>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 3282

:2006

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本溶接

協会(JWES)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会

の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 3282:1999 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO FDIS 9453:2005,Soft solder alloys -

Chemical compositions and forms

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS Z 3282

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


Z 3282

:2006

(2) 

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

1

4.

  合金系,種類及び記号 

1

4.1

  合金系及び種類

1

4.2

  記号

2

5.

  外観

5

6.

  化学成分

5

7.

  形状及び寸法 

5

8.

  分析試験

5

9.

  検査

5

10.

  製品の呼び方 

6

11.

  表示 

6

11.1

  表示事項

6

11.2

  表示箇所

6

11.3

  注意事項の表示 

7

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

8

 


     

日本工業規格

JIS

 Z

3282

:2006

はんだ−化学成分及び形状

  Soft solders - Chemical compositions and forms

序文  この規格は,JIS Z 3282:1999 を基に,第 2 版として改正原案審議段階の ISO FDIS 9453:2005,Soft

solder alloys - Chemical compositions and forms

を翻訳し,鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだに関した国内の

技術動向を取り入れ、技術的事項を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,一般工業用及び電気・電子工業用の鉛を含むはんだ(以下,鉛含有はんだとい

う。

)及び鉛を含まないはんだ(以下,鉛フリーはんだという。)  について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応する程度を示す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している),MOD

(修正している),NEQ(同等でない)とする。

ISO FDIS 9453:2005

,Soft solder alloys - Chemical compositions and forms (MOD)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS Z 3001

  溶接用語

JIS Z 3198-1

  鉛フリーはんだ試験方法−第 1 部:溶融温度範囲測定方法

JIS Z 3284

  ソルダペースト

JIS Z 3910

  はんだ分析方法

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS Z 3001 によるほか,次による。

a) 

鉛含有はんだ  固相線温度が 450℃未満の溶加材で,鉛を含むはんだ。

b) 

鉛フリーはんだ  固相線温度が 450℃未満の溶加材で,鉛を含まないすず系はんだの総称。ここでは,

すず,亜鉛,アンチモン,インジウム,銀,ビスマス,銅からなる鉛分 0.10%以下のはんだをいう。

4. 

合金系,種類及び記号

4.1 

合金系及び種類  合金系及び種類は,次による。

a) 

鉛含有はんだは,3の合金系と19の種類とし,その記号は

表 による。

b)

鉛フリーはんだは,11の合金系と21の種類とし,その記号は

表 による。

4.2

記号  記号の付け方は,次による。


2

Z 3282

:2006

     

a) 

鉛含有はんだ  記号1又は記号2による。

1.  記号1の場合  Sn60  Pb40

                                鉛 40 %

                                すず 60 %

2.  記号2の場合  H  60A

                                すず 60 %

                                はんだ

備考  記号1は,ISO による記号の付け方による。また,記号2は,従来の JIS による付け方で,す

ず%の後に電子機器用に E,一般用に A を付して用途区分を表示する。

b) 

鉛フリーはんだ  記号1又は記号2による。

1.  記号 1 の場合  Sn95.8  Ag3.5  Cu0.7

                                  銅 0.7 %

                                  銀 3.5 %

                                  すず 95.8 %

2.  記号 2 の場合  A  35  C  7

                                    0.7 %

                                    銅

                                    3.5 %

                                    銀

備考1.  記号 2 の場合,すずは残部として表示せず,すず以外の構成元素の表示  %の対応値を次

に示し,その元素の略記号の後に付して表示している。

銀:A    ビスマス:B    銅:C    インジウム:N    アンチモン:S    亜鉛:Z

2. 

