

26338

BOD

びーおーでー

生物化学的酸素要求量。有機物による水の汚濁度

biochemical oxygen


24

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

を表す尺度。

demand

26339

炉圧

ろあつ

炉内各部の圧力。

furnace pressure

26340

pH

ぴーえいち

溶液中の H

濃度の表し方の一つ。

水素イオン濃度指数ともいう。

hydrogen exponent

(2.6.4)

計測器

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26401

はかり

質量又は重量を比較測定するために用いる装置。

balance

26402

コールメータ

石炭がベルトコンベア又は鎖床ストーカ上に連

続的に送られるとき,単位時間に送られるその量

を測定する計器。

coalmeter

26403

コンベアスケール

コンベアの一部に設けたはかり。

conveyor scale

26404

ホッパスケール

石炭をホッパ上部のバンカから供給する際に設

定量ごとにはかりとる装置。

hopper scale

26405

容積式流量計

よ う せき し きり

ゅうりょうけい

一定の容積の容器に流体を導入して流量を測定

する構造の流量計。

volumetric flowmeter

26406

差圧式流量計

さ あ つし き りゅ

うりょうけい

流路に絞りを設けて,その絞りの前後の圧力差の

平方根が流速に比例することを利用して流量を

測定する流量計。

differential pressure

type flowmeter

26407

磁気式流量計

じ き しき り ゅう

りょうけい

流体が磁界を切ることによって生じる誘起電圧

が流量に比例することを利用して流量を測定す

る流量計。

magnetic flowmeter

26408

オリフィス流量計

お り ふぃ す りゅ

うりょうけい

差圧式流量計の一種で,流体の流れる管の途中に

オリフィスを入れて,その前後の圧力差から流量

を測定する流量計。

orifice flowmeter

26409

渦流量計

う ず りゅ う りょ

うけい

流体に渦を発生させて,その周波数特性が流量と

比例することを利用して流量を測定する流量計。

vortex flowmeter

26410

流速式流量計

り ゅ うそ く しき

り ゅ うり ょ うけ

流体中のペロペラなどが流速によって回転する

数から流量を測定する流量計。

current type flowmeter

26411

湿式ガスメータ

し っ しき が すめ

ーた

容積式流量計の一種で,仕切られたドラムの半容

を水中に没し,ガス圧によるドラムの回転から流

量を測定する計量器。

wet gas meter

26412

乾式ガスメータ

か ん しき が すめ

ーた

容積式流量計の一種で,隔膜によって仕切られた

二つの計量室をもち,ガス圧を利用して膜を前後

に移動して流量を測定する計量器。

dry gas meter

26413

U

字管マノメータ

ゆ 一 じか ん まの

めーた

U

字型ガラス管の密閉器中に液体を満たして圧

力を測定する圧力計。

U tube manometer

26414

ブルドン管圧力計

ぶ る どん か んあ

つりょくけい

だ円形断面をもつ一端を閉じられたブルドン管

に圧力部を連結して,ブルドン管の変位から圧力

を測定する圧力計。

Bourdon tube pressure

gage

26415

抵抗線ひずみ計式

圧力計

て い こう せ んひ

ず み けい し きあ

つりょくけい

受圧部に張られた抵抗線の圧力による変位によ

って圧力を測定する圧力計。

strain gage type

manometer

26416

ダイヤフラム式圧

力計

だ い やふ ら むし

き あ つり ょ くけ

ダイヤフラム(隔膜)の両面に差圧が作用すると

その大きさに比例してダイヤフラムがたわむこ

とを利用して圧力を測定する圧力計。

diaphragm pressure

gage


25

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26417

沈鐘式圧力計

ち ん しょ う しき

あつりょくけい

筒状容器内に水又は油を入れ,その中に釣鐘型の

浮子を浮かべ,その上下によって圧力を測定する

圧力計。

float type pressure gage

26418

ガラス水面計

が ら すす い めん

けい

ガラスによって水面の位置を目で見ることがで

きるようにした構造の水面を示す装置。

glass water gage

26419

浮子式液面計

う き こし き えき

めんけい

液面に浮かんだ浮子の位置によって液面の高さ

を示す装置。

float water gage

26420

液圧測定式液面計

え き あつ そ くて

い し きえ き めん

けい

液槽の上下に圧力差のあることを利用して液底

圧を測定して液面を示す装置。

hydraulic pressure type

water gage

26421

静電容量式液面計

せ い でん よ うり

ょ う しき え きめ

んけい

静電容量検出プローブを液中にそう入し,検出さ

れる静電容量から液量及び液位を測定する装置。

capacitance type water

gage

26422

液体封入ガラス温

度計

え き たい ふ うに

ゅ う がら す おん

どけい

ガラス毛細管に感温液として水銀又は有機液体

を封入した温度計。

liquid in glass

thermometer

26423

圧力式温度計

あ つ りょ く しき

おんどけい

水銀そのほかの液体,気体を密閉金属管に封入

し,加熱による圧力変化から温度を測定する温度

計。

pressure gage type

thermometer

26424

電気抵抗式温度計

で ん きて い こう

しきおんどけい

金属線の電気抵抗が温度によって変わることを

利用して温度を測定する温度計。

resistance thermometer

26425

サーミスタ温度計

さ ー みす た おん

どけい

抵抗温度計の一種。抵抗素子としてサーミスタを

使用するもの。

thermister thermometer

26426

熱電温度計

ね つ でん お んど

けい

2

種類の異金属を環状に接続したときの両端の温

度差によって生じる熱起電力を利用して温度を

測定する温度計。

thermoelectric

thermometer

26427

熱電対

ねつでんつい

熱電温度計の検出端。白金−白金ロジウム,アル

メル−クロメル,銅−コンスタンタン,クロメル

−コンスタンタンなどがある。

thermo couple

26428

サーモパイル 

(熱電すい)

(

ねつでんすい)

