>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

0.1

  表の配列  

1

0.2

  量の表  

1

0.3

  単位の表  

1

0.4

  この規格における数値の記述  

2

1

  適用範囲  

3

2

  引用規格  

3

3

  名称,記号及び定義  

3

附属書 A(参考)フート,ポンド及び秒を基本とする単位並びにその他の関連単位  

22

附属書 B(参考)その他の非 SI 単位及びその換算率  

23


Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工

業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済

産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 8202-4:2000 は廃止され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS Z 8000

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

Z

8000-1

  第 1 部:一般

JIS

Z

8000-3

  第 3 部:空間及び時間

JIS

Z

8000-4

  第 4 部:力学

JIS

Z

8000-5

  第 5 部:熱力学

JIS

Z

8000-6

  第 6 部:電磁気

JIS

Z

8000-7

  第 7 部:光

JIS

Z

8000-8

  第 8 部:音


日本工業規格

JIS

 Z

8000-5

:2014

(ISO 80000-5

:2007

)

量及び単位−第 5 部:熱力学

Quantities and units-Part 5: Thermodynamics

序文 

この規格は,2007 年に第 1 版として発行された ISO 80000-5 を基に,技術的内容及び構成を変更するこ

となく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

0.1 

表の配列 

この規格の量及び単位の表は,量を左側のページに配列し,単位を対応する右側のページに配列する。

右のページの 2 本の横実線の間にある全ての単位は,左側のページの対応する実線の間の量に属する。

左側のページの量を表す番号の下には,括弧を付けて旧規格(JIS Z 8202-4)で規定した項目の番号を示

す。

なお,旧規格にその項目がなかった場合には,

“−(ダッシュ)

”でそのことを示す。

0.2 

量の表 

この規格で扱う分野において最も重要な量について,その名称及び記号を示すとともに,ほとんどの場

合に,その定義を併せて示す。これらの名称及び記号は,推奨である。これらの定義は,国際量体系(ISQ)

における量の識別のためであり,左側のページに列挙している。これらの定義は,必ずしも完全なもので

はない。

量のスカラー文字,ベクトル文字又はテンソル文字は,特に定義のために必要な場合に示している。

多くの場合,ある量に対しては一つの名称と一つの記号とを示す。一つの量に対して二つ以上の名称又

は二つ以上の記号を併記し,特に区別をしていない場合には,互いに対等な関係にある。斜体の文字に 2

種類の字体がある場合(例えば,

ϑ及びθ,ϕ及びφ,a 及び a及び g),いずれか一方だけを示している

が,他方は対等に使用できないという意味ではない。このような異なる字体にそれぞれ異なる意味を与え

ることは推奨しない。括弧内の記号は,予備の記号である。したがって,特別の関係の下で主要記号を異

なる意味で用いる場合には,これら予備の記号を用いる。

0.3 

単位の表 

0.3.1 

一般 

量に対する単位の名称を,記号及び定義とともに示す。これらの単位の名称は言語によって異なるが,

記号は国際的なものであり,また,全ての言語において同一である。詳細情報については,国際度量衡局

(BIPM: Bureau International des Poids et Mesures)から発行されている SI 文書(2006 年第 8 版)及び JIS Z 

8000-1

を参照する。


2

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位は,次のように配列している。

a)

一貫性のある国際単位系(SI: Système International d'Unités)を最初に示す。SI 単位は,国際度量衡総

会(CGPM: Conférence Générale des Poids et Mesures)で採択されたものである。一貫性のある SI 単位

の使用を推奨する。明示的に記載していない場合であっても,SI 接頭語を付した 10 進の倍量及び分

量を推奨する。

b)

次に,国際度量衡委員会(CIPM: Comité International des Poids et Mesures)若しくは国際法定計量機関

(OIML: Organisation Internationale de Métrologie Légale)

,又は ISO 及び IEC が SI 単位と併用すること

を認めている,一部の非 SI 単位を示す。

これらの非 SI 単位は,項目内を点線で区切って,SI 単位と区別している。

c)

推奨しない非 SI 単位は,

附属書 及び附属書 に示す。これらの附属書は,いずれも換算率のため

のものであり,参考であって,規定の一部ではない。これら推奨していない単位は,次の二つのグル

ープに分けている。

1)

