>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

Z 2271:2019  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS Z 2271の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS Z 2271:2010を改正した内容だけを示すものである。 

JIS Z 2271:2010は,この追補1の内容の改正がされ,JIS Z 2271:2019となる。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

Z 2271:2019 

 

金属材料のクリープ及びクリープ破断試験方法 

(追補1) 

Metallic materials-Uniaxial creep testing in tension-Method of test 

(Amendment 1) 

 

JIS Z 2271:2010を,次のように改正する。 

 

箇条10(試験の有効性)を,次の文に置き換える。 

10 

試験の有効性 

試験片が,平行部の外側で破断した場合,又は伸び計の標点の外側で破断した場合,試験結果が材料規

格又は注文者の要求に適合しない限り,破断伸びを無効とする。