>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

Z 0313

:2004

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本防錆

技術協会(JACC)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS Z 0313:1998 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 8501-1:1988,Preparation of steel

substrates before application of paints and related products

−Visual assessment of surface cleanliness−Part 1:Rust

grades and preparation grades of uncoated steel substrates and of steel substrates after overall removal of previous

coatings

ISO 8501-1:1988/Suppl:1994,Preparation of steel substrates before application of paints and related

products

−Visual assessment of surface cleanliness−Part 1:Rust grades and preparation grades of uncoated steel

substrates and of steel substrates after overall removal of previous coatings

ISO 8502-2:1992,Preparation of steel

substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part

2:Laboratory determination of chloride on cleaned surfaces

ISO 8502-3:1992,Preparation of steel substrates before

application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part 3:Assessment of

dust on steel surfaces prepared for painting (pressure-sensitive tape method)

ISO 8502-4:1993,Preparation of steel

substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part

4:Guidance on the estimation of the probability of condensation prior to paint application

ISO 8502-5:1998,

Preparation of steel substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface

cleanliness

−Part 5:Measurement of chloride on steel surfaces prepared for painting (ion detection tube method),

ISO 8502-6:1995

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Tests for the

assessment of surface cleanliness

−Part 6:Extraction of soluble contaminants for analysis−The Bresle method,ISO 

8502-8:2001

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Tests for the

assessment of surface cleanliness

−Part 8:Field method for the refractometric determination of moisture,ISO 

8502-9:1998

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Tests for the

assessment of surface cleanliness

−Part 9:Field method for the conductometric determination of water-soluble salts,

ISO 8502-10:1999

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Tests for the

assessment of surface cleanliness

−Part 10:Field method for the titrimetric determination of water-soluble chloride,

ISO 8503-2:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Surface

roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates

−Part 2:Method for the grading of surface profile of

abrasive blast-cleaned steel

−Comparator procedure,ISO 8503-3:1988,Preparation of steel substrates before

application of paints and related products

−Surface roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates−Part

3:Method for the calibration of ISO surface profile comparators and for the determination of surface profile

Focusting microscope procedure

及び ISO 8503-4:1988,Preparation of steel substrates before application of paints

and related products

−Surface roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates−Part 4:Method for the

calibration of ISO surface profile comparators and for the determination of surface profile

−Stylus instrument

procedure

を基礎として用いた。


(2)

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS Z 0313

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)結露の可能性を判断するための指針

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


Z 0313

:2004

(3)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

2

2.

  引用規格

3

3.

  定義

3

4.

  目視による清浄度の評価

3

5.

  測定器具による清浄度の試験評価

4

5.1

  表面付着塩類

4

5.2

  表面付着湿分の測定

9

5.3

  表面付着粉じんの測定

11

6.

  結露の可能性の評価

13

7.

  表面粗さの試験評価

14

8.

  記録

16

附属書 1(規定)結露の可能性を判断するための指針

17

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

24

 


日本工業規格

JIS

 Z

0313

:2004

素地調整用ブラスト処理面の試験及び評価方法

Test and assessment of abrasive blast-cleaned substrates

before application of paints

序文  この規格は,1988 年に第 1 版として発行された ISO 8501-1:1988,Preparation of steel substrates before

application of paints and related products

−Visual assessment of surface cleanliness−Part 1:Rust grades and

preparation grades of uncoated steel substrates and of steel substrates after overall removal of previous coatings

ISO 

8501-1:1988/Suppl:1994

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Visual

assessment of surface cleanliness

−Part 1:Rust grades and preparation grades of uncoated steel substrates and of

steel substrates after overall removal of previous coatings

ISO 8502-2:1992,Preparation of steel substrates before

application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part 2:Laboratory

determination of chloride on cleaned surfaces

ISO 8502-3:1992,Preparation of steel substrates before application of

paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part 3:Assessment of dust on steel

surfaces prepared for painting (pressure-sensitive tape method)

ISO 8502-4:1993,Preparation of steel substrates

before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part 4:Guidance

on the estimation of the probability of condensation prior to paint application

ISO 8502-5:1998,Preparation of steel

substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−Part

5:Measurement of chloride on steel surfaces prepared for painting (ion detection tube method)

ISO 8502-6:1995,

Preparation of steel substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface

cleanliness

−Part 6:Extraction of soluble contaminants for analysis−The Bresle method,ISO 8502-8:2001,

Preparation of steel substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface

cleanliness

−Part 8:Field method for the refractometric determination of moisture,ISO 8502-9:1998,Preparation of

steel substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−

Part 9:Field method for the conductometric determination of water-soluble salts

ISO 8502-10:1999,Preparation of

steel substrates before application of paints and related products

−Tests for the assessment of surface cleanliness−

Part 10:Field method for the titrimetric determination of water-soluble chloride

ISO 8503-2:1988,Preparation of

steel substrates before application of paints and related products

−Surface roughness characteristics of blast-cleaned

steel substrates

−Part 2:Method for the grading of surface profile of abrasive blast-cleaned steel−Comparator

procedure

ISO 8503-3:1988,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Surface roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates

−Part 3:Method for the calibration of ISO surface

profile comparators and for the determination of surface profile

−Focusting microscope procedure 及び ISO 

8503-4:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Surface roughness

characteristics of blast-cleaned steel substrates

−Part 4:Method for the calibration of ISO surface profile comparators

and for the determination of surface profile

−Stylus instrument procedure を翻訳し,技術的内容を変更して作成


2

Z 0313

:2004

した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 2(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,防せい(錆)防食用として鋼材に塗料及び関連製品を被覆する前に,ブラス

ト処理による素地調整を行った鋼材表面の清浄度及び結露の可能性並びに表面粗さを,目視又は測定器具

によって,試験及び評価する方法について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 8501-1:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Visual assessment of surface cleanliness

−Part 1:Rust grades and preparation grades of uncoated

steel substrates and of steel substrates after overall removal of previous coatings (MOD)

ISO 8501-1:1988/Suppl:1994

,Preparation of steel substrates before application of paints and related

products

−Visual assessment of surface cleanliness−Part 1:Rust grades and preparation grades of

uncoated steel substrates and of steel substrates after overall removal of previous coatings (MOD)

ISO 8502-2:1992

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 2:Laboratory determination of chloride on

cleaned surfaces (MOD)

ISO 8502-3:1992

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 3:Assessment of dust on steel surfaces

prepared for painting (pressure-sensitive tape method) (MOD)

ISO 8502-4:1993

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

− Part 4:Guidance on the estimation of the

probability of condensation prior to paint application (MOD)

ISO 8502-5:1998

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 5:Measurement of chloride on steel surfaces

prepared for painting (ion detection tube method) (MOD)

ISO 8502-6:1995

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 6:Extraction of soluble contaminants for

analysis

−The Bresle method (MOD)

ISO 8502-8:2001

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 8:Field method for the refractometric

determination of moisture (MOD)

ISO 8502-9:1998

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 9:Field method for the conductometric

determination of water-soluble salts (MOD)

ISO 8502-10:1999

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

− Part 10:Field method for the titrimetric

determination of water-soluble chloride (MOD)


ISO 8503-2:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Surface roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates

−Part 2:Method for the grading

of surface profile of abrasive blast-cleaned steel

−Comparator procedure (MOD)

ISO 8503-3:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Surface roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates

− Part 3:Method for the

calibration of ISO surface profile comparators and for the determination of surface profile

Focusting microscope procedure (MOD)

ISO 8503-4:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Surface roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates

− Part 4:Method for the

calibration of ISO surface profile comparators and for the determination of surface profile

−Stylus

instrument procedure (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年又は発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格

の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。

JIS B 0601:1982

  表面粗さの定義と表示

JIS B 0651

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−触針式表面粗さ測定機の特性

備考  ISO 3274:1996, Rules and procedures for the measurement of surfaces roughness using stylus

instruments

が,この規格と一致している。

JIS K 0101

  工業用水試験方法

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS Z 0103

  防せい防食用語

JIS Z 0310

  素地調整用ブラスト処理方法通則

JIS Z 0311

  ブラスト処理用金属系研削材

JIS Z 0312

  ブラスト処理用非金属系研削材

JIS Z 1522

  セロハン粘着テープ

JIS Z 8806

  湿度−測定方法

ISO 8503-1:1988

,Preparation of steel substrates before application of paints and related products−Surface

roughness characteristics of blast-cleaned steel substrates

−Part 1:Specifications and definitions for ISO

surface profile comparators for the assessment of abrasive blast-cleaned surfaces

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS Z 0103 及び JIS Z 0310 による。

4.