小形熱電対を幾組か直列に接続したもの。

thermo pile

26429

バイメタル温度計

ば い めた る おん

どけい

膨張率の異なる 2 枚の金属板を張り合わせ,金属

板の熱膨張の変位で温度を測定する温度計。

bimetal thermometer

26430

光高温計

ひ か りこ う おん

けい

放射温度計の一種で,高温物体の輝度と標準ラン

プの線条の輝度とを比較して温度を測定する温

度計。

optical pyrometer

26431

放射温度計

ほ う しゃ お んど

けい

物体からの熱放射エネルギーを利用して温度を

測定する温度計。

radiation thermometer

26432

表面温度計

ひ ょ うめ ん おん

どけい

物質の表面のような局部の温度を測定する温度

計。

surface pyrometer

26433

乾湿球湿度計

か ん しつ き ゅう

しつどけい

2

本の温度計を併置し,一方は直接空気の温度(乾

球温度),他方は感温部をぬらした布で覆って温

度(湿球温度)を測り,その温度差によって相対

湿度を測定する装置。

dry and wet bulb

hygrometer

26434

電気式湿度計

で ん きし き しつ

どけい

湿度計の一種で,乾・湿球の温度を電気的に測定

して,湿度を示す装置。

electric hygrometer

26435

露点計

ろてんけい

よく磨いた金属板を気体中に置いてその表面を

冷却し,露を結ぶときと消失温度から露点を知る

装置。露点から湿度を知ることもできる。

dew point recorder


26

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26436

磁気式酸素計

じ き しき さ んそ

けい

酸素が他のガスに比べて磁場に吸引される常磁

性が強いことを利用してガス中の酸素量を測定

する装置。

magnetic oxygen

analyzer

26437

ジルコニア酸素計

じ る こに あ さん

そけい

ジルコニアを主成分とする耐火物が酸素イオン

だけを通過させ,電子や陽イオンをほとんど通過

させないという性質を利用してガス中の酸素量

を測定する装置。

zirconia oxygen

analyzer

26438

ガルバニ電池式酸

素計

が る ばに で んち

しきさんそけい

ガルバニ電池の原理を利用して酸素を定量する

装置。

galvanic cell type

oxygen analyzer

26439

電気式炭酸ガス計

で ん きし き たん

さんがすけい

炭酸ガスの熱伝導率が空気のそれに比べて小さ

いことを利用してガス中の炭酸ガス量を知る装

置。

electric carbon dioxide

analyzer

26440

機械式炭酸ガス計

き か いし き たん

さんがすけい

炭酸ガスが空気に比べて比重が大きいことを利

用して 2 枚の羽根車の回転数の差からガス中の炭

酸ガス量を知る装置。

mechanical type carbon

dioxide analyzer

26441

一酸化炭素検知管

い っ さん か たん

そけんちかん

ガラス管に黄色の検知剤を入れ,これに空気を通

過させ,青色に変色するかどうかによって一酸化

炭素の含有を知る測定器。

carbon monoxide

detector

26442

赤外線ガス分析計

せ き がい せ んが

すぶんせきけい

ガスが赤外線に対して各々固有な吸収波長帯を

もつ性質を利用してガスの成分量を知る装置。

infrared gas analyzer

26443

ガスクロマトグラ

物質相互の界面での物理的親和力の差を利用し

て物質成分を分離分析する原理を利用した成分

分析装置。

gas chromatograph

26444

光学式ばい煙濃度

こ う がく し きば

い え んの う どけ

煙道の一方に光源を置き,反対側に光源からの光

量の変化を測定する光電管,光電池などを置き,

煙道内のばいじん量による光量の変化からばい

じん濃度を知る装置。

optical stack dust

analyzer

26445

連続重量濃度測定

式ばい煙計

れ ん ぞく じ ゅう

り ょ うの う どそ

く て いし き ばい

えんけい

排ガスを採取器に通して円形ろ紙を通過させ,ろ

紙上残さを連続的にひょう(秤)量して,ばい煙

濃度を知る装置。

automatic dust analyzer

26446

リンゲルマンばい

煙濃度表

り ん げる ま んば

い え んの う どひ

ょう

格子形の黒線図の全白と全黒までの濃度を 6 段階

に区別し,排煙の濃度と比較してばい煙濃度を知

る表。

Ringelmann smoke

chart

26447

毛細管粘度計

も う さい か んね

んどけい

ガラス製で管路の途中に毛細管をもち,液体を流

して一定体積の試料が流出する時間から動粘度

を測定する測定器。オストワルド,ウベローデ,

キャノンフェンスケ,逆流形などがある。石油製

品の動粘度の測定に使用される。

capillary viscometer

26448

レッドウッド粘度

れ っ どう っ どね

んどけい

一定量の試料容器から細孔を通って 50ml の試料

油が流下する時間を測定する粘度計。石油製品の

工業用粘度計として使用される。

Redwood viscometer

26449

pH

ぴーえいちけい pH を測定する計器。

pH meter

26450

ボンブ熱量計

ぼ ん ぶね つ りょ

うけい

固体,液体燃料の発熱量測定の装置。水中に入れ

た耐圧容器(ボンブ)中の約 30kg/cm

2

の酸素中で

試料を燃焼し,その時の水温の上昇から燃焼熱を

測定する。

bomb calorimeter


27

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

26451

ユンカース式熱量

ゆ ん かー す しき

ねつりょうけい

気体燃料の発熱量測定の装置の一つ。試料ガスを

バーナで燃焼し,その燃焼熱を流水に伝えてその

温度上昇と水の流量から測定する。

Junker's flow type gas

calorimeter

26452

絞り熱量計

し ぼ りね つ りょ

うけい

絞り変化で蒸気のエンタルピーが一定であるこ

とを利用して湿り蒸気の乾き度を測定する装置。

throttling calorimeter

26453

熱流計

ねつりゅうけい

熱伝導率一定の物質でできた厚さ一定の板を測

定対象物に密着させ,両面の温度差を熱電対など

で測定することにより熱流量を測定する装置。

heat flowmeter

(2.7)

炉材及び断熱材

(2.7.1)

耐火物の種類

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

27101

耐火物

たいかぶつ 1500℃以上の耐火度をもつ非金属物質又はその

製品(ただし金属が一部使用されているものを含

む)

refractory,

refractory product

27102

不定形耐火物

ふ て いけ い たい

かぶつ

定形の耐火れんが以外のキャスタブル,プラスチ

ック耐火物,ラミング材,吹付材,スプリング材

及び耐火モルタル等を総称する場合と,耐火モル

タルを除いて単体で構造体ができるものを称す

る場合がある。

monolithic refractory

27103

耐火れんが

たいかれんが

窯炉その他高温で使用する構造物の構築に適す

るいろいろの形を備えた耐火物。

refractory brick

27104

焼成れんが

し ょ うせ い れん

耐火原料を成形したのち,必要な強さと性質をも

たせるため所定の温度で焼成したれんが。

burned brick

27105

不焼成れんが

ふ し ょう せ いれ

んが

加工処理した耐火原料で成形し,焼成することな

く必要な強さを出すようにしたれんが。

unburned brick

27106

電鋳れんが

で ん ちゅ う れん

耐火原料を電気溶融したのちに所定の形状に鋳

込み成形したれんが。

electrocast brick

27107

耐火モルタル

たいかもるたる

耐火れんがを積む時の目地材料。その硬化の状態

から熱硬化性,気硬化性及び水硬性の 3 種類の耐

火モルタルに分類される。

refractory mortar,

refractory cement

27108

熱硬性耐火モルタ

ね つ こう せ いた

いかもるたる

高温でセラミックボンドによって硬化する耐火

モルタル。

heat-setting refractory

cement

27109

気硬性耐火モルタ

き こ うせ い たい

かもるたる

化学結合剤が入れてあって室温で硬化する耐火

モルタル。

air setting refractory

mortar

27110

水硬性耐火モルタ

す い こう せ いた

いかもるたる

水硬性耐火セメントが入れてあって水を加えれ

ば室温で硬化する耐火モルタル。

hydraulic setting mortar

27111

プラスチック耐火

ぷ ら すち っ くた

いかぶつ

耐火性骨材に可塑性のある材料を加え,更に適当

の水を混ぜて練り土状にした耐火物。比較的低温

で硬化させるよう化学薬品を添加したものもあ

る。

plastic refractory,

moldable refractory

27112

キャスタブル耐火

き ゃ すた ぶ るた

いかぶつ

耐火性骨材と水硬性セメントを混合した耐火物。

水で混ぜて鋳込みによって施工すれば,そのまま

耐火性構造物として使用できる。

castable refractory

27113

スピネル質耐火物

す ぴ ねる し つた

いかぶつ

スピネルを主成分とした耐火物。

spinel refractory

27114

耐火断熱れんが

た い かだ ん ねつ

れんが

熱伝導率の低い耐火れんが。

insulating firebrick


28

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

27115

酸性耐火物

さ ん せい た いか

ぶつ

シリカなどの酸性酸化物を主成分とした耐火物。

acid refractory

27116

中性耐火物

ち ゅ うせ い たい

かぶつ

酸性又は塩基性耐火物とあまり反応を起こさな

い耐火物。

neutral refractory

27117

塩基性耐火物

え ん きせ い たい

かぶつ

マグネシア,石灰などの塩基性耐火材料を主原料

とした耐火物。

basic refractory

27118

けい石れんが

けいせきれんが

けい石を主原料とする耐火れんが

silica brick

27119

粘土質耐火れんが

ね ん どし つ たい

かれんが

耐火粘土又はろう石など,これと類似の化学成分

をもつ耐火原料を主原料とした耐火れんが。

fire clay brick

27120

ろう石れんが

ろうせきれんが

ろう石〔主成分はパイロフィライト (Al

2

O

3

4SiO

2

H

2

O)

〕を主原料としたアルミナシリカ質耐火物。

Roseki firebrick

27121

ジルコン質れんが

じ る こん し つれ

んが

ジルコン (ZrSiO4) を主原料とした耐火れんが。

zircon brick

27122

高アルミナ質耐火

れんが

こ う ある み なし

つたいかれんが

アルミナシリカ質耐火物で,アルミナの量が 50%

以上で,耐火度が SK35 番以上の耐火物。

high alumina brick

27123

ジルコニア質れん

じ る こに あ しつ

れんが

Al

2

O

3

-ZrO

2

-SiO

2

系の電鋳れんがで,ジルコニア及

びアルミナ質原料を 2000℃以上の高温で電気溶

融し,所要の形状に鋳造したもの。

zirconia brick

27124

炭素れんが

たんそれんが

天然黒鉛,人造黒鉛,コークス,無煙炭などのよ

うな炭素質材料を主原料とし,それにタール,ピ

ッチなどの結合剤を使用して製造したれんが(カ

ーボンブラック)と粘土質原料に黒鉛を混入して

製造したれんが。

carbon brick

27125

クロム質れんが

く ろ むし つ れん

クロム鉄鉱を主原料とした中性耐火れんが。

chrome brick

27126

クロムマグネシア

質れんが

く ろ むま ぐ ねし

あしつれんが

クロム鉄鉱とマグネシアクリンカを主原料とし

た塩基性れんが。マグネシアの含有量によりクロ

マグ又はマグクロれんがといわれる。

brick of combination of

chrome ore and

mag-nesite

27127

マグネシアれんが

ま ぐ ねし あ れん

マグネシアクリンカを主成分としたれんが。

magnesia brick

27128

ドロマイトれんが

ど ろ まい と れん

ドロマイトを主原料とした耐火れんが。

dolomite brick

(2.7.2)

