>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

4731

-1982

医用 X 線装置用高電圧プラグ

及びソケット

High Voltage Cable Plug and Socket for Medical X-ray Equipment

1.

適用範囲  この規格は,JIS Z 4701(医用 X 線装置通則),JIS Z 4702(医用 X 線高電圧装置通則)及

び JIS Z 4704(医用 X 線管装置通則)に規定された X 線高電圧装置と X 線管装置などとの間を接続する

高電圧回路に用いる医用 X 線装置用高電圧プラグ及びソケット(以下,プラグ及びソケットという。

)に

ついて規定する。

引用規格:

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS C 3407

  X 線用高電圧ケーブル

JIS Z 4701

  医用 X 線装置通則

JIS Z 4702

  医用 X 線高電圧装置通則

JIS Z 4704

  医用 X 線管装置通則

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS Z 4701Z 4702 及び Z 4704 によるほか,次の

とおりとする。

(1)

プラグ  高電圧回路の接続のために,JIS C 3407(X 線用高電圧ケーブル)に規定されたケーブルの

端末に取り付ける器具。プラグ本体及び締付けリングで構成する(

付図 及び付図 参照)。

(2)

ソケット  高電圧回路の接続のために,装置側に取り付ける器具。ソケット本体,押えリング及びソ

ケット用フランジで構成する(

付図 参照)。

(3)

プラグ本体  X 線用高電圧ケーブルの端末に取り付け,高電圧回路を接続するための器具。プラグ絶

縁筒とその先端に取り付けられた接触子で構成する。

(4)

ソケット本体  X 線用高電圧装置又は X 線管装置などに取り付け,高電圧回路を接続するための器具。

ソケット絶縁筒とその先端に取り付けた接触子と端子で構成する。

(5)

締付けリング  プラグ本体をソケットに締め付け,固定するためのリング。

(6)

押えリング  ソケット用フランジに挿入されたソケット本体を押さえ,固定するためのリング。

(7)

ソケット用フランジ  ソケット本体を押えリングにより保持し.締付けリングによりプラグを接続固

定する部分。


2

Z 4731-1982

3.

構成  プラグ及びソケットの構成は,次のとおりとする。

備考  ソケットの接触子と端子は,通常一体構造であるが,それぞれの機能を異にするため名称を区分した。

4.

種類  プラグ及びソケットの種類は,次のとおりとする。

(1)

プラグ  プラグは,次のとおり区分する。

(a)  3

極プラグ  3 個の接触子をもつもの。

(b)  4

極プラグ  4 個の接触子をもつもの。

(2)

ソケット  ソケットは,次のとおり区分する。

(a)  3

極ソケット  3 個の接触子及び端子をもつもの。

(b)  4

極ソケット  4 個の接触子及び端子をもつもの。

5.

構造  構造は,次による。

(1)

プラグの構造及び寸法は,

付図 及び付図 に示す。

(2)

ソケット本体の構造及び寸法は,

付図 及び付図 に示すとおりとし,ソケットは付図 3,押えリン

グは

付図 に示すとおりとする。

(3)

プラグとソケットとの取り外しには,工具を使用しなければならないような構造とする。

6.

接続  接続は,次による。

(1)  3

極プラグの接触子及びソケットの端子の接続は,

付表 のとおりとする。

(2)  4

極プラグの接触子及びソケットの端子の接続は,

付表 のとおりとする。

7.

表示  プラグ及びソケットには,接触子及び端子への接続を明示するために,付図 1,付図 2,付図 5

又は

付図 に示す箇所に表示を行わなければならない。

表示は,

付表 又は付表 に示す図記号又は文字記号のいずれかを用いる。


3

Z 473

1-198

2

付表 1

接続方法及び接続図

高電圧発生装置側ソケット

X

線管装置側ソケット

表示

陰極側

(X 線管フィラメント加熱変圧器)

陰極側

端子又は

接触子

図記号

文字記号

2

回路又は

1

回路

1

回路

陽極側

プラグ

二重焦点

単焦点

陽極側

共通

表示なし C

LF

,SF 両回路

の共通端

フ ィ ラ メ ン ト
回路の一端,及

び 格 子 回 路 が
あ る 場 合 は そ
の一端を接続

両フィラメン
トの共通端

フィラメント
の一端

大焦点用フィ
ラメント

 (LF)

L

LF

用回路の他

回路の他端 LF の他端

フィラメント
の他端

すべての端子
を短絡

小焦点用フィ

ラメント

 (SF)

S

SF

用回路の他

回 路 の 他 端 又

は格子回路

すべてのソケ
ットの端子を

短絡

同一表示の接触子を,
それぞれ X 線用高電

圧 ケ ー ブ ル を 用 い て
接続

SF

の他端

フィラメント

の他端又は格
子電極


4

Z 473

1-198

2

付表 2

接続方法及び接続図

高電圧発生装置側ソケット

X

線管装置側ソケット

表示

陰極側

(X 線管フィラメント加熱変圧器)

