>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

Z 470

2 : 1

999

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS Z 4702 : 1999

医用 X 線高電圧装置通則

IEC 60601-2-7 : 1988

  診断用 X 線高電圧装置の個別安全規格

IEC 60601-2-15 : 1988

  コンデンサ式 X 線発生装置の個別安全規格

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との整合が困難な

理由及び今後の対策

1.

適用範囲

IEC 60601-2-7

(1998)

○ 1.  適用範囲及び目的

ただし,コンデンサ式 X 線
高電圧装置,X 線 CT,乳房
撮影用に使用する X 線高電

圧装置を除く。

医用 X 線管に加えるための高

電圧を発生し,かつ,それを制
御する医用高電圧発生装置に
ついて規定。

ただし,診断用一体型 X 線

発生装置,X 線 CT(画像再構
成断層撮影装置)

,乳房撮影に

使用する X 線高電圧装置を除
く。

IEC 60601-2-15

(1988)

○ 1.  適用範囲及び目的

コンデンサ式 X 線高電圧装
置に適用。

診断用一体型 X 線発生装

置は JIS には適用されな
い。

IEC

規格には一体型 X 線発生装置

単体の規格はなく,IEC 60601-2-7
に含まれる。しかし,JIS には 

4711

に一体型 X 線発生装置の規格

が存在する。今回の改訂は Z 4702
の改正なので,Z 4711 は現行のま
まとなった。

今後は,次回の改正時に Z 4702 
一体型 JIS を取り込み,また,

4702

の別規格としてコンデンサ式

の JIS を定め,IEC の整合化を図
る。

4.

種類

○  インバータ式,変圧器式及びコ

ンデンサ式の種類に分類

さらに,用途,公称最高管電

圧によって区分した標準とな
る形名で分類。

− IEC では規定されていな

い。

便宜上付けた形名であり,形名の
付け方に準拠して形名を決めれば
よく,障害にはならない。

5.

定格

− IEC では規定されていな

い。

JIS

で便宜上定めた標準となる形

名に対する定格であり,形名を変
えれば定格も変えることが可能で

あり,障害とならない。

6.

電源設備

IEC 60601-2-7

(1998)

○ 10.2.2 電源

≠ IEC にはない 100V 及び

200V

の電源設備を追加。

日本で使用されている単相 100V
及び 3 相 200V 電源は諸外国では使

わないので,国際規格に規定され
ていない。IEC 規格の次の改正時
に提案の予定。

a)

電源

c)

安全装置

○  装置保護用の安全装置

− IEC では規定されていな

い。

JIS

の次の改正時に削除を検討す

る。


 

2

Z 470

2 : 1

9

99
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との整合が困難な

理由及び今後の対策

8.

構造

− IEC では規定されていな

い。

構造に関しては,通常の装置の構
成を示した解説的な項である。

11.

検査

○  形式検査

− IEC では規定されていな

い。

JIS

で規定した各検査項目のまと

めである。 
試験項目は IEC と同等である。

13.

定期点検

○  使用者の定期点検

− IEC では規定されていな

い。

通 常 使 用 者 が 行 う 点 検 項 目 で あ
る。定期点検については,IEC 
格として IEC 61223 シリーズの制

定が進められており JIS の次回の
改正時には削除する予定。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。