築炉及び耐火物の形状

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

27201

異形耐火れんが

い け いた い かれ

んが

並形れんがを除く他のすべての形状の耐火れん

が。

brick of miscellaneous

shape

27202

並形れんが

なみがたれんが

標準形く形れんがの一種。寸法は国によって異な

るが,我が国では長さ 230mm,幅 114mm,厚さ

65mm

のく形耐火れんが。

brick of normal shape

27203

せり受けれんが

せりうけれんが

窯炉の構造において,せりアーチの両端にあっ

て,その荷重を直接受けるれんが。

skew brick

27204

せりアーチ

せりだけで支持したアーチ。

sprung arch

27205

つりれんが

つり金物でつれる形をもつれんが。つり壁,つり

アーチ,つり天じょうなどに使用される。

hanger brick

27206

ドームれんが

ドーム天じょうのれんが積みができるように最

大面及びこば面が傾斜しているれんが。

dome brick

27207

チェッカれんが

蓄熱室の格子積みに使用される長方形れんが

checker brick


29

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

又は熱風炉の蓄熱用に使用される穴あきれんが。

27208

内張りれんが

うちばりれんが

直接高温に接触する窯炉の内側又は容器の内側

に張る耐火れんが。

lining brick

27209

目地

めじ

れんがを積む場合,各個のれんがの接合する部分

で,通常モルタルで満たす。

joint

(2.7.3) 

耐火物の特性及び試験方法

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

27301

気孔率

きこうりつ

耐火物に含まれる気孔容積の全容積に対する割

合。真気孔率,密閉気孔率,見掛気孔率などがあ

る。

porosity

27302

密閉気孔率

みっぺいきこう

りつ

密閉気孔容積のかさ容積に対する百分率。

sealed porosity (closed

porosity)

27303

見掛気孔率

みかけきこうり

開口気孔容積のかさ容積に対する百分率。

apparent porosity

27304

圧縮強さ

あっしゅくつよ

耐火物が押しつぶされるまでに耐え得る単位面

積当たりの最大荷重。

crushing strength

27305

残存膨張

ざんそんぼうち

ょう

耐火物を加熱した後,常温になったときの長さが

最初の長さより長くなること。

permanent linear

expansion

27306

永久膨張

えいきゅうぼう

ちょう

→残存膨張

27307

残存収縮

ざんそんしゅう

しゅく

耐火物を加熱した後,常温になったときの長さが

最初の長さより短くなること。

permanent linear

shrinkage

27308

残存線膨張収縮率

ざんそんせんぼ

うちょうしゅう

しゅくりつ

耐火物を定められた温度で定められた時間加熱

した後,常温になったときの長さの最初の長さに

対する百分率。

permanent linear change

27309

スポーリング

耐火物が熱衝撃,急な温度こう配の影響,又は結

晶移転のための膨張差などによって,き裂又はは

く離する現象。

spalling

27310

耐火度

たいかど

耐火物が軟化変形を起こす加熱の度合を示すも

ので,同一の加熱条件によって同一程度の変形を

示す標準ゼーゲルコーンの番号で表示する。

refractoriness

27311

ゼーゲルコーン

焼成程度又は耐火度を測定するために使用する

標準の三角すい(錐)

Seger cone

27312

荷重軟化温度

かじゅうなんか

おんど

耐火物に一定の荷重を加えながら加熱してゆく

とき,所定の軟化圧縮程度に達する温度。

refractoriness under

load

27313

荷重軟化点

かじゅうなんか

てん

→荷重軟化温度

(2.7.4)

断熱材

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

27401

石綿

いしわた

アスベスト,角せん(閃)石又はじゃ(蛇)紋岩

が繊維状に変わったもの。

asbestos

27402

岩綿

がんめん

天然の岩石を適当に配合溶融し,圧縮空気を吹き

付けて繊維化したもの。

rock wool

27403

グラスウール

溶けた液状のガラスを細孔を通して吹き出し,綿

状の繊維としたもの。

glass wool

27404

スラグウール

鉱さい綿,流動鉱さいを圧縮空気又は蒸気をもっ

slag wool


30

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

て小孔を通して吹き飛ばし,けい酸塩を繊維状と

したもの。

27405

鉱さい綿

こうさいめん

→スラグウール

27406

けい酸カルシウム

け い さん か るし

うむ

けい酸質粉末,石灰石綿繊維などを均一に配合し

蒸発反応によって製造したもの。

27407

ウレタンフォーム

ウレタン樹脂を発泡して作成した断熱材。基礎材

の種類により硬質,軟質がある。

urethane foam

27408

フォームポリスチ

レン

ポリスチロール樹脂を発泡して作成した断熱材。

foam polystyrene

27409

セラミックファイ

アルミナとシリカが約 1 : 1 の組成に配合した岩

石を溶融し,圧縮空気を吹き付けて繊維化したも

の。

ceramic fiber

27410

パーライト

黒輝石又は真珠岩を微細に砕き,1000℃以上に加

熱脱水したもの。

pearlite

(2.8)

燃焼設備

(2.8.1)

燃焼設備一般

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28101

燃焼装置

ね ん しょ う そう

燃料の燃焼を行うための装置。

combustion equipment

28102

燃焼室

ねんしょうしつ

燃料が燃焼する室。

combustion chamber,

furnace

28103

燃焼器

ねんしょうき

ガスタービンなどで燃料の燃焼を行う構成部分。

combustor

28104

バーナ

液体又は気体状の燃料を燃焼室内に送り込む装

置。

burner

28105

ターンダウン比

たーんだうんひ

バーナの本数又はチップを変更することなしに

とり得る負荷の調整可能範囲。

turn down ratio

28106

専焼装置

せ ん しょ う そう

1

種類の燃料だけを燃焼させる装置。

mono-fuel combustion

equipment

28107

混焼装置

こ ん しょ う そう

2

種類以上の燃料を同時に燃焼させる装置。

multi-fuel combustion

equipment

28108

壁面バーナ燃焼

へ き めん ば ーな

ねんしょう

壁面にバーナを配置して燃焼を行う方式。

wall firing

28109

タンジェンシャル

燃焼

た ん じぇ ん しゃ

るねんしょう

火炉の四すみで同一高さから火炉中央の仮想円

に対して接線方向にバーナを向け燃焼を行う方

式。

tangential firing

28110

一次空気

いちじくうき

燃焼に使用する空気のうち,最初に燃料に接触し

て燃焼にあずかる空気。

primary air

28111

二次空気

にじくうき

燃焼に際して,二次的に供給され,主として燃焼

にあずかる空気。

secondary air

28112

振動燃焼

し ん どう ね んし

ょう

燃焼室内気体の固有振動に燃焼過程が共振して

起こす自励振動。

oscillating combustion

28113

息づき燃焼 

(脈動燃焼)

い き づき ね んし

ょう(みゃくどう

ねんしょう)

不安定な燃焼に起因する燃焼量や燃焼室内圧力

の変動。

pulsating combustion

28114

さか火

さかび

息づき燃焼や小爆発に伴って起こる燃焼室から

の火炎のもどりや逸出。

back fire

28115

保炎器

ほえんき

火炎が定常的に同じ位置から発達し,安定した燃

flame holder,


31

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

焼をさせるための装置。

flame stabilizer

(2.8.2)

