>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 3351

:2012

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  種類及び記号の付け方 

2

5

  品質

2

5.1

  ワイヤの寸法及びその許容差並びに製品の状態 

2

5.2

  ワイヤの化学成分

3

6

  試験方法

5

6.1

  ロットの決め方

5

6.2

  ワイヤの分析試験

5

7

  検査方法

5

8

  製品の呼び方 

6

9

  包装

6

10

  表示

6

10.1

  製品の表示 

6

10.2

  包装の表示 

6


Z 3351

:2012

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本溶接

協会(JWES)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 3351:2007 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 Z

3351

:2012

炭素鋼及び低合金鋼用

サブマージアーク溶接ソリッドワイヤ

Solid wires for submerged arc welding of carbon steel and low alloy steel

序文 

この規格は,1988 年に制定され,その後 3 回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は 2007 年に

行われたが,その後の規格票の様式改正への準拠と鋼材の JIS 改正に対応するために改正した。

適用範囲 

この規格は,炭素鋼及び低合金鋼(高張力鋼,耐熱鋼,低温用鋼及び耐候性鋼)のサブマージアーク溶

接に使用するソリッドワイヤ(以下,ワイヤという。

)について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS G 1201

  鉄及び鋼−分析方法通則

JIS G 1211

規格群  鉄及び鋼−炭素定量方法

JIS G 1212

  鉄及び鋼−けい素定量方法

JIS G 1213

  鉄及び鋼−マンガン定量方法

JIS G 1214

  鉄及び鋼−りん定量方法

JIS G 1215

規格群  鉄及び鋼−硫黄定量方法

JIS G 1216

  鉄及び鋼−ニッケル定量方法

JIS G 1217

  鉄及び鋼−クロム定量方法

JIS G 1218

  鉄及び鋼−モリブデン定量方法

JIS G 1219

  鉄及び鋼−銅定量方法

JIS G 1253

  鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法

JIS G 1256

  鉄及び鋼−蛍光 X 線分析方法

JIS G 1257

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法

JIS G 1258

規格群  鉄及び鋼−ICP 発光分光分析方法

JIS Z 3001-1

  溶接用語−第 1 部:一般

JIS Z 3001-2

  溶接用語−第 2 部:溶接方法

JIS Z 3200

  溶接材料−寸法,許容差,製品の状態,表示及び包装

JIS Z 3423

  溶接材料の調達指針


2

Z 3351

:2012

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 3001-1 及び JIS Z 3001-2 による。

種類及び記号の付け方 

ワイヤの種類は,

表 によって示すものとし,その記号の付け方は,図 のとおりとする。

表 1−ワイヤの種類 

種類

成分系(参考)

種類

成分系(参考)

YS-N1

YS-N2

Ni

YS-S1

YS-S2

YS-S3

YS-S4

YS-S5

YS-S6

YS-S7

YS-S8

Si-Mn

YS-NM1

YS-NM2

YS-NM3

YS-NM4

YS-NM5

YS-NM6

Ni-Mo

YS-M1

YS-M2

YS-M3

YS-M4

YS-M5

Mo

YS-NCM1

YS-NCM2

YS-NCM3

YS-NCM4

YS-NCM5

YS-NCM6

YS-NCM7

Ni-Cr-Mo

YS-CuC1 Cu-Cr

YS-CuC2

YS-CuC3

YS-CuC4

Cu-Cr-Ni

YS-CM1

YS-CM2

YS-CM3

YS-CM4

YS-1CM1

YS-1CM2

YS-2CM1

YS-2CM2

YS-3CM1

YS-3CM2

YS-5CM1

YS-5CM2

Cr-Mo

YS-G

Y S-

○○

ワイヤ化学成分の記号

サブマージアーク溶接の記号

溶接ワイヤの記号

図 1−種類の記号の付け方 

品質 

5.1 

ワイヤの寸法及びその許容差並びに製品の状態 

ワイヤの寸法及びその許容差並びに製品の状態は,JIS Z 3200 に適合しなければならない。

代表的なワイヤの径及び質量を

表 に示す。


3

Z 3351

:2012

表 2−代表的なワイヤの径及び質量 

質量(kg)

ワイヤ径

(mm)