記号 2 の場合,元素の略記号に付する構成元素%の対応値の表示は,次の例に示すよう

に,その元素  %の 10 倍値を表示している。

−構成元素  %:0.X %→対応値  X  0.5 %の表示は 5

−構成元素  %:X.X %→対応値  XX  5.5 %の表示は 55

−構成元素  %:XX.X %→対応値  XXX  50.5 %の表示は 505


3

Z 3282

:2006

  1  鉛含有はんだの種類・記号及び化学成分

記号

化学成分  質量 %

参考

合金系

種類

Sn

Pb Sb

Bi

Cd Cu

Au In  Ag  Al  As

Fe Ni  Zn

固相

線温

度  ℃

液相

線温

度  ℃

比重

ISO

合金

番号

Sn95Pb5 Sn95Pb5 H95A 94.5

∼95.5

0.20

0.10 0.002

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183  224  7.4

Sn63Pb37 Sn63Pb37 H63A 62.5

∼63.5

0.20

0.10

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

101

Sn63Pb37E Sn63Pb37E H63E 62.5

∼63.5

0.05

0.05

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183 183  8.4

102

Sn60Pb40 Sn60Pb40 H60A 59.5

∼60.5

0.20

0.10

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

103

Sn60Pb40E Sn60Pb40E H60E 59.5

∼60.5

0.05

0.05

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183 190  8.5

104

Pb50Sn50 Pb50Sn50 H50A 49.5

∼50.5

0.20

0.10

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

111

Pb50Sn50E Pb50Sn50E H50E 49.5

∼50.5

0.05

0.05

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183 215  8.9

112

Pb55Sn45 Pb55Sn45 H45A 44.5

∼45.5

0.50

0.25 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183  226  9.1 113

Pb60Sn40 Pb60Sn40 H40A 39.5

∼40.5

0.50

0.25 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183  238  9.3 114

Pb65Sn35 Pb65Sn35 H35A 34.5

∼35.5

0.50

0.25 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183  245  9.5 115

Pb70Sn30 Pb70Sn30 H30A 29.5

∼30.5

0.50

0.25 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183  255  9.7 116

Pb80Sn20 Pb80Sn20 H20A 19.5

∼20.5

0.50

0.25 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

183 280 10.2 117

Pb90Sn10 Pb90Sn10 H10A 9.5

∼10.5

0.50

0.25 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

268 302 10.7 122

Sn-Pb

Pb95Sn5 Pb95Sn5 H5A 4.5

∼5.5

0.50

0.10 0.005

0.08

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

300  314  11.0 123

Sn57Pb40Bi3 Sn57Pb40Bi3 H57Bi3A 56.5

∼57.5

0.20

2.5

∼3.5

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

175

185

8.6

Sn46Pb46Bi8 Sn46Pb46Bi8 H46Bi8A 45.5

∼46.5

0.20

7.5

∼8.5

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

175

190

8.9

Sn-Pb-Bi

Sn43Pb43Bi14 Sn43Pb43Bi14 H43Bi14

A

42.5

∼43.5

0.20

13.5

14.5

0.002

0.08

0.05 0.10

0.10

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

135

165

9.1

Sn62Pb36Ag2 Sn62Pb36Ag2 H62Ag2A 61.5

∼62.5

0.20

0.10 0.002

0.08

0.05

0.10

1.8

2.2

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

179 179  8.4 171

Sn-Pb-Ag

Pb97.5Ag1.5Sn1 Pb97.5Ag1.5Sn1

H1Ag1.5A

0.7

∼1.3

0.20

0.25 0.002

0.08

0.05

0.10

1.2

1.8

0.001

0.03

0.02

0.01

0.001

309 309 11.3

備考1.  点線の下線のあるはんだは国際規格にないはんだを示す。

2. 

範囲指定のない化学成分値は最大値を示す。

3. 

