>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 4704

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本画像

医療システム工業会 (JIRA)/財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が改正し

た日本工業規格である。これによって JIS Z 4704 : 1994 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,日本工業規格を国際規格に整合させるため,IEC 60336 : 1993 (X-ray tube assemblies for

medical diagnosis

−Characteristics of focal spots),IEC 60522 : 1999 (Determination of the permanent filtration of

X-ray tube assemblies)

IEC 60601-2-28 : 1993 (Medical electrical equipment−Part 2 : Particular requirements for

the safety of X-ray source assemblies and X-ray tube assemblies for medical diagnosis)

及び IEC 60613 : 1989

(Electrical, thermal and loading characteristics of rotating anode X-ray tubes for medical diagnosis)

を基礎として

用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本

工業標準調査会は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願

公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS Z 4704

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


Z 4704

:2005

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  種類及び形名

6

4.1

  種類

6

4.2

  形名

7

5.

  定格

8

5.1

  診断用 線管装置

8

5.2

  医用 線 CT 用 線管装置

10

5.3

  治療用 線管装置

10

6.

  性能

10

6.1

  特性に関する事項

10

6.2

  環境条件

12

6.3

  電撃に対する保護

13

6.4

  過度の温度に対する保護

13

6.5

  管容器の危険に対する保護

13

6.6

  放射線防護

13

7.

  線管装置の形状・寸法及び接続

13

8.

  試験

14

8.1

  一般条件

14

8.2

  計器

14

8.3

  線高電圧装置

14

8.4

  試験方法

15

9.

  表示

34

9.1

  製品の表示

34

9.2

  附属文書及び取扱説明書

34

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

35


日本工業規格

JIS

 Z

4704

:2005

医用 X 線管装置

X-ray tube assemblies for medical use

序文  この規格は,1993 年に第 3 版として発行された IEC 60336,X-ray tube assemblies for medical diagnosis

−Characteristics of focal spots,1999 年に第 2 版として発行された IEC 60522,Determination of the permanent

filtration of X-ray tube assemblies

,1993 年に第 1 版として発行された IEC 60601-2-28,Medical electrical

equipment

−Part 2 : Particular requirements for the safety of X-ray source assemblies and X-ray tube assemblies for

medical diagnosis

及び 1989 年に第 2 版として発行された IEC 60613,Electrical, thermal and loading

characteristics of rotating anode X-ray tubes for medical diagnosis

を元に作成した日本工業規格であるが,技術

的内容を変更して作成している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格の内容を変更して規定した事項

である。変更の一覧表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,診断用 線管装置,医用 X 線 CT 用 線管装置及び治療用 線管装置につ

いて規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,

ISO/IEC Guide 21

に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60336 : 1993

,X-ray tube assemblies for medical diagnosis−Characteristics of focal spots,IEC 

60522 : 1999

,Determination of the permanent filtration of X-ray tube assemblies,IEC 60601-2-28 :

1993

,Medical electrical equipment−Part 2 : Particular requirements for the safety of X-ray source

assemblies and X-ray tube assemblies for medical diagnosis

IEC 60613 : 1989,Electrical, thermal and

loading characteristics of rotating anode X-ray tubes for medical diagnosis (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。

これらの引用規格のうちで発効年(又は発行年)を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格

の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規

格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7516 : 1987

  金属製直尺

JIS C 1102-2 : 1997

  直動式指示電気計器  第 2 部:電流計及び電圧計に対する要求事項

JIS H 3100 : 2000

  銅及び銅合金の板及び条

JIS H 4000 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条

JIS T 0601-1 : 1999

  医用電気機器−第 1 部:安全に関する一般的要求事項


2

Z 4704

:2005

備考  IEC 60601-1 : 1988  Medical electrical equipment−Part 1 : General requirements for safety 並びに

Amendment 1 : 1991

及び Amendment 2 : 1995 が,この規格と一致している。

JIS Z 4004 : 1989

  医用放射線機器図記号

JIS Z 4005 : 1991

  医用放射線用語

備考  IEC 60788 : 1984  Medical radiology−Terminology が,この規格と一致している。

JIS Z 4511 : 1999

  照射線量測定器及び線量当量測定器の校正方法

JIS Z 4701 : 1997

  医用 X 線装置通則

JIS Z 4702 : 1999

  医用 X 線高電圧装置通則

備考  IEC 60601-2-7 : 1998  Medical electrical equipment−Part 2-7 : Particular requirements for the

safety of high-voltage generators of diagnostic X-ray generators

が,この規格と同等である。

JIS Z 4711 : 1997

  診断用一体形 X 線発生装置

JIS Z 4731 : 1982

  医用 X 線装置用高電圧プラグ及びソケット

JIS Z 4916 : 1997

  X 線用解像力テストチャート

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS Z 4005 及び JIS Z 4701 によるほか,次による。

[  ]内の用語は,従来の日本工業規格で用いた用語である。

a)

医用 線管装置 (medical X-ray tube assembly)  防護形 X 線管容器に医用 X 線管を封入したもの(以

下,X 線管装置という。

b)

防護形 線管容器  (protective X-ray tube housing)  防電撃形とし,規定の X 線遮へいを施し,かつ,X

線用高電圧ケーブルの接続部をもつ医用 X 線管を収納する X 線管容器(以下,管容器という。

c)

医用 線管 (medical X-ray tube)  陰極から電界で加速した電子ビームをターゲットに当て,その衝撃

で X 線を発生させる真空管のうち,医用に供するもの(以下,X 線管という。

。ターゲットは,通常

陽極に含まれる。

d)

格子制御形 線管  (grid-controlled X-ray tube)  管電流を制御する格子電極をもつ X 線管。

e)

立体撮影形 線管 (stereo X-ray tube)  間隔を隔てた二つ以上の焦点をもち,二つの焦点を切り換えて

同一被写体を撮影した像を用いて立体像を得る撮影法に使用する X 線管。

f)

実効焦点  (effective focal spot)  基準面への実焦点の垂直投影(以下,焦点という。)。

実効焦点の呼びは,通常,X 線管軸に垂直方向(幅)の寸法と,X 線管軸と平行方向(長さ)の寸

法をミリメートル (mm) 単位で表した無名数とする。

g)

ブルーミング値 (blooming value)  X 線管の実効焦点の特性を表すものとして,規定の負荷条件によっ

て得られた二つの解像限界の比の値。

h)  MTF (modulation transfer function)

  線広がり関数のフーリエ変換。対称的な線広がり関数においては,

変調伝達関数 (MTF) は,次の式を用いて正規化したフーリエ変換である。

( ) cos(2

)

( )

( )

L x

vx x

M v

L x dx

π

−∞

−∞

=

ò

ò

ここに,

v:空間周波数

L:線広がり関数

x:横座標

M:量記号


3

Z 4704

:2005

i

)

ターゲット (target)  X 線を発生させるため,X 線管の電子ビームによって衝撃を与える部分。

j

)

ターゲット角度 (target angle)  実焦点面と基準軸とがなす角度。

k

)  X

線管電圧  (X-ray tube voltage)  X 線管の陽極と陰極との間に加えられる電位差(以下,管電圧とい

う。

。通常,管電圧は,ピーク値をキロボルト (kV) で表す。

l

)

公称最高管電圧[最高使用管電圧](nominal X-ray tube voltage)  指定  (

1

)

された使用条件及び電圧波

形で使用する場合の管電圧の最大許容値。特に指定  (

1

)

がない限り,使用中のいかなる瞬間もこの値

を超えてはならない。

注(

1

)

指定とは,

製造業者が附属文書で指定していることを意味する。

m

)

充電管電圧  (X-ray tube voltage for charging)  コンデンサ式高電圧回路を使用する格子制御形 X 線管装

置において,高圧コンデンサの充電時に X 線管の陽極と陰極との間に加えられる電位差。

n

)

公称最高充電管電圧[最高使用充電管電圧]  (nominal maximum charge tube voltage)  充電管電圧の最

大許容値。

o

)

逆電圧 (reverse voltage)  陰極に対し陽極に負の電位が加えられたときの管電圧。逆電圧は,陽極に正

の電位が加えられたときの管電圧と区別するときに用い,ピーク値をキロボルト (kV) で表す。

p

)

公称最高逆電圧[最高使用逆電圧]  (nominal maximum reverse voltage)  逆電圧の最大許容値。

q

)  X

線管電流 (X-ray tube current)  X 線管のターゲットに入射する電子ビームの電流(以下,管電流とい

う。

。管電流は,平均値をミリアンペア (mA) で表す。ただし,コンデンサ式 X 線発生装置を用いて

行う撮影の場合には,ピーク値をミリアンペアピーク (mAp) で表す。

備考  管電流は,一般に陽極側で測定するが,金属外囲器の 線管を用いた場合には,陰極側回路に

流れる電流を

管電流とする。

r

)

管電流特性  (X-ray tube current characteristics)  指定  (

1

)

した X 線管負荷条件における,管電流とフィ

ラメント電流との関係。

s

)

フィラメント特性 (filament characteristics)  フィラメントに加える電圧とフィラメント電流との関係。

備考  指定  (

1

)

の使用条件におけるフィラメント電流の最大許容値を最大フィラメント電流という。

通常,長時間使用と短時間使用とでは異なる。

t

)

負荷 (loading)  X 線管の陽極に電気エネルギーが供給されること。

u

)  X

線管負荷 (X-ray tube load)  X 線管負荷条件値の組合せによって表した,X 線管に供給される電気エ

ネルギー。

v

)  X

線管負荷条件  (X-ray tube loading factor)  X 線管負荷値に影響を及ぼす条件。例えば,X 線管電流,

負荷時間,等価陽極入力,X 線管電圧及びリプル百分率。

w

)

負荷時間 (loading time)  陽極入力を X 線管に供給している期間を,規定の方法  (

2

)

によって測定した

時間。

注(

2

)  JIS Z 4702

3. 

