>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

6000

-1996

マイクログラフィックス用語

Micrographics

−Vocabulary

1.

適用範囲  この規格は,マイクログラフィックスに関する主な用語及びその定義について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS K 7652

  写真−濃度測定−第 2 部  透過濃度の幾何条件

JIS K 7653

  写真−濃度測定−第 3 部  分光条件

JIS K 7654

  写真−濃度測定−第 4 部  反射濃度の幾何条件

JIS Z 8120

  光学用語

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 6196-1

  Micrographics−Vocabulary−Part 01:General terms

ISO 6196-2

  Micrographics−Vocabulary−Part 02:Image positions and methods of recording

ISO/DIS 6196-3

  Micrographics Vocabulary−Part 03:Film processing

ISO 6196-4

  Micrographics−Vocabulary−Part 04:Materials and packaging

ISO 6196-5

  Micrographics−Vocabulary−Part 05:Quality of image, legibilit, inspection

ISO 6196-6

  Micrographics−Vocabulary−Part 06:Equipment

ISO 6196-7

  Micrographics−Vocabulary−Part 07:Computer micrographics

ISO/DIS 6196-8

  Micrographics−Vocabulary−Part 08:Application

2.

分類  用語は,次のように分類する。

(1)

一般

(2)

画像の配置及び撮影方法

(3)

フィルムの処理

(4)

材料及び包装

(5)

画像の品質,可読性及び検査

(6)

機器

(a)

機器一般

(b)

撮影機

(c)

処理機

(d)

フィルム装てん(填)機器

(e)

複製装置

(f)

検査装置

(g)

投影及びハードコピー作製装置

(7)

コンピュータマイクログラフィックス


2

Z 6000-1996

(8)

応用

(a)

応用

(b)

焼付け

(c)

投影

(d)

ハードコピー

(e)

検索

(f)

検索コード方式

3.

用語,定義及び対応英語  用語,定義及び対応英語は,次のとおりとする。

なお,番号の右肩の*印は,その用語が ISO 6196-1に規定されていないものであることを示す。

また,対応英語の中には,参考として示してあるものがあり,これには英語の後に“

(参考)

”と付記し

てある。

備考1.  用語欄で,二つ以上の用語が“,”で区切って併記してある場合,その順位に従って優先使用

する。

2.

用語及び対応英語で,丸括弧が付いている部分は,紛らわしくない場合は省略することがで

きる。この場合は,丸括弧内を省略したときと省略しないときの間に優先順位はない。

例“(フィルム)処理”は,“処理”又は“フィルム処理”を表す(03.01 参照)。

3.

用語で,誤読のおそれがあるものについては,用語欄で,その用語の 1 行下に丸括弧を付け

て平仮名書きで“読み方”を示す。

4.

使用分野を限定する用語及び対応英語については,用語に続く角括弧内にそのことを示す。

5.

定義の文章で,太字で示してある用語は,この規格の中に規定されている用語である。

参考(1)  分類の(1)(5)及び(7)の番号は,4個の数字によって表す。

最初の2けたの数字は分類(例えば,01は一般,02は画像の配置及び撮影方法,03はフィルム

の処理)を,次の2けたの数字は,同一分類内の一連番号を意味する。

(2)

分類の(6)及び(8)の番号は,6 個の数字によって表す。

最初の 2 けたの数字は分類(06 は機器)を,次の 2 けたの数字は同一分類内の区分(例えば,

01

は機器一般,02 は撮影機)を,最後の 2 けたは,同一分類同一区分内の一連番号を意味す

る。

(1)

一般

番号

用語

定義

対応英語

01.01 

マイクログラフィッ
クス

マイクロフォームの作成,保管,保存及び活用にかか
わる技術。

micrographics

01.02 

マイクロフォーム

マイクロ像を収めた情報媒体の総称。通常,フィルム
形態のものが多い。 

例  ロール状又はストリップ状のマイクロフ

ィルム,シート状のマイクロフィッシュ,
アパーチュアカード,ジャケット。

microform

01.03 

マイクロ像

光学的手段によって得られる

画像で,肉眼で直接視読

できないほど微細なもの。

備考  通常,フィルムのこま内に撮影した画

像をいう。

microimage


3

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

01.04 

被写資料

撮影される文書,図面など。

例  被写(体)文書,被写(体)図面 
備考  被写体ともいう。

original source document

01.05 

画像

1

被写資料を光学的手段によって,スクリーン又は感

光面上に目に見える形に再現したもの(01.06*を参照)

2

被写資料を電磁的手段によって,表示器上で目に見

える形に再現したもの。

image

01.06* 

写真画像

連続した階調をもつ

画像。 photographic

image(参考)

01.07 

潜像

露光その他によって写真乳剤層に作られた現像可能
の目に見えない像。

latent image

01.08 

ネガ状画像

黒い背景に線・文字が白く表された

画像。 negative-appearing

image

01.09 

ポジ状画像

白い背景に線・文字が黒く表された

画像。 positive-appearing

image

01.10 

極性

被写資料又は画像での背景に対する文字,線の明暗の
関係。 

備考  被写資料又は前世代の画像に対して,画

像の明暗の関係が変化したか,しなかった
かを表すときに使う。例えば,

第一世代の

ネガ状画像が,第二世代でポジ状画像に
なるのを,

画像の極性が逆になったといい

第一世代のネガ状画像が,第二世代でネ
ガ状画像になるのを,画像の極性が変わ
らないという。

polarity

01.11 

露光

画像を得るために,感光材料が光,レーザビーム,電
子ビームなどで照射されること。

exposure

01.12 

露光時間

感光材料が光,レーザビーム,電子ビームなどで照射

される時間。

exposure time

01.13 

露光量

感光材料に照射される光,レーザビーム,電子ビーム
などの時間の積分値。

light exposure

01.14 

こま

1 回の露光で撮影されたフィルムの区域。

備考  フレームともいう(01.29*及び 01.30*を参

照)

frame

01.15 

画像域

フィルムのこま内に撮影されたマイクロ像の区域。

備考  その区域は被写資料の大きさ及び縮小率

で決まる。

image area

01.16 

画像ブロック

マイクロフィッシュでマイクロ像が占有できる区
域。

image block

01.17 

こまピッチ

連続して隣り合う二つの

こま上の対応する点と点との

間の距離。

備考  プルダウンともいう。

(英)frame pitch,

(米)pull down


4

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

01.18 

世代

撮影した

フィルム(第一世代フィルム)を基準とし,

それから系統的に複製を重ねていくときの呼び。

備考  第一世代フィルムは,オリジナルフィル

ムともいう。

generation

01.19 

マイクロフォームの
第 世代

第一世代フィルムを 1 番とし,第一世代から 番目
の世代。

n

th

 generation of a 
microform

01.20 

マスタ

複製又は複製専用マスタの製作に使用するマイクロ
フォーム。

master

01.21 

(複製)専用マスタ

大量の

複製を作るために特別に作られた複製による

マイクロフォーム。

intermediate

01.22 

複製

密着又は光学的手段による焼付けによって

マイクロ

フォームを複写すること,又は複写したマイクロフ
ォーム。

備考  通常,その比は 1 : 1 である。

duplicate

01.23 

ハードコピー

光学機器を用いないで直接目で読むことができるよう
に,

マイクロ像を主として紙に拡大したもの。

hard-copy

01.24 

拡大

主として紙又はスクリーン上へ,

マイクロ像をより大

きく投影すること。又は投影した

画像。

enlargement

01.25 

コピー

マイクロ像を複製又は復元すること。 copy

01.26 

縮小率

マイクロ像の大きさ(長さ)と,被写資料の大きさ
(長さ)との比。 

例  縮小率は,1 : 24 のように表す。 
備考  縮率ともいう。

reduction ratio

01.27 

拡大率

拡大による

画像の大きさ(長さ)と,マイクロ像の大

きさ(長さ)との比。

例  拡大率は,24 : 1 のように表す。

enlargement ratio

01.28 

復元倍率

マイクロ像からのハードコピーの大きさ(長さ)と,
被写資料の大きさ(長さ)との比。 

例 1/2 復元(A0 判図面のマイクロ像から,A2

判の

ハードコピー)

reproduction ratio

01.29* 

単こま

こまの最小単位。 

備考  シングルフレームともいう。

single frame(参考)

01.30* 

倍こま

横に隣接した二つの

単こまが組み合わさったもの。

備考  ダブルフレームともいう。

double frame(参考)

01.31* 

表読み 
(おもてよみ)

文字,文書及び図を表面から読む状態。それらの向き
が横又は逆さの状態を含む。

備考1.  表読みを表現する代表的文字は“F”

で表示する。

2.

