>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 4001 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS Z 4001 : 1991 は改正され,この規格に置き換えられる。

JIS Z 4001

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)  その他の用語

附属書 B(参考)  断面積間の関係及び原子力分野における基礎過程


日本工業規格

JIS

 Z

4001

: 1999

原子力用語

Glossary of terms used in nuclear energy

序文  この規格は,1997 年に第 2 版として発行された ISO 921, Nuclear energy−Vocabulary, 1996 年に第 1

版 と し て 発 行 さ れ た, IEC 60050-393, International Electrotechnical Vocabulary− Chapter 393 : Nuclear

instrumentation : Physical phenomena and basic concepts

及び 1995 年に第 1 版として発行された,IEC 

60050-394, International Electrotechnical Vocabulary

−Chapter 394 : Nuclear instrumentation : Instruments を基に

作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない用語を日本工業規格として追加して

いる。

原子力分野では,周知のように国際原子力機関 (IAEA) 及び世界保健機構 (WHO) はじめ国際放射線防護

委員会 (ICRP) などの国際機関が,技術的指針・規格又は勧告を発行し,国際協力協定(二国間又は他国

間協定を含む)や国の法規制とともに,それぞれの国の原子力開発とその利用に影響を及ぼしている。も

とより,国際用語規格の原案を作成した ISO 及び IEC の原子力関係専門委員会も,これら国際機関とも提

携し,それらの動向を反映させるべく努力している。しかし,何分にも原案を作成してから発行までにか

なりの時間が経過し,用語の採録とその定義について,最近の原子力分野の技術進歩を完全に反映してい

るとはいい難い点もないわけではない。さらに,ISO と IEC とでは,対象とする分野が異なることから,

用語の採録に偏りがあり,また定義の表現について両者の間に差のあることも否めない。

この規格を利用するに当たっては,以上の点に十分留意することが必要である。またこの規格で規定する

用語のうち,国際規格番号が空白の用語は,対応国際規格にはない用語である。

なお,上記 IEC 規格番号は,1997 年 1 月 1 日から実施の IEC 規格新番号体系によるものである。これに

従い前に発行された規格については,規格票に記載された規格番号 60000 を加えた番号に切り替える。こ

れは,番号だけの切替えであり内容は同一である。

1.

適用範囲  この規格は,工業などで用いる原子力に関する主な用語とその定義について規定する。

備考1.  この規格に掲げた用語の定義は,この規格内で規定する用語相互間でまず整合するように定

義している。またこの規格の果たす役割を考慮して,一般性をもつ定義としている。このた

め,この規格の用語を他の原子力関連の規格の中で使用するときは,この規格を基にそれぞ

れの規格の中で,必要に応じて改めて定義すべきものである。

2.

次に示す規格は,この規格の対応国際規格である。

ISO 921 : 1997

  Nuclear energy−Vocabulary

IEC 60050-393 : 1996

  International Electrotechnical Vocabulary − Chapter 393 : Nuclear

instrumentatition : Physical phenomena and basic concepts

IEC 60050-394 : 1995

  International Electrotechnical Vocabulary − Chapter 394 : Nuclear

instrumentation : Instruments


2

Z 4001 : 1999

2.

分類  原子力用語,一般,基礎,原子力安全,放射線利用,原子炉,燃料・炉材料,廃棄物管理・施

設の廃止,放射線計測,核融合の 9 部に分け,さらに次のように分類する。

I. 

一般

1.

原子力一般  ………………………………………………………………………………………… 10001∼

2.

核物質管理  ………………………………………………………………………………………… 11001∼

II.

基礎

1.

単位  …………………………………………………………………………………………………… 12001∼

2.

原子核・原子・分子  ………………………………………………………………………………… 13001∼

3.

放射能・放射線  ……………………………………………………………………………………… 14001∼

4.

相互作用(吸収・散乱・核反応)  ………………………………………………………………… 15001∼

5.

核分裂  ………………………………………………………………………………………………… 16001∼

6.

中性子  ………………………………………………………………………………………………… 17001∼

7.

炉物理  ………………………………………………………………………………………………… 18001∼

8.

放射線化学・放射化学 ……………………………………………………………………………… 19001∼

III.

原子力安全

1.

原子力安全一般  ……………………………………………………………………………………… 20001∼

2.

原子炉安全  ………………………………………………………………………………………… 21001∼

3.

放射線防護  ………………………………………………………………………………………… 22001∼

4.

放射線安全取扱技術  ………………………………………………………………………………… 23001∼

5.

輸送  …………………………………………………………………………………………………… 24001∼

IV.

放射線・放射性核種(安定核種を含む)の利用

1.

加速器・放射線源・照射設備  ……………………………………………………………………… 25001∼

2.

安定核種・放射性核種の分離・製造  ……………………………………………………………… 26001∼

3.

放射性核種の化学への利用(分析・トレーサ) ………………………………………………… 27001∼

4.

化学以外の分野への利用  …………………………………………………………………………… 28001∼

5.

放射線の化学・生物学的効果の利用(線源利用・照射効果)………………………………… 29001∼

6.

医学利用  ……………………………………………………………………………………………… 30001∼

V.

原子炉

V1.

原子炉一般

1.

原子炉の名称  ………………………………………………………………………………………… 40001∼

2.

核特性  ………………………………………………………………………………………………… 41001∼

3.

熱特性  ………………………………………………………………………………………………… 42001∼

4.

動特性  ………………………………………………………………………………………………… 43001∼

V2.

原子炉設備

1.

原子炉本体  …………………………………………………………………………………………… 44001∼

2.

原子炉冷却系  ………………………………………………………………………………………… 45001∼

3.

原子炉制御系  ………………………………………………………………………………………… 46001∼

4.

原子炉計装  ………………………………………………………………………………………… 47001∼

5.

安全系  ………………………………………………………………………………………………… 48001∼


3

Z 4001 : 1999

V3.

その他の原子炉施設

1.

燃料管理  ……………………………………………………………………………………………… 50001∼

2.

放射線管理  ………………………………………………………………………………………… 51001∼

3.

廃棄物管理  ………………………………………………………………………………………… 52001∼

4.

原子炉格納施設  ……………………………………………………………………………………… 53001∼

5.

運転・保守  ………………………………………………………………………………………… 54001∼

6.

その他の設備  ………………………………………………………………………………………… 55001∼

VI.

燃料・炉材料

1.

探査・採鉱・製錬・転換  …………………………………………………………………………… 60001∼

2.

ウラン濃縮  ………………………………………………………………………………………… 61001∼

3.

核燃料・原子炉材料  ………………………………………………………………………………… 62001∼

4.

再処理  ………………………………………………………………………………………………… 63001∼

VII.

廃棄物管理・施設の廃止

1.

放射性廃棄物  ………………………………………………………………………………………… 70001∼

2.

デコミッショニング  ………………………………………………………………………………… 71001∼

VIII.

放射線計測

1.

放射線計測一般  ……………………………………………………………………………………… 80001∼

2.

線量計測  ……………………………………………………………………………………………… 81001∼

3.

放射線測定装置  ……………………………………………………………………………………… 82001∼

4.

情報処理・記憶・表示装置  ………………………………………………………………………… 83001∼

5.

放射線検出器

1) 

検出器一般  …………………………………………………………………………………………… 84101∼

2) 

電離箱  ………………………………………………………………………………………………… 84201∼

3) 

飛跡検出器・放電箱  ………………………………………………………………………………… 84301∼

4) 

シンチレーション検出器・ルミネッセンス検出器 ……………………………………………… 84401∼

5) 

半導体検出器  ………………………………………………………………………………………… 84501∼

6) 

計数管  ………………………………………………………………………………………………… 84601∼

7) 

放射化検出器  ………………………………………………………………………………………… 84701∼

8) 

放射線検出器部品  …………………………………………………………………………………… 84801∼

6.

放射線防護計測器

1) 

フルエンス計・線量計 ……………………………………………………………………………… 85101∼

2) 

汚染・放射能測定装置 ……………………………………………………………………………… 85201∼

7.

放射線応用計測器

1) 

探鉱用計測器  ………………………………………………………………………………………… 86101∼

2) 

工業用計測器  ………………………………………………………………………………………… 86201∼

8.

放射線測定装置のパラメータ・特性・試験法

1) 

放射線検出器の特性  ……………………………………………………………………………………

87101

2) 

放射線測定装置の特性 …………………………………………………………………………………

87301

3) 

放射線応用計測器の特性  …………………………………………………………………………… 87401∼

4) 

試験・測定誤差・パラメータ  ……………………………………………………………………… 87501∼


4

Z 4001 : 1999

IX.

核融合

1.

プラズマの基礎

1) 

基本概念  ……………………………………………………………………………………………… 90001∼

2) 

波  ……………………………………………………………………………………………………… 90101∼

2.

核融合プラズマ

1) 

基本概念  …………………………………………………………………………………………………

91001

2) 

平衡磁気配位  ……………………………………………………………………………………………

91101

3) 

安定性  ……………………………………………………………………………………………………

91201

4) 

輸送  ………………………………………………………………………………………………………

91301

5) 

閉込め性能  ………………………………………………………………………………………………

91401

6) 

周辺プラズマ ……………………………………………………………………………………………

91501

7) 

加熱  ………………………………………………………………………………………………………

91601

8) 

電流駆動  …………………………………………………………………………………………………

91701

9) 

粒子供給  …………………………………………………………………………………………………

91801

10) 

プラズマ診断 ……………………………………………………………………………………………

91901

3.

磁気核融合装置

1) 

磁気核融合装置  …………………………………………………………………………………………

92001

2) 

磁気核融合炉工学 ………………………………………………………………………………………

92101

4.

慣性核融合  ………………………………………………………………………………………………

93001

3.

番号,用語及び定義  定義のなかで ISO 921IEC 393,又は IEC 394 と略記したものは,1.  適用範

囲  備考 2.に記載した国際規格をそれぞれさす。番号は,JIS 番号のほか,対応する国際規格の番号を併

記した。国際規格番号のうち 3 又は 4 で始まる番号は,それぞれ IEC 60050-393IEC 60050-394 に掲載さ

れていることを表し,例えば,30407 とあるのは IEC 60050-393 中の用語番号が 393-04-07 であることを意

味する。その他は ISO 921 に当該番号を与えられ,掲載されていることを意味する。

なお,参考のために対応英語を示した。

備考1.  用語の一部に角括弧[  ]を付けたものは,角括弧の中の用字を含めた用語と,角括弧の中

の用字を省略した用語のどちらを使っても差し支えないことを示す。

2.

定義欄のゴシック体の用語は,この規格において定義した用語(定義の中の同義語を含む。

であることを示す。

I.

一般

1.

原子力一般

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

10001 821 30437 

原子力

核反応又は核遷移に伴って放出されるエネルギ
ー。狭義には,

核分裂又は核融合によって放出さ

れるエネルギーをいう。核エネルギーともいう。

nuclear energy,

atomic energy


5

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

10002  30201 

放射線

エネルギーが波動又は粒子の形で放出され,空間
又は媒質を通して伝ぱ(播)するもの。X

線,

γ

線,

α

線,

β

線又は高速の電子,中性子,陽子など。こ

の規格の範囲では,音波,ラジオ波,可視光線,
赤外線,及び紫外線は含めない。

22006  電離放射

線”参照。

radiation

10003  30213 

[原子]核放射線

α

線,

β

線,

γ

線,中性子など原子核から放出される

電離放射線。

nuclear radiation

10004 823 30262 

核分裂

重い

原子核が同じ程度の質量をもつ二つ(又はま

れに三つ以上)の

原子核に分かれる現象。通常,

中性子,

γ

線の放出を伴う。

[nuclear] fission

10005 825  

核融合

原子核が核融合反応を起こすこと。 [nuclear]

fusion

10006 826 30265 

核融合反応

二つの軽い

原子核が反応して,元の原子核のどち

らよりも重い

原子核を必ず一つと余分のエネルギ

ーとを生じる現象。

nuclear fusion reaction

10007 1237  

熱核反応

核反応の一種であって,関与する粒子が反応を起
こすのに必要な運動エネルギーを熱運動から得る
場合をいう。

備考  通常,この用語は核融合反応に適用され

る。

thermonuclear reaction

10008 976 30227 

放射性物質

放射性核種を含む物質。

備考  法的規制などでは,ある定められた値以

上の

放射能や比放射能(又は放射能濃

度)をもつものを指す。

radioactive material

10009 830  

核物質

原料物質及び特殊核分裂性物質の総称。まれには
鉱石及び鉱石廃棄物もいう。

備考  我が国では,鉱石及び鉱石廃棄物は含め

ない。

nuclear material

10010 1148  

原料物質

物理的化学的形態に関係なく,特定の濃度以上の

ウラン若しくはトリウムを含む物質で,

特殊核物

質として指定されたものを除く。

備考  法規上の用語。我が国の法律では、核原

料物質と呼び,核燃料物質を含めない。

source material

10011 484  

核分裂可能物質

一種以上の

核分裂可能核種を含む物質。 fissionable

material

10012 470 30127 

核分裂性物質

一種以上の

核分裂性核種(又は,まれに核分裂可

能核種,例えば,プルトニウム 238)を含む物質で
あって,条件がそろえば

臨界に到達するもの。

fissile material

10013 454 30125 

[燃料]親物質

中性子捕獲によって直接又は間接に核分裂性核種
に変換され得る

核種,又はそのような核種を含む

物質。

fertile material

10014 824 30701 

[核]燃料

核分裂性物質であって,原子炉内において自立核
分裂連鎖反応を達成することができるもの。原子
燃料ともいう。

備考  我が国の法律では,原子炉で燃料として

使用する

天然ウラン,劣化ウラン及びト

リウムを含む物質,若しくは濃縮ウラ
ン,プルトニウム及びウラン 233 を含む
物質を,核燃料物質と呼ぶ。

nuclear fuel


6

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

10015 509  

[核]燃料サイクル

原子炉で燃料として使われる物質に対する採鉱,
製錬,

転換,濃縮,加工,使用,輸送,貯蔵,再

処理,再加工及び廃棄処分などの一連の産業活動。

[nuclear] fuel cycle

10016   

バックエンド(核燃料
サイクルの)

使用済燃料の輸送と貯蔵,再処理と廃棄物管理,
及び再処理廃棄物と

使用済燃料の最終処分に関す

る産業活動。

back-end (of nuclear

fuel cycle)

10017   

フロントエンド(核燃
料サイクルの)

資源探査から成形加工までの

核燃料の準備,及び

原子力発電プラントへの燃料集合体の搬入に関す

る産業活動。

front-end (of nuclear

fuel cycle)

10018 853  

ワンススルー[核]燃
料サイクル

核燃料を原子炉で一度だけ使用し,再処理を行わ
ない

核燃料サイクル。

once-through fuel

cycle

10019 903  

プルトニウムリサイ
クル

使用済燃料から回収したプルトニウムを再び核燃
料として使用すること。

plutonium recycling

10020 515  

燃料インベントリー

原子炉,原子炉群又は核燃料サイクル全体に投入
されている

核燃料の総量。

fuel inventory

10021 637  

同位体分離

元素中に存在する 1 種以上の

同位体を,他の同位

体から分離すること。

isotope separation

10022 412 

413 

30547 

[同位体]濃縮

同位体分離の方法によって,元素中に存在する特
定の

同位体の存在度を高めること。

備考 ISO 

921

では,方法に関係なく,元素中

に存在する特定の

同位体の存在度を高

めることをいう。例えば,ウラン 233 で
濃縮したウラン,のように使用する。

enrichment

10023 774  

天然ウラン

天然の

同位体組成をもつウラン。 natural

uranium

10024 411  

濃縮ウラン

ウラン 235 の

同位体存在度が天然存在度を超える

ウラン。

備考 ISO 

921

では,ウラン 233 を添加した

然ウランも enriched uranium と呼ぶ。

enriched uranium

10025 303  

劣化ウラン

ウラン 235 の

存在度が天然のものより低いウラン。 depleted uranium

10026 410 30702 

濃縮物質

物質を構成する元素の

同位体のうち,特定の 1 種

類又は 2 種類以上の

同位体について,それらの存

在度が天然における値よりも高いもの。

enriched material

10027 302  

減損物質

減損した物質。 depleted

material

10028 409  

濃縮燃料

1

種以上の核分裂性

同位体を濃縮したウラン,又は

化学的に異なる

核分裂性核種を添加したウランを

含む

核燃料。

enriched fuel

10029 1251  

委託濃縮

料金を徴収して

濃縮ウランの製造を行うこと。 toll

enrichment

10030 412 

413 

富化

核分裂性核種の存在度を,同位体濃縮以外の方法
で高めること。

備考1.  例えば,天然ウランにプルトニウム

239

やウラン233を添加する場合をい

う。

2.

法規や協定文では,

同位体ウラン 238

に対するウラン 233 及びウラン 235 の
同位体存在度の和を,天然ウラン中の
ウラン 235 の

同位体存在度より大き

くしたウランも

濃縮ウランと呼んで

いる。

enrichment


7

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

10031 305 30546 

減損

ある物質中に存在する特定の

同位体の存在度が減

ること。また,このような物質を

減損物質という。

備考  我が国では,ウラン中のウラン 235 が天

然存在度よりも少ない場合には劣化と
いうことがある。

depletion

10032 235 30550 

転換

1.

燃料親物質から核分裂性核種への核変換。

2.

着目する物質の化学形を変えること。

conversion

10033 237 30551 

転換率

転換によって生じた核分裂性核種の原子数の,失
われた

核分裂性核種の原子数に対する比。

備考  その値はある時点について求める場合

も,ある期間に対して求める場合もあ

る。

conversion ratio

10034 122 30552 

増殖

転換率が 1 より大きい転換をいう。 breeding

10035 124 30553 

増殖率

転換率が 1 より大きいとき,転換率の代わりに使
う用語。

breeding ratio

10036 123 30554 

増殖利得

増殖率から 1 を引いた値。 breeding

gain

10037 362 

363 

倍増時間

1.

ある

燃料装荷分について,核分裂核種の量が

増殖によって 2 倍になるまでに要する時間。

2.

ある

燃料サイクル全体の燃料インベントリー

について,その中に存在する

核分裂性核種の

量が,

増殖によって 2 倍になるまでに要する

時間。

doubling time

10038 519 30819 

[燃料]再処理

原子炉で照射した燃料から核分裂生成物を取り除
き,

核分裂性核種及び燃料親物質を回収する工程。

fuel reprocessing

10039 981 30863 

放射性廃棄物

放射性物質の処理や,その取扱いの過程で生じる
放射性物質を含む廃棄物。

radioactive waste

10040 1225  

熱出力

原子炉において単位時間当たりに発生する熱エネ
ルギー。

heat output,

thermal power

10041   

電気出力

発電機又は発電所において単位時間当たりに発生
する電力量。

備考  正味電気出力に対してグロス電気出力

ともいう。

electrical output

10042   

正味電気出力

電気出力から所内利用分を差し引いたもので,電
力系統に供給される電力。

net electrical output

10043   

熱効率

熱出力に対する電気出力の比。 thermal

efficiency

10044 678  

負荷率

ある期間に供給した電力量を,最大需要電力とそ
の期間の積で割った値。

備考  平均負荷を最大負荷で割った値に等し

い。

load factor

10045 892  

プラント負荷率

ある期間に発電設備が供給した電力量を,最大電
力とその期間の積で割った値。

備考  最大電力に対する平均供給電力の比に

等しい。

plant load factor

10046 59  

稼動率

ある期間において利用可能な電力量を,最大需要
電力とその期間の積で割った値。

availability factor

10047 1292  

利用率

ある期間に供給した電力量を,その期間において

利用可能な電力量で割った値。

備考  稼動率に対する負荷率の比に等しい。

utilization factor


8

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

10048 151  

設備利用率

ある期間に発電所が供給した電力量を,定格電気
出力とその期間の積で割った値。

備考  定格電気出力に対する平均供給電力の

比に等しい。

capacity factor

10049 421  

平衡サイクル

ある

原子力発電所の燃料サイクルにおいて,供給

物質と排出物質の組成が一定していると想定され
るもの。

備考  発電コストなどの計算に用いられる。

equilibrium cycle

10050 49  

年間装荷量

原子炉施設において,使用済燃料と交換し装荷さ
れる新燃料の平均年間量。

annual throughput

10051 510  

[核]燃料サイクル費  燃料サイクルにかかる費用。通常,燃料の輸送及

廃棄物処理の費用を含む。

fuel cycle costs

10052 901  

プルトニウムクレジ
ット

使用済燃料の中のプルトニウムに対して想定され
る価値。

plutonium credit

10053 211  

コミッショニング

原子力発電所の建設終了後に行われる一連の作
業。

備考  部品及び全系統の試験と検査,核燃料の

装荷,常温臨界試験,加熱と低出力試験,

出力上昇試験及び試運転に分かれる。

commissioning

10054   

デコミッショニング

原子力施設の使用停止後,残留放射能及びその他
の危険から従業員や公衆の健康と安全を確保する

ために実施する措置。その最終目標は,敷地の完
全解放と再使用である。廃止措置ともいう。

decommissioning

10055 1071  

操業開始期間

臨界後,平衡サイクルに達するまでの時間。 running-in

period

10056 1072  

操業終了期間

原子力発電所の使用最終期。この期間内に最終装
荷燃料が消費し,最終的な運転停止の準備が行わ

れる。

running-out period

10057 822 

827 

原子力施設

原子力安全についての配慮が必要とされるような
規模で,

放射性物質又は核分裂性物質の生産,加

工,利用,処理,貯蔵,及び処分を行う施設。

nuclear installation,

nuclear facility

10058   

放射線施設

放射性物質,放射線発生装置を取り扱うために放
射線防護上の配慮が必要とされる施設で,使用,
詰替,貯蔵,廃棄などを行う施設などの総称。

radiation facility

10059 997 30858 

ホットラボ

強い

放射能をもつ放射性物質を安全に取り扱うこ

とができるよう適切な設備をもつ実験室,又はそ
のような実験室をもつ施設。強放射化学実験室

(hotradiochemical laboratory)

ともいう。  (IEC 393)

備考  放射性物質を取り扱うため安全対策を

施 し た 実 験 室 を ア イ ソ ト ー プ 実 験 室

(radionuclide laboratory)

という場合もあ

る。  (ISO 921)

hot laboratory

10060 1047  

再処理施設

使用済燃料から,再利用を目的として燃料親物質
及び

核分裂性物質の分離と回収を行う施設。

reprocessing plant

10061 514  

燃料成型加工施設

核物質を含む原料を,燃料要素又は燃料集合体な
どに加工する施設。

備考  保障措置上は,施設に附属するこれら物

質の貯蔵所及び分析所を含める。

fuel fabrication plant


9

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

10062 236  

転換施設

核分裂生成物を分離した照射核物質,又は未照射
核物質に対して,その後の使用又は処理に適する
ように化学的物理的形態を変える施設。通常

ウラ

ン精鉱の六ふっ化ウランヘの転換,又は六ふっ化
ウランの二酸化ウランヘの

転換を行う施設をさ

す。

備考  この用語には,転換施設に附属する貯蔵

施設及び分析所を含めるが,核物質の同
位体分離施設は含めない。

conversion plant

10063 638  

同位体分離施設

ある元素の

同位体を分離する施設。

備考  保障措置上は,同施設に附属する貯蔵施

設及び分析所を含める。

isotope separation

plant

10064 834  

原子動力プラント

1

基以上の

動力炉をもち,電力又は熱エネルギーの

生産を行う施設。

nuclear power plant

10065  30857 

原子力発電所

原子炉とそれに接続されるタービン及び発電機か
らなり,電力の生産を行う施設。原子力発電プラ

ントともいう。

nuclear power station,

nuclear power plant

10066   

原子力蒸気供給設備

原子力発電所の設備のうち,原子炉及びその運転
に必要な補助設備をいう。

原子炉蒸気供給系とも

いう。通常,建屋は含めない。略号  NSSS

備考  タービン系及びその補助系をバランス

オブプラント (BOP) と呼ぶ。

nuclear steam supply

system

10067   

原子力船

舶用炉を備えている船舶。 nuclear ship

2.

核物質管理

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

11001   

核拡散

これまで核兵器を所有していなかった国が,核兵
器をもつこと。

proliferation

11002 875  

平和的核活動

軍事的性格を一切もたない原子力活動。

備考  核物質に対する過去及び将来の利用に

関係なく,この物質の化学的組成及び

位体組成を単に変更する工程は,この活
動に含まれる。

peaceful nuclear

activity

11003 1074  

保障措置

核物質が平和利用以外に転用されていないことを
確認すること。この措置は,国内法規又は国際条
約によって認められた用途からの逸脱を防ぐため

にとられる。

備考  国際的不拡散政策の枠組みの中で,保障

確認システムは,例えば,国際原子力機

関 (IAEA) に任せられている。

safeguards

11004 1154  

特殊核物質

プルトニウム,ウラン 233,

濃縮ウラン,ウラン

233

で富化したウラン,又はこれらの物質のどれか

を含むもの。若しくはそれ以外の物質で相当量の
核エネルギーを放出することができ,

特殊核物質

として随時指定できるもの。

備考  法規上の用語。

special nuclear

material


10

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

11005 1153  

特殊核分裂性物質

プルトニウム 239,ウラン 233,

濃縮ウラン,ウラ

ン 233 で富化したウラン,又はこれら物質を一つ
以上含むもの。若しくは国際原子力機関 (IAEA)

理事会によって,また,ヨーロッパ共同体 (EC) の
場合には理事会の勧告及び多数決に基づいて,指
定される上記以外の

核分裂性物質をいう。ただし,

原料物質,鉱石,又は鉱石廃棄物は含めない。

備考  この用語は,国際原子力機関 (IAEA) 憲

章及びヨーロッパ共同体 (EC) 委員会

規則 3227/76 号によって定義されたもの
である。

special fissionable

material

11006 580 

581 

582 

改良核物質

1.

同位体濃縮によって核分裂性物質の割合が増
加した

核物質。

2.

化学分離可能な

核分裂性物質の割合が増加し

た核物質。

3.

後続の処理を容易にするため,化学的又は物
理的形態を変更した

核物質。

improved nuclear

material

11007 385  

実効質量

核物質の質量に,一定の評価因子を掛けて得られ
る量であって,キログラム単位で表される。

備考1.  評価因子は,次のように定められてい

る。

−  プルトニウムについては:1 

核分裂性核種の濃縮度が 0.01 (1%) 以上の
ウランについては:その濃縮度の二乗

濃縮度が 0.005 (0.5%)  を超え 0.01 (1%)  未満
のウランについては:0.000 1

濃縮度が 0.005 (0.5%) 以下の劣化ウラン及
びトリウムについては:0.000 05

2.

実効キログラムとして協定文に残さ

れているが,現在では実効質量が使わ
れている。

effective mass

11008 711  

核物質計量管理

核物質の在庫,移動,形状及び所在の記録とその
手続きのシステム。

material accountancy

11009 12  

計量管理

核物質の在庫と移動についての定量的管理。 accountability

11010 13  

差異による計量手続

特定区域にある

核物質の量を直接決めずに,核物

質の出入の差から計算によって物質収支を表す方
法。

accountancy by

difference

11011 947  

定性的保障措置方法

計量管理によらず,封じ込めと監視によって,保
障措置を実施する方法。

備考  この方法は,視察,偽証探知装置,接近

の管理,特別な梱包,査察,輸送品の監
視を含む。

qualitative safeguards

method

11012 889  

核物質防護

個人又は集団による核物質の盗取及び不法な移動
を防止する方法と手段,又は不法な移動が発生し

た場合にはそれを検知するための方法と手段。

physical protection

11013 600  

査察

核物質が平和利用以外に転用されていないことを
確認するため,

査察員が施設に出向いて行う検査。

備考  査察は,国家自身,又は例えば国際協定

に従い国際原子力機関 (IAEA) のどち
らが実施してもよい。

inspection


11

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

11014 601  

査察員

核物質の査察に法的責任をもつ国,又は国際機関
の職員。

inspectorate

11015 703  

査察人・年 300 人・日に等しい核物質の査察業務量。ここで,

1

人・日は 1 暦日に 1 人の査察員が施設にかける作

業量で,最大 8 時間とする。

man-year of inspection

11016 1206  

監視

施設の各部分について

物質収支を連続的又は断続

的に観察すること。

surveillance

11017 222  

封じ込め

核物質の移動を物理的方法によって制限又は抑制
する方法。

containment

11018 1093  

封印

核物質を納める貯蔵庫又は容器の可動部分に取り
付けられるものであって,その破損は

核物質に不

法に接近したことを示すもの。

seal

11019 1212  

タンパー防止

探知不能な変造が不可能,若しくは困難なこと。 tamper-proof

11020 1125  

シュラウディング

物理的障壁を区域の保護に使うこと。その区域に
はプラントや処理施設が置かれ,商業上特別重要

で,

保障措置査察員が直接接近できない。

shrouding

11021 1286  

同定登録

模擬も偽造もできないバッチの特性の登録。 unique

identification

11022 1307  

兵器転用度

兵器又は爆発物の製造のための

核物質の有用さを

示す定量的表現。

weapon accessibility

11023 308  

探知時間

核物質について,認められた用途からの逸脱又は
行方不明が生じてから,その事実を国際原子力機
関 (IAEA) が確認するまでの時間。

detection time

11024 260  

臨界時間

ある

核物質を核兵器部品に転換するのに必要な最

小時間。

備考  臨界時間は物理的及び化学的形態,材料

の同位体組成,所在及びその利用状況に
左右される。

critical time

11025 307  

設計情報

保障措置の対象となる核物質に関する情報,及び
その

核物質に対する保障措置適用上の関連施設の

特徴に関する情報。

design information

11026 712  

物質収支

特定の期間について,

期首在庫,在庫変動,受払

間差異の差引き残高。調整済み期末帳簿在庫に等
しい。

material balance

11027 1185  

枢要な箇所

設計情報の審査の過程で選定される箇所であっ
て,通常の状態の下で,それらのすべての箇所か

ら得られる情報を総合すると,

保障措置の適用上,

必要で十分な情報が得られ,さらに

保障措置の適

用を検認することができる。

備考  枢要な箇所には,物質収支に関連する主

要な測定が行われる箇所及び封じ込め,
並びに監視手段が設置されている場所

を含む。

strategic point

11028 649  

主要測定点

核物質の移動又は在庫の評価のための測定ができ
るような場所。略号  KMP

備考  主要測定点では,搬入及び搬出(測定さ

れた廃棄物を含む)の量又は貯蔵量が決
定される。

key measurement point


12

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

11029 713  

物質収支区域

保障措置の対象施設の内又は外に設定される区域
であって,出入りする核物質の量を確定すること
ができ,その上区域内の核物質の実在庫を定めら

れた手続きで必要に応じて確定することができる
もの。略号 MBA

material balance area

11030 714  

物質収支報告

物質収支区域における核物質の収支を示す報告。
略号  MBR

material balance report

11031 1046  

代表試料

ある物質について,工程内又は定まった量の処理

過程から採取した試料。

representative sample

11032 74  

バッチ

主要測定点において,計量のため,単位として取
り扱われる一区切りの

核物質で,一組の仕様書又

は測定によってその組成及び量を決定することが
できるもの。

備考  核物質はバルク状であっても,容器に分

けられていてもよい。

batch

11033 76  

バッチデータ

バッチごとの

核物質について,化合物の全質量及

核物質の元素の全質量。核分裂性核種の同位体

組成を付け加えることもある。

batch data

11034 1146  

ソースデータ

核物質の同定及びバッチデータの基となるもの
で,測定値,校正用データ又は経験式を導くのに
用いられるデータ。

備考  ソースデータは,例えば化合物の重量,

元素(ウラン,プルトニウム,トリウム)
の重量を決める変換係数,比重,元素濃

度,

同位体比,体積と圧力計の読み値と

の関係,生成プルトニウムと原子炉出力
との関係。

source data

11035 858  

期首在庫

ある期間の期首において,存在する

核物質の量。 opening

inventory,

beginning inventory,

starting inventory

11036 401  

期末在庫

ある期間の期末において,存在する

核物質の量。 ending

inventory,

closing inventory

11037 28  

調整済み期末帳簿在

受払間差異を考慮したある期間の期末における帳
簿在庫。

備考  ヨーロッパ共同体 (EC) 委員会規則第

3227/76

号付則第 2 条,及び国際原子力

機関 (IAEA) の手続きによれば,

期末帳

簿在庫と調整済み期末帳簿在庫が同じ
場合には,実際には

受払間差異を在庫変

動として報告することができる。

adjusted ending book

inventory

11038 887  

実在庫

ある時点において各

物質収支区域のバッチごとに

存在する

核物質の量。

備考  実在庫は一定の手続きによって決定さ

れる。

physical inventory

11039 888  

実在庫調査

ある時点に,

物質収支区域内のバッチに存在する

核物質の量について,測定又は他の確立した方

法及び実在庫のリストによって行う評価。

physical inventory

taking

11040 617  

在庫調査

すべての

物質収支区域で,ある時点における在庫

を決定するために,

原子力施設の運営者がとる行

為。

inventory taking


13

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

11041 103  

帳簿在庫

物質収支区域における最新の実在庫と,この実在
庫調査以後のすべての在庫変動との代数和。

book inventory

11042 616  

在庫変動

物質収支区域にある核物質のバッチごとの増加又
は減少。

inventory change

11043 1121  

受払間差異

物質収支区域間の受払いにおいて,バッチごとの
核物質の払出し報告量と,受入れ側の測定値との
差。略号 SRD

shipper-receiver

difference

11044 716  

在庫差

帳簿在庫と実在庫との差。物質不明量ともいう。
略号 MUF

material unaccounted

for

11045 1288  

測定されない在庫

それ自身測定できず,また測定する方法もないが,

二つの測定量の間の差として

物質収支に入ってく

る在庫。

備考  11044  在庫差”参照。

unmeasured inventory

11046 558  

隠ぺい(蔽)された在

測定のために接触できないプラント又はプラント
部品中に存在する

核物質。

hidden inventory

11047 1049  

残さ

プラント又はプラント部品において処理される

物質のうち,時間が経過しても次の工程へ移らず,
排出されずに残るもの。

residues

11048   

測定されない損失

測定されずに

物質収支区域から廃棄され,又は放

出される

核物質。

unmeasured loss

11049 11  

事故損失

事故による

核物質の不測,かつ,回収不能な損失。 accidental loss

11050 728  

測定された廃棄物

意図的に在庫から除かれた既知量の

核物質,又は

認可者への引渡し又は認められた方法によって,
廃棄された既知量の

核物質。

measured discards

11051 729  

測定された損失

測定によって確定することのできる

核物質の不明

分。

measured loss

11052 1090  

スクラップ

回収できない

核物質の残さ。 scrap

11053 246  

訂正事項

計量記録又は報告書への記載事項で,判明した誤
記の訂正,又は改善された測定結果に基づく前回
の訂正を示すもの。

備考  訂正事項は,明確に判別できなければな

らない。

correction

11054 29  

調整事項

物質収支報告への記載事項で,受払間差異及び在
庫差を考慮したことを示すもの。

備考  ヨーロッパ共同体委員会規則第 3227/76

号付則第 2 条では,

受払間差異,及び新

しい測定による差としての

在庫差は,在

庫変動として処理され,この調整事項は
必要ないとされている。

adjustment

11055 57  

監査

施設の記録及び国からの報告書について,記載さ
れた

核物質量を確認するために,報告に必要な範

囲で行われる独立した検討,比較及び評価。

audit

11056 818  

核的変性物

核兵器としての有用性を低減するため,

核分裂性

物質に加えられた物質。

nuclear denaturant

11057 1283  

審判研究所

例えば

受払間差異などに対する異議を解決するた

めに,求められる補助を行う登録された独立研究

所。

umpire laboratory


14

Z 4001 : 1999

II.

基礎

1.

単位

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

12001  30404 

モル

物質量の SI 単位。1 モルは炭素 12 の 0.012kg に含
まれる原子と等しい数の構成要素を含む系の物質
量。構成要素は指定しなければならない。物質は
原子,分子,イオン,電子などの粒子,若しくは
これら

粒子の集合体のいずれでもよい。

mole

12002   

原子質量単位

質量の単位。1 原子質量単位は,炭素の同位体

12

C

の原子 1 個の質量の 1/12 に等しい。記号 u

備考1.  統一原 子質量 定数 (universal atomic

mass constant)

ともいう。近似的に1u

=1.660 540×10

27

kg

2.