定義  x)  撮影時間]参照。

x

)

陽極入力[線管入力] (anode input power)  X 線を発生するために,X 線管の陽極に加えられる電

力。この電力は,次の式によって与えられる。


4

Z 4704

:2005

3

10

P U I

f

= × × ×

ここに, P:陽極入力 (kW) 

U:管電圧 (kV)

I:管電流 (mA)

f:管電圧のリプル百分率によって定まる定数。すなわち,

  f=1.0  :リプル百分率が 10 %以下の場合。

  f=0.95:リプル百分率が 10 %を超え 25 %以下の場合。

  f=0.74:リプル百分率が 25 %を超える場合。

備考  管電圧リプル百分率は,次の式によって求める。

max

min

max

100

U

U

∆U

U

=

×

ここに,

U:リプル百分率 (%)

U

max

:管電圧波形のピーク値

U

min

:管電圧波形の最低値(ただし,定電圧回路のスパイク波形を

除く。

y

)

公称陽極入力[最大入力]  (nominal anode input)    規定の負荷時間で指定  (

1

)

の使用条件における陽極

入力の最大許容値。使用条件とは,焦点の呼び,管電圧,管電圧波形,回転陽極 X 線管では陽極回転

速度などをいう。

z

)

ヒートユニット (heat unit)  X 線管の入力を表す特別の単位。ヒートユニット (heat unit) の単位記号

は HU とし,ヒートユニット値は,X 線管回路に従って次の式によって求める。

なお,ここで用いる記号の意味は,次のとおりとする。

U:管電圧 (kV)

I:管電流 (mA)

t:負荷時間 (s)

C:コンデンサ容量 (

µF)

1

)

単相全波整流回路,単相半波整流回路又は自己整流回路の場合

HU

値=U×I×t

1 s

当たりの HU 値=U×I

2

)

三相全波整流回路又はこれと同等のリプル百分率をもつ回路の場合

HU

値=U×I×t×1.35

1 s

当たりの HU 値=U×I×1.35

3

)

定電圧回路の場合

HU

値=U×I×t×1.41

1 s

当たりの HU 値=U×I×1.41

4

)

コンデンサ式の場合

HU

値=0.71×C×(U

1

2

U

2

2

)

ただし,U

1

は放電開始時,U

2

は放電終了時の管電圧を表す。

備考 HU 値と他の単位との換算は,1 HU が 0.71 J に相当するとして行う。

aa

)

等価陽極入力  (equivalent anode input power)  指定  (

1

)

した周囲条件下で連続的に負荷したとき,陽極


5

Z 4704

:2005

熱量をある規定の水準に持続する陽極入力の値。撮影定格に関しては,撮影定格における初期陽極熱

量を最も高い水準に持続する電力。

ab

)  X

線管最大連続入力[長時間最大入力] (long-time maximum input)  指定  (

1

)

された条件において,

最大陽極熱容量を超えない範囲で連続して加えることのできる陽極入力の最大値。

ac

)

最大単発負荷定格[短時間最大入力]  (maximum single loading ratio)  指定  (

1

)

された条件において,

陽極入力と負荷時間の関係で決まる,1 回の負荷に許される X 線管負荷の最大値。特別な指定  (

1

)

ない限り,冷状態での値をいう。

備考  この規格では,冷状態を陽極冷却曲線図において,陽極熱量がゼロのときの状態とする。

ad

)

繰返し負荷定格  (X-ray tube repeatable maximum input)  指定  (

1

)

した X 線管負荷条件に従う,連続し

た個々の X 線管負荷の総和に対して陽極入力と負荷時間の関係によって与えられる X 線管負荷の最大

許容値。

ae

)  X

線管装置入力  (X-ray tube assembly input power)  負荷前,負荷中,負荷後にあらゆる目的で X 線管

装置に加える平均の電力。回転陽極 X 線管のステータ,フィラメント及び X 線管装置に含まれるすべ

ての器具に加える電力を含む。

af

)  X

線管装置最大連続入力  (maximum continuous heat dissipation)  指定  (

1

)

した条件下で,最大 X 線管

装置熱容量を超えない範囲で連続的に X 線管装置に加えることのできる X 線管装置入力の最大値。

ag

)

陽極熱量  (anode heat content)  負荷中に蓄積するか又は負荷後に残留する X 線管の陽極に含まれる熱

の瞬時値。

ah

)

最大陽極熱容量[陽極蓄積熱容量]  (maximum anode heat capacity)  許容される陽極熱量の最大値。

ai

)

陽極加熱曲線  (anode heat up curve)  指定  (

1

)

した陽極入力に対して,陽極熱量を負荷時間の関数とし

て表した曲線。

aj

)

陽極冷却曲線  (anode cooling curve)  陽極熱量が最大陽極熱容量と等しくなるまで負荷した後,陽極入

力がゼロの状態で,陽極熱量を時間の関数として表した曲線。

備考  この時間経過の中で,陽極熱量の減少する割合を陽極冷却率といい,その最大値を陽極最大冷

却率という。

ak

)  X

線管装置熱量  (X-ray tube assembly heat content)    X 線管装置に蓄積されるか又は残留する熱の瞬時

値。

al

)

最大 線管装置熱容量[線管装置蓄積熱容量]  (maximum X-ray tube assembly heat content)  規定の

周囲条件下で許容される X 線管装置熱量の最大値。

am

X

線管装置加熱曲線  (X-ray tube assembly heating curve)  指定  (

1

)

した X 線管装置入力に対して,X 線

管装置熱量を入力時間の関数として表した曲線。

an

)  X

線管装置冷却曲線  (X-ray tube assembly cooling curve)  X 線管装置熱量が最大 X 線管装置熱容量に等

しくなるまで入力した後,X 線管装置の入力がゼロの状態で,X 線管装置熱量を時間の関数として表

した曲線。

備考1.  冷却機構を備えた 線管装置では,冷却を行わないときの残留熱量変化を表した曲線もある。

2.

陽極冷却曲線の場合と同様に,X 線管装置冷却率及び X 線管装置最大冷却率を定める。

ao

)

定格陽極回転速度  (anode speed)  X 線管にその陽極入力を加えるときに必要とする陽極回転速度。

ap

)

起動時間  (starting time)  指定  (

1

)

された条件において,陽極が静止状態から定格陽極回転速度に到達

するまでに要する時間。

aq

)

制動時間  (braking time)  指定  (

1

)

された条件において,陽極が定格陽極回転速度から指定  (

1

)

された


6

Z 4704

:2005

回転速度に制動されるために要する時間。

ar

)

ステータ  (stator)  回転陽極 X 線管の陽極を回転させるために用いる電動機の固定子。

as

)

ステータ起動電圧  (stator starting voltage)  陽極の静止状態からステータに電力を供給し,陽極が回転

し始めるときのステータへの供給電圧。

at

)

ステータ定常電圧  (stator stationary voltage)  定格陽極回転速度を維持するために要するステータ電圧。

au

)

ステータ電源周波数  (stator power source frequency)  ステータへ供給する電源の周波数。

av

)  X

線管装置利用ビーム  (X-ray tube assembly utilization beam)  X 線管焦点から直接放射される X 線のう

ち,管容器放射窓などによってその広がりを制限された X 線(以下,利用ビームという。

aw

)  X

線放射角度  (X-ray radiation angle)  最大利用ビームの頂角。

ax

)

基準軸  (reference axis)  X 線管装置においては,焦点の中心を通る基準となる指定  (

1

)

された軸。

ay

)

基準面  (reference plane)  X 線管装置の実効焦点に関しては,基準軸が実焦点と交差する点を含み,基

準軸に垂直な面。

az

)

最大対称照射野  (maximum symmetry field)  焦点と受像面間の距離(Source Image Distance 以下,SID

という。

)を指定  (

1

)

したとき,指定  (

1

)

した基準軸に対称な受像面上で主軸に平行な辺において,線

量が基準軸における線量の規定値内である範囲[6.1 n)  参照]

ba

)

固有ろ過  (permanent filtration)  取外しできない物質による線質等価ろ過。固有ろ過は,指定  (

1

)

の管

電圧及び管電圧波形のもとで,第 1 半価層に換算して同じ線質を与える参照物質の厚さで表す。

bb

)

漏れ線量  (leakage dose) (

3

)

  放射口を透過してくるものではなく,X 線管容器を透過して放射される X

線の量。ただし,ある方式の X 線管装置(例えば,格子制御形 X 線管を用いたもの。

)では負荷の前

後に放射口を通過して放射される X 線を含む。

注(

3

) X

線の量は,空気中で測定した空気カーマとする。

bc

)

漏れ線量  (

3

)

測定条件  (measuring conditions for leakage dose)    X 線管装置の漏れ線量  (

3

)

測定に適用

される X 線管負荷条件。

管電圧,管電圧波形,管電流及び使用回路で示す[JIS Z 4701 の 2. (55)(

漏れ線量測定条件)によ

る。

bd

)

ソケット  (socket)  X 線用高電圧ケーブルを挿入するために管容器に設けた部分。

4.

