>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

Z 0403-1 : 1999

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 0403-1

  段ボール−第 1 部:平面圧縮強さ試験

方法

ISO 3035 : 1982

  片面段ボール及び両面段ボール−平面圧縮強さの測

対比項目

規定項目

(I)  JIS

(原案)の

規定内容

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

(原案)と

国際規格との
相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  片 面 及 び 両

面 段 ボ ー ル
の 平 面 圧 縮

強 さ 試 験 に
ついて規定。

ISO 3035 

○ JIS と同等。 ADP JIS では包装

用 段 ボ ー ル
に 限 定 し な

い。

(2)

装置

○  圧縮試験機,

圧 縮 部 分 の
条件,荷重部

分の条件,試
験 片 の 切 断
具 の 条 件 を

規定。

同上

− 板 ば ね 方 式

を 中 心 に 規
定。

JIS

ではロー

ド セ ル タ イ
プ の 圧 縮 に

対 し て も 規
定。 
試 験 機 に つ

い て は ISO

3037-1994

引用。

この規格は 1982 年に制定
されたもので,現状に合致
しない部分がある。ISO 

格の見直しを要請したい。

(3)

試験片

○  試 験 片 の 面

積 は

64.5,

100, 32.2cm

2

の 3 種類。

同上

○ JIS と同等。

た だ し ,

32.2cm

2

の 試

験片は,試験
機 の 性 能 を

上 回 る と き
に 用 い て よ
いと規定。

日本では,試験機の性能上

32.2cm

2

の試験片を用いて

いるが,大きな面積の試験
片でも測定 できる 試験機
の導入を配 慮すべ きであ

る。

(4)

試験条件

○  JIS  P 8111 

規 定 に よ り
調 整 さ れ た

室内で行う。

ISO 187 

○ JIS と同等。 =

(5)

試験報告

○  試 験 報 告 の

記 載 事 項 を
規定。

ISO 3037 

○ JIS と同等。 = 表現の差異は若干あるが,基本的には整

合している。