フート,ポンド及び秒を基本とする単位並びにその他の関連単位(

附属書 参照)

2)

その他の非 SI 単位,特に換算率に関するもの(

附属書 参照)

0.3.2 

次元 の量又は無次元量に関する注意事項 

無次元量とも呼ばれる次元 1 のいかなる量に対しても一貫性のある単位は,数の 1,記号は 1 である。

このような量の値を表すときには,一般に,単位の記号 1 は明示しない。

例 1  屈折率  n=1.53×1=1.53

この単位の記号 1 の倍量又は分量を示すために接頭語を用いてはならない。接頭語の代わりに,10 のべ

き乗を用いることが望ましい。

例 2  レイノルズ数  Re=1.32×10

3

通常,平面角は二つの長さの比として,また,立体角は二つの面積の比として表されることを考慮して,

CGPM は 1995 年,SI 単位においてラジアン(rad)及びステラジアン(sr)を無次元の組立単位とするこ

とを規定した。これは,平面角及び立体角という量は,次元 1 の組立量とみなせることを意味する。した

がって,ラジアン及びステラジアンの単位は次元 1 に等しい。これらは省略してもよいし,又は種類が異

なるが同じ次元をもつ量を区別しやすくするために,組立単位の表現に用いてもよい。

0.4 

この規格における数値の記述 

記号“=”は“∼に完全に等しい”ことを,記号“≈”は“∼にほぼ等しい”ことを,また,記号“:=”

は“∼に定義上等しい”ことを表している。

注記  国際規格では,“≈”を用いることになっているが,

“=”又は“≒”を使用してもよい。また,

国際規格では,

“:=”を用いることになっているが,

“=”又は“≡”を使用してもよい。

なお,この規格の箇条 以降では“:=”を全て“=”で表した。

実験的に決定された物理量の数値は,常に測定の不確かさを伴っている。この不確かさは,常に明示す

ることが望ましい。この規格では,不確かさの度合いを次の例のように表している。

例  l=2.347 82 (32) m

この例では,la(b) m,すなわち,括弧書きで示した不確かさ の数値は,長さ の数値 の最終(及

び最下位)桁に当てはまるものと仮定している。この表し方は,が の最終桁の標準不確かさ(標準偏

差の推定値)を表している場合に用いる。上に示した数値の例は,長さ lをメートル単位で表す場合)

の最良の推定数値が 2.347 82 であること,及び未知の の値は,標準不確かさである 0.000 32 m と 値の


3

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

確率分布によって決まる確率とによって,(2.347 82−0.000 32) m と(2.347 82+0.000 32) m との間にあると

信じられることを意味すると解してよい。

適用範囲 

この規格は,熱力学の量及び単位に関する,名称,記号及び定義について規定する。また,この規格は,

必要に応じて換算率についても規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 80000-5:2007

,Quantities and units−Part 5: Thermodynamics(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS Z 8000-1

  量及び単位−第 1 部:一般

注記  対応国際規格:ISO 80000-1,Quantities and units−Part 1: General(MOD)

JIS Z 8000-3

  量及び単位−第 3 部:空間及び時間

注記  対応国際規格:ISO 80000-3,Quantities and units−Part 3: Space and time(IDT)

JIS Z 8000-4

  量及び単位−第 4 部:力学

注記  対応国際規格:ISO 80000-4,Quantities and units−Part 4: Mechanics(IDT)

ISO 80000-9

,Quantities and units−Part 9: Physical chemistry and molecular physics

名称,記号及び定義 

熱力学の量及び単位に関する,名称,記号及び定義は,次による。


4

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-1 
(4-1)

熱力学温度 
(thermodynamic 
temperature)

T, (Θ

熱力学温度は,国際量体系(ISQ)
の基本量の一つ。

熱力学温度は一次温度計,例え
ば,定積ガス温度計,音響温度

計,全放射温度計などで測定さ

れる量である。 
 
 
 
 
 

5-2 
(4-2)

セ ル シ ウ ス 温 度

[摂(セ)氏温度]
(Celsius 
temperature)

t,

ϑ

 

tTT

0

ここに,T:熱力学温度(番号 5-1)