陰極側

端子又は

接触子

図記号

文字記号

2

回路又は

1

回路

1

回路

陽極側

プラグ

二重焦点

単焦点

陽極側

共通

表示なし C

LF, SF

両回路

の共通端,及

び格子回路の
一端を接続

フ ィ ラ メ ン ト
用回路の一端,

及 び 格 子 回 路
の一端を接続

LF

,SF の一端

及び格子電極

の一端を接続

フィラメント
の一端,及び

格子電極の一
端を接続

大焦点用フィ
ラメント

 (LF)

L

LF

用回路の他

L

と S 端子を接

続し,フィラメ
ン ト 用 回 路 の

他端を接続

LF

の他端

フィラメント
の他端

小焦点用フィ

ラメント

 (SF)

S

SF

用回路の他

 SF

の他端

フィラメント

の他端

格子電極

G

格子回路の他

格 子 回 路 の 他

すべてのソケ
ットの端子を

短絡

同一表示の接触子を,
それぞれ X 線用高電

圧 ケ ー ブ ル を 用 い て
接続

格子電極の他

格子電極の他

すべての端子
を短絡


5

Z 4731-1982

付図 1  極プラグ


6

Z 4731-1982

付図 2  極ソケット本体


7

Z 4731-1982

付図 3  ソケット


8

Z 4731-1982

付図 4  押えリング


9

Z 4731-1982

付図 5  極プラグ


10

Z 4731-1982

付図 6  極ソケット本体


11

Z 4731-1982

原案作成 WG の構成表 

氏名

所属

(主査)

山  村  俊  夫

東京芝浦電気株式会社堀川町工場

(委員)

青  柳  泰  司

東邦大学医学部放射線医学教室

神  戸  邦  治

株式会社島津製作所放射線機器工場

国府田  幸  雄

東京医科大学病院放射線科

小田部  宗  倫

株式会社日立製作所茂原工場

斎  田  政  和

アコマ X 線工業株式会社

斎  藤  一  彦

立正佼正会付属佼正病院

佐  野  光  巧

東京芝浦電気株式会社那須工場

須  藤  禎  人

アルコ電気株式会社

中  西      猛

株式会社島津製作所放射線機器工場

橋  爪  俊  幸

放射線医学総合研究所

松  川  収  作

埼玉がんセンター

宮  崎      茂

東邦大学大橋病院

村  木      威

東京芝浦電気株式会社堀川町工場

桃  井      司

株式会社日立メディコ柏工場

山  下      緑

関東逓信病院放射線部

原案作成委員会  構成表 

氏名

所属

(委員長)

野辺地  篤  郎

聖路加国際病院

(委員)

大  出  良  平

防衛医科大学校

加  藤  忠  雄

通商産業省工業技術院標準部

佐  藤  孝  司

京都大学原子炉実験所

代  田  久米雄

厚生省薬務局検査課

津  田  元  久

株式会社島津製作所医用機器事業部

橋  詰      雅

放射線医学総合研究所物理研究部

橋  本  健二郎

東京芝浦電気株式会社医用機器事業部

蜂  屋  順  一

関東逓信病院放射線部

浜  田  政  彦

国立がんセンター

深  栖      一

早期胃癌検診協会中央診療所

松  下  俊  夫

通商産業省機械情報産業局電子機器電機課

矢  野      太

株式会社田中レントゲン製作所製造部

山  根      巌

株式会社日立メディコ技術本部


12

Z 4731-1982

原子力部会  医用放射線装置及び附属品専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

野辺地  篤  郎

聖路加国際病院

竹  中  栄  一

東京大学医学部

若曾根  和  之

通産産業省機械情報産業局

田  村  修  二

工業技術院標準部

代  田  久米雄

厚生省薬務局

小  泉  祐一郎

キヤノン株式会社医療機開発部

奥  野  孝  司

朝日レントゲン工業株式会社

津  田  元  久

株式会社島津製作所

岡  崎  玄  右

株式会社大林製作所

橋  本  健二郎

東京芝浦電気株式会社

矢  野      太

株式会社田中レントゲン製作所

山  根      巌

株式会社日立メディコ

大  出  良  平

防衛医科大学校

神  田  幸  助

立正佼成会附属病院

浜  田  政  彦

国立がんセンター

蜂  屋  順  一

日本電信電話公社関東逓信病院

福  田      隆

虎ノ門病院

橋  本      宏

永寿総合病院

安  藤  正  一

日本大学歯学部

山  本      昭

鶴見大学歯学部

(関係者)

山  村  俊  夫

東京芝浦電気株式会社堀川町工場

関      義  孝

社団法人日本放射線機器工業会

(事務局)

加  藤  忠  雄

工業技術院標準部電気規格課

八  田      勲

工業技術院標準部電気規格課