文字,文書及び図を裏面から読む状態
を裏読み (reverse reading) という。そ

れらの向きが横又は逆さの状態を含
む。

3.

裏読みを表現する代表的文字は“╕”

で表示する。

right reading(参考)


5

Z 6000-1996

(2)

画像の配置及び撮影方法

番号

用語

定義

対応英語

02.01 

コミックモード

マイクロフィルムの画像配置の一つの方法で,左書
き文書の場合,文章の行が

フィルムの長さ方向に対し

て平行である

マイクロ像の配置。 

また,右書き文書の場合,文章の行が

フィルムの長さ

方向に対して垂直である

マイクロ像の配置。

comic mode, 
(英)horizontal mode, 
(米)orientation B

02.02 

横モード

マイクロフィッシュの画像配置の一つの方法で,左
書き文書の場合,

画像ブロックのマイクロ像が順に

左から右へ,上の行から下の行へと続く配置。 

また,右書き文書の場合,

画像ブロックのマイクロ

像が順に右から左へ,上の行から下の行へと続く配置。

(英)horizontal

microfiche,

(米)horizontal mode


6

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

02.03 

シネモード

マイクロフィルムの画像配置の一つの方法で,左書
き文書の場合,文章の行が

フィルムの長さ方向に対し

て垂直である

マイクロ像の配置。 

また,右書き文書の場合,文章の行が

フィルムの長さ

方向に対して平行である

マイクロ像の配置。

cine mode, 
(英)vertical mode, 
(米)orientation A

02.04 

縦モード

マイクロフィッシュの画像配置の一つの方法で,画
像ブロックのマイクロ像が順に上から下へ,左の列
から右の列へと続く配置。 

(英)vertical microfiche,
(米)vertical mode

02.05 

格子図形

格子線で構成された碁盤目状の図形。通常,マイクロ
フィッシュの画像ブロックは,これらを仮想線とし
て分割した長方形から成り立つ(02.13*を参照)

grid pattern

02.06 

画像配置

マイクロフォームにおけるマイクロ像の向き及び位
置。

image arrangement

フィルムの長さ方向に 1 列に撮影する方法,又はその
画像配置。

simplex

02.07 

シンプレックス


7

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

02.08 

デュープレックス

1 回の露光で原稿の表裏をフィルムの幅方向に 2 列に
撮影する方法,又はその

画像配置。

duplex

02.09 

デュオ

フィルムの片側半分に連続してシンプレックス又は
デュープレックスの方法で撮影した後,残り半分に最
初とは逆の方向に連続して撮影する方法。又はその

像配置。 

duo

02.10 

平床式撮影 
(へいしょうしきさ
つえい)

被写資料とマイクロフィルムとを,ともに静止した
状態で撮影する方法。

planetary filming

02.11 

輪転式撮影

被写資料の投影された像とマイクロフィルムとを,
同期状態(投影された像と

マイクロフィルムとが同一

速度を保つ。

)で移動しながら撮影する方法。

rotary filming

02.12 

ステップアンドリピ
ート式撮影

マイクロフィッシュ上の格子図形に従って順次被
写資料を撮影する方法。平床式撮影の一種。 

備考  露光中は被写資料及びフィルムは静止し

ている。

step-and-repeat filming

02.13* 

格子線

マイクロフィッシュ上を長方形に分割する仮想の縦
及び横の線。

grid line(参考)

02.14* 

(マイクロフィッシ
ュの)列

マイクロフィッシュ上の縦に並んだこまの列。 microfiche

column(参考)

02.15* 

(マイクロフィッシ
ュの)行

マイクロフィッシュ上の横に並んだこまの列。 microfiche

row(参考)

(3)

フィルムの処理

番号

用語

定義

対応英語

03.01 

(フィルム)処理

露光された写真感光材料を,化学的又は物理的方法に
よって潜像を可視像とし,最終的に利用できるよう仕
上げる一連の工程又は操作の総称。 

備考  現像処理ともいう。

(film) processing


8

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

03.02 

普通(現像)処理

感光材料に対してフィルム製造業者が指定する

処理の

総称。主な

処理を次に示す。

(a)

銀−ゼラチンフィルム:現像,定着,水洗及

乾燥からなる一連の処理で,通常,被写資

料と逆の極性が得られる。

また,複製用の

直接反転銀塩フィルムは,

マスタと同じ極性が得られる。

(b)

熱現像銀フィルム及びベシキュラフィルム:
現像を熱で行う一連の

処理。

(c)

ジアゾフィルム:現像をアルカリ(例えば,
アンモニア)雰囲気中又は熱で行う一連の

理。

conventional processing

03.03 

反転(現像)処理

被写資料又はマスタと同じ極性が得られる銀−ゼラ
チンフィルムの処理。反転処理には完全反転処理及
びハライド(簡易)反転処理がある。 

備考1.  完全反転処理は,第2露光及び第2現像

又はかぶり剤を含む第2現像を行う

理。

2.

ハライド(簡易)反転処理は,第 2
露光及び第 2 現像又はかぶり剤を含

む第 2 現像を行わない

処理。画像の耐

久性は低下する。

reversal processing

03.04 

湿式処理

液状又は噴霧状の化学薬品を用いる方式。 wet

processing

03.05 

乾式処理

フィルム中に加えられている化学薬品が,ガス又は熱
若しくはガス及び熱と反応して行われる方式。

dry processing

03.06 

溶液

湿式処理に用いる化学薬品を溶解した液。 bath

03.07 

停止液

進行中の現像作用を停止させる酸性溶液。 stop

bath

03.08 

現像

潜像を可視像に変えること。 development

03.09 

現像液

現像のための溶液。 developer

03.10 

現像主薬

現像液の主な働きをする薬剤。 developing

agent

03.11 

アクチベータ

感光層中に現像主薬が内蔵された写真感光材料の場
合,その主薬の作用を開始又は加速させる薬剤。

activator

03.12 

定着

銀−ゼラチンフィルムの感光性を除去して,現像さ
れた

画像を安定にするための処理。現像されずに残っ

ているハロゲン化銀を水溶性のチオ硫酸銀錯塩に変え
る。

fixing

03.13 

定着液

定着のための溶液。 fixer

03.14 

安定化

(1)

銀−ゼラチンフィルム  定着・水洗の代わり
に用いられる方式で,残留ハロゲン化銀を比

較的光に対して安定な無色の化合物に変換す
る方法。 
備考  この方法は迅速処理が可能になるが,未露

光部にはこの化合物が残留するので,

画像

の耐久性は低下する。

(2)

ベシキュラフィルム

現像に引き続き,全面露

光を施す方法。 
備考  この方法は,残留ジアゾニウム塩の感光性

を除去して,

現像された画像を安定にす

る。

stabilization


9

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

03.15 

清浄

白黒反転処理又はカラー処理で,汚染が生じないよう
にすること。

clearing

03.16 

一浴現像定着液

現像と定着との作用を併せもった溶液。 

備考  銀−ゼラチンフィルムに使用する。

monobath

03.17 

水洗

写真感光材料から,不要な溶解化学薬品及びチオ硫酸

銀錯塩を除去するため,水で洗浄すること。

washing

03.18 

乾燥

写真感光材料から不要な水分を除去すること。 drying

03.19* 

残留チオ硫酸塩

水洗後,写真感光材料中に残っている溶解化学薬品及
びチオ硫酸銀錯塩など。

residual tiosulfate

(4)