T

0

=273.15 K

熱力学温度 T

0

は,水の三重点の

熱力学温度から正確に 0.01 K 低
い。 
 
 
 
 
 
 
 
 


5

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-1.a

ケルビン(kelvin) K

熱力学温度の単位で,水の三重点の

熱力学温度の 1/273.16 
 
 
 
 
 
 
 

熱力学温度及びセルシウス温度

の温度間隔又は温度差の単位の
大きさは,同一である。このよ

うな温度間隔又は温度差は,ケ

ルビン(K),又はセルシウス度
(℃)のいずれで表してもよい。

数値とセルシウス温度の記号℃

との間にスペースを置くことに
注意する(JIS Z 8000-1 の 7.1.4

を参照)

 
1990

年国際温度目盛 

実用的な測定の目的のために,
1989 年に CIPM によって 1990 年
国際温度目盛,ITS-90 が採択さ

れた。

  この目盛によって規定される
熱力学温度及びセルシウス温度

に関する量は,それぞれ T

90

及び

t

90

で表す(1968 年国際実用温度

目盛,IPTS-68 によって定義され

た T

68

及び t

68

に置き換わる。

ここに,t

90

T

90

T

0

T

90

の単位はケルビン(K),t

90

の単位はセルシウス温度(℃)

である。 
 
詳しい情報については,1990 年

国 際 温 度 目 盛 ( ITS-90 ),
Metrologia,27(1990)No.1 を参
照。 
 
ケルビンの定義に用いる水の同

位体組成は,次の物質量比とす

る:

2

H 0.000 155 76 モル毎

1

H  モ

ル,

17

O 0.000 379 9 モル毎

16

O モ

ル及び

18

O 0.002 005 2 モル毎

16

O

モル。

5-2.a

セルシウス度,度

(degree Celsius)

℃ 

セルシウス温度の値を記述するた

めに用いるケルビンに代わる固有

の名称。熱力学温度及びセルシウス
温度の温度間隔又は温度差の単位

の大きさは,同一であり,すなわち,
1  ℃=1 K 


6

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-3.1 
(4-3.1)

線 膨 張 係 数

(linear expansion 
coefficient)

α

l

 

T

l

l

l

d

d

1

=

α

ここに,l:長さ[JIS Z 8000-3(番

号 3-1.1)

        T:熱力学温度(番号 5-1)

混 乱 を 招 く お そ れ が な い と き

は,番号 5-3.3∼5-5.2 の記号中の
添字を省略してもよい。

5-3.2 
(4-3.2)

体 膨 張 係 数

(cubic expansion 
coefficient)

α

V

αγ

T

V

V

V

d

d

1

=

α

ここに,V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

        T:熱力学温度(番号 5-1)

5-3.3 
(4-3.3)

相 対 圧 力 係 数

(relative pressure 
coefficient)

α

p

 

V

p

T

p

p

= 1

α

ここに,p:圧力[JIS Z 8000-4(番

号 4-15.1)

        T:熱力学温度(番号 5-1)
        V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

 

5-4 
(4-4)

圧力係数

(pressure  
coefficient)

β 

V

T

p

=

β

 

ここに,p:圧力[JIS Z 8000-4(番

号 4-15.1)

        T:熱力学温度(番号 5-1)

        V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

5-5.1 
(4-5.1)  

等温圧縮率

(isothermal  
compressibility)

κ

T

 

T

T

p

V

V

= 1

κ

 

ここに,V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

        p:圧力[JIS Z 8000-4(番

号 4-15.1)

T:熱力学温度(番号 5-1) 
 

5-5.2 
(4-5.2)

等 エ ン ト ロ ピ ー
圧縮率(isentropic 
compressibility)

κ

S

S

S

p

V

V

= 1

κ

 

ここに,V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

        p:圧力[JIS Z 8000-4(番

号 4-15.1)

S:エントロピー(番号 5-18)


7

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-3.a

毎 ケ ル ビ ン

(kelvin to the   
power minus one)

K

1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5-4.a

パ ス カ ル 毎 ケ ル

ビン(pascal per 
kelvin)

Pa/K

 
 