目視による清浄度の評価  ブラストによる素地調整を行う前の鋼材表面のさび度及びブラスト処理を

行った鋼材表面の清浄度のうち,除せい度について,その程度を目視によって評価する基準について規定

する。

なお,

ブラスト処理前に,

目視で認められる油分及び塗装に有害な鋼材表面きずがないことを確認する。

a)

さび度の評価  ブラスト処理する前に,鋼材表面におけるミルスケールの付着又はさびの発生程度を

目視によって

表 に示す 4 段階に評価する。

評価に際しては,ISO 8501-1 の代表写真例と比較する。


4

Z 0313

:2004

  1  さび度

さび度

鋼材表面の状態

A

大部分が固いミルスケールで覆われ,さびは,あってもごくわずかである。

B

さびが発生し始めており,ミルスケールは,はく離し始めている。

C

全面がさびに覆われ,ミルスケールは,あっても容易にかき落とせる。

D

全面がさびに覆われるとともに,鋼材素地面にかなりの孔食が認められる。

b)

除せい度の評価  鋼材表面のブラスト処理による仕上げ程度を,目視によって表 に示す 4 段階で評

価する。評価に際しては,ISO 8501-1 及び ISO 8501-1 Supplement

(追補)の代表写真例と比較する。

備考  ISO 8501-1 Supplement  は,異種の研削材で Sa 3 に仕上げた写真の例である。

  2  除せい度

除せい度

鋼材表面の状態

Sa 1

拡大鏡なしで,表面には,弱く付着(

1

)

したミルスケール,さび,塗膜,異物,目に見え

る油,グリース及び泥土がない。

Sa 2

拡大鏡なしで,表面には,ほとんどのミルスケール,さび,塗膜,異物,目に見える油,
グリース及び泥土がない。残存する汚れのすべては,固着(

2

)

している。

Sa 2

2

1

拡大鏡なしで,表面には,目に見えるミルスケール,さび,塗膜,異物,油,グリース及
び泥土がない。残存するすべての汚れは,そのこん跡がはん(斑)点又はすじ状のわずか
な染みだけとなって認められる程度である。

Sa 3

拡大鏡なしで,表面には,目に見えるミルスケール,さび,塗膜,異物,油,グリース及
び泥土がなく,均一な金属色を呈している。

注(

1

)

刃の付いていないパテナイフで,はく離させることができる程度の付着。

(

2

)

刃の付いていないパテナイフでは,はく離させることができない程度の付着。

5.

測定器具による清浄度の試験評価

5.1

表面付着塩類

5.1.1

付着塩類の採取方法  付着塩類の採取方法は,次による。

鋼材表面に付着していることが予想される付着塩類の形態に応じ,受渡当事者間の協定によって,局部

的な面からの採取又は広範囲の面からの採取のいずれかの方法で行う。ただし,5.1.3 の B 法によって電気

伝導率を測定する場合は,使用する塩類濃度計の測定容器に覆われる面で直接測定が行われるので,別個

に試料を採取する必要はない。この場合の面積は,局部からの試料採取に相当する。

a)

局部的測定用試料採取方法  局部的測定用試料採取方法は,次による。

1)

要旨  ブラスト処理面にはった小形のゴム製パッチの中に水を入れて,塩類を溶解し,その水溶液

を取り出し,試料とする。

2)

器具及び試薬  器具及び試薬は,次による。

2.1)

ゴム製パッチ  耐久性のある柔軟な素材(例えば,ポリエチレンフォーム)でできたもので,中

央をくりぬくことができる形状のもの。パッチは,片面に薄いゴムの膜がはられており,もう一

方の面はのり付きで,取外しのできる保護紙がはられている(

図 参照)。ゴム製パッチの標準的

な寸法を,

表 に示す。


  3  ゴム製パッチの標準的な寸法

単位  mm

2

パッチタイプ

パッチの内側面積

A-0155 155

±2

A-0310 310

±3

A-0625 625

±6

A-1250 1

250

±13

A-2500 2

500

±25

単位  mm

  1  ゴム製パッチの例

2.2)

注射器  ゴム製パッチの空間体積の 2 倍程度の容量をもつもの。

2.3)

水  JIS K 0557 に規定する水。

3)

操作  操作は,次による。

3.1)

ブラスト処理面に,ゴム製パッチをはる。

3.2)

パッチに注射針を通し,注射器で内部に水を入れる。

3.3)

注射器のシリンダーを往復させて,パッチの内部をかくはんする。

3.4)

注射器でパッチ内の水を吸い出し,これを分析用試料とする。

b)

広範囲の平均的測定用試料採取方法  広範囲の平均的測定用試料採取方法は,次による。

1)

要旨  50 cm 四方に区切ったブラスト処理面を,水を浸した布でふき取り,布に含まれた水溶液を

試料とする。

2)

器具及び試薬  器具及び試薬は,次による。

2.1)

粘着テ−プ  水ぬれに強く,はく離後ブラスト処理面に粘着剤が残りにくいもの。

2.2)

ふき取り布  清浄なガーゼ又は不織布。

2.3)

手袋  薄手のゴム又はプラスチック製で,清浄なもの。

2.4)

水  JIS K 0557 に規定する水。

2.5)

容器  使用した水及び布を満たしてもゆとりのある清浄なもの。

3)

操作  操作は,次による。


6

Z 0313

:2004

3.1)

水 150 ml を準備する。

3.2)

ブラスト処理面を粘着テープで 50 cm 四方に区切り,

その範囲の全体を試料採取の対象面とする。

備考  形鋼など,一辺が 50 cm の四角が取れない場合は,できるだけそれに近い面積の範囲を対象面

とし,その面積を算出する。

3.3)

手袋をした手にふき取り布(以下,布という。

)を持ち,布からしたたらない程度に水を浸して,

対象面を丁寧にふき取り,布を容器に入れる。

3.4)

布を取り替えて 2 回目のふき取りを行い,その布も容器に入れる。

3.5)

ふき取り作業で残った水を用いて,使用した手袋を容器の上で洗い,流れる水をこぼさないよう

に容器の中に入れる。

3.6)

残った水を容器の中に入れてかくはんし,この容器内の水を分析用試料とする。

3.7)

ブランクテストのために,使用した布と同量の新しい布を,新たな水 150 ml 中に浸し,その水を

分析する。

5.1.2

付着塩化物の分析方法  採取した付着塩類中の塩化物の定量分析は,受渡当事者間の協定によって,

現場での簡易分析 A 法,B 法又は実験室での分析のいずれかで行う。また,簡易分析を行った場合,その

精度に疑問があれば実験室での分析を行う。

a)

検知管による現場での簡易分析方法(法)  検知管による現場での簡易分析方法は,次による。

1)

要旨  試料水溶液中の塩化物イオン濃度を塩化物イオン検知管によって測定する。

2)

器具  器具は,次による。

2.1)

塩化物イオン検知管  内径 2∼3 mm のガラス細管内に充てんした,粒径 0.2 mm 程度のけい砂に

含浸させた分析試薬級のクロム酸銀による塩化物イオンの呈色反応を利用し,ガラス細管の下端

から毛細管現象で吸い上げた水分中の塩化物イオン濃度を,クロマトグラフィーによって定量す

るもの。

参考  塩化物イオン検知管は,国内では塩化物イオン用水質検知管として,広く現場で用いられてい

る。

3)

操作  操作は,次による。

3.1)

塩化物イオン検知管の上下端を切り落とし,下端を採取した試料水溶液中に浸せきする。

3.2)

塩化物イオン検知管内部の充てん剤の変色部の上端の数値を読み取る。

3.3)

同一試料に対し 3 本の塩化物イオン検知管を用い,その平均値を測定値とする。

4)

塩化物の表面濃度の決定  測定対象の単位表面積当たりの塩化物濃度は,試料水溶液の塩化物イオ

ン濃度から試料全量中に含まれる塩化物の質量を塩化ナトリウム換算で計算し,採取対象面積で除

して,mg/m

2

の単位で表す。5.1.1.b)  の方法による場合は,新しい布に含まれていた塩分の質量を差

し引いた残量を試料の塩分の質量とする。

備考  5.1.1.b)  の方法で採取対象面積を 50 cm 四方とし,使用する水の全量を 150 ml とした場合は,

ppm

で表した数値が,そのまま塩化ナトリウム換算での mg/m

2

の数値となる。

b)

