>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 3324

:2010

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  溶着金属の品質区分

2

5

  品質

2

5.1

  溶着金属の化学成分

2

5.2

  溶着金属の機械的性質 

3

5.3

  溶着金属の耐食性

4

6

  試験方法

4

6.1

  ロットの決め方

4

6.2

  試験一般 

4

6.3

  溶着金属の分析試験

5

6.4

  溶着金属の引張試験

5

6.5

  溶着金属の腐食試験

6

7

  検査方法

6

8

  溶着金属の品質区分の表示 

7

9

  記録

7


Z 3324

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本溶接

協会(JWES)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 3324:2007 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 Z

3324

:2010

サブマージアーク溶接によるステンレス鋼溶着金属

の品質区分及び試験方法

Classification and testing methods for deposited metal of

stainless steel by submerged arc welding

序文 

この規格は,1988 年に制定され,その後 3 回の改正を経て今日に至っている。前々回の改正は 1999 年,

前回の改正は 2007 年に行われたが,追補による引用規格だけの修正であった。このため,前々回の改正以

降の溶接材料規格体系の整備に対応するために改正した。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

適用範囲 

この規格は,サブマージアーク溶接によって得られるステンレス鋼溶着金属(以下,溶着金属という。

の品質区分(溶着金属の化学成分)及び試験方法について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS G 0575

  ステンレス鋼の硫酸・硫酸銅腐食試験方法

JIS G 1201

  鉄及び鋼−分析方法通則

JIS G 1211

  鉄及び鋼−炭素定量方法

JIS G 1212

  鉄及び鋼−けい素定量方法

JIS G 1213

  鉄及び鋼−マンガン定量方法

JIS G 1214

  鉄及び鋼−りん定量方法

JIS G 1215

  鉄及び鋼−硫黄定量方法

JIS G 1216

  鉄及び鋼−ニッケル定量方法

JIS G 1217

  鉄及び鋼−クロム定量方法

JIS G 1218

  鉄及び鋼−モリブデン定量方法

JIS G 1219

  鉄及び鋼−銅定量方法

JIS G 1237

  鉄及び鋼−ニオブ定量方法

JIS G 1253

  鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法

JIS G 1256

  鉄及び鋼−蛍光 X 線分析方法

JIS G 1257

  鉄及び鋼−原子吸光分析方法

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材


2

Z 3324

:2010

JIS G 3106

  溶接構造用圧延鋼材

JIS G 4304

  熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS Z 3001-1

  溶接用語−第 1 部:一般

JIS Z 3001-2

  溶接用語−第 2 部:溶接方法

JIS Z 3111

  溶着金属の引張及び衝撃試験方法

JIS Z 3184

  化学分析用溶着金属の作製方法及び試料の採取方法

JIS Z 3321

  溶接用ステンレス鋼溶加棒,ソリッドワイヤ及び鋼帯

JIS Z 3352

  サブマージアーク溶接用フラックス

JIS Z 3423

  溶接材料の調達指針

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 3001-1 及び JIS Z 3001-2 による。

溶着金属の品質区分 

溶着金属の品質区分を示す記号の付け方は,次による。

      YW  S×××

                      溶着金属の化学成分の記号(

表 による。)

                      サブマージアーク溶接

品質 

5.1 

溶着金属の化学成分 

溶着金属の化学成分は,6.3 の方法によって試験を行ったとき,

表 の規定に適合しなければならない。

表 1−溶着金属の化学成分

単位  %(質量分率)

化学成分

溶着金属の
化学成分の

記号

C Si Mn  P  S  Ni  Cr  Mo Cu  Nb

S308 0.08

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

9.0

∼11.0

18.0

∼21.0

S308L 0.04

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

9.0

∼12.0

18.0

∼21.0

S309 0.15

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

12.0

∼14.0

22.0

∼25.0

S309L 0.04

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

12.0

∼14.0

22.0

∼25.0

S309Mo 0.12

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

12.0

∼14.0

22.0

∼25.0

2.0

∼3.0

S310 0.20

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.03

以下

0.03

以下

20.0

∼22.0

25.0

∼28.0

S312 0.15

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

8.0

∼10.5

28.0

∼32.0


3

Z 3324

:2010

表 1−溶着金属の化学成分(続き)

単位  %(質量分率)

