>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

Z2501 : 2000

  解説

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 2501 : 2000

  焼結金属材料−密度,含油率及び開

放気孔率試験方法

ISO/DIS 2738 : 1996

  通気性のある焼結金属材料一密度,含油率及

び開放気孔率試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際
規 格
番号

(III)

国際規格の
規定内容

(IV) JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格

との整合が困
難な理由及び

今後の対策

(1)

適用範囲

○  焼結金属材料の密度,

含油率及び開放気孔率
試験方法で,含油軸受
及び機械部品に適用。

ISO/DIS 

2738 

○ 多 孔 質 焼

結 金 属 材
料 の 密 度
さ,含油率

及 び 開 放
気 孔 率 の
測 定 方 法

で,含油軸
受 及 び 機
械 部 品 に

適用。

= ISO は多孔質としてい

るが,これはほかに超
合 金 な ど の 通 気 性 の
ない材料があるため。

(2)

引用規格

○  JIS K 0061(化学製品

の密度及び比重測定方
法)

JIS K 2001(工業

用潤滑油−ISO 粘度分

類)

JIS Z 8401(数値

の丸め方)

同上

○ ISO 758

ISO 3448

ISO 13944

= JIS では ISO 758 及び

ISO 3448

に対応する

JIS

,数値の丸め方の

JIS Z 8401

を記載。

ISO 13944

は,規格の

一 部 の ソ ッ ク ス レ ー
抽 出 器 を 引 用 す る た

めのもので,JIS では,
装置を付図で示した。

(3)

記 号 及 び 定

○  計算に必要な 10 の記

号,定義及び単位を規
定。

同上 

○ JIS と同等 ≡

(4)

原理

○  特性値の求め方,必要

な測定項目を規定。

同上 

○ JIS と同等 ≡

(5)

装置

○  天びん,ソックスレー

抽出器,測定ジグ,容
器,真空含油装置,含
浸油,温度計を規定。

付図でソックスレー抽
出器を例示。

同上 

○ JIS と同等 = 付 図 で ソ ッ ク ス レ ー

抽出器を例示。

(6)

試験

○  試験片の取扱い,状態

を規定。

同上 

○ JIS と同等 ≡

(7)

試験方法

○  試験片の各種質量測定

方法,油の除去方法,
含油及び表面コーティ
ング処理方法を規定。

同上

○ JIS と同等 ≡

(8)

結果の表示

○  各特性値の計算式,数

値の丸め方を規定。

同上

○ JIS と同等 = JIS では数値の丸め方

の規格 JIS Z 8401 を記

載。

(9)

精度

○  密度特性値の信頼性に

ついて記載。

同上

○ JIS と同等 ≡

(10)

試験報告

○  記載事項を規定。

同上

○ JIS と同等 ≡


2

Z2501 : 2000

  解説

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格の技術的内容が同等であることを示し,

“≡”は,国際規格

との技術内容は一致していることを示す。