気体燃料燃焼装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28201

ガスホルダ

ガスを貯蔵しておく装置。

gas holder

28202

ガス配管

がすはいかん

燃料ガスを輸送する配管。

gas piping

28203

プレミックスバー

ガスと空気を事前に混合させて燃焼させるバー

ナ。

premixing burner

28204

ノズルミックスバ

ーナ

ガスと空気をバーナの先端で混合させながら燃

焼させるバーナ。

nozzle mixing burner

28205

拡散バーナ

かくさんばーな

気体燃焼と空気を別の口から噴き出して燃焼室

内で混合して燃焼させるバーナ。

diffusion burner

28206

外部混合バーナ

が い ぶこ ん ごう

ばーな

→拡散バーナ

28207

ガスポート

拡散バーナで気体燃料を低速で噴き出すときの

噴出口。

gas port

28208

トンネルバーナ

管状部で気体燃料を燃焼させてから燃焼室内に

噴き出すバーナ。

tunnel burner

(2.8.3)

液体燃料燃焼装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28301

貯蔵タンク 

(貯油タンク)

ち ょ ぞう た んく

(

ちょゆたんく)

燃料を貯蔵するためのタンク。

storage tank

28302

給油タンク

きゅうゆたんく

油をバーナに供給しやすくするため,一時蓄えて

おく小容量のタンク。

service tank

28303

油ポンプ

あぶらぽんぷ

油を輸送するための昇圧装置。

oil pump

28304

送油ポンプ

そうゆぽんぷ

油をタンクへ送るポンプ。

oil transfer pump

28305

噴燃ポンプ

ふんねんぽんぷ

油をタンクからバーナへ送るポンプ。

oil feed pump

28306

油こし器

あぶらこしき

油をろ過する器具。

oil strainer

28307

油加熱器

あぶらかねつき

油を加熱する装置。

oil heater

28308

霧化器

むかき

噴霧燃焼のために液体燃料を微粒化する装置。

atomizer

28309

油ノズル

あぶらのずる

油の吹出口。

oil nozzle

28310

チップ

噴出口の先端部。

tip

28311

噴霧角度

ふんむかくど

噴霧の流れの開く角度。

spray angle

28312

噴霧粒径

ふ ん むり ゅ うけ

噴霧された油の粒の大きさ。

atomized particle size

28313

油圧噴霧式油バー

ゆ あ つふ ん むし

きあぶらばーな

油圧エネルギーだけで油を霧化する形式の油バ

ーナ。

pressure jet type oil

burner

28314

低圧空気噴霧式油

バーナ

て い あつ く うき

ふ ん むし き あぶ

らばーな

油の霧化を比較的低圧の空気で行う形式の油バ

ーナ。

low pressure air

atomizing oil burner

28315

高圧気流噴霧式油

バーナ

こ う あつ き りゅ

う ふ んむ し きあ

ぶらばーな

比較的高圧の空気又は蒸気を用いて油の霧化を

行う形式の油バーナ。

steam or air atomizing

oil burner

28316

内部混合形高圧気

流噴霧式油バーナ

な い ぶこ ん ごう

が た こう あ つき

り ゅ うふ ん むし

きあぶらばーな

バーナの内部で,油と空気又は蒸気を混合した後

に噴霧をする形式の高圧気流噴霧式油バーナ。

intermixing type oil

burner


32

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28317

外部混合形高圧気

流噴霧式油バーナ

が い ぶこ ん ごう

が た こう あ つき

り ゅ うふ ん むし

きあぶらばーな

バーナの外部で,油を空気又は蒸気で噴霧する形

式の高圧気流噴霧式油バーナ。

injector atomizer,

steam or air jet type oil

burner

28318

ロータリーバーナ

(回転式油バー

ナ)

( か いて ん しき

あぶらばーな)

バーナ先端部の霧化筒又は円板の回転による遠

心力と空気流で油の霧化を行う形式の油バーナ。

rotary oil burner

(2.8.4)

固体燃料燃焼装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28401

貯炭場

ちょたんば

石炭を蓄えておく場所。

coal yard

28402

石炭コンベヤ

せ き たん こ んべ

石炭を連続的に輸送する帯状の装置。

coal conveyor

28403

給炭機

きゅうたんき

石炭を供給する装置。

coal feeder

28404

石炭クラッシャ

せ き たん く らっ

しゃ

石炭を適当な大きさに破砕する機械。

coal crusher

28405

微粉炭機 

(微粉砕機)

びふんたんき

(

びふんさいき)

石炭を微粉砕する装置。

coal pulverizer

28406

火格子燃焼装置

ひ ご うし ね んし

ょうそうち

塊状,粉状の固体燃料を積んだものの中に火格子

を通し,空気を吹き込んで燃焼させる装置。

stoker firing equipment

28407

微粉炭燃焼装置

び ふ んた ん ねん

しょうそうち

固体燃料を微粉砕し,空気に乗せて燃焼室に送り

込んで燃焼させる装置。

pulverized fuel firing

system

28408

流動層燃焼装置

り ゅ うど う そう

ね ん しょ う そう

固体燃料を流動状態で燃焼させる装置。

fluidized bed combustor

28409

固定火格子

こていひごうし

火格子棒を一定の間隔で水平に並べて,その上で

固体燃料を燃焼させる火格子。

fixed grate

28410

傾斜火格子

け い しゃ ひ ごう

固定火格子を傾斜させたもの。燃料は重力で火格

子をずり落ちながら燃焼する。

inclined grate

28411

階段火格子

か い だん ひ ごう

階段状に重ねた火格子。

step grate

28412

転覆火格子

て ん ぷく ひ ごう

火格子面上に灰がたい積したとき,火格子を傾け

て灰を灰だめに落とす形式の火格子。

dumping grate

28413

揺動火格子

よ う どう ひ ごう

火格子棒又は火格子片をある角度で揺り動かし

て灰を落下させたり燃料を下方へ送る火格子。

rocking grate

28414

移床ストーカ

い し ょう す とー

火格子面上に灰がたい積したとき,火格子を傾け

て灰を灰だめに落とす形式の火格子。

travelling grate stoker

28415

チェーングレート

ストーカ

鎖状の送り火格子であるが,我が国では移床スト

ーカの俗称。

chain grate stoker

28416

下込めストーカ

し た ごめ す とー

燃焼している固体燃料の下から機械的に固体燃

料を供給するストーカ。

under feed stoker

28417

散布式ストーカ

さ ん ぷし き すと

ーか

固体燃料を火格子の上に機械的に散布して燃焼

させる装置。

spreader stoker

28418

階段火格子ストー

か い だん ひ ごう

しすとーか

階段火格子を往復運動させて燃料を下方へ送り

ながら燃焼させる装置。

step grate stoker

28419

ボールミル

回転する円筒内に多数の鋼球を入れ,その間の運

動で燃料をすりつぶす微粉砕機。円筒の長いもの

をチューブミルという。

ball mill,

tube mill


33

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28420

皿形ミル

さらがたみる

鋼製の受皿の上に軸にはまった環状のものを転

がすことで燃料をすりつぶす微粉砕機。

bowl mill

28421

ローラミル

回転するローラとリング内面との間で原料を押

しつぶすことにより粉砕を行う機械。

roller mill

28422

リングボールミル

2

枚の円環状のものの間に鋼球をはさみ,円環が

相対的に回転することによって鋼球を転がして

燃料をすりつぶす微粉砕機。

ring ball mill

28423

スクリュー給炭機

す く りゅ ー きゅ

うたんき

管の中にはめたねじ形のものを回転させること

によって石炭を送る装置。

screw feeder

28424

テーブル給炭機

て ー ぶる き ゅう

たんき

燃料ホッパの下に板を回転させることにより継

続的に一定量の石炭を送り出す装置。

table feeder

28425

旋回式バーナ

せ ん かい し きば

ーな

微粉炭と空気を共に旋回させて混合し,燃焼させ

るバーナ。

circular burner

28426

交差式バーナ

こ う さし き ばー

微粉炭と空気とをいくつかのポートから交差す

るように噴出させて混合し,燃焼させるバーナ。

intertube burner

(2.8.5)