ISO

合金の固相線温度・液相線温度は ISO FDIS 9453:2005 の値を適用する。


4

Z 3282

:2006

     

  2  鉛フリーはんだの種類・記号及び化学成分

記号

化学成分  質量 %

参考

合金系

種類

1 2

Sn

Pb

Sb

Bi

Cu

Au

In

Ag

Al

As

Cd

Fe

Ni

Zn

固相線

温度  ℃

液相線

温度  ℃

比重

ISO

合金

番号

Sn-Sb Sn95Sb5

Sn95Sb5 S50 0.10

4.5

∼5.5

0.10

0.05

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

238

241

7.3

201

Sn97Cu3 Sn97Cu3

C30 0.10

0.10

0.10

2.5

∼3.5

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

227

309

7.3

402

Sn-Cu

Sn99.3Cu0.7 Sn99.3Cu0.7  C7 0.10

0.10

0.10

0.5

∼0.9

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

(

1

)

0.001 227  228

7.3

401

Su92Cu6Ag2 Su92Cu6Ag2

C60A20 0.10

0.10

0.08

5.5

∼6.5

0.05

0.10

1.8

∼2.2

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

373

7.5

503

Sn95Cu4Ag1 Sn95Cu4Ag1

C40A10 0.10

0.10

0.08

3.5

∼4.5

0.05

0.10

0.8

∼1.2

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

335

7.4

502

Sn-Cu-Ag

Sn99Cu0.7Ag0.3 Sn99Cu0.7Ag0.3  C7A3 0.10

0.10

0.06

0.5

∼0.9

0.05

0.10

0.2

∼0.4

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

226

7.3

501

高温

Sn-Ag Sn95Ag5

Sn95Ag5 A50 0.10

0.10

0.10

0.05

0.05

0.10

4.8

∼5.2

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

221

240

7.4

704

Sn97Ag3 Sn97Ag3

A30 0.10

0.10

0.10

0.05

0.05

0.10

2.8

∼3.2

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

221

222

7.4

702

Sn96.3Ag3.7 Sn96.3Ag3.7 A37 0.10

0.10

0.10

0.05

0.05

0.10

3.5

∼3.9

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

221

221

7.4

701

Sn-Ag

Sn96.5Ag3.5 Sn96.5Ag3.5 A35 0.10

0.10

0.10

0.05

0.05

0.10

3.3

∼3.7

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

221

221

7.4

703

Sn96.5Ag3Cu0.5 Sn96.5Ag3Cu0.5  A30C5 0.10

0.10

0.10

0.3

∼0.7

0.05

0.10

2.8

∼3.2

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

219

7.4

711

Sn95.5Ag4Cu0.5 Sn95.5Ag4Cu0.5  A40C5 0.10

0.10

0.10

0.3

∼0.7

0.05

0.10

3.8

∼4.2

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

219

7.4

714

Sn95.8Ag3.5Cu0.7 Sn95.8Ag3.5Cu0.7  A35C7 0.10

0.10

0.10

0.5

∼0.9

0.05

0.10

3.3

∼3.7

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

217

7.4

712

中高

温系

Sn-Ag-Cu

Sn95.5Ag3.8Cu0.7 Sn95.5Ag3.8Cu0.7  A38C7 0.10

0.10

0.10

0.5

∼0.9

0.05

0.10

3.6

∼4.0

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

217

217

7.4

713

Sn-Ag-Bi-Cu Sn96Ag2.5Bi1Cu0.5 Sn96Ag2.5Bi1Cu0.5 A25B10C5 0.10

0.10

0.8

∼1.2

0.3

∼0.7

0.05

0.10

2.3

∼2.7

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

213

218

7.4

721

Sn92In4Ag3.5Bi0.5 Sn92In4Ag3.5Bi0.5 N40A35B5 0.10

0.10

0.3

∼0.7

0.05

0.05

3.5

∼4.5