非 SI 単位であるが,本用語規格の適

用範囲に限り,この単位による値は規
格値として使用できる。

atomic mass unit

12003 393 30421 

電子ボルト

エネルギーの単位。1 電子ボルトは,真空中で 1V

の電位差をよぎる 1 個の

電子が受けるエネルギー

変化に等しい。記号 eV

備考  近似的に 1eV=1.602 177×10

19

J

であ

り,SI 単位との併用が認められている。

electron-volt

12004 946  

Q

エネルギーの単位。1Q は,10

18

BTU

(英国熱量単

位)に等しい。

備考  1Q=1.06×10

21

J

であり,大量のエネル

ギーを表すために,ある国で使われた。

Q

12005 79 30411 

ベクレル

放射能の SI 単位。1 ベクレルは,毎秒 1 個の放射
性壊変に等しい。記号 Bq

備考  1Bq=1s

1

=(近似的に)2.7×10

11

Ci

becquerel

12006 268 30412 

キュリー

放射能の旧単位。1 キュリーは,毎秒 3.7×10

10

放射性壊変に等しい。記号 Ci

備考  1Ci=3.7×10

10

Bq

curie

12007   

クーロン毎キログラ

照射線量の SI 単位。1 クーロン毎キログラムは,X
線又は

γ

線の照射によって,空気 1kg 当たりに生じ

るイオン対の電気量が正負それぞれ 1 クーロンで
あるときの

照射線量に等しい。記号 C/kg

coulomb per kilogram

12008 1064 30463 

レントゲン

照射線量の旧単位。記号 R

備考  1R=2.58×10

4

C/kg

roentgen

12009 542 30471 

グレイ

吸収線量,カーマなどの SI 単位。1 グレイは,放
射線の照射による物質 1kg 当たり 1J のエネルギー
吸収に等しい。記号 Gy

備考  1Gy=1J/kg

gray

12010 953 30472 

ラド

吸収線量,

カーマなどの旧単位。記号 rad

備考  1rad=0.01Gy

rad

12011 539  

グラム・グレイ

積分吸収線量の単位。記号  g・Gy

備考  1g・Gy=0.001 J

gram-gray

12012 540  

グラム・ラド

積分吸収線量の旧単位。記号  g・rad

備考  1g・rad=0.001 mJ

gram-rad


15

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

12013 1129 30478 

シーベルト

実効線量,等価線量,及び線量当量の SI 単位。記
号 Sv

備考  1 シーベルトは,

β線及びγ線の照射では

1

グレイに等しい。

α線では 1 シーベル

トは 1/20 グレイに相当する。また,

性子線では,中性子のもつエネルギーご
とに細かく規定される。

sievert

12014 1041 30479 

レム

線量当量の旧単位。記号 rem

備考  1rem=10

2

Sv

rem

12015   

マン・シーベルト

集団線量当量,集団実効線量の単位。記号 man・
Sv

man

・sievert

12016   

マン・レム

集団線量当量の旧単位。記号 man・rem

備考  1man・rem=10

2

 man

・Sv

man

・rem

12017   

メガワット日

エネルギーの単位。記号 MWd 又は MWD

備考  1MWd=24×103kWh

megawatt-day

12018   

メガワット日毎キロ
グラム

核燃料の燃焼度の単位。記号 MWd/kg

備考  1 メガワット日毎キログラムの 1 000 倍

をメガワット日毎トン(記号 MWd/t)

という。

megawatt-day per

kilogram

12019 71 30443 

バーン

断面積の単位。記号 b

備考  1 バーン=10

28

m

2

。非 SI 単位のため,

この単位を用いた値は規格値としては
使用できない。

barn

12020   

dpm

試料のもつ

放射能の単位として慣用されている。

1dpm

は 1 分当たり 1 個の

放射性壊変の数に等し

い。

備考  規格値としては用いられない。

dpm

12021   

cps

放射線計測器が,放射線の検出結果として出力す
るパルス信号の計数値の単位として慣用されてい

るもの。1 cps は毎秒 1 個の計数値に等しい。

備考  規格値としては用いられない。

cps

12022 874  

pcm

ある国で使われている

反応度の特別単位。10

5

表す。

備考  pour cent mille の略。

pcm

12023 593  

インアワー

反応度の単位。臨界にある原子炉の反応度を増や
して,

原子炉時定数が 1 時間になるときの反応度

の増分に等しい。

備考  inverse hour を縮めた言葉。

inhour

12024 347  

ドル

反応度の単位。即発中性子だけで原子炉を臨界に
するのに必要な

反応度の大きさに等しく,したが

って,

原子炉の実効遅発中性子比率に等しい。

dollar

12025 164  

セント

反応度の単位。1 ドルの 1/100。 cent

12026 740  

ミル

反応度の単位。1 ドルの 1/1 000。 mill

12027 809  

ナイル

ある国で使われている

反応度の特別単位。0.01 を

表す。

備考  12 022 pcm”参照。反応度変化を示す

場合には,10

5

を表す更に小さい単位で

あるミリナイルが使われる。

nile


16

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

12028   

ワーキングレベル

ラドン娘核種又はトロン娘核種の存在によっても
たらされるポテンシャル

α

濃度に対する単位。空気

1l

当たり,1.3×10

5

MeV

α

エネルギーの放出に等

しい。

working level

12029   

ワーキングレベル月

ラドン

娘核種又はトロン娘核種による被ばくの単

位。

備考  1WLM=170WL・h=3.54mJ・h・m

-3

working level month,

(WLM)

2.

原子核・原子・分子

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

13001 868 30101 

30104 

粒子

電子,中間子,核子などの総称。広義には光子,
原子核,原子,イオンなども含まれる。

備考  光子など静止質量ゼロの粒子に対し,静

止質量をもつ粒子を corpuscle というこ
とがある。

particle

13002 951 30105 

量子

原子系又は原子核系が,離散的なエネルギー状態
の間の遷移で吸収又は放出するエネルギー(又は
運動量)の最小離散値。

備考  この量は物理的に観測可能な最小値で,

離散量の変化はこの値の倍数で表され
る。

quantum

13003  30102 

素粒子

現在,これ以上構成物質に分解できないと考えら
れる

粒子。この反対のものが複合体である。

備考  電子,陽電子,光子などが素粒子,原子

核,イオンなどが複合体である。

elementary particle

13004  30406 

電気素量

電子や陽子がもつ電荷の絶対値。近似的に 1.602 18
×10

-19

C

に等しい。素電荷ともいう。記号 e

elementary electric

charge

13005  30408 

静止質量

相対論的運動で加わる質量の増加分を除いた

粒子

の固有の質量。

rest mass

13006  30405 

アボガドロ定数

物質 1 モル中にある構成物質の数。近似的に 6.022

14

×10

23

mol

-1

に等しい。

Avogadro's constant

13007  30407 

プランク定数

光子のエネルギーE と,その振動数

ν

との関係を表

す式 E=h

ν

における定数 h。近似的に 6.626 08×10

34

J

・s に等しい。

Planck's constant

13008   

原子質量

基底状態にある

原子の静止質量。 atomic

mass

13009   

相対原子質量

原子質量を原子質量単位で表したもの。

備考  原子質量を原子質量単位で割ることに

よって得られる。

relative atomic mass

13010   

原子量

地球上で,天然に存在する元素を構成する

原子の

平均の質量。炭素の

12

C

原子の質量を 12 として相

対的に表される。

atomic weight

13011 53 30118 

原子

物質の構成単位であって,1 個の

原子核とその周り

にある

電子とからなり,その電子の数は核内陽子

の数に等しい。

atom

13012 391 30107 

電子

負の

電気素量と(近似的に)9.109 39×10

31

kg

静止質量をもつ安定な粒子。陰電子ともいう。

electron

13013 910 30108 

陽電子

正の

電気素量と,電子と等しい静止質量をもつ安

定な粒子。

positive electron,

positron


17

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

13014 782 30109 

ニュートリノ

電荷をもたず,

静止質量がゼロ又はそれに近く,

スピン 1/2 の安定な粒子。中性微子ともいう。

neutrino

13015 884 30106 

光子

エネルギーh

ν

をもつ

粒子と考えられる電磁波の量

子。ここで h はプランク定数,

ν

は振動数である。

備考  光子は静止質量ゼロ,スピン 1 の素粒子

である。

photon

13016 846 30120 

原子核

原子の中心にあって正の電荷をもち,周りの電子
とともに

原子を構成するもの。陽子と中性子とか

らなる。

[atomic] nucleus

13017 831  

核物質

核子が原子核と同じように密に詰まっている物
質。

nuclear matter

13018 935 30110 

陽子

近似的に 1.602 18×10

19

C

の正の電荷と 1.672 6×

10

27

 kg

静止質量をもつ安定な粒子。

proton

13019 783 30111 

中性子

電荷をもたず,近似的に 1.674 93×10

27

kg

静止

質量をもつ粒子。自由な状態では約 890 秒の平均
寿命をもつ。

neutron

13020 845 30112 

核子

原子核を構成する粒子である陽子と中性子の総
称。

備考  陽子と中性子はどちらもスピンが 1/2

で,ほぼ等しい

静止質量をもち,弱い相

互作用を通して互いに他に変換する。

nucleon

13021  30114 

中間子

電子と陽子の間の静止質量をもち,高エネルギー
核反応によって作り出される極めて短い寿命の粒
子の総称。電荷をもつものと,もたないものがあ
る。

meson

13022  30113 

µ

粒子

素粒子の一種。電荷をもち短寿命(約 2.2 マイクロ
秒)で,

静止質量は電子の約 207 倍,スピンは 1/2。

ミュオンともいう。

備考1.  正又は負の電気素量をもつ場合があ

り,2種類の

µ粒子µ

µ

とが存在す

る。

2.

µ粒子はスピン 1/2 をもつ中間子とし
て扱うことはできない。現在,

µ中間

子という用語は使われていない。

muon

13023  30115 

π

中間子

電子の約 270 倍の静止質量をもつスピン 0 の中間
子。正負及びゼロの電気素量をもつ 3 種の

π

中間子

が存在する。

pion,

π

meson

13024  30116 

K

中間子

電子の約 970 倍の静止質量をもつ中間子。 K

meson

13025  30117 

ハイペロン

電子より重く極めて短寿命の粒子の総称。スピン
は 1/2 若しくは 3/2,また電荷をもつものと,もた
ないものがある。

hyperon

13026  30103 

反粒子

ある

粒子と等しい質量とスピンをもち,逆の量子

数と電荷をもつ粒子。

備考1.  粒子はどのタイプのものであっても,

その反粒子が存在する。

2.

陽電子,反核子,反陽子,反中性

antiparticle

13027   

核力

核子間に作用する力。電荷に関係なく非常に短い
距離でだけ働く。

nuclear force

13028 311 30129 

重陽子

重水素(質量数 2 をもつ水素の同位体)の原子核。 deuteron


18

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

13029 1276 30130 

トリトン

トリチウム(質量数 3 をもつ水素の同位体)の原
子核。

triton

13030 41 30131 

α

粒子

ヘリウム 4 の

原子核と同じ構成の原子番号 2,中性

子数 2 の安定な粒子で,放射性壊変にともない放
出される。

alpha particle

13031 81 30132 

β

粒子

原子核の核変換によって,又は中性子の壊変によ
って放出される

電子又は陽電子。

beta particle

13032   

ポジトロニウム

一対の

電子と陽電子が形成する一時的な結合状

態。極めて短い寿命をもち,2 個又は 3 個の

光子に

壊変する。

positronium

13033   

荷電粒子

電荷を帯びている

粒子。例えば,イオン,陽子,

電子などをいう。

charged particle

13034 618 30134 

イオン

原子や分子などが,幾つかの電子を失う(正イオ
ン)か,又は得た(負イオン)もの。

ion

13035 847 30119 

核種

質量数及び原子番号によって定まる原子(又は原
子核)の種類。核異性状態にある原子核又はその
原子は別の核種とみなす。

nuclide

13036   

安定核種

放射性壊変をしない核種。 stable

nuclide

13037  30401 

質量数

原子核を構成する核子の個数。すなわち陽子数と
中性子数との和。記号 A

mass number

13038  30402 

原子番号

原子核を構成する陽子の個数。記号 Z

備考  Z=A−N ここで,A は質量数,N は中

性子数。

atomic number

13039   

中性子数

原子核を構成する中性子の個数。記号 N

neutron number

13040 710  

質量超過

核種の原子量と,質量数に原子質量単位を掛けた
値との差。記号⊿

mass excess

13041 863  

比質量偏差

質量超過をその質量数で割った値。記号 f

packing fraction

13042 706  

相対質量超過

核種の質量超過を原子質量単位で割った値。記号
⊿r

備考  この値は相対原子質量と質量数の差に

等しい。

relative mass excess,

mass decrement

13043 707  

質量欠損

原子核において,それを構成する核子の質量の総
和とその

原子核の質量との差。

備考  質量欠損を原子質量単位で割った値を

相対質量欠損という。

mass defect

13044 85 

86 

30420 

結合エネルギー

1.

粒子系中の一個の粒子を,その系から引き離
すのに必要な正味のエネルギー。分離エネル

ギー (separation energy) ともいう。

2.

粒子系をその構成粒子に分解するのに必要な
正味のエネルギー。

binding energy

13045 87  

比結合エネルギー

相対

質量欠損をその質量数で割った値。 binding

fraction

13046 639 30121 

同位体

同じ

原子番号をもつ核種であって,互いに質量数

が異なるもの。同位元素ともいう。

isotopes

13047 828 30122 

同重体

同じ

質量数をもつ核種であって,互いに原子番号

が異なるもの。

[nuclear] isobars

13048 636 30123 

同中性子体

同じ

中性子数をもつ核種であって,互いに原子番

号が異なるもの。

isotones

13049 39  

異重体

同じ元素であるが,

同位体組成が異なるため異な

原子量をもつもの。

allobars

13050 630  

同余体

中性子数と陽子数の差が等しい核種。 isodiapheres


19

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

13051 634  

核異性状態

観測できるほど十分長い

平均寿命をもつ原子核の

励起状態。

isomeric state

13052 829  

[核]異性体

同じ

質量数と原子番号をもつが,原子核が互いに

異なったエネルギー状態にある

核種。異性核とも

いう。

[nuclear] isomer

13053 1117  

遮へいされた核種

原子番号 Z−1 と Z+1 をもつ核種の同重体で,原
子番号 Z の核種。

備考  この核種は,

β

壊変から作ることができ

ず,

核分裂のような核変換の一次生成物

としてだけ得られる。

shielded nuclide

13054 987 30239 

放射性元素

1.

自然に存在する

同位体のうち,どれかが放射

性核種である元素。

2.

すべての

同位体が放射性である元素。

備考1.  ISO では,定義2)を採用していない。

2.

この用語を

放射性核種の意味に使う

べきではない。  (ISO 921)

radioelement

13055   

超ウラン元素

原子番号 92 のウランより大きな原子番号をもつ元
素。

transuranic element

13056   

アクチノイド[元素] 89 番元素アクチニウムから 103 番元素ローレンシ

ウムに至る 15 種の元素の総称。

備考  アクチナイドということもある。

actinoids

13057   

マイナーアクチノイ

超ウラン元素のうち,プルトニウムを除いた元素
の総称。

minor actinoids

13058 996 30236 

放射性核種

放射性壊変をする核種。 radioactive

nuclide,

radionuclide

13059   

自然放射性核種

天然に存在する

放射性核種。 natural

radioactive

nuclide,

natural radionuclide

13060   

誘導放射性核種

核反応によって生成される放射性核種。誘発放射
性核種ともいう。

induced radioactive

nuclide,

induced radionuclide

13061   

人工放射性核種

核変換によって人工的に得られる放射性核種。 artificial

radioactive

nuclide,

artificial radionuclide

13062 990 30238 

放射性同位体

同位体のうち,放射性壊変をするもの。

備考  この用語は,放射性核種の意味で用いる

べきではない。  (ISO 921)

radioactive isotope,

radioisotope

13063   

安定同位体

同位体のうち,放射性壊変をしないもの。 stable

isotope

13064   

自然放射性同位体

放射性同位体のうち,天然に存在するもの。 natural

radioactive

isotope,

natural radioisotope

13065   

人工放射性同位体

放射性同位体のうち,核変換によって人工的に得
られるもの。

artificial radioactive

isotope,

artificial radioisotope

13066 640  

[同位体]存在度

元素を構成する複数の

同位体のうち,ある同位体

の原子数の相対的割合であって,その元素の全原

子数に対する比。通常,百分率で表される。

isotopic abundance

13067 772  

天然[同位体]存在度  天然に存在する元素中における同位体存在度。 natural

[isotopic]

abundance


20

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

13068 9  

存在比

与えられた試料中の元素について,ある

同位体の

原子数と他の

同位体の原子数との比。

abundance ratio

13069   

同位体組成

同位体の集合物である元素について,その構成を
同位体存在度で示したもの。

isotopic composition

13070   

重水素

質量数 2 をもつ水素の安定同位体。記号 D

deuterium

13071   

トリチウム

質量数 3 をもつ水素の放射性同位体。三重水素と
もいう。記号 T

tritium

13072 833  

核ポテンシャル

核子が,原子核又は他の核子が作る場の中で,そ
の位置と量子状態に応じてもつポテンシャル・エ
ネルギー。

nuclear potential

13073   

エネルギー準位

原子,分子又は原子核がとり得る定常状態,若し
くはそのエネルギー値。

energy level

13074   

基底状態

原子,分子又は原子核における最低のエネルギー
準位。

ground state

13075  30333 

励起

原子,分子又は原子核が,あるエネルギー準位か
らより高い

エネルギー準位に移ること。

excitation

13076   

励起状態

原子,分子又は原子核が,基底状態より高いエネ
ルギー準位にあること。

excited state

13077   

励起エネルギー

励起に要するエネルギー。 excitation

energy

13078 402  

エネルギーバンド

離散的であるが,極めて接近した

エネルギー準位

の集り。準位の数は原子数に等しいが,非縮退の
気体から固体に凝縮した場合には,物質中に存在

する個々の原子の量子状態から決まる。

energy band

3.

放射能・放射線

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14001 959 30202 

放射線物理

電離放射線の性質と物理効果を対象とする物理学
の一分野。

備考  可視光線及び紫外線を除く。

radiation physics

14002 991  

放射線学物理

電離放射線の医学及び産業利用を対象とする物理
学の一分野。

備考  可視光線及び紫外線は含めない。

radiological physics

14003 23 

982 

30226 

30410 

放射能

1.

放射性壊変,すなわち自発的に粒子や

γ

線を放

出し,又は

軌道電子捕獲に続いて 線を放出

し,若しくは

自発核分裂を起こす原子核の性

質。

2.

単位時間当たりの

放射性壊変の数。すなわち,

dt

時間に自発

核変換が起きる原子核の数 dN/dt

で表す。 
備考1.  通常,ベクレルで表す。以前に使用さ

れた単位は

キュリーである。

2.

放射性核種の量を表すのに用いられ
たことがある。

1) radioactivity

2) activity

14004 972 30235 

放射性崩壊

1.

放射性物質,又はその混合物の放射能が,自
発的

核壊変によって時間とともに減ってゆく

こと。

2.

放射性壊変に同じ。

radioactive decay


21

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14005  30234 

放射性壊変

原子核が自発的に核変換し,粒子又は

γ

線が放出さ

れ,若しくは

軌道電子捕獲によって 線が放出さ

れる現象。

原子核の自発核分裂も含まれる。

radioactive

disintegration

14006 819 30224 

核壊変

1

個の

原子核(複合核も含めることもある)が複数

原子核に分解すること,又は粒子の放出によっ

て他の

原子核へ変わること。エネルギーの放出を

伴う。

備考  この変換は自発的に行われることもあ

るし,原子核又は粒子によって引き起こ
されることもある。  (IEC 393)

nuclear disintegration

14007 843  

核遷移

原子核系が,量子化された一つのエネルギー状態
から他の状態へと変化すること。

備考  核遷移には,例えば,

α

壊変や

β

壊変の

ようなある

核種から他の核種への変換,

若しくは

光子,軌道電子,又は電子対の

放出や吸収による

核エネルギー準位の

変化も含まれる。

nuclear transition

14008 969 30233 

放射遷移

電磁波の吸収(又は放出)による分子,

原子,イ

オン,又は原子核の励起(又は脱励起)。

radiative transition

14009 432  

指数関数形崩壊

ある量(一般的には

放射性物質の放射能)が,法

則:A=A

0

e

λt

に従い,時間と共に減少すること。

この式で A 及び A

0

はそれぞれ時刻 t=t 及び t=0

におけるこの量の値を表す。

λは任意定数である。

exponential decay

14010 285  

壊変図式

放射性核種の放射性壊変の特徴を図で示したもの
で,放出される放射線の種類,放出割合,エネル
ギーなどが,対応する

娘核種のエネルギー準位に

書き込まれている。崩壊図式ともいう。

decay scheme

14011   

壊変様式

放射性核種の放射性壊変の仕方。崩壊形式ともい
う。

decay mode

14012 116  

分岐壊変

二つ以上の異なる壊変様式をもつ

放射性壊変。 branching

decay

14013 117  

分岐率

分岐壊変において,ある特定の経路で放射性壊変
する原子核の割合。

備考  普通,百分率で表される。

branching fraction

14014 118 30422 

分岐比

分岐壊変において,異なる二つの壊変様式に対す

分岐率の比。

branching ratio

14015 283 30419 

壊変曲線

放射性物質又は試料,若しくはその中にある特定
成分の

放射能の時間変化を示す曲線。

decay curve

14016 337 30495 

壊変エネルギー

核 壊 変 に お い て 放 出 さ れ る エ ネ ル ギ ー 。 Q 値 
(Q-value)

ともいう。

disintegration energy

14017 40  

α

壊変

α

粒子を放出する放射性壊変。この放射性壊変によ

って元の

核種の原子番号は 2 減り,質量数は 4 減

る。

alpha decay

14018 80  

β

壊変

電子又は陽電子を放出する(又は電子捕獲による)
放射性壊変。前者を

β

壊変,後者を

β

壊変ともい

う。この壊変によって元の

核種の原子番号は,

β

-

壊変では 1 増え,

β

壊変では 1 減る。

質量数は変

わらない。

備考  これは,原子核内の中性子が陽子に変わ

る過程で,

β

線に伴ってニュートリノが

放出される。

beta decay


22

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14019 860 30232 

[軌道]電子捕獲

β

壊変の一種。原子核が核外電子(軌道電子)を取

り込む現象。記号 EC

備考  原子核内の陽子が軌道電子を捕獲し中

性子に変わる過程。ニュートリノの放出
を伴うほか,捕獲された電子は外殻の電
子によって置き換わり,特性 X 線の放

出を引き起こす。

orbital electron capture

14020   

陽電子壊変

β

壊変の一種で,陽電子を放出するもの。

β

+壊変

ともいう。

positron decay

14021 635  

核異性体転移

高い

エネルギー準位にある核異性体が,

γ

線の放出

又は

内部転換によって低い準位の核異性体に変わ

る現象。記号 IT

isomeric transition

14022  30231 

内部転換

励起状態にある原子核が,より低いエネルギー準
位に移る際,

γ

線を放出する代わりに核外電子を放

出する現象。

internal conversion

14023  30340 

オージェ効果

内殻電離によって

励起した原子が,外側の電子殻

から 1 個以上の

電子を放出して基底状態へ遷移す

る現象。

Auger effect

14024 773 30229 

自然放射能

天然に存在する

核種がもつ放射能。天然放射能と

もいう。

natural radioactivity

14025   

人工放射能

人工放射性核種のもつ放射能。 artificial

radioactivity

14026 588 30230 

誘導放射能

核反応の結果生じた放射能。誘発放射能ともいう。 induced radioactivity

14027 1082  

飽和放射能

物質を

放射化するとき,与えられた粒子束密度で

照射によって得られる最大の放射能。

saturation activity

14028 1081  

飽和(放射性核種の)  照射によって作られる放射性核種が到達した平衡

状態で,この

核種の壊変率と生成率とが等しい状

態。

saturation (of a

radionuclide)

14029  30237 

放射線放出体

電離放射線を放出する物質。すなわち放射性核種
又はこれを含むもの。

備考  例えば,

α

線を放射する放射性核種又は

物質を,

α

放出体 (alpha emitter) という。

radiation emitter

14030 975 30417 

放射性半減期

放射性核種の原子の数が,放射性壊変によって半
分になるのに要する時間。

備考  放射性半減期 T

1/2

壊変定数

λの間に

は,次の関係がある。

λ

λ

693

.

0

2

ln

2

/

1

=

T

radioactive half-life

14031 726 30418 

平均寿命

特定の状態にある

原子又は原子核の平均の寿命。

備考1.  指数関数的に壊変する場合には,特定

の状態にある

原子又は原子核の数が

1/e

まで減少する時間。e は自然対数の

底。

2.

放射性核種の平均寿命は

壊変定数の

逆数である。

mean life,

average life


23

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14032 282 30416 

壊変定数

放射性核種において,その 1 個の原子核が単位時
間当たりに

放射性壊変を起こす確率。崩壊定数と

もいう。記号

λ

N

を時刻 t に存在する問題の原子核の数とすると,

次の式で与えられる。

dt

N

dN

1

=

λ

decay constant,

disintegration constant

14033 866  

部分壊変定数

分岐崩壊において,崩壊様式のうちの一つによっ
て,単位時間当たりに壊変を起こす確率。

partial decay constant

14034 973 30242 

放射平衡

壊変系列に属する核種の放射能が,先行核の放射
性半減期で指数関数的に減衰する現象。

備考  このような放射平衡は,先行核の放射性

半減期が系列核種のどれよりも長い場
合に成立する。

radioactive equilibrium

14035 1097  

永続平衡

放射平衡のうち,先行核の放射性半減期が十分長
く,問題とする時間内では先行核の生成量の変化

が無視でき,またすべての

壊変生成物の放射能も

ほぼ等しくなるような場合をいう。

secular equilibrium

14036 1265  

過渡平衡

放射平衡のうち,永続平衡にならない場合をいう。 transient equilibrium

14037   

親核種

放射性壊変によって別の核種に変わるとき,元の
核種をいう。

parent nuclide

14038 918  

先行核

壊変系列において,ある核種に先立つ任意の放射
性核種をいう。

備考  この用語はしばしばその核種を直接生

成する

放射性核種に限定して使われる。

precursor

14039  30243 

娘核種

放射性壊変によって生成する核種。 daughter

nuclide

14040   

壊変生成物

放射性壊変によって生成した核種の総称。 decay

products

14041 281  

壊変系列

放射性壊変(自発核分裂は含まない)によって安
定な核種になるまで次々に変換していく核種の系
列。

decay chain,

decay series

14042 978 30241 

放射性系列

トリウム 232,ネプツニウム 237,ウラン 238 及び

ウラン 235 で始まり安定な最終生成物に至る 4 種
の壊変系列に与えられた名称。

radioactive series

14043   

トリウム系列

トリウム 232 に始まり鉛 208 に至る

壊変系列。こ

の系列に属する

核種の質量数は 4n(n は正の整数)

で,4n 系列ともいう。

thorium series

14044   

ネプツニウム系列

ネプツニウム 237 に始まりビスマス 209 に至る

変系列。この系列に属する核種の質量数は 4n+1
(n は正の整数)で,4n+1 系列ともいう。

neptunium series

14045   

ウラン系列

ウラン 238 に始まり鉛 206 に至る

壊変系列。この

系列に属する

核種の質量数は 4n+2(n は正の整数)

で,4n+2 系列ともいう。

uranium series

14046   

アクチニウム系列

ウラン 235 に始まり鉛 207 に至る

壊変系列。この

系列に属する

核種の質量数は 4n+3(n は正の整数)

で,4n+3 系列ともいう。

actinium series

14047 279  

娘生成物

崩壊系列において,ある放射性核種の後続として
生成するすべての

核種を,この放射性核種の娘生

成物という。

daughter product


24

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14048  30415 

放射能面密度

物体の表面の単位面積当たりの

放射能。表面放射

能ともいう。

備考  この定義は表面からの放出を意味し,表

面下への放出は除く。

surface activity,

surface concentration

of radioactivity

14049 1155 30413 

比放射能

物質の単位質量当たりの

放射能。

備考  放射能濃度ということもあるが,その場

合には質量放射能濃度というべきであ
る。  (JIS Z 8202 : 1991)

specific activity

14050 24 30414 

放射能濃度

物質の単位体積当たりの

放射能。

体積放射能 (volume activity) ともいう。

activity concentration

14051  30428 

放射エネルギー

放出,変換,又は入射する粒子のエネルギー。た
だし静止エネルギーを除く。

radiant energy

14052  30278 

放射線場

放射線が伝ぱしている範囲。 radiation

field

14053  30488 

放射密度

放射線が伝ぱする媒質の単位体積内に含まれる放
射エネルギーの瞬間値。

radiant density

14054  30435 

エネルギー束

単位時間当たりの

放射エネルギーの増分。 energy

flux

14055 404 30434 

エネルギーフルエン
ス率

空間内の与えられた点について,その点を中心と

する適当な大きさの球に対して単位時間当たりに
入射するすべての粒子のもつ運動エネルギーの総
和を,その球の大円の面積で割ったもの。エネル

ギー束密度ともいう。

energy fluence rate,

energy flux density

14056 403 30433 

エネルギーフルエン

エネルギーフルエンス率を時間について積分した
もの。

energy fluence

14057 318  

微分エネルギー束密

エネルギーフルエンス率の成分であって,特定の
方向をもつ粒子の単位立体角当たりの

エネルギー

フルエンス率,又は特定のエネルギーをもつ粒子
の単位エネルギー幅当たりの

エネルギーフルエン

ス率,若しくは特定の方向及びエネルギーをもつ
粒子の単位立体角単位エネルギー幅当たりの

エネ

ルギーフルエンス率をいう。

differential energy flux

14058  30425 

粒子数

放出,変換,又は入射する

粒子の総数。 particle

number

14059  30432 

[粒子]束

単位時間当たりの

粒子数の増分。記号  N

備考 

dt

dN

N

=

[particle] flux

14060 870 30430 

[粒子]フルエンス

与えられた時間内に,空間内の与えられた点にお

いて,単位の大円面積をもつ球に入射する

粒子の

数。記号

Φ

備考1.

Φ

=dN/da,ここで dN は問題の時間内

に入射する

粒子数,da は球の大円の面

積である。

2.

粒子束密度を時間について積分した
ものに等しい。

[particle] fluence

14061  30431 

[粒子]フルエンス率  単位時間当たりの粒子フルエンスの増分。記号

Φ

備考 

Φ

=d

Φ

/dt

=d

2

N/dadt

[particle] fluence rate

14062 871  

粒子束密度

14061

[粒子]フルエンス率”に同じ。

備考1.  粒子束密度は,粒子密度と粒子の平均

の速さとの積に等しい。

2.

粒子束 (flux) をこの用語の意味で使
うことは推奨されない。  (ISO 921)

particle flux density,

particle fluence rate


25

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14063 1279 30516 2200m/s

中性子束密度  仮想上の粒子束密度であって,1 立方メートル当た

りの全

中性子数と中性子の速さ 2 200m/s の積に等

しい。慣用中性子束密度 (conventional neutron flux

density)

又 は 慣 用 フ ル エ ン ス 率  (conventional

fluence rate)

ともいう。

2200 m/s flux density

14064 319  

微分粒子束密度

粒子束密度の成分であって,特定の方向をもつ粒
子の単位立体角当たりの粒子束密度,若しくは特
定のエネルギーをもつ

粒子の単位エネルギー幅当

たりの

粒子束密度,又は特定の方向及びエネルギ

ーをもつ

粒子の,単位立体角,単位エネルギー幅

当たりの

粒子束密度をいう。

diffential particle flux

density

14065 869  

粒子流密度

ベクトル量であって,ある表面上の任意の点にお
けるこのベクトルの法線成分は,単位面積当たり
単位時間当たりにその面を正の方向に通過する正

味の

粒子数に等しい。

particle current density

14066  30204 

単色放射線

実用的に同じエネルギーをもつ

光子からなる放射

線,又はほとんど同じ運動エネルギーをもつ同じ
種類の粒子からなる粒子線。単一エネルギー放射
線ともいう。

monochromatic

radiation,

monoenergetic

radiation

14067  30222 

混入放射線

測定した

放射線に混ざってくるが,測定の対象で

はなく,できる限り減らすことが望まれる

放射線。

concomitant ionizing

radiation

14068  30429 

スペクトル(電離放射
線の)

放射線の量の値についての分布を表したもので,
通常エネルギーに関するものをいう。

spectrum (of ionizing

radiation)

14069  30206 

α

α

壊変で放出されるヘリウム 4 の原子核。広義に

は,ヘリウム 4 の

原子核からなる電離放射線をい

う。

備考 IEC 規格では,rays を用いない。

alpha radiation,

alpha rays

14070  30207 

β

β

粒子からなる電離放射線。

備考 IEC 規格では,rays を用いない。

beta radiation,

beta rays

14071  30246 

内部転換電子

内部転換によって原子から放出される電子。 internal

conversion

electron

14072  30423 

内部転換係数

内部転換の起こる確率の,

γ

線放出の確率に対する

比。

internal conversion

coefficient

14073 525 30208 

γ

原子核の遷移又は粒子の消滅に伴って生じる電磁
波。

備考 ISO 及び IEC 規格では,rays を用いな

い。

gamma radiation,

gammarays

14074 1321 30209 X

原子の核外部分から発生する電磁波。可視光線に
比べて短い波長をもち,

特性 線と制動放射(連

続 線)がある。

γ

線及び消滅放射は含めない。

備考 ISO 及び IEC 規格では,rays を用いな

い。

X-radiation,

X-rays

14075  30216 

特性 

励起状態にある原子がエネルギーの低い状態へ遷
移する際に放出する電磁波で,元素に固有のエネ
ルギーをもつ線スペクトルを示す。

特性放射線 (characteristic radiation) ともいう。

characteristic

X-radiation,

characteristic X-rays

14076  30217 

連続 

連続したエネルギースペクトルを示す X 線。

備考  特性 線は含まれない。

X-continuous

radiation,

continuous X-rays


26

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14077   

蛍光 

物質に X

線又は

γ

線を照射したとき物質中の元素

から放射される

特性 線。

fluorescent

radiation,fluorescent

X-rays

14078 160  

陰極線

陰極から放出され,電場で加速された高速の

電子。 cathode rays

14079  30249 

光電子

光電効果によって原子から放出される電子。 photoelectron

14080  30248 

コンプトン電子

コンプトン効果による反跳電子。 Compton

electron

14081 167 30221 

チェレンコフ線

チェレンコフ効果によって放射される光。 Cerenkov

radiation

14082 885 30250 

光中性子

原子核と光子との相互作用によって原子核から放
出される

中性子。

photoneutron

14083 934  

即発放射線

核反応生成物から遅れて放出される放射線(遅発
放射線)と異なり,

核分裂又は放射捕獲などの核

反応で放出される放射線。

prompt radiation

14084   

散乱放射線

物質によって

散乱され,方向が変化した放射線。 scattered

radiation

14085 153  

捕獲

γ線

放射捕獲に伴って放出される

γ

線。 capture

gamma

radiation

14086 48 30212 

消滅放射

粒子と反粒子が相互作用し,これら粒子が消滅す
ることによって生成する電磁波。

備考  例えば,電子と陽電子の相互作用によっ

て,ふつう 2 個の光子が生じる。これら

の光子はそれぞれ 0.511MeV のエネルギ
ーをもち,互いに反対方向に放出され
る。

annihilation radiation

14087 126 30215 

制動放射

荷電粒子の減速又は加速に伴う電磁波。 bremsstrahlung

14088 597  

内部制動放射

原子核による荷電粒子の放出又は吸収に伴う制動
放射。

inner bremsstrahlung

14089 352  

ドップラー効果

放射線源が観測者に対して運動しているため,放
射線の波長に見られる観測値の変化。

Doppler effect

14090 349  

ドップラーの広がり
(スペクトル線の)

原子・分子・原子核の熱運動によって,スペクト
ル線が広がって観測されること。

Doppler broadening

14091  30245 

オージェ電子

オージェ効果によって放出される核外電子。 Auger

electron

14092  30218 

一次放射線

放射線源から直接出る放射線。 primary

radiation

14093  30219 

二次放射線

入射

放射線と物質との相互作用によって生じる放

射線。

secondary radiation

14094 298 30220 

δ

電離によって原子から放出される電子で,電離や
励起を引き起こすのに十分なエネルギーをもつも
の。

delta ray,

delta radiation

14095  30244 

二次電子

入射

放射線と物質との相互作用によって原子から

放出される

電子。

secondary electron

14096  30247 

エキソ電子

γ

線,線,紫外線又は荷電粒子の照射で励起され

た固体金属,半導体又は絶縁物の表面から,熱又
は光の刺激によって出てくる約 1eV のエネルギー

をもつ

電子。

exoelectron

14097  30460 

体積イオン密度

単位体積当たりの

イオン対の数。

備考  一個の正イオンと一個の電子が,一個の

イオン対であるとみなす。

volume ion density

14098  30461 

線イオン密度

単位長さ当たりの

イオン対の数。

備考  一個の正イオンと一個の電子が,一個の

イオン対であるとみなす。

linear ion density


27

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

14099 60 30459 

W

荷電粒子が気体又は液体中で完全に停止する場
合,その

粒子が最初にもっていた運動エネルギー

を,

粒子の径路に沿って気体又は液体中に作られ

イオン対の平均個数で割った値。“生成イオン

対当たりの平均消費エネルギー”ともいう。

W-value,

average energy

expended per ion

pair formed

4.