材料及び包装

番号

用語

定義

対応英語

04.01 

支持体

感光層を塗布する基材。 

例  ポリエステルフィルム,紙,ガラス

base

04.02 

感光層

光,レーザビーム,電子ビームなどによって

露光され

る材料で,

支持体に塗布されているもの。

photosensitive layer

04.03 

(写真)フィルム

柔軟で透明な

支持体と一層以上の感光層とから構成

されたロール状又はシート状のもの。

(photographic) film

04.04 

銀塩フィルム

感光性のある銀の化合物を感光主体とした

フィルム

の総称。

例  銀−ゼラチンフィルム(04.56*を参照)

現像フィルム(04.57*を参照)

silver film

04.05 

直接反転銀塩フィル

普通現像処理で,画像の極性が変わらない銀−ゼラ
チンフィルム。

direct positive silver film

04.06 

ジアゾフィルム

重合体材料中にジアゾニウム塩を分散した一層以上の
感光層をもち,色素画像を形成するフィルム。このジ
アゾニウム塩は,

現像処理で,発色剤と反応してアゾ

色素を形成する。発色剤は

感光層中か又は処理液中に

含有する。

画像の色は,ジアゾニウム化合物の組成及

び発色剤によって決まる。

ジアゾフィルムで得られる

画像の極性は,マスタと変わらない。

diazo film

04.07 

ベシキュラフィルム

熱可塑性材料中にジアゾニウム塩を分散した一層以上

感光層をもち,気泡の画像を形成するフィルム。

露光で,そのジアゾニウム塩は分解し窒素の微少気泡
を発生し,

潜像を形成する。潜像は熱現像処理によっ

て気泡を形成し,可視像となる。

ベシキュラフィルム

で得られる

画像の極性は,一般にマスタの極性と逆

になる。

vesicular film 

04.08 

反転(銀塩)フィル

反転現像処理のために作られた銀−ゼラチンフィ
ルム。 

備考  処理後の画像は被写資料と同じ極性。

reversal film

04.09 

(生)マイクロフィ
ルム

マイクロ像を記録するのに用いる微粒子,高解像力フ
ィルム。

(rawstock) microfilm

04.10 

マイクロフィルム

マイクロフォームの一つで,ロール状又はストリップ
状のもの。 

備考  保持具,容器をもたないロール状,ストリ

ップ状又はシート状の

マイクロフォーム

をいう。

microfilm


10

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

04.11 

マイクロフィッシュ

マイクロフォームの一つで,複数のマイクロ像が格
子図形を形成するように配置し,上部に見出し欄をも
つ長方形の

フィルム。 

備考  特殊なものとして,見出し欄を除く全体で

一こまの

マイクロ像を形成する場合もあ

る。

microfiche

04.12 

エッジノッチ

シート状

フィルム又はマイクロフィッシュの短辺上

で,隅に近い位置に付けた切込み。

備考  フィルムの感光面又は膜面の識別に使用

する。

edge notch

04.13 

検索ノッチ

自動検索に使用するため,

マイクロフォームの一辺に

沿って付けられたコード化(符号化)された切込み。

retrieval notch

04.14 

隅切り

シート状

フィルム,マイクロフィッシュ又はアパー

チュアカードの一つの角を斜め方向に切り落とすこ
と。

備考1.  コーナカットともいう。

2.

シート状

フィルム又はマイクロフィ

ッシュでは,感光面又は膜面の識別に
使用する。

3.

アパーチュアカードでは,世代の区
別,カードの向きをそろえることなど

に使われる。

corner cut

04.15 

裁断マーク

自動裁断するために,あらかじめ

露光時にフィルム上

又は複写紙上に作られるマーク。

備考  ロールフィルムから裁断してマイクロフ

ィッシュを,又はロール状複写紙から裁断
してシート状コピーを作るのに使われる。

cut mark

04.16 

リーダ(フィルム)

ロールフィルムの

マイクロ像のない最初の一定の長

さの部分,又は接着したほかの

フィルムを含む一定の

長さの空白の部分。

備考  マイクロ像の保護及びマイクログラフ

ィックス装置への装てんに使用する。

leader

04.17 

トレーラ(フィルム)  ロールフィルムの最後のマイクロ像から終端までの

一定の長さの空白の部分,又は装着したほかの

フィル

ムを含む一定の長さの空白の部分。

trailer 

04.18 

見出し欄

マイクロフィッシュ又はジャケットの上部に,見出
しを表示するために設けられた領域。

heading area

04.19 

見出し

マイクロフィッシュ又はジャケットの内容を容易
に識別し,かつ,その管理及び利用の便を図る目的で,
見出し欄に必要な諸事項を,肉眼で読める大きさの文
字などで表示したもの。

heading

04.20 

余白[マイクロフォ
ームの]

マイクロフォームにおいて,マイクロ像を記録しな
い領域。

margins

04.21 

カラーストライプ

検索又は識別の目的で,

見出し欄の全面若しくは上

部,又は

アパーチュアカードの上部に施した色の帯。

colour stripe

04.22 

見出し欄被膜

見出し欄に文字が書けるように,その表面全体に施し
た半透明の被膜。

heading area coating


11

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

04.23 

フォトオペーク被膜

ジアゾフィルム又はベシキュラフィルムへの複製
を防止するため,

マイクロフィッシュの全面に施し

た透明の被膜。 

備考  この透明の被膜が紫外線を吸収する。

photo-opaque coating

04.24 

配布用マイクロフォ
ーム

活用を意図とした

複製。

備考  マスタ・複製専用マスタとは異なる。

distribution microform, 
distribution copy

04.25 

マガジン

生マイクロフィルムを入れる遮光性の容器。 

備考  マイクロフィルムの作製機器への装てん

及び取出しを容易にするもの。

magazine

04.26 

カートリッジ

(1)

ロールフィルムを収納する単心の

容器。

備考  この容器の装置からの取出しは,完全にフ

ィルムを巻き戻してから行う。

(2)

マイクロフィッシュ又はストリップを収納す

容器。

備考  これは検索装置への挿入を容易にするも

の。

cartridge

04.27 

カセット

ロールフィルムを収納する複心の

容器。

備考  この容器の装置からの取出しは,フィルム

を完全に巻き戻さなくてもよい。

cassette

04.28* 

保持具

生マイクロフィルム又はマイクロフィルムを物理
的損傷から保護するための開放状の器具。通常,

保持

具はフィルムと接触した状態で用いる。 

例  巻心,リール,ジャケット,アパーチュア

カード,袋。

open enclosure(参考)

04.29 

巻心

(1)

リール又はスプールの中心部。

(2)

カートリッジ,マガジン又はカセットのフィル
ムを巻き付ける軸。

(3)

ロールフィルムを巻き付ける心棒。

core

04.30 

スプール

生マイクロフィルムを巻き付けるための,巻心に遮
光性があるフランジを付けた

保持具。

備考  これは,カメラ又は現像処理装置への挿入

を容易にする。

spool

04.31 

リール

処理済みロールフィルムを巻くための,

巻心にフラン

ジを取り付けた

保持具。

備考  これは,手動及び自動検索装置への挿入を

容易にする。

reel

04.32 

(マイクロフィル
ム)ジャケット

(1)

一こま以上の

マイクロフィルムを保持するよう

に作られた,平らで透明な柔軟性がある

保持具。

備考  上部には見出し欄をもち,支持シートと

イメージシートとの間にフィルムを保持
し,一つ以上の

フィルムチャネルを形成

する。

(2) (1)