3.2

∼3.8

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

207

212

7.4

612

中温

Sn-In-Ag-Bi

Sn88In8Ag3.5Bi0.5 Sn88In8Ag3.5Bi0.5 N80A35B5 0.10

0.10

0.3

∼0.7

0.05

0.05

7.5

∼8.5

3.2

∼3.8

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

196

206

7.4

611

Sn-Zn Sn91Zn9

Sn91Zn9 Z90 0.10

0.10

0.10

0.05

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 8.5

∼9.5 198  198

7.4

801

中低

温系

Sn-Zn-Bi Sn89Zn8Bi3  Sn89Zn8Bi3 Z80B30

0.10 0.10

2.8

∼3.2

0.05

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 7.5

∼8.5 190  196

7.4

811

Sn-Bi Bi58Sn42  Bi58Sn42 B580 41.0

∼43.0 0.10

0.10

残部

0.05

0.05

0.10

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

139

139

8.7

301

低温

Sn-In In52Sn48  In52Sn48 N520 47.5

∼48.5 0.10

0.10

0.10

0.05

0.05

残部

0.10

0.001

0.03

0.002

0.02

0.01 0.001

119

119

7.7

601

(

1

不純物 Ni の含有量は規定しない。

備考1.  範囲指定のない化学成分値は最大値を示す。

2.

固相線温度・液相線温度は,ISO 9453 の表記値及び JIS Z 3198-1 によるラウンドロビンテスト試験結果による。

3.

合金系の溶融温度区分は,高温系,中高温系,中温系,中低温系及び低温系である。高温系は,固相線温度 217  ℃以上かつ液相線温度 225  ℃以上,中高温系は,固相線温度 217  ℃以上かつ液相線温度 225  ℃未満,

中温系は,固相線温度 150  ℃以上 217  ℃未満かつ液相線温度 200  ℃以上,中低温系は,固相線温度 150  ℃以上かつ液相線温度 200  ℃未満,低温系は,固相線温度 150  ℃未満である。


5

Z 3282

:2006

     

5. 

外観  鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだは,使用上有害なきず,割れがあってはならない。

6. 

化学成分  鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだは,8.の試験を行い,その化学成分は,表 及び表 2

による。

7. 

形状及び寸法  鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの形状及び寸法は,次による。

a) 

鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの形状は,線状,塊状,棒状,帯状,プリフォーム及び粉末状があ

り,線状は W,塊状は I,棒状は B,帯状は R,プリフォームは F,粉末状は P で表す。

b) 

線状の鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの標準寸法及び許容差は,

表 による。ただし,一巻きの標

準質量は,受渡当事者間の協定による。

  3  線状はんだの標準寸法及び許容差

単位  mm

形状

外径

許容差

線状

1

2

3

4

±0.1

c) 

塊状の鉛含有はんだの標準質量は,約 5 kg とし,鉛フリーはんだの標準質量は,約 4.5 kg とする。ま

た,寸法は受渡当事者間の協定による。

d) 

棒状の鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの標準寸法は,約 7 mm(厚さ)×20 mm(幅)×400 mm(長

さ)とし,標準質量は,鉛含有はんだ Sn63Pb37 の場合は約 500 g,鉛フリーはんだ Sn96.5Ag3Cu0.5

の場合は約 450 g とする。また,その他は受渡当事者間の協定による。

e) 

粉末状の鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの形状及び粉末サイズは,JIS Z 3284 による。そのほかは,

受渡当事者間の協定による。

f) 

帯状及び線状の鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだは,受渡当事者間の協定によってコイル巻にするこ

とができる。また,帯状及びプリフォームの鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの寸法は,受渡当事者

間の協定による。

8. 

分析試験  分析試験は,JIS Z 3910 又は受渡当事者間の協定による。

9. 

検査  検査は,次による。

a) 

外観は,5.に適合しなければならない

b) 

化学成分は 6.に適合しなければならない。ただし,受渡当事者間の協定によって,分析試験の一部

を省略することができる。

c)

形状及び寸法は,7

.に適合しなければならない。

d)

そのほか,一般事項は,JIS H 0321 による。


6

Z 3282

:2006

     

10. 

