>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

(1) 

まえがき

JIS Z 8313

のこの部は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が

制定した日本工業規格である。これによって JIS Z 8313 : 1984 は廃止され,この JIS Z 8313 群に置き換え

られる。

今回の制定によって,JIS Z 8313 群は,第 10 部を除いて ISO 3098, Technical product documentation−

Lettering

の各部に一致した規格となった。

この部には,次に示す附属書があるが,規定事項ではない。

附属書 A(参考)  参考文献

JIS Z 8313

群は,規格の名称の前付け及び主題を“製図−文字”とし,次の各部からなる。

第 0 部:通則

第 1 部:ローマ字,数字及び記号

第 2 部:ギリシャ文字

第 3 部:ダイヤクリティカルマーク及び特殊記号(予定)

第 4 部:ロシア文字(予定)

第 5 部:CAD 用のラテン文字,数字及び記号(予定)

第 10 部:平仮名,片仮名及び漢字

備考  第 10 部は,平仮名,片仮名及び漢字に関する規定であり,原国際規格にはない。


日本工業規格

JIS

 Z

8313-0

: 1998

 (ISO/FDIS3098-0

: 1997

)

製図−文字−第 0 部:通則

Technical drawings

−Lettering−

Part 0 : General requirements

序文  この部は,1997 年に回付された ISO/FDIS 3098-0 を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更す

ることなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格の中で点線の下線を施してある部分は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  JIS Z 8313 群のこの部は,他の部で定める製品技術文書(特に,製図)で用いる文字につ

いての一般事項を規定する。

この部は,次の方法によるレタリングに適用する。

a)

手書き方式

b)

テンプレート(ISO 9178 参照)及び手動レタリング器具

c)

転写方式

d)

数値制御レタリング及び製図方式

備考  この規格の対応国際規格を次に示す。

ISO/FDIS 3098-0 : 1997 Technical product documentation

−Lettering−Part 0 : General requirements

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この部の規定の一部を構成する。

この引用規格は,その最新版(追補を含む)を適用する。

ISO 128-20, Technical drawings

−General principles of presentation−Part 20 : Basic conventions for lines

3.

定義  この部で用いる主な用語の定義は,次による。

3.1

中央線 (central line)   図形文字集合を構成している線又は線要素の幅の中央を示す仮想の線。

備考1.  線は,ISO 9175-1及び ISO 9175-2による管状ペンを用いて書いてもよい。

2.

中央線は,テンプレート用彫刻工具,レタリング用のプログラムなど,文字を書くための工

具軌跡設計の基礎とする基準である。

3.2

図形文字集合  (graphic character set)    ある種のアルファベット,数字,ダイヤクリティカルマーク,

句読点及びその他の記号からなり,所定の目的を満たす定められた書体の相異なる完結した有限集合(JIS 

X 0004

参照)


2

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

3.3

レタリング (lettering) 

a)

(図形表現に加えて)図形文字集合から選択された文字を図面上に書く手順。

b)

(文章,指示,寸法など)図面上のすべての非図形情報。

c)

図面に非図形情報を書くために用いることができる図形文字集合のすべての図形文字。

4.

一般事項  文字に要求される基本的な事項を 4.14.3 に示す。

4.1

読みやすくするために,文字間のすき間はレタリングに用いる線の太さの 2 倍とする。

例えば,LA, TV, Tr のような特定の文字の組合せ(記号)で視覚的に十分判読可能な場合には,文字間

のすき間は,文字の線の太さの 1 本分に縮めてもよい。

4.2

ジアゾコピー,マイクロフィルム,テレファックスなどの一般に使われる複写処理に適している。

4.3

数値制御製図機械に適している。

5.