滴定による現場での簡易分析方法(法)  滴定による現場での簡易分析方法は,次による。

警告  作業現場で,ふっ化水素及び硝酸水銀溶液を取り扱う際は,その現場及び周辺にいる作業者な

どの安全に十分に注意するとともに,廃液処理を関係法令に基づき確実に行い,環境を保持するよう

に注意する。水銀を吸収した亜鉛の廃棄は,関係法令の定めるところによる。

1)

要旨  試料水溶液に,試薬瓶の細い口から試薬を順次滴下し,その滴下数から概略の塩化物濃度を

測定する。試薬は,ふっ化ナトリウム及びふっ化水素を加えた溶剤としての水,指示薬としてのジ


フェニルカルバゾン及びブロモフェノールブルー,並びに滴定用の硝酸水銀溶液である。

2)

器具及び試薬  器具及び試薬は,次による。

2.1)

プラスチックビーカー  試料水溶液を受けられる容量のプラスチック製ビーカー。

2.2)

溶剤  ふっ化ナトリウム質量分率 0.1%,ふっ化水素質量分率 0.08%を含む蒸留水又は脱イオン水。

2.3)

試薬瓶 A  体積分率 95  %エチルアルコール 75 ml に,ジフェニルカルバゾンの結晶 0.5 g,及びブ

ロモフェノールブルーの結晶 0.05 g を加えた後,体積分率 95  %エチルアルコールを加えて全量が

100 ml

となるように調製した原液の体積分率 1  %溶液を約 20 ml 入れた,約 0.04 ml ずつ滴下でき

る茶色の瓶。この指示薬は,年に 1 回,塩化物濃度の滴定に使えることを,例えば水道水を用い

て確認する。

2.4)

試薬瓶 B  0.5 mol/L 硝酸溶液を約 20 ml 入れた,約 0.05 ml ずつ滴下できる瓶。

2.5)

試薬瓶 C  0.036 mol/L 硝酸水銀溶液を約 20 ml 入れた,0.050±0.002 ml ずつ滴下できる瓶。

2.6)

試薬瓶 D  0.007 2 mol/L 硝酸水銀溶液を約 20 ml 入れた,0.050±0.002 ml ずつ滴下できる瓶。

2.7)

廃液受け容器  容量約 250 ml の容器。水銀を吸収させるために,中に約 5 g の純亜鉛の粒を入れ

ておく。

3)

操作  操作は,次による。

3.1)  2.2) 

の溶剤を用いて採取した試料水溶液を,プラスチックビーカーに入れる。

3.2)

プラスチックビーカーに,試薬瓶 A から 2 滴の試薬を滴下し,均一に青くなるまで,注意深く揺

する。

3.3)

次に,試薬瓶 B から 2 滴の試薬を滴下する。試料水溶液は,黄色に変色する。

3.4)

さらに,試薬瓶 C から試薬を 1 滴ずつ滴下し,その度にプラスチックビーカーを注意深く揺する。

試料水溶液の色が,黄色から青に変化するまで,滴下を続け,色が変わるまでに要した滴数を,

滴下数として記録する。もし,最初の 1  滴で色が青くなった場合,より正確な塩化物イオン濃度

が必要であれば,試薬瓶 C の代わりに試薬瓶 D を用いて,一連の操作を繰り返す。

3.5)

滴定終了後,プラスチックビーカーの内容物を,廃液受け容器に捨てる。

4)

塩化物の表面濃度の決定  試薬瓶 C 及び試薬瓶 D の試薬滴下数に対応する試料水溶液の塩化物の表

面濃度は,採取した試料水溶液の量によって決まる。5.1.1 a) 2.1)  に規定のブレスルパッチ又はその

同等品を使用し,そのパッチの覆う有効面積が 1 250 mm

2

であり,採取した全量を対象として滴定

したとすれば,滴下数に対応する塩化物の表面濃度は,塩化ナトリウム換算で,

表 に示す数値と

なる。


8

Z 0313

:2004

  4  滴下数に対応する塩化物の表面濃度

単位  mg/m

2

試薬瓶 C

試薬瓶 D

滴下数

最小

最大

最小

最大

1 0 100 0 20

2 100 200 20  40

3 200 300 40  60

4 300 400 60  80

5 400 500  80 100

c)

実験室での分析方法  実験室での分析方法は,JIS K 0101 の 32.〔塩化物イオン(Cl

-

〕による。

5.1.3

電気伝導率測定による表面付着塩類の評価法  電気伝導率測定による表面付着塩類の評価は,次に

よる。

a)

電気伝導率測定法の種類  ブラスト処理表面に付着した塩化物や硫酸化合物などの水可溶性化合物の

全体量を,それらを溶解させた水溶液の電気伝導率として評価する方法であり,処理表面から採取し

た水溶液を別個の電気伝導率計で測定する方法(A 法)と,処理表面に電磁石などで固着させた器具

に水を入れ,その水の電気伝導率を器具に備えた電気伝導率計で測定する方法(B 法)とがある。い

ずれの方法も,塩化物,硫酸化合物など個々の化合物の量を直接測定することはできないが,水可溶

性化合物のすべてが塩化ナトリウムであると仮定し,測定結果を塩化ナトリウムの表面濃度に換算し

表現する。

b)

別に採取した水溶液の電気伝導率測定方法(法)  別に採取した水溶液の電気伝導率測定方法(A

法)は,次による。

1)

器具  器具は,次による。

1.1)

電気伝導率計  温度補償された測定範囲が,例えば 0 mS/m から 2 000 mS/m の電気伝導率計。

1.2)

ガラスビーカー  測定時に,1.1)の電気伝導率計の電極部を入れられる大きさのガラス製ビーカー。

2)

試料水溶液の採取  5.1.1 a)  又は  5.1.1 b)  のいずれかによって,試料水溶液を採取する。

3)

操作  操作は,次による。

3.1)

ブランクテスト  試料採取に使用するものと同質の水をガラスビーカーに入れ,電気伝導率計の

電極を十分に深く差し入れてから静かにかくはんする。電気伝導率(γ

1

)を測定し,その結果を

記録する。

3.2)

試料水溶液の測定  試料水溶液をガラスビーカーに入れ,電気伝導率計の電極を十分に深く差し

入れて電気伝導率(γ

2

)を測定し,その結果を記録する。

4)

結果の表示  単位面積当たりの水可溶性塩化物の総質量ρ

A

は,試料採取対象面積を とし,そこ

に存在する水可溶性塩化物の質量を とすれば,

ρ

A

m / A

(1)

    試料採取に用意した水量を とし,

Δ

γ=γ

2

−γ

1

とすれば,

mcV

Δ

γ

(2)

備考  ここに,は,経験的な定数で,5 kg・m

-2

・S

-1

である。この数値は,表面に存在する塩類の

種類及び構成比によって異なるが,ここでは,さびた鋼板 10 枚の実測値を採用しており,

そのばらつきは約+12∼−12%である。


式 (1) 及び式 (2) から,

ρ

A

cV

Δ

γ / 

(3)

仮に局部的測定用試料採取を行った場合,V=10 ml,A=1 250 mm

2

とすれば,

ρ

A

Δ

γ・40・10

-3

(kg/m

2

)  (4)

で表される。

c)

センサ固定による直接電気伝導率測定方法(法)  センサ固定による直接的な電気伝導率測定方法

は,次による。

1)

器具及び試薬  器具及び試薬は,次による。

1.1)

表面塩類濃度計  鋼材表面に固着できる磁石などのジグ及びガスケットをもち,水注入口を備え

た測定容器の内部に,付着塩類を溶解させるためのかき混ぜ具及び電気伝導率検出用セルを装着

した表面塩類濃度計。

1.2)

水  JIS K 0557 に規定する水。

2)

操作  操作は,次による。

2.1)

測定対象面に,ガスケットを介して,測定容器を固定する。

2.2)

測定容器の注入口から,容器の内部を満たすのに十分な量の水を注入する。測定容器に内部の空

気の逃げ孔が付いている場合は,逃げ孔から注入している水ができるだけ出ないように注意する。

かき混ぜ具を動かし,付着塩類を溶解させる。かき混ぜながら電気伝導率の数値を読み,数値

の上昇が停止した時点の読みを,測定値として記録する。

3)

記録の表示  測定した電気伝導率から,5.1.3 b)  4)  に従って,表面付着塩類濃度を算出する。表面

塩類濃度計の読みが,既に電気伝導率を表面付着塩類濃度に換算して表示されている計器の場合は,

その測定値を表面付着塩類濃度とする。

5.2

表面付着湿分の測定  表面付着湿分の測定は,次による。

a)

