>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

Z3265

 : 19

98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 3265

  ニッケルろう

ISO 3677 : 1992

  ろう付け及びはんだ付けにおけるろうの記号・略号

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点

(1)

適用範囲

○  ろう付に使用するニッケル

ろうについて規定

ISO 3677 

○ ろう及びはんだの記号表示につ

いて規定

(2)

引用規格

○  JIS H 0321, JIS Z 3905 

− ISO には規定されていない

(3)

種類

○ BNi-1A 他 7 種類の記号と

B-Ni74CrFeSiB-975/1075

他 7

種類の記号を併記

○ B-Ni74CrFeSiB-975/1075 他 7 種類

の記号を表示

AD

P

ISO

(B-Ni74CrFeSiB-975/1075 な
ど)に JIS 記号(BNi-1A な

ど)を追加

(4)

品質

○  JIS Z 3905 による試験に適合

− ISO には規定されていない

(5)

形状,寸法及
び許容差

○  帯状,棒状,粉末状,プリホ

ームを規定

− ISO には規定されていない

(6)

化 学 分 析 試

○  JIS Z 3905 による

− ISO には規定されていない

(7)

検査

○  (4)

(5)の規定に適合

− ISO には規定されていない

(8)

包装

○  輸送,貯蔵中の汚染及び損傷

の防止

− ISO には規定されていない

(9)

製 品 の 呼 び

○  種類,形状及び寸法による呼

び方と化学成分,固相点温度
及び固相線温度による呼び

方を併記

○ 化学成分,固相線温度及び液相線

温度による呼び方

AD

P

化学成分などによる呼び方
に種類などによる呼び方を
追加

(10)

表示

○  種類,形状及び寸法などの表

− ISO には規定されていない

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として

必要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“−”

:該当項目がない場合。