保持具で,フィルムを保持した状態のもの。

(microfilm) jacket

04.33 

(ジャケット)支持
シート

透明なシート状の材料でできた

ジャケットの基材。

(jacket) support sheet


12

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

04.34 

イメージシート

フィルムチャネルを作るため,支持シートにはり付
ける,薄く透明な

フィルム状の基材。 

備考  イメージシートは,マイクロフィルムの

画像(乳剤面)側と対向する。

emulsion sheet

04.35 

チャネルのり代

フィルムチャネルを形成するために,支持シートに
イメージシートをはり付けた部分。

channel separation area

04.36 

フィルムチャネル

マイクロフィルムを挿入するジャケット内の空間。

film channel

04.37 

(ジャケット)挿入

マイクロフィルムをジャケットに挿入するための
フィルムチャネルの開口部。

(英)slot, 
(米)insertion opening

04.38 

リベート

支持シート側又はイメージシート側でのフィルム
チャネルの一端に,フィルムの挿入を容易にするため
に設けられた切込み。

rebate

04.39 

(ジャケット)位置
決めあな

ジャケットの見出し欄に設けられた小さなあな。 

備考  これはマイクロフィルムをジャケット

に挿入するときに,フィルム挿入機での

ャケットの位置を,精度よく合わせるのに
用いる。

(jacket) registration holes

04.40 

アパーチュアカード

一つ以上の

アパーチュアをもった紙カード。

備考  これに生マイクロフィルム若しくはマイ

クロフィルムをはり付け,又はマイクロ
フィルムを挿入する。

aperture card

04.41 

アパーチュア[アパ
ーチュアカードの]

特定の大きさの

マイクロフィルムを保持するように

作られた

アパーチュアカードの開口部。

aperture [of aperture card]

04.42 

アパーチュア粘着剤

アパーチュアにマイクロフィルムを保持するため
の接着剤。

aperture adhesive

04.43 

粘着テープ式(アパ
ーチュア)カード

マイクロフィルムを保持するために,カードの表面
又は裏面に,

アパーチュアの周辺から内側にわたって

粘着テープが付いている

アパーチュアカード。

(英)tape-type card, 
(米)adhesive card

04.44 

表面粘着テープ式
(アパーチュア)カ
ード

粘着テープが

カードの表面に付いているアパーチュ

アカード。

備考  これは,奇数の世代に使われる。

(英)tape-face card,

(米)adhesive face card

04.45 

裏面粘着テープ式
(アパーチュア)カ
ード

粘着テープが

カードの裏面に付いているアパーチュ

アカード。

備考  これは,偶数の世代に使われる。

(英)tape-back card, 
(米)adhesive back card

04.46 

袋式アパーチュアカ
ード

アパーチュアが 2 枚の透明なシートで覆われており,
その間に

マイクロフィルムを保持するアパーチュ

アカード。 

備考  マイクロフィルムを挿入するため,2 枚の

シートのうち 1 枚のシートの一辺は接着さ

れていない。

(英)jacket-type aperture

card,

(米)suspension-type

aperture card

04.47 

保持面[アパーチュ
アカードの]

マイクロフィルムを保持するアパーチュア周辺の,
アパーチュアカード自身より厚い部分。

buildup area


13

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

アパーチュアカードの保持面での最大の厚さとカー
ド自身の厚さとの差。

buildup thickness

04.48 

保持面の厚み[アパ
ーチュアカードの]

04.49 

カメラカード

アパーチュアに生マイクロフィルムを保持したア
パーチュアカード。 

備考  生マイクロフィルムは保持された状態で

露光及び現像処理される。

camera card

04.50 

イメージカード

処理済み

マイクロフィルムを保持したアパーチュ

アカード。

image card

04.51 

コピーカード

複製用の生マイクロフィルムを保持したアパーチ
ュアカード。 

備考  通常,ジアゾフィルム,ベシキュラフィ

ルムなどが用いられる。

copy card

04.52 

(カードの)列

アパーチュアカードの短辺に平行な 1 列のせん孔位
置。

card column

04.53 

(カードの)行

アパーチュアカードの長辺に平行な 1 列のせん孔位
置。

card row

04.54 

アパーチュアカード
せん孔範囲

アパーチュアカードのせん孔に使う範囲。 

備考  通常,コーディング域に等しい。

aperture card punch field

04.55 

コーディング域

コード化されたデータ(例えば,光学コード)を記録
する

アパーチュアカード内の区域。

備考  これにはアパーチュア及びマイクロフィ

ルムの保持面を含まない。

coding area

04.56* 

銀−ゼラチンフィル

ゼラチン中にハロゲン化銀を分散した

感光層をもつ

フィルム。

備考  現像処理による画像は,金属銀又は色素で

形成される。

silver-gelatin film(参考)

04.57* 

熱現像銀フィルム

樹脂(結合剤)中に有機酸銀を分散した

感光層をもつ

フィルム。

備考  熱処理による画像は,金属銀で形成され

る。

thermally processed silver

film(参考)

04.58* 

(フィルム)容器

生マイクロフィルム又はマイクロフィルムをほこ
り,汚れなどの物理的,化学的及び光化学的損傷から
保護するのに用いる収納器。 

例  マガジン,カートリッジ,カセット。

(film) container(参考)

04.59* 

識別マーク

リールのフランジに付けたマーク。 

備考  フィルムを角穴リールに巻くとき,

巻く方

向の識別に使う。

reference mark(参考)


14

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

04.60* 

カードの表面

アパーチュアカードに保持する又は保持したマイク
ロ像を,表読みになるようにした場合に,観察者側に
向いた

アパーチュアカードの面。

face of card(参考)

(5)

画像の品質,可読性及び検査

番号

用語

定義

対応英語

05.01 

解像度[マイクログ
ラフィックスの] 

(1)

写真系(装置,光学系,感光材料及び処理)に
おける微細な部分を記録する能力。

(2)

光学系における微細な部分を表示する能力。

resolution [of

micrographics]

05.02 

解像力 

光学系又は写真系の解像度の限界を数値で表示したも
の。

解像力は試験図票を用いて測定し,1mm 当たりの

黒白の

一対の条線の数で表す。

備考  収差がない光学系はないので,画像の全体が,

一定の

解像力を保持するものとは限らない。

resolving power

05.03 

アキュータンス 

写真画像の,明部と暗部との二つの隣接した部分の境界
線の鋭さを示す能力を,客観的に測定したもの(物理量)

acutance

05.04 

鮮鋭さ 

写真画像の,異なった濃度の二つの隣接部の境界が鮮鋭
に見える度合い。 

備考  この能力は,主観的かつ感覚的なものである。

sharpness

05.05 

粒子 

画像を形成する,ごく微細な金属銀の集まり。 grain

05.06 

粒状性 

粒子の大きさの分布むらによって起こる,画像の粒状構
造の不均一性の主観的な知覚。

graininess

05.07 

粒状度 

画像の粒状構造の不均一性の客観的尺度。均一に露光し
た面を測定して数値で表す。

granularity

05.08 

可読性 

画像における文字・線の,読みやすさの程度。 legibility

05.09 

コントラスト[画像
の] 

画像の最高濃度と最低濃度との差。

contrast [of an image]

05.10 

正味濃度[画像の] 

普通現像処理後の画像の濃度から,支持体の濃度及び
かぶり濃度を引いた値。

net density [of an image]

05.11 

かぶり 

写真感光材料を

現像したとき,露光しない部分に生じた

濃度。

fog

05.12 

かぶり濃度 

最小濃度(未露光部)と

支持体の濃度との差。 fog

level

05.13 

試験図票 

写真系の

解像力及び画像の可読性を評価するために作

られたもの。これは図形若しくは文字,又は図形と文字

とで構成される。

test chart

05.14 

ISO 図形文字 

正八角形の中に 2 本の平行線をもった次に示す図形。 

ISO character


15

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

05.15 

ISO 図形言語 

ランダムに配置された同じ大きさの,少なくとも四つの

ISO

図形文字からなる図票。

ISO word

05.16 

ISO No.1 試験図票 

一定の様式の間隔で配置された複数の ISO

図形言語で

構成した

試験図票。

備考  各言語の高さは

100

1

mm の単位で表示され,そ

の数値は,標準数 R20 の数列に適合する順序
で配置されている。

ISO No.1 test chart

05.17 

ISO No.2  解像力試
験図形 

平行に並べた 5 本の

一対の条線からなる二組を,直角に

配置したもの。 

ISO No.2 test pattern

05.18 

一対の条線 

黒線とそれに隣接する線幅に等しいすきまとの組合せ

05.17 の図を参照)

line pair


16

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

05.19 

ISO No.2 解像力試験
図票 

一対の条線の 1 mm 当たりの本数を表示してある ISO 
No.2

解像力試験図形で構成した試験図票。 

備考 1.  各図形の数値は,標準数 R20 の数列に

適合する順序で配置されている。

2. JIS 解像力試験で,図票 B ともいう。

ISO No.2 test chart

05.20 

マイクロ試験図票 

マイクロフォームの機器(リーダ,プリンタ,デュープ
リケータなど)における

画像の品質を評価するための,

ISO

図形言語又は ISO No.2 解像力試験図形を縮小し

た大きさの

試験図票。

microtest chart

05.21 

試験標板 

マイクログラフィックスにおけるシステムの品質を評
価するために使用する

試験図票,定規,反射板などを配

置したもの。

test target

05.22 

特性曲線[写真感光
材料の] 