要旨  ゴム製パッチを用い,エチレングリコール水溶液を溶剤としてブラスト処理表面から採取した

試料水溶液について,屈折率を測定し,この屈折率と試料採取に使用する前の溶剤の屈折率との差か

ら,処理表面に付着していた単位面積当たりの遊離湿分量を算出する(

図 参照)。

b)

器具及び試薬  器具及び試薬は,次による。

1)

ガラス瓶  ガラス製の栓をもつガラス瓶で,容量 50 ml のもの。

2)

ゴム製パッチ  5.1.1 a2.1)  に規定するゴム製パッチで,特に指定がなければ試料採取対象面積が,

1 250 mm

2

のもの。

3)

永久磁石板  使用するゴム製パッチと同一形状で,試料採取対象面積の 20  %程度を占めるような

縁がある,永久磁石の板。

4)

プラスチック製ブラシ  つめブラシ,又はそれに類似のプラスチック製ブラシ。

5)

注射器  とくに指定がなければ容積 1 ml で,目盛がついた注射器。

6)

携帯式屈折計  水溶液中のしょ糖の濃度測定用に設計されたブリックスメータ(Brix-meter)で,少

なくともしょ糖の濃度が 30  %から 50  %の範囲で測定が可能であり,最小目盛が 0.2  %以下である

もの。

参考  ブリックスメータの読みは,エチレングリコール水溶液のようにしょ糖以外の溶液を測定する

場合,溶液の濃度に比例する。ブリックスメータの目盛が,ブリックス単位となっている場合

が多いが,ブリックス単位の 1 は,しょ糖水溶液の 1  %と等しい。このブリックス単位は,SI


10

Z 0313

:2004

単位ではない。

7)

溶剤  5.1.1 2.3)  に規定する水 10 ml と,分析用のエチレングリコール 20 ml とを,1)  のガラス瓶に

入れ,栓をして振った溶剤。

c)

操作  操作は,次による。

1)

ブランクテスト  ブリックスメータのプリズムが清浄で乾燥していることを確認してから,ガラス

瓶に入っている使用前の溶剤 3 滴を屈折計に入れ,測定値 n

0

(%)を記録する。

2)

永久磁石による試料採取対象面の保護  試料採取対象面に永久磁石の板をはり,その周辺約 12 mm

の範囲のちりをプラスチック製ブラシで清掃する。

3)

試料の採取  永久磁石を取り除き,そこにゴム製パッチをはり付け,5.1.2 a)  3)  に準じた操作を行

う。このとき,水ではなく,溶剤を注射器でパッチ内に注入する。また,注入した溶剤は,5 分間

入れたままとし,その間,毎分 2 回ずつ注射器のシリンダーを往復させて,パッチ内部をかくはん

する。

4)

測定  採取した試料 3 滴をブリックスメータに入れ,測定値 n

1

(%)を記録する。

d)

結果の表示  単位面積当たりの湿分の質量ρ

A

は,試料採取対象面積を とし,そこに存在する湿分

の質量を とすると,

ρ

A

=  m / A

(5)

また,湿分(水)の密度を

O

H

2

ρ

とし,湿分(水)の容積を

Δ

とすると,

m

O

H

2

ρ

×

Δ

(6)

ブリックスメータの読みは,エチレングリコール水溶液の濃度に比例するので,溶剤の容積を 

すると,

n

0

 / n

1

=(V

Δ

V)/ V

すなわち,

Δ

VV  ×(n

0

n

1

)/ n

1

(7)

したがって,ρ

A

を m

2

当たりの kg で表示するには,

ρ

A

=1 000 V / A  ×(n

0

n

1

)/ n

1

(8)

試料採取対象面積  A  が 1 250 mm

2

で,パッチへの溶剤の注入量が 1 ml であれば,

ρ

A

=0.8  ×(n

0

n

1

)/ n

1

(9)

で表される。


  2  溶剤注入量に対応する表面付着湿分

備考  この測定値の精度は,温度,不純物など数種の因子に左右される。不溶性の不純物は,

顕著な影響を与えない。この件に関する文献は少ないが,実績上,ほとんどの因子が
無視できる。n

0

及び n

1

の目盛が±0.1  %又はそれ以下で読めれば,n

0

n

1

の誤差は±

0.2

%又はそれ以下となる。通常の表面付着湿分は,60 g/m

2

以下であり,経験上 n

1

40

程度であった。式(8)から,ρ

A

は,±4 g/m

2

以内と計算される。この精度は,確実

に定めうる最小の表面付着湿分の密度は,試料採取対象面積が 1 250 mm

2

,パッチ

への溶剤の注入量が 1 ml の場合,4 g/m

2

であることを示している。試料採取対象

面積が 2 500 mm

2

,パッチへの溶剤の注入量が 0.5 ml の場合,確定可能な最小密度

は 1 g/m

2

である。密度が更に低い場合は,より高精度の屈折計を使用するか,又

は別の溶剤を使用することができる。

5.3

表面付着粉じんの測定  表面付着粉じんの測定は,次による。

a)

要旨  表面に粉じんが付着したブラスト処理面にセロハン粘着テープをはり付けた後,テープをはが

し,テープへの粉じんの付着量を標準図と比較する。

b)

器具  器具は,次による。ただし,2)  は使用しない場合もある。

1)

セロハン粘着テ−プ  JIS Z 1522 に規定する,幅 24 mm のもの。

2)

テ−プ圧着用ロ−ラ−  39.2 N∼49.0 N の荷重が加えられるように設計されたもの。一例を,図 3

に示す。

3)

粉じん付着標準図  図 に規定するもの。

4)

判定用板  セロハン粘着テープに付着した粉じんが明りょうに見える板。

c)

操作  操作は,次による。

1)

セロハン粘着テープを長さ 200 mm に切り取り,ブラスト処理面にはり付ける。

2)

はり付けたテープの表面を,親指で強く 3 回こすって押し付けるか,又は圧着用のローラーを用い

て,39.2 N∼49.0 N の力で 3 往復押し付ける。

3)

テープをはがし,判定用板にはり付け,付着した粉じんの粒子の大きさ及び粉じん付着標準図と比

較した粉じんの量を評価する。


12

Z 0313

:2004

備考  テープの粘着力及びブラスト処理面への押し付け強さは,比較するすべてのテープについて同

一となるよう注意する。

単位  mm

  3  テ−プ圧着用ロ−ラ−の例


  4  粉じん付着標準図

6.

結露の可能性の評価  結露の可能性の評価は,次による。

a)

要旨  現場大気の相対湿度又は露点及び鋼材表面温度を測定し,鋼材表面が結露する可能性を評価す

る。

b)

器具  器具は,次による。

1)

乾湿球湿度計  JIS Z 8806 に規定するもの。

2)

表面温度計  精度±0.5  ℃で測定できるもの。

3)

電子式湿度計  高分子膜のキャパシタンス変化,又は塩橋の抵抗変化を利用したディジタルの電子

式湿度計。前者は,精度±3  %,測定可能相対湿度 0%∼100  %,測定可能環境温度−40  ℃∼+80  ℃

のもの。後者は,精度±2  %,測定可能相対湿度 0%∼97  %,測定可能環境温度 0  ℃∼+70  ℃の

もの。

4)

結露計  環境温度−40  ℃∼80  ℃,相対湿度 1  %∼100  %の範囲で測定ができ,環境温度 20  ℃,

相対湿度 25  %∼85  %の場合の相対湿度の精度が±2  %のもの。

5)

露点計算図表  環境温度及び相対湿度から露点を算定する図又は表。


14

Z 0313

:2004

c)

操作  操作は,次の A 法又は B 法のいずれかによる。

1)  A

法  相対湿度を測定する。

2)  B

法  露点及び鋼材表面温度を測定する。露点の測定は,JIS Z 8806 に規定する方法又は結露計に

よる。

d)

評価  操作(A 法又は B 法)に応じて,附属書 によって次のように評価する。

1)  A

法  相対湿度が高い場合は,結露の可能性が高いと評価する。

2)  B

法  露点と鋼材表面温度の差を比較して,差が小さいときは結露の可能性が高いと評価する。

7.

