>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

Z 0403-2 : 1999

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS  Z 0403-2

  段ボール−第 2 部:垂直圧縮強さ試験

方法

ISO 3037 : 1994

  段ボール−垂直圧縮強さの測定(ワックスを塗布し

ない方法)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

(原案)の

規定内容

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

(原案)と

国際規格との
相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  段 ボ ー ル の

垂 直 圧 縮 強
さ 試 験 に つ

いて規定。

ISO 3037 

○ JIS と同等。 ADP 従来 JIS を A

法 と し て 本
体に,国際規

格を B 法とし
て 附 属 書 に
規定。

(2)

装置

○  圧縮試験機,

圧 縮 部 分 の

条件,荷重部
分の条件,試
験 片 の 切 断

及 び 支 持 具
の 条 件 を 規
定。

同上

○ JIS と同等。 =

附属書 B 法の
試 験 片 切 断

及 び 支 持 具
は 国 際 規 格
と同じ。

本体 A 法の試
験 片 切 断 及

び 支 持 具 は
国 際 規 格 に
はない。

国内の使用 実態を 考慮し
て,附属書方式(タイプ III)

を採用したが,A 法は国際
規格の中に加えるよう,次
回の ISO 委員会に提案す

る方向で検討。

(3)

試験片

○  本体の A 法及

び附属書の B

法 に 分 け て
規定。

同上

○ JIS 附属書(B

法)と同等。

附属書の B 法
は 国 際 規 格

と同じ。 
本体 A 法は国
際 規 格 に な

い規定。

同上

(4)

試験条件

○  JIS P 8111 

規 定 に よ り

調 整 さ れ た
室内で行う。

ISO 187 

○ JIS と同等。 =

(5)

試験報告

○  試 験 報 告 の

記 載 事 項 を
規定。

ISO 3037 

○ JIS と同等。 =

表 現 の 差 異
は 若 干 あ る
が,基本的に

は 整 合 し て
いる。 
ただし,A 法,

B

法の区別を

追加。