写真感光材料における

露光量の常用対数と濃度との関係

を示す曲線。 

characteristic curve, 
sensitometric curve

05.23 

ガンマ 

特性曲線の直線部分のこう配。 

備考  量記号

γで表す。

γ=tan

α

gamma

05.24 

平均階調度 

特性曲線上の特定の 2 点を結ぶ直線のこう配。 

備考  マイクログラフィックスの場合には,特定

の 2 点は,通常,最小濃度に 0.1 を加えた点と
1.2 を加えた点である。

average gradient


17

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

05.25 

現像不足 

感光材料に対する不十分な

現像。

備考  これは短かすぎる現像時間,劣化した現像液

の使用,不十分なかくはん,低すぎる現像温

度などに起因する。この結果,

画像のコント

ラストが不十分になる。

underdevelopment

05.26 

現像過多 

感光材料に対する過大な

現像。

備考  これは長すぎる現像時間,強すぎる現像液の

使用,強すぎるかくはん,高すぎる現像温度

などに起因する。この結果,

画像のコントラ

ストが不十分になる。

overdevelopment

05.27 

露光不足 

感光材料に対する不十分な

露光。

備考  これは短かすぎる露光時間,レンズ絞りの絞

りすぎなどに起因する。この結果,

画像のコ

ントラストが不十分になる。

underexposure

05.28 

露光過多 

感光材料に対する過大な

露光。

備考  これは長すぎる露光時間,レンズ絞りの開け

すぎなどに起因する。この結果,

画像のコン

トラストが不十分になる。

overexposure

05.29 

焦点合わせ 

被写資料,レンズ及びフィルムの相対位置を調節して,
鮮鋭な

画像を感光面又は投影面上に結像させること。

focusing

05.30 

被写界深度 

一定の焦点距離と絞り設定のもとで,感光面上に許容で

きる程度の鮮鋭な

画像が得られる(カメラからの)最も

近い点と最も遠い点との 2 点間の距離。

depth of field

05.31 

残留チオ硫酸塩試験 

水洗後,銀−ゼラチンフィルム中に残留するチオ硫酸
塩の量を測定する目的で行われる化学分析試験法。 

備考  水洗後,残留チオ硫酸塩の量が多すぎると,

画像の保存寿命を縮め,変色を引き起こすこ
とになる。

residual thiosulfate ion

test

05.32* 

実用品位数 

マイクロ像の可読性の目安となる数値。 

備考  実用品位数 は,次の式で表される。 

R

M

H

p

=

ここに, H:文書における文字の高さ (mm) 

M

縮小率 1 : のときの M

R

解像力(本/mm)

quality index value(参

考)

05.33* 

背景濃度 

被写資料のマイクロ像において,文字及び画線が描かれ
ていないところの濃度。 

備考  バックグラウンド濃度ともいう。

background density(参

考)

05.34* 

(JIS 解像力試験)図
票 A[マイクログラ
フィックスの] 

ISO No.2

解像力試験図形とピッチは同じであるが,配

置が異なる

試験図票。

JIS resolution test chart

A(参考)


18

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

マイクロ像の文字の可読性を知るために用いる試験図
票。 

備考  この図票は,文字の種類,書体及び大きさの

異なるものの組合せで構成される。

legibility chart(参考)

05.35* 

可読性試験図票 

可読性試験図票の例

05.36* 

同期性試験図形 

被写資料と撮影フィルムとの同期ずれを試験するために
用いる,多数の

一対の条線を平行に配置した図形。

ladder pattern(参考)

(6)

機器

(a)

機器一般

番号

用語

定義

対応英語

06.01.01 

(結像)レンズ

感光面に記録又は

スクリーン上に観察できるような

画像を形成するように設計され,結像を目的とした光
学系(JIS Z 8120 の B 69 を参照)

lens

06.01.02 

コーティングレンズ

構成する光学ガラスと空気との界面に反射防止膜を設

けた

レンズ(JIS Z 8120 の I 39 を参照)

coated lens

06.01.03 

焦点距離[レンズの]  無限遠にある被写体が鮮鋭に結像されるとき,レンズ

の後側主点と結像面との距離。被写体の距離が一定で

あれば,

画像の大きさはこの焦点距離によって決まる

JIS Z 8120 の B 26 を参照)

(equivalent) focal length

[of a lens]

06.01.04 

レンズマウント

カメラ,リーダ,プリンタなどの光学装置本体に,
一つ又は複数個の

レンズを所定の正確な位置に固定す

レンズの支持具。

lens mount

06.01.05 

ターレット式レンズ
マウント

取り付けた複数個の

レンズのいずれか一つを所定の正

確な位置に回転して設定できる

レンズマウント。

lens turret

06.01.06 

スライディング式レ
ンズマウント

取り付けた複数個の

レンズのいずれか一つを所定の正

確な位置に直線的に移動して設定できる

レンズマウ

ント。

sliding lens mount

06.01.07 

交換式レンズマウン

レンズの取外し又は交換ができる単独のレンズマウ
ント。

interchangeable lens

06.01.08 

ドープ処理水銀ラン
プ, 
メタルハライドラン

ある波長域−通常近紫外波長  (>400nm)  −の発光を著
しく高める物質を含む放電ランプ。

備考  これはジアゾフィルム及びベシキュラ

フィルムを複製するときの光源として
用いる(JIS Z 8120 の M 17 を参照)

doped mercury lamp, 
metal halide lamp(参考)


19

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

06.01.09 

(光)フィルタ

入射する光の強度,分光分布などを変化させる光学素
子(JIS Z 8120 の I 30 を参照)

(light) filter

06.01.10 

ダイクロイックフィ
ルタ

入射する光の一部の波長範囲を透過し,他の波長範囲
は反射する

フィルタ(JIS Z 8120 の I 38 を参照)

dichroic filter

06.01.11 

アンチカロリックミ
ラー

赤外線を透過し,可視光は反射する

ダイクロイックフ

ィルタ。

anticaloric mirror

06.01.12 

防熱フィルタ

マイクロフォームに損傷を与える赤外線だけを吸収
し,可視光は透過する

フィルタ。

catathermic filter, 
heat-absorbing filter(参考)

06.01.13 

ニュートラルフィル

近紫外から近赤外までの全域にわたる光を均一に吸収
する

フィルタ。これによって,分光分布を変えずに光

の強度を減じることができる。

備考 ND フィルタともいう。

neutral density filter

06.01.14 

波長フィルタ

近紫外から近赤外の範囲の,ある波長の光を部分的に
吸収する

フィルタ。

備考  色フィルタともいう。 
例  色温度交換フィルタ,色補正フィルタな

ど。

colour filter

06.01.15 

色温度変換フィルタ

カラーフィルムに到達する光の色温度を,使用する

ィルムの特性に合わせて変換する波長フィルタ(JIS 
Z 8120

の I 32 参照)

(colour) conversion filter

06.01.16 

色補正フィルタ

カラーフィルムの一つ又は二つの原色を選択的に修正
する低濃度の

波長フィルタ。

備考 CC フィルタともいう。

(colour) compensating

filter

06.01.17 

安全光フィルタ

感光面に作用する特定の光を吸収する

波長フィルタ。

これは暗室内での作業を容易にし,

フィルムの好まし

くない感光を防止するもの(JIS Z 8120 の R 32 を参
照)

safelight filter

06.01.18 

フィルム圧板, 
フィルムクランプ

(1)