表面粗さの試験評価  表面粗さの試験評価は,次による。

a)

粗さ測定方法の原理及び特徴  表面粗さ測定方法の原理及び特徴を,表 に示す。

ブラスト処理面の表面粗さを,対象物の形状,寸法などを考慮して,受渡当事者間で協定した,次に示

すいずれかの方法によって評価する。

備考  粗さの測定は,粗さ測定方法固有の最大高さ(hy),若しくは  JIS B 0601 に規定する最大高さ

Rz)又は十点平均粗さ(Rz

JIS 82

)のいずれかで行う。その値は測定方法によって異なる。

  5  表面粗さの測定・評価方法の原理及び特徴

評価・測定方法

原理

特徴

比較板との比較方法

比較板をブラスト処理面に当て,目視又は

7

倍以下の拡大鏡によって,相互の粗さを

比較する。

簡便であるが,粗さの概略の範囲を知るこ

としかできない。

顕微鏡焦点移動方法

ブラスト処理面の多数の山谷に顕微鏡の焦

点を合わせ,そのときの顕微鏡鏡胴の移動
距離によって粗さを測定する。

正確であるが,測定が面倒である。小形ピ

ースを実験室で測定するのに適している。

断面顕微鏡観察方法

切断した断面の凹凸を顕微鏡で観察し,粗
さを測定する。

正確だが,測定が面倒である。 
極小ピースを実験室で測定することしか
できない。

触針式測定方法

表面に微細な先端をもつ針を走らせ,その
上下動から山谷の高さを測定する。

ブラスト面のように複雑な形状には,針が
追随しにくい。

可搬式の装置は粗い面での誤差が大きい。

テープ転写方法

可塑性の発泡体でできたレプリカテープ

を,ブラスト処理面に押しつける。テープ
の上から,硬質フィルムを介して発泡体を
こすりつけて,素地の一番高い山の頂上が

基板に達するまで,素地の山谷に発泡体を
押し込む。その後で,テープを外して,テ
ープの厚さを測定する。全体の厚さから,

既知の基板の厚さを引けば,素地の最大粗
さを求めることができる。

実際の素地の立体的な形状を転写して保

存できる。 
しかし,発泡体の特性によっては,谷間の
底まで発泡体が入り込まない場合もあり

うるので注意を要する。

b)

比較板との比較方法  比較板との比較方法は,次による。

1)

器具及び装置

1.1)

比較板  粗さの実測による平均値及びばらつきが明示されたもの。特に受渡当事者間の協定がな

い場合は,ISO 8503-1 に規定する比較板を用いる。

2)

操作方法  操作及び評価は,次による。


2.1)

均一な光線の下で,検査対象のブラスト処理面に比較板を密着させる。

2.2)

ブラスト処理面と比較板との表面粗さを比較し,評価する。

ISO 8503-1

に規定する比較板を用いる場合は,次の方法で評価する。

2.2.1)

ブラスト処理に用いた研削材の形状に応じた,損傷のない比較板を用意する。

2.2.2)

比較板中央の孔から見える検査対象面の粗さが,比較板の 4 段階に区分けされた粗さと比べて,

区分のうちのいずれの 2 段階の間にあるかを調べる。

2.2.3)

検査対象面が,比較板の 4 段階区分の粗いほうから 1 番目と 2 番目の間又は 2 番目と同等であれ

ば粗,2 番目と 3 番目の間又は 3 番目と同等であれば中,3 番目と 4 番目の間又は 4 番目と同等

であれば細と評価する。

c)

顕微鏡焦点移動方法  測定は,次による。

1)

器具及び装置

1.1)

焦点移動法用顕微鏡  反射式光学顕微鏡又は共焦点式自動顕微鏡であって,その倍率及び鏡胴移

動距離の精度が,合焦点の位置を 1

µm 以下の精度で読み取れるもの。

2)

操作方法  操作及び評価は,次による。

2.1)

鏡胴を下ろしながら視野内で最も高い部分に焦点を合わせ,鏡胴の高さを読み取る。

2.2)

次に,視野内で最も低い部分が焦点から外れるまで一度鏡胴を下げ,引き続き鏡胴を上げながら

視野内で最も低い部分に焦点を合わせ,鏡胴の高さを読み取る。

2.3)

両者の鏡胴の高さの差を

µm 単位で算出し,測定値とする。

2.4)

異なる視野での 20 回以上の測定値の平均値を最大高さ(hy)とする。

d)

断面顕微鏡観察方法  断面の顕微鏡による観察方法は,次による。

1)

器具及び装置

1.1)

断面観察用顕微鏡  倍率 50∼400 倍で観察可能な反射式光学顕微鏡。

1.2)

操作方法  操作及び評価は,次による。

1.3)

ブラスト処理材の小部分 2 個を,樹脂中に断面が処理面と直角になるよう埋め込む。

1.4)

試料を鏡面研磨する。

1.5)

顕微鏡を用いて,視野内の最高の山と最低の谷との,それぞれの処理面に平行な直線の間隔を

µm

単位で測定する。

1.6)

この測定を,各小部分ごとの異なる 10 視野について繰り返し,全測定視野の測定値の平均値を最

大高さ(hy)とする。

e)

触針式測定方法  触針式測定方法は,次による。

1)

器具及び装置

1.1)

触針式表面粗さ測定器  JIS B 0651 に規定するもの。針の先端は,半径 5±1

µm のダイヤモンド

を用いる。

2)

操作方法  操作及び評価は,次による。

2.1)

測定器の針の走査距離及び回数を,あらかじめ受渡当事者間で協定する。

2.2)  JIS B 0601:1982

による十点平均粗さ(Rz

JIS 82

)を測定する。

f)

テープ転写方法  テープ転写による測定は,次による。

1)

器具及び装置

1.1)

レプリカテープ  弾力がなく,押しつぶしやすく可塑性がある,微細気泡からなる薄板状の発泡

体で,測定対象のブラスト処理面の粗さよりも少し厚目のテープ。片面に基板として硬質の薄い


16

Z 0313

:2004

フィルムが張ってあり,そのフィルムの中央部が透明なもの。

参考  レプリカテープは,アメリカで市販されており,発泡体の厚さは,ブラスト処理面の粗さが 20

∼50

µm 用の“coarse”,33∼85 µm 用の“paint”及び 40∼115 µm 用の“X-coarse”の 3 種類が

ある。また,基板には,厚さ 50±2

µm のポリエステルフィルムを用いている。基板の反対側

(外側)は,中央部約 10 mm を除いて,紙が張られ,テープの仕様が記載されている。

1.2)

マイクロメータ  押しつけ面の片面の直径 6.3 mm,締めつけ力 1.5 N で,測定精度が±5

µm 以内

のマイクロメータ。

1.3)

こすりつけ棒  片側が直径 9 mm の球状となっている硬質プラスチック製の棒。

2)

操作方法  操作方法及び評価は,次による。

2.1)

レプリカテープを,発泡体を下側にして,ブラスト処理面の上に置く。テープの基板中央の丸い

透明部を,透明部の範囲で最も高い素地の山の頂上の幾つかが,基板直下に達する(山頂が黒い

点として見える)まで,こすりつけ棒の球状の頭でこすりつける。テープを外し,テープの厚さ

を,マイクロメータで測定する。全体の厚さから,既知である基板の厚さを引いて,素地の最大

粗さを求める。

8.

記録

a)

清浄度の記録  ブラスト処理面の清浄度の評価について,次の項目を測定方法及び評価方法とともに

記録する。

1)

ブラスト処理前の鋼材表面の状態(さび度並びに旧塗膜の種類及び付着状態)

2)

除せい度

3)

受渡当事者間で協定したその他の評価項目の評価結果

参考  ブラスト処理面に残存する塩分の影響については,ISO/TC35/SC12 の調査結果(TR 15275)を

参考に紹介する。

4)  1)

3)の検査対象箇所数又は検査頻度

5)

受渡当事者間で協定した事項

b)

表面粗さの記録  ブラスト処理面の粗さについて,次の項目を記録する。

1)

除せい度

2)

試験評価方法の種類

3)

使用した測定器の製造業者及び形式

4)

最大高さ(hy)

,最大高さ(Rz)又は十点平均粗さ(Rz

JIS 82

)の別

5)

検査対象箇所数又は検査頻度

6)

測定値又は試験評価結果

7)

受渡当事者間で協定した事項


附属書 1(規定)結露の可能性を判断するための指針

1.

適用範囲  この附属書は,塗料及び関連製品を被覆する前に鋼材表面の結露の可能性を評価する方法

について規定する。この方法は,現場の条件が塗装に適しているかどうかの判断に使用される。

2.

原理  鋼材表面の結露の可能性は,鋼材表面温度と雰囲気の露点との比較によって判断される。露点

と比較して鋼材表面の温度が高いほど結露しにくい。塗装現場の他の条件と関連して,この二つの温度の

違いが結露の可能性判断の尺度となる。この結露の可能性は,概略の表現として“高い”又は“低い”で

示され,これ以上の正確な表現はしない。

3.