空気供給及び通風装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28501

自然通風

しぜんつうふう

煙突の作用だけで通風を行うこと。

natural draft

28502

押込み通風

お し こみ つ うふ

送風機などを利用して強制的に空気を押し込ん

で行う通風方法。

forced draft

28503

強制通風

き ょ うせ い つう

ふう

→押込み通風

28504

吸出し通風

す い だし つ うふ

送風機などを利用して排気を強制的に吸引して

行う通風方法。

induced draft

28505

誘引通風

ゆ う いん つ うふ

→吸出し通風

28506

平衡通風

へ い こう つ うふ

押込み及び吸出し通風を同時に行い,燃焼室内圧

力を大気圧近くに保持する通風方法。

balanced draft

28507

煙道

えんどう

排ガスを輸送するための通路。

gas flue

28508

煙突

えんとつ

排ガスを大気に放出する筒。

stack

28509

押込送風機

お し こみ そ うふ

うき

空気を燃焼室に押込む送風機。

forced draft fan

28510

吸出し送風機

す い だし そ うふ

うき

燃焼排ガスを吸引して排出させる送風機。

induced draft fan

28511

誘引送風機

ゆ う いん そ うふ

うき

→吸出し送風機。

28512

送風管

そうふうかん

燃焼用空気を送る管。

air duct

28513

煙道ダンパ

えんどうだんぱ

煙道の排ガス通路を遮って燃焼ガス量を調節す

る器具。

stack damper

28514

エアレジスタ

燃焼用の空気を,燃焼に適した流れ及び量に整え

て空気ノズルに送り込む部分。

air resister

28515

旋回翼

せんかいよく

火炎の安定化と火災の形状を最適にするため,空

気又はガスに旋回を与える羽根。

swirler

28516

案内羽根

あんないばね

空気又はガスに整流を与える羽根。

guide vane

28517

ディフューザ

バーナ先端に取り付けられた円形の保炎装置。

diffuser

28518

渦巻室

うずまきしつ

燃焼用空気ダクトが接線方向に取り付けてある

エアレジスタ。

scroll chamber


34

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28519

バーナタイル

バーナの燃焼孔に置く耐火物。

burner tile

(2.8.6)

安全及び制御装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28601

プレパージ

点火前に,炉内又は燃焼室から残留ガスを排除す

ること。

pre-purge

28602

ポストパージ

燃焼停止後に,炉内又は燃焼室から残留ガスを排

除すること。

post-purge

28603

自動発停制御装置

じ ど うは っ てい

せいぎょそうち

自動的に設備を起動停止する制御装置。

automatic start-stop

controller

28604

火炎検出器

か え んけ ん しゅ

つき

火炎の有無を検出する機器。

flame detector

28605

点火装置

てんかそうち

電気火花,点火バーナ等を用いて燃料を燃焼室に

供給し始めるときに点火するための装置。

ignitor

28606

点火バーナ

てんかばーな

主バーナに点火する小形のバーナ。

ignition burner

28607

爆発とびら

ばくはつとびら

炉内爆発の起こったとき,内部ガス圧力を逃がす

安全とびら。

explosion door

28608

燃焼制御装置

ね ん しょ う せい

ぎょそうち

熱設備に供給される燃料量と空気量を制御し,し

かも空燃比を最適に保つ装置。

automatic combustion

control system

28609

空燃比制御装置

く う ねん ひ せい

ぎょそうち

燃焼室に供給される燃料量と空気量の比を一定

に保つ装置。

air-fuel ratio control

system

(2.8.7)

排ガス処理装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

28701

集じん器

しゅうじんき

燃焼排ガス中の固体微粒子を捕集する装置。

dust collector

28702

サイクロン集じん

さ い くろ ん しゅ

うじんき

ガスに旋回を与えて遠心力で微粒子を分離する

集じん器。

cyclone separator

28703

マルチサイクロン

集じん器

ま る ちさ い くろ

んしゅうじんき

サイクロン集じん器を多段並列に置いて処理ガ

ス量を大きくしたもの。

multi-cyclone dust

collector

28704

電気集じん器

で ん きし ゅ うじ

んき

静電気力によって微粒子を電極板上に捕集する

装置。

electrostatic precipitator

28705

排煙脱硫装置

は い えん だ つり

ゅうそうち

燃焼排ガス中の硫黄酸化物を除去する装置。

exhaust gas desulfurizer

28706

排煙脱硝装置

は い えん だ っし

ょうそうち

燃焼排ガス中の窒素酸化物を除去する装置。

exhaust gas denitrizer

(2.9)

熱動力設備及び熱設備

(2.9.1)

動力発生設備

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29101

蒸気原動機

じ ょ うき げ んど

うき

蒸気を発生する装置及び蒸気のもつエネルギー

を機械的又は電気的エネルギーに変える装置。

steam power plant

29102

蒸気タービン

じ ょ うき た ーび

適当に設けられた流路中で,蒸気を連続的に膨張

させることによって蒸気の保有する熱エネルギ

ーを羽根車を介して機械的エネルギーとして取

り出す装置。

steam turbine

29103

復水タービン

ふ く すい た ーび

蒸気をタービン内で十分低圧まで膨張させ,その

排気を復水器に戻し復水させるタービン。

condensing turbine


35

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29104

抽気復水タービン

ち ゅ うき ふ くす

いたーびん

復水タービンの中間段から蒸気を抽出し,これを

工場用その他に利用するタービン。

condensing extraction

turbine

29105

背圧タービン

は い あつ た ーび

タービン出口の排気を工場用その他に利用する

タービン。

back pressure turbine

29106

抽気背圧タービン

ち ゅ うき は いあ

つたーびん

タービンの中間段から蒸気を抽出し,この抽気及

び排気を工場用その他に利用するタービン。

back pressure extraction

turbine

29107

ランキンサイクル

ボイラで発生した蒸気をタービン内で膨張を利

用して復水器で復水させ,給水ポンプでボイラに

送還するサイクルで,気体,液体の相変化を利用

する熱機関の最も単純な基本となるサイクル。

Rankine cycle

29108

再熱サイクル

さ い ねつ さ いく

ランキンサイクルの膨張過程の中間で蒸気の再

加熱を行うことによって,熱効率の向上とタービ

ン低圧段落による蒸気湿り度の軽減を

ったサ

イクル。

reheat cycle

29109

再生サイクル

さ い せい さ いく

ランキンサイクルの膨張過程において蒸気の一

部を抽出し,それを給水予熱に利用することによ

って,熱効率の向上を図ったサイクル。

regenerative cycle

29110

ガスタービン

気体を圧縮,加熱し,連続的に膨張させ,その保

有する熱エネルギーで回転させて,機械的エネル

ギーを取り出す装置。

gas turbine

29111

内燃機関

ないねんきかん

燃料の燃焼が装置の燃焼室内で直接行われる機

関。

internal combustion

engine

29112

ガソリン機関

がそりんきかん

空気とガソリンを混合し,圧縮後にその混合気が

電気火花によって点火される内燃機関。

gasoline engine

29113

ディーゼル機関

で ぃ ーぜ る きか

空気の圧縮熱によって燃料がみずから着火する

内燃機関。

Diesel engine

(2.9.2)

冷凍機及びヒートポンプ

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29201

圧縮式冷凍機

あ っ しゅ く しき

れいとうき

冷媒を密閉ループ内で機械的に圧縮,膨張,蒸発

のサイクルを行い,その相変化に伴う冷却効果を

利用する冷却装置。

compression

refrigerating machine

29202

吸収式冷凍機

き ゅ うし ゅ うし

きれいとうき

冷媒溶液を加熱し,圧力の高い蒸気として,冷却

液化後減圧し,低温で蒸気に変化するときの冷却

効果を利用する冷却装置。

absorption refrigerating

machine

29203

ヒートポンプ 

(熱ポンプ)

(ねつぽんぷ)

熱媒体の相変化を利用し,低温側からくみ上げた

熱を高温側で利用する目的で使用される装置。

heat pump

29204

蓄熱槽

ちくねつそう

液体又は固体を内蔵し,その顕熱,潜熱又は化学

反応を利用して一時的に熱を蓄える容器。

heat storage tank

29205

動作係数

どうさけいすう

冷凍機,ヒートポンプなどで冷却,加熱に利用さ

れる熱量と外部から与えた仕事量との比。

coefficient of

performance

29206

成績係数

せ い せき け いす

→動作係数

(2.9.3)