 
 
 

単位パスカルについては,JIS Z 

8000-4

(番号 4-15.a)を参照。

5-5.a

毎 パ ス カ ル

( pascal to the 
power minus one)

Pa

1

 
 
 
 
 
 
 
 
 


8

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-6 
(4-6)

熱(heat),熱量

(amount of heat)

システム内の物質量に変化がない

場合,物理システムの総エネルギー
(番号 5-20.1)の増加と,システム

で行われた仕事との差。

等温の相転移で移転する熱は,

適切な熱力学関数の変化として
表すほうがよい。例えば, 
T・ΔS 
ここに,T:熱力学温度(番号 5-1)
        S:エントロピー(番号

5-18)

がエンタルピー(番号 5-20.3)
の場合は Δ

注記  熱の供給は,熱力学温度の

上昇,若しくは相変化,又

は化学反応のような他の

効果に対応することもあ

る。

5-7 
(4-7)

熱 流 ( heat flow 
rate)

Φ 

熱(番号 5-6)がある面を通過する

割合。

5-8 
(4-8)

熱 流 密 度 ( areic 
heat flow rate, 
density of heat 
flow rate)

qφ

qΦ/A 
ここに,Φ:熱流(番号 5-7)

        A:面積[JIS Z 8000-3(番

号 3-3)

5-9 
(4-9)

熱伝導率

(thermal  
conductivity) 

λ, (κ)

熱流密度(番号 5-8)を熱力学温度

(番号 5-1)の勾配で除した値。

5-10.1 
(4-10.1)  
 
 
5-10.2 
(4-10.2)

熱伝達係数(熱伝

達率)

(coefficient

of heat transfer) 
 
表面熱伝達係数 
(表面熱伝達率)

(surface  
coefficient of heat 
transfer)

K, (k
 
 
 
h, (α)

熱流密度(番号 5-8)を熱力学温度

(番号 5-1)差で除した値。 
 
 
qh(T

s

T

r

) 

が熱流密度(番号 5-8)の場合,
T

s

:表面の熱力学温度(番号 5-1)

T

r

:系の周囲を特徴付ける基準とな

る熱力学温度

建築工学では,熱伝達係数は,

熱透過率(thermal transmittance)
と呼ばれることも多く,記号 U

で表す。


9

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-6.a

ジュール(joule) J

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

単位ジュールについては,

JIS Z 

8000-4

(番号 4-27.a)

]を参照。

5-7.a

ワット(watt) W

 

5-8.a

ワ ッ ト 毎 平 方 メ

ートル(watt per 
square metre)

W/m

2

 
 
 

5-9.a

ワ ッ ト 毎 メ ー ト

ル 毎 ケ ル ビ ン
( watt per metre 
kelvin)

W/(m・K)

 
 

5-10.a   ワ ッ ト 毎 平 方 メ

ー ト ル 毎 ケ ル ビ

ン(watt per square 
metre kelvin)

W/(m

2

・K)

 
 
 
 
 
 
 


10

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-11 
(4-11)

熱 絶 縁 係 数

(thermal  
insulance, 
coefficient of   
thermal insulance)

M M=1/K 

ここに,K:熱伝達係数(番号 5-10.1)

建築工学では,この量は,熱抵

抗と呼ばれることも多く,記号 R
で表す。

5-12 
(4-12)

熱 抵 抗 ( thermal 
resistance) 

熱力学温度(番号 5-1)差を熱流(番

号 5-7)で除した値。

番号 5-11 の説明を参照。

5-13 
(4-13)

熱 コ ン ダ ク タ ン

ス(thermal  
conductance)

G, (H) 

G=1/R 
ここに,R:熱抵抗(番号 5-12)

番号 5-11 の説明を参照。この量

も熱伝達率と呼ばれる。

5-14 
(4-14)

熱拡散率

(thermal  
iffusivity)

α 

p

c

ρ

λ

α

=

 

ここに,λ:熱伝導率(番号 5-9) 
        ρ:密度[JIS Z 8000-4(番

号 4-2)

      c

p

: 定 圧 比 熱 容 量 ( 番 号

5-16.2)

5-15 
(4-15)

熱容量(heat  
capacity)

