>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

Z3128

 - 19

96
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表(国際規格翻訳・JIS 原案作成) 

(主に試験・分析方法規格用)

記入日 : 平成  年  月  日

担当課 : 材料規格課

担当部会 : 溶接部会

原案作成団体 : 社団法人日本溶接協会

JIS Z 3128

  溶接継手の衝撃試験方法

国際規格番号  ISO 9956 - 3 : 1995  金属材料の溶接手順の仕様と承認−第 3 部  鉄鋼のアーク溶接の溶接手順試験

ISO

  9016(未発行)  溶接−金属材料の溶接継手−衝撃試験における試験片の採取場所とノッチの向き

対比項目

規定項目

(I)  JIS

(原案)の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

(原案)と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  鋼材の突合せ溶接継手の衝

撃試験方法について規定

○ ISO 9956 - 3 は,衝撃試験片の位

置及び試験温度

ISO 9016

は,試験片寸法及び試験

について規定

= 整合している。

(2)

試験片

○  JIS Z 2202 4 号試験片

− (未定)   ISO

9016

が制定された時点

で整合化を検討する。

(3)

試 験 片 の 採

○  板厚位置,ノッチ位置及び

1/4t

又はボンドノッチを規定

○ 板厚位置及びノッチ位置

ADP JIS

の方が規定が多い。

ただし,対応する箇所は整合

している。

現状にあわせたため。

(4)

試験方法

○  JIS Z 2242 による

× (未定)   ISO

9016

が制定された時点

で整合化を検討する。

(5)

記録

○  鋼材の種類及び寸法,開先の

種類及び寸法,溶接方法/条

件, 
熱処理, 
採取位置,

試験温度, 
吸収エネルギー

○ 設計の要求事項による。

= JIS の方が具体的に規定して

いるものの整合している。

JIS

原案作成時期 : 平成 7 年度 JIS 制定・改正時期 : 平成 8 年度

整合化手法 : Ⅱ JIS 原案の国際規格の採用及び同等性の全体評価 : Ⅲ JIS 原案の整合性コード :

被引用法規

なし

関連する法規

なし

関連する外国規格

なし