ボイラ及び蒸気配管

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29301

炉筒ボイラ

ろとうぼいら

ボイラ胴に炉筒を設けて,この中に燃焼ガスを通

して蒸発させるボイラ。

flue boiler


36

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29302

煙管ボイラ

えんかんぼいら

ボイラ内に燃焼ガスの通路となる多数の煙管を

設けてあるボイラ。

smoke tube boiler

29303

炉筒煙管組合せボ

イラ

ろ と うえ ん かん

く み あわ せ ぼい

炉筒と煙管の両方を組み合わせたボイラ。

flue and smoke tube

boiler

29304

立てボイラ

たてぼいら

ボイラ胴を垂直にしたボイラ。

vertical boiler

29305

直管式水管ボイラ

ち ょ っか ん しき

すいかんぼいら

真直ぐな水管群を主体としたボイラ。

straight water tube

boiler

29306

曲管式水管ボイラ

き ょ くか ん しき

すいかんぼいら

曲水管群を主体としたボイラ。

bending water tube

boiler

29307

放射ボイラ

ほうしゃぼいら

燃焼熱を吸収するのに放射による伝熱を主とす

る構造のボイラ。

radiant boiler

29308

自然循環ボイラ

し ぜ んじ ゅ んか

んぼいら

水管内を気泡を含んだ熱水の浮力だけで循環さ

せる形式のボイラ。

natural circulation boiler

29309

強制循環ボイラ

き ょ うせ い じゅ

んかんぼいら

ボイラ水をポンプで強制的に水管中を循環させ

るボイラ。

forced circulation boiler

29310

貫流ボイラ

か ん りゅ う ぼい

給水を管の一端からポンプで押し込み,管の他端

から蒸気を取り出すボイラ。

once-through boiler

29311

鋳鉄ボイラ

ち ゅ うて つ ぼい

鋳鉄製のセクションを気密に組み合わせて構成

したボイラ。

cast iron boiler

29312

安全弁

あんぜんべん

ボイラの蒸気圧力が規定圧力以上になったとき,

蒸気を外部に吹き出して過度の圧力上昇を避け

るための弁。

safety valve

29313

鏡板

かがみいた

ボイラ胴の端面を構成する板。

end plate

29314

気水分離器

きすいぶんりき

ボイラから発生した湿り飽和蒸気中の水分を除

去する装置。

steam separator

29315

過熱器

かねつき

ボイラ伝熱部の一つで,飽和蒸気を加熱して過熱

蒸気とするもの。

superheater

29316

再熱器

さいねつき

ボイラ伝熱部の一つで,タービンで一度膨張した

蒸気を再加熱するもの。

reheater

29317

エコノマイザ

ボイラ伝熱部の一つで,給水を予熱するもの。

economizer

29318

空気予熱器

くうきよねつき

ボイラ排ガスの顕熱を回収して燃焼用空気を予

熱する装置。

air preheater

29319

蒸気式空気予熱器

じ ょ うき し きく

うきよねつき

ボイラ発生蒸気又は蒸気タービンの抽気を用い

て燃焼用空気を予熱する装置。

steam type air preheater

29320

給水

きゅうすい

ボイラへ供給する水。

feed water

29321

軟化装置

なんかそうち

水中のカルシウムイオン及びマグネシウムイオ

ンを除去するための装置。

softener

29322

純水装置

じ ゅ んす い そう

水中の塩類イオンを除去する装置。

deionizer

29323

脱気器

だっきき

水中に溶解している気体を除去する装置。

deaerator

29324

デアレータ

→脱気器

29325

給水ポンプ

き ゅ うす い ぽん

給水をボイラへ送り込むポンプ。

boiler feed pump

29326

インゼクタ

ボイラ蒸気をノズルから吹き出すことによる吸

引作用で給水をボイラに供給する装置。

injector

29327

ボイラ清浄剤

ぼ い らせ い じょ

うざい

水に起因するボイラのスケール付着,腐食又はキ

ャリーオーバーなどの障害を防止するために給

水又はボイラ水に直接添加する薬剤類。

boiler compounds


37

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29328

清かん剤

せいかんざい

→ボイラ清浄剤

29329

脱酸素剤

だつさんそざい

水中の溶存酸素を除去するためにボイラの給水

に添加される薬剤。

oxygen scavenger

29330

かまどろ調節剤

か ま どろ ち ょう

せつざい

ボイラ内のかまどろを微細にし,吹出しによりボ

イラ外に排出しやすいようにする作用を持つ薬

剤。

sludge conditioning

chemicals

29331

減圧弁

げんあつべん

弁出口の圧力が自動的に一定となるような調節

機能を備えた弁。

reducing valve

29332

膨張継手

ぼ う ちょ う つぎ

蒸気配管の熱膨張をその中に取り込んで,大きな

熱応力の発生を防ぐための継手。

expansion joint

29333

ドレン

蒸気の輸送途中の放熱や蒸気による加熱装置で

凝縮して生成した水。

drain

29334

蒸気トラップ

じ ょ うき と らっ

蒸気を排出することなしに蒸気配管中のドレン

を自動的に排出する装置。

steam trap

29335

ドレン回収装置

ど れ んか い しゅ

うそうち

排出されたドレンを集めてボイラ給水等に利用

するための装置。

drain recovery system

29336

蒸気アキュムレー

じ ょ うき あ きゅ

むれーた

ボイラの低負荷時に余剰の熱量を蓄熱媒体であ

る水に蓄積しておく容器で,過負荷時又は応急時

等にこの熱量を利用するもの。

形式には変圧式と定圧式とがある。

steam accumulator

(2.9.4)

工業用炉

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29401

連続加熱炉

れ ん ぞく か ねつ

被加熱物を炉内で移動させて,連続的又は順次加

熱する炉。

continuous heating

furnace

29402

バッチ加熱炉

ばっちかねつろ

被加熱物を定位置で加熱する炉。

batch type heating

furnace

29403

シャフト炉

しゃふとろ

原料などを上部から入れ,炉内で乾燥,焼成,還

元など行い,下部から取り出す堅形の炉。

shaft kiln

29404

ロータリーキルン

一方から原料を挿入して,他方から製品を連続的

に取り出すこう配をつけた円筒状回転炉。

rotary kiln

29405

直火炉

ちょっかろ

燃焼ガスが被加熱物に直接接触する炉。

direct heating furnace

29406

マッフル炉

まっふるろ

耐熱性の室又は容器に被加熱物を入れて,その周

囲に燃焼ガスを流して間接的に加熱する炉。

muffle furnace

29407

トンネルキルン

被加熱物をトンネル形の窯内を移動させて加熱,

冷却を連続的又は順次に行う炉。

tunnel kiln

29408

高炉

こうろ

鉄鉱石を熱風で溶解製錬して銑鉄をつくる高い

シャフト炉。

blast furnace

29409

キュポラ

銑鉄や鉄くずを溶解して鋳鉄鋳物をつくるシャ

フト炉。

cupola

29410

転炉

てんろ

溶銑を炉内に入れ,酸素などの酸化性ガスを吹き

込んで鋼をつくる洋なし(梨)型の炉。

converter

29411

平炉

へいろ

銑鉄と鉄くずを燃焼ガスと天井れんがの放射熱

によって加熱,溶解,製錬して,鋼をつくる炉。

open hearth furnace

29412

均熱炉

きんねつろ

鋼塊を均一に加熱するバッチ式加熱炉。

soaking pit

29413

乾式キルン

かんしききるん

セメント焼成用キルンで原料を乾燥状態で供給

するキルンの総称。余熱ボイラをもつもの,予熱

器をもつものがある。

dry process kiln


38

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29414

湿式キルン

しっしききるん

セメント焼成用キルンで原料を水にぬれた状態

で供給するキルンの総称。湿式ロングフィルタで

水分を減じ,ケーキ状にしてキルンに供給する湿

式フィルタ付きのもの及びこれに余熱ボイラを

付加したものがある。

wet process kiln

29415

半乾式キルン

は ん かん し きき

るん

セメント焼成用キルンで乾燥原料に若干の水を

加えてペレットにして移動床(レポールプレヒー

タ)上で熱交換し,キルンに供給するもの。

semi-dry process kiln

29416

SP

キルン

えすぴーきるん

セメント焼成用キルンで原料を浮遊式の予熱器

で熱交換し,キルンに供給するもの。

dry process kiln with

suspension preheater

29417

NSP

キルン

え ぬ えす ぴ ーき

るん

セメント焼成用 SP キルンに仮焼装置を付けたも

ので,予熱器で熱交換した原料を仮焼装置で

CaCO

3

の分解率を高めてキルンに供給するもの。

dry process kiln with

suspension preheater

and precalciner

29418

ガラスるつぼ炉

がらするつぼろ

ガラスの原料をるつぼに入れて加熱,溶解してガ

ラスをつくるバッチ式加熱炉。

glass crucible furnace

29419

ガラスタンク炉

がらすたんくろ

ガラス原料を燃焼ガスと天井れんがの放射熱に

よって加熱溶解して,連続的にガラスをつくる

炉。

glass tank furnace

29420

丸がま

まるがま

陶磁器,研削と(砥)石,耐火物等の焼成によく

用いられる丸形の不連続単独がま。

round kiln

29421

角がま

かくがま

陶磁器,研削と(砥)石,耐火物等の焼成によく

用いられる長方形の不連続倒炎単独がま。天井

は,かまぼこ形である。

rectangular kiln

29422

登りがま

のぼりがま

古くから美術工芸品の焼成に用いられる半連続

がまで傾斜地に築かれ,被熱物は各室に詰められ

最下段の室の焼成から始まり,燃焼ガスは順次上

方の各室を通って煙突に抜ける構造のかま。

ascending kiln

29423

輪がま 

(リングキルン)

