>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 3283

:2006

(1) 

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  種類

1

5

  品質

2

6

  寸法及び許容差 

3

7

  試験方法

3

7.1

  フラックス含有量試験及び特性試験 

3

7.2

  外観試験 

4

7.3

  寸法試験 

4

8

  検査

4

9

  包装

4

10

  製品の呼び方 

4

11

  表示 

4


Z 3283

:2006

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本溶接

協会(JWES)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 3283:2001 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。


   

日本工業規格

JIS

 Z

3283

:2006

やに入りはんだ

Resin flux cored solders

序文 

この規格は,主として電気機器,電子機器,通信機器などの配線接続,部品の製造などに用いるフラッ

クスを心として,はんだを線状にしたやに入りはんだについて規定されたもので,昭和 47 年制定され,そ

の後,数次にわたり改正されたものである。

今回の改正は,JIS Z 3282 が,2006 年に改正されたのに伴い,両規格の整合性を保持する目的で行われ

たものである。

適用範囲 

この規格は,主として電気機器,電子機器,通信機器などの配線接続,部品の製造などに用いるフラッ

クスを心として,はんだを線状にしたやに入りはんだについて規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7507

  ノギス

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS Z 3001

  溶接用語

JIS Z 3197

  はんだ付用フラックス試験方法

JIS Z 3282

  はんだ−化学成分及び形状

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 3001 及び JIS Z 3282 による。

種類 

やに入りはんだの種類は,はんだの種類,フラックスの種類及び等級による。

a)

やに入りはんだに使用するはんだは,JIS Z 3282 に規定する種類のはんだとする。ただし,Sn-Bi 系は

んだは除く。

b)

やに入りはんだに使用するフラックスの種類は,フラックス系及び構成材料により,

表 による。


2

Z 3283

:2006

   

表 1−フラックスの種類

構成材料

フラックス系

主剤

活性成分

ふっ化物含有

1.樹脂系

1.ロジン 
a.変性ロジン 
2.合成樹脂

1.無添加 
2.アミンのハロゲン塩 
3.有機酸,アミン有機酸塩

F.(有) 
N.(無)

注記  やに入りはんだに使用するフラックスの種類は,表 に従い,順次数字及び記号によっ

て表す。例えば,112N の意味は,1:フラックス系(1.樹脂系)

,1:主剤(1.ロジン)

2:活性成分(2.アミンのハロゲン塩)及び N:ふっ化物含有[N.(無)]を示す。

c)

やに入りはんだに使用するフラックスの等級は,ハライド含有量により,

表 による。

表 2−フラックスの等級

記号

活性度

フラックス成分のハライド含有量

%(質量分率)

AA

0.1以下

A

0.1を超え0.5以下

B

0.5を超え1.0以下

品質 

はんだ及びフラックスの品質は,次による。

a)

はんだ及びフラックスは,7.2 によって試験したとき

,それぞれ品質が均一で,表面が滑らかで,かつ,

使用上の有害な欠陥があってはならない。また,フラックスは,はんだの長さの方向に一様に連続し

ていることとする。

b)

やに入りはんだのフラックス含有量は,7.1 によって試験したとき

,表 による。

表 3−フラックス含有量

単位  %(質量分率)

記号

フラックス含有量

許容範囲

記号

フラックス含有量

許容範囲

F1 1.0 0.5以上1.5未満

F4 4.0 3.5以上4.5未満

F2 2.0 1.5以上2.5未満

F5 5.0 4.5以上5.5未満

F3 3.0 2.5以上3.5未満

F6 6.0 5.5以上6.5未満

c)

フラックスは,7.1 によって試験したとき,

表 に適合しなければならない。


3

Z 3283

:2006

表 4−フラックスの特性

フラックスの等級

AA A

B

水溶液比抵抗  Ωm

1000以上

500以上

ハライド含有量

 a)

  %(質量分率)

0.1以下

0.1を超え0.5以下

0.5を超え1.0以下

鉛含有はんだ

75以上

80 以上

80 以上

広がり率

b)

  %

鉛フリーはんだ

65以上

c)

70 以上

70 以上

銅板腐食

試験片は,いずれも比較試験片と比較して腐食が大でないこと

腐 
食  銅鏡腐食

試験片は標準ロジン溶液と比

較して腐食が大でないこと

乾燥度

試験片は,粉末タルクが,ブラッシングによって容易に除去できること

条件A

 d)