化学成分

溶着金属の
化学成分の

記号

C Si Mn P  S  Ni Cr Mo Cu Nb

S16-8-2 0.10

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

7.5

∼9.5

14.5

∼16.5

1.0

∼2.0

S316 0.08

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

11.0

∼14.0

17.0

∼20.0

2.0

∼3.0

S316L 0.04

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

11.0

∼16.0

17.0

∼20.0

2.0

∼3.0

S316LCu 0.04

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

11.0

∼16.0

17.0

∼20.0

1.2

∼2.75

1.0

∼2.5

S317 0.08

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

12.0

∼14.0

18.0

∼21.0

3.0

∼4.0

S317L 0.04

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

12.0

∼16.0

18.0

∼21.0

3.0

∼4.0

S347 0.08

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

9.0

∼11.0

18.0

∼21.0

8

×C

∼1.0

S347L 0.04

以下

1.00

以下

0.5

∼2.5

0.04

以下

0.03

以下

9.0

∼11.0

18.0

∼21.0

8

×C

∼1.0

S410

 0.12

以下

1.00

以下

1.2

以下

0.04

以下

0.03

以下

0.60

以下

11.0

∼13.5

S430

 0.10

以下

1.00

以下

1.2

以下

0.04

以下

0.03

以下

0.60

以下

15.0

∼18.0

5.2 

溶着金属の機械的性質 

溶着金属の引張強さ及び伸びは,6.4 の方法によって試験を行ったとき,

表 の規定に適合しなければな

らない。


4

Z 3324

:2010

表 2−溶着金属の機械的性質

引張試験

溶着金属の化学成分の
記号

引張強さ  MPa

伸び  %

S308 520

以上 30 以上

S308L 480

以上 30 以上

S309 520

以上 25 以上

S309L 510

以上 25 以上

S309Mo 550

以上 25 以上

S310 520

以上 25 以上

S312 660

以上 17 以上

S16-8-2 550

以上 30 以上

S316 520

以上 25 以上

S316L 480

以上 30 以上

S316LCu 480

以上 30 以上

S317 520

以上 25 以上

S317L 480

以上 25 以上

S347 520

以上 25 以上

S347L 510

以上 25 以上

S410

 a)

 440

以上 15 以上

S430

 b)

 450

以上 15 以上

a)

  試験片加工前に 730∼760  ℃の温度で 1 時間加熱した後,1

時間当たり 110  ℃以下の冷却速度で 315  ℃まで冷却し,そ
の後空冷する。

b)

  試験片加工前に 760∼790  ℃の温度で 2 時間加熱した後,1

時間当たり 55  ℃以下の冷却速度で 595  ℃まで冷却し,その
後空冷する。

5.3 

溶着金属の耐食性 

溶着金属の腐食試験は,特に注文者からの指定があった場合,

表 に示す溶着金属に適用し,6.5 の方法

によって硫酸・硫酸銅腐食試験を行ったとき,試験片の曲げられた外面に粒界腐食割れがあってはならな

い。

表 3−硫酸・硫酸銅腐食試験を適用する溶着金属の化学成分の記号

S308L

    S316L    S316LCu    S317L    S347    S347L

試験方法 

6.1 

ロットの決め方 

溶接材料のロットは,JIS Z 3423 に規定するロットサイズによる。

6.2 

試験一般 

6.2.1 

試験板 

溶着金属の分析試験及び引張試験に使用する試験板は,

表 による。ただし,JIS Z 3111 の規定によっ

てバタリングを行う場合には,

引張試験に使用する試験板は JIS G 3101 の SS400 又は JIS G 3106 の SM400

の A∼C 若しくは SM490 の A∼C を使用してもよい。


5

Z 3324

:2010

表 4−試験板の種類

試験板

溶着金属の化学成分の記号

JIS G 4304 

JIS G 4305 

S308

,S308L SUS302B,SUS304,SUS304L SUS302B,SUS304,SUS304L

S309

,S309L,S309Mo

S312

SUS309S SUS309S

S310 SUS310S

SUS310S

S16-8-2 SUS316

,SUS321,SUS347 SUS316,SUS321,SUS347

S316

,S316L,S316LCu

S317

,S317L

SUS316

,SUS316L

SUS317

,SUS317L

SUS316

,SUS316L

SUS317

,SUS317L

S347

,S347L SUS321,SUS347 SUS321,SUS347

S410

,S430 SUS410,SUS430 SUS410,SUS430

6.2.2 

試験用ワイヤ 

試験に用いるワイヤは,JIS Z 3321 に適合するもの,又はこれに準じるものとし,ワイヤの径は,3.2 mm

又は 4.0 mm とする。ただし,受渡当事者間の協定によってこれら以外の径で行ってもよい。

6.2.3 

試験用フラックス 

試験に用いるフラックスは,JIS Z 3352 に適合するもの,又はこれに準じるものとし,あらかじめ製造

業者の推奨する条件で乾燥を行う。

6.2.4 

溶接条件 

溶接は,製造業者の推奨する電流範囲の最大値の 70∼90 %で行い,電流の種類は交流又は直流(ワイヤ

プラス)とする。

6.3 

溶着金属の分析試験 

溶着金属の分析試験は,次によるほか,JIS Z 3184 による。

a)

溶着金属は,厚さ 19 mm 以上,長さ 150 mm 以上,幅 75 mm 以上の試験板上に 4 層以上の肉盛溶接を

行う。ただし,低炭素系溶着金属(L の記号の付いたもの)において,試験板に JIS G 3101 の SS400

又は JIS G 3106 の SM400 の A∼C 若しくは SM490 の A∼C を使用する場合には,5 層以上肉盛溶接

するものとする。

b)