微少の熱量 dを加えた結果,系の

熱力学温度が,dだけ上昇すると

き, 
C=dQ/d
ここに,Q:熱量(番号 5-6) 
        T:熱力学温度(番号 5-1)

熱容量は,変化の形式を特定し

なければ完全に定義できない。


11

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-11.a   平 方 メ ー ト ル ケ

ル ビ ン 毎 ワ ッ ト
( square metre 
kelvin per watt) 

m

2

・K/W

 
 

5-12.a   ケ ル ビ ン 毎 ワ ッ

ト ( kelvin per 
watt)

K/W

5-13.a   ワ ッ ト 毎 ケ ル ビ

ン ( watt per 
kelvin)

W/K

 
 

5-14.a   平 方 メ ー ト ル 毎

秒 ( square metre 
per second)

m

2

/s

 
 
 
 

5-15.a   ジ ュ ー ル 毎 ケ ル

ビ ン ( joule per 
kelvin)

J/K

 
 
 
 


12

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-16.1  
(4-16.1)

比熱容量(specific 
heat capacity)


熱容量(番号 5-15)を質量[JIS Z 

8000-4

(番号 4-1)

]で除したもの。

対応するモル量に関連する量に

ついては,ISO 80000-9 を参照。

5-16.2 
(4-16.2) 

定圧比熱容量

(specific heat 
capacity at 
constant pressure)

c

p

 

5-16.3 
(4-16.3) 

定積比熱容量

(specific heat 
capacity at 
constant volume)

c

V

 

5-16.4 
(4-16.4)

飽和状態下比熱
容量(specific heat 
capacity at 
saturation)

c

sat

 

5-17.1 
(4-17.1)  

比 熱 容 量 の 比

(ratio of the   
specific heat   
capacities)

γ 
 

γc

/c

V

   

ここに,c

p

:定圧比熱容量(番号

5-16.2)

        c

V

:定積比熱容量(番号

5-16.3)

5-17.2 
(4-17.2)

等 エ ン ト ロ ピ ー

指 数 ( isentropic 
exponent)

κ

S

V

p

p

V

=

κ

ここに,V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

        p:圧力[JIS Z 8000-4(番

号 4-15.1)

        S:エントロピー(番号 5-18)

理想気体では,κ は γ に等しい。


13

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-16.a   ジ ュ ー ル 毎 キ ロ

グ ラ ム 毎 ケ ル ビ
ン ( joule per 
kilogram kelvin)

J/(kg・K)

5-17.a   (数の)1  (one)

1

0.3.2

参照。


14

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-18 
(4-18)

エ ン ト ロ ピ ー

(entropy)

熱力学温度(番号 5-1)が である

系が,微少の熱量(番号 5-6)d
受け取ったとき,系内に不可逆変化

が発生しなければ,系のエントロピ

ーは dQ/T  だけ上昇する。

5-19 
(4-19)

比 エ ン ト ロ ピ ー

(specific  
entropy)

s sS/m 

ここに,S:エントロピー(番号 5-18)
        m:質量[JIS Z 8000-4(番

号 4-1)

対応するモル量に関連する量に

ついては,ISO 80000-9 を参照。

5-20.1 
(4-20.1)

エ ネ ル ギ ー

(energy)


 

系 の 仕 事 [ JIS Z 8000-4 ( 番 号
4-27.1)]能力を特徴付ける量。

エネルギーは,互いに部分的に,

又は全体的に変換できる異なっ
た形態で存在する。

5-20.2 
(4-20.2)  

内 部 エ ネ ル ギ ー

(internal  
energy),熱力学
エ ネ ル ギ ー

( thermodynamic 
energy)


 

閉じた熱力学系では, 
ΔUQ
ここに,Q:系に伝達された熱量(番

号 5-6)

W:化学反応が生じない場

合に,系に対してなさ

れた仕事[JIS Z 8000-4

(番号 4-27.1)

5-20.3 
(4-20.3)  

エ ン タ ル ピ ー

(enthalpy)

H HUpV 

ここに,U:内部エネルギー(番号

5-20.2)

        p:圧力[JIS Z 8000-4(番

号 4-15.1)