(生)マイクロフィルムでの撮影又はマイク
ロフォームの読取り若しくは引伸しにおける
露光時に平面性を保持する機構。

(2)

複製での露光時にマスタと(生)マイクロフィ
ルムとを密着保持する機構。

film platen, 
film clamp

06.01.19 

駆動ローラ

装置内の

マイクロフィルム又は紙を搬送するための

スリップ防止を施した動力伝達用のローラ。

driving roller

06.01.20 

アイドルローラ

装置内の

マイクロフィルム又は紙を,案内するか,常

に張力を保つための回転自在なローラ。

idle roller

06.01.21 

プレッシャローラ

駆動ローラに,マイクロフィルム又は紙を押し付け
るローラ。 

備考  ピンチローラともいう。

pressure roller

06.01.22 

フィルムゲート, 
アパーチュア板

マイクロフィルムカメラ,リーダ又はプリンタにお
いて,

露光又は投影のときにマイクロフィルムを正

しく平面状に保持し,

露光又は投影の範囲を限定する

開口部をもつ機構。

film gate, 
aperture plate

06.01.23 

アパーチュア[光学
系の]

光学系において,光が通過することができる開口(JIS 

Z 8120

の L 10 を参照)

aperture [of an optical

system]

06.01.24 

オドメータ

マイクロフォーム機器において,ある一点を基準にし
て,そこを通過する

フィルムの長さを測定する器具。

備考  例えば,ロールフィルムのマイクロ像を検

出するための位置出しに用いる。

odometer


20

Z 6000-1996

(b)

撮影機

番号

用語

定義

対応英語

06.02.01 

(マイクロフォー
ム)カメラ

被写資料を光学的に縮小し,フィルムに潜像を記録
するように作られた装置(JIS Z 8120 の K 1 を参照)

(microform) camera

06.02.02 

平床式(マイクロフ
ォーム)カメラ

平床式撮影をするカメラ。 planetary

camera,

flatbed camera

06.02.03 

輪転式(マイクロフ
ォーム)カメラ

輪転式撮影をするカメラ。 rotary

camera

06.02.04 

ステップアンドリピ
ート式(マイクロフ
ォーム)カメラ, 
マイクロフィッシュ
カメラ

自動的に

ステップアンドリピート式撮影をするカ

メラ。

step-and-repeat camera, 
microfiche camera

06.02.05 

カメラプロセッサ

カメラとフィルム自動現像機の機能とを併せもつ装
置。

camera processor

06.02.06 

二本撮り(マイクロ
フォーム)カメラ

同一の

被写資料を 2 本の(生)マイクロフィルムに

同時に撮影する

平床式カメラ又は輪転式カメラ。

dual camera

06.02.07 

連続用紙(マイクロ
フォーム)カメラ

連続する用紙の撮影のために作られた,又はそれに適

した

輪転式カメラ。

(米)continuous form

canmera,

(英)continuous stationery

camera

06.02.08 

カメラヘッド

平床式カメラにおいて,レンズ,シャッタ,フィル
ム送り機構,

マガジンなどからなる遮光された装置。

camera head

06.02.09 

資料保持機構

被写資料を正しい位置で撮影するために一時的に固
定させる機構。

document holder

06.02.10 

背面照明装置

半透明の

被写資料の撮影のときに使う装置で,被写資

料に対して背面から拡散光を均一に全面に分散照射す
るようにした装置。

備考  バックライト装置ともいう。

subsurface illuminator

06.02.11 

押さえ器具

露光の間,被写資料を平らに保持する棒。 hold-down

bar

06.02.12 

自動文書送込み装置

所定の場所にセットされた

被写資料を自動的に 1 枚ず

つ順次カメラに送り込む装置。

備考  オートフィーダともいう。

automatic document feeder

06.02.13 

見出し撮影機構

マイクロフィッシュに見出しを撮影する機構。カメ
ラの一部分を構成する場合もある。

titling unit

06.02.14 

自動露光調整機構

撮影のとき,

露光量を自動的に調節するカメラの機

構。

automatic exposure control

06.02.15 

自動こま送り機構
[ステップアンドリ
ピート式の]

ステップアンドリピート式カメラにおいて,格子図
形に従ってフィルムを自動的に移動させる機構。 

備考  ステッパ (stepper) ともいう。

(仏)chariot, 
stepper(参考)

06.02.16 

搬送機構

フィルムを決められた方式で移動させる機構。 transport

mechanism

06.02.17 

ガラスガイド

輪転式カメラにおいて,被写資料を撮影位置に案内
するためのガラス板。

glass-guide

06.02.18 

重送防止機構

自動文書送込み装置において,同時に複数枚の被写
資料が送られるのを防ぐ機構。

document stop

06.02.19 

番号付け器械

マイクロフィルムの撮影のとき,マイクロ像及び/
又は

被写資料に自動的に番号付けを行う器械。

numbering device

06.02.20 

コーディング機構

ドキュメントマークなどの情報コードをフィルムに
記録する

カメラの機構の一部。

coding device


21

Z 6000-1996

(c)

処理機

番号

用語

定義

対応英語

06.03.01 

フィルム現像機

フィルムを現像処理する装置。 film

processor

(d)

フィルム装てん(填)機器

番号

用語

定義

対応英語

06.04.01 

(アパーチュア)カ
ードマウンタ

マイクロフィルムを所定の位置で切断し,アパー
チュアカードのアパーチュア部に固定する器械。
通常,固定する位置を確認する

スクリーンを装備

している。

aperture card mounter

06.04.02 

カートリッジローダ

ロールフィルムを

カートリッジに装てんする器

具。

cartridge loader

06.04.03 

ジャケットフィラー

ロールフィルムをストリップ状に切り,

ジャケッ

トのフィルムチャネルに挿入する器械。通常,挿
入位置を確認する

スクリーンを装備している。

jacket filler

06.04.04 

フィルム巻返し器

リール,スプール又は巻心に巻かれたロールフィ
ルムを,他の

リール,スプール又は巻心に巻取る

器具。

film rewind

(e)

複製装置

番号

用語

定義

対応英語

06.05.01 

(マイクロフォー
ム)複製装置

マイクロフォームを複製する装置。 (microform)

duplicator

06.05.02 

ループ機構

先端と後端とを接合した環状の

マスタから,連続

的に

マイクロフォームを複製するための,ロール

フィルム複製装置の附属機構。

loop printer

(f)

検査装置

番号

用語

定義

対応英語

06.06.01 

ライトボックス

観察面が半透明の材料で作られた背面照明器具。
フィルムの検査に用いる。

light box

06.06.02 

検査ステーション

ライトボックス,濃度計,フィルム巻返し器など
の各種機能を併せ備えた

マイクロフォームの検査

装置。

inspection station

06.06.03 

濃度計

透過光又は反射光によって光学濃度を測定する器
械(JIS K 7652JIS K 7653 及び JIS K 7654 を参

照)

densitometer

06.06.04 

マイクロデンシトメ
ータ

微小部分の光学濃度を測定する

濃度計。

備考  ミクロデンシトメータともいう。

microdensitometer

06.06.05 

輝度計

輝度を測定する器械。 lightmeter,

luminance meter

06.06.06 

照度計

照度を測定する器械。 luxmeter

(g)

投影及びハードコピー作製装置

番号

用語

定義

対応英語

06.07.01 

リーダ

マイクロ像を肉眼で読めるように光学的手段によ
って拡大投影する装置。

reader

06.07.02 

スクリーン

マイクロ像を投影する面。光学特性をもつもの。

screen

06.07.03 

透過スクリーン

マイクロ像を背面から投影して読み取るスクリー
ン。片面が光を拡散するように半透明材料からな
る。

translucent screen

06.07.04 

反射スクリーン

マイクロ像を前面から投影して読み取るスクリー
ン。加工した面をもつ不透明材料からなる。

opaque screen


22

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

06.07.05 

マイクロフォーム搬
送機構

一つの

マイクロ像から他のマイクロ像へと移動で

きるようにした機構。通常,

押さえガラスを含む。

microform carrier

06.07.06 

押さえガラス[マイ
クロフォーム搬送機
構の]