種類及び形名

4.1

種類

4.1.1

診断用 線管装置  診断用 線管装置種類及び形名は,次による。

a

)

固定陽極 線管装置  次の項目のそれぞれの組合せからなる。

1

)

制御別  2 極形,格子制御形

2

)

焦点の数  単焦点形,多重焦点形

3

)

焦点の呼び  2.5,2.0,1.5,1.0,0.8,0.6 を標準とする。

b

)

回転陽極 線管装置  次の項目のそれぞれの組合せからなる。

1

)

制御別  2 極形,格子制御形

2

)

焦点の数  単焦点形,多重焦点形

3

)

焦点の呼び  2.0,1.5,1.2,1.0,0.8,0.6,0.3,0.2,0.1 を標準とする。

4

)

陽極回転速度  普通回転形,高速回転形

備考1.  診断用 線管装置には,特殊用途の 線管装置が含まれる。したがって,特に必要な場合は,


7

Z 4704

:2005

用途を限定した種類として,それらを個々に引用してもよい。

例  乳房撮影用 線管装置,立体撮影用 線管装置など。

備考2.  陽極回転速度のうち,ここに示す普通回転とは,電源(商用)の周波数 50 Hz 又は 60 Hz の

ステータ電源によって駆動される回転速度をいい,定常状態 50 Hz では 2 700 min

1

{rpm}

上,60 Hz では 3 200 min

1

{rpm}

以上とする。高速回転とは,電源の駆動周波数が商用周波

数の 60 Hz を超えるものとする。

4.1.2

医用 線 CT 用 線管装置  医用 X 線 CT 用 線管装置の種類及び形名は,次による。

a

)

固定陽極医用 線 CT 用 線管装置  次の項目のそれぞれの組合せからなる。

1

)

制御別  2 極形,格子制御形

2

)

焦点の数  単焦点形,多重焦点形

3

)

焦点の呼び  2.0,1.5,1.2,1.0,0.8,0.6 を標準とする。

b

)

回転陽極医用 線 CT 用 線管装置  次の項目のそれぞれの組合せからなる。

1

)

制御別  2 極形,格子制御形

2

)

焦点の数  単焦点形,多重焦点形

3

)

焦点の呼び  2.0,1.5,1.2,1.0,0.8,0.6 を標準とする。

4

)

陽極回転速度  普通回転形,高速回転形

備考  普通回転形及び高速回転形は,4.1.1 b) 4)  備考 2.  による。

4.1.3

治療用 線管装置  治療用 線管装置の種類及び形名は,次による。

a

)

深部治療用 線管装置  最高使用管電圧によって分類する。

例 200

kV

用,250 kV 用

b

)

表在治療用 線管装置  最高使用管電圧及び放射口ろ過材によって分類する。

1

)

最高使用管電圧

例 10

kV

用,25 kV 用,50 kV 用

2

)

放射口ろ過材

例  ベリリウム,マイカ

4.2

形名  形名は,種類によって構成し,次に示す文字と数字との組合せで表す。

1

2

3

4

項−5 項

6

“文字”

“文字”

“文字”

“数字−数字”

“文字”

各項の文字と数字とは,次のとおりとする。

a

) 1

項は,X

線管装置の用途別によって表 のように表す。

b

) 2

項は,X

線管装置の構造によって表 のように表す。ただし,格子制御形は,コンデンサ式 X 線発

生装置に組み合わせて使用するものを表す。立体撮影形は,

格子制御形の立体撮影用 線管装置を含

む。

回転陽極形

多重焦点 線管装置については F を省略する。


8

Z 4704

:2005

  1  形名の用途による分類

用途による分類

1

項の文字

診断用固定陽極 X 線管装置

診断用回転陽極 X 線管装置

X

線 CT 用回転陽極 X 線管装置

X

線 CT 用固定陽極 X 線管装置

治療用 X 線管装置

D

R

C

K

T

  2  形名の構造による分類

構造による分類

2

項の文字

多重焦点形

格子制御形 
立体撮影形

F

G

S

c

) 3

項は,X を用い,管容器に X

線管を収納していることを表す。

d

) 4

項は,

公称最高管電圧をキロボルト (kV) で表した値。

e

) 5

項は,診断用では,それぞれの焦点における

公称陽極入力[3. y)  参照及び 5.1 n)  参照]をキロワッ

ト (kW) で表した値で,治療用では,それぞれの焦点における X

線管最大連続入力[3. ab)  参照及び

5.1 o

) 

参照]をワット (W) で表した値。

f

) 6

項は,X

線管の窓材別に次の文字で表す。ただし,窓材が普通ガラスのものは省略する。

1

)

ベリリウム窓をもつもの  B

2

)

マイカ窓をもつもの      M

備考  形名の記載例  格子制御形回転陽極 線管装置で,ベリリウム窓をもち,公称最高管電圧 80

kV

,小焦点と大焦点の

公称陽極入力がそれぞれ 20 kW,50 kW の場合,RGX80−20/50B

5.

定格

5.1

診断用 線管装置  定格は,次の項目の材料,数値などで示す。線管装置の種類によって,関係

のない事項は省略してもよい。

備考  単位 W,J に対しては HU/s,HU のそれぞれの値を併記してもよい。

a

)

焦点の呼び及び基準軸  焦点の呼びは,幅×長さの寸法で示す。

備考  幅と長さの呼びが同じ場合は,その一方で示してもよい。基準軸は,附属文書の外形図中に示

す。

b

)

ターゲット材質

c

)

ターゲット角度  (°)

d

)

公称最高管電圧  (kV)

e

)

公称最高充電電圧  (kV)

f

)

公称最高逆電圧  (kV)

g

)

公称最高陽極・接地間電圧  (kV)

h

)

公称最高陽極・接地間逆電圧  (kV)

i

)

公称最高陰極・接地間電圧  (kV)

j

)

公称最高陰極・接地間逆電圧  (kV)


9

Z 4704

:2005

k

)

最高フィラメント格子間電圧  (V)

l

)

管電流遮断格子電圧  (V)

備考  フィラメントに対する電位差

m

)

フィラメント加熱

1

)

最大フィラメント電流 (A)

2

)

最高フィラメント電圧 (V)

備考  ここに示す最高フィラメント電圧は,最大フィラメント電流におけるフィラメント電圧の最大

値である。

n

)

公称陽極入力  (kW)

備考  回転陽極 線管では 0.1 s,固定陽極 線管では 1 s の陽極入力の許容最大値を示す。

o

)

X

線管最大連続入力  (W)

p

)

最大単発負荷定格

q

)  X

線管装置最大連続入力  (W)

r

)

最大陽極熱容量  (J)

s

)

最大 線管装置熱容量  (J)

t

)

陽極加熱曲線

備考  陽極入力 (W) をパラメータとして陽極熱量 (J) を負荷時間(s 又は min)の関数として曲線で

示す。

u

)

陽極冷却曲線

備考  陽極入力 (W) がゼロの状態で,陽極熱量 (J) を時間(s 又は min)の関数として曲線で示す。

v

)

陽極最大冷却率  (W)

w

)  X

線管装置加熱曲線

備考  線管装置入力 (W) をパラメータとして 線管装置熱量 (J) を入力時間(min 又は h)の関数

として曲線で示す。

x

)

X

線管装置冷却曲線

備考  線管装置入力 (W) がゼロの状態で 線管装置熱量 (J) を時間(min 又は h)の関数として曲

線で示す。

y

)

X

線管装置最大冷却率  (W)

z

)

定格陽極回転速度  (min

1

){rpm}

aa

)

起動時間  (s)

ab

)

制動時間  (s)

ac

)  X

線放射角度  (  °)

ad

)

最大対称照射野  (mm)  及びその最大対称照射野が得られる SID (mm)

備考  最大対称照射野における基準軸の線量  (

3

)

に対する線量の比が規定と異なる特定のある値に

指定  (

1

)

している場合は,その値 (%) を併記する。

ae

)

固有ろ過  (mCu,mmAl,mmBe)

1

)

主に診断に使用される

公称最高管電圧が 150 kV 以下の 線管装置ではアルミニウム,150 Kv を越

える X

線管装置では銅の厚さで示す。

2

)  X

線管の窓部分がベリリウムだけからなる 線管装置では,ベリリウム又はアルミニウムの厚さで

示す。


10

Z 4704

:2005

備考  X 線吸収の極めて少ない他の物質,例えば,マイカだけからなる場合は,その物質の厚さで示

す。

af

)

漏れ線量  (

3

) (mGy)

ag

)

漏れ線量  (

3

)

測定条件

ah

)

冷却方式

ai

)

質量  (kg)

5.2

医用 線 CT 用 線管装置  定格は,診断用 線管装置の定格を適用する。

5.3

治療用 線管装置  定格は,次の項目の材料,数値などで示す。線管装置の種類によって,関係

のない事項は省略してもよい。

a

)

ターゲット材質

b

)

ターゲット角度  (  °)

c

)

公称最高管電圧  (kV)

d

)

公称最高逆電圧  (kV)

e

)

公称最高陽極・接地間電圧  (kV)

f

)

公称最高陽極・接地間逆電圧  (kV)

g

)

公称最高陰極・接地間電圧  (kV)

h

)

公称最高陰極・接地間逆電圧  (kV)

i

)

公称最高管電圧における最大管電流  (mA)

j

)

フィラメント加熱

1

)

最大フィラメント電流 (A)

2

)

最高フィラメント電圧 (V)

備考  ここに示す最高フィラメント電圧は,最大フィラメント電流におけるフィラメント電圧の最大

値である。

k

)  X

線放射角度  (  °)

l

)

固有ろ過 (mmCu,mmBe,mmAl)

1

)

主に治療に使用される

公称最高管電圧が 150 kV 以上 400 kV 以下の 線管では,銅の厚さで示す。

2

)  X

線管の窓部分がベリリウムだけからなる 線管装置では,ベリリウム又はアルミニウムの厚さで

示す。

備考  X 線吸収の極めて少ない他の物質,例えば,マイカだけからなる場合は,その物質の厚さで示

す。

m

)

漏れ線量  (

3

) (mGy)

n

)

漏れ線量  (

3

)

測定条件

o

)

冷却方式

p

)

質量  (kg)

6.