        V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

5-20.4 
(4-20.4)  

ヘ ル ム ホ ル ツ エ

ネルギー 
(Helmholtz  
energy),ヘルム
ホルツ関数 
(Helmholtz  
function)

A,F 
 

AUTS 
ここに,U:内部エネルギー(番号

5-20.2)

        T:熱力学温度(番号 5-1)

: エ ン ト ロ ピ ー ( 番 号

5-18)

ヘルムホルツ自由エネルギーの

名称も使用される。

5-20.5 
(4-20.5)

ギブズエネルギ
ー(Gibbs 
energy),ギブズ
関数(Gibbs 
function)

G GHTS

ここに,H:エンタルピー(番号

5-20.3)

T:熱力学温度(番号 5-1)

S:エントロピー(番号

5-18)

ギブズ自由エネルギーの名称も
使用される。


15

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-18.a   ジ ュ ー ル 毎 ケ ル

ビ ン ( joule per 
kelvin)

J/K

 
 
 
 

5-19.a   ジ ュ ー ル 毎 キ ロ

グ ラ ム 毎 ケ ル ビ
ン ( joule per 
kilogram kelvin)

J/(kg・K)

5-20.a   ジュール(joule) J


16

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-21.1 
(4-21.1)

比 エ ネ ル ギ ー

(specific energy)

 

eE/m 
ここに,E:エネルギー(番号 5-20.1)

m:質量[JIS Z 8000-4(番

号 4-1)

5-21.2 
(4-21.2)

比 内 部 エ ネ ル ギ
ー(specific  
internal energy),
比 熱 力 学 エ ネ ル
ギ ー ( specific 
thermodynamic 
energy)


 

uU/m 
ここに,U:熱力学エネルギー(番

号 5-20.2)

m:質量[JIS Z 8000-4(番

号 4-1)

 

5-21.3 
(4-21.3)  

比 エ ン タ ル ピ ー

(specific  
enthalpy)


 

hH/m 
ここに,H:エンタルピー(番号

5-20.3)

m:質量[JIS Z 8000-4(番

号 4-1)

 

5-21.4 
(4-21.4)  

比 ヘ ル ム ホ ル ツ
エネルギー

(specific  
Helmholtz 
energy),比ヘルム
ホルツ関数

(specific  
Helmholtz 
function)

a

f

 

aA/m 
ここに,A:ヘルムホルツエネルギ

ー(番号 5-20.4)

m:質量[JIS Z 8000-4(番

号 4-1)

 

比ヘルムホルツ自由エネルギー
の名称も使用される。 

5-21.5 
(4-21.5)

比 ギ ブ ズ エ ネ ル
ギ ー ( specific 
Gibbs energy),比
ギブズ関数 
( specific Gibbs 
function)

g

gG/m 
ここに,G:ギブズエネルギー(番

号 5-20.5)

m:質量[JIS Z 8000-4(番

号 4-1)

比ギブズ自由エネルギーの名称
も使用される。

5-22 
(4-22)

マ シ ュ ー 関 数

(Massieu  
function)

J J=−A/T

ここに,A:ヘルムホルツエネルギ

ー(番号 5-20.4)

        T:熱力学温度(番号 5-1)

5-23 
(4-23)

プ ラ ン ク 関 数

(Planck  
function)

Y Y=−G/T

ここに,G:ギブズエネルギー(番

号 5-20.5)

        T:熱力学温度(番号 5-1)


17

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-21.a   ジ ュ ー ル 毎 キ ロ

グラム(joule per 
kilogram)

J/kg

5-22.a   ジ ュ ー ル 毎 ケ ル

ビ ン ( joule per 
kelvin)

J/K

5-23.a   ジ ュ ー ル 毎 ケ ル

ビ ン ( joule per 
kelvin)

J/K


18

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-24 
(−)

水 の 質 量 濃 度

(mass  
concentration of   
water)

w wm/

ここに,m:凝集の形式にかかわら

ず,水の質量[JIS Z 

8000-4

(番号 4-1)

V:体積[JIS Z 8000-3(番

号 3-4)

飽和時の水の質量濃度は,w

sat

表す。

5-25 
(−)