1×10

11

以上

1×10

10

以上

1×10

9

以上

絶縁抵抗  Ω

条件B

 e)

1×10

9

以上

1×10

8

以上

1×10

8

以上

電圧印加耐湿性−マイグレーション

f)

拡大鏡で確認し,一方の極から他方の極に樹枝状の金
属の生成が認められないこと

a)

  ハライド含有量の測定方法は,JIS Z 3197 の 8.1.4.2 による。

b)

   広がり率の測定方法は,JIS Z 3197 の 8.3.1.1 による。

c)

   表 における構成材料の活性成分が無添加のものについては,適用しない。

d)

  試験条件:条件 A  温度 40±2  ℃,相対湿度 90∼95 %,168 時間

e)

  試験条件:条件 B  温度 85±2  ℃,相対湿度 85∼90 %,168 時間

f)

  電圧印加耐湿性試験−マイグレーション試験は,受渡当事者間の協定によって省略することができる。

寸法及び許容差 

やに入りはんだの寸法(外径)及び許容差は,7.3 によって試験したとき,

表 による。

表 5−寸法及び許容差

単位  mm

参考

外径

許容差

一巻きの標準質量

kg

0.3 0.25 
0.4

±0.03

0.5

0.25,0.5

0.6 
0.7

±0.05

0.8 
1.0 
1.2 
1.6 
2.0

0.25

0.5


2

2.3 
3.0

±0.10

1,2,5

試験方法 

やに入りはんだの試験方法は,次による。

7.1 

フラックス含有量試験及び特性試験 

やに入りはんだのフラックス含有量試験,水溶液比抵抗試験,ハライド系活性剤含有量試験,はんだ広

がり法,腐食試験,乾燥度試験,絶縁抵抗試験及び電圧印加耐湿性試験−マイグレーション試験は,JIS Z 

3197

による。

7.2 

外観試験 


4

Z 3283

:2006

   

外観試験は,目視によって表面の滑らかさ,きず,割れ,その他使用上の欠陥の有無を調べる。

7.3 

寸法試験 

寸法試験は,JIS B 7502 に規定する外側マイクロメータ,JIS B 7507 に規定するノギス,又はこれと同

等以上の精度をもつ測定具を用いて行う。

検査 

検査は,次による。

a)

やに入りはんだは,品質並びに寸法及び許容差が,箇条 の方法によって試験を行ったとき,箇条 5

及び箇条 の規定に適合しなければならない。ただし,受渡当事者間の協定によって一部の試験を省

略することができる。

b)

その他の一般事項は,JIS H 0321 による。

包装 

やに入りはんだは,枠巻き又はたば巻きにして,輸送又は貯蔵中に起こる汚染又は損傷を防ぐために適

切な包装をしなければならない。

10 

製品の呼び方   

製品の呼び方は,やに入りはんだに使用するはんだの種類の記号,フラックスの種類,フラックス含有

量の記号,寸法(外径)及びフラックスの等級による。

例:Sn63Pb37/111N/F2/1.6/A        又は        H63A/111N/F2/1.6/A

  外径  フラックスの等級               外径  フラックスの等級

    フラックス含有量の記号                フラックス含有量の記号

    フラックスの種類                      フラックスの種類

    はんだの種類の記号                      はんだの種類の記号

Sn96.5Ag3Cu0.5/112F/F3/1.0/B        又は        A30C5/112F/F3/1.0/B

  外径  フラックスの等級              外径  フラックスの等級

   フラックス含有量の記号              フラックス含有量の記号

    フラックスの種類                      フラックスの種類

       はんだの種類の記号                      はんだの種類の記号

11 

表示 

やに入りはんだは,枠巻きの場合は巻き枠の側面に,また,たば巻きの場合は,添付した荷札に,次の

事項を明確に表示しなければならない。

a)

はんだの種類の記号

b

)  フラックスの種類

c)

フラックス含有量の記号

d

)  寸法(外径)


5

Z 3283

:2006

e

)  フラックスの等級

f

)  正味質量

g

)  製造業者名又はその略号

h

)  製造年月又はその略号

i

)  製造番号又はロット番号