>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 1607

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,全国十八リットル

缶工業組合連合会(JF18TU)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正

すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 1607:1995 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


Z 1607

:2003

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  種類

1

4.

  品質

1

5.

  構造

1

6.

  寸法

2

7.

  材料

2

8.

  気密試験

3

9.

  検査

3

10.

  表示

3

 


日本工業規格

JIS

 Z

1607

:2003

金属板製ふた・口金

Metal caps and nozzles

1.

適用範囲  この規格は,油脂・石油・塗料・化学薬品・食料品などの容器として一般に用いられる缶

の金属板製ふた・口金(以下,ふた・口金という。

)について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。

これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS G 3303

  ぶりき及びぶりき原板

JIS H 4000

  アルミニウム及びアルミニウム合金の板及び条

JIS K 6922-1

  プラスチック−ポリエチレン(PE)成形用及び押出用材料−第 1 部:呼び方のシステ

ム及び仕様表記の基礎

3.

種類  ふた・口金の種類は,表 による。

  1

種類

備考

形式

呼び番号

A

形 45,55

ねじ式

B

形 40,50,70

つめ式

4.

品質  品質は,次による。

a)

外  観  ふた・口金は仕上がり良好で,割れ,ひずみ,きず,しわ,さび,その他使用上有害な欠点

があってはならない。

b)

気密性  気密性は,8.  の気密試験を行い,漏れがあってはならない。

c)

衛生性  食料品に使用するふた・口金は,食品衛生法の食品,添加物等の規格基準(昭和 34 年厚生省

告示第 370 号)に適合しなければならない。

5.

構造  構造は,次による。

a) A

形は,口金に中ぶたをはめ,ふたをねじによって留めるものとする。

b) B

形は,ふたと口金とをふたの周囲にあるツメによって留めるとともに,プロテクタ(

1

)

をしたものと

する。

なお,必要に応じてポリエチレン製の中ぶたを使用してもよい。


2

Z 1607

:2003

c) A

形,B 形共に,ふたには内容物に適したパッキンを入れる。ただし,ポリエチレン製の中ぶたを使

用し,これがパッキン機能を兼ねるときはパッキンを入れなくてもよい。

注(

1

)

ぶりき及びアルミニウム製のプロテクタは,締付け器具を用いて締め付ける。

備考  ふた・口金はぶりき製,中ぶたはぶりき又はポリエチレン製,プロテクタはぶりき,アルミニ

ウム又はポリエチレン製とする。

6.

寸法  寸法は,表 による。

なお,外径,内径,口径,高さ及び溝までの高さの許容差は,それぞれ±0.3 mm とする。ただし,70

は±0.5 mm とする。

  2

単位  mm

ふた

口金

種類

板の呼 
び厚さ

外径

内径

高さ

板の呼 
び厚さ

外径

内径

口径

溝まで 
の高さ

ねじ山の数

山/25.4

A 45  0.26  45.0 43.3 13.0  0.28  44.1 42.1 33.5

− 7

形 55  0.26  55.0 53.3 13.5  0.28  54.1 52.1 42.0

7

B

40 0.36 42.7

39.3 7.7  0.30 41.0

39.0

32.5  5.5

50 0.36 50.5

47.2 8.0  0.30 48.9

46.5

40.0  5.8

70 0.36 70.8

67.0 9.0  0.30 68.5

66.2

59.1  6.6

                      ふた                                      口金

A

  (ねじ式)

                        ふた                                    口金

B

  (つめ式)

7.

材料  材料は,次による。

a)

ぶりきは,JIS G 3303 に規定するもの,又はこれと同等以上の特性をもつものを用いる。

b)

アルミニウムは,JIS H 4000 に規定するものを用いる。

c)

ポリエチレンは,JIS K 6922-1 に規定するものを用いる。


3

Z 1607

:2003

d)

ふたのパッキンは,内容物に対し適切な品質をもつものを用いる。

e)

口金の密封剤は,内容物に対し適切な品質をもち,必要な耐久性をもつものを用いる。

8.

気密試験  ふたの気密試験は,口金を取り付けた容器に着色水を入れてふたを締め(A 形は中ぶたを

はめ,B 形はプロテクタ(

1

)

をする。

,ふたを下方に向けゲージ圧 40 kPa の圧縮空気を送り込み 4 分間放置

した後,ふたから着色水の漏れの有無を調べる。

9.

検査  検査は,品質,構造及び寸法について行い,4.6.の規定に適合しなければならない

10.

表示  包装ごとに次の事項を表示しなければならない。

a)

種類

b)

個数

c)

製造業者名又はその略号

d)

製造年月又はその略号

関連規格  JIS Z 1601  液体用鋼製ドラム

JIS Z 1602

  金属板製 18 リットル缶

JIS Z 1620

  鋼製ペール

JIS Z 8203

  国際単位系(SI)及びその使い方