製品の呼び方  製品の呼び方は,鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだともに,はんだの種類を示す記号

(記号 1 又は記号 2)  ,形状及び寸法(単位は mm)とし,棒状は幅,帯状は厚さと幅,線状は線径,粉末状

は粉末形状及び粉末サイズの記号による。

a)

鉛含有はんだ

例  塊状の場合    Pb50Sn50 - I      又は      H50A - I

                      種類  形状                種類  形状

例  棒状の場合    Sn63Pb37E - B 20      又は      H63E - B 20

                      種類    形状  幅              種類  形状  幅

例  帯状の場合    Sn60Pb40 - R 1.0 - 50      又は      H60A - R 1.0 - 50

                    種類  形状  厚さ  幅            種類    形状  厚さ  幅

例  線状の場合    Sn63Pb37 - W 1.6        又は      H63A - W 1.6

                    種類  形状  径                種類  形状  径

例  プリフォーム状の場合    Sn63Pb37 - F    又は  H63A - F

                              種類  形状          種類  形状

例  粉末状の場合    Sn62Pb36Ag2 - P S-1      又は        H62A - P S-1

                    種類  粉末形状  粉末サイズの記号      種類  粉末形状  粉末サイズの記号

b)

鉛フリーはんだ

例  棒状の場合    Sn95.8Ag3.5Cu0.7 - B 20      又は        A35C7 - B 20

                        種類        形状  幅                  種類  形状  幅

備考

棒状以外の呼び方は,鉛含有はんだの例と同様である。

11. 

表示

11.1 

表示事項  鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだには,次の事項を表示しなければならない。

a)

記号

b)

形状及び寸法

c)

正味質量

d)

製造業者名又はその略号

e)

製造年月又はその略号

f)

製造番号又はロット番号

11.2 

表示箇所  鉛含有はんだ及び鉛フリーはんだの形状ごとの表示事項及び表示箇所は,表 による。

ただし,保管条件など次の事項以外の表示は,受渡当事者間の協定による。


7

Z 3282

:2006

     

  4  表示事項及び表示箇所

表示箇所

形状

本体

巻き枠

容器

外箱

塊状 a)  d)

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

棒状 a)  d)

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

帯状

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

線状

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

プリフォーム

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

粉末状

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

a)

  b)  c)  d)

e)

  f)

備考  表中のアルファベットは 11.1 の細別の項目 a)∼f)による。

11.3 

注意事項の表示   

鉛含有はんだの包装には,鉛中毒に関する注意事項を表示しなければならな

い。


8

Z 3282

:2006

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

この附属書(参考)は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

JISZ 3282

:200X  はんだ−化学成分及び形状

Soft solders

−Chemical compositions and forms

ISO/FDIS 9453:2005

  Soft solder alloys−Chemical compositions and forms

(

Ⅰ)JIS の規定

( Ⅱ )

国 際 規

格番号

(Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ごとの評

価及びその内容

表示箇所:本体,附属書

表示方法:点線の下線又は  側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異の理由及び今後

の対策

項目

番号

内容 ISO

9453

項目

番号

内容

項目ご

との評

技術的差異の内容

1.

適 用

範囲

この規格は、一般工業用及び電

気・電子工業用の鉛を含むはん

だ(鉛含有はんだ)及び鉛を含ま

ないはんだ(鉛フリ−はんだ)に

ついて規定する。

 1.

はんだ合金の化学成分を次のよう

に規定している。

・Sn-Pb,Pb-Sn,Sn-Pb-Sb,Sn-Pb-Bi,

Sn-Pb-Cd

, Sn-Pb-Cu , Sn-Pb-Ag ,

Pb-Ag

,Pb-Ag-Sn の各系

・Sn-Sb,Sn-Bi,Sn-Cu,Sn-Cu-Ag,

Sn-In

,Sn-In-Ag-Bi,Sn-Ag,Sn-Ag-Cu,

Sn-Ag-Bi-Cu

,Sn-Zn,Sn-Bi-Zn の各

IDT JIS

は鉛含有はんだと鉛フリーはんだの 2

種類を文言で規定している。

ISO

は鉛含有はんだ,鉛フリーはんだの文

言による規定は無いが,はんだ合金の化学

成分により両者を具体的に規定している。

JIS

の適用範囲は大綱を示している。

JIS

は 4.で合金の種類を規定し表 1,表 2,で化学

成分を規定している。これは従来の JIS Z 3282 の様

式による。

2.

