>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 Z

3145

-1981

頭付きスタッド溶接部の曲げ試験方法

Method of Bend Test for Stud Welds

1.

適用範囲  この規格は,頭付きスタッド溶接部の曲げ試験方法について規定する。

2.

試験片

2.1

試験片の形状及び寸法は

図 による。ただし図 中の軸径及び長さは,実際に使用するスタッドの

寸法とする。

図 1  試験片 

3.

試験方法

3.1

試験片は,指定のないかぎり変形又は加熱を与えてはならない。

3.2

試験片は,

図 の例に示すような方法で固定し,30°になるまでハンマ又はその他適当な方法で曲

げる。曲げ方向は,溶接部の外観に欠陥がある場合,その部分に最大引張力がかかるように曲げる。


2

Z 3145-1981

図 2  曲げ試験方法の例

溶接部会  スタッド溶接部試験方法専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

鶴  田      明

中部工業大学

尾  形  素  臣

愛知工業大学

田  中  淳七郎

建設省道路局

稲  垣  道  夫

科学技術庁金属材料技術研究所

林      俊  太

工業技術院標準部

阿  部  英  彦

日本国有鉄道構造物設計事務所

田  中      茂

株式会社東京鉄骨橋梁製作所

上  野      修

川崎重工業株式会社

佐々木  一  夫

株式会社横河橋梁製作所

冨  田  真  己

三菱重工業株式会社

柴  田      泰

株式会社片山鉄工所

松  本  正  己

株式会社野沢工業研究所

高  田  繁  一

松尾橋梁株式会社

豊  岡  恒  夫

大阪変圧器株式会社

三  好  栄  二

日本スタッドウェルディング株式会社

岩  崎      暁

松下産業機器株式会社

(事務局)

桜  井  俊  彦

工業技術院標準部材料規格課

田  中  利  穂

工業技術院標準部材料規格課