性能

6.1

特性に関する事項  特性は,8.  に規定する方法で試験を行ったとき,次の各項に適合しなければな

らない。

a

)

スリットカメラ法における焦点寸法  スリットカメラ法における焦点寸法の幅及び長さの許容範囲

は,

表 による。


11

Z 4704

:2005

  3  焦点寸法の幅及び長さの許容範囲(スリットカメラ法)

単位  mm

焦点の呼び

長さ

0.1

 0.15

0.2

0.10

∼0.15

0.15

∼0.23

0.20

∼0.30

0.10

∼0.15

0.15

∼0.23

0.20

∼0.30

0.3

0.4

0.5

0.6

0.7

0.8

0.30

∼0.45

0.40

∼0.60

0.50

∼0.75

0.60

∼0.90

0.70

∼1.10

0.80

∼1.20

0.45

∼0.65

0.60

∼0.85

0.70

∼1.10

0.90

∼1.30

1.00

∼1.50

1.10

∼1.60

0.9

1.0

1.1

1.2

1.3

1.4

0.90

∼1.30

1.00

∼1.40

1.10

∼1.50

1.20

∼1.70

1.30

∼1.80

1.40

∼1.90

1.30

∼1.80

1.40

∼2.00

1.60

∼2.20

1.70

∼2.40

1.90

∼2.60

2.00

∼2.80

1.5

1.6

1.7

1.8

1.9

2.0

1.50

∼2.00

1.60

∼2.10

1.70

∼2.20

1.80

∼2.30

1.90

∼2.40

2.00

∼2.60

2.10

∼3.00

2.30

∼3.10

2.40

∼3.20

2.60

∼3.30

2.70

∼3.50

2.90

∼3.70

2.2

2.4

2.6

2.8

3.0

2.20

∼2.90

2.40

∼3.10

2.60

∼3.40

2.80

∼3.60

3.00

∼3.90

3.10

∼4.00

3.40

∼4.40

3.70

∼4.80

4.00

∼5.20

4.30

∼5.60

備考1.  焦点呼び 0.3 から 3.0 の長さ方向許容範囲は,0.7 の係数を乗じていない値である。

2.

特に,CT 用途の X 線管装置の焦点の呼びが,例えば 1.0×0.6 と指定された場合,最初の数値は幅,2 番
目の数値は長さを表す。ただし,この場合幅,長さともに

表 の幅方向の許容範囲が適用される。

3.

基本的にはスリットカメラ法での測定が望ましいが,同測定が不可能な場合はピンホールカメラ法又は解

像力法での測定でも可とする。

b

)

ピンホールカメラ法における焦点寸法  ピンホールカメラ法における焦点寸法の許容差  (

4

)

は,

表 4

による。

  4  焦点寸法の許容差  (

4

)

ピンホールカメラ法)

焦点の呼び

許容差  (

4

)

(%)

f<0.8

0.8

f≦1.5

1.5

f

0

∼+50

0

∼+40

0

∼+30

注(

4

)

焦点寸法の許容差は,焦点の呼びをミリメートル

(mm)

単位で表し,その値に対する許容差とする。


12

Z 4704

:2005

c

)

解像力法における焦点寸法  解像力法における焦点寸法の許容差  (

4

)

は,

表 による。

  5  焦点寸法の許容差  (

4

)

解像力法)

焦点の呼び

許容差  (

4

)

(%)

f≦0.3 0∼+50

d

)

高電圧側耐電圧  線管装置の陽極と陰極の間に公称最高管電圧の 1.1 倍の電圧を加え 10 min 以上耐

えなければならない。  ただし,長時間の

公称最高管電圧と短時間のそれとが異なる場合には,短時間

公称最高管電圧の 1.1 倍の電圧を加え 0.1 s,長時間公称最高管電圧の 1.1 倍の電圧を加え 10 min 以上

耐えなければならない。

コンデンサ式 線高電圧装置に使用する 線管装置の場合は,公称最高充電

管電圧の 1.1 倍の電圧を加えて 10 min これに耐えなければならない。

なお,複数の使用回路がある場合は,最も耐電圧的に厳しいと考えられる使用回路を選んで行う。

e

)

フィラメント格子間耐電圧  格子制御形 線管装置では,フィラメントと格子間に最高フィラメント

格子間定格の 1.2 倍の試験電圧を 1 min 加えたとき,絶縁破壊などの異常があってはならない。

f

)

管電流遮断  格子制御形 線管装置では,公称最高充電管電圧において,フィラメントに対し負の管

電流遮断格子電圧を格子電極に加えたとき,

管電流が流れてはならない。

g

)

管電流特性  指定  (

1

)

管電圧,管電圧波形及び管電流値におけるフィラメント電流値の許容差は,

中心値に対し±10 %以下とする。

h

)

フィラメント特性  指定  (

1

)

のフィラメント電流値におけるフィラメント電圧値の許容差は,中心値

に対し±15 %以下とする。

i

)

X

線管最大連続入力  表 10 の試験管電圧において指定  (

1

)

された条件で,

陽極入力を 10 min 加えた

とき,放電がなく

管電流が安定していなければならない。

j

)

最大単発負荷定格  表 10 の試験管電圧において指定  (

1

)

された条件で,回転陽極 X

線管では 0.1 s,

固定陽極 X 線管では 1 s の単発の

陽極入力を加えたとき,放電がなく管電流が安定していなければな

らない。

k

)

最大陽極熱容量  表 10 の試験管電圧において指定  (

1

)

された X

線管負荷条件で,陽極入力を加えた

とき,X

線管に重大な損傷があってはならない。

l

)

X

線管装置最大連続入力  表 10 の試験管電圧において指定  (

1

)

された条件で,X 線管装置入力を 10

min

加えたとき,放電がなく

管電流が安定していなければならない。

m

)  X

線管装置最大冷却率  表 10 の試験管電圧において指定  (

1

)

された条件で,指定  (

1

)

された時間,連

続して入力したとき,放電がなく

管電流が安定していなければならない。

n

)

最大対称照射野  指定  (

1

)

  された SID において

最大対称照射野と基準軸との交点を含み,最大対称

照射野の内側で,かつ,線管の管軸と平行な直線及びこれと直交する直線上の範囲内における線量

は,

最大対称照射野と基準軸との交点における線量の 30 %を超え,110 %以下でなければならない。

6.2

環境条件  環境条件は,附属文書に他の記載がない限り,線管装置は次の気象条件における,輸

送,保管及び作動に耐えなければならない。

a

)

輸送及び保管  輸送及び保管は,JIS T 0601-1 10.1(輸送及び保管)による。

b

)

作動(運転)  作動は,JIS T 0601-1 10.2[作動(運転)]による。


13

Z 4704

:2005

6.3

電撃に対する保護  電撃に対する保護は,次を追加又は訂正して JIS T 0601-1  第 章(電撃の危険

に対する保護)を適用する。

a

)

連続漏れ電流は,

附属文書で指定しない限り,“JIS T 0601-1  表 4  連続漏れ電流及び患者漏れ電流”

の“B 形”を適用する。

備考  JIS T 0601-1 では,電撃に対する保護の程度による分類“B 形”等は,装着部についてだけ規

定している。X

線管装置のように一般に装着部を持たない機器は連続漏れ電流の規定がないの

で,このように規定した。

b

)

コンデンサをもつ電動機の耐電圧は,巻線とコンデンサとの接続点の共振電圧を基準電圧  (U)  とす

る。

c

)

回転陽極 X

線管装置のスタータ回路の基準電圧  (U)  は,定常回転時の電圧とする。ただし,起動時

の電圧から定常回転時の電圧に下げる途中に共振電圧が存在する場合には,その電圧とする。

6.4

過度の温度に対する保護  過度の温度に対する保護は,次による。

a

)

管容器表面温度  線管装置の表面温度は,85  ℃以下でなければならない。85  ℃を超える場合には,

接触防止の手段,例えば,保護カバーが必要である。この場合,通常使用状態で予測できる接触可能

部分の温度を

取扱説明書に記載する。

b

)

管容器内部温度  温度制限は,管容器内には適用しない。

6.5

管容器の危険に対する保護  線管装置は,管容器内の限界の熱量を操作者に知らせる手段を備え

なければならない。あらかじめ,設定された限界点に対応した温度,体積,圧力のいずれかの,検出又は

モデル計算によって,限界点を検出し,それを

操作者に警告する手段を備えなければならない。

6.6

放射線防護  放射線防護は,次による。

a

)

固有ろ過  5.1 ae)  及び  5.3 l)  で規定される参照物質とその厚さで示し,取扱説明書に記載した公称値

に対して 0∼30 %の許容差でなければならない。

b

)

漏れ線量  (

3

)  X

線管装置の漏れ X 線の遮へいは,線管装置を漏れ線量  (

3

)

測定条件で作動させ,

8.4.17

の漏れ線量試験によって測定したとき,

表 を満足しなければならない。

なお,X 線可動絞りと組み合わせて使用する X

線管装置の場合には,表 の最大値の 65 %とするこ

とが望ましい。

  6  線管装置からの漏れ線量  (

3

)

の最大値

種類

漏れ線量率

公称最高管電圧 50 kV 以下の治
療用 X 線装置

X

線管装置の接触可能表面から 5 cm の距離における

値:1 h 当たり 1.0 mGy

公称最高管電圧 50 kV を超える
治療用 X 線装置 

X

線管焦点から 100 cm の距離における値:1 h 当たり

10 mGy

,かつ,X 線源装置の接触可能表面から 5 cm の

距離における値:1 h 当たり 300 mGy 

公称最高管電圧 125 kV 以下の
口内法撮影用 X 線装置 

X

線管焦点から 100 cm の距離における値:1 h 当たり

0.25 mGy 

上記以外の X 線装置

焦点から 100 cm の距離における値:1 h 当たり 1.0 mGy

コンデンサ式 X 線発生装置

充電状態であって,照射時以外のとき,接触可能表面
から 5 cm の距離における値:1 h 当たり 20 µGy

7.

X

線管装置の形状・寸法及び接続  線管装置の形状・寸法及び接続は,次による。

a

)

照射筒又は可動絞り取付部の寸法  取付部の寸法は,図 に示す値を標準とする。


14

Z 4704

:2005

単位  mm

備考

立体撮影形

X

線管装置

はこの限りではない。

  1  照射筒又は可動絞り取付部

b

)

高電圧接続部の形状・寸法及び接続  高電圧接続部の形状・寸法及び接続は,JIS Z 4731 による。

8.