引 用

規格

JIS H 0321

JIS Z 3001

JIS Z 3198-1

JIS Z 3284

JIS Z 3910

 2.

ISO

3677

,Filler metal for soft

soldering

,brazing and braze

welding-designation

MOD/

変更

JIS

では引用規格として ISO 3677 を記載し

ていないが,はんだの Designation を種類

及び記号 1 では ISO 3677 の方式を採用し

ている。

(本体に側線表示)

現状でよい。

3.

定義

JIS Z 3001

による用語の定義,及

び鉛含有はんだ,鉛フリーはん

だの定義を規定している。

 3.

次の用語の定義を規定している。は

んだ,及び,ペースト中のはんだ粉,

線,リボン,棒状など,はんだ製品

の形状,バッチなど生産単位の定義

を規定している。

MOD/

変 更 /

追加

はんだの形状は JIS では 7.で規定している

が,生産単位,バッチの大きさはない。ま

た,ISO には鉛フリーはんだの定義はな

い。

ISO

は鉛フリーはんだの定義を規定すべきである

と提案する。


9

Z 3282

:2006

JISZ 3282

:200X  はんだ−化学成分及び形状

Soft solders

−Chemical compositions and forms

ISO/FDIS 9453:2005

  Soft solder alloys−Chemical compositions and forms

(

Ⅰ)JIS の規定

( Ⅱ )

国 際 規

格番号

(Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ごとの評

価及びその内容

表示箇所:本体,附属書

表示方法:点線の下線又は  側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異の理由及び今後

の対策

項目

番号

内容 ISO

9453

項目

番号

内容

項目ご

との評

技術的差異の内容

4

合金

系、種

類及び

記 号

4.1

合金系

及び種

鉛含有はんだ:3 合金系 19 種類

(Sn-Pb 系 14 種類,Sn-Pb-Bi 系

3

種類,Sn-Pb-Ag 系 2 種類),

なお,国際規格の Sn63Pb37E,

Sn60Pb40E

,Pb50Sn50E の 3 種を

採用している。

鉛フリーはんだ:11 合金系 21

種類(Sn-Sb 系 1 種,Sn-Cu 系 2 種,

Sn-Cu-Ag

系 3 種,

Sn-Ag

系 4 種,

Sn-Ag-Cu

系 4 種,Sn-Ag-Bi-Cu

系 1 種、

Sn-Zn

系 1 種,

Sn-In-Ag-Bi

系2種,Sn-Zn-Bi 系 1 種, Sn-Bi

系 1 種,Sn-In 系 1 種)

 1.

及び

Table

1,2

鉛含有はんだ:9 合金系 31 種類

(Sn-Pb 系 4 種類,Pb-Sn 系 11 種類,

Sn-Pb-Sb

系 7 種類,Sn-Pb-Bi 系 2 種

類,Sn-Pb-Cd 系 1 種類,Sn-Pb-Cu 系

2

種類,Sn-Pb-Ag 系 1 種類,Pb-Ag

系 2 種類,Pb-Ag-Sn 系 1 種類)

鉛フリーはんだ:11 合金系 21 種類

(Sn-Sb

系 1 種,Sn-Bi 系 1 種,Sn-Cu

系 2 種,Sn-Cu-Ag 系 3 種,Sn-In 系 1

種,Sn-In-Ag-Bi 系 2 種,Sn-Ag 系 4

種,Sn-Ag-Cu 系 4 種,Sn-Ag-Bi-Cu

系 1 種,Sn-Zn 系 1 種,Sn-Zn-Bi 系 1

種)。

MOD/

(

鉛 含

有はん

だ)

IDT

(

鉛 フ

リーは

んだ)

