>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

8305

-1962

活字の基準寸法

Dimensions of Printing Types

1.

適用範囲  この規格は,一般の印刷に用いる活字(以下活字という。)の基準寸法について規定する。

ただし,新聞印刷に用いる活字には適用しない。

2.

用語の意味  この規格で用いるおもな用語の意味は,つぎのとおりとする。

(1)

大きさ,幅および高さ  活字の大きさ,幅および高さは,つぎの図に示す部分の寸法をいう。

(2)

ポイント  ポイントは,活字の大きさを表わす単位であって,1 ポイントは 0.3514mm とする。

3.

大きさ

3.1

種類,大きさおよび大きさの許容差  種類,大きさおよび大きさの許容差は,表 のとおりとする。


2

Z 8305-1962

表 1

単位 mm

種類

(ポイント)

大きさ

大きさの許容差

(10 本につき)

種類

(ポイント)

大きさ

大きさの許容差

(10 本につき)

 3

1.054

±0.010 14

4.920

±0.050

 3.5

1.230

±0.010 15.75

5.535

±0.055

3.9375 1.384

±0.015 16

5.622

±0.055

 4

1.406

±0.015 18

6.325

±0.065

 4.5

1.581

±0.015 20

7.028

±0.070

 5

1.757

±0.015 21 7.379

±0.075

5.25 1.845

±0.020 24

8.434

±0.085

 6

2.108

±0.020 26.25

9.224

±0.090

 7

2.460

±0.025 28

9.839

±0.10

7.875 2.767

±0.025 32

11.24

±0.11

 8

2.811

±0.030 36

12.65

±0.13

 9

3.163

±0.030 40

14.06

±0.14

10 3.514

±0.035 42

14.76

±0.15

10.5 3.690

±0.035

12 4.217

±0.040

13.125 4.612

±0.045

備考  種類のうち,右側の活字は

8

5

.

10

ポイントを,それぞれ 3, 4, 6, 8, 10, 12, 16, 20, 32 倍した大きさの

もので,なるべく使用しないものとする。

4.

幅  幅は一般に規定しない。ただし,漢字およびかなの活字に対しては,原則として幅は大きさに等

しくする。

5.

高さ  高さは 23.45mm とし,許容差は表 のとおりとする。

表 2

単位 mm

種類

許容差

3

∼24 ポイント

±0.03

26.25

ポイント以上

±0.04


3

Z 8305-1962

基本部会  活字専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

小  林  栄  一

大蔵省印刷局

今  井  直  一

日本印刷学会

青  木  信  利

大蔵省印刷局

福  永  伊佐男

日本新聞協会

山  本  健  二

株式会社培風館

大  住  欣  一

大日本印刷株式会社

佐々木  喜  悦

共同印刷株式会社

荻  野  義  博

荻野印刷合資会社

小  森  善  逸

小森印刷株式会社

津  田  太  郎

株式会社津田三省堂

古  門  正  夫

株式会社モトヤ

奥  田  喜一郎

日本活字工業株式会社

金  谷  静  一

神戸活字株式会社

吉  田  市  郎

株式会社晃文堂

渡  辺  宗  助

全日本活字工業会

野見山  芳  久

株式会社錦精社

大  沼  正  吉

株式会社技報堂

安  達  幸  一

工業技術院標準部運輸航空規格課

(事務局)

宇田川  鉦  作

工業技術院標準部運輸航空規格課

吉  枝  正  明

工業技術院標準部運輸航空規格課

畑      外志夫

工業技術院標準部運輸航空規格課