水 蒸 気 の 質 量 濃
度(絶対湿度)

(mass  
concentration of   
water vapour)

v vm/V

ここに,m:水蒸気の質量[JIS Z 

8000-4

(番号 4-1)

V:全気体の体積[JIS Z 

8000-3

(番号 3-4)

飽和時の水蒸気の質量濃度は,
v

sat

で表す。

5-26 
(−)

乾 燥 物 に 対 す る

水の質量比(mass 
ratio of water to 
dry matter)

u um/m

d

ここに,m:水の質量[JIS Z 8000-4

(番号 4-1)

        m

d

:乾燥物の質量

飽和時の乾燥物に対する水の質

量比は,u

sat

で表す。

5-27 
(−)

乾 燥 気 体 に 対 す
る 水 蒸 気 の 質 量

比(mass ratio of 
water vapour to 
dry gas)

x xm/m

d

ここに,m:水蒸気の質量[JIS Z 

8000-4

(番号 4-1)

        m

d

:乾燥気体の質量

飽和時の乾燥気体に対する水蒸
気の質量比は,x

sat

で表す。

5-28 
(−)

水 の 質 量 分 率

(mass fraction of 
water)

O

H

2

w

u

u

w

+

=

1

O

H

2

ここに,u:乾燥物に対する水の質

量比(番号 5-26)

5-29 
(−)

乾 燥 物 の 質 量 分

率(mass fraction 
of dry matter)

w

d

w

d

=1−

O

H

2

w

ここに,

O

H

2

w

:水の質量分率(番

号 5-28)

5-30 
(−)

相対分圧(relative 
partial pressure),
相対湿度(relative 
humidity)

φ 

φp/p

sat

ここに,p:蒸気の分圧[JIS Z 8000-4

(番号 4-15.1)

      p

sat

(同温度の)飽和分圧

相対分圧は,RH と呼ばれること

も多く,パーセントを単位とす
る。


19

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-24.a   キ ロ グ ラ ム 毎 立

方 メ ー ト ル
( kilogram per 
cubic metre)

kg/m

3

5-25.a   キ ロ グ ラ ム 毎 立

方 メ ー ト ル

( kilogram per 
cubic metre) 

kg/m

3

5-26.a   (数の)1(one)

1

0.3.2

参照。

5-27.a   (数の)1(one)

 
 
 

1

0.3.2

参照。

5-28.a   (数の)1(one)

 

1

0.3.2

参照。

5-29.a   (数の)1(one)

 

1

0.3.2

参照。

5-30.a   (数の)1(one)

 
 

1

0.3.2

参照。


20

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

熱力学

番号

名称

記号

定義

説明

5-31 
(−)

蒸 気 の 相 対 質 量

濃 度 ( relative 
mass concentration 
of  vapour)

φ 

φv/v

sat

ここに,v:水蒸気の質量濃度(番

号 5-25)

v

sat

(同温度の)飽和時の

水蒸気の質量濃度

通常,相対分圧(番号 5-30)は,

蒸気の相対質量濃度と等しいと
してもよい。

5-32 
(−)

蒸 気 の 相 対 質 量

比(relative mass 
ratio of vapour)

ψ 

ψx/x

sat

ここに,x:飽和時の乾燥気体に対

す る 水 蒸 気 の 質 量 比

(番号 5-27)

x

sat

:飽和時の乾燥気体に対

する(同温度の)水蒸

気の質量比

5-33 
(−)

露 点 温 度 ( dew 
point temperature)

T

d

空気中の蒸気が飽和に達する温度。 対応するセルシウス温度は,t

d

で表す。この量は,露点とも呼
ばれる。


21

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

単位

熱力学

番号

名称

単位記号

定義

換算率及び説明

5-31.a   (数の)1(one)

1

0.3.2

参照。

5-32.a   (数の)1(one)

1

0.3.2

参照。

5-33.a   ケルビン(kelvin) K

対応するセルシウス温度の単位

はセルシウス度,記号は℃ 


22

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

附属書 A

(参考)

フート,ポンド及び秒を基本とする単位並びにその他の関連単位

これらの単位は用いないほうがよい。

量番号

単位番号

単位の名称及び記号

換算率及び説明

5-1

熱 力 学 温 度 : T
(thermodynamic  
temperature)

5-1.A.a

ランキン度:°R

K

9

5

R

1

=

°

ランキン度の記号°R の前にはスペー

スを空ける必要がある。

カ 氏 温 度 ( 華 氏 温

度 ): t

F

( Fahrenheit

temperature)

5-2.A.a

カ氏度:°F 

67

.