結露の可能性

3.1

相対湿度による判断基準  大気中の相対湿度が高い場合には,露点を計算するまでもなく,相対湿

度だけの数値から,気温がわずかでも低下すれば結露する可能性があり,注意すべきである。

附属書 

1

は,所定の期間中に,ある相対湿度の環境において,結露するのに必要な気温低下の数値を示したもの

である。

附属書   1  相対湿度に応じ結露に必要な温度低下

相対湿度  %  98 95 92 90 85 80

温度低下  ℃  0.3 0.8 1.3 1.6 2.5 3.4

もちろん露点は,環境温度と相対湿度との双方で決まるが,この表は,気温 0  ℃∼35  ℃の間の平均値

が規定されており,正確には,

附属書 表 で計算する必要がある。この附属書 表 についての考え方

を,次に示す。

a)

相対湿度 92  %又は気温と露点との差 1.3  ℃のとき,通常,以後 6 時間は,気象条件が不変又は好転

するとの確信がある場合にだけ,ブラスト処理を行う。

b)

相対湿度 85  %では,気温が 2.5  ℃下がると結露するので,塗装の可否を厳密に判断するのがよい。

c)

相対湿度が明らかに満足できる状態(例えば,相対湿度 80  %,気温と露点との差 3.4  ℃)でも,少

なくとも以後 6 時間は,環境条件が結露に至らないことを確かめておくのがよい。

3.2

鋼材表面温度も加味した判断  相対湿度だけでなく,他の因子(鋼材表面温度)も測定して露点を

計算した場合,溶剤型塗料を塗装するときには,特別な取決めがない限り,鋼材表面温度が露点よりも 3  ℃

以上高いことを確認する。ただし,表面の水分と親和性のある塗料を塗装するときには,この限りではな

い。

4.

結露減少に関する留意事項  結露の可能性の判断の前提として,結露現象に関しては次の事項に留意

する。

結露は,露点及び鋼材表面温度だけの関係で発生するものではなく,次の要因が関係する。

a)

構造物の熱容量。

b)

鋼材表面への太陽光線の照射。


18

Z 0313

:2004

c)

構造物周囲の空気の流れ。

d)

吸湿性物質による鋼材表面の汚染。

これらの要因によって,突然,鋼材表面が湿ったり又は部分的に乾燥しにくかったりする。したがって,

測定結果は,十分に注意して理解する必要がある。もっとも注意すべきことは,作業期間中に気温が低下

することである。


附属書   2

温度,  t(℃)

相対湿度,

φ(%)

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

51

-8.9 -8.0 -7.0 -6.1 -5.2 -4.3 -3.3 -2.4 -1.5 -0.6

52

-8.6 -7.7 -6.8 -5.9 -4.9 -4.0 -3.1 -2.1 -1.2 -0.3

53

-8.4 -7.5 -6.5 -5.6 -4.7 -3.7 -2.8 -1.9 -1.0

0.0

54

-8.2 -7.2 -6.3 -5.4 -4.4 -3.5 -2.6 -1.6 -0.7

0.2

55

-7.9 -7.0 -6.1 -5.1 -4.2 -3.3 -2.3 -1.4 -0.5

0.5

56

-7.7 -6.8 -5.8 -4.9 -3.9 -3.0 -2.1 -1.1 -0.2

0.7

57

-7.5 -6.5 -5.6 -4.7 -3.7 -2.8 -1.8 -0.9

0.0

1.0

58

-7.2 -6.3 -5.4 -4.4 -3.5 -2.5 -1.6 -0.7

0.3

1.2

59

-7.0 -6.1 -5.1 -4.2 -3.3 -2.3 -1.4 -0.4

0.5

1.4

60

-6.8 -5.9 -4.9 -4.0 -3.0 -2.1 -1.1 -0.2

0.7

1.7

61

-6.6 -5.6 -4.7 -3.8 -2.8 -1.9 -0.9

0.0

1.0

1.9

62

-6.4 -5.4 -4.5 -3.5 -2.6 -1.6 -0.7

0.2

1.2

2.1

63

-6.2 -5.2 -4.3 -3.3 -2.4 -1.4 -0.5

0.5

1.4

2.4

64

-6.0 -5.0 -4.1 -3.1 -2.2 -1.2 -0.3

0.7

1.6

2.6

65

-5.8 -4.8 -3.9 -2.9 -2.0 -1.0 -0.1

0.9

1.8

2.8

 66

-5.6

-4.6

-3.7

-2.7

-1.8

-0.8

 0.2

 1.1

 2.1

 3.0

 67

-5.4

-4.4

-3.5

-2.5

-1.5

-0.6

 0.4

 1.3

 2.3

 3.2

 68

-5.2

-4.2

-3.3

-2.3

-1.3

-0.4

 0.6

 1.5

 2.5

 3.4

 69

-5.0

-4.0

-3.1

-2.1

-1.1

-0.2

 0.8

 1.7

 2.7

 3.6

 70

-4.8

-3.8

-2.9

-1.9

-1.0

 0.0

 1.0

 1.9

 2.9

 3.8

 71

-4.6

-3.6

-2.7

-1.7

-0.8

 0.2

 1.2

 2.1

 3.1

 4.0

 72

-4.4

-3.5

-2.5

-1.5

-0.6

 0.4

 1.4

 2.3

 3.3

 4.2

 73

-4.2

-3.3

-2.3

-1.3

-0.4

 0.6

 1.5

 2.5

 3.5

 4.4

 74

-4.1

-3.1

-2.1

-1.2

-0.2

 0.8

 1.7

 2.7

 3.7

 4.6

 75

-3.9

-2.9

-1.9

-1.0

 0.0

 1.0

 1.9

 2.9

 3.9

 4.8

 76

-3.7

-2.7

-1.8

-0.8

 0.2

 1.1

 2.1

 3.1

 4.0

 5.0

 77

-3.5

-2.6

-1.6

-0.6

 0.4

 1.3

 2.3

 3.3

 4.2

 5.2

 78

-3.4

-2.4

-1.4

-0.4

 0.5

 1.5

 2.5

 3.4

 4.4

 5.4

 79

-3.2

-2.2

-1.2

-0.3

 0.7

 1.7

 2.6

 3.6

 4.6

 5.6

 80

-3.0

-2.0

-1.1

-0.1

 0.9

 1.9

 2.8

 3.8

 4.8

 5.4

 81

-2.9

-1.9

-0.9

 0.1

 1.0

 2.0

 3.0

 4.0

 4.9

 5.9

 82

-2.7

-1.7

-0.7

 0.2

 1.2

 2.2

 3.2

 4.1

 5.1

 6.1

 83

-2.5

-1.5

-0.6

 0.4

 1.4

 2.4

 3.3

 4.3

 5.3

 6.3

 84

-2.4

-1.4

-0.4

 0.6

 1.6

 2.5

 3.5

 4.5

 5.5

 6.4

 85

-2.2

-1.2

-0.2

 0.7

 1.7

 2.7

 3.7

 4.7

 5.6

 6.6

 86

-2.0

-1.1

-0.1

 0.9

 1.9

 2.9

 3.8

 4.8

 5.8

 6.8

 87

-1.9

-0.9

 0.1

 1.0

 2.0

 3.0

 4.0

 5.0

 6.0

 7.0

 88

-1.7

-0.8

 0.2

 1.2

 2.2

 3.2

 4.2

 5.2

 6.1

 7.1

 89

-1.6

-0.6

 0.4

 1.4

 2.4

 3.3

 4.3

 5.3

 6.3

 7.3

 90

-1.4

-0.4

 0.5

 1.5

 2.5

 3.5

 4.5

 5.5

 6.5

 7.5

 91

-1.3

-0.3

 0.7

 1.7

 2.7

 3.7

 4.6

 5.6

 6.6

 7.6

 92

-1.1

-0.1

 0.8

 1.8

 2.8

 3.8

 4.8

 5.8

 6.8

 7.8

 93

-1.0

 0.0

 1.0

 2.0

 3.0

 4.0

 5.0

 5.9

 6.9

 7.9

 94

-0.8

 0.1

 1.1

 2.1

 3.1

 4.1

 5.1

 6.1

 7.1

 8.1

 95

-0.7

 0.3

 1.3

 2.3

 3.3

 4.3

 5.3

 6.3

 7.3

 8.2

 96

-0.6

 0.4

 1.4

 2.4

 3.4

 4.4

 5.4

 6.4

 7.4

 8.4

 97

-0.4

 0.6

 1.6

 2.6

 3.6

 4.6

 5.6

 6.6

 7.6

 8.6

 98

-0.3

 0.7

 1.7

 2.7

 3.7

 4.7

 5.7

 6.7

 7.7

 8.7

 99

-0.1

 0.9

 1.9

 2.9

 3.9

 4.9

 5.9

 6.9

 7.9

 8.9

100

 0.0

 1.0

 2.0

 3.0

 4.0

 5.0

 6.0

 7.0

 8.0

 9.0


20

Z 0313

:2004

附属書   2(続き)