わがま

(

リングキルン)

1858

年ホフマン氏によって発明された連続がま。

被熱物は静止のままで焼成帯の位置が移動して

行く方式のもの。

ring kiln

29424

倒炎がま

とうえんがま

陶磁器,耐火物の焼成に用いられ,たき口で発生

した火炎が側壁と火橋の間を上昇し,天井から被

熱物の間を下降し,炉床の穴から煙道に抜ける方

式のかま。

down draft kiln

29425

昇炎がま

しょうえんがま

たき口で発生した火炎が,火床又は焼成室下部か

ら被熱物を加熱しながら上昇し,炉頂部から排出

される方式のかま。

up draft kiln

29426

単独がま

たんどくがま

角がまや丸がまのような不連続式のかまのこと。

single kiln

29427

連続がま

れんぞくがま

1

基のかまの各部で予熱焼成,冷却を同時に連続

的に行い,焼成品保有熱は燃焼用空気予熱に,焼

成部の高温排ガスは被焼成品の予熱と素地の乾

燥に利用する方式。

continuous kiln

29428

直接加熱乾燥炉

ち ょ くせ つ かね

つかんそうろ

加熱した空気又は燃焼ガスを被乾燥材に直接接

触させて乾燥する炉。

direct heating dryer

29429

間接加熱乾燥炉

か ん せつ か ねつ

かんそうろ

伝熱面によって被乾燥材を間接的に乾燥する炉。

indirect heating dryer

29430

コークス炉

こーくすろ

コークスをつくる炉。

coke oven

29431

アーク炉

あーくろ

電極と溶解原料の間にアーク加熱を生じさせて

加熱溶解及び精錬する電気炉。

electric arc furnace


39

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29432

高周波誘導炉

こ う しゅ う はゆ

うどうろ

高周波誘導加熱によって加熱又は溶融する電気

炉。

high frequency

induction furnace

29433

低周波誘導炉

て い しゅ う はゆ

うどうろ

低周波誘導加熱によって加熱又は溶融する電気

炉。

low frequency induction

furnace

29434

抵抗炉

ていこうろ

抵抗加熱で加熱又は溶解する電気炉。

electric resistance

furnace

(2.9.5)

化学装置

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29501

還流

かんりゅう

蒸留操作において分離された蒸気を凝縮し,その

一部又は全部を再び蒸留装置にもどすこと。

還流量  (L

R

)

と留出量  (D)  との比を還流比とい

う。

reflux

29502

単蒸留

た ん じょ う りゅ

蒸留原液からの発生蒸気を全量凝縮し,残留液と

分離する蒸留操作。

simple distillation

29503

精留

せいりゅう

精留塔で凝縮液の一部を還流させ,塔内で気液の

向流接触を繰り返し,目的成分の分離精度をあげ

る蒸留操作。

fraction

29504

水蒸気蒸留

す い じょ う きじ

ょうりゅう

蒸留原液に水又は水蒸気を加えて目的成分を分

離する蒸留操作。

steam distillation

29505

減圧蒸留

げ ん あつ じ ょう

りゅう

蒸留原液の沸点を低下させる目的で減圧下で行

う蒸留操作。

vacuum distillation

29506

共沸蒸留

き ょ うふ つ じょ

うりゅう

蒸留原液に第三成分を加えて目的成分との共沸

物を作ることにより目的成分を分離する蒸留操

作。

azeotropic distillation

29507

抽出蒸留

ち ゅ うし ゅ つじ

ょうりゅう

蒸留原液に不揮発性で目的成分と親和力の大き

い第三成分を加え,目的成分を分離する蒸留操

作。

extractive distillation

29508

分解蒸留

ぶ ん かい じ ょう

りゅう

重油や軽油を適当な条件下で種々の方法で熱分

解し,生成ガスを蒸留塔でガス成分と目的成分油

に分離する蒸留操作。

cracking distillation

29509

単一(蒸発)缶

たんいつ(じょう

はつ)かん

溶液又はスラリーを加熱し溶媒を蒸気として分

離する単一の蒸発缶から成る蒸発装置。

single evaporator

29510

多重効用缶

た じ ゅう こ うよ

うかん

2

個以上の蒸発缶を直列に連結し,各缶の発生蒸

気を次の蒸発缶の加熱に利用する蒸発装置。

multi-effect evaporator

29511

蒸気圧縮式蒸発缶

じ ょ うき あ っし

ゅ く しき じ ょう

はつかん

蒸発缶で発生した蒸気を圧縮,昇温し,再び同じ

蒸発缶の加熱に利用する蒸発装置。

thermo-compression

evaporator

29512

多段フラッシュ蒸

発装置

た だ んふ ら っし

ゅ じ ょう は つそ

うち

加熱原液を直列に連結したフラッシュ室(自己蒸

発)を通し,順次膨張させながら熱の回収を行い,

分離蒸気と濃縮液を分離する装置。

multi-flash evaporator

29513

精留塔

せいりゅうとう

精留操作に用いられる塔状の蒸留装置。蒸発缶及

び凝縮器を附属する。

rectifier,

fractionator

(石油)