459

K

5

9

32

5

9

F

F

=

+

=

°

T

t

t

カ氏度の単位はランキン度と同一で

ある。カ氏度の記号°F の前にはスペ
ースを空ける必要がある。

5-6

熱(heat)

,熱量(amount

of heat)

5-6.A.a

英熱量単位: 
Btu

1 Btu=788.169 ft・lbf ≈ 1 055.056J 
同様に,過去にはさまざまな“英熱

量単位”が用いられていた。

5-7

熱流(heat flow rate) 5-7.A.a

英熱量単位毎時: 
Btu/h

1 Btu/h ≈ 0.293 071 W

5-9

熱 伝 導 率 ( thermal 
conductivity)

5-9.A.a

英熱量単位毎秒毎フート

毎ランキン度: 
Btu/(s・ft・°R )

1 Btu/(s・ft・°R) ≈ 6 230.64 W/(m・k)

5-10

熱伝達係数(coefficient 
of heat transfer)

5-10.A.a  
 
 
5-10.A.b

英熱量単位毎秒毎平方フ

ート毎ランキン度: 
Btu/(s・ft

2

・°R)

英熱量単位毎時毎平方フ

ート毎ランキン度: 
Btu/(h・ft

2

・°R)

1 Btu/(s・ft

2

・°R) ≈ 20 441.7 W/(m

2

・k)

 
 
1 Btu/(h・ft

2

・°R) ≈ 5.678 26 W/(m

2

・K)

5-14

熱 拡 散 率 ( thermal 
diffusivity)

5-14.A.a

平方フート毎秒: 
ft

2

/s

1 ft

2

/s=0.092 903 04 m

2

/s

5-16.1   比熱容量(specific heat

capacity)

5-16.A.a

英熱量単位毎ポンド毎ラ
ンキン度: 
Btu/(lb・°R)

1 Btu/(lb・°R)=4 186.8 J/(kg・K)

5-19

比 エ ン ト ロ ピ ー

(specific entropy)

5-19.A.a

英熱量単位毎ポンド毎ラ

ンキン度: 
Btu/(lb・°R)

1 Btu/(lb・°R)=4 186.8 J/(kg・K)

5-21.1 
 
5-21.2 
 
 
 
5-21.3 
 
5-21.4 
 
5-21.5

比エネルギー(specific 
energy) 
比熱力学エネルギー 
(specific  
thermodynamic energy) 
比 エ ン タ ル ピ ー
(specific enthalpy) 
比 ヘ ル ム ホ ル ツ エ ネ
ル ギ ー ( specific 
Helmholtz energy) 
比ギブズエネルギー

(specific Gibbs energy)

5-21.A.a

英熱量単位毎ポンド: 
Btu/lb

1 Btu/lb=2 326 J/kg


23

Z 8000-5

:2014 (ISO 80000-5:2007)

附属書 B

(参考)

その他の非 SI 単位及びその換算率

これらの単位は用いないほうがよい。

量番号

単位番号

単位の名称及び記号

換算率及び説明

5-6

熱(heat)

,熱量(amount

of heat)

5-6.B.a 15 度カロリー:

cal

15

1 cal

15

は,101.325 kPa の定圧で,空

気を含まない 1 g の水を 14.5  ℃から
15.5  ℃まで加熱するのに必要な熱量
である。 
1 cal

15

 ≈ 4.185 5(5) J

5-6.B.b

I.T.カロリー: 
cal

IT

1 cal

IT

=4.186 8 J

1 Mcal

IT

=1.163 kW・h

5-6.B.c

熱化学カロリー: 
cal

th

1 cal

th

=4.184 J

参考文献  The International System of Units, 8th edition, BIPM, 2006 (SI Brochure)

国際単位系,第 8 版,BIPM,2006 年(SI 刊行物)