溶接は下向姿勢で行い,パス間温度は 150  ℃以下とする。

c)

分析試料は,4 層目以上の溶着金属から採取する。ただし,低炭素系溶着金属の場合で,試験板に JIS 

G 3101

の SS400 又は JIS G 3106 の SM400 の A∼C 若しくは SM490 の A∼C を使用する場合には,5

層目以上から採取する。

d)

溶着金属の分析試料として,c)の代わりに 6.4 の試験によって破断した引張試験の平行部の残材又は

平行部該当位置を分析してもよい。

e)

溶着金属の分析方法は,次のいずれかによる。

JIS G 1201

JIS G 1211JIS G 1212JIS G 1213JIS G 1214JIS G 1215JIS G 1216JIS G 1217

JIS G 1218

JIS G 1219JIS G 1237JIS G 1253JIS G 1256 及び/又は JIS G 1257

6.4 

溶着金属の引張試験 

溶着金属の引張試験は,次によるほか,JIS Z 3111 による。

a)

試験板の厚さは,19 mm 又は 20 mm とする。

b)

開先角度は,30゜とする。

c)

予熱及びパス間温度は,化学成分の記号 S410 及び S430 の溶着金属については 150∼250  ℃とし,そ


6

Z 3324

:2010

れ以外の化学成分の記号の溶着金属は 15∼150  ℃の温度で各パスの溶接を始める。ただし,各パスの

溶接開始時に試験板の温度がパス間温度を超えた場合には,空冷する。

d) S410

及び S430 の溶着金属の熱処理は,試験片加工前に

表 の注

a)

又は

b)

に示す条件で行う。

e)

引張試験片の形状は,JIS Z 3111 に規定する A0 号とする。

6.5 

溶着金属の腐食試験 

溶着金属の腐食試験は,次による。

a)

試験材の寸法及び試験片採取位置は,

図 に示すとおりとする。

単位  mm

図 1−硫酸・硫酸銅腐食試験用試験材の寸法及び試験片採取位置

b)

溶接開始時の試験板温度及びパス間温度は,15∼150  ℃とする。

c)

腐食試験片は,スタート部及びクレータ部を除いた部分から,厚さ 5 mm 以下,幅 10 mm 以下,長さ

30

∼70 mm のものを 2 個採取する。

d)

腐食試験の方法は,JIS G 0575 による。

検査方法 

溶着金属の検査方法は,次による。

a)

溶着金属の検査項目は,JIS Z 3423 に規定する試験スケジュールによる。

b)

検査は,溶接材料のロットごとに,JIS Z 3423 に規定する試験スケジュールに従い,箇条 によって

試験し,該当する箇条 の規定に適合しなければならない。

c)

JIS Z 3423

に規定する試験スケジュールに従い,箇条 によって実施したいずれかの試験結果が,箇

条 の規定に適合しなかった場合には,適合しなかったすべての試験について倍数の再試験を行い,

そのいずれの試験結果も規定に適合しなければならない。この場合の再試験のための試験片は,当初

の試験材の残材から採取するか,又は新たな試験板を用いて作製した試験材から採取する。また,分


7

Z 3324

:2010

析試験において,当初の試験結果が規定に適合した成分は,再試験を行わなくてもよい。

d)

試験片の作製から試験の実施を通して正規の手続きを行っていない試験を含み,試験結果が合否の判

定に供し得ないようなことが生じるおそれがある場合には,試験の進行状況又は結果のいかんにかか

わらず無効とする。無効となった試験は,正規の手続きに従って繰り返されなければならない。

なお,この場合は,c)に規定する再試験の対象とはしない。

溶着金属の品質区分の表示 

溶着金属の品質区分の表示は,箇条 によって行う。使用するワイヤ及びフラックスの組合せを併せて

示す場合の表示の例は,次のとおりとする。

例 YW S308−(YS308−SFMS1)

                                      JIS Z 3352 によるフラックスの種類(記号)

                                      JIS Z 3321 によるワイヤの種類(記号)

                                      溶着金属の化学成分の記号

                                      サブマージアーク溶接

記録 

試験記録を作成する場合は,次の事項を記録する。

a)

試験年月日及び試験場所

b)

溶着金属の品質区分

c)

使用するワイヤの種類及び径,並びに使用するフラックスの種類及び粒度

d)

試験板の鋼種,寸法及びバタリングの有無

e)

溶接条件(電流の種類,各パスごとの溶接電流,アーク電圧及び溶接速度)

f)

熱処理条件(溶着金属の化学成分の記号が,S410 又は S430 の場合)

g)

試験結果

1)

溶着金属の化学成分

2)

溶着金属の機械的性質(引張強さ及び伸び)

3)

溶着金属の耐食性(注文者からの指定があった場合だけ)