文字の大きさ

5.1

大きさの呼び  文字の大きさの呼びは,大文字(頭文字)の外側輪郭の高さ  (h)  によって定める(図

1,

表 及び表 参照)。

ローマ宇のアルファベット(記号 L)に適用される

図 1∼図 の大きさは,ロシア文字及びギリシャ文

字のアルファベット(それぞれ記号 C 及び G)にも適用する。

図 1

図 2

図 3

5.2

中央線の位置  中央線を定める基準は,文字の大きさの呼び  (h)  及び文字間のすき間  (a)  である

図 4,  図 参照)。


3

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

他の寸法は,

表 及び表 による。

h

1

hd

a

1

ad

CAD

によって文字を書く場合(ISO 3098-5 参照)にもこれと同じ大きさの文字を用いる。

図 4

図 5

5.3

文字の大きさの呼びの種類  文字の大きさの呼びは,次による。

1.8mm, 2.5mm, 3.5mm, 5mm, 7mm, 10mm, 14mm, 20mm

文字の高さで採用している 2 の比率は,用紙サイズの標準数列(JIS P 0138 参照)からきている。

文字の線の太さは ISO 128-20 に従い,かつ,大文字及び小文字の両方とも同じ太さにする。

5.4

斜体文字の角度  文字は,図 1に示す直立体でも,水平方向に対して右方向に 75°傾いた斜体(図

6

参照)でもよい。

図 6

5.5

書体  書体は,次による。

A

形直立体文字(記号 V)

A

形斜体文字(記号 S)

大きさは

表 による。

B

形直立体文字(記号 V)

(優先使用)

B

形斜体文字(記号 S)

大きさは

表 による。


4

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

CA

形直立体文字(記号 V)

CA

形斜体文字(記号 S)

CB

形直立体文字(記号 V)

(優先使用)

CB

形斜体文字(記号 S)

  ISO 3098-5 参照

  (CAD 用数値制御製図機械のための文字)

表 1  形書体の寸法

単位  mm

区分

比率

寸法

文字の高さ

h

(14/14) h

1.8 2.5 3.5 5  7  10

14 20

小文字の高さ(x-ハイト

0

))

c

1

(10/14) h

1.3 1.8 2.5 3.5 5  7

10 14

小文字の尾部

c

2

(4/14) h 0.5 0.72

1.0 1.43

2  2.8  4 5.7

小文字の柄部

c

3

(4/14) h 0.5 0.72

1.0 1.43

2  2.8  4 5.7

ダイヤクリティカルマークの領域(大文字)  f (5/14)

h 0.64

0.89

1.25

1.78

2.5 3.6  5 7

文字間のすき間

a

(2/14) h 0.26

0.36

0.5 0.7 1  1.4  2 2.8

ベースラインの最小ピッチ

1

)

b

1

(25/14) h

3.2 4.46

6.25

8.9 12.5

17.8  25 35.7

ベースラインの最小ピッチ

2

)

b

2

(21/14) h

2.73

3.78

5.25

7.35

10.5 14.7  21 29.4

ベースラインの最小ピッチ

3

)

b

3

(17/14) h

2.21

3.06

4.25

5.95

8.5 11.9  17 23.8

単語間のすき間

e

(6/14) h 0.78

1.08

1.5 2.1 3  4.2  6 8.4

線の太さ

d

(1/14) h 0.13

4

0.18

4

)

0.25

0.35

4

)

0.5 0.7

4

) 1 1.4

4

)

0

)

柄部又は尾部がない小文字 (acemnorsuvwxz) の高さ

1

)

字形:ダイヤクリティカルマーク付きの大文字及び小文字(

図 参照)

2

)

字形:ダイヤクリティカルマークがない大文字及び小文字(

図 参照)

3

)

字形:大文字だけ(

図 参照)

4

)

丸めた値:c

1

の値は,の丸めた値から算出してある。

表 2  形書体の寸法

単位  mm

区分

比率

寸法

文字の高さ

h

(10/10) h 1.8 2.5 3.5 5

7  10 14  20

小文字の高さ(x-ハイト

0

))

c

1

(7/10) h 1.26

1.75

2.5

4

)

3.5 5

4

) 7

10

4

) 14

小文字の尾部

c

2

(3/10) h 0.54

0.75

1.05

1.5 2.1 3 4.2 6

小文字の柄部

c

3

(3/10) h 0.54

0.75

1.05

1.5 2.1 3 4.2 6.7

ダイヤクリティカルマークの領域(大文字)

  f (4/10)

h 0.72

1  1.4

2  2.8 4 5.6 8

文字間のすき間

a

(2/10) h 0.36

0.5

0.7

1  1.4 2 2.8 4

ベースラインの最小ピッチ

1

)

b

1

(19/10) h 3.42

4.75

6.65

9.5 13.3 19 26.6 38

ベースラインの最小ピッチ

2

)

b

2

(15/10) h 2.7 3.75

5.25

7.5 10.5 15 21  30

ベースラインの最小ピッチ

3

)

b

3

(13/10) h 2.34

3.25

4.55

6.5  9.1 13 18.2 26

単語間のすき間

e (6/10)

h 1.08

1.5

2.1

3  4.2 6 8.4

12

線の太さ

d

(1/10) h 0.18

0.25

0.35

0.5 0.7 1 1.4 2

0

)