温度,  t(℃)

相対湿度,

φ(%)

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

 51

 0.4

 1.3

 2.2

 3.1

 4.0

 5.0

 5.9

 6.8

 7.7

 8.7

 52

 0.6

 1.6

 2.5

 3.4

 4.3

 5.2

 6.2

 7.1

 8.0

 8.9

 53

 0.9

 1.8

 2.7

 3.7

 4.6

 5.5

 6.4

 7.4

 8.3

 9.2

 54

 1.1

 2.1

 3.0

 3.9

 4.9

 5.8

 6.7

 7.6

 8.6

 9.5

 55

 1.4

 2.3

 3.3

 4.2

 5.1

 6.1

 7.0

 7.9

 8.8

 9.8

 56

 1.7

 2.6

 3.5

 4.5

 5.4

 6.3

 7.2

 8.2

 9.1

10.0

 57

 1.9

 2.8

 3.8

 4.7

 5.6

 6.6

 7.5

 8.4

 9.4

10.3

 58

 2.1

 3.1

 4.0

 5.0

 5.9

 6.8

 7.8

 8.7

 9.6

10.6

 59

 2.4

 3.3

 4.3

 5.2

 6.1

 7.1

 8.0

 8.9

 9.9

10.8

 60

 2.6

 3.6

 4.5

 5.4

 6.4

 7.3

 8.3

 9.2

10.1

11.1

 61

 2.8

 3.8

 4.7

 5.7

 6.6

 7.6

 8.5

 9.4

10.4

11.3

 62

 3.1

 4.0

 5.0

 5.9

 6.9

 7.8

 8.7

 9.7

10.6

11.6

 63

 3.3

 4.2

 5.2

 6.1

 7.1

 8.0

 9.0

 9.9

10.9

11.8

 64

 3.5

 4.5

 5.4

 6.4

 7.3

8.3

9.2 10.2 11.1 12.0

 65

 3.7

 4.7

 5.6

 6.6

 7.5

8.5

9.4 10.4 11.3 12.3

 66

 4.0

 4.9

 5.9

 6.8

 7.8

8.7

9.7 10.6 11.6 12.5

 67

 4.2

 5.1

 6.1

 7.0

 8.0

8.9

9.9 10.8 11.8 12.7

 68

 4.4

 5.3

 6.3

 7.2

 8.2

9.2 10.1 11.1 12.0 13.0

 69

 4.6

 5.5

 6.5

 7.5

 8.4

9.4 10.3 11.3 12.2 13.2

 70

 4.8

 5.8

 6.7

 7.7

 8.6

9.6 10.5 11.5 12.5 13.4

 71

 5.0

 6.0

 6.9

 7.9

 8.8

9.8 10.8 11.7 12.7 13.6

 72

 5.2

 6.2

 7.1

 8.1

 9.0

10.0

11.0

11.9

12.9

13.8

 73

 5.4

 6.4

 7.3

 8.3

9.2 10.2 11.2 12.1 13.1 14.1

 74

 5.6

 6.6

 7.5

 8.5

9.4 10.4 11.4 12.3 13.3 14.3

 75

 5.8

 6.8

 7.7

 8.7

9.6 10.6 11.6 12.5 13.5 14.5

 76

 6.0

 6.9

 7.9

 8.9

9.8 10.8 11.8 12.7 13.7 14.7

 77

 6.2

 7.1

 8.1

 9.1

10.0 11.0 12.0 12.9 13.9 14.9

 78

 6.4

 7.3

 8.3

 9.3

10.2 11.2 12.2 13.1 14.1 15.1

 79

 6.5

 7.5

 8.5

 9.5

10.4 11.4 12.4 13.3 14.3 15.3

 80

 6.7

 7.7

 8.7

 9.6

10.6 11.6 12.6 13.5 14.5 15.5

 81

 6.9

 7.9

 8.8

 9.8

10.8 11.8 12.7 13.7 14.7 15.7

 82

 7.1

 8.1

 9.0

10.0

11.0 12.0 12.9 13.9 14.9 15.9

 83

 7.3

 8.2

 9.2

10.2

11.2 12.1 13.1 14.1 15.1 16.0

 84

 7.4

 8.4

 9.4

10.4

11.3 12.3 13.3 14.3 15.3 16.2

 85

 7.6

 8.6

 9.6

10.5

11.5 12.5 13.5 14.5 15.4 16.4

 86

 7.8

 8.8

 9.7

10.7

11.7 12.7 13.7 14.6 15.6 16.6

 87

 7.9

 8.9

 9.9

10.9

11.9 12.9 13.8 14.8 15.8 16.8

 88

 8.1

 9.1

10.1

11.1

12.0 13.0 14.0 15.0 16.0 17.0

 89

 8.3

 9.3

10.2

11.2

12.2 13.2 14.2 15.2 16.2 17.1

 90

 8.4

 9.4

10.4

11.4

12.4 13.4 14.4 15.3 16.3 17.3

 91

 8.6

 9.6

10.6

11.6

12.6 13.5 14.5 15.5 16.5 17.5

 92

 8.8

 9.8

10.7

11.7

12.7 13.7 14.7 15.7 16.7 17.7

 93

 8.9

 9.9

10.9

11.9

12.9 13.9 14.9 15.9 16.9 17.8

 94

 9.1

10.1

11.1

12.1

13.1 14.0 15.0 16.0 17.0 18.0

 95

 9.2

10.2

11.2

12.2

13.2 14.2 15.2 16.2 17.2 18.2

 96

 9.4

10.4

11.4

12.4

13.4 14.4 15.4 16.4 17.4 18.3

 97

 9.5

10.5

11.5

12.5

13.5 14.5 15.5 16.5 17.5 18.5

 98

 9.7

10.7

11.7

12.7

13.7 14.7 15.7 16.7 17.7 18.7

 99

 9.9

10.8

11.8

12.8

13.8 14.8 15.8 16.8 17.8 18.8

100 10.0

11.0

12.0

13.0

14.0 15.0 16.0 17.0 18.0 19.0


附属書   2(続き)

温度,  t(℃)

相対湿度,

φ(%)