相互作用(吸収・散乱・核反応)

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15001

 30337

相互作用

原子

又は

原子核

内の

粒子

同士,又は衝突する

粒子

士の間で力を及ぼしあうこと。

interaction

15002

 30338

電磁相互作用

電磁気力による

相互作用

electromagnetic

interaction

15003

247

クーロン障壁

原子核

の周りの領域で,正の電荷をもつ

荷電粒子

対するポテンシャル・エネルギーがほぼ最大となると

ころ。

備考 

この最大値は,遠くまで影響を及ぼすクー

ロン斥力と,近距離でだけ作用する

核力

引力との総合効果によってもたらされる。

Coulomb barrier

15004

842

30339

核変換

ある

核種

が他の異なる

核種

に変わる現象。狭義には,

核反応

が起こす場合をいう。

nuclear transformation,

nuclear transmutation

15005

核変換生成物

核変換

によって生じた

核種

nuclear transformation

product

15006

625

30334

照射

電離放射線

にさらすこと,又はさらされること。

備考 

我が国では,

人体が

放射線

を受けることを

被ばく (exposure) という。

irradiation

15007

 30341

衝突

二つ又はそれ以上の

粒子

相互作用

を及ぼしあう程

度までに接近すること。その結果,それぞれのもつ運

動量及び/又はエネルギー状態が変化する。

collision

15008

 30342

弾性衝突

衝突

する系の構成と全運動エネルギーは変わらない

が,おそらく相対運動の方向が変わることのある衝

突。

elastic collision

15009

 30343

非弾性衝突

衝突

する系の少なくとも一方が,全運動エネルギーの

一部を内部励起エネルギーとして取り込む衝突。

inelastic collision

15010

836

30266

核反応

1

個以上の

原子核

が関与する事象で,質量,電荷又は

エネルギー状態が変化する。

備考 

広義には,

核子

弾性散乱

も含む。

nuclear reaction

15011

248

クーロン励起

原子核

が,付近を通過する

荷電粒子

の電磁場によっ

励起

すること。

Coulomb excitation

15012

587

誘発核反応

粒子

との

相互作用

によって,

原子核

に生じる

核反

induced nuclear

reaction

15013

1170

自発核反応

1

個の

原子核

又は 1 個の

核子

だけで始まる

核反応

spontaneous nuclear

reaction

15014

1190

ストリッピング[反
応]

核反応

の一種。

ターゲット核

が,入射

原子核

から

を取り込む現象。

備考 

捕獲された核子はターゲット核に吸収さ

れ,入射原子核の残りは,ほぼもとの運動

方向を保つ。

stripping


28

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15015

1152

破砕

大きい運動エネルギーをもつ入射粒子が引き起こす

核反応

ターゲット

原子核

から幾つかの核子が放

出され,

質量数

原子番号

が大きく変化する。

spallation

15016

815

30267

原子核連鎖反応

核反応

が引き続いて起こる現象で,

その継続のために

必要な

粒子

がそれ自身同じ反応によって作り出され

る場合をいう。

nuclear chain reaction

15017

1104

自立[核][連鎖]反

15018

臨界反応”に同じ。

備考 

発熱反応の場合も含める。

self-sustained

reaction,

self-sustaining nuclear

chain reaction

15018

 30270

臨界反応

原子核連鎖反応

の内,一つの反応で直接引き起こさ

れる反応の数が,平均して 1 に等しいもの。

備考 

この反応は自立型である。

critical reaction

15019

343

30269

発散反応

一つの反応によって直接引き起こされる反応の数が,

平均して 1 より大きい

原子核連鎖反応

divergent reaction

15020

234

30268

収束反応

一つの反応によって直接引き起こされる反応の数が,

平均して 1 より小さい

原子核連鎖反応

convergent reaction

15021

342

30518

発散

時間とともに反応率が増大すること。

divergence

15022

Q

核反応

又は

放射性壊変

において,放出又は吸収され

るエネルギーの値。

Q-value

15023

1005

反応エネルギー

与えられた

核反応

について,反応後の

粒子

の運動エ

ネルギーと

放射エネルギー

の和と,反応前の粒子の

運動エネルギーと

放射エネルギー

の和との差。Q 値

ともいう。

備考 

Q>0

の場合を発熱反応,また Q<0 の場合

を吸熱反応という。

reaction energy

15024

578

衝突パラメータ

相互作用

を及ぼしあっている二つの

粒子

が,

弾性散

を起こさず,すれ違ってしまうような粒子間の最小

の接近距離。

impact parameter

15025

1244

しきい反応

入射粒子が,少なくともしきい値に等しいエネルギー

をもつ場合に起こる

核反応

備考 

この用語は,あるエネルギー値以下では反

応の起きる確率は小さく,その値以上では

大きな確率をもつような反応に対しても,

しばしば使われる。

threshold reaction

15026

1243

しきいエネルギー

特定の

核反応

について,

その反応を起こすのに必要な

入射粒子の運動エネルギー(実験室系)の最小値。し

きい値ともいう。

threshold energy

15027

215

複合核

ターゲット

原子核

が,入射粒子を吸収して過渡的

に到達する短寿命の高い

励起状態

備考 

この概念は,ボーアの核反応理論で最初に

導入された。

compound nucleus

15028

839

共鳴準位

核反応

によって

励起

される

複合核

エネルギー準

備考 

エネルギーの関数として表された

断面積

のグラフでは,この準位に対応するエネル

ギーのところで

相互作用

断面積

は,通

常極めて高く鋭いピークを示す。

nuclear resonance level


29

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15029

1054

共鳴エネルギー

複合核

励起状態

に対応する入射粒子の(実験室系

での)運動エネルギー。

備考 

入射粒子の運動エネルギーがこの値に近

いとき,

核反応

又は

散乱

断面積

は著し

く大きくなる。

resonance energy

15030

125

ブライト・ウィグナー
の式

一つ以上の

共鳴準位

が存在する付近での

核反応断面

を記述する式。

Breit

−Wigner formula

15031

1058

共鳴パラメータ

ブライト・ウィグナーの式

において,

準位幅

中性

子幅

などを表す量。

resonance parameter

15032

725

平均準位間隔

同じ角運動量の中性子によって

励起

されるスピンの

等しい

共鳴準位

のうち,隣り合う二つの準位のエネ

ルギー差の平均。

備考 

この値は

複合核

励起

エネルギーの関数

である。

mean level spacing

15033

666

準位幅

原子

又は

原子核

励起状態

のエネルギーのゆらぎで

あって,

励起状態

平均寿命

に逆比例する。

備考 

単独の準位に対する

ブライト・ウィグナ

ーの式

では,準位幅は共鳴の

半値全幅

ほぼ等しい。通常,記号

Γ

によって表され

る。

level width

15034

867

部分幅

共鳴準位

について,起こり得る壊変様式のそれぞれ

に対して割り当てられる量。

備考 

各部分幅は対応する壊変確率に比例し,そ

れらの総和は全

共鳴幅

に等しい。

partial level width

15035

1061

共鳴幅

原子核

の状態だけに関する

準位幅

resonance width

15036

481

核分裂幅

核分裂

に対する

部分幅

fission width

15037

965

放射幅

光子

放出に対する

部分幅

radiation width

15038

808

中性子幅

中性子

放出に対する

部分幅

neutron width

15039

1028

換算中性子幅

共鳴の

中性子幅

を,

共鳴エネルギー

の平方根で割っ

た値。

備考 

低エネルギー

中性子捕獲

によって到達す

る共鳴準位の換算中性子幅は,近似的にエ

ネルギーに依存しない。

reduced neutron width

15040

1187

強度関数

中性子

によって

励起

された

共鳴準位

について,その

平均換算中性子幅

平均準位間隔

で割った値。

strength function

15041

16

30306

放射化

照射

によって

放射能

をもたせる過程。

activation

15042

放射化生成物

核変換

によって生じた

放射性核種

又はそれを含む物

質。

activation product

15043

反跳

粒子

が衝突によってはじかれること,又は

核変換

よる粒子放出の反動を受けること。

recoil

15044

反跳エネルギー

反跳した

粒子

のもつ運動エネルギー。

recoil energy

15045

886

30305

光核反応

光子

原子核

との

相互作用

によって引き起こされる

核反応

photonuclear reaction

15046

光壊変

光核反応

のうち,特に

重陽子

中性子

陽子

に分解

する現象。

photodisintegration

15047

1085

30307

散乱

粒子

又は粒子系との衝突によって,入射粒子又は入射

放射線の運動の方向及びエネルギー又はそのどちら

かが変わる現象。

scattering

15048

389

30310

弾性散乱

散乱

の前後において,全運動エネルギーが変化しない

ような

散乱

elastic scattering


30

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15049

589

30311

非弾性散乱

散乱

の前後において,全運動エネルギーが変化するよ

うな

散乱

inelastic scattering

15050

968

30312

放射非弾性散乱

非弾性散乱

において,入射粒子の運動エネルギーの

一部によって

ターゲット

核が

励起

し,引き続いて 1

個以上の光子を放出して脱励起するもの。

radiative inelastic

scattering

15051

1223

30313

熱的非弾性散乱

非弾性散乱

において,

低速中性子

などの

粒子

が,分

子又は格子との間でエネルギーをやりとりするもの。

thermal inelastic

scattering

15052

1060

共鳴散乱

共鳴エネルギー

領域にある

粒子

弾性散乱

resonance scattering

15053

802

中性子ポテンシャル
散乱

原子核

をあたかも硬い球であるとし,入射

中性子

その表面で反射するものとみなす

散乱

neutron potential

scattering

15054

195

30308

干渉性散乱

入射波と散乱波の位相の間に一定の関係が成り立つ

散乱

coherent scattering

15055

583

30309

非干渉性散乱

入射波と散乱波の位相の間に一定の関係が成り立た

ない

散乱

incoherent scattering

15056

多重散乱

粒子

散乱体

中で繰り返し散乱される現象。

multiple scattering

15057

散乱体

粒子

散乱

を起こさせるもの。

scatterer

15058

散乱角

散乱

の過程において,

粒子

の入射方向と散乱後の方

向との間の角。

scattering angle

15059

1088

散乱則

換算詳細釣合いを含む因子を用いる散乱核の表現の

一つ。

備考 

普通 S (

α

,

β

)

と書く。

α

β

はそれぞれ

熱中

性子

の運動量とエネルギーの変化から決

まる量である。

scattering law

15060

65 

66

30314

後方散乱

1.

(単一の事象の場合)

粒子

が,その入射方向に対

して 90°以上の角度で

散乱

される現象。

2.

(一般には)

放射線

が,単一散乱又は

多重散乱

の結果,問題の体積内の物質によって反射するこ

と。

back-scattering,

back-scatter

15061

152

30315

捕獲

原子

又は

原子核

が,

粒子

を吸収すること。

capture

15062

967

30316

放射捕獲

原子核

による

粒子

の捕獲で,即時的に

γ

が放出され

る。

radiative capture

15063

881

30324

光電効果

原子

光子

を完全に

吸収

して軌道電子を放出する現

象。光電吸収 (photoelectric absorption) ともいう。

photoelectric effect

15064

216

30322

コンプトン効果

束縛されていない自由電子による

光子

弾性散乱

備考 

入射

光子

のエネルギー及び運動量の一部

は電子に移り,残りは

散乱

光子が持ち去

る。

Compton effect

15065

864

30323

電子対生成

十分高い(1.02MeV より大きい)エネルギーをもつ

原子核

又は他の粒子の場と

相互作用

して消滅

し,

電子

陽電子

が同時に作り出される現象。

pair production,

pair creation

15066

47

30317

消滅

1.

陽電子

電子

との

相互作用

であって,その結果,

両者が消滅し,

静止質量

を含む全エネルギーが

電磁波に変わる現象。

2.

粒子

反粒子

との

相互作用

で,これら

粒子

の消

滅と別の

粒子

を放出する現象。

annihilation

15067

 30496

放射損失

荷電粒子

が電界又は磁界の中で加速又は減速し,放

射によってエネルギーを失う現象。

energy loss by

radiative process


31

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15068

 30326

チェレンコフ効果

透明な媒質中を

荷電粒子

がその媒質内の光速度以上

の速さで通過する際,光を発する現象。

備考 

放出された放射は,青色可視光線から紫外

線まで連続したスペクトルを示す。

Cerenkov effect

15069

5

30318 

30319

吸収

1.

(エネルギーの吸収の場合)物質を通過する

放射

が,そのエネルギーの一部又は全部を物質に付

与する現象。

備考  コンプトン効果

又は中性子の減速などエ

ネルギーの損失を伴う散乱は,エネルギー

吸収とみなされる。

2.

粒子

の吸収の場合)

原子

又は

原子核

相互作

の一種。入射粒子が自由粒子として存在しなく

なる現象。ただし,その結果異種の

粒子

又は同種

粒子

が放出される場合も含まれる。

備考  散乱

は,

粒子

の吸収とはみなさない。

absorption

15070

429

指数関数的吸収

放射線

の細いビームが物質を通過するとき,

吸収によ

って,次の関係で表せるような吸収が行われること。

I

I

0

e

-

µx

ここで,は対象とする

放射線

の量,I

0

はその初期値,

x

粒子

が通過する物質の量(長さ,単位面積当たり

の質量,単位面積当たりのモル数,又は単位面積当た

りの原子数)

µ

は対応する

吸収係数

である。

exponential absorption

15071

8

吸収曲線

吸収体を通過する

放射線

の透過割合を通過距離の関

数として図示したもの。

absorption curve

15072

6

30451

吸収係数

放射線

の平行ビームが物質を通過するとき,

その単位

厚さ当たりに吸収される

放射線

の割合。記号

µabs

備考1.

放射線

のエネルギーの関数である。

2.

物質の厚さとして,長さ又は単位面積当

たりの質量,単位面積当たりのモル数,

単位面積当たりの原子数のいずれを用

いるかによってそれぞれ線吸収係数,質

量吸収係数,モル吸収係数,原子吸収係

数と呼ばれる。

3.

吸収係数は

減衰係数

の一部で,エネル

ギーの吸収分を表す。

absorption coefficient

15073

54

30320

減衰

放射線

が物質を通過するとき,

物質との間に起こるあ

らゆる形の

相互作用

による

放射線

の量(エネルギー,

フルエンスなど)の減少。減弱ともいう。

備考 

普通,

幾何学的減衰

を除く。

attenuation

15074

532

30321

幾何学的減衰

放射線源

と,問題にしている点との間の距離の効果

(例えば,点線源では逆二乗則)によって

放射線

が減

少すること。ただし,その間に介在するいかなる物質

の効果も含まない。

geometric attenuation

15075

431

指数関数的減衰

放射線

の細いビームが物質を通過するとき,

吸収

散乱

によって,次の関係で

されるような

減衰

をす

ること。

I

I

0

e

-

µx

ここで,は透過した物質の厚さ,I

0

及び はそれぞ

れ通過前後の

放射線

の量。

µ

減衰係数

である。

exponential

 attenuation

15076

1038

緩和距離

物理量が距離とともに,指数関数的に減少する場合,

もとの 1/e になるまでの距離。

relaxation length


32

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15077

1039

緩和時間

物理量が時間とともに,指数関数的に減少する場合,

もとの 1/e になるまでの時間。

relaxation time

15078

56

30447

減衰率

放射線源

とある点との間に,

放射線

減衰

させる物

体を与えられた配置で置いたとき,その点における

射線

の量の減少割合。

attenuation factor

15079

55

30446

減衰係数

放射線

の平行ビームが物質を通過するとき,

減衰

よってその単位厚さ当たりに除去される

放射線

の割

合。減弱係数ともいう。記号

µ

備考1.

減衰係数は放射線のエネルギーの関数

である。

2.

物質の厚さとして,長さ又は単位面積当

たりの質量,単位面積当たりのモル数,

単位面積当たりのモル数,単位面積当た

りの原子数のいずれを用いるかによっ

て,それぞれ線減衰係数,質量減衰係数,

モル減衰係数,原子減衰係数と呼ばれ

る。

attenuation coefficient

15080

 30448

全線減衰係数

間接電離粒子

が物質を透過するとき,

相互作用

する

粒子の数の割合 dN/を,透過した物質の厚さ dl で割

った値。全線減弱係数ともいう。記号

µ

dl

dN

N

1

=

µ

total linear attenuation

coefficient

15081

 30449

質量減衰係数

全線減衰係数

µを物質の密度

ρ

で割った値。質量減弱係

数ともいう。記号

µ/

ρ

dl

dN

N

ρ

ρ

µ

1

=

mass attenuation

coefficient

15082

647

30470

カーマ

与えられた物質の,ある適当に小さい体積要素内で,

間接電離粒子

によって作り出されたすべての

荷電粒

の初期の運動エネルギーの総和を,その体積要素の

質量で割ったもの。

備考 

kerma

の語は,kinetic energy released in

matter

の頭文字から作られている。

kerma

15083

648

30474

カーマ率

単位時間当たりの

カーマ

すなわち適当に短い時間内

における

カーマ

の増分を,

その時間の長さで割ったも

の。

kerma rate

15084

 30476

カーマ係数

単位

粒子フルエンス

当たりの

カーマ

備考 

カーマ係数は積 E (

µ

tr

/

ρ

)

に等しい。ここ

で,E は

間接電離放射線

の静止エネルギ

ーを除くエネルギー,

µ

t

r/

ρ

質量エネル

ギー転移係数

kerma factor

15085

407

エネルギー転移係数

ある物質の薄い層に垂直に入射する

間接電離粒子

平行ビームによって,

この層内で解放される全

荷電粒

の運動エネルギーの総和 dE

tr

を,層の厚さ dl 及び

入射粒子の運動エネルギーの総和 NE で割った値。N

はこの層に入射する粒子の総数である。記号

µ

tr

dl

dE

NE

tr

tr

1

=

µ

備考 

エネルギー転移係数は放射線のエネルギ

ーの関数である。

energy transfer

coefficient


33

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15086

709

30450

質量エネルギー転移
係数

エネルギー転移係数

を密度で割った値。記号

µ

tr

/

ρ  mass energy transfer

coefficient

15087

708

30452

質量エネルギー吸収
係数

質量エネルギー転移係数

µ

tr

/

ρ

と (1−g)  との積で与

えられる値。記号

µ

en

/

ρ

 

すなわち,

µtr/

ρ

を質量エネルギー転移係数とすると

(

)

g

tr

en

1

ρ

µ

ρ

µ

ここで,

g

は二次

荷電粒子

のエネルギーのうち

制動放

として失われる割合である。

mass energy absorption

coefficient

15088

阻止能

あるエネルギーの

荷電粒子

が物質を通過するとき,

その単位厚さ当たりに失う平均エネルギー。物質の厚

さとして経路の長さ又は面密度を用いることによっ

て,それぞれ線阻止能又は質量阻止能と呼ばれる。

stopping power

15089

1259

30453

全線阻止能

あるエネルギーの

荷電粒子

が物質を通過するとき,

適当に小さい径路要素に沿って失う粒子当たりの平

均エネルギーdE をその要素の長さ dl で割った値。記

号 S

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

dl

dE

S

備考 

エネルギー損失は衝突によるものと,放射

損失によるものとからなるため,全線阻止

能は

rad

col

dl

dE

dl

dE

S

÷

ø

ö

ç

è

æ

+

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

で表される。ここで  (dE/dl)

col

は線衝突

阻止能,  (dE/dl)

rad

は線放射阻止能である。

total linear stopping

power

15090

1256

全原子阻止能

荷電粒子

に対するある物質の

全線阻止能

を,その物

質の単位体積当たりの原子数で割った値。

total atomic stopping

power

15091

1260

30456

全質量阻止能

荷電粒子に対するある物質の全線阻止能 S を,物質の

密度

ρ

で割った値。

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

dl

dE

S

ρ

ρ

1

備考  原子核との相互作用が無視できるよう

なエネルギーの荷電粒子では,次の式で
与えられる。

rad

col

dl

dE

dl

dE

S

÷

ø

ö

ç

è

æ

+

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

ρ

ρ

ρ

1

1

ここで,

(dE/dl)

col

S

col

は線衝突阻止能,

(dE/dl)

rad

S

rad

は線放射阻止能であ

る。

total mass stopping

power

15092

 30454

線衝突阻止能

全線阻止能

の成分であって,

制動放射

によるエネル

ギー転移以外の,すべての

相互作用

に基づく阻止能。

linear collision

stopping power

15093

 30455

線放射阻止能

全線阻止能

の成分であって,

制動放射

によるエネル

ギー転移に基づく

阻止能

linear radiative

stopping power

15094

 30457

質量衝突阻止能

線衝突阻止能

をその物質の密度で割った値。

mass collision stopping

power


34

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15095

 30301

電離

原子

又は分子が

電子

を失うか,若しくは

電子

を得て

イオン

になる現象,又は分子が分裂して

イオン

とな

る現象。

ionization

15096

 30303

電離事象

1

個の

粒子

と物質との相互作用によって,1 個の

イオ

又は多数のイオンが生じること。

ionizing event

15097

1258

全電離

直接電離粒子

があらゆる過程によって生成したイオ

ン対の総数。

備考  イオン

対は,正及び負の

イオン

,又は正

イオン

電子

からなる。またイオン対

には,二次的な電離過程によって生成され

たものを含めることができる。

total ionization

15098

674

30302

比電離

ある与えられたエネルギーをもつ

直接電離粒子

が物

質中を通過するとき,その経路の単位長さ当たりに生

じるイオン対の平均数。

線電離 (linear ionization) ともいう。

備考 

15097

全電離”参照。

specific ionization

15099

221

接触電離

金属の仕事関数が,金属に接触する気体の

電離

エネル

ギーより高いとき,気体原子が

電離

する現象(正のラ

ングミュア効果)

備考 

この場合,同時に金属表面を熱電子放射が

起こるまで加熱すると,

電子

が放出され,

気体中の正

イオン

とともに,

高度にイオン

化しているが,低エネルギーの

プラズマ

を作り出す。

contact ionization

15100

 41858

飛跡

霧箱

原子核乳剤

などに見られる

荷電粒子

の通過経

路。これは

荷電粒子

が物質中を通過するときに生じ

イオン

によって作られる。

[ionization] track

15101

 30344

エッチピット

重い

荷電粒子

によって,プラスチックのような固体

表面にできた孔を光学顕微鏡で観測できるように,化

学的又は電気化学的に処理したもの。

etch pit

15102

飛程

荷電粒子

が物質中でその運動エネルギーを失うまで

に移動する距離。

range

15103

727

平均飛程

特定のエネルギーをもつ

荷電粒子

が,停止するまで

に物質中を移動する距離の平均。

備考  電子

の場合には,重い

荷電粒子

よりもず

っと広い範囲に終点が分布するため,この

用語は使用されないこともある。

mean range

15104

873

経路長

特定のエネルギーをもった一個の

荷電粒子

が,停止

するまでに物質中を移動する距離の全長。

path length

15105

1204

30486

面密度

物質の薄い層について,単位面積当たりの質量。

備考 

これはこの層の厚さを表す一つの尺度で

ある。

surface density


35

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15106

265

30442

断面積

入射

放射線

ターゲット粒子

又は粒子系との間の特

定の

相互作用

の確率を表す量で,この過程に対する

ターゲット粒子当たりの反応率を

入射

放射線

粒子

束密度

で割ったもの(ミクロ断面積)

備考1.

原子炉物理では,この用語は

ターゲッ

ト粒子

の特別な集合,

すなわち単位体積

当たり(

マクロ断面積

)又は単位質量

当たり,若しくは特定の物体に対して適

用される。

2.

とくに断らない限り断面積は

ミクロ断

面積

を指す。

cross section

15107

1257

全断面積

入射

放射線

と,特定の

ターゲット

との間に起こる

個々の

相互作用

に対する

断面積

(ミクロ断面積)の

総和。

total cross section

15108

吸収断面積

吸収

に対する

断面積

。ただし

散乱

は含まない。

absorption cross

section

15109

散乱断面積

散乱

に対する

断面積

scattering cross section

15110

810

弾性外断面積

弾性散乱

以外のすべての

断面積

の和。

備考 

弾性外散乱断面積は,

非弾性散乱断面積

とは別のものである。

nonelastic cross section

15111

弾性散乱断面積

弾性散乱

に対する

断面積

elastic scattering cross

section

15112

非弾性散乱断面積

非弾性散乱

に対する

断面積

inelastic scattering

cross section

15113

捕獲断面積

捕獲

に対する

断面積

capture cross section

15114

放射捕獲断面積

放射捕獲

に対する

断面積

radiative capture cross

section

15115

316

微分断面積

特定の方向又は特定のエネルギーをもつ

粒子

が放出

される

相互作用

について,単位立体角又は単位エネ

ルギー幅当たりの断面積。

differential cross

section

15116

44

角断面積

立体角に関する

微分断面積

angular cross section

15117

1159

スペクトル断面積

エネルギーに関する

微分断面積

spectral cross section

15118

360

二重微分断面積

立体角とエネルギーに関する

微分断面積

double differential

cross section

15119

18

放射化断面積

ある

核種

から特定の

放射性核種

を作る

核反応

面積

activation cross section

15120

494

形成断面積

核種

又は

複合核

を作る

断面積

備考 

同一の

核種

から異なる

核反応

によって,

異なる

核種

が作られるときに使われる。

formation cross section

15121

736

30444

ミクロ断面積

ターゲット

である

原子核

原子

などの 1 個当たりの

断面積

備考1.

ミクロ

断面積

は面積の次元をもち,

入射

粒子との相互作用を幾何学的に説明す

るならば,

ターゲット

粒子を入射粒子

の入射方向を法線とする面積として視

覚化することができる。

2.

普通バーンで表される。

microscopic cross

section


36

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15122

688

30445

マクロ断面積

与えられた物質の単位体積当たりの

断面積

備考1.

問題の過程に対する

平均自由行程

の逆

数。

2.

純粋な

核種

については,

ミクロ断面積

と単位体積当たりの

ターゲット

原子核

の数との積。また,幾つかの

核種

が混ざ

ったものであれば,この積の総和にな

る。

macroscopic cross

section

15123

724

30491

平均自由行程

与えられた媒質中において,特定の種類の

粒子

がある

種の

相互作用

を起こすまでに走行する平均距離。

備考1.

平均自由工程は,あらゆる

相互作用

(全

平均自由行程)について,又は

散乱

又は

電離

などの特別な相互作用につ

いて,定義することができる。

2.

マクロ断面積

の逆数に等しい。

mean free path

15124

1268

輸送断面積

実験室系で表した散乱角の平均余弦と

散乱断面積

積を

全断面積

から差し引いたもの。

transport cross section

15125

1271

輸送平均自由行程

マクロ

輸送断面積

の逆数。

transport mean free

path

15126

497

自由原子断面積

分子内又は結晶格子内にある

原子

結合エネルギ

,若しくは

原子

の運動エネルギーが,入射中性子の

運動エネルギーに比べて無視できるとき,これら原子

原子核

による中性子

散乱

断面積

free-atom cross section

15127

855

1/v

法則

ある種の中性子断面積が,

中性子

原子核

との相対

速度の逆数に比例すること。

1/v law

15128

1160

スペクトル硬化

吸収

漏れ

又は

散乱

によって低エネルギー領域の粒

子がより多く失われるため,粒子の平均エネルギーが

高くなること。

spectral hardening

15129

1186

30727

ストリーミング

媒質中に空洞又は減衰の少ない領域が存在するため,

ある特定の方向への

放射線

の透過が増加すること。

streaming,

channelling effect

15130

 30345

チャネリング

荷電粒子

に対する結晶固体の阻止能が,結晶軸の方

向に依存する現象。

channelling

15131

129

30497

ビルドアップ係数

媒質を通過する

放射線

に対し,

媒質内の任意の点にお

ける

放射線

の量の値と,

衝突を受けることなくその点

に到達したときの値との比。

build-up factor

15132

はじき出し

入射粒子との

弾性衝突

によって,格子点に静止して

いる原子の格子位置が変位すること。

knockout

15133

 30490

原子当たりの変位

はじき出しによって,変位した

原子

ターゲット

子当たりの数。

displacement per atom

15134

338

無鉄序化

原子

が,例えば

電離放射線

によって,結晶格子内の

それらの位置から変位したり,再配置したりする過

程。

disordering

15135

1293

空格子点

原子

又は

イオン

が,通常占めている場所が空になる

ことによって生じる点欠陥。

vacancy

15136

658

格子欠陥

固体結晶格子の

原子

又は

イオン

の配列における不連

続性。

備考 

点欠陥(空格子や格子間など)

,線欠陥(転

位など)

,面欠陥(双晶など)がある。

lattice defect


37

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

15137

614

格子内欠陥

結晶格子の正常な格子点の間に入り込んだ

原子

オン

が構成する点欠陥。その周りの格子に若干の変形

を起こす。

interstitial defect

15138

659

格子転位

固体の結晶格子における線欠陥の一種。

備考 

線欠陥の代表的なもので,表面では結晶格

子の滑りとして観察することができる。こ

の滑りは直線(転位線)に沿い結晶内で終

わる。

lattice dislocation

5.

核分裂

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

16001 467 

468 

471 

30126 

核分裂性核種

低速中性子によって核分裂を起こし得る核種。

備考  この用語は,例えば,ウラン 238 のよう

低速中性子による核分裂断面積が無

視できるほど小さい

核種には適用され

ない。

fissile nuclide

16002 483  30128 

核分裂可能核種

なんらかの過程によって

核分裂を起こすことので

きる

核種。

fissionable nuclide

16003 453  30124 

燃料親核種

中性子捕獲によって直接又は間接的に,核分裂性
核種に変換することができる核種。

fertile nuclide

16004 84   

二体核分裂

2

個の

核分裂片を生じる核分裂。 binary

fission

16005 1217  

三体核分裂

3

個の

核分裂片を生じる核分裂。まれに起こる現象

で,

核分裂片の一つは軽い原子核である。

ternary fission

16006 1169 30225 

自発核分裂

原子核が,外から粒子やエネルギーを加えなくと

核分裂を起こすこと。

spontaneous fission

16007  

誘発核分裂

中性子などの吸収によって引き起こされる核分
裂。

induced fission

16008 444  30264 

高速[中性子]核分裂  速中性子によって引き起こされる核分裂。

fast [neutron] fission

16009 1221 30263 

熱中性子核分裂

熱中性子によって引き起こされる核分裂。 thermal

[neutron]

fission

16010 882   

光核分裂

光子によって引き起こされる核分裂。 photo

fission

16011  

核分裂連鎖反応

核分裂性物質を含む系において,核分裂によって
放出された

中性子が次の核分裂を起こし,連鎖的

核分裂反応が持続される現象。

[nuclear] fission chain

reaction

16012 472  30438 

核分裂エネルギー

核分裂で放出されるエネルギーの総計,すなわち
核分裂の Q

値。

fission energy

16013 476  30251 

核分裂中性子

核分裂で放出され,その際に得た運動エネルギー
を維持している

中性子。

fission neutron

16014 932  30252 

即発中性子

核分裂中性子のうち,核分裂に伴い観測にかかる
ほどの時間的遅れなしに放出されるもの。

prompt neutron

16015 297  30253 

遅発中性子

核分裂中性子のうち,ある種の核分裂生成物の

β

変に伴って放出されるもの。

備考  中性子の放出それ自身は即発的である

が,観測される遅れは,先行する

β

放出

によるものである。

delayed neutron

16016 807   

核分裂当たりの中性
子収量

核分裂当たりに放出される核分裂中性子の平均
数。

遅発中性子を含む。因子ともいう。記号  v  

備考  この数は,吸収した中性子のエネルギー

の関数である。

neutron yield per

fission


38

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

16017 931   

即発

γ線

核分裂において,観測にかかるほどの時間的遅れ
なしに放出される

γ

線。

prompt gamma rays

16018 473  30133 

核分裂片

核分裂によって生じ,その際に得たエネルギーを
もっている

原子核。

fission fragment

16019 478   

核分裂生成物

核分裂によって直接生じる核種及びその放射性壊
変によって生じる核種。

fission product

16020 296   

[遅発中性子]先行核

β

壊変に続いて中性子を放出する核種。 delayed

neutron

precursor

16021 474   

核分裂[生成]気体

気体状の

核分裂生成物。 fission gas

16022 479  30439 

核分裂スペクトル

即発中性子のもつエネルギースペクトル。核分裂
可能核種の種類によって異なる。

備考  核分裂の即発

γ

線のもつエネルギースペ

クトルを指すこともある。

fission spectrum

16023 933   

即発中性子比率

核分裂当たりに生じる即発中性子の平均数の,全
核分裂中性子(即発中性子と遅発中性子の)数の
平均値に対する比。

prompt neutron

fraction

16024 295   

遅発中性子比率

核分裂当たりに生じる遅発中性子の平均数の,全
核分裂中性子(即発中性子と遅発中性子の)数の
平均値に対する比。

delayed neutron

fraction

16025 382   

実効遅発中性子比率

遅発中性子によって引き起こされる核分裂の平均
数の,

核分裂中性子によって引き起こされる核分

裂の平均数に対する比。

effective delayed

neutron fraction

16026 482  30440 

核分裂[生成物]収率  特定の核種,又は特定の質量数をもつ核分裂生成

物を生じるような核分裂の数の,全核分裂数に対
する比。

fission yield

16027 927  30441 

一次[核分裂]収率

核分裂によって直接生じ,

β

壊変又は

γ

壊変を起こ

していない特定の核種に対する

核分裂収率。独立

核分裂収率  (independent fission yield),又は直接核

分裂収率  (direct fission yield)  ともいう。

primary fission yield

16028 169   

鎖列[核分裂]収率

同じ

質量数をもつ核種を生じる一次収率の合計。  chain fission yield

16029 267   

累積[核分裂]収率

ある

核種を,特定の時間までに直接又は間接に生

じる核分裂の割合をいう。

備考  もし,時間が限定されなければ,この収

率は漸近的な値をとるものと考えられ
る。

cumulative fission

yield

16030  

核分裂断面積

核分裂に対する断面積。

fission cross section

16031  

核分裂のしきい値

核分裂を起こす核反応のしきいエネルギー。 fission

threshold,

threshold energy of

fission

16032 42   

α

放射捕獲断面積の,核分裂断面積に対する比。 alpha

ratio

6.

中性子

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

17001  

中性子ビーム

ほぼ一定の方向をもつ

中性子の流れ。 neutron

beam

17002 799   

中性子寿命

与えられた媒質において,

中性子の発生から吸収

又は

漏れによって消失するまでの時間の平均値。

neutron lifetime

17003 1297  

処女中性子

任意の線源から放出された

中性子で,一度も衝突

を起こしたことのないもの。

virgin neutrons


39

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

17004 466   

第一回衝突確率

ある与えられた場所から発生した

中性子が,特定

の領域内で,最初の衝突を行う確率。

first collision

probability

17005 446  30254 

[高]速中性子

ある特定の値より大きい運動エネルギーをもつ

性子。

備考  その値は炉物理,遮へい,線量測定など

の分野によって異なる。炉物理ではこの
値は普通 0.1MeV が選ばれる。

fast neutron

17006 609  30256 

中速中性子

運動エネルギーが

低速中性子と速中性子の間にあ

中性子。

備考  炉物理では,普通 1eV から 0.1MeV が選

ばれる。

intermediate neutron

17007 1133 30255 

低速中性子

ある特定の値よりも小さい運動エネルギーをもつ
中性子。

備考  その値は応用分野,例えば炉物理,遮へ

い,線量測定等の分野によって大きく異
なる。炉物理では,普通 1eV,線量測定

の分野ではサブカドミウム・カットオフ
である。

slow neutron

17008 418  30260 

熱外中性子

熱中性子よりもやや高いエネルギーをもつ中性
子。

備考  しばしばこの用語は,熱エネルギーより

すぐ上の,すなわち,化学結合のエネル

ギーに相当するエネルギーをもつ

中性

子に限って使われる。

epithermal neutron

17009 1224 30261 

熱中性子

周囲の媒質と熱平衡にある

中性子。 thermal

neutron

17010 1057 30257 

共鳴中性子

運動エネルギーが特定の

核種の共鳴エネルギー領

域にある中性子。

resonance neutron

17011 196   

冷中性子

数 meV 以下のエネルギーをもつ

中性子。

備考  このエネルギー範囲では,中性子が散乱

によってエネルギーを失う確率は極め
て小さい。

cold neutron

17012 1192 30259 

サブカドミウム中性

実効カドミウムカットオフよりも低い運動エネル
ギーをもつ

中性子。

subcadmium neutron

17013 416  30258 

エピカドミウム中性

実効カドミウムカットオフよりも高い運動エネル
ギーをもつ

中性子。

epicadmium neutron

17014 144   

カドミウム比

中性子検出器の測定値の,同じ条件のもとで特定
の厚さのカドミウムで覆った場合の測定値に対す

る比。

cadmium ratio

17015 271   

カットオフ[エネルギ
ー]

与えられた実験配置において,与えられた検出器

を包んでいる特定の吸収体の代わりに,あるエネ
ルギー以下の

中性子は通さず,それ以上のエネル

ギーの

中性子を通すような仮想のカバーで包み換

えた場合でも,測定値に変化がないという条件で
定まるエネルギー値をいう。

cutoff [energy]

17016 381   

実効カドミウムカッ
トオフ[エネルギー]

吸収体として十分な厚さのカドミウムを用いた場

合のカットオフエネルギー。

effctive cadmium

cutoff [energy]


40

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

17017 1063  

ρ

28

与えられたウラン燃料について,与えられた中性
子スペクトルにおいて特定のカドミウム・カット
オフ以上でのウラン 238 の

中性子捕獲数とそれ以

下のエネルギーでの

捕獲数との比。

備考  28 という数字は,原子番号 92 と問題の

同位体の質量数 238 の下一けた目の数
字を合成したものである。

rho 28

17018 786   

中性子吸収

中性子の相互作用の一つで,入射した中性子が,
自由粒子としては消失するもの。ただし,例えば
核分裂のように,1 個又は 2 個以上の中性子が他の
粒子と共に放出される場合も含まれる。

備考  散乱は,中性子吸収の一部とはみなさな

い。

neutron absorbtion

17019  

中性子捕獲

原子核による中性子の捕獲。普通中性子の放射捕
獲をさす。

neutron capture

17020 1052  

共鳴捕獲

共鳴エネルギー領域にある中性子の放射捕獲。 resonance

capture

17021  

散乱中性子

物質によって

散乱された中性子。 scattered

neutron

17022 798   

中性子硬化

中性子のスペクトル硬化。 neutron

hardening

17023 350   

ドップラーの広がり
(断面積の)

ターゲット粒子の熱運動によって,断面積の共鳴
のエネルギー幅が広がること。

Doppler broadening

17024 348   

ドップラ平均断面積

ターゲット粒子の熱運動の効果を考慮するため,
エネルギーについて適当な加重平均をした

断面

積。

備考  この操作で得られた平均断面積と実験

室系での

束密度との積をとると正確な

反応度が得られる。

Doppler-average cross

section

17025 787   

中性子吸収断面積

中性子吸収に対する断面積,すなわち全断面積と
散乱断面積との差。

neutron absorption

cross section

17026 1219  

熱中性子断面積

熱中性子との相互作用の断面積。

備考  熱中性子は状況(例えば,温度)が異な

ると,違ったエネルギー分布を示すの

で,これは厳密な用語ではない。このた

熱中性子断面積の値として,普通 2

200m/s

の速さの

中性子に対する断面積

が引用される。

thermal cross section

17027 113   

束縛原子断面積

分子や結晶中の原子による

中性子の散乱におい

て,

原子の結合エネルギーが中性子の運動エネル

ギーよりはなはだしく大きい場合の

散乱断面積。

記号

σ

bound

備考  自由原子断面積

σ

free

との間には

free

bound

M

m

M

σ

σ

÷

ø

ö

ç

è

æ

+

=

の関係がある。ここで 

原子の質

量,

中性子の質量である。

bound atom cross

section

17028 1043  

除去断面積

核分裂中性子源と,水素を含む厚い物質の間に挿
入された物質による実効

断面積。

備考  18105  群除去断面積”参照。厚い遮へ

い体について

速中性子フルエンスの緩

和距離の計算で使われる。

removal cross section


41

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

17029 388   

実効熱中性子断面積

特定の

相互作用についての仮想的断面積であっ

て,それに 2 200m/s

中性子束密度を掛けると正し

い反応率が得られる。ウェストコット

断面積とも

いう。

備考  この用語は普通十分に減速した系にお

ける

捕獲と核分裂に限って使われる。

effective thermal cross

section

17030 1309  

ウェストコット模型

単位エネルギー幅当たりの

中性子束密度を,熱中

性子についてはマクスウェル分布に従い,熱外中
性子はエネルギーに逆比例して変化すると仮定し
て,

実効熱中性子断面積を計算する方法。

備考  この模型によると,実効熱中性子断面積

σ

eff

は次式で与えられる。

σ

eff

σ

0

 (g

rs)

ここで,

σ

0

は 2 200m/s 断面積

g

はウェストコット g 因子

r

はウェストコット r 因子

s

はウェストコット s 因子である。

Westcott model

17031 1310  

ウェストコット 因子  ウェストコット模型において,熱中性子エネルギ

ー領域で

断面積が 1/法則から外れることを表す

因子。その値は,

中性子温度によって左右される。

Westcott g-factor

17032 1311  

ウェストコット 因子  ウェストコット模型において,熱外中性子の存在

を考慮するために導入された因子。

Westcott r-factor

17033 1312  

ウェストコット 因子  ウェストコット模型において,余剰共鳴積分の尺

度となる因子。その値は,

中性子温度によって左

右される。

Westcott s-factor

17034 35  30332 

アルベド(中性子の)  ある面を通ってある領域へ入った中性子が,同じ

面を通して戻ってくる確率。

albedo

17035 315   

微分アルベド

表面から,特定の方向に反射される入射

放射線の

割合。

differential albedo

17036 354   

線量アルベド

ある表面に入射する

放射線について,入射放射線

の線量に対する表面で反射される

放射線の線量の

比。

dose albedo

17037 317   

微分線量アルベド

ある方向に反射される

放射線についての線量アル

ベド。

differential dose albedo

17038 723   

最大反射

仮想的な非吸収の無限反射体に囲まれている

中性

子増倍系での中性子の全反射。

maximum reflection

17039 784 

785 

30740 

中性子吸収体

中性子をよく吸収し,新たに中性子を発生するこ
とも少ない物又は材料。中性子吸収材ともいう。

neutron absorber

17040 1044  

除去拡散理論

放射線

遮へい体における中性子の減衰の計算に用

いられる理論であって,まず第 1 回衝突

中性子の

線源が

除去断面積によって決定され,次に中性子

束密度を拡散理論によって計算するという二つの
段階から成り立っている。

removal-diffusion

theory


42

Z 4001 : 1999

7.