試験

8.1

一般条件  試験は,周囲温度,湿度及び気圧については JIS T 0601-1 4.5 周囲温度,湿度及び気圧に

従うほか,試験用 X

線高電圧装置を次の条件を満たす標準電源に接続し,かつ,確実に接地して行う。

a

)

電源条件は,JIS Z 4702 の 10.1.2

電源条件)による。ただし,固有ろ過又は漏れ線量  (

3

)

の試験の

ため,

照射線量又は照射線量率を測定する場合に限り,試験電源は次の条件を満たさなければならない。

1

)

電源電圧に対する補償手段をもたない 1 ピーク形 X

線発生装置については,無負荷時の電源電圧を,

定格電源電圧の±1 %以内とする。

2

)

一つの

照射線量を測定中の各負荷時の電源電圧の降下量は,すべての照射線量又は照射線量率の測

定時の電源電圧降下量の平均値に対して±10 %を超えて変化せず,電源電圧の変動は±0.5 %以内と

する。この条件に適合するために必要な電源の見掛けの抵抗は,JIS Z 4702 の 6.

電源設備)を参

照する。

b

)

交流 1 000 V,直流 1 500 V 以下の試験電圧には,規定値に対して±2 %を超える変動があってはなら

ない。

8.2

計器  試験用計器は,JIS C 1102-2 に規定する 1.0 級以上の指示電気計器又はこれと同等のものを用

い,ミリアンペアピーク計は,

表 の性能を満足するものを用いなければならない。

  7  試験に用いるミリアンペアピーク計の性能

試験点(管電流ピーク値) 200∼300 mAp の 1 点 500∼600 mAp の 1 点

許容差  %

±10

±10

なお,計器は,等分目盛のものでは最大目盛の  以上の目盛で測定できるようなものを用い,また,ゼ

ロの付近で著しく縮小した目盛のものでは,最大目盛の  以上の目盛で測定できるようなものを用いなけ

ればならない。

8.3

X

線高電圧装置  試験用 線高電圧装置は,JIS Z 4702JIS Z 4711 又はこれに準じる試験を満足す

る装置を校正して用いる。

1
2

2
3


15

Z 4704

:2005

8.4

試験方法

8.4.1

焦点試験  焦点試験方法は,表 に示す 3 方法とする。焦点寸法の測定はスリットカメラ法又はピ

ンホールカメラ法を用いて行い,各々6.1 a)  又は 6.1 b)  に規定する寸法であるかどうかを調べる。

なお,焦点の呼びが 0.3 以下の場合には,解像力法を用いて行い 6.1 c)  に規定された寸法であるかどう

かを調べてもよい。MTF の測定は,スリットカメラ法を用いて行う。

ブルーミング値の測定は,解像力法

のうちスターパターンカメラ法を用いて行う。

  8  焦点試験方法

方法

適用範囲

該当項目

焦点寸法の測定

8.4.1 a)

スリットカメラ法

MTF

の測定

8.4.1 e)

ピンホールカメラ法

焦点寸法の測定

8.4.1 b)

平行パターンカメラ法

焦点寸法の測定

8.4.1 c) 1)

焦点寸法の測定

8.4.1 c) 2)

解像力法

スターパターンカメラ法

ブルーミング値

8.4.1 d)

a

)

スリットカメラ法による焦点寸法の測定  スリットカメラ法による焦点寸法の測定は,次による。

1

)

基礎事項  焦点の像は,スリットカメラを用いて撮影する。スリットとフィルムとは 線管装置の

基準軸上又は指定  (

1

)

された方向に垂直に配置し,スリットの方向は,X

線管装置の管軸に垂直な

方向(焦点の長さを測定するとき)及び管軸に平行な方向(焦点の幅を測定するとき)の 2 種類と

する。ただし,

図 に示すように焦点像がひずんでいる場合には,焦点の幅を測定する際に,スリ

ットの方向は,焦点が最も小さい幅になるような方向に対して垂直な方向としてもよい。焦点寸法

は,その二つの X 線像から求める。

  2  ひずんだ焦点に対する測定方向

2

)

スリットカメラ

2.1

)

材質  スリットの基板の材質は,次の中から選定する。

2.1.1

) 90

%

の金と 10 %の白金からなる合金

2.1.2

)

タングステン

2.1.3

)

タングステンカーバイト


16

Z 4704

:2005

2.2

)

形状及び寸法  スリット及び基板の形状・寸法は,図 による。

単位  mm

  3  スリット及び基板の形状・寸法(断面図)

3

)

撮影位置及び像の拡大率  焦点からスリット基準面までの距離は 100 mm 以上とする。像の拡大率

(E)

は,焦点からスリット

基準面までの距離  (m)  に対するスリット基準面からフィルムまでの距離

(n)

の比である(

表 及び図 参照)。

  9  焦点の呼びに対する拡大率(スリットカメラ法)

焦点の呼び

拡大率

En/m(図 参照)

f≦0.4

≧3

0.5

f≦1.0

≧2

1.1

f

≧1


17

Z 4704

:2005

  4  拡大率を定める焦点・カメラ・フィルム間寸法

4

)

撮影方法  増感紙を用いないで撮影する微粒子の X 線フィルムを使用するものとする。

フィルムの X 線露光は,焦点の像の最も濃い部分が,露光されない部分の濃度に対して,0.8∼1.2

大きい濃度になるようにする。ただし,フィルムのベース濃度を含むかぶり濃度は 0.2 以下とする。

濃度の調整は撮影時間だけで行い,

管電圧及び管電流は,表 10 に定める値に固定する。

5

)

撮影の 線管負荷条件  回転陽極 線管においては,陽極を回転させる。

撮影は,

表 10 に示す条件又は指定  (

1

)

された条件によるものとする。撮影時間は,前項に定める

フィルム濃度が得られるように選定する。

 10  線管負荷条件

公称最高管電圧

U

(kV)

試験管電圧

試験管電流

U≦75

公称最高管電圧

 75

U≦150 75

kV

150

U

公称最高管電圧の 50 %

試験管電流における

0.1 s

の最大許容管電流の 50 %

透視専用の X

線管装置の場合は,公称最高管電圧及びこのときの最大許容管電流を 線管負荷条

件とする。

6

)

焦点像の測定  焦点像の測定は,焦点像フィルムの背面照度を約 200 lx とし,像を 0.1 mm 目盛の

付いた 5∼10 倍の拡大鏡を通して肉眼で読み取り,次の aの二つの方向について読むことができ

る像の端から端までを測定する(

図 及び図 参照)。

a線管装置の管軸方向に平行方向(長さ)


18

Z 4704

:2005

b線管装置の管軸方向に垂直方向(幅)

焦点寸法は,像寸法を拡大率で除した値とする。

  5  焦点像の測定

備考  肉眼による濃度の感知能は,約 5 %コントラストステップであり,次の式で示される。

1

0

1

0

0.05

B

B

B

B

=

+

ここに,

B

0

:基材濃度及びかぶり

B

1

:求める濃度


19

Z 4704

:2005

  6  焦点像の測定配置図(スリットカメラ法)

b

)

ピンホールカメラ法による焦点寸法の測定  ピンホールカメラ法による焦点寸法の測定は,次による。

1

)

基礎事項  焦点の像をピンホールカメラを用いて撮影する。ピンホールとフィルムは,線管装置

の基準軸上又は指定

  (

1

)

された方向に垂直に配置する。焦点寸法は,その X

線像から求める。

2

)

ピンホールカメラ

2.1

)

材質  ピンホールの基板の材質は,a

)

 2

)

 2.1

)

に示した材質の中から選定する。

2.2

)

形状及び寸法  ピンホールの寸法及び基板の形状・寸法は,図 及び表 11 による。

単位  mm

  7  ピンホール及び基板の形状・寸法(断面図)


20

Z 4704

:2005

 11  焦点の呼びに対するピンホールの寸法

単位  mm

焦点の呼び

直径

深さ

0.3

f≦1.2 0.030±0.005 0.075±0.010

1.2

f≦2.5 0.075±0.005 0.350±0.010

2.5

f 0.100±0.005 0.500±0.010

3

)

撮影位置及び像の拡大率  焦点からピンホール基準面までの距離は

100 mm

以上とする。

像の拡大率

  (E)

は,焦点からピンホール

基準面までの距離

  (m)

に対するピンホール

基準面から

フィルムまでの距離

  (n)

の比である(

表 12 及び図 参照)。

 12  焦点の呼びに対する拡大率(ピンホールカメラ法)

焦点の呼び

拡大率

En/m(図 参照)

0.3

f≦1.2 3

1.2

f≦2.5 2

2.5

f 1

  8  拡大率を定める焦点・カメラ・フィルム間寸法

4

)

撮影方法  撮影方法は,a

)

 4

)

による。

5

)

撮影の 線管負荷条件  撮影の 線管負荷条件は,a

)

 5

)

による。

6

)

焦点像の測定  焦点像の測定は,焦点像フィルムの背面照度を約

200 lx

とし,像を

0.1 mm

目盛の

付いた

5

10

倍の拡大鏡を通して肉眼で読み取り,次の

a

b

の二つの方向について読むことができ


21

Z 4704

:2005

る像の端から端までを測定する(

図 及び図 参照)。

a

X

線管装置の管軸方向に平行方向(長さ)

b

X

線管装置の管軸方向に直角方向(幅)

焦点寸法は,像の寸法を拡大率で除した値とする。

なお,実焦点が線状焦点の場合は,

a

方向のエネルギー分布が山形になるので,この方向の寸法

に係数

0.7

を乗じた値とする。

線状でない焦点については,焦点像の最小外接長方形の長短二辺の寸法で表す。

備考  ピンホール部の詳細は,図 に示す。

  9  焦点像の測定配置図(ピンホールカメラ法)

c

)

解像力法による焦点寸法の測定

1

)

平行パターンカメラ法による焦点寸法の測定  平行パターンカメラ法による焦点寸法の測定は,次

による。

1.1

)

基礎事項  ある一定間隔に金属線等を並べたテストチャートを撮影する。テストチャートの中心

が X

線管装置の基準軸又は指定

  (

1

)