ISO

ははんだの種類を適用範囲(Scope)で

規定している。

・鉛含有はんだ:国際規格 31 種類のうち

JIS

は Sn-Pb 系 13 種,及び,Sn-Pb-Ag 系 1

種は整合,国際規格外品種が 5 種類(表1

に点線の下線表示)を規定している。

・鉛フリーはんだ:国際規格の 11 合金系

21

種類は 100%整合,記号2のみが整合し

ていない。

なお,Sn-Cu 系はんだの Sn99.3Cu0.7 の不

純物 Ni については特許に留意して国際規

格のとおり含有量を規定せず,その旨を表

2

(

1

)

に記載した。

鉛含有はんだでは Sn-Pb-Cd 合金はカドミウムの有

害性で JIS では規定しない。今後も同様、廃止を提

案したい。鉛フリーはんだの規格化に伴い品種が限

定傾向にあるが,国際規格外品の 5 種類はわが国で

古くから使用されているはんだである。

4.2

鉛含有はんだ:ISO 3677 に基づ

いた種類別記号による記号 1,

及び JIS の H 記号にすず%と E

又は A を付した記号 2 との 2 種

類を規定している。

鉛フリーはんだ:ISO 3677 に基

づいた種類別記号による記号 1,

及び元素略記号による記号 2 の

2種を規定。

  双方の記号の付け方を例示,

規定している。

 2

鉛含有はんだ:Table1 に ISO3677 に

基づいた記号(Designation)を規定

し,電子機器用 3 種に E を付してい

る。

鉛フリーはんだ:Table2に ISO3677

に基づいた記号(Designation)で規

定している。

IDT/

記号1

MOD/

追加

記号 2

鉛含有はんだ:JIS の長年の慣習になって

いる H(HANDA を示す)記号(表1に点線

の下線表示)を用いると共に ISO 3677 に

従った記号(Designation)も併用して整合

化を図っている。

鉛フリーは んだ:ISO 3677 による 記号

(Designation)

で整合、また構成元素の元素

略記号による方式を採用し記号の簡略化

を追加規定  (表2の記号 2 に点線の下線表

示)。

JIS

は鉛フリーはんだの記号の簡略化の観点から,

構成元素の元素略記号による表示方式を採用した。

この方式は,IEC でもショートネームとして規定さ

れている。ISO にもこれを採り入れることを、今後,

提案する。

・鉛含有はんだの記号 2 は品質の厳しい電子機器用

に E を付したものと,一般用として A を付したも

のとの2種とした。


10

Z 3282

:2006

JISZ 3282

:200X  はんだ−化学成分及び形状

Soft solders

−Chemical compositions and forms

ISO/FDIS 9453:2005

  Soft solder alloys−Chemical compositions and forms

(

Ⅰ)JIS の規定

( Ⅱ )

国 際 規

格番号

(Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ごとの評

価及びその内容

表示箇所:本体,附属書

表示方法:点線の下線又は  側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異の理由及び今後

の対策

項目

番号

内容 ISO

9453

項目

番号

内容

項目ご

との評

技術的差異の内容

5.

外観

製品のキズ・割れのないことを

規定している。

規定なし MOD/

追加

(

本体に側線表示)

技術的差異は軽微であり,現状のままとする。

6.

化 学

成分

鉛含有はんだは,電子機器用の

は ん だ Sn63Pb37 ,Sn60Pb40 ,

Pb50Sn50

の 3 種に E を付し,表

1

に化学成分を,鉛フリーはん

だは,表 2 に規定している。

 4

鉛含有はんだは,使用性能にとって

重要なはんだ 3 種に E を付し,Table

1

に化学成分を示している。

鉛フリーはんだは,Table2に化学成

分を規定している。

IDT

鉛含有はんだ:  化学成分は国際規格に整

合。

鉛フリーはんだ:  化学成分は国際規格に

整合。

技術的差異は軽微であり,現状のままとする。

7.