炉物理

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18001 792 30427 

中性子密度

原子核に束縛されていない状態の中性子(自由中
性子)の単位体積当たりの数。

備考  エネルギーと方向のようなパラメータ

によって,部分密度を定義することがで

きる。

neutron [number]

density

18002   

中性子束密度

中性子の粒子束密度。中性子フルエンス率に同じ。  neutron flux density

18003 45  

角粒子束密度

立体角に関する微分

粒子束密度。

angular particle flux

density

18004 1161  

スペクトル粒子束密

エネルギーに関する微分

粒子束密度。

spectral particle flux

density

18005 801 30426 

中性子流密度

ベクトル量であって,ある点におけるある面の法

線方向に対するその成分が,その面を正の方向に
通過する

粒子の,単位面積,単位時間当たりの正

味の数に等しい。

neutron current density

18006 206  

衝突密度

中性子と原子核との毎秒単位体積当たりの衝突
数。衝突する中性子のもつエネルギーの単位幅当

たりで示すこともある。

collision density

18007 533 30534 

幾何学的バックリン

例えば

炉心のような集合体の形と外形寸法とに依

存するパラメータ。記号  B

2

g

備考1.  裸の原子炉では,中性子束密度

φ

が集

合体の

補外境界でゼロであるという

条件の下で,式

2

φ

B

2

φ

=0

の最低固有値である。

2.

臨界状態にある裸の原子炉では材料
バックリングに等しい。

geometric buckling

18008 715 30533 

材料バックリング

媒質を構成する材料とその配置の関数であって,

その媒質のもつ

増倍特性のめやすとなるようなパ

ラメータ。記号  B

2

m

備考1.  年齢拡散理論では,B

2

m

は次の式を満

たす B

2

の値である。

k

e

B2

τ

=1+L

2

B

2

ここで,k

τ,はそれぞれ,中

性子の無限増倍率,年齢,拡散距離で
ある。

2.

臨界状態にある裸の原子炉では幾何
学的バックリングに等しい。

material buckling

18009 805  

中性子温度

中性子スペクトルがマクスウェル分布によって表
現できる場合,その分布式中の温度。

neutron temperature

18010 790 30514 

中性子サイクル

原子炉内で核分裂によって生じた中性子が減速,
拡散し,吸収され,再び核分裂によって中性子が
生まれる一連の過程。

neutron cycle

18011 1051  

共鳴吸収

共鳴エネルギー領域にある中性子の吸収。 resonance

absorption

18012 865  

寄生捕獲

核分裂を起こさない過程,又はその他の望まない
過程による

中性子吸収。

parasitic capture

18013 92  

黒い

物体又は媒質が,特定のエネルギーをもつ

中性子

の入射に対し,すべての

中性子を効率的に吸収で

きることを表す言葉。

black


43

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18014 543  

グレイ

物体又は媒質が,特定のエネルギーをもつ

中性子

の入射に対し,すべてではないが,かなりの割合

中性子を吸収することを表す言葉。

gray

18015 530 30513 

世代時間

核分裂によって生じた中性子が,次の核分裂を引
き起こすまでに要する平均時間。

generation time

18016 1231  

熱化

中性子と,それが存在する媒質との間に熱平衡が
成り立つこと。

thermalization

18017 753 30330 

減速

中性子の運動エネルギーが,原子核などとの散乱
によって,ほとんど

捕獲されることなしに減少す

ること。

moderation,

slowing down

18018 1285  

低減速

中性子増倍系の減速材対燃料体積比が,特定の複
数の

原子炉パラメータを極値にする値より,小さ

い場合をいう。

undermoderated

18019 862  

過減速

中性子増倍系の減速材対燃料体積比が,特定の複
数の

原子炉パラメータを極値にする値より,大き

い場合をいう。

overmoderated

18020 1308  

適度減速

存在する

中性子の大部分がマクスウェル分布に属

し,そのスペクトルの低エネルギー部分もマクス

ウェル分布で近似できるような減速材対燃料の体
積比をもつ

中性子増倍系をいう。

well-moderated

18021 1290  

加速散乱

中性子がエネルギーを得る散乱。 upscattering

18022 1319  

ウィグナー・ウィルキ
ンスの方法

水素を含む媒質内の

熱中性子スペクトルを計算す

る方法の一つ。この媒質が,自由水素原子からな

る気体と仮定する。

Wigner

−Wilkins

method

18023 498  

自由ガス模型

中性子の減速が,自由水素原子からなる気体によ
って行われるとする

ウィグナー・ウィルキンスの

方法の仮定。

free-gas model

18024 793 30331 

中性子拡散

媒質中の

中性子が原子核との衝突を繰り返すうち

に,

中性子密度の高い所から低い所へ中性子の移

動が生じる現象。

neutron diffusion

18025 455  

フィックの法則

ある方向についての

中性子流密度が,中性子束密

度のその方向に対する負の勾配に比例する,とい
う法則。

備考1.  この比例定数が,中性子束密度の拡散

係数である。

2.

この法則は初等

拡散理論の基礎であ

る。

Fick's law

18026 326  

拡散冷却

有限の大きさの集合体中を

中性子が拡散すると

き,エネルギーの高い

中性子ほど外へ漏れやすい

ため,集合体の中に存在する

中性子の平均エネル

ギーが低くなる現象。

diffusion cooling

18027 328  

拡散加熱

ある集合体中を

拡散する中性子の平均エネルギー

が,外部の

中性子源から高いエネルギーの中性子

が優先して

拡散してきたり,スペクトル硬化が起

こるため,高くなる現象。

diffusion heating

18028 61 30509 

平均エネルギー対数
減少

中性子に比べて無視できるほどの運動エネルギー
をもつ

原子核によって中性子が弾性散乱される場

合,1 回の衝突で失われる

中性子の運動エネルギー

の自然対数の平均値。

average logarithmic

energy decrement


44

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18029 665 30508 

レサジー

中性子のあるエネルギー値に対する,ある基準と
して選んだエネルギー値の比の自然対数。

lethargy

18030 1137 30503 

減速距離

減速面積の平方根。減速している中性子の空間移
動の程度を示すもの。

slowing-down length

18031 1135  

減速密度

与えられたエネルギー値を通過して

減速する中性

子の単位体積,単位時間当たりの数。

slowing-down density

18032 1134 30502 

減速面積

無限均質媒質において,

中性子が発生した点から

特定のエネルギーに

減速する点までの直線距離の

二乗平均値の 1/6。

slowing-down area

18033 1138 30510 

減速能

媒質のもつ

減速の能力を示すものであって,平均

エネルギー対数減少とマクロ

散乱断面積との積。

slowing-down power

18034 752  

減速比

媒質のもつ

減速特性を示すものであって,減速能

の,

熱中性子マクロ吸収断面積に対する比。

moderating ratio

18035 322 30504 

拡散面積

無限均質媒質において,

粒子が拡散し始めてから

吸収されるまでに移動する直線距離の二乗平均値
の 1/6。

diffusion area

18036 329 30505 

拡散距離

拡散面積の平方根。拡散している中性子の空間移
動の程度を示すもの。

diffusion length

18037 737 30506 

移動面積

熱中性子になるまでの減速面積と拡散面積の和。 migration

area

18038 738 30507 

移動距離

移動面積の平方根。中性子が減速し拡散する間の
空間移動の程度を示すもの。

migration length

18039 496  

四因子公式

熱中性子炉の無限増倍率 k

の計算に用いる式。以

下に示す四つの因子の積で表される。

中性子吸収

当たりの中性子収量:

η

高速核分裂係数:

ε

鳴を逃れる確率:p,熱中性子利用率:f

ε

η

fp

k

=

four factor formula

18040 806 30538 

吸収当たりの中性子
収量

核分裂性核種又は核燃料が吸収する中性子当たり
に,放出される

核分裂中性子(遅発中性子を含む)

の平均数。

η

因子 (eta factor) ともいう。記号

η

備考  この量は,吸収される中性子のエネルギ

ーの関数である。

neutron yield per

absorption

18041 445 30539 

高速[中性子]核分裂
係数

無限媒質において,全

中性子による核分裂から生

じる平均中性子数の,

熱中性子核分裂だけから生

じる平均中性子数に対する比。記号

ε

fast fission factor

18042 1230  

熱中性子利用率

無限媒質において,

核分裂性核種又は核燃料に吸

収される

熱中性子の数の,全吸収熱中性子数に対

する比。記号 f

thermal utilization

factor

18043 1055  

共鳴を逃れる確率

無限媒質において,

減速中の中性子が吸収される

ことなしに

共鳴エネルギー領域の全区間又は特定

の区間を通過する確率。記号 p

resonance escape

probability

18044 662  

漏れ(中性子の)

原子炉のある領域から,その境界を通して出て行
き戻ってこない

中性子。

neutron leakage

18045 812  

漏れない確率

原子炉中の中性子が漏れ出ない確率。

備考  全中性子又は特定のエネルギー群の中

性子に対して使うことができる。

non-leakage

probability

18046 794 

795 

30515 

中性子経済

中性子が漏れや無駄な吸収を逃れて有効に利用さ
れること。

備考  原子炉内の中性子の生成と消失に対す

る詳しい計算をいうこともある。

neutron economy


45

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18047 1059  

共鳴領域

中性子のエネルギー区分で,この領域では核種の
中性子断面積は共鳴エネルギー準位のために極大
値を示す。

resonance region

18048 1056  

共鳴積分

核種の吸収断面積

σ

a

を中性子エネルギーE で割っ

た値を,

共鳴エネルギー領域の全区間又は特定の

区間にわたって積分したもので,次の式で与えら
れる。

ò

=

2

1

E

E

a

E

dE

I

σ

ここで,E

1

E

2

はそれぞれエネルギー区間の下限と

上限である。

備考1.  この用語は捕獲,核分裂,放射化など

の反応に対しても使うことができる。

2.

この用語は

余剰共鳴積分と混同すべ

きではない。

resonance integral

18049 417  

エピカドミウム共鳴
積分

共鳴積分において,積分の下限として実効カドミ
ウム・カットオフをとるもの。

epicadmium resonance

integral

18050 387  

実効共鳴積分

共鳴積分において,吸収断面積を実効断面積で置
き換えたものであって,

中性子束密度が中性子エ

ネルギーに逆比例して変化しない場合,実際の反

応率を与える。

effective resonance

integral

18051 424  

余剰共鳴積分

共鳴積分において,吸収断面積から中性子の速さ
に比例して変化する部分を除いて積分するもの。

excess resonance

integral

18052 278  

ダンコフ補正

原子炉

セル内の中性子収支の計算に使われる補

正。近くに他の

燃料要素又は燃料集合体が存在す

るような燃料要素又は燃料集合体の

共鳴積分を求

めるため,それらの要素又は集合体が孤立してい
る場合の

共鳴積分に施すものである。

Dancoff correction

18053 644 30528 

繰返し核分裂期待値

臨界状態にある原子炉において,与えられた 1 個

中性子から幾つもの世代を経た後に,その子孫

中性子が起こす核分裂数の一世代当たりの平均

核分裂数。繰返し核分裂確率ともいう。

iterated fission

expectation

18054 299  

δ28

あるウラン燃料について,与えられたスペクトル

中性子によって起こるウラン 238 の総核分裂数

の,

熱中性子によって起こるウラン 235 の核分裂

数に対する比。

備考1.  実用的には,

δ

28

はしばしばウラン238

の総

核分裂数のウラン235の総核分裂

数に対する比に等しいとする。

2. 28

という数字は,原子番号 92 と問題

同位体の質量数 238 の下一けた目

の数字を合成したものである。

delta 28

18055 800 30329 

中性子の増倍

核分裂可能核種を含む媒質において,中性子が捕
獲されたとき,平均して一個以上の中性子が新た
に作り出されること。

neutron multiplication

18056  

30712 

中性子増倍系

中性子の増倍が行われ,核分裂連鎖反応を起こす
ことのできる媒質。増倍性媒質ともいう。

neutron multiplying

system,

multiplying medium

18057 768  

増倍性

中性子による誘発核分裂反応を維持することがで
きることをいう。

multiplying


46

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18058 767 30535 

[中性子]増倍率

中性子増倍系において,ある時間の間に生じた中
性子数(核分裂の発生と無関係な中性子源からの
中性子を除く)の,吸収と漏れによって失われた

中性子数に対する比。記号  k

[neutron]

mulitplication factor,

[neutron]

multiplication

constant

18059 591 30536 

無限増倍率

無限大の媒質,又は無限に続く格子からなる媒質
に対する

増倍率。記号 k

infinite multiplication

factor,

infinite multiplication

constant

18060 364  

倍加時間 
(中性子密度の)

中性子束密度が増大する原子炉において,中性子
束密度が 2 倍になるまでの所要時間。

doubling time

18061 251  

臨界

核分裂連鎖反応が増大も減衰もせず維持される状
態,すなわち,中性子増倍率が 1 に等しい状態。

critical

18062 679  

局所臨界

炉心の一部が,臨界になること。 local

criticality

18063 536  

全炉心臨界

炉心全体が,臨界になること。 global

criticality

18064 1200  

臨界超過

核分裂連鎖反応が時間とともに増大する状態,す
なわち

実効増倍率が 1 より大きい状態。超臨界と

もいう。

supercritical

18065 1195  

未臨界

核分裂連鎖反応が,外からの中性子供給なしでは
維持できない状態,すなわち,

実効増倍率が 1 よ

り小さい状態。臨界未満ともいう。

subcritical

18066 264  

臨界遷移

未臨界から,臨界超過へ移行すること。 criticality

transition

18067 930 30521 

即発臨界

遅発中性子にたよることなく,即発中性子の働き
だけで臨界が達成される状態。

prompt critical

18068 294 30520 

遅発臨界

18061  臨界”に同じ。

備考  この用語は,臨界状態を維持するのに遅

発中性子が必要なことを強調するため
に用いられる。

delayed critical

18069 51  

臨界近接

未臨界状態にある原子炉又は臨界集合体におい
て,パラメータのひとつを少しずつ変化させるこ

とによって,系の反応度を徐々に増すこと。

備考  系を臨界にする,このパラメータの安全

な予想値は補外によって得られる。

critical approach,

approach to criticality

18070 253 30523 

臨界方程式

臨界にある場合に満たすべき,その体系のもつ諸
パラメータ間の関係式。

critical equation

18071 1197 30530 

未臨界増倍率

中性子源をもつ未臨界集合体において,体系中の

中性子数の,中性子源だけによって存在する全

中性子数に対する比。

subcritical

multiplication factor

18072 257 30524 

臨界[質]量

特定の幾何学的配置と材料構成のもとで,体系を
臨界にするのに必要な核分裂性物質の最小質量。

critical mass

18073 259 30525 

臨界の大きさ

特定の幾何学的配置と材料構成のもとで,

臨界に

達するのに必要な最小の体系の大きさ。

critical size

18074 261  

臨界体積

臨界の大きさに相当する体積。 critical

volume

18075 262  

臨界条件

媒質が

臨界,すなわち 1 に等しい実効増倍率をもつ

条件。

criticality

18076 745  

最小臨界質量

ある

核分裂性物質について,幾何学的配置,材料

組成,減速物質,及び反射物質に関係なく,とに
かく

臨界を達成し得る最小の質量。

minimum critical mass


47

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18077 746  

最小臨界体積

ある

核分裂性物質,又はこの核分裂性物質と他の

物質との混合物について,幾何学的配置,材料組
成,減速物質,及び反射物質に関係なく,とにか

く臨界を達成し得る最小の体積。

minimum critical

volume

18078 254 30522 

臨界実験

ゆっくりと

臨界にすることができる,原子炉材料

の集合体によって行われる試験又は一連の試験
で,

原子炉特性の決定を目的とするもの。

備考  この試験は通常極めて低い出力で行わ

れる。

criticalexperiment

18079 1032  

反射体による節約

裸の

原子炉に,与えられた反射体を取り付けると

き,反応度を変えることなしに得られる特定方向

の炉心寸法の減少。

備考  この用語はまた臨界量の減少に対して

も用いられる。

reflector saving

18080 439 30563 

補外境界

集合体の外側に仮想される面であって,その集合
体までの距離がすべての点で,

補外距離に等しい

もの。

extrapolation boundary

18081 440  

補外距離

中性子輸送の

一群理論において,媒質の外側の中

性子束密度が仮に媒質内と同じ関数で表されると
した場合,媒質境界から漸近

中性子束密度がゼロ

になる点までの距離をいう。

備考  漸近的中性子束密度とは,境界面や局所

的な

中性子源及び局所的な吸収体から

離れた場所での

中性子束密度をいう。

extrapolation distance

18082 672  

直線補外距離

中性子輸送の

一群理論において,媒質境界での漸

中性子束密度の接線がゼロになる点までの媒質

境界からの距離をいう。

備考  漸近中性子束密度とは,境界面や局所的

中性子源及び局所的な吸収体から離

れた場所での

中性子束密度をいう。

linear extraporation

distance,

augmentation distance

18083 330  

拡散理論

粒子(例えば中性子)の流れの強さが,粒子束密
度の勾配に比例するとして,媒質中の粒子の分布
などを扱う近似理論。

diffusion theory

18084 327  

拡散方程式

拡散理論によって,粒子の分布を記述する微分方
程式。

diffusion equation

18085 325  

拡散係数(中性子数密
度の)

中性子流密度と,中性子密度の負の勾配との間の
比例係数。

diffusion coefficient

for neutron number

density

18086 324 30436 

拡散係数(中性子束密
度の)

中性子流密度と,中性子束密度の負の勾配との間
の比例係数。

diffusion coefficient

for neutron flux

density

18087 452  

フェルミの年齢理論

中性子の減速理論の一つであって,減速過程が連
続的であり,かつ

中性子の空間的移動が拡散理論

によって取り扱えるという仮定を基礎にしてい
る。

Fermi age theory


48

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18088 34  

年齢

等方

中性子源について,エネルギーをもつ中性子

束密度の規格化された 2 次の空間モーメントの 1/6
(束年齢)

,又はエネルギーをよぎる中性子

減速

密度の規格化された 2 次の空間モーメントの 1/6
(減速年齢)をいう。 
すなわち

( )

( )

( )

ò

ò

=

0

2

0

2

2

,

,

6

1

dr

r

r

E

f

dr

r

r

E

f

r

E

τ

  ここで,

r

中性子線源からの径方向の距離,f (E,

r)

は,中性子束年齢の場合には中性子束密度,ま

た,減速年齢の場合には

減速密度を用いる。

備考  減速にフェルミの年齢理論を適用する

場合,年齢をフェルミ年齢といい,その
値は(単色エネルギーE

0

をもつ中性子源

に対して)次の式で与えられる。

(

)

( )

( )

E

dE

E

E

D

E

E

E

E

S

å

=

ò

0

0

,

ξ

τ

φ

ここで,は中性子エネルギー,D

φ

は中性子束密

度に関する拡散係数,

ξは平均エネルギー,

Σ

s

はマ

クロ弾性散乱断面積である。

age

18089 451  

フェルミの年齢方程

フェルミの年齢理論において,減速密度と場所と
の関係を表す式をいう。

備考  吸収がない場合には,普通次の式で表さ

れる。

τ

=

q

q

2

ここで,

減速密度,

τは年齢である。

Fermi age equation

18090 1272  

輸送理論

媒質中の

中性子又は

γ

線の振る舞いを線形ボルツ

マン方程式によって扱う理論。

transport theory

18091 1269  

輸送方程式

輸送理論において,微分粒子束密度の空間及び時
間変化を記述する線形のボルツマン方程式。

transport equation

18092 30  

有利係数

ある

放射線の量について,それが増大作用を受け

る場所での値と,基準とする場所での値との比。

advantage factor

18093 335 30517 

不利係数

原子炉セルにおいて,ある物質中の平均中性子束
密度と燃料中の平均中性子束密度の比。

備考  通常この用語は減速材と熱中性子束密

度に関するものである。

disadvantage factor

18094 579 30527 

インポータンス関数

臨界体系において,ある位置と速度をもつ 1 個の
中性子につき,その子孫に当たる中性子の総数の
平均数。

importance function

18095 1037 30526 

相対インポータンス

ある位置と速度をもつ(タイプ A の)

中性子を除

いた後,一定の

連鎖反応率を保つため臨界体系に

加えるべき,与えられた位置と速度をもつ(タイ
プ B の)

中性子の平均数。

relative importance

18096 27  

随伴中性子束

随伴

拡散方程式又は随伴輸送方程式の解。

備考  臨界体系では,インポータンス関数に比

例する。

adjoint flux


49

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18097 1113  

シャドウ

近くに吸収体があるために生じる

粒子束密度の局

所的減少。

備考  原子炉理論では,ある吸収体内での中性

子吸収が,近くにある他の吸収体のため
に減少することをいう。

shadowing

18098 796 30511 

中性子エネルギー群

中性子を,そのエネルギーによって幾つかに組み
分けしたとき,その組の一つをいう。

備考  各グループは,それに属する中性子の特

性に対する実効値を指定することがで
きる。

neutron energy group

18099   

群定数

多群理論において,中性子エネルギー群ごとに定
めた

断面積などの特性値。

group constant

18100 765 30512 

多群模型

中性子の集団を有限個の中性子エネルギー群に分
けて扱う模型。

multigroup model

18101 766  

多群理論

多群模型を用いる中性子輸送理論。 multigroup

theory

18102 856  

一群理論

中性子のエネルギーを区別せず一つのエネルギー
群として取り扱う

中性子輸送理論。

one-group theory

18103 1280  

二群理論

多群理論の最も簡単な方法で,中性子のエネルギ
ーを二つの群に分けて取り扱う近似法。

two-group theory

18104 544  

群断面積

ある

中性子エネルギー群の中性子に対する重みつ

き平均

断面積。

group cross section

18105 545  

群除去断面積

中性子エネルギー群を特徴づける重みつき平均断
面積であって,過程の種類に関係なく,それぞれ
の群からの

中性子の除去を表すもの。

group removal cross

section

18106 546  

群間移動散乱断面積

中性子エネルギー群を特徴づける重みつき平均断
面積であって,特定のエネルギー群から他の群へ

散乱による中性子の移動を与える。

備考  この断面積は群間移動散乱行列の一つ

の要素である。

group transfer

scattering cross

section

18107 162 30714 

セル(炉心の)

非均質炉が,同じ材料組成と同じ形状をもつ領域
を最小単位として構成されているとき,その構成

単位をいう。

cell

18108  30715 

[炉心]格子

非均質炉において,燃料要素や減速材などを規則
的なパターンに従って配列したもの。

reactor lattice

18109 687  

マクロ的

一つの

原子炉セルについて平均した局所的な変動

をもつ

原子炉パラメータ(例えば,中性子密度)

の全体的な分布について述べるときに用いる形容
詞。

macroscopic

18110 735  

ミクロ的

一つの

原子炉セル内の格子パラメータ(例えば,

中性子密度)の局所的変動について述べるときに
用いる形容詞。

microscopic

18111 163  

セル補正因子

原子炉パラメータを計算するとき,実際の原子炉
セルの形を理想化したことに対する影響を補正す
る因子。

cell correction factor

18112 1199 

スーパーセル

機能の異なる要素からなる

炉心格子。例えば,沸

騰水炉でいえば,周囲に燃料バンドルをもつ制御
棒をいう。

super cell

18113 463  

詳細構造

原子炉セル内での原子炉量(例えば,中性子束密
度)のミクロ的小変化。

fine structure


50

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18114 891  

ピッチ

非均質炉の格子において,隣り合うセルの中心間
の距離。

pitch (of a reactor

lattices)

18115 1066  

ロツシ

α

遅発中性子が放出されない場合における原子炉時
定数の逆数。

Rossi alpha

18116 1067  

ロツシ

α

非常に低い出力で運転されている

原子炉内に置か

れた中性子検出器の信号出力パルス間隔からロッ

α

を求める方法。

Rossi-alpha method

18117 433 30531 

指数関数実験

原子炉の構成材料からなる臨界集合体と,独立し

中性子源とを使用して行われる実験であって,

その構成のもつ

中性子特性を知るのに用いられ

る。通常の位置に

中性子源を置いた場合(すなわ

ち,立方体形集合体の一つの面又は円筒集合体の
端面を通して,

熱中性子が流れ込む場合),集合体

中の

中性子束密度は中性子源側の境界面からの距

離に応じて指数関数的に減少する。

exponential experiment

18118 1087  

散乱核

輸送方程式の散乱積分で用いられる関数であっ
て,散乱によって粒子がエネルギーと運動方向に
ついて特定の値をもつ確率を表すもの。

備考  散乱核は散乱の微分断面積に密接に関

連する。

scattering kernel

18119 1136  

減速核

均一な媒質において,一個の

中性子がある場所か

ら他の場所へ移動し,その間にあるエネルギー範
囲を通って

減速する単位体積当たりの確率を与え

る関数。

slow-down kernel

18120 779  

ネルキンの模型

原子の振動モード及び束縛回転モードに対する近
似的な表現を用いて,水中での

熱中性子の散乱核

を求めるためのモデル。

Nelkin's model

18121 879  

摂動理論

原子炉系などにおける一つ以上の量が,ある基準
状態から小さく変化した場合,その系に起こる応

答を計算する方法。

備考  この方法は応答が小さい場合だけ有効

である。

perturbation theory

18122 155  

カールソンの Sn 

輸送方程式の近似解法の一つ。立体角を N 個のセ
グメントに分割し,微分

粒子束密度をこれら N 個

の方向の

粒子束密度の値の線形結合として近似す

る方法。

Carlson Sn method

18123 1165  

球面調和関数法

輸送方程式の近似解法の一つ。微分粒子束密度の
角度分布を球面調和関数で展開する方法。

備考  展開を N+1 項(次調和関数)までと

る場合,P

n

近似と呼ばれる。

spherical harmonics

method

18124 361  

二重球面調和関数法

球面調和関数法を用いる

輸送方程式の近似解法の

一つ。微分

粒子束密度の角度依存を前方及び後方

の二方向について展開することを基礎にする。イ

ボンの方法 (Yvon's method) ともいう。

備考  この方法は,境界で,中性子の特性が著

しく変化する場合によく使われる。

double spherical

harmonics method


51

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

18125 760  

モーメント法

粒子束密度の空間モーメントを決めるために輸送
方程式を用い,

中性子又は

γ

線の減衰を計算する方

法。

備考  この方法は主に,無限均質媒質に応用さ

れる。

moments method

18126 904  

点積分核法

線源が多数の点状源から構成されていると仮定
し,媒質内での

γ

線の減衰を計算する方法(中性子

に対する計算でも使われることがある。

備考  線減衰係数

µの媒質内に存在する等方点

線源から,だけ離れた場所での

中性子

束密度は

2

r

e

r

π

µ

に比例するものと仮定する。

point-kernel method

18127 615  

不変量埋込み法

輸送理論において,体系内の中性子密度の詳細な
記述を与えることなしに,

(例えば,体系の反射係

数の)積分パラメータを与える数学的手法。

invariant imbedding

18128 763  

モンテカルロ法

確率変数の数学的理論を応用して,多数の基本現

象の推移を決定し,

中性子の輸送などの物理的問

題を解く手段。

Monte Carlo method

18129 603  

積分実験

系のパラメータや過程についての個々の効果(微

分効果)ではなく,総合的な効果(積分効果)に
ついての情報をもたらす実験。

integral experiment

8.

放射線化学・放射化学

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

19001 816  

核化学

化学的方法を用い

原子核及び核反応を研究する化

学の一分野。

備考  国によっては,核科学の化学的側面を扱

う化学の一部を含めるなど,もっと広い
意味で使われている。

nuclear chemistry

19002 985  

放射化学

放射性物質に関連する諸問題を扱う化学の一分
野。

備考  照射による放射性核種やその化合物の

製造,

自然放射性核種を含む化合物の製

造,原子力研究への化学技術の応用,化

学的問題解決への

放射能の利用も含ま

れる。

radiochemistry

19003 955  

放射線化学

物質に対する

電離放射線の化学的効果を扱う化学

の一分野。

備考  普通,可視光線や紫外線を扱わない。

radiation chemistry

19004 179  

放射線化学的

核放射線が誘発する化学過程に関連することを意
味する形容詞。

chemonuclear

19005 994 

995 

放射線分析

電離放射線の検出に基礎をおく測定技術。 radiometry

19006 984  

放射化学的純度

試料中のある

放射性核種が,特定の化学形(特定

の化合物,結合位置,イオン状態など)で存在す
る割合。

radiochemical purity


52

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

19007   

放射性核種純度

着目する

放射性核種(娘核種を含む)の放射能が,

その物質の全

放射能に占める割合。

radionuclidic purity

19008 977  

放射能純度

19007  放射性核種純度”に同じ。 radioactive

purity

19009 565  

ホットアトム

放射性壊変又は核反応などの結果,励起状態にあ

原子又は周囲の熱エネルギーレベルよりも高い

運動エネルギーをもつ

原子。

hot atom

19010   

ホットアトム化学

ホットアトムの性質,化学反応及びその応用を扱
う化学の一分野。

hot atom chemistry

19011   

ホットアトム効果

ホットアトムによる物理的,化学的効果。反跳原
子の移動,化学結合の切断,酸化状態の変化,他

の分子中の原子との置換などが起こる。

hot atom effect

19012   

ラジオコロイド

溶液中に極低濃度で含まれ,コロイド粒子のよう

な挙動を示す

放射性物質。

radiocolloid

19013 739  

ミルキング

短寿命核種を得る方法であって,長半減期の先行
核の放射性壊変で生成するこの核種をある時間た
めておいてから分離するもの。

milking

19014   

ラジカル

不対

電子をもつ原子又は分子。遊離基ともいう。 [free]

radical

19015   

スカベンジャ

1.

放射線化学においては,ラジカルや自由電子
を捕らえるために加える物質。

2.

放射化学においては,吸着又は共沈によって,
溶液からある

放射性核種を除去するために加

える物質。

scavenger

19016   

ラジカルスカベンジ

放射線化学などにおいて,ラジカルを捕捉若しく
は除去するために反応系に加えられる,

ラジカル

に親和性のある物質。

radical scavenger

19017   

電子捕捉剤

放射線化学などにおいて,電子を捕捉するために
反応系に加えられる,

電子に親和性のある物質。

electron scavenger

19018 641  

同位体交換

二つの異なった分子の間,又は一つの分子内での
異なる位置の間での二つの

同位体原子の交換。

isotope exchange,

isotopic exchange

19019   

同位体平衡

同位体交換において,2 種類の異なった分子間での
同位体の割合が定まった値に達している状態。

isotope equilibrium

19020   

同位体効果

同位体の質量の相違によって生じる物理的,化学
的効果。

isotope effect

19021 633  

異性体分離

核異性体転移による原子又は分子の励起が起こす
化学変化を利用し,ある核種と核異性体

先行核と

を化学的に分離すること。

isomeric separation

19022 156  

担体

微量物質に加えられる適当な量の物質で,微量物

質はこの添加物質とともに定まった化学又は物理
過程をたどることになる。

carrier

19023   

保持担体

放射性物質を沈殿・分離するとき,溶液にとどめ
ておく

放射性核種の共沈を阻止するために加える

担体。

hold-back carrier

19024   

無担体

放射性核種が,同位体を伴わないで存在している
状態。

carrier-free

19025   

放射線分解

物質が

放射線によって化学分解すること。 radiolysis

19026   

水和電子

水中に生成した自由

電子が,水分子の双極子の作

用によって一時的に水分子に束縛されたもの。

hydrated electron


53

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

19027 523  

G

電離放射線の照射を受けた物質系において,100eV
のエネルギー吸収当たりに生成又は分解する特定
の分子などの個数。放射線化学収率ともいう。

備考  例えば,特別な分子における架橋の生

成,フリーラジカルの生成などの化学変
化である。

G-value

III.

原子力安全

1.

