>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  コンベヤ及び関連装置

1

3.1

  基本的性質の記号

1

3.2

  3.1 の記号の適用方法

2

3.3

  補助記号

2

3.4

  3.3 の補助記号の適用方法

3

3.5

  適用例

3

4

  クレーン,リフト,ホイスト及び材料扱いロボット

4

4.1

  基本的性質の記号

4

4.2

  4.1 の記号の適用方法

5

4.3

  補助記号

5

4.4

  4.3 の補助記号の適用方法

5

4.5

  適用例

5

5

  軌道及び関連装置

5

5.1

  基本的性質の記号

5

5.2

  5.1 の記号の適用方法

5

5.3

  補助記号

5

5.4

  5.3 の補助記号の適用方法

5

5.5

  適用例

5

6

  産業用トラック,車両及び貨物船

6

6.1

  基本的性質の記号

6

6.2

  6.1 の記号の適用方法

6

6.3

  補助記号

6

6.4

  6.3 の補助記号の適用方法

7

6.5

  適用例

7


Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準

原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS Z 8617

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS Z 8617-1

  第 1 部:一般事項及び索引

JIS Z 8617-2

  第 2 部:一般用途

JIS Z 8617-3

  第 3 部:接続及び関連装置

JIS Z 8617-4

  第 4 部:アクチュエータ及び関連装置

JIS Z 8617-5

  第 5 部:計測及び制御装置

JIS Z 8617-6

  第 6 部:計測及び制御機能

JIS Z 8617-7

  第 7 部:基本的機械部品

JIS Z 8617-8

  第 8 部:バルブ及びダンパ

JIS Z 8617-9

  第 9 部:ポンプ,コンプレッサ及びファン

JIS Z 8617-10

  第 10 部:フルードパワー変換器

JIS Z 8617-11

  第 11 部:熱輸送及び熱機関用の装置

JIS Z 8617-12

  第 12 部:分離,清浄及び混合用の装置

JIS Z 8617-13

  第 13 部:材料加工用装置

JIS Z 8617-14

  第 14 部:材料の輸送及び取扱い用の装置

JIS Z 8617-15

  第 15 部:据付け線図及びネットワークマップ


日本工業規格

JIS

 Z

8617-14

:2008

(ISO 14617-14

:2004

)

ダイヤグラム用図記号−

第 14 部:材料の輸送及び取扱い用の装置

Graphical symbols for diagrams

Part 14 : Devices for transport and handling of material

序文

この規格は,2004 年に第 1 版として発行された ISO 14617-14 を基に,技術的内容及び対応国際規格の

構成を変更することなく作成した日本工業規格である。

1

適用範囲

この規格は,材料の輸送及び取扱い用の装置のダイヤグラム用図記号(以下,図記号という。

)について

規定する。

図記号を作成及び適用するときの基本規則については,JIS Z 8222-1 を参照。

JIS Z 8617

規格群の概要,図記号を特定するための登録番号の構成方法及び使用方法に関する情報,そ

れらの図記号の表示方法及び適用方法,適用例などについては,JIS Z 8617-1 を参照。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 14617-14:2004

,Graphical symbols for diagrams−Part 14 : Devices for transport and handling of

material (IDT)

なお,対応の程度を表す記号 (IDT) は,

ISO/IEC Guide 21

に基づき,

一致していることを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8222-1

  製品技術文書に用いる図記号のデザイン−第 1 部:基本規則

注記  対応国際規格:ISO 81714-1:1999,Design of graphical symbols for use in the technical

documentation of products

−Part 1: Basic rules (IDT)

JIS Z 8617-1

  ダイヤグラム用図記号−第 1 部:一般事項及び索引

注記  対応国際規格:ISO 14617-1:2005,Graphical symbols for diagrams−Part 1: General information

and indexes (IDT)

3

コンベヤ及び関連装置

3.1

基本的性質の記号


2

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

3.1.1 3801

コンベヤ 
  R3801 (3.2.1)  及び R3802 (3.2.2)  参照。

3.1.2 3806 

じょうご(漏斗)形送り装置,ホッパ

3.1.3 3807 

ベーン形送りロータ

3.1.4 3808 

ターンテーブル

3.2

3.1

の記号の適用方法

3.2.1 R3801 

コンベヤの形が機能に対して重要であるならば,記号は別の形を用いてもよい。例えば,

X3805 (3.5.5)

及び X3811 (3.5.11)  を参照。

3.2.2 R3802 

一方向のコンベヤに対して,アスタリスク(*)が記号 241 (3.3.2)  で置き換えられる。逆回転コ

ンベヤのときは,アスタリスクが記号 245 (3.3.3)  で置き換えられる。 
同時に二方向で対象物を運搬することができるコンベヤ,例えば,ロープウエーに対して,
アスタリスクは記号 247 (3.3.4)  に置き換えられる。