された方向に垂直になるように配置する。

焦点寸法は,そのテストチャート像がテストチャートと同数の線と認められるかによって求め

る。

なお,この撮影はテストチャートを焦点の長さの方向及び幅の方向に置いた二つの場合につい

て行うものとする。

1.2

)

テストチャート  テストチャートは,JIS Z 4916 に規定するもの又はこれに準じたものとする。

1.3

)

撮影位置  図 10 に示すように,基準軸上焦点の中心から距離

m

の位置に,幅

g

,タングステンの


22

Z 4704

:2005

テストパターン

3

本以上を間隔

g

で並べたテストチャートを,その基準軸上にあり,しかも,テ

ストチャートの面が

基準軸に垂直になるように置き,更にこのテストチャートから距離

n

の位置

にフィルムを置いてテストチャートを撮影する。

1.4

)

撮影方法  撮影方法は,a

)

 4

)

による。

1.5

)

撮影の 線管負荷条件  撮影の 線管負荷条件は,a

)

 5

)

による。

1.6

)

焦点像の測定  焦点像の測定は,焦点の規定値の最大値

f

1

及び最小値

f

2

のそれぞれに対して,

(

)

1

1

1

1

1

2g m

n

f

n

+

=

(

)

2

2

2

2

2

2g

m

n

f

n

+

=

を満足する,

g

m

n

の二組の値(ただし,

g

m

n

のすべてを変える必要はない。

)についてこ

の撮影を行い,

f

1

に対応するフィルムのテストチャート像がテストチャートと同数の線として明

りょう(瞭)に認められるとき,焦点の寸法が

f

1

より小さいものとし,

f

2

に対応するフィルムのテ

ストチャート像がテストチャートと同数の線として認められないとき,焦点の寸法が

f

2

より大き

いものとする。

 10  焦点寸法の測定配置図(平行パターンカメラ法)

2

)

スターパターンカメラ法による焦点寸法の測定  スターパターンカメラ法による焦点寸法の測定

は,次による。


23

Z 4704

:2005

2.1

)

基礎事項  焦点スターパターン写真をスターパターンカメラを用いて撮影する。スターパターン

カメラとフィルムとは,X

線管装置の基準軸又は指定

  (

1

)

された方向に垂直に配置する。焦点寸

法は,焦点スターパターン写真の解像限界から求める。

2.2

)

テストチャート  テストチャートは,JIS Z 4916 に規定するもの又はこれに準じたものとする。

2.3

)

撮影位置及び像の拡大率  像の拡大率

  ()

は,焦点からテストチャートの

基準面までの距離

  (m)

に対する,焦点からフィルムまでの距離

  (m

n)

の比であり,拡大率は

2

を標準とする(

図 11 

照)

 11  焦点寸法の測定配置図(スターパターンカメラ法)

2.4

)

撮影方法  撮影方法は,a

)

 4

)

による。

2.5

)

撮影の 線管負荷条件  撮影の 線管負荷条件は,a

)

 5

)

による。

2.6

)

焦点像の測定  焦点の大きさは,焦点スターパターン写真のひずんだ部分の平均寸法を目盛の付

いた拡大鏡を用いて測定し,次の式によって変換して求める(

図 12 参照)。


24

Z 4704

:2005

 12  焦点スターパターン写真(スターパターンカメラ法)

解像限界

R

W

R

L

は,焦点スターパターン写真の

Z

W

Z

L

から次の式によって求める。

w

w

E

R

Z

θ

=

L

L

E

R

Z

θ

=

ここに, R

W

:幅方向の焦点スターパターン解像限界

 (Lp/mm)

R

L

:長さ方向の焦点スターパターン解像限界

 (Lp/mm)

E

2

(拡大率)

θ

スターパターンカメラのくさびの頂角

 (rad)

Z

W

X

線管装置の管軸に平行な方向に測定された最外部のひずん

だ部分の平均直径

 (mm)

Z

L

X

線管装置の管軸に垂直な方向に測定された最外部のひずん

だ部分の平均直径

 (mm)

備考

(Lp/mm)

は,

line pairs per millimeter

の意味である。

焦点の大きさは,焦点スターパターン写真の解像限界から次の式によって求める。

(

1)

L

E

a

E

R

=

(

1)

w

E

b

E

R

=

ここに, aX

線管装置の管軸方向に平行方向の大きさ(長さ)

b線管装置の管軸方向に直角方向の大きさ(幅)

R

W

:幅方向の焦点スターパターン解像限界 (Lp/mm)

R

L

:長さ方向の焦点スターパターン解像限界 (Lp/mm)

E:2(拡大率)

備考  任意の拡大率 E´による焦点スターパターン解像限界は,次の式で表される。


25

Z 4704

:2005

1

1

w

w

E

R

E

=

1

1

L

L

E

R

E

=

ここに, R´

W

:拡大率 E´のときの幅方向の焦点スターパターン解像限界

(Lp/mm)

R´

L

:拡大率 E´のときの長さ方向の焦点スターパターン解像限界

(Lp/mm)

R

W

:拡大率 のときの幅方向のスターパターン解像限界 (Lp/mm)

R

L

:拡大率 のときの長さ方向のスターパターン解像限界

(Lp/mm)

E:2(拡大率)

d

)

ブルーミング値の測定  ブルーミング値の測定は,次による。

1

)

基礎事項  ブルーミング値は,スターパターンカメラ法で得られる,焦点スターパターン解像限界

から求める。

2

)

撮影の 線管負荷条件  ブルーミング値を求めるための焦点スターパターンの撮影方法は,表 10

に示す条件及び

表 13 に示す条件の二とおりとする。

 13  ブルーミング値を求めるための撮影の 線管負荷条件

公称最高管電圧

U

(kV)

試験管電圧

試験管電流

U≦75

公称最高管電圧

 75

U≦150 75

kV

150

U

公称最高管電圧の 50 %

試験管電流における

0.1 s

の最大許容管電流

3

)

ブルーミング値の算出  ブルーミング値 の算出は,次の式による。

50

100

R

B

R

=

ここに, R

50

表 10 に示す条件で求めた焦点スターパターン解像限界

R

100

表 13 に示す条件で求めた焦点スターパターン解像限界

e

)

MTF

測定  焦点の MTF の測定は,次による。

1

)

基礎事項  焦点の MTF は,スリットカメラ法で得られた,焦点スリット写真から求める。

2

)

像の拡大率  像の拡大率は,焦点からスリット基準面までの距離に対するスリット基準面からフィ

ルムまでの距離の比であり,

表 14 による。

 14  焦点の呼びに対する拡大率  (MTF)

焦点の呼び

拡大率

f<0.6 2

0.6

f 1.3

3

)

撮影方法  撮影方法は,a) 4)  による。

4

)

撮影の 線管負荷条件  撮影の 線管負荷条件は,a) 5)  による。


26

Z 4704

:2005

5

)

濃度分布の測定  焦点スリット写真をマイクロデンシトメータによって走査する。このとき,マイ

クロデンシトメータのスリット幅は,焦点スリット写真の撮影に用いられたスリット幅以下とする。

また,マイクロデンシトメータの走査方向は,焦点スリット写真の撮影に用いられたスリット方向

と垂直な方向とする。

次に,求められた濃度分布を,用いられたフィルムの感度特性を考慮して焦点の X 線強度分布に

変換する。

なお,MTF の算出に際しては,入力データは

図 13 に示した斜線部を除く。

 13  線強度分布データの制限

6

)  MTF

の算出  焦点の MTF の算出は,e)  5)  で得られた焦点の X 線強度分布をフーリエ変換するこ

とによって得られる。また,表示は横軸に空間周波数 (Lp/mm) を線形目盛で表し,周波数ゼロの

ときフーリエ変換が 100 %となるようにする。

備考  任意の拡大率 M´における MTF は,次の式のように変換する。

1

1

M

f

M

=

ここに, f´:拡大率 M´のときの空間周波数 (Lp/mm) 

f:拡大率 のときの空間周波数 (Lp/mm)

M:表 14 に従う拡大率

8.4.2

高電圧側耐電圧試験  高電圧側耐電圧試験は,図 1419 に示す試験回路又はこれに準じる試験回

路によって行い,6.1 d)  に規定した

管電圧を加え,X 線管内又は管容器内の放電などの異常の有無を調べ

る。特に,

図 14 に示す試験回路を用いるものでは,公称最高逆電圧も加えて調べる。このとき 線管装

置への入力は,公称最高管電圧における 線管最大連続入力又は最大単発負荷定格のそれぞれの  以下と

する。また,

格子制御形 線管装置では,その管電流は遮断状態とする。

1
2


27

Z 4704

:2005

備考  ミリアンペア計は,主変圧器の接地側に入れてもよい。

 14  ピーク形試験回路

備考  ミリアンペア計は,主変圧器の接地側に入れてもよい。

 15  ピーク形試験回路


28

Z 4704

:2005

備考  ミリアンペア計は,主変圧器の接地側に入れてもよい。

 16  12 ピーク形試験回路

備考  ミリアンペア計は,整流回路の接地側に入れてもよい。

 17  定電圧形又はインバータ試験回路


29

Z 4704

:2005

備考1.  ミリアンペア計は,整流回路の接地側に入れてもよい。

2.