コイル巻き

スプール巻き

その他

1.2

,1.6,2.0

2.4

,3.2,4.0

4.8

,6.4

12.5

,25,75 10,12.5,20

受 渡 当 事 者 間 の
協定による

5.2 

ワイヤの化学成分 

ワイヤの化学成分は,6.2 の方法によって分析試験を行ったとき,

表 に適合しなければならない。ただ

し,必要に応じて,

表 に示す以外の成分を添加することができる。

表 3−ワイヤの化学成分 

単位  %(質量分率)

化学成分

種類

C Si Mn P  S

Cu

a)

 Ni  Cr  Mo

YS-S1 0.20

∼0.90

YS-S2

0.15

以下

0.15

以下

YS-S3 0.15

∼0.60

0.80

∼1.40

YS-S4 0.15

以下

YS-S5 0.15

∼0.60

1.30

∼1.90

YS-S6 0.15

以下

YS-S7

0.18

以下

0.15

∼0.60

1.70

∼2.80

YS-S8 0.15

以下

0.35

∼0.80

1.10

∼2.10

0.030

以下

0.030

以下

0.40

以下

0.25

以下

b)

0.15

以下

b)

0.15

以下

b)

YS-M1 0.20

以下

YS-M2 0.60

以下

1.30

∼2.30

0.15

∼0.40

YS-M3 0.40

以下

0.30

∼1.20

YS-M4 1.10

∼1.90

YS-M5

0.18

以下

0.60

以下

1.70

∼2.60

0.025

以下

0.025

以下

0.40

以下

0.25

以下

b)

0.15

以下

b)

0.30

∼0.70

YS-CM1 0.15

以下

0.30

∼1.20

YS-CM2 0.08

∼0.18

0.80

∼1.60

YS-CM3

0.40

以下

1.70

∼2.30

0.025

以下

0.025

以下

0.40

以下

0.25

以下

b)

0.30

∼0.70

0.30

∼0.70

YS-CM4

0.15

以下

0.40

以下

2.00

∼2.80

0.025

以下

0.025

以下

0.40

以下

0.25

以下

b)

0.30

∼1.00

0.60

∼1.20


4

Z 3351

:2012

表 3−ワイヤの化学成分(続き) 

単位  %(質量分率)

化学成分

種類

C Si Mn P  S

Cu

a)

 Ni  Cr  Mo

YS-1CM1 0.15

以下

0.30

∼1.20

YS-1CM2 0.08

∼0.18

0.60

以下

0.80

∼1.60

0.80

∼1.80

0.40

∼0.65

YS-2CM1 0.15

以下

0.30

∼1.20

YS-2CM2 0.08

∼0.18

0.35

以下

0.80

∼1.60

0.025

以下

0.025

以下

0.40

以下

0.25

以下

b)

2.20

∼2.80

0.90

∼1.20

YS-3CM1 0.15

以下

0.30

∼1.20

YS-3CM2 0.08

∼0.18

0.35

以下

0.80

∼1.60

2.75

∼3.75

0.90

∼1.20

YS-5CM1 0.15

以下

0.30

∼1.20

YS-5CM2 0.05

∼0.15

0.60

以下

0.80

∼1.60

0.025

以下

0.025

以下

0.40

以下

0.25

以下

b)

4.50

∼6.00

0.40

∼0.65

YS-N1 1.30

∼2.30

0.40

∼1.75

YS-N2

0.15

以下

0.60

以下

0.50

∼1.30

0.018

以下

0.018

以下

0.40

以下

2.20

∼3.80

0.20

以下

b)

0.15

以下

b)

YS-NM1 0.60

以下

1.30

∼2.30

0.40

∼1.75

YS-NM2

0.15

以下

0.20

∼0.60

1.30

∼1.90

1.70

∼2.30

0.30

∼0.70

YS-NM3 0.05

∼0.15

0.30

以下

1.80

∼2.80

0.80

∼1.40

0.50

∼1.00

YS-NM4

0.15

∼0.40

YS-NM5

0.50

∼1.30

YS-NM6

0.15

以下

0.60

以下

1.30

∼2.30

0.018

以下

0.018

以下

0.40

以下

2.20

∼3.80

0.20

以下

b)