原子力安全一般

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

20001 840 30802 

原子力安全

放射能汚染,電離放射線被ばく,臨界事故などの
有害な影響から人間と資産を守ること。

備考  国によっては,電離放射線に X 線発生

装置からの X 線を含めない。

nuclear safety

20002   

セーフティカルチャ

安全を何よりも重要視しなければならないという

考え方,及びこの考え方に立って,組織や個人が
安全確保のために行う諸活動とその成果。安全文
化ともいう。

safety culture

20003   

明りょうな安全性

明白で容易に理解できる安全性。このことは通常,
単純明快な設計概念や固有安全性によってもたら
される。

transparent safety

20004   

多重性

ある機能を確実に果たすため,同一又は同等の系
統を二つ以上設けること。

redundancy

20005  41955 

冗長度(手段の)

ある機器において,所要の機能を果たすために二
つ以上の手段が存在すること。

redundancy (of means)

20006   

多様性

ある機能を果たす複数の機器又は系統機器が互い
に異なる属性(作動原理の相違など)をもつこと。

diversity

20007   

多重防護

原子力施設の安全設計に当たって,事故の発生を
防止し,また発生した事故の拡大を防止するため,
何重にも防護策を講じること。深層防護ともいう。

defense in depth

20008  30823 

物理的分離

機器や設備の配置に当たって,破損などの影響が
波及しないよう,防壁を設け,距離をおき,又は
向きを変えるなどの措置をすること。

physical separation

20009 441  

フェイルセーフ

設計上の原則に関するもので,部品やシステムに
故障,破損,誤動作が生じても,安全状態が確保
されること。

fail-safe

20010   

フールプルーフ

運転員が誤操作をしても,それに関連する系の安
全性が損なわれないこと。

fool proof

20011   

グレースタイム

事故時において,人為的操作を必要とせずに安全
機能が確保される時間。

grace period

20012 948  

品質保証

製品やサービスが,その品質に対する要求を満た
していると確信できるように計画され,体系化さ
れた諸行為。

quality assurance

20013 949  

品質管理

品質保証行為の一部をなすもので,部品やシステ
ムが決められた要求を満たしていることを,前も
って確認するための行為。

quality control


54

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

20014   

安全解析

原子力施設の安全性を定量的に把握するため,運
転時の異常な過渡変化,事象,又は事故の発生を
想定して行う解析。

safety analysis

20015   

安全審査

我が国において

原子力施設の設置を許可するさ

い,法規上の安全にかかわる要件を満たしている

ことを確認するための審査。

備考  我が国における法規は,“核原料物質,

核燃料物質及び原子炉の規制に関する

法律”である。

licensing safety review

(of nuclear facilities)

20016   

安全評価

原子力施設の安全解析を行い,安全基準に対する
適合性を評価すること。

safety assessment,

safety evaluation

20017   

定期安全レビュー

原子力発電所が運転開始から廃止されるまで,高
い安全水準を維持するため,定期的に施設の経年

化,改修状況,運転履歴,技術進歩への対応など
を,最新の

安全審査基準によって包括的に評価す

ること。

備考  国際原子力機関 (IAEA) は,この期間と

してほぼ 10 年を,また,評価には 18 か
月をかけるよう勧告している。

periodic safety review

20018   

確率論的安全評価

発生する可能性のある様々な事象について,その
発生確率と影響の大きさを考慮して安全性を評価
する手法。確率論的リスク評価ともいう。略号 PSA

備考  この手法に対して,事象とその影響が確

定しているものとして扱う方法を,決定
論 的 安 全 評 価  (deterministic safety

assessment)

と呼ぶ。

probabilistic safety

assessment

20019   

フォールト・ツリー

システムの機能喪失,タスク達成不能などの事象

について,その事象を出発点として,原因か否か
を選んで最終原因までさかのぼって図示したも
の。

fault tree

20020   

イベント・ツリー

起因事象を出発点に,その事象がどのように発展
して最終状態に至るかを時系列的に示す模式図。

event tree

20021  30855 

固有安全性

システム,機器及び装置にとって,最も起こりや
すい誤動作が,それらの安全性を高めるようにな
っていること。

intrinsic safety

20022 1040 41953 

信頼度

与えられた条件の下で,所定の時間内に,ある機
器が所要の機能を果たすことができる確率。

備考1.  この時間の始めにおいては,その機器

は通常その機能を果たし得る状態に
あるものと仮定する。

2.

この用語は,この確率で機能を果たす

という意味にも使われる。

reliability

20023  41954 

即時稼働率

与えられた条件の下で,いつでも,ある機器が所

要の機能を果たすことができる状態にある確率。
ただし,必要な外部条件は整っているものとする。

備考  フランスでは,この確率で機能を果たす

ことができるという意味にも使われる。

instantaneous

availability

20024 1131  

立地基準

原子力施設の立地の適合性を,特に原子力安全の
立場から判断するための基準。

siting criterion


55

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

20025 814  

原子力事故

核分裂連鎖反応が制御不能になるか,又は放射性
物質の制御不能な放散によってもたらされる突然
の予期せぬ事象又は一連の事象。

nuclear accident

20026   

事故

我が国の

原子力施設の安全審査における用語であ

って,

運転時の異常な過渡変化を超える事態であ

って,

原子力施設から放射性物質の放散の可能性

がある事象。

accident

20027  30811 

事故状態

原子炉が運転状態から逸脱すること。まれにしか
起こらないとされるが,

工学的安全施設などが機

能しなければ,容認しえない量の

放射性物質の放

出に至る恐れがある状態。

運転状態からの逸脱に

シビアアクシデントを含めない。

備考  この用語は我が国では普及していない。

accident condition,

accident state

20028  30824 

想定起因事象

機器の故障,運転員の誤操作,地震,若しくはこ
れらの組合せであって,その結果,

予想運転事象

又は

事故状態に至ることのあるもの。

備考  我が国では一般に使われない。

postulated initiating

event

20029 718  

最大想定事故

原子炉又は原子力施設における事故であって,防
護手段を備えることの必要が合意される最悪の事

故。

備考  原子力開発の初期に用いられた用語。

maximum credible

accident

20030   

仮想事故

我が国の

原子力施設の安全審査において,重大事

故を上回る

事故であって,技術的見地からは起こ

るとは考えられないが,立地の適否を判断するに

当たって仮定される

事故。

hypothetical accident

20031   

重大事故

我が国の

原子力施設の安全審査において,技術的

見地からみて最悪の場合には起こるかも知れない

と考えられる種類の

事故。

major accident

20032 306  

設計基準事故

原子力蒸気供給設備又は原子力施設の特性を表す
想定上の

事故であって,従業員及び近隣の公衆に

対する

放射線の影響の観点からみて十分典型的と

みなされるもの。

design basis accident

20033   

設計基準事象

原子炉施設を異常な状態に導く可能性のある事象
のうち,原子炉施設の安全設計とその評価に当た
って考慮されるべきもの。略号 DBE

design basis event

20034   

シビアアクシデント

設計基準事象を大幅に超える事象であって,炉心
の重大な損傷に至るもの。過酷事故ともいう。

severe accident

20035   

放出シナリオ

放出経路など,

放射性物質の放出がもたらす結果

に影響を及ぼす諸過程の記述。

release scenario

20036   

ソースターム

原子力施設の事故時に環境へ放出される核分裂生
成物などの種類,放出量,放出形態及び放出時期
をいう。

source term

20037   

線源強度

大気中に放出される

放射性核種の放射能。 source

strength

20038  30826 

安全動作

制御棒の挿入,格納機能をもつ弁の閉止又は安全
注入ポンプ(非常用冷却水を送り込むポンプ)の
運転など,安全系 (safety actuation system) による
単一の動作。

safety action,

(safety actuation

system)


56

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

20039  30827 

安全機能

安全系又は他の

安全上重要な機器が果たすべき機

能をいう。例えば,

原子炉停止や残留熱除去をさ

す。

備考  想定起因事象はそれぞれおそらく一つ

以上の安全機能の達成を要求する。

safety function

20040  30828 

安全タスク

特定の

想定起因事象の発生を示す一つ以上の変数

を検知し,信号を処理し,設計基準で定められた
限界を超えないように要求される安全動作と,

全系支援設備からのサービスを開始し,遂行する
ことをいう。

safety task

20041  30825 

保護タスク

ある

想定起因事象で要求される,安全タスクの遂

行を保証するのに必要な最小限の保護動作。

protective task

20042  30822 

安全上重要な機器

原子力安全にかかわる規則によって指定される機
器であって,機能が喪失した場合,プラントの従
業員や公衆に及ぼす過度の

放射線被ばくをするこ

とを防ぐための措置が必要になるもの。略号 IIS

備考  安全上重要な機器には,安全系のほかに

安全関連設備が含まれるが,具体的には
通常次のものが含まれる:

1.

構造物,システム及び装置のうち,そ
の故障や誤動作がプラントの従業員
や公衆に対して過度な

放射線被ばく

をもたらすおそれのあるもの。

2.

構造物,システム及び装置のうち,予
想運転事象が

事故状態に至るのを防

ぐためのもの。

原子力施設からの放射

性物質に対する一連の障壁も含まれ
る。

3.

構造物,システム及び装置の故障や誤
動作による影響を緩和するために設
けられる施設。

item important to

safety

20043  30829 

単一故障基準

システムに適用される設計基準であって,

安全タ

スクを遂行するシステムは,いかなる単独の故障
が発生しても,その機能を失ってはならないとす

るもの。

single failure criterion

20044  41405 

駆動源付設備

一つ以上の

安全タスクを遂行させるため,複数の

駆動部と被駆動部をもつ装置。

actuated equipment

20045  41418 

駆動デバイス

電力の分配と使用を制御する回路遮断器や継電
器,及び水や空気の流れを制御するためのパイロ

ット弁などの,駆動源付設備のための動力を直接
制御する装置。

actuation device

20046   

動的機器

外から動力供給などを受けて作動することによっ
て機能を果たす機器。

active component

20047   

静的機器

外からの動力供給などを受けることなしに機能を

果たす機器。

passive system,

passive component

20048  30830 

緊急時制御ポイント

主制御室からの制御が不可能になった場合に備え

て設けられるもので,制御室以外からプラントの
安全機能を確保するための操作ができる施設。

supplementary control

points

20049  30805 

緊急時対応施設

事故のもたらす影響を緩和し,異常な

運転状態に

対応するために用意された施設。

emergency response

facility


57

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

20050 408  

工学的安全施設

原子炉格納容器,非常用炉心冷却設備など,多量

放射性物質の放散を防止又は抑制する機能をも

つ施設。

engineered safety

system

20051  30723 

閉じ込め

事故が起きた場合でも,定められた区域を越えて,
(問題となる量の)

放射性物質が放散したり流出

することを防ぐための方法及び設備。

containment

20052  41404 

安全系支援設備

冷却,潤滑,電力など,安全系  (protection system and

safety actuation system)

の作動上必要なものを供給

する設備。

safety system support

features

20053 817  

[核的]臨界安全性

偶発的に

臨界にならないような状態を確保するこ

と。

[nuclear] criticality

safety

20054 263  

臨界事故

核分裂性物質が偶発的に臨界又は臨界超過に至る
こと。

criticality accident

20055 1073  

安全質量

最小の

臨界質量を,1 より大きな安全率で割った

値。

safe mass

20056 534  

幾何学的安全

核分裂性物質を含む系において,構成物の空間的
配置や形状によって,

臨界にならないようにする

こと。

geometrically safe

20057   

設計用基準地震

設計に際して,考慮すべき一組の地震動であって,
解放基盤(堅牢な岩盤で,表層や構造物がないと

仮定される,ほぼ水平で十分な広さをもつ基盤)
の表面における地震によるもの。略号 DBE

design basis

earthquake

20058   

設計用最強地震

耐震重要度分類に含まれる施設・機器の運転寿命
中に起こり得るとみなされる地震。

備考  この地震が起きても,施設などは変更さ

れることなく運転が続けられるよう設

計されなければならない。S1 地震とも
いう。

maximum design basis

earthquake

20059   

設計用限界地震

設計用最強地震を上回るものであって,地震学的
見地から限界と考えられる地震。

備考  この地震が起きても,原子力施設全体の

固有の機能,完全性及び安全を保証する
設備・機器などの機能は残っているよう
設計されなければならない。S2 地震と

もいう。

extreme design basis

earthquake

20060   

静的地震力

地震が施設に作用する力の代わりに仮定される,
時間的に一定な力。

備考  その大きさは,施設の重要度に応じて定

められる。

static seismic force

20061   

動的地震力

地震によって施設に作用する,時間的に変化する
力。

dynamic seismic force

20062   

地震応答解析

設計用基準地震に基づく施設の応答(加速度,速
度,変位など)を,解析モデルを用いて計算によ
って求めること。

seismic response

analysis

20063   

応答スペクトル

設計用基準地震に対する最大応答を,この地震動
の自然周期の関数としてグラフに表したもの。

備考  一般に,その特性は地震の規模(マグニ

チュード)と震央距離から定められる。

response spectrum


58

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

20064   

設計用模擬地震波

設計用

応答スペクトルに適合するように作成され

た時刻歴地震波形。

備考  地震応答解析を行う際の入力として用

いられる。

design synthetic

seismic wave

20065   

床応答スペクトル

与えられた地震に対する構築物の各階ごとの

応答

スペクトル。

floor response

spectrum

20066   

設計用床応答時刻歴

設計用基準地震動から導かれる構築物の床の時刻
歴波形で,入力地震動,及び建物と基礎の特性に

おける不確定性をもつ。

design floor time

history

20067   

設計用床応答スペク
トル

入力地震動,及び建物と基礎の特性における不確

定性と不確さを考慮するために,一つ以上の

床応

答スペクトルを修正することによって得られる床
応答スペクトルで,建物の各階ごとに定義される。

design floor

responsespectrum

20068   

耐震重要度分類

地震による施設の破損によって,公衆に及ぼすお
それのある

放射線の影響の程度によって,定めら

れる耐震設計上の分類。

備考  重要度の高い順に A,B 及び C クラスと

定め,A クラスのうち特に高いものを

As

クラスと呼ぶ。

seismic design

classification

2.

原子炉安全

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

21001  30812 

通常運転

定められた運転上の制限,及び条件下での

原子力

プラントの運転をいい,停止状態,出力運転,起
動,停止,保守,試験,及び燃料取替えが含まれ
る。

normal operation

21002  30840 

運転状態

通常運転と予想運転事象に相当する状態。 operational

state

21003   

運転時の異常な過渡
変化

21004  予想運転事象”に同じ。 abnormal

operational

transient

21004  30820 

予想運転事象

通常の運転から外れる運転状況のうち,プラント

寿命中に一回以上起こると予想される事象で,設
計上適切な方策がとられていれば,

安全上重要な

機器に重大な損傷を与えることなく,事故状態に
至ることもないもの。

備考  我が国では同じ事象を“運転時の異常な

過渡変化”と呼んでいる。

anticipated operational

occurrence

21005   

ATWS

必要なとき

原子炉がスクラムしない場合に予想さ

れる事象。

anticipated transient

without scram

21006  30821 

共通原因故障

単一の事象又は原因によって二つ以上の装置が機
能を失うこと。共通要因故障ともいう。

common cause failure,

common mode failure

21007 1069  

暴走

反応度の異常な増加によって,原子炉の熱出力が
通常の制御系の能力を超えて上昇する現象。増加
の程度によっては,緊急停止系の働きで安全に終
息し得る。

runaway


59

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

21008 1015  

原子炉エクスカーシ
ョン

原子炉の熱出力が通常運転時のレベルを超えて急
速に増加すること。

備考1.  そのような増加は実験のため計画的

に起こすこともあれば,偶発的に起き
ることもあり得る。出力エクスケーシ
ョン (power excursion) ともいう。

2.

我が国では一般に使われていない。

reactor excursion

21009   

反応度事故

原子炉の反応度の急激な増加によって,熱出力が
急上昇する事故。

reactivity accident

21010 592  

固有の安定さ

付加された正の

反応度が,望ましくない状況をも

たらす前に,負のフィードバックの働きで打ち消

されること。

inherently stable

21011   

原子炉安定性

反応度が変化しても,外部からの制御によらず,
原子炉自身で安定状態に復帰し,その状態を保つ
性質。

reactor stability

21012   

受動的安全性

システムの

安全機能が,外部からの動力,信号又

は操作を加えることなしに,それ自身のもつメカ
ニズムによって確保されること。

passive safety

21013   

加圧熱衝撃

加圧下にある

原子炉圧力容器の内面が急速に冷却

されることによって,応力が加わること。略号 PTS

pressurized thermal

shock

21014   

ブローダウン[現象]  冷却材喪失事故において,冷却材の流出に伴い原

子炉の圧力が低下していく現象。

blowdown

21015   

燃料チャネル閉そく

炉心内の冷却材流路が異物などで狭められ,その
流路の

冷却材流量が減少すること。

channel blockage

21016 685  

冷却材喪失事故

原子炉の一次冷却系の配管などが破損し,冷却材

補給水設備の能力を超えて流出する事故。

略号 LOCA

loss of coolant accident

21017   

大破断事故

冷却材喪失事故のうち,破断面積の大きい配管破
断事故。

large break accident

21018   

中小破断事故

冷却材喪失事故のうち,破断面積の比較的小さい
配管破断

事故。

medium and small

break accident

21019   

主蒸気管破断事故

タービンに蒸気を供給する主蒸気配管の破損によ
って蒸気が流出する

事故。

main steam line break

accident

21020   

ガスダクト破損事故

ガス冷却炉の,一次冷却系配管の破損による事故。  gas duct burst accident

21021   

CCFL

冷却材喪失事故において,炉心内の冷却材流路の
出口から吹き出す蒸気によって非常用冷却水の流
入が妨げられる現象。

counter current flow

limitation

21022   

破断前漏洩

配管の欠陥が広がり破断に至る前に,内部の流体

の漏洩によって,この欠陥を検出できるという考
え方。略号 LBB

leak before break

21023   

炉心損傷

炉心が過熱などによって破損し,かなりの部分が
元の形状を失うこと。

core damage

21024   

炉心溶融

炉心の冷却が十分に行われない状態が続くことに
よって,溶融に至ること。

core melt

21025 31 

32 

30562 

残留熱

余熱ともいう。

1.

運転停止中の

原子炉内の,残留放射能及び核

分裂による熱。

2.

原子炉から取り出した燃料又は部品の,残留
放射能による熱。

residual heat,

after-heat

21026 33  

残留出力

運転停止中の原子炉の,

残留熱に相当する出力。 after-power


60

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

21027 284  

崩壊熱

運転停止後の

原子炉で発生する出力。

備考  崩壊熱の大部分は,核分裂生成物の放射

性壊変による。

decay power,

decay heat

21028 170  

チャネルボイド事故

冷却材の過熱又は冷却材と燃料との相互作用によ
って,

燃料チャネルから液相がほとんど喪失する

ことによって起きる

事故。

備考  この事故は,金属冷却高速炉に独特なも

のである。

channel voidage

21029   

受動的冷却

外部からの動力の供給によることなく,効果的に
行われる冷却。

passive cooling

21030   

金属−水反応

燃料

被覆管などの,高温の金属と水との化学反応。

それが発熱反応で,大量の水素の発生を伴う場合
には安全上の配慮が求められる。

metal-water reaction

21031   

ナトリウム−水反応

高速増殖炉において,蒸気発生器の伝熱管からナ
トリウムが漏洩し,水と接触して起こす化学反応。
水素の発生を伴う。

sodium-water reaction

21032   

タービンミサイル

回転中のタービンブレードなどが破損して物が飛
ぶ現象,又はその飛来物。

turbine missile

3.

放射線防護

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22001 960  

放射線防護 
(人体の)

電離放射線によって人体に生じる障害を防止する
ため,

外部被ばく又は放射性核種の摂取を抑制す

ること。若しくはこれらがもたらす身体的障害の
発生を予防すること。

radiation protection,

radiological protection

22002 553  

保健物理

放射線防護のための管理業務及び関連する諸問題
を取り扱う応用科学の一分野。

health physics

22003 958  

放射線衛生

放射線障害の可能性に対し,健康維持のためにと
られる特別の措置。

radiation hygiene

22004 333 30135 

直接電離粒子

衝突によって

電離を起こすのに十分な運動エネル

ギーをもつ

荷電粒子。

備考  例えば,電子,陽子,

α

粒子などをいう。

directly ionizing

particle

22005 585 30136 

間接電離粒子

荷電粒子であって,直接電離粒子を遊離したり,

又は放出することによって,電離を起こすことの
できるもの。非荷電電離粒子ともいう。

備考  例えば,中性子,光子などをいう。

indirectly ionizing

particle

22006 624 30203 

電離放射線

直接電離粒子,間接電離粒子又はその両者からな

放射線。

ionizing radiation

22007 334  

直接電離放射線

直接電離粒子からなる放射線。 directly

ionizing

radiation

22008 586  

間接電離放射線

間接電離粒子からなる放射線。 indirectly

ionizing

radiation

22009   

環境放射能

人間を含めた生物の生活環境内にある

自然放射能

及び

人工放射能。

environmental

radioactivity

22010   

自然放射線源

天然に存在する(

宇宙線及び地球からの放射線を

含む)放射線の線源。

natural radiation source


61

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22011  30211 

宇宙線

地球外に起源をもつ高エネルギー

粒子,及びこれ

ら粒子と大気との相互作用によって作り出される
二次粒子からなる

電離放射線。

備考 IEC 393 では rays という表現を使わな

い。

cosmic radiation,

cosmic rays

22012   

外部放射線

身体の外にある

放射線源が放出する放射線。体外

放射線ともいう。

external radiation

22013   

内部放射線

身体の内部に存在する

放射性線源が放出する放射

線。体内放射線ともいう。

internal radiation

22014   

拡張放射線場

放射線にさらされている物体の占める容積に対し
て考えられる仮想的な

放射線の場であって,その

容積のすべての点における

放射線のフルエンスと

角度及びエネルギー分布が等しいものをいう。

expanded radiation

field

22015   

整列拡張放射線場

放射線にさらされている物体の占める容積に対し
て考えられる仮想的な

放射線の場であって,その

容積のすべての点において単一の方向をもち,

ルエンス及びエネルギー分布が等しい場合をい
う。

aligned and expanded

radiation field

22016   

面平行ビーム

均一の強度分布をもち,方向のそろった広い

放射

線の流れ。

plane parallel beam,

unidirectional beam

22017   

強透過性放射線

皮膚の小面積がある方向から受ける

線量当量が実

効線量の 10 倍を超えないような,均一で方向のそ
ろった放射線ビーム。

strongly penetrating

radiation

22018   

弱透過性放射線

皮膚の小面積が受ける

線量当量が実効線量の 10 倍

を超えるような,均一で方向のそろった

放射線ビ

ーム。

weakly penetrating

radiation

22019 435  

被ばく

人体が体外又は体内の

放射線源の放出する放射線

にさらされること。

[radiation] exposure

22020 1316  

全身被ばく

全身にわたる

被ばく。 whole-body

exposure

22021   

外部被ばく

外部放射線による被ばく。体外被ばくともいう。 external

exposure

22022   

内部被ばく

内部放射線による被ばく。体内被ばくともいう。 internal

exposure

22023   

自然被ばく

自然放射線源による被ばく。 natural

exposure

22024   

潜在被ばく

線源の事故,確率的事象又は事象の結果による被
ばくで,確実に起こるとはいえないが,可能性の
あるもの。

potential exposure

22025   

通常被ばく

施設又は

線源の通常運転の下で起こる管理可能な

被ばく。起こる確率は大きいが,影響の程度は小
さいような不測の事象による

被ばくを含む。

normal exposure

22026   

慢性被ばく

継続的な

被ばく。 chronic

exposure

22027 849  

職業被ばく

放射線業務に従事する人が,職業上受ける

被ばく。 occupational exposure

22028   

公衆被ばく

公衆の

被ばく。職業被ばく及び医療被ばくは含ま

ない。

public exposure

22029   

医療被ばく

医療行為による患者などの

被ばく。 medical

exposure

22030   

胎児被ばく

胎児の

被ばく。 foetal

exposure

22031   

放射線障害

被ばくによって現われる身体上又は遺伝上の障
害。

radiation hazard

22032 1145  

身体的影響 
(放射線の)

被ばくをした個体に現れる影響。 somatic

effec

(of radiation)

22033 531  

遺伝的影響 
(放射線の)

被ばくをした個体には現れず,その子孫に現れる
影饗。

genetic effect

(of radiation)


62

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22034   

急性影響 
(放射線の)

比較的大きい

線量を短時間に受けたとき,被ばく

後短期間のうちに現れる影響。早期影響ともいう。

acute effect

(of radiation),

early effect

(of radiation)

22035   

晩発的影響 
(放射線の)

被ばく後,数年から数十年を経た後に現れる身体
的影響。遺伝的影響を含めることもある。晩発効
果ともいう。

late effect

(of radiation)

22036   

確率的影響 
(放射線の)

被ばくによる影響のうち,一般に線量のしきい値
がなく,影響の発生確率は

線量とともに増加する

が,影響の重篤度は線量に関係しないもの。

stochastic effect

(of radiation)

22037   

確定的影響 
(放射線の)

被ばくによる影響のうち,一般に線量のしきい値
が存在し,このしきい値を超えると影響の重篤度

線量とともに大きくなるもの。

備考  ICRP(国際放射線防護委員会)の ICRP

publication 60 (1991)

による用語で,そ

れまでは非確率的影響と呼ばれていた。

deterministic effect

(of radiation)

22038 963  

放射線宿酔

全身又は身体の主な部分に対する過剰な

被ばくが

もたらす疾病。

radiation sickness

22039 1001  

放射[能]毒性

吸入又は

摂取した放射性物質の危険度を表す語。 radiotoxity,

radioactive toxicity

22040 177  

放射線防護剤

放射線による特定の影響を弱める働きをする化学
薬剤。

備考  被ばく前に服用するものと,被ばく後に

服用するものとがある。

radiation protective

agent

22041   

摂取(放射性物質の)  吸入,経口摂取,皮膚からの吸収,注射,又は傷

口を通して,

放射性物質が体内に取り込まれるこ

と。

intake

22042 88  

生物的半減期

生体中に存在する問題の物質の量が生理作用によ
ってほぼ指数関数的に減少する場合,元の値の半

分になるまでに要する時間。

biological half-life

22043 384  

実効半減期

ある体系中に存在する特定の

放射性核種の量が放

射性壊変,及び他の過程,例えば,排せつによっ
てほぼ指数関数的に減少する場合,元の値の半分
になるまでに要する時間。

effective half-life

22044 96  

身体負荷量

人又は動物の体内に存在する

放射性核種の量(放

射能で表すことができる)

body burden

22045 102  

親骨性物質

他の生体組織に比べ骨に集まりやすい物質。向骨
性物質ともいう。

bone-seeker

22046   

標準人

被ばく,特に,内部被ばくによる吸収線量又は実
効線量を推定するために使われる仮想的人間。体
重,身長,臓器重量,代謝機能,身体構成元素の
量など,解剖学,生理学及び化学的諸量が規定さ

れている。

reference man,

standard man

22047   

排せつ(泄)関数

摂取した放射性物質が,身体の全排せつ経路を通
じて体外に出て行く割合を,

摂取後の時間の関数

として表したもの。

excretion function

22048   

残留関数

摂取した放射性物質が,体内に残留する割合を,
摂取後の時間の関数として表したもの。

retention function

22049   

食物連鎖

環境に放出された

放射性物質が動植物に順次摂取

されて,最終的に人に至る一連の過程。

food-chain


63

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22050   

[放射生態学的] 
濃縮係数

生物中の特定の

放射性核種が,その生物の生活環

境と平衡状態にあるとき,生物中の濃度の,生活
環境中における濃度に対する比。

[radioecological]

concentration factor

22051   

被ばく経路

放射性物質が人まで到達する径路,又は人が被ば
くする径路。

備考  このうち,決定グループの個人に到達す

るまでにたどる径路のうち,最も主要な
ものを決定経路 (critical pathway) とい

う。

exposure pathway

22052 258  

決定臓器

外部被ばく,又は放射性核種の体内沈着による内
部被ばくの際,その生物個体にとって影響が最も
大きいとされる臓器。

critical organ

22053   

決定グループ

ある線源及びある

被ばく経路を通しての被ばくが

ほぼ均等であるような公衆の構成員のグループ
で,

実効線量又は等価線量が最大値となるような

個人を代表するもの。

critical group

22054 353  

線量

吸収線量,臓器線量,等価線量,実効線量,預託
線量,線量当量,又は照射線量の総称。その語が
どれを指すかは,その使われるところ又は使われ

方による。

備考  照射線量の対応英語は exposure である。

dose

22055 1 30469 

吸収線量

電離放射線によって物質に与えられるエネルギー
で,物質の適当に小さい体積要素に付与される平
均エネルギーを

ε

d

,体積要素の質量を dm とする

と,吸収線量 

dm

d

D

ε

=

で与えられる。

備考  通常,グレイで表される。以前はラドで

表された。

absorbed dose

22056 2 30473 

吸収線量率

適当に短い時間内の

吸収線量 dD をその時間の長

さ dt で割ったもの。記号 D

absorbed dose rate

22057 437 30464 

照射線量率

単位時間当たりの

照射線量の増分。 exposure

rate

22058  30480 

線量当量率

単位時間当たりの

線量当量の増分。

dose equivalent rate

22059   

外部線量

外部被ばくによる線量。 external dose

22060   

内部線量

内部被ばくによる線量。 internal dose

22061   

全身線量

全身被ばくによる線量。 whole-body dose

22062   

臓器線量

人体の組織又は臓器の平均

吸収線量。記号 Dt

次の式で表される。

(

)

ò

=

=

mT

T

T

T

T

m

Ddm

m

D

ε

/

1

ここで,m

T

は対象とする組織又は臓器 T の質量,

D

は質量要素 dm の吸収線量,

ε

T

は組織又は臓器 T

に付与される全エネルギーである。

organ dose

22063   

遺伝有意線量

ある集団に対して,構成員個人の生殖腺

線量に,

子供の期待数をかけ,集団の全子供期待数で割っ

たもの。

genetically significant

dose equivalent

22064 14  

蓄積線量

連続

被ばくか不連続被ばくかに関係なく,系が受

けた吸収線量の総計。

accumulated dose

22065 1242  

しきい線量

ある生物効果が現れるまでの最小の

吸収線量。 threshold

dose


64

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22066   

倍加線量

放射線照射によって突然変異率が自然における値
の 2 倍になるときの

吸収線量。

doubling dose

22067 1301  

体積線量

放射線を吸収した物質の質量と吸収線量との積。

備考  この用語は,しばしば積分吸収線量と混

同される。

volume dose

22068   

予測線量

防護措置や救済措置が実施されない場合に予想さ
れる

線量。

projected dose

22069   

回避線量

防護措置によって軽減する

線量。

備考  すなわち,防護措置によって期待される

線量と,そのような措置がとられなかっ
た場合の

線量との差。

avertable dose

22070 602  

積分吸収線量

照射された物体の問題とする体積内の質量につい
て,

吸収線量を積分したもの。

備考1.  物体の体積に付与されたエネルギー

に同じ。

2.

普通

キログラム・グレイ(以前はグラ

ム・ラド)で表される。

integral absorbed dose

22071 356 30477 

線量当量

被ばくした人における照射の効果を評価するため
に使用される量で,

吸収線量と線質係数の積で表

される。

備考  線量当量の単位は Jkg

1

,名称は

シーベ

ルト  (Sv)  である。

dose equivalent

22072 950 30483 

線質係数

すべての

電離放射線に対し,被ばくを共通の尺度

で評価するために,放射線防護の手法に従い

吸収

線量に掛ける係数。

備考  線質係数は,水中における一次荷電粒子

又は二次

荷電粒子の線エネルギー付与

に基づいて定められる。

quality factor

22073 1035  

生物効果比

特定の生体又はその一部について,ある生物効果

を生じる基準放射線の

吸収線量と同じ効果を生じ

る問題の

放射線の吸収線量との比。記号 RBE

備考  この用語は,放射線生物学においてだけ

使用することが望ましい。

relative biological

effectiveness

22074   

個人線量当量

身体上の特定の点から,ある深さ d にある軟組織
中での

線量当量。記号  H

p

 (d)

備考1.  個人線量当量の単位は Jkg

1

,特別単

位の名称はシーベルト (Sv) である。

2.

放射線防護上,d の値は強透過性放射

線については 10mm(透過性個人線量
当量),

弱透過性放射線については

0.07mm

(表層部個人線量当量)が選

ばれる。

personal dose

equivalent

22075   

方向性線量当量

拡張放射線場内に ICRU 球を置いたとき,特定の
方向に対して角度

Ωをなす半径上の深さ d の点で

線量当量。記号 H’ (d,

Ω)

備考  弱透過性放射線に対する深さ d の推奨

値は 0.07mm。

directional dose

equivalent


65

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22076   

周辺線量当量

整列拡張放射線場内に ICRU 球を置いたとき,整
列場を与える線源に面した表面から,整列場の方
向に沿って半径上の深さ d の点における

線量当量。

記号  H

*

 (d)

備考  強透過性放射線に対する深さ d の推奨

値は 10mm。

ambient dose

equivalent

22077   

放射線荷重係数

健康への影響に対する,種類の異なる

放射線の効

果の違いを考慮するためのもので,

吸収線量に乗

じられる相対的係数。

radiation weighting

factor

22078   

組織荷重係数

組織又は臓器,それぞれの

被ばくに由来する相対

的な確率的損害を考慮するために,組織又は臓器

等価線量に乗じる係数。係数の値は,組織又は

臓器ごとに与えられている。

tissue weighting factor

22079   

等価線量

組織又は臓器に対する

被ばくの効果を評価するた

めに使用される量で,組織又は臓器 (T) における
平均

吸収線量 D

T

に,放射線 に対する

放射線荷重

係数

ω

R

を掛けた値

H

D

T

v

R

 

で表されるもの。

備考1.  放射線場が,放射線荷重係数の異なる

種類の

放射線からなるときは,等価線

量 H は次の式で与えられる。

å

=

R

R

T

R

R

D

w

H

,

2.

等価線量の単位は Jkg

1

,その名称は

シーベルト (Sv) である。

equivalent dose

22080 383   

実効線量

被ばくした組織又は臓器の等価線量に,その組織
荷重係数を掛けて合計した値。すなわち を実効
線量,H

T

及び

ω

T

を組織  (T)  の

等価線量及び組織荷

重係数とすると,

å

=

T

T

T

H

w

E

で与えられる。

備考1.  放射線場が,放射線荷重係数の異なる

種類の

放射線からなるときは,実効線

量 E は次の式で与えられる。

å

å

=

R

R

T

R

T

T

D

w

w

E

,

2.

実効線量の単位は Jkg

1

,その名称は

シーベルト  (Sv)  である。

3.

ω

T

は ICRP の 1977 年勧告に与えられ

ている。

effective dose


66

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22081 383  

実効線量当量

被ばくした組織又は臓器の線量当量に,それぞれ
適当な荷重係数を乗じて合計したもの。H

E

を実効

線量当量とすると,次式で与えられる。

å

=

T

T

T

E

H

w

H

ここで,H

T

及び

ω

T

は組織 (T) の年

線量当量及び組

織荷重係数である。

備考1.  実効線量当量の単位は Jkg

-1

,その名称

シーベルト  (Sv)  である。

2.

ω

T

は ICRP の 1977 年勧告に与えられ

ている。

effective dose

equivalent

22082 201  

集団線量

公衆が受けた全

放射線量で,被ばくした個人の数

とその平均

放射線量の積で表される。

備考  集団線量の単位は,マン・シーベルト 

(man

・Sv)  である。

collective dose

22083   

集団実効線量

公衆が受けた全

実効線量。集団実効線量を とす

ると,次の式で表される。

å

=

i

i

i

N

E

S

ここで,E

1

は公衆のサブグループ I の平均

実効線

量, N

1

はサブグループの個人数。

備考  集団実効線量の単位は,マン・シーベル

  (man・Sv)  である。

collective effective

dose

22084   

預託線量

放射性物質の摂取によって,特定の組織又は臓器
がある期間にわたって受ける

線量。ある時刻 t にお

ける

線量率を摂取の時刻から摂取後のある経過時

間まで積分した値。

線量率に吸収線量率,等価線

量率又は実効線量率を選ぶと,それぞれ預託吸収
線量,預託等価線量,又は預託実効線量が求めら
れる。

備考  経過時間が特定されていない場合は,成

人で 50 年,子どもについては 70 年とす
る。

committed dose

22085 355 

357 

線量預託

単一の事象によって長期にわたり

被ばくする集団

において,一人当たりの

線量率(等価線量率,又

実効線量率)を無限時間積分した値。

dose commitment

22086   

線量拘束値

放射線源に関する防護と安全の最適化において上
限値としての役割を果たすもの。

dose constraint

22087   

基本限度

放射線防護上,被ばくを制限するための基準値。 basic

limit

22088   

線量限度

基本限度のうち,個人が受ける実効線量又は等価
線量に関するもの。

dose limit

22089   

誘導限度

作業場所の

線量当量率,放射性物質の空気中濃度,

表面汚染密度などに対し,

基本限度を反映するた

めの制限値。

derived limit

22090   

濃度限度

吸入や

摂取のおそれのある空気,又は水に含まれ

放射性核種の濃度に対する誘導限度。

concentration limit

22091   

年摂取限度

標準人が摂取した放射性核種について,線量限度
に等しい

預託線量をもたらす年間摂取量。記号

ALI

annual limit on intake


67

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22092 731  

50%

致死線量

与えられた種の大集団の半数が,ある特定の時間
内に死亡する

吸収線量。記号 LD

50

median lethal dose

22093 732  

50%

致死時間

ある量の

吸収線量を受けた,与えられた種の大集

団の半数が死に至るまでの時間。略号 MLT

median lethal time,

LD

50

 time

22094 405 30465 

付与されたエネルギ

放射線の照射を受けた系のある体積が吸収したエ
ネルギー。記号

ε  次の式で表される。

ε=R

1

R

2

ΣQ

  ここで,R

1

は入射する

放射エネルギー,すなわ

ちこの体積に入ってきたすべての

荷電粒子及び非

荷電

電離粒子のエネルギーの総和。静止エネルギ

ーを含む。R

2

は出てゆく

放射エネルギー,すなわ

ちこの体積から出て行くすべての

荷電粒子及び非

荷電

電離粒子のエネルギーの総和。静止エネルギ

ーを含む。

Σはこの体積内で起きたすべての核変

換における原子核及び素粒子の静止エネルギーの
変化の総和。この値の符号は,変化が減少したと

きは正に,増加したときは負とする。

備考  付与されたエネルギーは体積内の積分

吸収線量に等しい。

energy imparted (to

matter in a volume)

22095  30466 

付与された平均エネ
ルギー

体積内の物質に付与されたエネルギーの期待値。 
記号

ε

mean energy imparted

(to matter in a

volume)

22096 671 30458 

線エネルギー付与

荷電粒子が物質を通過する際,その径路に沿って
単位長さ当たりに物質に付与するエネルギー。

略号 LET,記号 L

次の式で表される。

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

dl

dE

L

  ここで,dE は荷電粒子が物質内の径路 dl を移動
する間に

電子と衝突し,ある選ばれた値⊿以下の

エネルギー付与を行うエネルギー損失である。

備考1.  ⊿は普通電子ボルトで表す。例えば,

L

100

はカットオフエネルギー100eV の

場合の線エネルギー付与である。

2.  L

S

col

S

col

は衝突阻止能)

linear energy transfer

22097 673  

線エネルギー付与係

荷電粒子が通過する物質の厚さを,長さで表し

たときの

エネルギー転移係数。

linear energy-transfer

coefficient

22098   

ポテンシャルアルフ
ァ濃度

単位体積の空気中に存在する

放射性核種とその娘

核種の完全な放射性壊変によって放出される

α

子のエネルギーの総和。

potential alpha energy

concentration

22099  30424 

潜在エネルギー 
  (放射性エアロゾル
の)

放射性エアロゾルに含まれる

放射性物質の壊変生

成物が,安定核種になるまでに放出する全エネル
ギーを,このエアロゾルの単位体積当たりの値と
して表したもの。

latent energy (of a

radioactive aerosol)

22100   

ポテンシャルアルフ
ァエネルギー

ラドン

娘核種及びトロン娘核種がその壊変鎖列

[ただし,ラドン 222 の

娘核種は鉛 210 までとし,

鉛 210 自身は含めない。またラドン 220 の

娘核種

は鉛 208(安定)は含めない。

]にわたって放出す

る全

α

線のエネルギー。

potential alpha energy


68

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22101 231  

管理区域

従業員の個人

被ばくが管理され,適切な放射線防

護規則の知識をもち,これら規則の適用に責任を
もつ人によって監督されている場所。

controlled area

22102 1284  

非管理区域

放射線防護に関する管理が行われない場所。

備考1.  規制上,この区域への放射性物質の導

入や,この区域での放射線取扱い作業
は禁止される。

2.