マイクロフォーム搬送機構でマイクロフォームを
固定保持する透明なガラス板。

microform carrier flat

06.07.07 

コンデンサレンズ

リーダ又はプリンタのアパーチュア部分に光線を
集め,

マイクロ像に十分な照明が得られるように

した光学素子。

condensing lens

06.07.08 

光源装置

リーダ又はプリンタにおける,光源及び関連する
光学素子から構成された装置。

lighting system

06.07.09 

フローティングレン

マイクロフォーム搬送機構が移動中でも一定の焦
点を維持するように,

レンズ鏡筒が押さえガラス

上に載っているか又は

マイクロフォームと接触し

た状態にある

レンズ。

floating lens

06.07.10 

画像回転機構

リーダ又はプリンタにおいて画像の向きを回転調
節する機構。

image rotating device

06.07.11 

プリンタ

定められた拡大率で

マイクロ像のハードコピーを

作製する装置。この種の装置にはモニタ用

スクリ

ーンが設けられたものもある。

printer

06.07.12 

リーダプリンタ

リーダとプリンタとの両機能を併せもつ装置。

reader-printer

06.07.13 

検索装置

蓄積された

マイクロフォームの中から必要とする

マイクロ像を探し出す装置。

retrieval device

06.07.14 

自動検索装置

必要とする

マイクロ像の選択,位置合わせ,投影

などすべての操作を自動的に行う

検索装置。マイ

クロ像の検索はコンピュータに登録されているイ
ンデックスによる。

automated retrieval

06.07.15 

半自動検索装置

操作のうち一部を自動化した

検索装置。

semiautomated retrieval

device

06.07.16 

製版機[マイクロフ
ォームの]

マイクロフォームからオフセット印刷版を作る装
置。

plate maker

06.07.17 

ハンドビューア

マイクロ像を見るのに用いる単眼又は双眼の拡大
鏡。

hand viewer

(7)

コンピュータマイクログラフィックス

番号

用語

定義

対応英語

07.01 

コンピュータマイク
ログラフィックス

マイクログラフィックスの分野において,コンピ
ュータ利用技術によって

マイクロフォームの作

製,保管及び検索の一連の処理作業を行うこと。

computer micrographics

07.02 

コンピュータ出力マ
イクロフィルミン
グ, 
COM

コンピュータの出力からオンライン又はオフライ
ンのいずれかで直接

マイクロフォームを作製する

技術。

computer output

microfilming,

COM (abbr.)

07.03 

COM 装置

コンピュータ出力マイクロフィルミングのための
装置。

COM recorder

07.04 

アルファニューメリ
ック COM 装置

英数字及び特殊記号だけを発生する COM

装置。

alphanumeric COM

recorder

07.05 

グラフィック COM
装置

文字及び図形を発生する COM

装置。

graphic COM recorder

07.06 

ラスタ COM 装置

画 素 描 画 手 法 を 用 い て

マ イ ク ロ 像 を 形 成 す る

COM

装置。

raster COM recorder

07.07 

ベクトル COM 装置

ベクトル描画手法を用いて

マイクロ像を形成する

COM

装置。

vector COM recorder


23

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

07.08 

COM ストリート

COM

装置,フィルム現像機,複製装置及び仕分

け・丁合い機として各機能を併せもち,一連の作
業を自動的に行う装置。

COM street

07.09 

CRT COM 装置 CRT(陰極線管)上に形成された画像を撮影する

ことによって,

マイクロ像を形成する COM 装置。

cathode ray tube COM

recorder

07.10 

レーザ COM 装置

レーザを用いて直接

フィルムに画像を形成する

COM

装置。

laser-beam COM recorder

07.11 

電子ビーム COM 装

電子ビームを用いて直接

フィルムに画像を形成す

る COM

装置。

electron beam COM

recorder

07.12 

漢字 COM 装置

仮名,漢字及び英数字を発生する COM

装置。

kanji COM recorder

07.13 

インテリジェント
COM 装置

コンピュータを内蔵し,見出し及び索引の作成,
カメラの操作などを自動的に行う COM

装置。

(英)front-end COM

recorder,

(米)intelligent COM

recorder

07.14 

ベーシック COM 装

コンピュータを内蔵せず,入力データはあらかじ

め一定のフォーマットに編集しておかねばならな
い COM

装置。

(英)dumb COM recorder,

(米)basic COM recorder

07.15 

オンライン COM 装

外部のコンピュータから直接,データの入力を受
ける COM

装置。

on-line COM recorder

07.16 

オフライン COM 装

コンピュータから直接ではなく,中間記憶媒体か

らデータの入力を受ける COM

装置。

off-line COM recorder

07.17 

COM カメラヘッド

COM

装置の一部で,光学機構とフィルムの搬送機

構とからなる装置。

COM camera head

07.18 

データ入力装置

COM

装置の一部で,コンピュータからオンライン

で又はオフラインでデータを受ける装置。

data input unit

07.19 

COM 画像発生装置

COM

装置の一部で,データ入力装置からデータを

受け,そのデータを

画像に変換する装置。

COM image generator

07.20 

フォームスライド

COM

画像発生装置からの各種画像に合成させる

定形画像(線,文字,ロゴなど)が描かれたガラ
ス又は

フィルム。一般に,これらは枠に取り付け

られている。

form slide

07.21 

ソフトフォーム

フォームスライドと同じ機能を果たすようにソフ
トウェアによって作製されたデータ。

soft form

07.22 

フォームフラッシュ

露光のためにフォームスライドを証明する装置。

form flash

07.23 

COM マイクロフォ
ーム

COM

装置によって作製されたマイクロフォーム。 COM microform

07.24 

コンピュータ支援検
索[マイクロフォー
ム/マイクロ像の], 
CAR

コンピュータを用いて

マイクロ像の検索,表示な

どを行う技術。

computer aided retrieval

[of 
microforms/microimages
],computer assisted 
retrieval [of 
microforms/microimages
],CAR (abbr.)

07.25 

ディジタル化[マイ
クロ像の]

マイクロ像を画素に分解し,数値化する変換技術。 digitization [of

microimages]

07.26 

コンピュータ入力
[マイクロフォーム
からの]

コンピュータに入力できるように

マイクロ像の文

字を光学的文字認識技術を用いてコード化(符号
化)表現に変換する技術。

computer input [from

microimages]

07.27 

マイクロ像走査器, 
マイクロ像スキャナ

マイクロ像をアナログ化又はディジタル化する機
構。

microimage scanner


24

Z 6000-1996

(8)

応用

(a)

応用

番号

用語

定義

対応英語

08.01.01 

応用[マイクログラ
フィックスの]

マイクロフォームの配布(流通)及び使用のため
に必要なプロセスと技術。これには,

投影,焼付

け,検索などが含まれる。

application [for

micrographics]

(b)

焼付け

番号

用語

定義

対応英語

08.02.01 

焼付け

マイクロフォームからマイクロフォーム又はハー
ドコピーを作製すること。

printing

08.02.02 

密着焼付け

マスタの画像面と,生マイクロフィルム又は印画
紙の感光面とを密着して行う

焼付け。

contact printing

08.02.03 

投影焼付け

マスタの画像を,生マイクロフィルム又は印画紙
の感光面に投影して行う

焼付け。

projection printing

08.02.04 

連続焼付け

マスタと生マイクロフィルム又はマスタと印画紙
を同期移動させながら連続的に行う

密着焼付け又

投影焼付け。

continuous printing

08.02.05 

ステップ焼付け

マスタと生マイクロフィルム又はマスタと印画紙
を同時に間欠移動させ,

こまごとに静止露光を行

密着焼付け又は投影焼付け。

step printing

08.02.06 

シート焼付け

マイクロフィッシュ又はジャケットからそれと同
サイズのシートフィルムへの

焼付け。

fiche-to-fiche printing

08.02.07 

シートツーロール焼
付け

マイクロフィッシュ又はジャケットからロールフ
ィルムへの

焼付け。

fiche-to-roll printing

08.02.08* 

ロールツーシート焼
付け

ロールフィルムからシートフィルムへの

焼付け。

roll-to-fiche printing

08.02.09* 

ロール焼付け

ロールフィルムからロールフィルムへの

焼付け。

roll-to-roll printing

08.02.10 

ループ焼付け

ループ機構をもつ複製装置で繰り返し行う焼付
け。

loop printing

(c)