形 状

及び寸

線状,塊状,棒状,帯状,プリフォー

ム,粉末状の各形状の記号を規

定。線・棒状の標準寸法を規定

している。

 5

塊状,棒状,帯状,板状,線状,プ

リフォーム,ペレット,ボールはん

だ,及び粉末状と粉末を含むペース

ト又はクリームを規定している。

MOD/

追加

形状の種類は,国際規格に整合。JIS は標

準寸法を規定,寸法規定は ISO にはない。

又,JIS は,形状を記号で表示するが,ISO

は記号による表示を規定していない。(本

体に点線の下線表示)

形状の記号表示は JIS の長年の実績となっている。

ISO

は形状の表示簡略化のために記号化を検討す

べきと考える。

8

分析

試験

JIS Z 3910

はんだ分析方法又は

受渡当事者間の協定によると規

定している。

 6

6.に受渡当事者間の協定による方

法と規定。化学分析法は審議中。

MOD/

追加

JIS

は規定されているが,ISO は当事者間

の協定によるとのみ規定。

(

本体に側線表示)

ISO

は分析方法を決めるべきであると提案する。

9

検査

外観,化学成分,形状及び寸法,

の 適 合 性 に よ っ て 検 査 し て い

る。

規定なし。

(

本体に側線表示)

技術的差異は軽微であり,現状のままとする。

10

.製

品の呼

び方

鉛含有はんだ,鉛フリーはんだ

とも,はんだの種類の記号(1 又

は 2 を用いる),形状を示す記号

及び寸法によって呼ぶ。呼び方

の例を記載している。

 7

合金番号又は合金名称

(Table

3 Designation)によって呼んで

いる。

7

.にはんだ製品の形状ごとの表示,

マーキングの場所,包装などを規定

している。

MOD/

追加

鉛含有はんだ,鉛フリーはんだとも,合金

表示(Designation)は整合しているが,JIS は

鉛含有はんだに H 記号,鉛フリーはんだ

には元素略記号を採用している。

ISO

には寸法表示規定が無い。又,JIS の

ような「呼び方例」がない。

(本体に側線表示)

鉛含有はんだの H 記号表示はわが国のはんだメー

カ及び使用者との長年の商習慣による。H 記号を外

すことは業界に混乱を招く。


11

Z 3282

:2006

JISZ 3282

:200X  はんだ−化学成分及び形状

Soft solders

−Chemical compositions and forms

ISO/FDIS 9453:2005

  Soft solder alloys−Chemical compositions and forms

(

Ⅰ)JIS の規定

( Ⅱ )

国 際 規

格番号

(Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ごとの評

価及びその内容

表示箇所:本体,附属書

表示方法:点線の下線又は  側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異の理由及び今後

の対策

項目

番号

内容 ISO

9453

項目

番号

内容

項目ご

との評

技術的差異の内容

11.

下記表示事項を規定

a

)記号

b

)形状及び寸法

c

)正味質量

d)

製造業者名又はその略号

e)

製造年月又はその略号

f

)製造番号又はロット番号

・表示事項と表示箇所を規定

 7

形状ごとに下記事項を Table3に規

定している。

合金番号又は合金名称

製造番号

製造年月

保管条件

正味質量

製造者名又は商標

MOD/

追加

内容的には整合している。

ISO

には寸法表示がない。

ISO

はプリフォーム、粉末ソルダペースト

の保管条件を規定している。

JIS

では,商取引上必要な内容について規定してい

る。

11.3

の他の

注意事

11.3

で鉛含有はんだの包装に鉛

中毒に関する注意事項を表示す

ることと規定。

 7

7

.項で,製品には健康と安全に関す

る警告を貼付することを規定してい

る。

IDT

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.

項目ごとの評価欄の記号の意味は次のとおりである。

−IDT     :技術的差異がない。

−MOD/削除:国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−MOD/追加:国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−MOD/変更:国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は、次のとおりである。

−IDT     :国際規格と一致している。

−MOD     :国際規格を修正している。


12

Z 3282

:2006