格子制御回路含む。

 18  格子制御形インバータ試験回路

 19  格子制御コンデンサ式試験回路

8.4.3

フィラメント格子間耐電圧試験  格子制御形 線管装置では,フィラメントと格子間に最高フィ

ラメント格子間定格電圧の 1.2 倍の電圧を加え,6.1 e)  に適合するかどうかを調べる。

8.4.4

管電流遮断試験  線管装置の格子電圧を管電流遮断定格値より若干低くし,管電流がわずかに流

れる程度にフィラメント電流を流しておき,かつ,

管電圧を公称最高充電管電圧に設定する。次いで,格

子電圧を徐々に高くし

管電流が流れ,JIS Z 4511 に規定する方法で校正された線量率計を用いて有効 X 線

が放射され始めるときの格子電圧を測定する。この格子電圧が定格値より高く,6.1 f)  に適合するかどう

かを調べる。

8.4.5

管電流特性試験  図 1419 に示す試験回路又はこれに準じる試験回路によって試験する。線管

装置の公称最高管電圧以下の管電圧において公称陽極入力以下の管電流を流し,このときのフィラメント

電流を測定し 6.1 g)  に適合するかどうかを調べる。

この試験に用いる電圧計及び電流計は,JIS C 1102-2 に規定する 1.0 級以上のものとする。

8.4.6

フィラメント特性試験  図 20 に示す試験回路で陽極端を開放し,S を開いて X 線管フィラメント

に電流を流し,安定した後に S を閉じてフィラメント電圧を測定し 6.1 h)  に適合するかどうかを調べる。


30

Z 4704

:2005

この試験に用いる電圧計及び電流計は,JIS C 1102-2 に規定する 1.0 級以上のものとする。

 20  フィラメント試験回路

備考  電流計及び電圧計の周波数特性は,使用するフィラメント電源回路の周波数に適合していなけ

ればならない。

8.4.7

X

線管最大連続入力試験  図 1419 に示す試験回路又はこれに準じる試験回路によって 線管に

X

線管最大連続入力を加えたとき,6.1 i)  に適合するかどうかを調べる。

8.4.8

最大単発負荷定格試験  図 1419 に示す試験回路又はこれに準じる試験回路によって 線管装置

に 1 回の負荷で許される最大の X

線管負荷を加えたとき,6.1 j)  に適合するかどうかを調べる。

8.4.9

最大陽極熱容量試験  陽極加熱曲線試験 (a) と陽極冷却曲線試験 (b) をそれぞれ行い,6.1 k)  

適合するかどうかを調べる。

参考  この試験は,その 線管の期待寿命を縮める可能性がある。

a

)

陽極加熱曲線試験  線管装置又は指定  (

1

)

された容器に収納した X

線管を,表 10 の試験管電圧に

おいて,指定  (

1

)

された X

線管負荷を用いて図 21 に示した試験を行い,異常の有無を調べる。

1

)

最大陽極熱容量 に対し 0.9 以上の値 h

1

を定める。指定  (

1

)

された

陽極加熱曲線を用いて冷状態

(20

∼25  ℃)  から指定  (

1

)

された X

線管負荷を加え,に達するまでの時間 t

1

を求める。次いで,

陽極冷却曲線を用いて から h

1

まで冷却時間  (t

2

t

1

)

を求める。さらに,時間 t

2

から X

線管負荷

を加え,h

1

から まで加熱する加熱時間  (t

3

t

2

)

を求める。

2

)

陽極熱量が時間 t

1

最大陽極熱容量 に達するまで 線管負荷を加える。

3

)  t

1

で X

線管負荷を停止する。

4

)

冷却時間  (t

2

t

1

)

の間,冷却する。

5

)

加熱時間  (t

3

t

2

)

の間,h

1

から になるまで X

線管負荷を加える。

6

)  t

3

で X

線管負荷を停止する。

7

)  4)

6)  の負荷動作を 10 回繰り返す。


31

Z 4704

:2005

備考  h

1

の値は,

最大陽極熱容量の 90 %未満であってはならない。

 21  陽極加熱曲線試験

b

)

陽極冷却曲線試験  線管装置又は指定  (

1

)

された容器に収納した X

線管を,表 10 の試験管電圧に

おいて,指定  (

1

)

された X

線管負荷を用いて図 22 に示した試験を行い,異常の有無を調べる。試験

手順は,a)  と同様に行う。ただし,

最大陽極熱容量 に対し,0.25 以下の値 h

2

を定めて行う。

備考  h

2

の値は,

最大陽極熱容量の 25 %を超えてはならない。

 22  陽極冷却曲線試験

8.4.10

  X

線管装置最大連続入力試験  図 1419 に示す試験回路又はこれに準じる試験回路によって 

管装置に 線管装置最大連続入力を加えたとき,6.1 l)  に適合しているかどうかを調べる。

8.4.11

  X

線管装置最大冷却率試験  指定  (

1

)

された条件で,指定  (

1

)

された時間,連続して X 線管装置

入力を加えたとき,管装置の表面温度が 85  ℃以下で,かつ,6.1 m)  に適合しているかどうかを調べる。

8.4.12

最大対称照射野試験  照射野寸法は次の試験を行ったとき,6.1 n)  を満足するかどうかを調べる。

a

)

測定方法(図 23 及び図 24 参照)  使用可能な最小距離 a

min

の 75 %の位置にアルミニウムフィルタ(

5

)

を置く。

指定  (

1

)

された SID の距離 の照射野における線量を,JIS Z 4511 に規定する方法で校正された

量計を用いて測定する。測定は,図 23 に規定する X

1

−X

2

,Y

1

−Y

2

の軸上について行う。Z

0

を 100 %


32

Z 4704

:2005

としたときの X

1

−X

2

,Y

1

−Y

2

の軸上の線量の比率を求める。

ここに,点 Z

0

は指定  (

1

)

の距離 における照射面と

基準軸との交点であり,点 X

1

,X

2

,Y

1

及び Y

2

は,それぞれ照射野の四辺と X 線(点 Z

0

を通り X

線管装置の管軸に平行な直線)及び Y 軸(点 Z

0

において X 軸と直交する直線)との交点である。

 23  照射野測定配置図  (I)

 24  照射野測定配置図  (II)

注(

5

)

アルミニウムは,JIS H 4000 に規定する合金番号 1100 とする。

b

)

測定条件  回転陽極 線管装置の場合には,陽極を回転させる。測定は,表 15 に示す条件によるも

のとし,線量は適宜に設定して行う。

なお,

線量計によって校正した X 線フィルムを用いて間接的に測定してもよい。


33

Z 4704

:2005

 15  照射野測定条件

公称最高管電圧

U

(kV)

付加するアルミニウム

フィルタの厚さ  (mm)

測定管電圧

U

(kV)

 30

U< 50

 5

30

 50

U< 75

10

50

 75

U<125 20

75

125

U 20

75

及び 150

8.4.13

低電圧側耐電圧試験  低電圧側耐電圧試験は,6.3 による。

8.4.14

保護接地抵抗試験  保護接地抵抗試験は,6.3 による。

8.4.15

連続漏れ電流試験  連続漏れ電流試験は,6.3 による。

8.4.16

固有ろ過試験  固有ろ過試験は,供試 線管装置の利用ビームの第 1 半価層[参照物質  (

6

)

はベ

リリウム,アルミニウム又は銅]と,供試 X

線管装置と同じターゲット材質から作られたベリリウム窓又

ろ過の無視できる窓をもつ 線管の参照物質による X 線減弱特性を測定し,両者を比較することによっ

て求め,6.6 a)  に適合するかどうかを調べる。また,

線量計は JIS Z 4511 に規定する方法で校正された変

動の少ないものを用いる。  比較を行うには,等しい

管電圧,管電圧波形及び管電流によって得た値を用い

なければならない。  公称管電圧が 65 kV 以下若しくは医用 X 線 CT 用 X

線管装置の場合は公称最高管電

圧で,その他の 線管装置の場合は公称最高管電圧の  か 75 kV のいずれか高い管電圧で,又は指定  (

1

)

管電圧で測定する。

注(

6

)

アルミニウムは,JIS H 4000 に規定する合金番号 1100 を,銅は,JIS H 3100 に規定する種類

C1100

を使用する。

8.4.17

漏れ 線量  (

3

)

試験  線管装置の漏れ X 線量  (

3

)

又は漏れ X 線量率は,JIS Z 4511 に規定する

方法で校正された

線量計を用いて次の条件によって測定し,あらゆる方向について 6.6 b)  に規定した性能

を満足するかどうかを調べる。

a

)

管容器の X 線放射窓は,少なくとも 20 半価層  (

7

)

の鉛板若しくは相当の遮へい体で覆う。

注(

7

) 20

半価層とは,

照射線量率が,その物体を除去したときの線量率の    に減少するその物体の

厚さ。実際には 5 mm 厚以上の鉛板若しくは相当の遮へい体を使用する。

b

)

該当する面積に入射する小さいビームによる被ばく(曝)量を平均するために,焦点から 1 m の距離

において,

規定の測定を行うために使用する

放射線検出器の窓面積は一辺が 20 cm を超えない 100 cm

2

とする。

この面積よりわずかに小さいか又は大きい面積の検出器を用いる場合は,焦点において等しい立体

角を得るように,焦点からの距離を小さく又は大きくして測定し距離による補正を行う。

c

)

X

線管装置又はその附属品の表面から 5 cm の位置における前記の測定においては,放射線検出器の面

積は約 10 cm

2

とする。

この面積よりわずかに小さいか又は大きい面積をもつ検出器を用いる測定は,焦点において等しい

立体角を得るように,焦点からの距離を小さく又は大きくして測定する。

d

)  X

線管装置は,漏れ X 線量  (

3

)

算定基準負荷条件で作動させる。

8.4.18

外観,寸法試験  外観は,目視によって調べる。寸法は,JIS B 7516 に規定する直尺で測定して調

べる。

1
2

20

1

2


34

Z 4704

:2005

9.