投影

番号

用語

定義

対応英語

08.03.01 

投影[スクリーンへ
の]

マイクロ像を光学的手段を用いてスクリーン面上
に拡大し,結像すること。

projection [onto screen]

08.03.02 

透過投影

マイクロ像を,透過スクリーンに結像し,スクリ
ーンを通して観察するように構成した投影方式。

rear projection


25

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

08.03.03 

反射投影

マイクロ像を,反射スクリーンに結像し,スクリ
ーンからの反射光を観察するように構成した投影
方式。 

front projection

08.03.04 

フレア

像の

コントラストを低下させる,画像形成に寄与

しない光。

flare

08.03.05 

外部フレア

外光が原因で起こる

フレア。 external flare

08.03.06 

内部フレア

レンズの表面,内壁面及び取付け具,装置の内壁

面などの反射に起因する

フレア。

internal flare

(d)

ハードコピー

番号

用語

定義

対応英語

08.04.01* 

銀−ゼラチン方式

銀−ゼラチンの複写用印画紙に

マイクロ像を投影

し,

潜像を作り,普通現像処理を行い,ハードコ

ピーを作製する方式。

silver gelatin process(参

考)

08.04.02* 

熱現像銀方式

樹脂(結合剤)中に有機酸銀を分散した感光層を
もつ印画紙に

マイクロ像を投影し,潜像を作り熱

処理を行い,

ハードコピーを作製する方式。

備考  ドライシルバー方式ともいう。

thermally processed silver

process(参考)

08.04.03* 

銀塩安定化方式

乳剤層にハロゲン化銀と現像主薬を混合塗布した
印画紙に

マイクロ像を投影し潜像を作り,アルカ

リ性の液で現像し,ロダン塩を主剤とした液によ
って安定化処理を行い,

ハードコピーを作製する

方式。一般写真処理のような水洗処理は不要。

備考  03.1403.15 参照

silver stabilization process

(参考)

08.04.04* 

電子写真間接方式

普通紙又はフィルムベース上に

マイクロ像のハー

ドコピーを作製する方法の総称。 
帯電させた半導体感光層に

マイクロ像を投影し潜

像を作り,トナーで現像し,普通紙に静電転写さ
せ定着することによって

ハードコピーを作製する

電子写真間接法。

備考 PPC 方式ともいう。

plain paper copying

process(参考)


26

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

08.04.05* 

電子写真直接方式

マイクロ像を帯電した専用感光紙上に投影しハー
ドコピーを作製する方法の総称。 
帯電させた専用感光紙に

マイクロ像を投影し潜像

を作り,トナーで現像し定着することによって

ードコピーを作製する電子写真直接法。 

備考  エレクトロファックス方式ともいう。

electrofax process(参考)

(e)

検索

番号

用語

定義

対応英語

08.05.01 

直接検索

(1)  1

枚の

マイクロフィッシュ又は複数のマイク

ロ像が納められたアパーチュアカードの中の
特定の

マイクロ像を求める検索方式。

(2)

多数枚の

マイクロフォームの中から特定のマ

イクロフォームを直接求める検索方式。

(3)

一般に多数枚の

マイクロフィッシュ又はアパ

ーチュアカードの中から特定のマイクロ像を
求める検索方式。 
備考  ランダム検索ともいう。

direct retrieval

08.05.02 

逐次検索

フィルム上の

マイクロ像への検索を,最初のマイ

クロ像からこまを移動させながら特定のマイクロ
像を求める検索方式。

備考  一般にロールフィルムの検索方法をい

う。

sequential retrieval

08.05.03 

イメージカウント検

ロールフィルム上に

検索コードのないマイクロ像

の検索方法で,

マイクロ像の先端部を数える検索

方式。

備考  マイクロ像の先端部とは,フィルムが

前進するとき,

フィルムゲートに入っ

てくる

マイクロ像の最初の縁をいう。

image count retrieval

ロールフィルム上に順次増加する連続番号が

マイ

クロ像とともに撮り込まれており,この番号を手
掛かりに特定の

マイクロ像を求める検索方式。

sequential numbering

retrieval

08.05.04 

こま番号検索

08.05.05 

フラッシュターゲッ
ト検索

ロールフィルム上の

マイクロ像の連なりを区切る

ために標板が撮り込まれており,これを手掛かり

に特定の

マイクロ像を求める検索方式。

ロールフィルムの走行中にこれらの像(標板)に
よって,容易に区切りを感知できる。 

flash target retrieval


27

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

ロールフィルム上の特定の

マイクロ像を求めるた

めに

オドメータを使用する検索方式。

備考  06.01.24 参照

odometer retrieval

08.05.06 

オドメータ検索

(f)

検索コード方式

番号

用語

定義

対応英語

08.06.01 

コード方式[検索の
ための]

各種のコード構成によって

マイクロフィルム上の

マイクロ像にコード付けを行う方法。

coding for retrieval

08.06.02 

光学コード方式

画像と一緒に撮り込まれたバー又はイメージマー
クを用いるコード方式。

備考  このイメージマークは,画像のこまと

こまの間又はマイクロフィルムの縁に
沿って設ける。この技術にはデコード
が必要。

binary photo-optical coding

08.06.03 

ラインコード方式

画像のこまとこまとの間に,ロールフィルムの縁
と平行に縁から距離を変えて撮り込まれた線を用
いる

コード方式。 

備考  フィルムの走行中に,コード付けされ

た線は,スクリーン上の基準目盛に対
応して連続して現れ,その線の位置の
変化を目安として検索を行う。

line coding

08.06.04 

チェックパターンコ
ード方式

マイクロ像のこまとこまとの間,黒白のチェック
パターンを撮り込む

光学コード方式。

check pattern coding

08.06.05 

バーコード方式

マイクロ像のこまとこまとの間,又はロールフィ
ルムの縁に沿って,太さと頻度の変化する多数の
平行線を撮り込む

光学コード方式。

bar coding


28

Z 6000-1996

番号

用語

定義

対応英語

08.06.06 

検索マークコード方

ロールフィルムの

画像の上又は下にイメージマー

クを撮り込む光学コード方式。 

retrieval-mark coding

08.06.07 

イメージマーク, 
ドキュメントマー
ク,ブリップ

マイクロ像の自動計数及び検索を容易にするため

イメージマークチャネルに設けられた長方形の

マーク。 

備考  イメージマークの長さは,大,中及び

小の 3 種類がある。

image mark, 
document mark, 
blip

08.06.08 

イメージマークチャ
ネル

ロールフィルムの

画像の上又は下にイメージマー

クを撮り込む場所として設けられた領域。

image mark channel

JIS Z 6000  改正委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

○  鳥  海  史  郎

社団法人日本画像情報マネジメント協会(顧問)

(副委員長)

○  設  楽  真  一

富士写真フイルム株式会社

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

山  村  修  蔵

工業技術院標準部

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

木  村  政  夫

東京工芸大学

清  藤  智  樹

株式会社コダック

大  橋  一  雄

国立国会図書館

西  田  英  司

中央光学出版株式会社

千  徳  憲  夫

明治生命保険相互会社

河  合  孝  二

株式会社マイクロサービスセンター

小  林    実

株式会社れいめい

島  野  元  弥

日本マイクロ写真株式会社

水  上  延  彦

富士写真フイルム株式会社

小  林  秀  行

株式会社ジェイ・アイ・エム

大  月      肇

ミノルタカメラ株式会社

村  田  慎  二

キヤノン株式会社

鹿  野  正  美

ケイ・アイ・ピー・イメージインテグレーション株式会社

(事務局)

岡  田  俊  郎

社団法人日本画像情報マネジメント協会