3.3

補助記号

3.3.1 201 

調整機能

3.3.2 241 

一般に,方向,エネルギー及び信号の流れを除いたもの

3.3.3 245 

エネルギー及び信号の流れを除いて,一般的にはいずれ
か一方向

3.3.4 247 

同時に両方向

3.3.5 3061 

こう配 
注記  記号の傾斜線は,こう配の方向を示す。

3.3.6 3821 

ベルト式

3.3.7 3822 

階段スクレーパ付きベルト式

3.3.8 3823 

チェーン又はワイヤ駆動式

3.3.9 3824 

ローラ形

3.3.10 3825 

ロープウエー式,頭上式

3.3.11 3828 

バケット式

3.3.12 3830 

スクリュー式

3.3.13 3831 

振動式

3.3.14 3832 

重力式

3.3.15 3833 

ら旋重力(すべり)式

3.3.16 3834 

エスカレータ機能


3

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

3.4

3.3

の補助記号の適用方法

なし。

3.5

適用例

3.5.1 X3801 

3801, 241, 3821, CEI

電気モータによる一方向ベルトコンベヤ

3.5.2 X3802 

3801, 245

反転ベルトコンベヤ

3.5.3 X3803 

3801, 247

同時に双方向へ対象物を運搬することができるコンベ

3.5.4 X3804 

201, 241, 2013, 3061, 3801, 3822

こう配角度調整可能な階段スクレーパ付き移動式ベル
トコンベヤ

3.5.5 X3805 

101, 145, 241, 3061, 3801, 3822

フィーダベルトコンベヤへ下側から連結された階段ス
クレーパ付きベルトコンベヤ

3.5.6 X3806 

201, 241, 3801, 3821

長さ調整付きベルトコンベヤ

3.5.7 X3807 

241, 3801, 3832

直線重力すべり

3.5.8 X3808 

241, 3801, 3833

スパイラル重力すべり

3.5.9

X3809 

241, 3801, 3806, 3830

3.5.10 X3810

101, 241, 3801, 3806, 3830

供給じょうご付きスクリューコンベヤ

  2 種類を示す。


4

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

3.5.11 X3811 

101, 3801, 3806, 3830

圧縮スクリューコンベヤ

3.5.12 X3812 

241, 3801, 3806, 3807

3.5.13 X3813 

101, 241, 3801, 3807

回転ベーンフィーダ付きコンベヤ

  2 種類を示す。

3.5.14 X3814 

101, 241, 3801, 3807, 3831

振動回転ベーンフィーダ付きコンベヤ

3.5.15 X3815 

241, 3801, 3808, 3824

回転テーブルによる内部結合ローラ形の 2 コンベヤ

3.5.16 X3816 

241, 3801, 3834

上方及び右方へ行くエスカレータ

3.5.17 X3817 

241, 3801, 3834

下方及び右方へ行くエスカレータ

3.5.18 X3818 

241, 3801, 3834

上方及び左方へ行くエスカレータ

3.5.19 X3819 

241, 3801, 3834

下方及び左方へ行くエスカレータ

4

クレーン,リフト,ホイスト及び材料扱いロボット

4.1

基本的性質の記号

4.1.1 3841 

クレーン

4.1.2 3842 

リフト,ホイスト

4.1.3 3843 

材料扱いロボット


5

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

4.2

4.1

の記号の適用方法

なし。

4.3

補助記号

なし。

4.4

4.3

の補助記号の適用方法

なし。

4.5

適用例

4.5.1 X3841 

245, 3841, 3851

二つのモノレール上を移動するクレーン

4.5.2 X3842 

245, 3841, 3851

頭上を移動するクレーン

5

軌道及び関連装置

5.1

基本的性質の記号

5.1.1 3851 

モノレール

5.1.2 3852 

複線,レール軌道

5.1.3 3853 

横断,移動プラットホーム

5.1.4 3854 

軌道回転テーブル

5.1.5 3855 

鉄道ワゴンチップ,プラットホームチップ

5.2

5.1

の記号の適用方法

なし。

5.3

補助記号

なし。

5.4

5.3

の補助記号の適用方法

なし。

5.5

適用例

5.5.1 X3851 

245, 3852, 3853

横移動機,一方の 1 鉄道トラックと別の 2 鉄道トラック
での移動プラットホーム


6

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

5.5.2 X3852 

3852, 3854

四つの鉄道トラックをもつ回転テーブル

5.5.3 X3853 

101, 2064, 3852, 3855

ワゴンチップ,石炭庫近くの鉄道トラックの端のプラッ

トホームチップ

6

産業用トラック,車両及び貨物船

6.1

基本的性質の記号

6.1.1 3861 

産業用トラック

6.1.2 3862 

フォークリフトトラック

6.1.3 3863 

無人,遠隔操作指令を含む自動フォークリフトトラック

6.1.4 3864 

コンテナトラック

6.1.5 3865 

ホイールローダ

6.1.6 3866 

木材ローダ

6.1.7 3867 

ブルドーザ

6.1.8 3868 

トラック

6.1.9 3869 

ほろ(幌)付きトラック

6.1.10 3870 

タンク車 

6.1.11 3871 

無がい(蓋)貨車又は屋根なしトレーラ

6.1.12 3872 

有がい(蓋)貨車又は屋根付きトレーラ

6.1.13 3873 

鉄道ワゴン又は非固形材料用トレーラ

6.1.14 3874 

鉄道タンク車又はタンクトレーラ

6.1.15 3875 

機関車

6.1.16 3881 

貨物船

6.2

6.1

の記号の適用方法

なし。

6.3

補助記号


7

Z 8617-14

:2008 (ISO 14617-14:2004)

なし。

6.4

6.3

の補助記号の適用方法

なし。

6.5

適用例

なし。