表示

9.1

製品の表示  線管装置には,次の事項を適当な見やすい場所に表示しなければならない。

a

)

形名を示す記号(X

線管及び管容器のそれぞれの形名を表示する。ただし,線管装置に対して別個

に形名を与えた場合は,その形名を表示し,管容器の形名を省略してもよい。

b

)

製造業者名又はその略号

c

)

製造番号(X

線管及び管容器のそれぞれの製造番号を表示する。ただし,線管装置に対して別個に

製造番号を与えた場合は,その製造番号を表示し,管容器の製造番号を省略してもよい。

d

)

ソケットの極性(+,−によって示す。)

e

)

焦点の呼び

f

)

焦点位置  X

線管装置の放射窓の側方外表面(図 25 において矢印で示す位置)に,少なくとも 1 か所,

焦点位置の表示を行う。多重焦点の場合は,焦点の平均位置を示してもよい。

 25  焦点位置の表示

g

)

公称最高管電圧(線管及び管容器のそれぞれの公称最高管電圧を表示する。ただし,両者の公称最

高管電圧が異なるときは,どちらか低い方の値を 線管装置の公称最高管電圧としてこの値だけを表

示してもよい。

h

)

固有ろ過(参照物質とその厚さ,測定管電圧によって示す。)

i

)

保護接地マーク

9.2

附属文書及び取扱説明書  線管装置には,5.  及び 9.1 に示した事項に加え,次の事項を記載した

書類を添付しなければならない。

a

)

形名

b

)

製品の形状・主要寸法・質量 (kg)

c

)

焦点の測定方法

d

)

低電圧電気結線,高電圧電気結線

e

)

電撃に対する保護の形式及び程度

f

)

輸送,保管の温度制限

g

)

最初の負荷開始前の確認項目,エージング方法

h

)

使用上の注意事項

i

)

その他必要な事項


35

Z 4704

:2005

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 4704 : 2005

  医用 X 線管装置

IEC 60336 : 1993

  医用 X 線管装置−焦点特性

IEC 60522 : 1999

  医用 X 線管装置−固有ろ過の測定

IEC 60601-2-28 : 1993

  医用 X 線管装置−個別安全規格

IEC 60613 : 1989

  医用 X 線管装置−熱負荷特性

IEC 60788 : 1984

  医用放射線用語

IEC 60601-1 : 1988

  医用電気機器−第 1 部:安全に関する一般的要求事項

IEC 60601-2-8 : 1987

  治療用 X 線高電圧装置の安全

IEC 60601-1-3 : 1994

  診断用 X 線装置の X 線防護

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ)  国際規

格番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格の相違点

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との整合が困難

な理由及び今後の対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

内容

1.

適用範

診断用 X 線管装置(医用 X

線 CT 用,治療用含む)に
ついて規定

IEC 60336

IEC 60522

IEC  

60601-2-28

IEC 60613 

1.1

1.1

1.1

1.1

診断用 X 線管装置につい

て規定(一部範囲を X 線
源へ拡大,又は回転陽極

X

線管と X 線管装置に限

定している規格もある)

IDT

2.

引用規

こ の 規 格 の 一 部 を 構成 す

る JIS 規格を列挙

− MOD/追加

IEC

には該当項目な

し。

規 格 票 の 様 式 に 合 わ せ た 。 (JIS Z 

8301)

3.

定義

用語の一部 28 種:f) g) h) i)

j) k) l) m) n) q) t) u) w) x) aa)

ae) af) ag) aj) ak) al) am) an)

ao) ax) ay) ba) bd)

IEC 60788 1

2

3

7

JIS

と同じ用語を記載し

ている。

IDT

 y)

公称陽極入力[最大入

力](nominal anode input)

3

rm-36-23 : Nominal anode

input power 

MOD/

変更

括弧書きの用語を追
加した。

括弧書きの用語は X 線管装置への高
電圧入力の公称値の意味である。

 ah)

最大陽極熱容量[陽極

蓄 積 熱 容 量 ] (maximum

anode heat capacity)

3

rm-36-27 : Maximum

anode heat content

MOD/

変更

括弧書きの用語を追

加した。

括弧書きの用語は X 線管装置の陽極

が蓄えられる最大熱エネルギーの公
称値である。

 

1

Z 4704


2005

1

Z 4704


2005


36

Z 4704

:2005

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ)  国際規

格番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格の相違点

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との整合が困難

な理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項目ごとの
評価

内容

用語の一部 26 種:a) b) c) d)

e) o) p) r) s) v) z) ab) ac) ad)

ai) ap) aq) ar) as) at) au) av)

aw) az) bb) bc)

− MOD/追加

IEC

には該当用語な

し。

過去,国内標準として使用されてき

た。

4.

種類及

び形名

用途による分類,形名付与
方法を標準化したもの。

− MOD/追加

IEC

には該当項目な

し。

過去,国内標準として使用されてき
た。

5.

定格

製 品 が 有 す る 諸 特 性の 規
格値について規定。

IEC  

60601-2-28

6 X

線管,X 線管装置の表

示,使用説明書に記載さ

れる項目について規定。

IDT

6.

性能

6.1

  特性に関する事項

ス リ ッ ト 法 , ピ ン ホー ル
法,解像力法により焦点寸
法の許容範囲を規定。

IEC 60336 5

焦点寸法はスリット法だ

けにより規定している。

MOD/

追加

スリット法だけでな

く,ピンホール法,
解像力法においても
焦 点 寸 法 を 規 定 し

た。

スリット法はユーザで測定するには

困難があり,ピンホール法ほかも許
容する必要がある。

 6.2

  環境条件

輸送,保管,作動時の環境

を規定。

IEC 60601-1

2

JIS

と同じ内容を記載し

ている。

IDT

 6.3

  電撃に対する保護

連続漏れ電流,コンデンサ

をもつ電動機の耐電圧,ス
タ ー タ 回 路 の 基 準 電圧 に
ついて規定。

IEC 60601-1

3

JIS

と同じ内容を記載し

ている。

IDT

 6.4

過度の温度に対する

保護 
管容器表面,内部温度につ

いて規定。

IEC 60601-1

7

JIS

と同じ内容を記載し

ている。

IDT

 6.5

管容器の危険に対す

る保護

X

線管装置の使用限界につ

いて規定。

IEC 60601-1

8

JIS

と同じ内容を記載し

ている。

IDT

1

Z 4704


2005

1

Z 4704


2005


37

Z 4704

:2005

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ)  国際規

格番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格の相違点

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との整合が困難

な理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項目ごとの
評価

内容

 6.6

  放射線防護

固有ろ過,漏れ線量につい
て規定。

IEC  

60601-2-8

IEC  

60601-1-3 

29

JIS

と同じ内容を記載し

ている。

IDT

7. X

線管

装置の形

状・寸法
及び接続

X

線管装置の取り付け,高

電圧接続に関して規定。

(IEC 60562)

− MOD/追加

X

線管装置関係 IEC

には該当項目なし。

IEC 60562

の対応規格 JIS Z 4731 

引用した。

8.

試験 8.1  一般条件

試 験 の た め の 環 境 条件 を
規定。

温度  (℃)  25+/−10 
相対湿度 (%)  65+/−20 
気圧 (hPa)  860∼1 060

IEC 60601-1

4.5

10.2.1

環境条件 
製造業者の指定,又は下
記の組合せ

試験条件 
周囲温度範囲:10∼40  ℃
相対湿度範囲:30∼75 %

気圧範囲:700∼1 060 hPa
基準試験条件 
温度  (℃)  23+/−2

相 対 湿 度 (%)   60 + /−

15

気圧 (hPa)  860∼1 060

MOD/

変更

周囲温度範囲,相対
湿度範囲,気圧範囲
が異なる。

IEC

の規格を勘案し,従来使用して

きた内容のままとした。特に相対湿
度は我が国の気象条件が配慮されて

きた。

 8.2

  計器

試 験 に 用 い る 計 器 の性 能

を規定。

− MOD/追加

IEC

には該当項目な

し。

過去,国内標準として使用されてき
た。

 8.3

  X 線高電圧装置

試験用 X 線高電圧装置を規

定。

− MOD/追加

IEC

には該当項目な

し。

過去,国内標準として使用されてき
た。

1

Z 4704


2005

1

Z 4704


2005


38

Z 4704

:2005

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅱ)  国際規

格番号

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ) JIS と国際規格の相違点

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との整合が困難

な理由及び今後の対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

内容

 8.4

  試験方法

ス リ ッ ト 法 , ピ ン ホー ル

法,解像力法による試験方
法 , ブ ル ー ミ ン グ 値及 び

MTF

の測定法を規定。

・焦点像の測定を感光濃度
で規定(図 5)

− MOD/追加

ピンホール法及び解
像力法は IEC には該

当項目なし。

スリット法はユーザで測定するには
困難があり,ピンホール法ほかも許

容する必要がある。ピンホール法は
旧 IEC 336 : 1970 の規格内容である。

・焦点の呼びに対するピン
ホールの寸法(表 11)

IEC 60336 3

Table

3

に焦点の呼びに対

するピンホールの寸法を
規定。

MOD/

変更

JIS

は焦点の呼びに

対し 3 種類の寸法に
分類しているが,IEC

は 2 種類。

過去,国内標準として使用されてき
た。

・ピンホールカメラ法の拡
大率(表 12)

IEC 60336 3

Table

4

に焦点の呼びに対

する拡大率を規定。

MOD/

変更

JIS

は焦点の呼びに

対し 3 種類の拡大率

に分類しているが,

IEC

は 2 種類。

過去,国内標準として使用されてき
た。

・平行パターンカメラ法に

よ る 焦 点 寸 法 の 測 定を 規
定。

− MOD/追加

IEC

には該当項目な

し。

過去,国内標準として使用されてき

た。

・固有ろ過試験

測定管電圧に「指定した管
電圧」を追記し規定。

IEC 60522 4

フィルタ材質及び公称管

電圧により測定条件を区
分して規定。

MOD/

変更

JIS

の測定管電圧に

選択肢が一つ多い。

既存製品にも適用するため。

9.

表示 9.1  製品の表示

固有ろ過の表示を規定。

IEC  

60601-2-28

6

総ろ過の表示を規定。 MOD/変更

“固有ろ過”と“総

ろ過”の違いがある。

X

線管装置への表示は“固有ろ過”

の方が適当である。

 9.2

附属文書及び取扱説

明書 
添付が必要な書類を規定。

IEC  

60601-2-28

6

JIS

と同じ内容を記載し

ている。

IDT

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

1

Z 4704


2005

1

Z 4704


2005


39

Z 4704

:2005

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

1

Z 4704


2005

1

Z 4704


2005