29514

凝縮器

ぎょうしゅくき

蒸気を冷却して凝縮させる装置。

condenser

29515

分縮器

ぶんしゅくき

発生蒸気の冷却温度を調節し,一部だけが凝縮

し,精留塔塔頂に還流させる凝縮装置。

partial coodenser

29516

リボイラ

精留塔の蒸発缶液の一部を抜き出し,加熱して再

び蒸留塔底部に送り込む加熱器。

reboiler


40

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29517

乾燥速度

かんそうそくど

材料の蒸発単位面積当たり単位時間の蒸発量又

は単位時間の含水率の減少で表される。含水率と

乾燥速度との関係を示す曲線を乾燥曲線という。

drying rate

29518

含水率

がんすいりつ

材料の無水重量に対する材料中の含水量の比。

water (moisture) content

29519

箱形乾燥器

は こ がた か んそ

うき

多くの棚段から成る箱形の容器内に材料を静置

し,熱気流又は減圧によって乾燥する装置。

tray dryer

29520

ドラム乾燥器

ど ら むか ん そう

1

個又は 2 個の加熱された回転ドラム上に液状又

は泥状の材料を薄膜状に供給して乾燥する装置。

drum dryer

29521

回転乾燥器

か い てん か んそ

うき

容器自体の回転によって材料をかき混ぜ,回転体

の外部加熱又は熱流体による内部加熱によって

乾燥する装置。

rotary dryer

29522

噴霧乾燥器

ふ ん むか ん そう

溶液や泥状流体を微細な液滴に分散し,これに高

温ガスを接触させて乾燥する装置。

spray dryer

29523

気流乾燥器

き り ゅう か んそ

うき

粉粒体材料に熱気流を送り,粒子を浮遊状態で搬

送しながら乾燥させる装置。

flash dryer

29524

バンド乾燥器

ば ん どか ん そう

乾燥室内にベルト又はスクリューコンベヤを設

け,材料を移動させながら熱気流により乾燥する

装置。

band dryer

29525

流動層乾燥器

り ゅ うど う そう

かんそうき

熱気流中に材料粒子を流動させながら乾燥する

装置。

fluidized-bed dryer

29526

凍結乾燥器

と う けつ か んそ

うき

材料を冷凍機で凍結した後,減圧下で昇華により

脱水乾燥する装置。

freeze dryer

29527

赤外線乾燥器

せ き がい せ んか

んそうき

赤外線により加熱し乾燥する装置。

infrared dryer

29528

槽形反応器

そ う がた は んの

うき

かくはん機が付けられ,熱交換のためジャケット

やコイルが設けられている槽形の反応器。

vessel type reactor

29529

管形反応器

か ん がた は んの

うき

単管又は並列の多管からなり,ジャケット又は多

管形の熱交換器が設けられている反応器。

tubular type reactor

29530

塔形反応器

と う がた は んの

うき

熱交換用のジャケットが設けられている垂直円

筒形反応器。

tower type reactor

29531

流動層反応器

り ゅ うど う そう

はんのうき

触媒又は反応物質の固体粒子を底部から吹き込

む流体の反応物質により流動させながら反応さ

せる反応器。

fluidized-bed reactor

29532

ガス化

がすか

固体又は流体燃料に酸素,水蒸気などのガス化剤

を反応させ,水素,一酸化炭素又はメタンを主成

分とするガスを製造する反応。

gasification

29533

改質

かいしつ

石油系燃料の品質を向上すること。無触媒の場合

を熱改質,触媒使用の場合を接触改質という。

reforming

29534

乾留

かんりゅう

固体燃料を空気を遮断して加熱し,熱分解により

ガス,固体生成物及び液体生成物を製造する反

応。

dry distillation,

 (carbonization)

29535

熱分解

ねつぶんかい

加熱により起こる分解をいう。固体又は液体燃料

を高温でガスと炭素成分の多い生成物に加熱分

解する反応。

thermal decomposition

(terminal cracking)

29536

接触分解

せ っ しょ く ぶん

かい

炭化水素を触媒を用いて行う分解反応。

catalytic cracking

29537

水素化分解

す い そか ぶ んか

炭化水素を高温高圧下で水素と反応させる熱分

解。

hydro-cracking

29538

水蒸気改質

す い じょ う きか

水蒸気を用いて石油系炭化水素を一酸化炭素と

steam reforming


41

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

いしつ

水素に分解する反応。

29539

部分燃焼

ぶ ぶ んね ん しょ

熱分解又は脱水素に必要な反応熱を,原料炭化水

素の一部を酸素又は空気による燃焼によって供

給する反応。

partial combustion

29540

外熱式加熱

が い ねつ し きか

ねつ

外部からの加熱により反応を進める加熱方式。

external heating process

29541

蓄熱式加熱

ち く ねつ し きか

ねつ

加熱期で蓄熱し,その熱を利用して間欠的に加熱

する方法。

regenerative heating

process

29542

部分燃焼式加熱

ぶ ぶ んね ん しょ

うしきかねつ

部分燃焼による熱で反応を進める加熱方式。

partial combustion

heating process

29543

自熱式加熱

じ ね つし き かね

発熱反応による熱で反応を進める加熱方式。

self heating process

(2.9.6)

熱交換器及び冷却設備

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29601

伝熱式熱交換器

で ん ねつ し きね

つこうかんき

伝熱面が金属板,管,れん(蓮)根状耐火れんが

等で構成され,高温流体の熱を壁を隔てて低温流

体に伝熱し,加熱する熱交換器の 1 形式

recuperator

29602

換熱器

かんねつき

→伝熱式熱交換器。

29603

再生式熱交換器

さ い せい し きね

つこうかんき

高温流体を通じて熱媒体を加熱し,バルブの切換

えなどにより同じ通路に低温流体を通じ,担熱体

の保有する熱によって低温流体を加熱する熱交

換器の 1 形式。

regenerative heat

exchanger

29604

蓄熱器

ちくねつき

→再生式熱交換器。

heat accumulator

29605

並流式熱交換器

へ い りゅ う しき

ねつこうかんき

熱交換器で伝熱を行う高温流体と低温流体が入

口から出口に同一方向をとって流れるもの。

parallel flow type heat

exchanger

29606

向流式熱交換器

こ う りゅ う しき

ねつこうかんき

高温,低温の 2 流体が反対方向に流れる方式の熱

交換器。

counter flow type heat

exchanger

29607

直交流式熱交換器

ち ょ くこ う りゅ

う し きね つ こう

かんき

高温,低温の 2 流体が直角方向に流れる方式の熱

交換器。

cross flow type heat

exchanger

29608

管形熱交換器

か ん がた ね つこ

うかんき

円筒又は管の中に 1 本又は多数の伝熱管を入れた

構造の熱交換器。

tubular type heat

exchanger

29609

板形熱交換器

ば ん がた ね つこ

うかんき

多数の板の端部にパッキングを挟み,圧着した構

造の熱交換器。薄い板の間げき(隙)を 1 枚おき

に流れる流体間で熱交換を行う。

plate type heat

exchanger

29610

放射熱交換器

ほ う しゃ ね つこ

うかんき

燃焼排ガスを内管を通し,その放射を利用して内

管と外管の狭いすき間を通過する空気を予熱す

る熱交換器。

radiation type heat

exchanger

29611

回転式熱交換器

か い てん し きね

つこうかんき

担熱体などの回転によって排ガスの熱を空気に

伝える熱交換器。

rotary type heat

exchanger

29612

蓄熱室

ちくねつしつ

再生式熱交換器の一種で,耐火物で構築した室の

中に耐火れんがを格子積みにしたものを充てん

してあり,通常 1 対を交互に用いる。

regenerator

29613

ひれ

加熱器や熱交換器等で伝熱面積を増加させる目

的で取り付けられるひれ状のもの。

fin

29614

ひれ付き管

ひれつきかん

伝熱面積を増加させるためにひれを取り付けた

パイプで,加熱器や熱交換器に用いられる。

fin tube


42

Z 9211-1982

参考

番号

用語

読み方

意味

対応英語

29615

廃熱ボイラ

はいねつぼいら

炉などの廃ガスなどの保有熱で加熱するボイラ。

waste heat boiler

29616

余熱ボイラ

よねつぼいら

→廃熱ボイラ。

29617

ヒートパイプ

アルミニウム,ステンレス鋼,銅などのパイプの

内側にガラス繊維や網状の細い銅線等でつくっ

たウイック材を張り,内部を減圧にし,フレオン,

アンモニア,水等の熱媒体の蒸気の移動と蒸発潜

熱の授受によって熱移動を行う装置。

heat pipe

29618

冷却塔

れいきゃくとう

木又は FRP 製の格子などを充てんした塔の上か

ら温水を流し,これを空気と向流又は直交流で接

触させて水を冷却する装置。

cooling tower

29619

噴水池

ふんすいち

屋外の貯水池の水面上で多数のノズルから水を

噴霧し,大気中への自然蒸発によって温水を冷却

する最も簡単な冷却装置。

spray pond

29620

冷水池

れいすいち

冷却塔,噴水等によって冷却した水をためる池。

cooling water pool

資源エネルギー部会  エネルギー管理用語専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

谷  下  市  松

幾徳工業大学

小  泉  睦  男

早稲田大学理工学部

奈  須  俊  和

資源エネルギー庁長官官房

檜  山  博  昭

資源エネルギー庁石炭部

林      俊  太

工業技術院標準部

佐々木  正  治

工業技術院公害資源研究所

矢  部  丈  夫

社団法人日本鉄鋼連盟原料部

富  田      実

東亜石油株式会社

宮  川      洋

東京大学工学部

穂  積  重  友

財団法人石炭技術研究所

村  上  哲  三

日本化学工業協会技術部技術課

神  谷  佳  男

東京大学工学部

坂  本  典  雄

日本石炭協会技術部

猪  俣      誠

社団法人日本瓦斯協会技術開発室

石  渡      宏

社団法人窯業協会

野  木  孝  次

社団法人セメント協会研究所技術部

朝  倉  英  二

社団法人日本ボイラ協会技術部

五月女  郁  雄

社団法人産業機械工業会

野  崎  幸  雄

財団法人省エネルギーセンター技術部

(事務局)

小  沢  祥  浩

工業技術院標準部材料規格課

宮  崎  正  治

工業技術院標準部材料規格課