我が国の法規では,このような区分は

ない。

uncontrolled area

22103   

監視区域

作業区域の

放射線管理上の区分であって,その外

側では当該区域の線量当量限度を超えるおそれが

ない。

備考1. ICRP では,その線量当量限度の1/10

と定めている。

2.

我が国の法令では

管理区域の周辺に

設定される同様な区域を“周辺監視区
域”と呼ぶ。

supervised area

22104 426  

非居住区域

原子力施設,又はその他の放射線源の周辺に設定
される区域であって,原則として一般公衆の居住

が認められない区域。

exclusion area

22105   

放射線モニタリング

放射線又は放射性物質による被ばくを管理するた
めに行われる

放射線又は放射能の計測及びその結

果の評価。

radiation monitoring

22106 878  

個人モニタリング

個人を対象とする

放射線モニタリング。 personal

monitoring

22107   

エリアモニタリング

地域,作業場所を対象とする

放射線モニタリング。

 area monitoring

22108   

空気力学的放射能中
央径

放射性エアロゾル粒子の集団を,粒子を空気力学

的径の大きさの順に並べたとき,積算

放射能が全

放射能の 50%になる大きさの粒子の直径。記号

AMAD

activity median

aerodynamic

diameter

22109   

空気力学的径

あるエアロゾル粒子と空気中における終末沈降速
度が等しい単位密度の球の直径。

aerodynamic diameter

22110 974  

放射性降下物

核爆発などによって生じた放射性の空中浮遊物質
が地表に降下したもの。

radioactive fallout

22111   

レインアウト

雨滴の生成時に取り込まれた

放射性降下物。 rainout

22112   

ウォッシュアウト

大気中を落下する雨滴に取り込まれた

放射性降下

物。

washout

22113   

地表沈着

大気中の

放射性物質が重力その他の作用によっ

て,地表に降下,付着すること。

surface deposition

22114   

行為

被ばくの原因となる

放射線源の増加,又は被ばく

径路の増加若しくは変更によって,被ばくの可能
性や被ばくする人数を増やす人間の行動。

practice

22115   

介入

事故などのように管理下にない

放射線源による被

ばくの可能性を低減又は回避するためのあらゆる
行動。

intervention

22116   

対策レベル

緊急時の

被ばく又は慢性被ばくの場合の線量率又

放射能濃度に対する値であって,その値を超え

ると防護措置又は救済措置を実施することが望ま
れる。

action level


69

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

22117   

介入レベル

緊急時の

被ばく又は慢性被ばくの場合の回避線量

の値であって,その値を超えると特別な

防護措置

又は

救済措置が実施される。

intervention level

22118   

調査レベル

等価線量,摂取量,又は汚染の濃度を表す値で,
その値を超えると調査が実施される。

investigation level

22119   

記録レベル

従業員における線量,又は摂取について設定され
る値で,その値を超えたときは,従業員の個人別
被ばく記録に線量,被ばく量又は摂取量が記入さ
れる。

recording level

22120   

参考レベル

対策レベル,介入レベル,調査レベル又は記録レ
ベルのこと。これらのレベルは放射線防護の実施
の中で決められる量のすべてについて確定するこ
とができる。

reference level

22121   

防護措置

公衆が

慢性被ばく又は緊急時に被ばくを受けるよ

うな状況の下で,公衆の構成員に対する

被ばくの

低減又は

被ばくを避けるために介入すること。

protective action

22122   

救済措置

慢性被ばくに対する介入で,対策レベルを超えた
場合,

線量を低下させるためにとる対策。

remedial action

22123 309  

損害(集団に対する)  被ばくがもたらす損害に対し,それぞれの有害な

影響の確率とともに,その影響の重篤度などを考
慮して得られる数学的期待値のこと。

備考  これらの有害な影響には,健康に対する

ものと,そうでないものとの両者があ
る。

detriment (in a

population)

22124  310 

損害(健康への)

P

人からなる集団が受ける健康に対する損害 

å

=

i

i

i

g

P

P

G

で表される。ここで,P

i

は影響 i を受ける確率,g

i

は影響の重篤度を表す重みである。

detriment (to health)

4.

放射線安全取扱技術

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

23001 970 30228 

[放射性]汚染

材料又は場所,例えば体外や体内,衣服又は作業
所などに存在する望ましくない

放射性物質,若し

くはこのような物質が存在すること。

[radioactive]

contamination

23002   

[放射性]表面汚染

人体又は物体の表面の

放射性汚染。 radioactive

surface

contamination

23003   

表面[汚染]密度

人体又は物体の

表面汚染について,単位面積当た

りの

放射能。

surface concentration

of contamination

23004   

表面密度限度

放射線施設内の人が常時立ち入る場所における表
面汚染密度の限度。

surface concentration

limit

23005   

固定性汚染

除去しにくい

汚染。 fixed

[surface]

contamination

23006   

遊離性汚染

除去しやすい

汚染。 loose

[surface]

contamination,

removable [surface]

contamination

23007   

放射線サーベイ

放射線又は放射性汚染に対して行う計画的な探査
又は計測。

radiation survey


70

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

23008 287 30861 

除染

放射性物質によって汚染した人体,装置,施設な
どから,その

放射性物質を除去すること。

decontamination

23009 288 30862 

除染係数

除染処理の前後における汚染物質の量の比。略号

DF

備考  除染係数は,特定の核種又は測定可能な

放射能について与えることができる。

decontamination factor

23010 289  

除染指数

除染処理の前後における汚染物質の

比放射能の比

の対数。

decontamination index

23011 286  

除染性

与えられた物質の表面に対する

除染の見込み。 decontaminability

23012 1139  

ふきとり試験

作業場所や物の表面の

汚染を検査する方法で,対

象とする物の表面をろ紙などで擦り,そのろ紙の
放射能を測定することによって検査する。スミヤ
試験ともいう。

smear test,

wipe test

23013   

はく(剥)離性塗料

容易にはぎとることができる塗料。 strippable

paint

23014   

安全ピペッタ

ピペット用吸引用具。 safety

pipetter

23015   

防護衣

放射線又は放射性汚染を防ぐために着用する衣
類。

protective clothes

23016   

防護マスク

呼吸によって空気中の

放射性物質を体内に取り込

むことを防止するためろ過装置を取り付けたマス
ク。

protective mask

23017   

防護手袋

放射性汚染又は放射線被ばくを防ぐために着用す
る手袋。

protective glove

23018 564 30809 

ホット

強い放射性を意味する言葉。 hot

23019   

ホットエリア

放射線や放射性物質を取り扱う施設において,放
射線レベルが高く,また,放射性物質の存在量が
多い区域。

hot area

23020   

コールドエリア

放射線や放射性物質を取り扱う施設において,ホ
ットエリアを除く区域。

cold area

23021 199  

コールド試験

強い

放射性物質を扱う方法,工程,装置,計装な

どにおいて,非

放射性物質又は微量の放射性トレ

ーサを含む物質を用いて行う試験。コールドラン
ともいう。

cold test

23022 574  

ホット試験

放射性物質を取り扱う施設などで,実際に放射性
物質を用い,通常の作業条件及び予想される放射
能レベルの下で行う方法,工程,装置及び計装に
関する試験。ホットランともいう。

hot testing,

hot run

23023   

セル 
(放射性物質取扱い
の)

放射性物質の取扱いや保管のため,十分な遮へい
を施した部屋。

cell

23024 566  

ホットセル

放射性物質用に十分な遮へいを施した囲い。遮

へいセルともいう。

備考  ホットセルは,放射性物質の保管や,遠

隔操作による取扱いのために使用する

ことができる。

hot cell,

shielded cell

23025 161  

ホットケーブ

放射性物質用に十分な遮へいを施した部屋。 [hot]

cave

23026   

トング

放射性物質を取り扱うための遠隔操作器具の一
種。

tongs

23027 704  

マニピュレータ

放射性物質の遠隔操作に使用する手動の機械装置
又は電気機械装置。

manipulator


71

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

23028 537  

グローブボックス

放射性物質や毒性のある物質を隔離した状態のま
ま,目視しながら取り扱えるように,窓や手袋を
取り付けた気密性の箱型の囲い。

glove box

23029 1116 30724 

遮へい

1.

ある領域に入射する

放射線の粒子束密度を減

らすこと (shield)。

2.

遮 へ い の 目 的 に 使 用 す る 物 体 又 は 構 造 物

(shield)

若しくは物質 (shielding material)。それ

ぞれ遮へい体,若しくは遮へい材ともいう。

1. shielding,

shield

2. shielding material

23030   

鉛当量

同一

照射条件において,問題にしている物質と等

しい

遮へい能力をもつ鉛の厚さ。

lead equivalent

23031 1112  

シャドウ・シールド

放射線源を囲い込まず,問題の方向へ出る放射線
に対して自由通過させないように配置した

遮へ

い。

shadow shield

23032   

防護つい立

放射線を遮へいするために鉛板,鋼板,ガラス板,
アクリル板などを用いたつい立。

protective screen

23033   

防護壁

放射線を遮へいするため,コンクリート,重コン
クリートなどで作られた壁,又は鉛や鋼板で内張
りされた壁。

protective barrier

23034 1118  

遮へい窓

生体遮へいの透明な部分で,耐放射線ガラスなど
がはめ込まれているところ。

shielding window

23035   

遮へい容器

放射性物質を収納する容器であって,遮へい効果
をもつもの。

shielding container

23036 159 30817 

キャスク

放射性物質の貯蔵又は輸送に用いるため遮へいを
施した容器。

cask,

conffin,

flask

23037   

重コンクリート

放射線に対する遮へい性能を高めるために,重晶
石,磁鉄鋼などの比重の高い骨材を配合したコン
クリート。

heavy concrete

23038 72  

重晶石コンクリート

重コンクリートの一種。

遮へい特性を改善するた

めに,重晶石(高密度のバリウム鉱石)を添加し
たもの。

barytes concrete

23039   

鉛ガラス

放射線を遮へいするための鉛を含む耐放射線ガラ
ス。

lead glass

23040   

鉛ブロック

放射線の遮へいに使われるブロック状の鉛。れん
が状のものは,鉛れんがと呼ばれる。

lead block

23041 1000  

耐放射線性

放射線の作用を受ける物質が,元の性能をもち続
ける能力。

radioresistance

23042   

耐放射線ガラス

放射線

照射による着色を防ぐためにセリウムなど

を配合したガラス。

non-browning glass

23043   

インターロック

原子炉,放射線施設,加速器,照射器などで,安
全確保のための条件が満たされない場合は作動し
ないよう設計された体系,及びそのための装置。

interlock

23044 663 30750 

漏えい

遮へい,とくにその孔や割れ目を通して放射線が
もれること。

leakage

23045 664  

漏えい放射線

放射線源から出た放射線のうち,有効に利用され

ビーム以外の放射線。

leakage radiation


72

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

23046 1132 30729 

スカイシャイン

放射線源から出た放射線のうち,屋根や天井を通
り抜け大気によって散乱し,問題の場所に到達す
るもの。

備考1.  この用語の典型的使用は,放射線が遮

へい壁を越えて散乱してくる場合で
ある。

2.

大気以外に,近くにある構造物によっ
て散乱してくる

放射線も含める場合

がある。

skyshine

23047   

放射性排出物

管理された状況で環境中に放出される液体状,気
体状又はエアロゾル状の

放射性廃棄物。

radioactive effluent

23048 232  

放射性排出物の管理
処分

運転中の

原子力施設などから,規制限度内で行わ

れる

放射性排出物の大気又は水中への放出。

controlled disposal of

radioactive effluents

23049 1305  

廃水

原子力施設,又は放射性廃棄物処理施設から出さ
れる液体で,その

放射能が放出基準によって許さ

れるほど低いもの。

waste waters

23050 427  

排気除染システム

原子力施設などの管理区域から排出される空気に
含まれる

放射性物質を分離する装置。

exhaust air

decontamination

system

23051 240  

[放射能]冷却

放射性壊変によって放射能が自然に減少するこ
と,又は自然な減少を待つこと。

cooling

23052 292  

遅延システム

放射線物質の通過を遅らせるために設計された部
品又は系。この系を通過している間に

放射性物質

放射能が減衰する。

delay system

23053 293  

遅延タンク

放射能が減衰するのを待つため,放射性流体を一
時的に収容しておくタンク。

delay tank

5.

輸送

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

24001   

輸送容器

放射性物質を収納する容器であって,輸送上必要
な構成要素(密封容器,放射線

遮へい体,衝撃吸

収材,断熱材など)をもつもの。

packaging

24002 1122  

輸送キャスク

放射性物質を輸送するために用いられる再使用可
能な

遮へい容器。

shipping cask

24003   

[放射性]輸送物

放射性物質を輸送するため,容器に収納,又は包
装したもの。収納される

放射性物質の種類と放射

能,散逸性の程度,輸送条件などによる区分があ
る。

[radioactive] package

24004   

オーバーパック 
(輸送の)

単独の荷送人が,

輸送物を箱,袋などによって一

つの取扱い単位としてまとめたもの。

overpack

24005   

特別形放射性物質

散逸しにくい固体状

放射性物質,又は放射性物質

を密封したカプセルであって,外形寸法及び散逸
性に対する輸送上の条件を満たすもの。

special form

radioactive material

24006   

低散逸性放射性物質

散逸しにくい固体状

放射性物質,又は粉末以外の

放射性物質を密封したカプセルであって,散逸性
について

特別形放射性物質より厳しい条件を満た

し,さらに

遮へい体をもたない場合の線量当量率

が所定の値以下であるもの。略号 LDM

備考  2001 年に我が国の法令に導入予定。

low dispersible

material


73

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

24007   

低比放射性物質

放射能が A

2

値の 100 倍以下で,平均

比放射能が 1g

当たり A

2

値の 10 000 倍を超えない

放射性物質。容

器に収納した場合でも,その遮へい効果を考慮せ

ずに,物質の表面から 3m の場所における

線量当量

率が 10mSv/h 以下であるもの。略号 LSA

low specific activity

material

24008   

表面汚染物

表面に

放射性物質が付着している非放射性固形

物。付着した

放射性物質の放射能が制限値を超え

ず,容器に収納した場合でも,その

遮へい効果を

考慮せずに,

汚染物自体の表面から 3m の場所にお

ける線量当量率が 10mSv/h 以下であるもの。略号

SCO

surface contaminated

object

24009   

A1

特別形放射性物質を収納する輸送物を区分するた
め,

核種ごとに定められた放射能の値。

A

1

 value

24010   

A2

特別形放射性物質以外のものを収納する輸送物を
区分するため,核種ごとに定められた

放射能の値。

A

2

 value

24011 469  

核分裂性クラス

予想されるすべての輸送状況のもとで,

臨界事故

を防ぐため,

核分裂可能物質の輸送容器の囲い方,

輸送物の管理と輸送に対する安全上の区分。

fissile class

24012   

核燃料輸送物

ウラン,トリウム,プルトニウムなどの

核燃料物

質を収納した

輸送物。

fuel package

24013   

核分裂性輸送物

核燃料輸送物のうち,定められた量以上の核分裂
性物質を収納したもの。

fissile package

24014   

L

型輸送物

収納する

放射性物質の放射能が A

1

又は A

2

値より

十分低い

輸送物であって,また,最大表面線量当

量率が 5

µSv/h 以下である輸送物。

Type L package

24015   

IP

型輸送物

低比放射性物質,又は表面汚染物を収納した輸送
物。比放射能,又は放射能面密度の程度によって
さらに区分される。

Type IP package

24016   

A

型輸送物

収納する

放射性物質の放射能が定められた値(A

1

又は A

2

値)以下である

輸送物。ただし,L 型輸送

物は含まない。

Type A Package

24017   

B

型輸送物

収納する

放射性物質の放射能が定められた値(A

1

又は A

2

値)を超える輸送物。冷却・換気の必要の

有無によって,さらに区分される。

Type B package

24018   

C

型輸送物

特に多量の

放射性物質を,航空機で輸送するため

に設けられた輸送上の区分。

備考  2001 年に我が国の法令に導入予定。

Type C package

24019 1270  

輸送指数

放射性輸送物,オーバーパック,貨物コンテナな
どに対し放射線安全上定められる数値。その表面

から 1m 離れた場所での

線量当量率をもとに決め

られる。略号 TI

備考  核分裂性輸送物については,さらに臨界

安全性を考慮して輸送指数が決められ
る。

transport index

24020   

臨界安全指数

核分裂性輸送物(オーバーパック又は貨物コンテ
ナを含む)に対して,

臨界安全上定められる数値。

略号 CSI

備考  2001 年に我が国の法令に導入予定。

critical safety index


74

Z 4001 : 1999

IV.

放射線・放射性核種(安定核種を含む)の利用

1.

加速器・放射線源・照射設備

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

25001   

イオン源

加速器,質量分析器などにおいて,加速するため

イオンを発生させる装置。

ion source

25002 173  

荷電交換

正イオンが分子(又は

原子)と衝突して,電子を

捕獲し,分子(又は原子)を正イオンに変える現
象。

charge exchange

25003   

衝撃

加速された

粒子又は光子のビームを物質に当てる

こと。

bombardment

25004  30279 

照射野

コリメータなどによって広がりを制限された放射

ビームの断面。被照射体における放射線の入射

面,又は被照射体内の目的の場所における

ビーム

の広がりをさす。

irradiation field

25005  30489 

照射量

単位面積当たりに入射する全

放射エネルギー。 radiant

exposure

25006 1086  

散乱箱

核反応や散乱の実験を行うための真空箱。 scattering

chamber

25007   

ターゲット

核反応を起こさせるか,又は 線などを発生させ
る目的で,

衝撃又は照射されるもの。

target

25008  30205 

ビーム

実用上単一とみなせる方向への電磁

放射線又は粒

子の流れであって,限定された大きさの断面をも
つもの。

beam

25009   

ビームプロファイル

放射線

ビームの断面において,位置の関数として

表された放射線の強度。

beam profile

25010 962  

放射線純度

与えられた(種類,エネルギー又は方向によって
特定される)

放射線に対し,他の放射線が存在し

ない程度。

radiation purity

25011 10 30859 

[粒子]加速器

荷電粒子に運動エネルギーを与える電気装置。電
離放射線を得るため,又は荷電粒子によってター
ゲットを

照射するために使われる。

備考  加えられるエネルギーは一般に 0.1MeV

より大きい。

[particle] accelerator

25012 394  

静電加速器

電荷の輸送と絶縁物への蓄積によって得られた一
定の電位差から生じる電界強度を用いる

加速器。

electrostatic

accelerator

25013   

コッククロフト・ウォ
ルトン加速器

整流器とコンデンサの組合せを数段重ねて直流高
電圧を発生し,

荷電粒子を加速する装置。

Cockcroft

−Walton

accelerator

25014   

カスケード形高電圧
発生装置

倍電圧整流によって,高電圧を発生させる装置。 cascade-type

high

voltage generator

25015   

バンデグラフ加速器

絶縁されたベルトで電荷を運ぶことによって直流

高電圧を作り,

荷電粒子を加速する装置。

Van de Graaff

accelerator

25016 670  

直線加速器

導波管の内部又は多数の整列したキャビティ間に

作られた高周波電界によって,

荷電粒子を直線的

に加速する装置。

備考  イオン又は電子を加速するものをそれ

ぞれイオン直線加速器又は電子直線加
速器という。線形加速器,ライナック又
はリニアックともいう。

linear accelerator,

linac

25017 182  

円型加速器

荷電粒子が装置内の同じ通路を繰返し通過し,そ
のたびにエネルギーが増すようになっている

加速

器。

circular accelerator


75

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

25018 272  

繰返し型加速器

電磁場を用いて

荷電粒子を繰返し加速することに

よって,エネルギーを供給する

加速器。ベータト

ロン,サイクロトロン,シンクロサイクロトロン,
シンクロトロン参照。

備考  繰返し型加速器には,直線型と円型とが

ある。

cyclic accelerator

25019 83  

ベータトロン

電子を加速する装置の一種。電子をその運動面に
垂直な磁界の時間的変化によって円軌道に保ち,

この軌道を貫く磁束の変化に伴う電界で加速する
もの。誘導加速器 (induction accelerator) ともいう。

betatron

25020 273  

サイクロトロン

陽子や

α

粒子などを加速する装置の一種。固定磁界

と,その中に設けた電極間の高周波電界によって,
粒子は渦巻形の軌道をとりながら次第に加速す
る。

cyclotron

25021 1208  

シンクロサイクロト
ロン

サイクロトロンの一種で,高速度に達した粒子の
相対論的効果を打ち消すために加速電界の周波数

を変調して,更に加速できるようにした装置。FM
サイクロトロンともいう。

synchrocyclotron

25022 1209  

シンクロトロン

電子又はイオンを加速する装置の一種。加速され

荷電粒子のエネルギーに応じて強さが時間的に

変化する磁界を用いて粒子に一定の軌道をとら
せ,その回転周期に同期した高周波電界で加速す

る。

備考  陽子を加速するために作られたものを

陽子シンクロトロン,

電子を加速するた

めのものを電子シンクロトロンと呼ぶ。

synchrotron

25023 205  

ビーム衝突型加速器

2

台の

シンクロトロン,又は 1 台のシンクロトロン

と 1 台の

蓄積リングから構成され,それぞれから

の対応する

ビームが出会うようになっている加速

器。これらの

ビームは最も効果的な衝突を起こす

ように進路が決められている。

colliding beam

accelerator

25024   

マイクロトロン

電子の加速器の一種。電子を固定磁界中で,常に
決まった一個の空洞共振器を通るように周回さ

せ,この共振器の電界で加速するもの。

microtron

25025   

X

線発生装置

高圧発生用変圧器,整流器,制御器,X 線管など X
線を発生させるのに必要な機器を組み合わせたも
のの総称。

備考  一般に,高エネルギーX 線発生用の電子

加速器は,X 線発生装置と呼ばない。

X-ray generator

25026 797 30860 

中性子発生装置

中性子を発生するための小型加速装置。重水素と
トリチウムの原子核反応を利用した装置を指すこ
とが多い。

neutron generator

25027   

メソンファクトリー

高エネルギーで大電流の陽子

加速器を備え,中間

子を大規模に発生させるための施設。

meson factory

25028   

蓄積リング

加速

粒子のエネルギーを変えることなく,長時間

回し続けるよう設計されたもの。

storage ring

25029   

フォトンファクトリ

放射光を大規模に発生させるための施設。高エネ
ルギー電子加速器及び蓄積リングからなる。

photon factory


76

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

25030   

放射光

電子

シンクロトロンなどで加速された電子から,

軌道の接線方向に放射される電磁波。シンクロト
ロン放射ともいう。

synchrotron radiation

25031   

照射装置

放射線

照射の目的で用いられる装置。放射線源と

しては

放射性物質や加速器を用いる。

irradiation equipment

25032   

照射器

照射装置のうち比較的小型のものを指す。 irradiator

25033   

線源容器

1.

放射性線源を収納し,保管,貯蔵,輸送など
に用いる容器。

2.

照射器などにおいて,放射性線源を収納し,
必要に応じて所定の方向に放射線を放出する

機構を備えた容器。

[sealed] source

container

25034   

線源窓

密封線源から特定の方向に放射線が出るようにし
てある

線源カプセルの部分。

source window

25035   

照射窓(線源容器の)  放射線を照射するための線源容器の開口部で,通

常,保護用の膜又は板が設けられている。

window (of source

container)

25036   

照射口

照射器などから放射線を取り出すために設けられ
た孔。

irradiation hole

25037   

シャッタ

線源容器や照射口やビーム孔をふさぐために用い
られる可動式

遮へい。

shutter

25038 983 30273 

放射能標準

性質及び任意の時点における

放射能が知られてお

り,かつ基準として使われる

放射性線源。

radioactivity standard,

radioactive standard

25039 964 30223 

[放射]線源

電離放射線を放出するか,又は放出することので
きる装置若しくは物質。

radiation source

25040 979 30271 

放射[性]線源

電離放射線源として使うことを意図した放射性物
質。

備考  あるレベル以上の放射能又は比放射能

をもつ

放射性物質。

radioactive source,

radionuclide source

25041 1094 30272 

密封線源

放射性物質の散逸及び他の物質との接触を避ける
ため,カプセルに密閉するかカバーを接着した

射性線源。

sealed source

25042 1289  

非密封線源

密封されていないか,又は密封性能が不十分な

射性線源。

unsealed source

25043  30276 

ダミー線源

放射性物質の代わりに,非放射性物質を用いる密
封線源の模擬物で,質量や物理化学的性質を密封
線源に可能な限り近づけたもの。

dummy sealed source

25044   

シミ ュレーシ ョン線

実物の

密封線源と物質も構造も同じカプセルに微

量の

放射性物質(物理的及び化学的性質が実物に

できるだけ類似したもの)を封入した試験用の類

似線源。

simurated sealed

source

25045  30493 

飽和層厚(均一放射性
線源物質の)

放射性線源である均一な物質において,特定の放

粒子の最大飛程に等しい物質の厚さ。

saturation layer

thickness (of a

source constructed

of a homogeneous

radioactive material)

25046   

線源カプセル

密封線源において,放射性物質の散逸を防ぐため
の容器又は被膜。

source capsule

25047  30275 

放射線源のバッキン

放射性線源として使用するため,放射性物質を付
着させるもの。

radioactive source

backing

25048 661  

漏えい(洩)試験(密
封線源の)

密封線源から周辺環境への放射性物質の漏えいの
有無を調べ,又は漏えいの割合を測定すること。

leak test (of sealed

source)


77

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

25049   

α

線源

α

線を放出する放射性線源。 alpha-ray

source

25050   

β

線源

β

線を放出する放射性線源。 beta-ray

source

25051   

γ

線源

γ

線を放出する放射性線源。 gamma-ray

source

25052   

X

線源

X

線発生装置及び 線を放出する放射性線源。 X-ray

source

25053   

制動放射線源

加速器からの電子線,又は

β

線をターゲットに当て

て X

線を放出させる放射性線源。

bremsstrahlung source

25054   

陽電子線源

陽電子を放出する放射性線源。 positron

source

25055 804  

中性子源

中性子を放出するか,又は放出することのできる
装置又は物質。

neutron source

25056   

点線源

ジオメトリーから点と見なされる

放射性線源。 point

source

25057   

線[状]線源

放射性物質が極めて細長い形状をした放射性線
源。

line source

25058   

面線源

放射性物質が平面状に広がっている放射性線源。 surface

source

25059   

体積線源

放射性物質が一定の体積内に分布している放射性
線源。容積線源ともいう。

volume source

25060   

放射[能]面

面線源において,放射性物質が実際に固定されて
いる領域。

active area

25061  30274 

放出面(放射線源の)  利用放射線が出てくる線源表面の部分。

emitting surface (of a

radiation source)

25062 1147  

線源密度

単位時間,単位体積当たりに作り出される,特定

のエネルギーと方向をもつ特定の

粒子の数。

source density

25063 400  

放出率

放射線性源が単位時間当たりに放出する粒子数
で,特定のエネルギーをもつ特定の

粒子について

定められる。

emission rate

25064  30492 

面放出率(線源の)

単位時間当たりに

線源表面又は線源窓から放出さ

れる

粒子数で,ある値以上のエネルギーをもつ特

定の

粒子について定められる。

surface emission rate

(of a source)

25065  30494 

線源効率

ある

粒子の面放出率を,線源層から単位時間当た

りに放出又は生成する同じ種類の粒子数で割った
値と,同じく飽和層からの粒子数で割った値の,
どちらか大きい方。

source efficiency

25066 1102 30728 

自己遮へい

1.

外部からきた放射線が物体の表層の部分で吸
収されるため,内部における

放射線の量が減

少すること。

2.

放射線を出す物質自身による放射線の吸収。

self-shielding

25067 1103  

自己遮へい係数

自己遮へいによって放射線の量が減少する程度を
表す係数。

self-shielding factor

25068 1099  

自己吸収

放射線を出す物質自身による放射線の吸収。 self-absorption

25069 1100  

自己吸収係数

自己吸収によって放射線の量が減少する程度を表
す係数。線源効率ともいう。

self-absorption factor

2.

安定核種・放射性核種の分離・製造

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

26001   

ジラード・チャルマー
ズ反応

核変換に伴う生成核種の反跳効果によって起こる
化学反応。

Szilard

−Chalmers

reaction

26002   

放射化学分離

放射性核種を化学的方法によって,マトリックス
材又は他の

放射性核種から分離すること。

radiochemical

separation

26003   

無担体分離

放射性核種を分離する際,その安定同位体を加え
ることなしに分離すること。

carrier-free separation


78

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

26004   

同位体担体

放射性核種の処理に当たって加える担体が,その
放射性核種と同一の元素であるもの。

isotopic carrier

26005   

非同位体担体

放射性核種の処理に当たって加える担体が,その
放射性核種と異なる元素であるもの。

non-isotopic carrier

26006   

直接標識法

核反応によって生成したホットアトムで標識する
方法。放射合成法,反跳合成法ともいう。

direct synthesis,

radiosynthesis,

recoil synthesis

26007   

放射化学収率

放射性物質の化学的分離の際,特定の放射性核種
について,

放射能の測定によって得られる化学的

収率。

radiochemical yield

26008 654 

655 

標識化合物

化合物中の特定の

原子を,その元素の安定同位体

又は

放射性同位体で置き換えることによって,そ

の化合物を識別しやすくしたり,トレーサとして

用いることができるようにしたもの。

備考  分子単体についても同様な操作を行う

ことができる。  (labeled molecule, tagged

molecule)

labeled compound,

tagged compound

26009   

自己放射線分解

標識化合物が自身の放出する放射線によって分解
する現象。

self-radiolysis

26010   

共沈

溶液から沈殿ができるとき,溶解度からは沈殿し
ないはずのイオンが他の沈殿物に混じって沈殿す

る現象。

coprecipitation

3.

放射性核種の化学への利用(分析・トレーサ)

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

27001  40210 

ラジオクロマトグラ
フィー

放射能の測定を検出の手段とする放射性物質のク
ロマトグラフィー。移動相に気体か又は液体を使
用するとき,それぞれラジオガスクロマトグラフ

ィー又はラジオ液体クロマトグラフィーと呼ぶ。

radio-chromatography

27002 17  

放射化分析

照射によって作られる放射性核種が放出する特徴
的な

放射線の同定と測定に基づく分析法。

activation analysis

27003   

中性子放射化分析

中性子照射を利用する放射化分析。 neutron

activation

analysis

27004   

機器放射化分析

測定機器を利用し,物理的測定だけによって行う
放射化分析。

instrumental activation

analysis

27005   

放射化学分析

試料中のある成分がもつ

放射能の測定によって行

う化学分析法。

radiochemical analysis

27006   

放射能利用分析

放射性核種のもつ放射能を利用して行う化学分析
法。

radioanalytical method

27007 993  

放射分析

放射性試薬と試料との反応において生成する物質

放射能測定に基づく定量化学分析。

radiometric analysis

27008   

放射性試薬

放射性核種で標識した試薬。 radioactive

reagent

27009   

放射滴定

試料溶液に放射性指示薬を加え,又は試薬に

放射

性同位体を加えて試料に滴加し,放射能測定によ
って終点を判別する容量分析法。

radiometric titration

27010   

同位体希釈分析

元素分析の際,その元素の

同位体の既知量を試料

に添加し,それによる

同位体存在度の変化(例え

ば,

比放射能の変化)から元素を定量する方法。

同位体希釈法ともいう。

isotope dilution

analysis


79

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

27011   

直接希釈法

同位体希釈分析の一種で,非放射性の試料に,比
放射能が既知の標識化合物の一定量を加え,比放
射能の変化を測定することによって定量する方
法。直接希釈分析ともいう。

direct dilution method

27012   

逆希釈法

同位体希釈分析の一種であって,比放射能が既知
の放射性試料に一定量の安定同位体からなる化合
物を加えて

比放射能の変化を測定することによっ

て定量する分析法。

reverse dilution

method

27013   

二重希釈法

逆希釈法において,試料の比放射能が未知の場合,
安定同位体からなる化合物の添加量を変えて逆希
釈法の操作を二度行うことによって定量する分析
法。

double dilution method

27014   

アイソトープ誘導体

同位体希釈分析の一種であって,非放射性化合物

放射性試薬を加えて放射性誘導体を作り,逆希

釈法の原理を利用して非放射性化合物を定量する
分析法。

isotope derivative

method

27015   

不足当量[希釈]法

定量すべき物質に

放射性同位体の既知量を加え,

一定不足量の試薬を用いて分離を行い,

放射能測

定によって定量する分析法。

substoichiometric

isotope dilution

method

27016   

同位体交換法

放射化学分析の一種であって,試料と試薬との間

同位体交換反応を利用するもの。

isotope exchange

method

27017   

直接同位体交換法

同位体交換法の一種であって,試料が非放射性で,
試薬が放射性のもの。

direct isotope exchange

method

27018 655 

1261 

トレーサ

独自の性質によって識別できる物質で,その少量
を他の物質又は物体の分布や挙動を知るために,
加えたり取り付けて目印とするもの。

備考  トレーサが添加されたことを“標識され

た (tagged, labelled)”という。

tracer

27019 643  

同位体トレーサ

対象とする元素と同じ元素で,

同位体組成の異な

トレーサ。

isotopic tracer

27020 980 30240 

放射性トレーサ

放射能を指標とするトレーサ。 radioactive

tracer,

radiotracer,

radioactive indicator

27021 1175  

安定同位体トレーサ

安定同位体を使用する非放射性のトレーサ。

stable [isotope] tracer

27022 811  

非同位体トレーサ

対象とする物質の元素と異なる元素の 1 種以上の
核種を使う

トレーサ。

nonisotopic tracer

27023   

アクチバブルトレー

非放射性の物質を

トレーサとして試料に加えた後

放射化して,その放射能を測定することによっ

て挙動を追跡するもの。

activable tracer

27024   

X

線回折法

結晶格子による X

線の回折現象を利用して結晶構

造や化合物の構造の決定を行う方法。

X-ray diffraction

analysis

27025   

蛍光 線分析

試料に X

線を照射し,発生する特性 線の波長(又

はエネルギー)と強度を測定することに基づく元
素分析法。

fluorescent X-ray

analysis

27026   

イオンビームアナリ
シス

粒子励起 X

線分析法,ラザフォード後方散乱法な

ど,加速したイオンを使用する元素や

核種の分析

技術の総称。

ion beam analysis

27027   

粒子励起 線分析法  試料に加速された陽子や

α

粒子などを照射し,発生

する

特性 線の波長(又はエネルギー)と強度を

測定することに基づく元素分析法。

particle induced X-ray

emission analysis,

PIXE analysis


80

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

27028   

ラザフォード後方散
乱法

原子核のクーロン場による荷電粒子のラザフォー
ド散乱を利用するもので,入射

ビームに対し後方

散乱する粒子のスペクトル測定から,試料を構

成する物質の核種を分析する方法。略語 RBS

Rutherford

backscattering

spectrometry

27029 764 30327 

メスバウアー効果

原子核から反跳を伴わずに放出された

γ

線が同じ

核種の原子核によって共鳴吸収される現象。

備考1.  この現象は最小フォノン損失及び光

電効果又は内部転換過程との競合が
最低という条件のもとで,原則的に

150keV

以下のエネルギーの

γ

線で達成

する。

2.

