>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

Z3136

 : 19

99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 3136 : 1999

  抵抗スポット及びプロジェクシ

ョン溶接継手のせん断試験に対する試験片寸
法及び試験方法

ISO/DIS 14273 : 1989 Specimen dimensions and procedure for shear testing resistance spot and embossed projection welds

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  金属の抵抗スポット及びプ

ロジェクション溶接継手に
ついて,板厚が 0.3∼5.0 mm

で任意の溶接径をもつ通常
板幅試験片の寸法及び板厚
が 0.5∼10.0 mm で最大 5√t

t:板厚)の溶接径をもつ飽
和板幅試験片の寸法並びに,
それぞれの試験片に対する

試験方法を規定。

ISO/DIS 14273 

○ 金属の抵抗スポット及びプロジ

ェクション溶接継手について,板
厚が 0.5  ∼ 10 mm で最大 5√t

t:板厚)の溶接径をもつ飽和
試験片の寸法及び試験方法を規
定。

ADP JIS

には,ISO にない通常板

幅試験片を追加して規定し
ている。

ISO

の通常板幅試験片が,

ISO

の飽和試験片に比べて,

実用的に合理的なため,設計

の基礎にしてきたため。 
実用的な JIS 試験片を国際
提案 する 。( 追加 提 案の方

向)

(2)

引用規格

○  JIS Z 2241

○ ISO R 147 

(3)

用語

○  ・  せん断力(せん断荷重)

・  溶接計

・  通常板幅試験片 
・  飽和板幅試験片

ISO/DIS 14273 

○ ・  せん断力

・  溶接計

ADP JIS

には,ISO にない通常板

幅試験片,飽和板幅試験片を

追加して規定。

ISO

の通常板幅試験片が,

ISO

の飽和試験片に比べて,

実用的に合理的なため,設計
の基礎にしてきたため。 
実用的な JIS 試験片を国際

提案 する 。( 追加 提 案の方
向)

(4)

試 験 片 形 状

寸 法 及 び 誤

○  ・  通 常 板 幅 試 験 片 及 び 飽

和板幅試験片の形状

・  3 枚重ね以上の試験片形

ISO/DIS 14273 

○ ・  飽和板幅試験片

ADP JIS

には,ISO にない通常試

験片,3 枚重ね以上の試験片
の形状を追加して規定。

実用的な 3 枚重ね以上の試

験片の形状も ISO へ提案

(追

加提案の方向)

(5)

試 験 片 の 形

○  単点溶接試験片,多点溶接試

験片からの単点溶接試験片

の作成方法を規定。

ISO/DIS 14273 

○ 単点溶接試験片,多点溶接試験片

からの単点溶接試験片の作成方

法。


 

2

Z3136

 : 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS Z 3136 : 1999

  抵抗スポット及びプロジェクシ

ョン溶接継手のせん断試験に対する試験片寸
法及び試験方法

ISO/DIS 14273 : 1989 Specimen dimensions and procedure for shear testing resistance spot and embossed projection welds

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

試 験 片 の 個

○ 11 個。ただし,せん断力や溶

接径の標準偏差を必要とし
ない場合は,受渡当事者の協

定によって減少できるとし
た。

ISO/DIS 14273 

○ 11 個

= ISO には標準偏差を必要と

しない場合の,ただし書きが
ないこと。

CEM/TC121/SC4/WG2

prEN ISO 15614-12

について

の討議において,日本側提案
によって JIS どおり決定。今
後,ISO が改定されるものと

考えられる。

(7)

試 験 装 置 及

び試験方法

○  JIS Z 2241 に規定された装置

及び方法によることを規定。

○ ISO  R147 に規定された装置及び

方法によることを規定。

(8)

記録

○ 11 項目の記録

○ 最低 8 項目を記録することを規

定。

備考 1.

対比項目(Ⅰ)及び(Ⅱ)で,

“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄は,JIS と国際規格との技術的内容の整合性評価を示し,その記号の意味は次のとおりである。

=:同等,ADP:国際規格を採用。