0.30

∼0.90

YS-NCM1 0.05

∼0.15

0.40

以下

1.30

∼2.30

0.40

∼1.75

0.05

∼0.70

YS-NCM2 0.10

以下

1.20

∼1.80

1.50

∼2.10

0.20

∼0.60

0.30

∼0.80

YS-NCM3 0.05

∼0.15

0.60

以下

1.30

∼2.30

2.10

∼2.90

0.40

∼0.90

0.40

∼0.90

YS-NCM4 0.10

以下

0.05

∼0.45

1.30

∼2.30

2.10

∼3.20

0.60

∼1.20

YS-NCM5

3.00

∼4.00

1.00

∼2.00

YS-NCM6

0.08

∼0.18

0.40

以下

0.20

∼1.20

4.50

∼5.50

0.30

∼0.70

0.30

∼0.70

YS-NCM7 0.15

以下

0.50

以下

1.30

∼2.20

0.018

以下

0.018

以下

0.40

以下

0.50

∼4.00

0.40

∼1.50

0.30

∼0.80


5

Z 3351

:2012

表 3−ワイヤの化学成分(続き) 

単位  %(質量分率)

化学成分

種類

C Si Mn P  S

Cu

a)

 Ni  Cr  Mo

YS-CuC1 0.15

以下

0.30

以下

0.80

∼2.20

0.030

以下

0.030

以下

0.20

∼0.45

− 0.30

∼0.60

YS-CuC2 0.30

以下

0.30

∼0.55

0.05

∼0.80

0.50

∼0.80

YS-CuC3

0.80

∼2.20

0.030

以下

0.030

以下

0.20

∼0.55

0.05

∼1.50

0.40

∼0.80

YS-CuC4

0.15

以下

0.50

以下

1.30

∼2.20

0.018

以下

0.018

以下

0.30

∼1.00

0.50

∼4.00

0.40

∼1.50

0.30

∼0.80

YS-G 0.20

以下

0.90

以下

3.00

以下

0.030

以下

0.030

以下

c)

c)

c)

c)

a)

銅めっきが施されている場合は,めっきの銅を含む。

b)

含有量が明らかに微量であって,この表の規定値を十分満足することが予想できる場合は,分析試験を省
略することができる。

c)

添加した場合には,その成分の分析試験を行う。

試験方法 

6.1 

ロットの決め方 

ワイヤロットの決め方は,JIS Z 3423 による。

6.2 

ワイヤの分析試験 

ワイヤの分析試験は,次のいずれかによる。

JIS G 1201

JIS G 1211 規格群,JIS G 1212JIS G 1213JIS G 1214JIS G 1215 規格群,JIS G 1216

JIS G 1217

JIS G 1218JIS G 1219JIS G 1253JIS G 1256JIS G 1257JIS G 1258 規格群

なお,製品と変わらない成分の分析試験は,次のいずれかの試験結果を用いてもよい。

a)

同一ヒートの他の径の成分の分析試験

b)

同一ヒートの製造途中の線材の分析試験

c)

原料のミルコイル製品分析値

d)

原料のミルコイルの溶鋼分析値

検査方法 

検査方法は,次による。

a)

ワイヤの検査項目は,JIS Z 3423 の試験スケジュールによる。

b)

検査は,ワイヤのロットごとに,JIS Z 3423 による試験スケジュールに従い,箇条 によって試験し,

該当する箇条 に適合しなければならない。

c)

試験スケジュールに従い,6.2 によって実施した分析試験の試験結果が,箇条 に適合しなかった場合

には,適合しなかった成分について倍数の再試験を行い,そのいずれの試験結果も箇条 に適合しな

ければならない。この場合の再試験のための分析試料は,当初の分析試料の残りを使用するか,又は

新たに採取する。

d)

分析試料の採取から試験の実施を通して正規の手続きを行っていない試験を含み,試験結果が合否の

判定に供し得ないようなことが生じるおそれがある場合には,試験の進行状況又は結果のいかんにか


6

Z 3351

:2012

かわらず無効とする。無効となった試験は,正規の手続きに従って繰り返されなければならない。

なお,この場合は,c)  の再試験の対象とはしない。

製品の呼び方 

製品の呼び方は,ワイヤの種類の記号,径及び質量による。

製品の呼び方の例は,次のとおりとする。

例 YS-S1-4.8-25

種類  径  質量

包装 

包装は,JIS Z 3200 による。

10 

表示 

10.1 

製品の表示 

製品の表示は,JIS Z 3200 による。

10.2 

包装の表示 

包装の表示は,JIS Z 3200 による。