柄部又は尾部がない小文字 (acemnorsuvwxz) の高さ

1

)

字形:ダイヤクリティカルマーク付きの大文字及び小文字(

図 参照)

2

)

字形:ダイヤクリティカルマークがない大文字及び小文字(

図 参照)

3

)

字形:大文字だけ(

図 参照)

4

丸めた値

5.6

字句に付けるアンダライン又はオーバライン  字句又は字句の範囲に付けるアンダライン又はオー

バラインは,小文字の尾部(

図 参照)又は大文字若しくは小文字にダイヤクリティカルマーク(例えば,

シディラ,ティルダ,ウムラウト,

図 参照)がある場合には,中断するのがよい。これができない場合

には,ベースラインのピッチを広げる。


5

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

図 7

図 8

6.

呼び方

6.1

A

形書体及び B 形書体の呼び方は,次に示す項目とし,その順による。

a)

“レタリング”

*

b)

“JIS Z 8313”

**

c)

書体の種類(

“A”又は“B”

d)

文字の傾き(

“V”又は“S”

e)

アルファベットの種類(

“L”,“G”又は“C”

f)

 mm

単位の文字の大きさの呼び

*

原国際規格では,

“Lettering”としている。

**

原国際規格では,

ISO 3098”としている。

例  B 形直立体,ローマ字,文字の大きさの呼び 5mm の場合の図形文字集合は,次のような呼び方に

する。

レタリング JIS Z 8313BVL-5 

A

形斜体,ギリシャ文字,文字の大きさの呼び 3.5mm の場合

レタリング JIS Z 8313ASG-3.5 

B

形斜体,ロシア文字,文字の大きさの呼び 1.8mm の場合

レタリング JIS Z 8313BSC-1.8 

6.2

 CA

形書体及び CB 形書体の呼び方は,次に示す項目とし,その順による。


6

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

a)

“レタリング”

b)

“JIS Z 8313”

c)

書体の種類(

“CA”又は“CB”

d)

スペース配置[表形式 (T) 又は比例形式 (P) ]

e)

文字の傾き(

“V”又は“S”

f)

アルファベットの種類(

“L”,“G”又は“C”

g)

 mm

単位の文字の大きさの呼び

例 CB 形斜体,表形式スペース配置,ローマ字,文字の大きさの呼び 2.5mm の場合の図形文字集合

は,次のような呼び方にする。

レタリング JIS Z 8313CB TSL-2.5 

CA

形直立体,比例形式スペース配置,ギリシャ文字,文字の大きさの呼び 3.5mm の場合

レタリング JIS Z 8313CA PVG-3.5 


7

Z 8313-0 : 1998 (ISO/FDIS3098-0 : 1997)

附属書 A(参考)  参考文献

[1]

  ISO 128 : 1982, Technical drawings

−General principles of presentation.

[2]

  ISO 216 : 1975 : Writing paper and certain classes of printed matter

−Trimmed sizes−A and B series.

[3]

  ISO 2382-4 : 1987, Information processing systems

−Vocabulary−Part 4 : Organization of data.

[4]

  ISO 3098-5 : 1997, Technical product documentation

−Lettering−Part 5 : CAD lettering of Latin alphabet,

numerals and marks.

[5]

  ISO 9175-1 : 1988, Tubular tips for hand-held technical pens using India ink on tracing paper

−Part 1 :

Definitions, dimensions, designations and marking.

[6]

  ISO 9175-2 : 1988, Tubular tips for hand-held technical pens using India ink on tracing paper

−Part 2 :

Performance, test parameters and test conditions.

[7]

  ISO 9178-1 : 1988, Templates for lettering and symbols

−Part 1 : General principles and identification

markings.

[8]

  ISO 9178-3 : 1989, Templates for lettering and symbols

−Part 2 : Slot widths for technical pens with tubular

tips in accordance with ISO 9175-1.