この現象は,例えば,

励起準位の核ス

ピン,金属化合物や金属の内部磁場,
化学的環境下での

電子密度の測定に,

広く応用されている。

Mossbauer effect

27030   

メスバウアー分光法

メスバウアースペクトルの共鳴吸収ピークの位置

半値全幅などを測定し,物質の構造を知る方法。

Mossbauer

spectroscopy

27031   

メスバウアースペク
トル

メスバウアー効果の測定において,線源と吸収体
との相対速度に対する

γ

線の吸収率を示したもの。

Mossbauer spectrum

27032  30347 

核磁気共鳴

強い静磁界内におかれた物質の構成原子の核スピ
ンと高周波磁界との共鳴を利用して,希釈された
物質中の分子を同定するのに用いる現象。略号

NMR

nuclear magnetic

resonance

27033 971  

[放射能]年代測定

物質中に存在する長寿命の

自然放射性核種及びそ

壊変生成物の量から年代決定を行うこと。

radioactive dating

27034   

[放射性]炭素年代測

物質中に存在する放射性の炭素−14 の量によって
年代決定を行うこと。炭素 14 年代測定ともいう。

[radio-] carbon dating

27035   

ルビジウム−ストロ
ンチウム年代測定

鉱物などに含まれるルビジウム−87 とその

壊変生

成物ストロンチウム−87 の量によって年代決定を
行うこと。

rubidium-strontium

dating

27036   

カリウム−アルゴン
年代測定

鉱物などに含まれるカリウムとアルゴン−40 の量
によって年代決定を行うこと。

potassium-argon dating

27037   

熱ルミネセンス年代
測定

セラミックに含まれる石英などの熱ルミネセンス
を測定し,考古学的遺物などの年代決定を行うこ

と。

thermoluminescence

dating

27038   

フイッショントラッ
ク年代測定

ウランを含むガラス状物質に残された自発核分裂
による飛跡の量によって年代決定を行うこと。

fission trackdating

4.

化学以外の分野への利用

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

28001   

自発光塗料

りん光を発する物質を主原料とする塗料に

放射性

物質を加え自ら発光するもの。夜光塗料ともいう。

selfluminous paint

28002   

アイソトープ熱源

放射性核種から放出される

α

線や

β

線を吸収し,そ

のエネルギーを熱に変換する装置。

radioisotopic heat

source


81

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

28003 642  

原子力電池

放射性核種から放出される放射線のエネルギーを
直接又は間接に電気に変換する装置。

荷電粒子を

電極に直接集め電位差を作り出す方法や,熱電子

変換又は熱電気変換によって,

放射性壊変によっ

て生じる熱を電流に変換する方法がある。アイソ
トープ電池ともいう。原子力電池,アイトソープ

電池ともいう。

nuclear battery,

isotope power

generator

28004 1232  

熱電子変換

熱陰極と冷陽極の間の電子放射によって,熱エネ

ルギーから電気エネルギーへ直接変換する方法。

thermionic conversion

28005 1233  

熱電気変換

熱電対を使って熱エネルギーから電気エネルギー
へ直接変換する方法。

thermoelectric

conversion

28006   

放射能探査

自然放射能や人工放射線を利用して地質構造や地
下資源を調べること。

radioactive

prospecting,

radioactive exploration

28007   

γ-γ検層

地質調査のためのボーリング孔に

γ

線源と測定器

からなる検層計を入れ,

γ

線の後方散乱の強度から

地盤の密度を測定する検層法。

gamma-gamma

logging

28008   

n-

γ検層

中性子源と

γ

線スペクトロメータを組み合わせた

検層計を用い,地中の元素による

中性子捕獲の際

に放出される

捕獲

γ

線や放射化された元素から放

出される

γ

線のスペクトルを測定して行う検層法。

neutron-gamma

logging

28009 989  

ラジオグラフ

物体との相互作用,又は物体自身から放出される
電離放射線によって作られた物体の像。

備考  様々な技術によって,この像を永久に残

しておくことも,一時的に記録すること
もできる。

radiograph

28010   

ラジオグラフィー

放射線の透過の際の減衰が,物体の厚さ,材質に
よって異なることを利用し,物体の像を写真フィ
ルムに記録し又は蛍光板上に示すこと。

radiography

28011 734  

マイクロラジオグラ
フィー

得られた記録画像(

ラジオグラフ)を光学的に拡

大し,小さい対象又は微細な構造を調べる

ラジオ

グラフィー。

microradiography

28012 58  

オートラジオグラフ
ィー

写真乾板(又は乳剤層)に物体を密着させ,物体
の中にある

放射性物質が出す放射線の写真を作る

こと。これによって物体に含まれる

放射性物質の

分布を記録することができる。

autoradiography

28013   

マクロオートラジオ
グラフィー

肉眼で観察できる

オートラジオグラフィー。 macro-autoradiography

28014   

電顕オートラジオグ
ラフィー

電子顕微鏡で観察できる

オートラジオグラフィ

ー。

electron-microscopic

autoradiography

28015 803  

中性子オートラジオ
グラフィー

中性子線を利用するラジオグラフィー。 neutron

radiography

28016 526  

γ

線ラジオグラフィー  放射性線源からの

γ

線を使うラジオグラフィー。 gamma

radiography

28017   

非破壊検査

対象物を破壊することなく検査する方法の総称。
放射線,超音波,電磁誘導,蛍光染料などを利用
するものがある。非破壊試験ともいう。

non-destructive

inspection,

non-destructive testing

28018   

γ

線透過試験

γ

線を利用する非破壊検査。 gamma-ray

inspection

28019   

X

線イメージ増倍管

X

線像の輝度を増強するため,線透視法におい

て使われる装置。X 線イメージインテンシファイ

アともいう。

X-ray image intensifier


82

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

28020   

X

線テレビジョンシ

ステム

蛍光板や X

線イメージ増倍管の可視像をテレビジ

ョン装置と組み合わせて受像するシステム。

X-ray television

system

28021   

X

線透過試験

試験する物体に X

線を透過させ,線フィルムを

黒化するか,又は透視して検査する方法。

X-ray inspection

28022   

X

線透視法

透過 X

線ビームによって可視像をつくり観測する

方法。

X-ray radiography

28023   

直接撮影法

被写体を透過した X

線ビームによって直接,

フイルムを黒化させて撮影する方法。

direct radiography

28024   

間接撮影法

X

線によって受像面に得られた可視像をカメラで

撮影したり,受像面で得られた情報を伝送して,

画像を得る撮影法。

indirect radiography

28025   

パノラマ撮影

ラジオグラフィーにおいて線源の周囲に多数の被
写体を並べ,1 回の照射で多数の透過写真を得る方
法。

panoramic radiography

28026   

スクリーン[タイプ]
フィルム

X

線フィルムのうち,増感紙が発する蛍光に対し

相対的に高い感度をもったフィルム。

備考  直接撮影法で使用される。

screen type film

28027   

ノンスクリーン[タイ
プ]フイルム

X

線フィルムのうち,放射線に対する感度を大き

くしたもので,増感紙なしに使用できるフィルム。

備考  直接撮影法で使用される。

nonscreen type film

28028   

透過度計

放射線透過写真の像質を評価するためのゲージ。
原則として被写体と同じ物質でできている。

penetrometer

28029   

透過度計識別度

透過度計を用いて測定された識別度。 penetrometer

sensitivity

28030   

像質

放射線透過写真のフィルム画像の質。画質ともい
う。

image quality

28031   

像質計

画質を表すために用いられるゲージ。画質計とも

いう。略号 IQI

image quality indicator

28032   

写真濃度

黒化した X

線フィルムの濃度。濃度 は現像した

X

線フィルムに入射した光の強さ L

0

の,透過光の

強さ に対する比の対数で表される。すなわち

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

L

L

D

0

10

log

photographic density

28033   

増感紙

X

線フイルムの感度を上げるため,フイルムに密

着させて用いられる鉛はくや蛍光はく。

intensifying screen

28034   

鉛はく(箔)増感紙

鉛はくを接着した増感紙。

lead foil intensifying

screen

28035   

蛍光増感紙

電磁波によって蛍光を放出する物質を塗布した板
状の増感紙。

fluorescent

intensifying screen

28036 986  

放射線結晶学

X

線,電子,中性子などの回折現象を利用し,結

晶構造の研究(特に結晶中の原子配置)や結晶物
質の確認を行う技術。

radiocrystallography

28037  41607 

放射能検層

1)

地層内にあけられた孔の中で,地層を構成す
る岩石からの

自然放射線又は誘発放射線を測

定すること。

2)

60001  放射能検層”参照

radioactive well

logging


83

Z 4001 : 1999

5.

放射線の化学・生物学的効果の利用(線源利用・照射効果)

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

29001   

イオン注入法

加速器を用い,半導体材料などに加速された異種
原子を打ち込む方法。

ion implantation

technique

29002   

反跳インプランテー
ション

イオン注入法の一種で,加速粒子そのものでなく,
その

反跳粒子を注入する方法。

recoil implantation

29003   

色中心

イオン結晶を

放射線照射したとき生じた電子又は

正孔が

格子欠陥に捕らえられたものであって,光

の吸収を伴う。

color center

29004   

スパー

放射線の通る道筋に沿ってできる初期生成物の濃
度の高い部分。

spur

29005   

イオン対収率

放射線によって作られる電子とイオンの対の収
率。

ion-pair yield

29006   

初期収率

放射線によって直接できる電子,イオン,ラジカ
ルなどの収率。

initial yield

29007   

照射効果

物質に

放射線を照射した際に起こる物理,化学,

生物学的変化の総称。

radiation effect

29008   

放射線合成

放射線照射によって生成する電子,イオン,ラジ
カルなどを利用する合成法。

radiation synthesis

29009   

放射線架橋

高分子を

放射線照射し,分子間に新しい結合をつ

くること。橋かけともいう。

radiation crosslinking

29010   

パルス放射線分解
[法]

マイクロ秒からピコ秒程度のパルス状

放射線(主

に電子線)を

照射し,放射線分解でできる不安定

な生成物の

吸収スペクトルや反応速度を測定する

方法。

pulse radiolysis

29011   

フィッショントラッ

ウランなどの

核分裂によって,鉱物などの中に残

された損傷。年代測定に利用される。

fission track

29012   

放射線プロセシング

工業的に

放射線化学反応を利用すること。 radiation

processing

29013   

放射線重合

放射線照射によって誘起される重合反応。 radiation

[-induced]

polymerization

29014   

放射線グラフト重合

基幹となる高分子に,任意の分子を

放射線照射に

よって接合する共重合反応。

radiation graft

polymerization

29015   

放射線イオン重合

放射線照射で生成する正イオン又は負イオンによ
る重合反応。

radiation ionic

polymerization

computed

29016   

放射線キュアリング

放射線照射による重合や架橋反応を利用する材料
表面の処理・加工の方法。

radiation curing

29017   

ガンマフィールド

成育中の植物に対して連続的に

γ

線照射を行う圃

場(ほじょう)

gamma field

29018   

放射線育種

放射線照射によって遺伝的素質を改良し,利用価
値を高めること。

radiation breeding

29019   

放射線[による]不妊

害虫の雄(又は雌)に

放射線を照射して生殖能力

を失わせること。

radiation sterilization

29020   

食品照射

食品に

放射線を照射し,発芽抑制,殺虫,殺菌な

どを行い,貯蔵期間を延長させる技術。

food irradiation

29021  30335 

放射線保蔵

保存を目的として,食品を

電離放射線にさらすこ

と。

radiation preservation

29022   

照射食品

放射線照射処理を行った食品。 irradiated food


84

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

29023   

放射線[による]発芽
防止

長期保存の目的で,ジャガイモ,タマネギなどに
放射線を照射して発芽を抑制すること。芽どめと
もいう。

radiation sprout

inhibition

29024   

血液照射

輸血用血液製剤中に存在するリンパ球の増殖機能
を抑えるため,製剤を

放射線で照射すること。

blood irradiation

29025  30336 

放射線滅菌

微生物の死滅を目的として,材料,物品,生物を
電離

放射線にさらすこと。放射線殺菌ともいう。

radiation sterilization,

radiation killing

29026   

放射線滅菌の指標菌

放射線滅菌の程度を推定するための指標に用いる
微生物。

indicator [micro]

organism

[forradiation

sterilization]

29027   

滅菌線量

滅菌に必要な

放射線の線量。 sterilization

dose

6.

医学利用

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

30001   

マルチフォーマット
カメラ

高解像力 CRT に表示されたコンピュータ断層撮影
法や

シンチグラムなどの画像を 1 枚の X 線フィル

ム上に様々なフォーマットで記録する装置。

multiformat camera

30002   

シンチ[レーション]
カメラ

シンチレーション検出器によって検体からの放射
線を計測し,放射性物質の分布を画像として記録
する装置。

scintillation camera,

scinticamera

30003   

ガンマカメラ

検体からの

γ

線を計測し,放射性物質の分布を画像

として記録する装置。

gamma camera

30004   

陽電子カメラ

陽電子の消滅放射を測定し,それによって陽電子
放出

核種の分布を描かせるカメラ。同時計数法を

用いることが多い。

positron camera

30005   

平行孔コリメータ

鉛などの重金属の板に円形,六角形,正方形など

の孔を多数平行に設けたもので,

シンチカメラに

装着して用いる。

parallel hole collimator

30006   

ピンホールコリメー

鉛製の円錐の頂点に一つの孔をあけたもので,孔
の部分にはタングステンなどの密度の高い物質を
用いる。

シンチカメラに装着して小さい臓器の拡

大像を得るために使用される。

pinhole collimator

30007   

斜孔コリメータ

鉛などの重金属の板に一方向に傾斜した孔を多数
平行に設けたもので,

シンチカメラに装着して用

いる。正面に密着させた状態で臓器の右又は左前
斜位像が撮像できる。

slant hole collimator

30008   

固有分解能

コリメータの幾何学的分解能を除いた,シンチカ
メラ検出器自体の位置分解能。

intrinsic resolution

30009   

総合分解能

コリメータ装着時のシンチカメラの位置分解能。
固有分解能の二乗とコリメータの形状で決まる幾
何学的分解能の二乗の和の平方根で近似される。

system resolution

30010   

総合感度

コリメータ装着時のシンチカメラの

γ

線検出感度。

単位線源放射能当たりの計数率で表される。

system sensitivity

30011   

有効視野

シンチカメラ検出器の視野のうち,感度が均一で
検査目的に耐え得る像がとれる有効領域。

effective field of view

30012 1089  

シンチスキャン[ニン
グ]

生物組織に標識元素を導入後,適当な

コリメータ

を持つ

シンチレーション検出器によって対象領域

を走査することからなる生物組織の視覚化法。

scintiscanning


85

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

30013   

計数率特性

放射能に正比例する真の計数率に対して実際に検
出器で測定される

計数率との対応関係を示す特

性。

γ

線検出の分解時間が有限なため,強いレベル

の放射能を測定するほど真の

計数率に対して観測

計数率の数え落としは増加する。

counting rate

performance

30014 1315  

全身計測装置

人体内の

放射性物質からの

γ

線を体外から計測し,

放射性物質の体内量を定量する装置。周辺からの
自然放射線に対し十分に遮へいする必要がある。
放射線防護及び微量放射性物質の代謝過程を追跡
するなどの医学利用に用いられる。

whole-body counter

30015   

動態機能検査装置

投与された

放射性医薬品の臓器における時間的推

移を

シンチレーション検出器で体外から計測し,

臓器機能を検査する装置。

equipment for dynamic

function study

30016   

位置計算回路

シンチカメラに

γ

線が入射し,コリメータを通過

後,シンチレータで発生した蛍光が多数の

光電子

増倍管で捕らえられたとき,その多数の出力から
発光点の座標を計算する回路。

position computer

30017   

核聴診器

プローブ形

シンチレーション検出器に心電計とこ

れらの機器から発生するデータを処理するマイク

ロプロセッサ及び検査結果の表示装置を接続した
もので,

放射性医薬品を投与された患者の心機能

を長時間モニタする装置。

nuclear stethoscope

30018   

オートフルオロスコ
ープ

ガンマカメラの一種で,多数の角形の NaI (Tl) シ
ンチレータをモザイク状に並べて発光を検出し画
像とする装置。

autofluoroscope

30019   

X

線 CT

X

線を線源とした透過形コンピュータ断層撮影法。

 X-ray computed

tomography

30020   

コンピュータ断層撮
影法

所要の断面を横断する

放射線の吸収に関する情報

又は

放射能分布に関する情報を記憶・蓄積し,電

子計算機によって再構成し断面像を得る方法。略
号 CT

computed tomography

30021   

透過形コンピュータ
断層撮影法

臓器組織による

放射線の吸収差を体外から計測

し,断層像として描画する

コンピュータ断層撮影

法。 
略号 TCT

transmission computed

tomography

30022   

放射形コンピュータ
断層撮影法

人体内の

放射能分布を体外から断層像として計測

描画するコンピュータ断層撮影法。略号 ECT

emission computed

tomography

30023   

単光子放射形コンピ
ュータ断層撮影法

γ

線放出核種を用いる放射形コンピュータ断層撮

影法。略号 SPECT

single photon emission

computed

tomography

30024   

陽電子放射形コンピ
ュータ断層撮影法

陽電子放出核種を用い,同時計数法又は飛行時間
差検出法を利用した

放射形コンピュータ断層撮影

法。略号 PET

positron emission

computed

tomography

30025   

希釈法

一定濃度と量の

放射性物質を加え,希釈後の濃度

から溶媒の量を知る方法。循環血液量などの測定

に用いる。

dilution method

30026   

放射性医薬品

放射性核種で標識された医薬品で,診断や治療に
用いられるもの。

radiopharmaceuticals


86

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

30027   

ラジオアイソトープ
ジェネレータ

親核種をイオン交換樹脂などに吸着させておき,
娘核種が任意の時点で抽出できる装置。カウとも
いう。

radioisotope generator,

radionuclide generator

30028   

トレーサ法

放射性同位体が非放射性安定同位体と同じ化学的
性質をもつことを利用し,

放射性核種又はその標

識化合物を追跡子として生体内に投与して行方を
追う方法。

tracer technique

30029   

データ収集モード

ガンマカメラを通してアナログデジタル変換器に
よって変換された生体情報をコンピュータに収集
する方法で,リストモードとフレームモードがあ
る。

data acquisition mode

30030   

放射免疫測定[法]

抗原としてのホルモンや薬物などの微量物質を定
量する方法で,測定しようとする抗原と

放射性物

質で標識された抗原とが,抗体に対して競合的に
反応することを利用したもの。ラジオイムノアッ
セイともいう。略号 RIA

radioimmunoassay

30031   

放射受容体測定[法]  放射免疫測定法と同様にホルモンや生理的活性物

質を微量測定する方法であるが,抗体の代わりに
組織に存在する受容体を用い,受容体に対する標

識ホルモンと未知試料中の非標識ホルモンとの競
合反応を利用する。略号 RRA

radioreceptor assay

30032   

放射免疫検出法

抗体を

放射性物質で標識し,この抗体が結合する

抗原の体内分布をシンチグラムとして画像表示す
る方法。モノクローナル抗体を用いて悪性腫瘍転

移巣の検出などに利用される。略号 RID

radioimmunodetection

30033   

免疫放射[性]定量測
定[法]

放射免疫測定法の方法を用いているが,抗原でな
く抗体を

放射性物質で標識し,未知試料の抗原に

結合させて抗原量を測定する方法。競合反応を利
用したものではない。略号 IRMA

immunoradiometric

assay

30034   

競合タンパク結合[放
射]測定[法]

甲状腺ホルモンなどの血中濃度を測定する方法で
あって,測定しようとする血中ホルモンと

放射性

物質で標識されたホルモンが,結合タンパクに競
合的に反応することを利用するもの。略号 CPBA

competitive protein

binding [radio-]

assay

30035   

機能像

臓器画像の各画素ごとに得られる

時間放射能曲線

から最大値などの一つの実数値をとるパラメータ

を取り出し,この値をもとの臓器の形に二次元的
に配列した画像。

functional image

30036   

ラジオアイソトープ
イメージ

X

線,

γ

線などの放射線によって描写された放射性

物質の分布像で,主として疾病の診断に用いられ
る。

radioisotope image,

radionuclide image

30037   

動態像

形態観察と機能観察とを同時に行うために経時的
に撮影した

シンチグラム。

dynamic image

30038   

時間放射能曲線

縦軸に

放射能,横軸に時間をとって,放射能の時

間推移を表した曲線。

time-activity curve

30039   

情報密度

シンチグラム上の目的とする臓器,組織の単位面
積当たりの計数をいい,画質に影響を及ぼす。略
号 ID

information density

30040   

関心領域

シンチグラムを数値分析する場合に設定するある
特定の領域。略号 ROI

region of interest


87

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

30041   

全身[画]像

シンチカメラ若しくはシンチスキャナの検出器又
はベッドを駆動して全身の

放射能分布を測定し,

画像としたもの。

whole-body image

30042   

放射性核種標識抗原

抗原に

放射性核種を標識したもの。放射免疫測定

などに用いられる。

radionuclide-labeled

antigen

30043   

放射性核種標識抗体

抗体に

放射性核種を標識したもの。免疫放射定量

測定や放射免疫検出法などに用いられる。

radionuclide-labeled

antibody

30044   

頚部ファントム

放射性よう素の甲状腺摂取率測定を目的に,人体
頚部に模して作られたファントム。

neck phantom

30045   

インビボ検査

生体内の

放射性物質の分布や動態を体外から計測

する検査。

in vivo test

30046   

インビトロ検査

試験管内の化学反応による検査。核医学では,主

として血清内の微量ホルモン,微量タンパク結合
物質や薬物などを測定する検査をいう。

in vitro test

30047   

ラジオバイオアッセ

放射性核種の計測を利用し,生物の反応の変化を
指標とする検査。細胞膜の受容体の測定などに用
いる。

radiobioassay

30048   

シンチグラム

シンチカメラなどを用いて,写真フィルムなどに
記録された生体又は臓器内の

放射能分布図。

scintigram

30049   

シンチグラフィ

体内に存在する

放射性物質の分布状態を体外から

検出し描画する方法。

scintigraphy

30050   

[核]磁気共鳴イメー
ジング

核磁気共鳴現象を利用した生体のイメージング
法。生体組織の生理的,病的状態による水素原子
密度,緩和時間の差を解剖学的な画像として表示
する。略号 MRI

[nuclear] magnetic

resonance imaging

30051   

MIRD

米国核医学会の医療内部被曝線量委員会 (Medical

Internal Radiation Dose Committee)

から公表された

内部被ばく吸収線量の計算法。

MIRD method

30052   

線源臓器

他の臓器に対して

線源の役割をする臓器。 source

organ

30053   

標的臓器

線源臓器からの放射線又は体外からの放射線を受
ける臓器。

target organ

30054   

吸収割合

線源組織から放出される特定の放射線のエネルギ
ーの内,特定の標的組織で吸収される割合。

absorbed fraction

30055   

自動ウェル形計数装

井戸型の

シンチレーション検出器をもち,試料の

測定と交換を自動的に行う

γ線測定装置。オートウ

ェル形計数装置ともいう。

automatic well counter

30056   

注射器遮へい筒

注射器内の

放射性医薬品から出る放射線を遮へい

する目的で作られた円筒状の鉛製用具。注射時の
手指などの

被ばくを軽減する。

syringe shield

30057   

バーファントム XY 平面の 4 象限にそれぞれ異なる間隔で鉛バーを

平行に並べた円形平板状のファントム。

線源と組

み合わせてシンチカメラの固有分解能などを調べ
る目的に使用する。

bar phantom

30058   

フラッドソース

放射能面密度が均一で大面積の平板状密封線源。
シンチカメラの感度均一性評価に用いる。均一線

源ともいう。

flood source

30059   

無病正診率

ある検査において無病症例数のうち,その検査に
よる陰性例数の占める割合。

無病正診例数/無病正診例数+無病誤診例数で表
す。

specificity true

negative rate


88

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

30060   

有病正診率

ある検査において有病症例数のうち,その検査に
よる陽性例数の占める割合。 
有病正診例数/有病正診例数+有病誤診例数で表

す。

specificity true positive

rate

30061   

[診断の]正確度

ある検査において全症例数のうち,有病正診者数

と無病正診者数の和の割合。 
有病正診例数+無病正診例数/全症例数で表す。

[diagnostic] accuracy

30062   

無病誤診

ある検査において無病であるのに,その検査が陽

性になること。

false positive

30063   

有病誤診

ある検査において有病であるのに,その検査が陰

性になること。

false negative

30064   

ほう素中性子捕捉療

中性子とほう素 10 による (n,

α

)

反応で放出され

粒子が,悪性腫瘍細胞に対してもつ生物効果を

利用する放射線療法の一種。

boron neutron capture

therapy


89

Z 4001 : 1999

V.

原子炉

VI.

原子炉一般 

1.

原子炉の名称

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

40001 837 30501 

原子炉

自立の

核分裂連鎖反応を維持し,制御することが

できる装置。

備考  未臨界,臨界及び臨界超過の状態にある

原子炉を,それぞれ未臨界炉 (subcritical

reactor)

,臨界炉 (critical reactor) 及び臨

界超過炉 (supercritical reactor) と呼ぶこ
とがある。  (IEC)

また,制御

核融合反応装置も原子炉と

呼ぶことがある。  (ISO)

[nuclear] reactor

40002 1024 

1025 

原子炉系

1.

減速材の性質及び冷却材の性質,核分裂を引
き起こす

中性子のエネルギーなどからなる原

子炉の特性体系で,建設可能な

原子炉を分類

するためのもの。

2.

原子炉機器及びある種の補助設備。

reactor system

40003 1196  

未臨界集合体

未臨界の体系であって,普通,独立した中性子源
と組み合わせて,その体系の特性を測定するため

に用いられるもの。臨未満界集合体ともいう。

subcritical assembly

40004 252  

臨界集合体

臨界を実現できる体系であって,臨界実験に用い
られるもの。

critical assembly

40005 255  

臨界施設

制御された自立

核分裂連鎖反応が持続する施設。

しかし極めて低い出力レベルで動作するよう設計

されている。

備考  保障措置では,附属する貯蔵施設を含

む。

critical facility

40006 937  

原型炉

同じ基本設計をもつ

原子炉シリーズのうち,最初

のもの。

備考1.  我が国では,ある特定の形式の動力炉

の技術を実証するため,最初に試作さ
れる

原子炉をいう。

2.

本質的に同じ特徴をもつが,最終シリ
ーズの

原子炉より小さな規模のもの

を指すこともある。(ISO 921)

prototype reactor

40007 300  

実証炉

ある特定の

動力炉形式について,技術的な実証と

経済性の見通しを確立するために設計される

原子

炉。

備考  我が国以外では,この種の原子炉を原型

炉と呼ぶこともある。

demonstration reactor

40008   

実用炉

実用段階にある

動力炉。商用炉ともいう。 commercial

reactor

40009 1330  

ゼロ出力[原子]炉

冷却系が不要なほど低い

熱出力で運転するように

設計されている

原子炉。

zero-power reactor,

zero-energy reactor

40010 1226 30611 

熱中性子炉

核分裂が主として熱中性子によって引き起こされ
る原子炉。

thermal reactor

40011 419 30610 

熱外中性子炉

核分裂が主として熱外中性子によって引き起こさ
れる

原子炉。

epithermal reactor


90

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

40012 611 30609 

中速中性子[原子]炉  核分裂が主として中速中性子によって引き起こさ

れる

原子炉。中速スペクトル炉ともいう。

intermediate

[spectrum] reactor

40013 447 30608 

高速[中性子]炉

核分裂が主として速中性子によって引き起こされ

原子炉。

fast reactor

40014 1163 30614 

スペクトルシフト[型
原子]炉

制御又はその他の目的のために,

減速材の性質又

は量を変えて

中性子スペクトルを調節できる原子

炉。

spectral shift reactor

40015 563 30601 

均質[原子]炉

炉心全体を構成する燃料と減速材を均質な混合物
として取り扱っても,炉心内の中性子特性を正確
に記述できる

原子炉。

homogeneous reactor

40016 557 30602 

非均質[原子]炉

炉心を構成する燃料と減速材が分離しており,そ
れを

炉心全体にわたって均質な混合物として取り

扱うと,

炉心内の中性子特性を正確に記述できな

原子炉。

heterogeneous reactor

40017 238 30612 

転換炉

原子炉内において,顕著な転換が行われるもの。

備考  ある国では,新しい核分裂性物質の回収

を意味している。フランスでは,

核分裂

性物質の生成が消耗と等しい場合,再生
炉と呼ばれる。

converter [reactor]

40018 136  

専焼炉

顕著な

転換を起こすことなく核分裂性核種を消費

する

原子炉。

burner reactor

40019 121 30613 

増殖炉

消費する以上に

核分裂性物質を作り出す原子炉。

備考  増殖炉は,1 以上の転換率をもつ。

breeder reactor

40020   

高速増殖炉

増殖炉で,高速中性子炉に属するもの。略号 FBR。  fast breeder reactor

40021 775 30603 

天然ウラン[原子]炉  天然ウランを燃料とする原子炉。

natural uranium reactor

40022  30604 

濃縮燃料[原子]炉

濃縮ウラン又はウラン 233,プルトニウム 239 など
核分裂性核種で富化した天然ウランを燃料とする
原子炉。

enriched fuel reactor

40023   

濃縮ウラン[原子]炉  濃縮ウランを燃料とする原子炉。 enriched

uranium

reactor

40024  30605 

プルトニウム燃料炉

プルトニウムを

燃料とする原子炉。

plutonium fuel reactor

40025 1098  

シード炉心原子炉

濃縮燃料又は燃料親物質からなる炉心格子内

に,より高い

濃縮燃料の局所的領域(シード)を

設けた

原子炉。

seed core reactor

40026  30606 

流動化燃料炉

液体に非常に近い性質をもつ物質を

燃料とする原

子炉。

fluidized reactor

40027  30607 

循環燃料炉

燃料が炉心を通して循環する原子炉。

備考  普通,これは液状又は液体中に懸濁する

微粒子状の

核分裂性物質を用いること

を意味する。(IEC 393)

circulating-fuel reactor

40028 876  

ペブルベツド[原子]

炉心材料(燃料,燃料親物質,減速材)の一部,
又は全部が小球(ペブル)状をなし,それらが互
いに接触し定常床となっている

原子炉。

pebble bed reactor

40029 1141  

ナトリウム冷却[原
子]炉

ナトリウムを

冷却材として用いる原子炉。 sodium-cooled

reactor

40030 527  

ガス冷却炉

気体を

冷却材として用いる原子炉。略号 GCR

gas-cooled reactor

40031 668  

軽水[型原子]炉

軽水又はその気液混合物を,減速材及び冷却材と
する

原子炉。略号 LWR

light water reactor

40032 555  

重水炉

減速材に重水を使用する原子炉。 heavy-water

reactor


91

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

40033 924  

加圧型炉

一次冷却材がバルク沸騰を起こさないように加圧
されている

原子炉。

pressurized reactor

40034 98  

沸騰型炉

一次冷却材の沸騰を許す原子炉。 boiling

reactor

40035   

加圧水[型原子]炉

一次冷却材としての軽水を沸騰させずに,発生す
る熱を除去する

原子炉。略号 PWR

pressurized water

reactor

40036 99  

沸騰水[型原子]炉

冷却材としての軽水を沸騰させることによって,
発生する熱を除去する

原子炉。略号 BWR

boiling water reactor

40037   

簡素化軽水炉

在来型

軽水炉の性能の一層の向上を目指し,主に

一次冷却材回路及び原子炉安全保護系の単純化に
重点をおいて開発中の軽水炉。略号 SLWR

simplified light water

reactor

40038   

改良型軽水炉

在来型

軽水炉を改良したもの。略号 ALWR

備考  我が国では,利用率の向上及び作業者の

被ばく線量の低減などを目指して計画
的に改良標準化が行われ,改良型

沸騰水

炉  (ABWR) と 改 良 型 加 圧 水 炉 
(APWR)

がある。

advanced light water

reactor

40039 331  

直接サイクル炉

動力の生産に,

一次冷却材を直接用いる原子炉。 direct-cycle

reactor

40040 584  

間接サイクル炉

動力の生産のため,

一次冷却材から熱を二次冷却

材に伝達するようになっている原子炉。

indirect-cycle reactor

40041 375  

二重サイクル炉

一次及び二次

冷却材の双方からの熱を動力の生産

に利用する

原子炉。

dual-cycle reactor

40042 1202  

過熱炉

原子炉からの熱によって,冷却材を炉心の内,又
は外で過熱するようになっている

原子炉。

superheat reactor

40043   

内部循環型原子炉

原子炉容器内に設置したポンプによって冷却材が
循環する

沸騰水炉。

reactor with internal

circulation

40044   

外部循環型原子炉

原子炉容器外に設置したポンプによって冷却材が
循環する

沸騰水炉。

reactor with external

circulation

40045 923  

圧力管型[原子]炉

規則的に並べた耐圧管の中に

燃料集合体を納め,

冷却材もその中を流れるようになっている原子
炉。

pressure tube reactor

40046   

RBMK

型原子炉

沸騰水を冷却材とし黒鉛を減速材とする圧力管型
間接サイクル炉。

RBMK reactor

40047 561  

高温ガス[冷却] 
[型原子]炉

ガス冷却炉の一種で,冷却材に不活性気体を使用
し,また,

炉心に広範に耐火性材料を使用するな

ど,高い

冷却材原子炉出口温度で運転できるよう

にした

原子炉。単に高温炉ともいう。略号 HTGR

high-temperature

gas-cooled reactor

40048 909  

[スイミング]プール
[型原子]炉

減速材,冷却材,生体遮へいとしての水のプール
中に

炉心が浸されている原子炉。

[swimming] pool

reactor

40049 1213  

タンク型[原子]炉

1.

密封したタンク内に炉心を収納している

原子

炉。

2.

一体構造型原子炉に同じ。

tank [type] reactor

40050 605  

一体構造型原子炉

原子炉容器中に,中間熱交換器を収納する原子炉。
タンク型原子炉ともいう。

備考  蒸気発生器を収納している場合もある。

integral reactor,

tank type reactor

40051 1263  

訓練用[原子]炉

原子炉運転の訓練や原子炉の動作特性についての
教育などに用いられる

原子炉。

training reactor


92

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

40052 1048 30616 

研究[用原子]炉

主として基礎研究又は応用研究の道具として用い
られる

原子炉。

備考  この種の原子炉には,次のものがある。

a)  

中性子束炉

b)

高中性子束炉

c)

パルス炉

d)

材料試験炉

e)

ゼロ出力炉(実験炉を含めることができ
る。

research reactor

40053 717  

材料試験[用原子]炉  強い放射線場の中で材料や原子炉部品を試験する

ために使用される

原子炉。

materials testing

reactor

40054   

高中性子束[原子]炉  約 10

18

m

-2

s

-1

より高い

中性子束密度をつくり出すこ

とができる

原子炉。

high-flux reactor

40055 1151  

中性子源炉

エネルギースペクトルのよく分かった安定した

性子束を供給するよう設計されている原子炉。主

遮へい実験や検出器の校正のために使われる。

source reactor

40056 78  

ビーム炉

特に中性子

ビームを原子炉の外に引き出すよう設

計された

原子炉。

beam reactor

40057 940  

パルス炉

強力な

中性子バーストを繰返し発生するように作

られた

原子炉。

pulsed reactor

40058 428 30617 

実験[用][原子]炉  ある特定の形式の原子炉の設計や開発のため,炉

物理データ又は工学的データを得るための

原子

炉。

備考  次の原子炉も実験炉と呼ぶことがある。

a)

ゼロ出力炉

b)

原子炉実験用

原子炉

c)

原型炉

experimental reactor

40059 915 30615 

動力[用原子]炉

動力の生産を目的とする

原子炉。

備考  この種の原子炉には,次のものがある。

a)

発電炉

b)

推進用

原子炉

c)

プロセス熱用

原子炉

power reactor

40060   

舶用[原子]炉

船舶推進の動力源として用いられる

原子炉。 ship-propulsion

reactor

40061 628  

照射[用原子]炉

主として材料の

照射や医学利用のための放射線源

として使われる

原子炉。

備考  この種の原子炉には,次のものがある。

a)

アイソトープ生産炉

b)

食品照射用炉

c)

化学用原子炉

d)

材料処理用原子炉

e)

医学生物学用原子炉

f)

材料試験炉(研究炉に含めることもでき
る。

irradiation reactor

40062 180  

化学[プロセス]用原
子炉

化学変換を工業規模で行うための

放射線源として

設計された

原子炉。

chemical processing

reactor


93

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

40063 929 30618 

生産炉

核分裂性物質又は他の物質(例えば,トリチウム)
を生産し,又は工業規模で

照射を行うことを主な

目的とする

原子炉。特に断らない限り,プルトニ

ウム生産炉をさす。

備考  この語には,次の原子炉を含めることも

ある。

a)

アイソトープ生産炉

b)

照射用原子炉

production reactor

40064   

医学生物学用原子炉

原子炉で発生した電離放射線を利用して,生物過
程に効果を与えるために用いられる

原子炉。

biomedical reactor

40065 1177  

標準パイル

減速材(普通,黒鉛を使う。)の大型集合体で,中
性子源があり,集合体内の特定の場所については
中性子

フルエンスが正確に定められており,中性

子場の標準として使用することのできるもの。

standard pile

40066   

シグマ・パイル

純粋な物質の大型集合体(その形は通常立方体)
で,その物質の

吸収断面積や核特性の測定を行う

ために用いるもの。その中心部に既知の放出強度
をもつ

中性子源を置く。

備考  標準パイルと似ているが,標準パイルは

放射化はくや計数技術の標準化を目的
とするのに対し,シグマ・パイルは

核特

性の測定を目的とする。

sigma pile

40067 430 30532 

指数関数集合体

指数関数実験に用いる未臨界集合体。 exponential

assembly,

exponential pile

2.

核特性

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

41001   

核特性

中性子の挙動に関する炉心の特性。 nuclear

characteristics,

neutronics

41002 386 30537 

実効増倍率

有限の大きさをもつ

中性子増倍系において,漏れ

による

中性子の損失を考慮に入れた増倍率。記号

k

eff

effective multiplication

factor,

effective multiplication

constant,

criticality factor

41003 1006 30540 

反応度

臨界超過では正の値,未臨界では負の値をとり,
臨界から外れる程度を示す変数。記号

ρ

実効増倍率を k

eff

とすれば,反応度は

ρ

=1−1/k

eff

で与えられる。

備考  反応度の単位にはドル,セント,インア

ワー,ナイル,pcm などがある。

reactivity

41004 777 

778 

負反応度

1.

負の値をもつ

中性子増倍系の反応度。

2.

原子炉の状態が変化した際に引き起こされる
反応度の減少。

negative reactivity,

deficit reactivity

41005 320  

微分反応度

制御棒の単位長さの移動に伴う反応度の変化。 differential

reactivity

41006 604  

積分反応度

炉心内の制御棒をある特定の位置から引き抜いた
ときに得られる

反応度の変化。

integral reactivity

41007 423  

余剰反応度

制御要素の調節によって到達することができる最
大の

反応度。

excess reactivity


94

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

41008 719  

最大余剰反応度

炉心の寿命中又は原子炉のある運転期間における
余剰反応度の最大値。

maximum excess

reactivity

41009 130  

内蔵反応度

未使用の

炉心のもつ余剰反応度。 built-in

reactivity

41010 1007  

反応度収支

原子炉の反応度に関して,正に寄与する成分と負
に寄与する成分の収支。

reactivity balance

41011 594  

インアワー方程式

原子炉時定数と反応度との関係を表す式。 inhour

equation

41012 1002  

ランプ状挿入 
(反応度の)

反応度を時間的に直線的に上昇させること。

ramp insertion of

reactivity

41013 1182  

ステップ状挿入 
(反応度の)

反応度をステップ状に増加させること。 step

insertion

of

reactivity

41014 1009  

反応度フィードバッ

出力,温度,圧力,

ボイド率など原子炉のある変

数が変化することによって,

反応度が変化するこ

と。

reactivity feedback

41015 489  

中性子束平坦化

炉心内で中性子束密度をほぼ一様にすること。そ
れには例えば,

中性子吸収体を用いるか又は核分

裂性物質の割合の少ない燃料を用いる。

flux flattening

41016 490  

中性子束ピーキング
係数

炉心内の中性子束密度の平均値に対する最大局所
中性子束密度の比。

flux peaking factor

41017 1008  

反応度係数

ある特定の変数に関する

反応度の偏微分係数。 reactivity

coefficient

41018 1215 30541 

[反応度]温度係数

温度に関する

反応度係数。

備考  温度には,特定の場所又は構成要素の温

度を指定することができる。

temperature coefficient

(of reactivity),

reactivity temperature

coefficient

41019 1298  

[反応度]ボイド係数  特定の場所のボイド率に関する反応度係数。

void coefficient (of

reactivity)

41020   

[反応度]減速材密度
係数

減速材密度に関する反応度係数。 moderator

density

coefficient (of

reactivity)

41021 920  

[反応度]圧力係数

圧力に関する

反応度係数。

備考  特定の場所又は媒質の圧力を指定する

ことができる。

pressure coefficient

(of reactivity)

41022 351  

[反応度]ドップラー
係数

温度係数の一部で,ドップラーの広がりによるも
の。

Doppler coeffient

(of reactivity)

41023 705  

[反応度]質量係数

特定の場所における,与えられた物質の質量に関

する

反応度係数。

mass coefficient

(of reactivity)

41024 911  

[反応度]出力係数

原子炉の熱出力に関する反応度係数。 power

coefficient

(of reactivity)

41025   

原子炉停止余裕

原子炉の停止時の未臨界の程度を示すもので,全
制御棒が完全に挿入されたときの実効増倍率,又
は最大の

制御棒価値をもつ制御棒 1 本だけが挿入

されないときの

実効増倍率を 1 から差し引いた値

(1

k

eff

)

をいう。

reactor shutdown

margin

41026 757  

減速材対燃料比

燃料と減速材の均一な混合物において,主な減速
の働きをする

核種の数を燃料中の核分裂性核種の

数で割ったもの。

moderator-fuel ratio

41027 107  

ほう素当量

原子炉材料,特に燃料中の特定の不純物の量を,
それと等しい

中性子吸収を生じるほう素の量に換

算したもの。

boron equivalent


95

Z 4001 : 1999

3.

熱特性

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

42001   

熱水力特性

燃料と冷却材間の伝熱及び冷却材の流動に関する
炉心の特性。

thermal hydraulic

characteristics

42002   

出力分布

炉心内の熱発生の空間分布。 power

distribution

42003 1158 30545 

比出力

炉心内にある燃料の単位質量当たりの出力。 specific

power

42004 518  

燃料比出力

原子炉の総熱出力を核分裂性核種及び燃料親物質
の初期質量で割った値。

備考1.  初期質量に初期装荷量を用いる場合

がある。

2.

通常,メガワット毎トン (MW/t) で表
す。

fuel rating

42005 912  

出力密度

炉心の単位体積当たりの出力。 power

density

42006   

アキシャルオフセッ

原子炉の軸方向の出力分布のひずみを表す指標で
あって,

炉心上半部出力と炉心下半部出力との差

を全炉心出力で割った値をいう。

axial offset

42007   

出力ピーキング係数

最大出力の,平均出力に対する比。半径方向,軸
方向,局所などに対して定義される。

power peaking factor

42008 676  

線出力密度

燃料要素又は燃料集合体の単位長さ当たりに発生
する

熱出力。

linear power density

42009 1205  

表面出力密度

燃料要素又は燃料集合体内で発生する熱出力を,
その冷却面の面積で割ったもの。

surface power density

42010 132  

バンドル出力

特定の

燃料チャネルの燃料バンドルが発生する出

力。

62030  燃料集合体”の備考参照。

bundle power

42011 613  

局所ピーキング係数

燃料バンドルの一区分中の平均出力密度に対する
最大局所

出力密度の比。

internal peaking factor,

local peaking factor

42012 750  

ミスマッチ

沸騰水炉の一つの 4 バンドル・セルにおける最大
バンドル出力に対する平均

バンドル出力の比。

mismatch

42013 62  

アキシャルピーキン
グ係数

軸方向について,平均

出力密度に対する最大局所

出力密度の比。

備考  出力密度としては,燃料チャネルを選ぶ

か,

原子炉の径方向について平均した表

面出力密度又は線出力密度を選ぶこと
ができる。

axial peaking factor

42014 954  

ラジアルピーキング
係数

炉心の平均バンドル出力とその最大値の比。

radial peaking factor

42015 567  

ホットチャネル

冷却材温度が最も高い燃料チャネル。 hot

channel

42016 568 

569 

ホットチャネル係数

1.

冷却材温度が最も高い流路において,異常時
に予測されるエンタルピー上昇値の,正常時
のエンタルピー上昇の公称値に対する比。安

全係数の一つ。

2.

冷却材のエンタルピー上昇値が最大である流
路において,その上昇値の,

炉心全体での平

均エンタルピー上昇値に対する比。熱水路係
数ともいう。 
備考  我が国では,エンタルピーではなく熱流

束に関して同様に定義したものをホッ
トチャネル係数と呼ぶことがある。

hot channel factor

42017 844  

核沸騰

高温表面から気泡が発生するような流体の沸騰。 nucleate

boiling


96

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

42018 1267  

遷移沸騰

冷却材における沸騰状態の局所的な変化によっ
て,

燃料集合体からの熱除去が急激に減少するこ

と。

transition boiling

42019 301  

DNB

核沸騰から膜沸騰に変わること。発熱面と冷却流
体の間に形成される蒸気膜が,発熱面から流体へ

の熱伝達を低下させるため,

熱流束と温度差の関

係曲線には最大値が生じる。

departure from

nucleate boiling

42020 458  

膜沸騰

冷却材が飽和温度又はそれ以下の温度にあり,燃
料被覆全面に蒸気の薄膜が形成されるような現
象。

film boiling

42021   

飽和沸騰

液体が全体として飽和温度にあり,沸騰が伝熱面
表面だけでなく,液体全体に及ぶ状態。

saturated boiling

42022 131  

バルク沸騰

冷却材チャネルの全領域で,冷却材の平均温度が
沸点近くになっているような状態で見られる沸騰
現象。

bulk boiling

42023 1194  

サブクール沸騰

冷却材温度が伝熱面に接しているところでは沸点
に達しているが,

冷却材チャネルの全領域ではそ

れより低い状態で見られる沸騰現象。

subcooled boiling

42024 373  

ドライアウト

冷却材チャネル内に液体が不足した状態で起こ

る伝熱面での沸騰。これはまた伝熱面近くでも起
きる。

dryout

42025   

熱流束

単位面積当たり,単位時間当たりに移動する熱量。

 heat flux

42026 256  

限界熱流束

膜沸騰が始まる時点での,燃料棒表面の局所的熱
流束。温度差対熱流束密度曲線が最大となる。DNB
熱流束ともいう。

critical heat flux,

DNB heat flux

42027 346  

限界熱流束比

温度差対

熱流束密度曲線が最大になるような,伝

熱面と

冷却材の間の局所的熱流束。核沸騰から膜

沸騰への変化を伴う。DNB 熱流束比ともいう。

critical heat flux ratio,

DNB ratio

42028 502 30810 

燃料バーンアウト

冷却材の流量不足などによる過熱によって,燃料
要素に生じる激しい局所的損傷。

fuel burnout

42029 138  

バーンアウト熱流束

燃料バーンアウトが生じる箇所の熱流束。

burnout heat flux

42030 139  

バーンアウトポイン

液体冷却の

原子炉において,燃料バーンアウトを

引き起こすような熱伝達の諸パラメータ値の組合

せ。

burnout point

42031   

限界出力

燃料棒表面において膜沸騰が始まる時点の,その
燃料集合体の出力。

critical power

42032   

限界出力比

限界出力の,実際の燃料集合体の出力に対する比。  critical power ratio

42033 345  

DNB

相関

限界熱流束と,冷却材チャネルの特性を表す他の
パラメータとの経験的相関。

DNB correlation

42034   

出力スパイク

照射によって燃料ペレットがち密化し,燃料中に
生じる微小なすきまのため,

熱中性子が増加し,

これによって周囲の

燃料棒で局所的に出力が増大

すること。

power spike

42035   

出力スパイク係数

出力スパイクを考慮した場合の出力ピーキング係
数の,考慮しない場合の

出力ピーキング係数に対

する比。

power spike factor

42036 1227  

熱応答

定格出力で運転されている

原子炉において,冷却

による熱除去が行われなくなったとした場合の温

度上昇の割合。

thermal response

(of a reactor)


97

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

42037 1193  

サブチャネル分析

原子炉の熱水力学的計算方法で,一つの燃料チャ
ネルを複数のサブチャネルに単純に分割し,質量,
運動量,及びエネルギーについてそれぞれの平衡

方程式つくるというもの。

備考  サブチャネル間の相互作用も,ある程度

考慮される。

subchannel analysis

42038 1299  

ボイド率

気液二相流において,気相の体積の,全体積に対
する比。

void fraction

42039   

炉心バイパス流量

炉心の燃料の冷却に寄与することなく炉心内又は
炉心外を通過する冷却材の流量。

core bypass flow

[rate]

42040   

炉心有効流量

一次冷却材回路を流れる冷却材の総流量のうち,
炉心の燃料の冷却に直接寄与する流量。

effective core flow rate

42041   

炉心流量

炉心内を単位時間当たりに通過する冷却材の質
量。

core flow [rate]

42042   

キャリアンダ

気液二相流から分離された液相中に含まれる飽和

蒸気,又はその現象。

carry under

42043   

キャリオーバ

気液二相流から分離された気相中に含まれる飽和
水,又はその現象。

carry over

42044   

クロス流れ

炉心内を通る冷却材の主な流れの方向と直角の方
向に向かう

冷却材の流れ。

crossflow

42045   

サブクーリング

飽和温度より低い液体のもつエンタルピーを飽和
エンタルピーから差し引いた値。サブクールとも
いう。

subcooling,

subcool

42046 376  

二重圧力サイクル

二つの異なる圧力下で蒸気を作り,利用する蒸気
サイクル。

dual-pressure cycle

42047   

チャネル水力学的安
定性

炉心内の冷却材流路(チャネル)における燃料と
冷却材の伝熱特性に基づく冷却材の流れの安定
性。

channel hydraulic

stability

42048 1201 

1203 

過熱

1.

飽和状態を超え,(液体がフラッシュを起こ
すのに必要な)熱量をもつこと。

2.

瞬間的な蒸発によって起こる沸点以上の液体
の温度上昇。

1) superheat

2) superheating

4.

動特性

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

43001   

動特性

運転状態にある原子炉における出力などのパラメ
ータの時間的変化に関する諸性質。

dynamic

characteristics,

dynamic behavior,

kinetics

43002 1018  

炉雑音

原子炉において,核反応が持つ確率的性質によっ
て,又は

反応度に影響する機械的,水力学的諸現

象に伴う不規則な変動によって引き起こされる

性子束密度のゆらぎ,及びそれによる原子炉熱出
力のゆらぎ。

reactor noise

43003 1022 30741 

自己制御性

出力を一定に保たせようとする原子炉がもつ固有

の性質。ある運転条件下において出力が変化して
も,これに応じて

反応度が変化するために生じる。

[reactor]

self-regulation

[control]

43004 1264  

原子炉伝達関数

反応度の変化に対して,出力など特定の原子炉変
数が応答する様子を表す数学的表現。

[reactor] transfer

function


98

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

43005 1026 30519 

原子炉時定数

原子炉の中性子束密度が指数関数的に増減する場
合に,e 倍又は 1/e になるのに要する時間。ペリオ
ドともいう。

reactor time constant,

reactor period

43006   

スクラム反応度

スクラムによってもたらされる負の

反応度。トリ

ップ反応度ともいう。

scram reactivity,

trip reactivity

43007   

炉心安定性

炉心の反応度のフィードバック効果に基づく中性
子束分布などの安定性。

core stability

43008   

プラント安定性

各種の制御系を含む

原子炉プラント全体の安定

性。

plant stability

43009 848  

ナイキスト基準

動力炉などのフィードバック制御システムの,安
定性の程度を示す基準。

備考  系の伝達関数の解析に用いられる。

Nyquist criterion

43010 1325 30557 

キセノン毒作用

熱中性子炉において,中性子吸収断面積の大きい
核分裂生成物キセノン 135 の蓄積によって,反応
度が低下すること。キセノン効果ともいう。

xenon poisoning,

xenon effect

43011 1322  

キセノン平衡

原子炉の中で,核分裂生成物キセノン 135 の生成
と,

中性子捕獲及び放射性壊変による消滅とが完

全に釣り合っている状態。

xenon equilibrium

43012   

キセノン振動

キセノン 135 の濃度の時間的,空間的変化によっ
て引き起こされる原子炉出力分布の周期的変動。

xenon oscillation

43013 1323  

キセノン不安定性

キセノン毒作用が熱中性子束の大きさに依存する
ため,大型

原子炉において局所的に出力が振動す

る現象。

xenon instability

43014 1326  

キセノン過渡状態

原子炉の局所的又は全面的な出力変化によって,
キセノン平衡からずれること。

xenon transient

43015 1324  

キセノンオーバーラ
イド

原子炉の停止直後,キセノン毒作用が増加した状
態にある

原子炉を臨界に復帰させること。

xenon override

43016 1078  

サマリウム毒作用

熱中性子炉において,ポイズンである安定核分裂
生成物サマリウム 149 による中性子吸収のため反
応度が減少すること。

samarium poisoning

V2.

原子炉設備

1.

原子炉本体

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

44001 1014 30713 

炉心

原子炉において,核燃料が存在し核分裂連鎖反応
が行われる領域。

[reactor] core

44002 1016  

原子炉格子

規則的なパターンに従った

燃料及びその他の部材

炉心における配列。

reactor lattice

44003 754 30719 

減速材

中性子のエネルギーを減少させるために使用され
る物質。

moderator

44004 1030 30720 

反射体

炉心からの中性子を散乱によって炉心へ戻すため
に,

炉心の周囲に接して設けられるもの。

reflector

44005   

冷却材

原子炉で発生した熱を取り出すために使われる流
体。

coolant

44006 93 30716 

ブランケット 
  (原子炉の)

高速増殖炉などにおいて,転換を目的として,炉
心内又はその周辺に置かれた燃料親物質の領域。

blanket

44007 1027 30730 

原子炉容器

炉心及び炉内構造物を納める容器。 reactor

vessel


99

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

44008 1020  

原子炉圧力容器

炉心及び炉内構造物を納める容器で,高い運転圧
力に耐えるように設計されたもの。

reactor pressure vessel

44009 145  

カランドリア

圧力管型原子炉において,冷却材と液体減速材を
分離するための複数の平行な管又は流路を内部に
もつ

原子炉容器。

calandria

44010   

圧力管集合体

圧力管及びその延長部,シールプラグなどから構
成されるもので,

燃料集合体を収納し,一次冷却

材の流路を形成するもの。

pressure tube assembly

44011   

シールプラグ

圧力管集合体の延長部分にある燃料集合体出入口
を閉じるための栓。

seal plug

44012   

炉内構造物

原子炉容器内に組み込まれ,炉心の支持,炉内の
冷却材流路の形成などの機能をもつ構造物の総
称。

reactor core internal

structure,

core internals

44013   

炉心支持構造物

炉心を支持又は拘束する構造物。

core support structure

44014   

炉心支持板

制御棒案内管,制御棒クラスタ案内管,炉内核計
装案内管及び燃料集合体の支持を主な目的とする
多孔の円形構造物。

core support plate

44015   

炉心板

加圧水炉において,炉心の上部及び下部に位置し,
燃料集合体の位置決めを主な目的とする多孔の円
板。

core plate

44016   

上部格子板

沸騰水炉において,燃料集合体上部の水平支持を
目的とする格子状構造物。

top guide,

upper grid

44017   

炉心拘束機構

ガス冷却炉において,炉心を構成する燃料体群や
反射体の外側にあり,これらを側面から拘束・支
持する構造物。

core restraint

mechanism

44018   

炉心支持枠

高速増殖炉において,燃料,ブランケット,中性
子遮へい体などが所定の位置で自立するよう水平
方向から支持する構造物。

core former

44019   

炉心上部機構

高速増殖炉において,炉心の上部に位置し,制御
棒駆動機構,炉心出口の計装などを支持,案内す
る構造物。

upper core structure

44020   

黒鉛スリーブ

ガス冷却炉において,燃料を収納する黒鉛製の円
筒。

graphite sleeve

44021   

ラッパ管

高速増殖炉において,燃料要素の冷却材の流路を
確保し,また,燃料要素を支持し保護する六角柱

状の筒。

wrapper tube,

duct tube

44022 503 30710 

燃料チャネル

一本以上の

燃料集合体を収め,その中を冷却材が

流れるようにした流路。

fuel channel

44023 239  

冷却材チャネル

炉心内の冷却材流路。

備考  通常,燃料チャネルに限って用いられ

る。

coolant channel

44024 1017  

原子炉ループ

原子炉において,運転上又は実験上の目的のため
に流体を流すことのできる配管系。

備考  実験用のループの一部が炉心内にある

とき,このループをインパイルループと
呼ぶ。また,そのループが

核分裂可能物

質を含む場合には,アクチブループ(ホ
ットループ)と呼ばれる。

reactor loop

44025   

プレナム(原子炉容器
の)

原子炉容器内の空間部分であって,主として冷却
材の混合が行われる場所。

plenum


100

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

44026   

スパージャ

沸騰水炉において,冷却材を炉内に均一に流入さ
せるためのリング状配管であって,多数の孔又は
ノズルを設けたもの。

sparger

44027   

レダン

タンク型の

高速増殖炉において,原子炉容器内の

高温と低温の

冷却材を仕切るために設けられる薄

板の構造物。

redan

44028 365  

ダウンカマー

冷却材を下方に循環させるための原子炉容器内の
空間。

downcomer

44029 758  

減速材タンク

ある型の

動力炉の原子炉容器内に設けられる円筒

で,ダウンカマーを通る下向きの流れと炉心を通

って上方に向かう流れを分離するためのもの。

moderator tank

44030   

炉心槽

加圧水炉において,原子炉容器内側に設置され,
炉心の支持と冷却材の流路の形成を主な目的とす
る円筒状構造物。

core barrel

44031   

炉心バッフル

加圧水炉などにおいて,炉心槽の内側にあって,
炉心の外周に沿って設置され,冷却材の流路形成
を主な目的とする構造物。

baffle plate,

core baffle

44032   

[炉心]シュラウド

沸騰水炉などにおいて,上部格子板及び炉心支持
板を支持し,また,炉内の冷却材の流路を形成す
る円筒状構造物。

core shroud

44033   

スタンドパイプ

1)

ガス冷却炉において,原子炉圧力容器頂部に
接続された管。

制御棒駆動装置の収納,燃料

などの出し入れの際通路として用いられる。

2)

沸騰水炉において,炉心から出てくる蒸気と
水の二相混合流を

気水分離器へ導く管。

standpipe

44034 771  

燃料集合体ギャップ

沸騰水炉の炉心における燃料集合体間のスペー
ス。

制御棒用に作られたものではない。

narrow [water] gap

44035 227  

制御棒間げき(隙)

炉心の

燃料集合体の間に設けられた制御棒用のス

ペース。

control rod gap

44036   

制御棒駆動機構ハウ
ジング

制御棒駆動機構を収納するため,原子炉容器に直
接取り付けられた円筒状構造物。

制御棒駆動装置

圧力ハウジングともいう。

control rod drive

mechanism

[pressure] housing

44037   

制御棒案内管

制御棒の挿入・引き抜きを案内する管。

control rod guide tube

44038   

制御棒クラスタ案内

加圧水炉において,炉心の上部に位置し,制御棒
クラスタの挿入・引き抜きを案内する管。

control rod cluster

guide tube

44039   

炉内核計装案内管

炉心内の中性子計測用検出器の挿入・引き抜きを
案内する管。

in-core monitor guide

tube

44040   

炉内核計装ハウジン

沸騰水炉において,原子炉容器に直接取り付けら
れ,炉内

核計装を収納する円筒状構造物。

in-core monitor

housing

44041 1240  

シンブル

一方の端などが閉じられた管であって,

制御要素,

実験器材,計装機器を炉内に挿入するために用い
られる。

thimble

44042   

原子炉容器ガードベ
ッセル

高速増殖炉において,原子炉容器などから冷却材
が漏洩したとき,

原子炉容器内の必要液位を確保

するために

原子炉容器の外側に設置される容器。

reactor guard vessel

44043 1010  

原子炉キャビティ

加圧水炉において,燃料取替時に放射線遮へい用
の水を張るため,

原子炉容器の上部に設けられた

空間。

reactor cavity

44044   

原子炉ウェル

沸騰水炉において,原子炉キャビティと同じ機能
を果たすもの。

reactor well


101

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

44045   

機器貯蔵ピット

原子炉ウェルの一部であって,燃料取替時に蒸気
乾燥器,気水分離器などを貯蔵する場所。

dryer separator storage

pit

44046   

中性子遮へい体

炉心からの中性子を遮へいするため,炉心の周囲
に設けられるもの。

neutron shield

44047 1228 30725 

熱遮へい体

炉心からの

γ

線及び中性子を吸収,減衰させ,原子

炉容器や一次遮へいの発熱を抑制するためのも
の。

thermal shield

44048 899 

900 

30708 

遮へいプラグ

炉心からの放射線を遮へいするため,原子炉容器
上部,

圧力管集合体の端部,実験孔などに設けら

れる着脱可能な

遮へい体。

[shield] plug

44049   

鉄水遮へい体

カランドリアに接して設けられる放射線遮へい体
であって,鉄及び水で構成されるもの。

カランド

リア及び圧力管集合体を支持する機能をもつ。

radiation shield vessel

44050   

炉床断熱層

ガス冷却炉において,炉心下部に位置し,炉心か
らの熱を遮へいする

炉内構造物。

core floor thermal

insulation structure

44051   

ルーフスラブ

タンク型の

高速増殖炉における原子炉容器上部遮

へいプラグ。

roof slab

44052   

回転プラグ

高速増殖炉における遮へいプラグ又はルーフスラ
ブの一部であって,搭載した燃料交換装置を燃料
チャネルなどに接続し得るように回転可能とした
構造物。

rotating plug

44053   

炉内ラック

一時的に

燃料集合体などを収納するため,原子炉

容器内に設けられた架台。

in-vessel rack

44054   

ジェットポンプ

沸騰水炉において,冷却水を炉心下部へ送るため
に,

原子炉容器内に設けられた噴流ポンプ。

jet pump

44055   

気水分離器

蒸気と水の二相混合流から蒸気を分離するための
機器。

steam separator

44056   

蒸気乾燥器

気水分離器から出てくる蒸気の湿分をさらに低減
させるための機器。

steam dryer

44057   

カバーガス

液体の自由表面の上部の空間に満たされるガス。 cover

gas

44058   

ヘリウム系

カバーガスとして用いるヘリウムの循環・浄化を
行う設備。

helium gas system

2.

原子炉冷却系

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

45001 925  

一次冷却材

炉心又は増殖ブランケットなどから熱を取り出す
ための

冷却材。原子炉冷却材ともいう。

primary coolant,

reactor coolant

45002 1095  

二次冷却材

一次冷却材から熱交換器などを介して熱を取り出
すための

冷却材。

secondary coolant

45003 926 30721 

一次冷却材回路

一次冷却材が循環する回路。一次冷却材ループと
もいう。

primary coolant circuit

45004 1096 30722 

二次冷却材回路

二次冷却材が循環する回路。二次冷却材ループと
もいう。

secondary coolant

circuit

45005   

主ガスダクト

ガス冷却炉において,原子炉圧力容器と蒸気発生
器を結ぶもので,一次冷却材の流路となるもの。

main gas duct


102

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

45006 608  

中間冷却材回路

放射性の

一次冷却材回路と,水のような伝熱媒体

を含む回路との熱交換を行うナトリウム冷却型

速炉において,放射性冷却材と水との接触を避け
るため両者の中間に設けるナトリウム

冷却材回

路。

intermediate coolant

circuit

45007   

中間熱交換器

一次冷却材から二次冷却材へ熱を伝えるための熱
交換器。

intermediate heat

exchanger

45008   

高温二重配管

高温の熱媒体を輸送するための二重管構造の配

管。

high temperature

concentric pipe

45009   

主蒸気系

原子炉又は蒸気発生器で発生した蒸気をタービン
へ送る設備。

main steam system

45010   

蒸気発生器

水が伝熱管の内又は外を通過する間に加熱され,
蒸気になるように設計された熱交換器。略号 SG,

SRU

steam generator,

steam raising unit

45011   

加圧器

加圧水炉において,一次冷却材の庄力を調整する
ため,そのループに接続される機器。

pressurizer

45012   

蒸気ドラム

蒸気と水の二層混合流から蒸気を分離するための
機器を収納した耐圧容器。

steam drum

45013   

一次冷却材ポンプ

一次冷却材を循環させるためのポンプ。略号 RCP  reactor coolant pump

45014   

原子炉冷却材再循環

沸騰水炉などにおいて,炉心に冷却材を強制的に
循環させるための設備。

primary loop

recirculating system,

PLR system

45015   

[原子炉]インターナ
ルポンプ

原子炉圧力容器に内蔵される原子炉再循環ポン
プ。

[reactor] internal pump

45016   

原子炉再循環ポンプ

原子炉冷却材再循環系に用いるポンプ。 primary

loop

recirculating pump,

PLR pump

45017   

原子炉給水系

復水を加熱及び加圧して

原子炉に供給する設備。  reactor feed water

system

45018   

主給水系

加圧水炉において,主復水器の復水を給水加熱器
で加熱して

蒸気発生器に供給する設備。

main feed water

system

45019 702  

補給水設備

一次冷却材の量を所定限度内に維持するための設
備。

make-up system

45020   

化学体積制御系

加圧水炉において,一次冷却材の補給と浄化,ほ
う素濃度,溶存水素濃度の調整などを行う設備。

略号 CVCS 系

chemical and volume

control system

45021   

余熱除去系

原子炉停止後の残留熱を除去するための冷却設
備。残留熱除去系ともいう。略号 RHR 系

residual heat removal

system

45022   

重水冷却系

重水減速材の温度上昇を抑制するために重水を循
環冷却する設備。

moderator cooling

system

45023   

原子炉補機冷却系

原子炉施設の各種補機に冷却水を循環させる設
備。原子炉補機冷却水系ともいう。

reactor building closed

cooling

watersystem,

component cooling

water system

45024 1140  

[ナトリウム]コール
ドトラツプ

循環しているナトリウム中の不純物(通常は酸化
ナトリウム)を除去するため,ナトリウムを低温
部に導き不純物を凝固させる装置。

[sodium] cold trap


103

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

45025 1142  

[ナトリウム]ホット
トラップ

循環しているナトリウム中の不純物(通常は酸化
ナトリウム)を除去するため,ナトリウムを高温
の固体に接触させ,不純物と固体を反応させる装

置。

[sodium] hot trap

45026   

補助ナトリウム系

高速増殖炉において,冷却系統のナトリウムの液
位制御,純化,充てん,ドレン及び貯蔵を行う設

備。

auxiliary sodium

system

45027   

ナトリウム−水反応
生成物処理設備

高速増殖炉において,蒸気発生器内で伝熱管が破
損しナトリウム−水反応が生じた場合に,ナトリ
ウム側の圧力上昇を抑制し,また,放出される水
素ガス中のナトリウム及び反応生成物を分離回収

する設備。

sodium water reaction

product disposal

system

45028   

原子炉冷却材浄化系

一次冷却材中の不純物を除去するため,一次冷却
材をろ過,イオン交換などによって浄化する設備。

reactor water clean-up

system,

clean-up water system

45029   

重水浄化系

重水冷却系から重水の一部を分流し,その中の不
純物を除去する設備。

clean-up moderator

system

45030   

炭酸ガス系

圧力管型原子炉において,カランドリア管と圧力
管の間に流す炭酸ガス中の湿分を計測し,圧力管

又は

カランドリア管からの漏えいを検出するため

の設備。

carbon dioxide gas

system,

annulus gas system

45031   

タービンバイパス系

主蒸気をタービンを通さずに直接復水器へ放出さ
せる設備。

turbine bypass system

3.

原子炉制御系

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

46001 1012 30732 

原子炉制御

原子炉の出力,圧力,冷却材流量などを制御し,
原子炉を所定の運転状態に到達させ,また,維持
すること。

reactor control

46002 1013  

原子炉制御系

原子炉の反応度,圧力,冷却材流量などを制御す
る設備の総称。

reactor control system

46003   

反応度制御系

原子炉の出力変化,燃料の燃焼,核分裂生成物の
生成などに応じて

原子炉の反応度を制御する設備

の総称。

reactivity control

system

46004   

加圧器圧力制御系

加圧水炉において,加圧器の圧力を所定の値に保
つため,逃がし弁の開閉,スプレー弁の開度及び

加熱装置の出力を制御する設備。

pressurizer pressure

control system

46005   

加圧器水位制御系

加圧水炉において,加圧器の水位を所定の値に保
つため,充てんする水の量を制御する設備。

pressurizer level

control system

46006   

給水制御系

原子炉,蒸気発生器又は蒸気ドラムの水位を所定
の値に保つため,給水流量を制御する設備。

[reactor] feedwater

control system

46007   

原子炉水位制御系

沸騰水炉において,炉内の水位を所定の値に保つ
ため,

原子炉給水流量を制御する設備。原子炉給

水制御系ともいう。

reactor [water] level

control system

46008   

重水水位制御系

新型転換炉において,カランドリア内の重水水位
を所定の値に保つため,カバーガスのヘリウムの

圧力を制御する設備。

heavy water level

control system


104

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

46009   

原子炉圧力制御系

沸騰水炉において,炉内の圧力を所定の値に保つ
ため,タービン蒸気加減弁,タービンバイパス弁
開度を制御する設備。

reactor pressure control

system

46010   

主蒸気逃し弁制御系

加圧水炉において,蒸気発生器の圧力を制御する
ため,主蒸気逃がし弁の開度を調整する設備。

main steam relief valve

control system

46011 7 30737 

吸収制御

燃料,減速材,反射材のいずれでもない中性子吸
収材の性質,位置又は量を調節することによって
行う

原子炉制御。

absorption control

46012 507 30734

燃料制御

燃料の性質,位置又は量を調節することによって
行う

原子炉制御。

fuel control

46013 755 30735 

減速材制御

減速材の性質,位置又は量を調節することによっ
て行う

原子炉制御。

moderator control

46014 1162 30736 

スペクトルシフト制

減速材制御の特別な場合であって,中性子のエネ
ルギー

スペクトルを意識的に変化させるもの。

spectral shift control

46015 488 30738 

流体ポイズン制御

流体状の

ポイズンが存在する位置又は量を調節す

ることによって行う原子炉制御。

備考  流体ポイズンとしては可溶性化学物質

又は懸濁粒子の場合もある。

fluid-poison conrol

46016 106  

ほう素制御

加圧水炉などで,減速材又は冷却材中に溶けてい

中性子吸収材のほう素の量を変化させることに

よって行う

原子炉制御。

boron control

46017 1031 30739 

反射体制御

反射体の性質,位置又は量を調節することによっ
て行う

原子炉制御。

reflector control

46018 220 30733 

配列制御

燃料,減速材,反射材又は減速材の配置を調節す
ることによって行う

原子炉制御。

configuration control

46019   

分割制御

大型

炉心の出力分布制御の一方式で,炉心を幾つ

かの領域に分割し,各領域の出力をその領域の制
御棒によって制御すること。領域制御ともいう。

regional control,

zone control,

sector control

46020 941  

再循環流量制御

冷却材再循環流量を変えることによって行われる
沸騰水炉の制御法の一つ。

ボイド率が変化すると

反応度に影響することを利用する。

pump control

46021   

再循環流量制御系

沸騰水炉において,冷却材再循環流量を調節する
ことによって,原子炉出力を制御する設備。

reactor recirculation

flow control system

46022 1120 30743 

シミング

反応度及び中性子束分布の長期変化を補償するこ
と。

shimming

46023 178  

化学シミング

一次冷却材,液体の減速材などに中性子をよく吸
収する化学物質を混入させて,

反応度を比較的大

きく変化させること。ケミカルシムともいう。

chemical shimming

46024  30742 

微調整

反応度の小さな変化を補正すること。 fine

control

46025 3  

吸収要素

余剰反応度又は反応度分布に影響を与える中性子
吸収材を含む原子炉部品。

absorber element

46026 134  

可燃吸収材

原子炉内の中性子吸収体であって,中性子を吸収
することによってその吸収能力が大きく低下する
もの。

備考  これによって,燃料の燃焼による反応度

の低下が,部分的に補償される。

burnable absorber

46027 1216  

一時吸収材

特定の時期に

原子炉内に加えられる中性子吸収

材。大きな余剰反応度をもつ運転開始時,又は中
性子束分布が通常と異なる場合に用いる。

temporary absorber


105

Z 4001 : 1999

JIS

ISO

IEC

用語

定義

対応英語

46028 832 30555 

ポイズン

大きい

中性子吸収断面積をもつため,反応度を減

少させる物質。

nuclear poison

46029 477  

核分裂ポイズン

核分裂生成物からなるポイズン。 fission

poison

46030 135 30556 

可燃ポイズン

炉心に挿入されたり,燃料に直接混入されるポイ
ズンであって,中性子照射の進行に伴って中性子
吸収能力が低下する性質を利用して,長期的な反
応度の低下を補償するもの。

burnable poison

46031   

ポイズン供給系

新型転換炉において,重水減速材にほう酸を注入
することによって化学シミングを行う設備。

poison control system,

liquid poison injection

system

46032   

ほう素濃度制御系

加圧水炉において,ほう酸を用いて化学シミング
を行う設備。

boron control system

46033   

臨界ほう素濃度

原子炉を臨界状態に維持するために必要な冷却材

減速材)中のほう素濃度。炉心の状態(出力,

燃焼度など)に応じて変化する。

critical boron

concentration

46034 109  

ほう酸注入

通常運転中の原子炉において,反応度の減少又は
緊急停止の目的で冷却材へほう素溶液を注入する
こと。

boron injection

46035   

ほう酸水注入系

沸騰水炉の後備停止系としてほう酸水を冷却材中
に注入する設備。

standby liquid control

system

46036 225 41524 

制御要素

原子炉制御のため,反応度に影響を及ぼす目的で
設けられた

原子炉の可動部品。

control member,

control element

46037 226 41525 

制御棒

中性子を吸収して原子炉の反応度を制御する,棒
状,板状又は断面が十字型のもの。

control rod

46038 191  

制御棒クラスタ

加圧水炉において,分散配列された制御棒を上部
で連結して,一体として動くようにしたもの。

cluster control rod

46039 70  

制御棒バンク

同じ挿入位置を保ち,そろって動かされる

制御棒

グループ。

banked rod

46040 192 41526 

粗調整要素

原子炉の反応度を大きく変更するか,又は中性子
束分布を変更するために使われる制御要素。

coarse control member,

coarse control element

46041 193  

粗調整棒

棒状の

粗調整要素。 coarse

[control] rod

46042 461 41519 

微調整要素

原子炉の反応度を細かく,かつ,正確に調整する
ために使われる

制御要素。

fine control member,

fine control element,

regulating member,

regulating element

46043 462  

微調整棒

棒状の

微調整要素。

fine control rod

46044 1119 41520 

シム要素

原子炉の反応度及び中性子束分布の長期変化を,
補償するために用いられる

制御要素。

shim member,

shim element

46045 493  

ホロワー

制御要素の延長部分であって,引き抜かれた後の
空間を占めるもの。

follower

46046 228  

制御棒パターン

数日又は数週間の間維持される