20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

 51

 9.6

10.5

11.4

12.3

13.2 14.2 15.1 16.0 16.9 17.8

 52

 9.9

10.8

11.7

12.6

13.5 14.5 15.4 16.3 17.2 18.1

 53

10.1

11.1

12.0

12.9

13.8 14.8 15.7 16.6 17.5 18.4

 54

10.4

11.3

12.3

13.2

14.1 15.0 16.0 16.9 17.8 18.7

 55

10.7

11.6

12.6

13.5

14.4 15.3 16.3 17.2 18.1 19.0

56

11.0 11.9 12.8 13.8 14.7 15.6 16.5 17.5 18.4 19.3

57

11.2 12.2 13.1 14.0 15.0 15.9 16.8 17.8 18.7 19.6

58

11.5 12.4 13.4 14.3 15.2 16.2 17.1 18.0 19.0 19.9

59

11.8 12.7 13.6 14.6 15.5 16.4 17.4 18.3 19.2 20.2

60

12.0 12.9 13.9 14.8 15.8 16.7 17.6 18.6 19.5 20.4

61

12.3 13.2 14.1 15.1 16.0 17.0 17.9 18.8 19.8 20.7

62

12.5 13.4 14.4 15.3 16.3 17.2 18.2 19.1 20.0 21.0

63

12.8 13.7 14.6 15.6 16.5 17.5 18.4 19.4 20.3 21.2

64

13.0 13.9 14.9 15.8 16.8 17.7 18.7 19.6 20.5 21.5

65

13.2 14.2 15.1 16.1 17.0 18.0 18.9 19.9 20.8 21.7

66

13.5 14.4 15.4 16.3 17.3 18.2 19.2 20.1 21.0 22.0

67

13.7 14.6 15.6 16.5 17.5 18.4 19.4 20.3 21.3 22.2

68

13.9 14.9 15.8 16.8 17.7 18.7 19.6 20.6 21.5 22.5

69

14.1 15.1 16.1 17.0 18.0 18.9 19.9 20.8 21.8 22.7

70

14.4 15.3 16.3 17.2 18.2 19.1 20.1 21.1 22.0 23.0

71

14.6 15.5 16.5 17.5 18.4 19.4 20.3 21.3 22.2 23.2

72

14.8 15.8 16.7 17.7 18.6 19.6 20.6 21.5 22.5 23.4

73

15.0 16.0 16.9 17.9 18.9 19.8 20.8 21.7 22.7 23.7

74

15.2 16.2 17.2 18.1 19.1 20.0 21.0 22.0 22.9 23.9

75

15.4 16.4 17.4 18.3 19.3 20.3 21.2 22.2 23.1 24.1

76

15.6 16.6 17.6 18.5 19.5 20.5 21.4 22.4 23.4 24.3

77

15.8 16.8 17.8 18.7 19.7 20.7 21.7 22.6 23.6 24.6

78

16.0 17.0 18.0 19.0 19.9 20.9 21.9 22.8 23.8 24.8

79

16.2 17.2 18.2 19.2 20.1 21.1 22.1 23.0 24.0 25.0

80

16.4 17.4 18.4 19.4 20.3 21.3 22.3 23.2 24.2 25.2

81

16.6 17.6 18.6 19.6 20.5 21.5 22.5 23.5 24.4 25.4

82

16.8 17.8 18.8 19.8 20.7 21.7 22.7 23.7 24.6 25.6

83

17.0 18.0 19.0 20.0 20.9 21.9 22.9 23.9 24.8 25.8

84

17.2 18.2 19.2 20.1 21.1 22.1 23.1 24.1 25.0 26.0

85

17.4 18.4 19.4 20.3 21.3 22.3 23.3 24.3 25.2 26.2

86

17.6 18.6 19.5 20.5 21.5 22.5 23.5 24.5 25.4 26.4

87

17.8 18.8 19.7 20.7 21.7 22.7 23.7 24.6 25.6 26.6

88

18.0 18.9 19.9 20.9 21.9 22.9 23.9 24.8 25.8 26.8

89

18.1 19.1 20.1 21.1 22.1 23.1 24.0 25.0 26.0 27.0

90

18.3 19.3 20.3 21.3 22.3 23.2 24.2 25.2 26.2 27.2

91

18.5 19.5 20.5 21.4 22.4 23.4 24.4 25.4 26.4 27.4

92

18.7 19.6 20.6 21.6 22.6 23.6 24.6 25.6 26.6 27.6

93

18.8 19.8 20.8 21.8 22.8 23.8 24.8 25.8 26.8 27.7

94

19.0 20.0 21.0 22.0 23.0 24.0 25.0 25.9 26.9 27.9

95

19.2 20.2 21.2 22.2 23.1 24.1 25.1 26.1 27.1 28.1

96

19.3 20.3 21.3 22.3 23.3 24.3 25.3 26.3 27.3 28.3

97

19.5 20.5 21.5 22.5 23.5 24.5 25.5 26.5 27.5 28.5

98

19.7 20.7 21.7 22.7 23.7 24.7 25.7 26.7 27.7 28.7

99

19.8 20.8 21.8 22.8 23.8 24.8 25.8 26.8 27.8 28.8

100

20.0 21.0 22.0 23.0 24.0 25.0 26.0 27.0 28.0 29.0


22

Z 0313

:2004

附属書   2  (続き)

温度,  t(℃)

相対湿度,

φ(%)

30 31 32 33 34 35 36 37 38 39

51

18.8 19.7 20.6 21.5 22.4 23.3 24.4 25.2 26.1 27.0

52

19.1 20.0 20.9 21.8 22.7 23.7 24.6 25.5 26.4 27.3

53

19.4 20.3 21.2 22.1 23.1 24.0 24.9 25.8 26.7 27.6

54

19.7 20.6 21.5 22.4 23.4 24.3 25.2 26.1 27.0 28.0

55

20.0 20.9 21.8 22.7 23.7 24.6 25.5 26.4 27.4 28.3

56

20.3 21.2 22.1 23.0 24.0 24.9 25.8 26.7 27.7 28.6

57

20.5 21.5 22.4 23.3 24.3 25.2 26.1 27.0 28.0 28.9

58

20.8 21.8 22.7 23.6 24.6 25.0 26.4 27.3 28.3 29.2

59

21.1 22.0 23.0 23.9 24.8 25.8 26.7 27.6 28.6 29.5

60

21.4 22.3 23.2 24.2 25.1 26.1 27.0 27.9 28.9 29.8

61

21.6 22.6 23.5 24.5 25.4 26.3 27.3 28.2 29.1 30.1

62

21.9 22.9 23.8 24.7 25.7 26.6 27.5 28.5 29.4 30.4

63

22.2 23.1 24.1 25.0 25.9 26.9 27.8 28.8 29.7 30.6

64

22.4 23.4 24.3 25.3 26.2 27.2 28.1 29.0 30.0 30.9

65

22.7 23.6 24.6 25.5 26.5 27.4 28.4 29.3 30.2 31.2

66

22.9 23.9 24.8 25.8 26.7 27.7 28.6 29.6 30.5 31.5

67

23.2 24.1 25.1 26.0 27.0 27.9 28.9 29.8 30.8 31.7

68

23.4 24.4 25.3 26.3 27.2 28.2 29.1 30.1 31.0 32.0

69

23.7 24.6 25.6 26.5 27.5 28.4 29.4 30.3 31.3 32.2

70

23.9 24.9 25.8 26.8 27.7 28.7 29.0 30.6 31.6 32.5

71

24.2 25.1 26.1 27.0 28.0 28.9 29.9 30.8 31.8 32.8

72

24.4 25.3 26.3 27.3 28.2 29.2 30.1 31.1 32.0 33.0

73

24.6 25.6 26.5 27.5 28.5 29.4 30.4 31.3 32.3 33.3

74

24.8 25.8 26.8 27.7 28.7 29.7 30.6 31.6 32.5 33.5

75

25.1 26.0 27.0 28.0 28.9 29.9 30.9 31.8 32.8 33.7

76

25.3 26.3 27.2 28.2 29.2 30.1 31.1 32.0 33.0 34.0

77

25.5 26.5 27.4 28.4 29.4 30.3 31.3 32.3 33.2 34.2

78

25.7 26.7 27.7 28.6 29.6 30.6 31.5 32.5 33.5 34.4

79

26.0 26.9 27.9 28.9 29.8 30.8 31.8 32.7 33.7 34.7

80

26.2 27.1 28.1 29.1 30.0 31.0 32.0 33.0 33.9 34.9

81

26.4 27.3 28.3 29.3 30.3 31.2 32.2 33.2 34.2 35.1

82

26.6 27.6 28.5 29.5 30.5 31.5 32.4 33.4 34.4 35.3

83

26.8 27.8 28.7 29.7 30.7 31.7 32.6 33.6 34.6 35.6

84

27.0 28.0 28.9 29.9 30.9 31.9 32.9 33.8 34.8 35.8

85

27.2 28.2 29.2 30.1 31.1 32.1 33.1 34.0 35.0 36.0

86

27.4 28.4 29.4 30.3 31.3 32.3 33.3 34.3 35.2 36.2

87

27.6 28.6 29.6 30.5 31.5 32.5 33.5 34.5 35.4 36.4

88

27.8 28.0 29.8 30.7 31.7 32.7 33.7 34.7 35.7 36.6

89

28.0 29.0 30.0 30.9 31.9 32.9 33.9 34.9 35.9 36.8

90

28.2 29.2 30.1 31.1 32.1 33.1 34.1 35.1 36.1 37.0

91

28.4 29.4 30.3 31.3 32.3 33.3 34.3 35.3 36.3 37.3

92

28.6 29.5 30.5 31.5 32.5 33.5 34.5 35.5 36.5 37.5

93

28.7 29.7 30.7 31.1 32.1 33.7 34.7 35.7 36.7 37.7

94

28.9 29.9 30.9 31.9 32.9 33.9 34.9 35.9 36.9 37.9

95

29.1 30.1 31.1 32.1 33.1 34.1 35.1 36.1 37.1 38.0

96

29.3 30.3 31.3 32.3 33.3 34.3 35.3 36.3 37.2 38.2

97

29.5 30.5 31.5 32.5 33.5 34.4 35.4 36.4 37.4 38.4

98

29.6 30.6 31.6 32.6 33.6 34.6 35.6 36.6 37.6 38.6

99

29.8 30.8 31.8 32.8 33.8 34.8 35.8 36.8 37.8 38.8

100

30.0 31.0 32.0 33.0 34.0 35.0 36.0 37.0 38.0 39.0


関連規格  ISO DIS 8502-13  Preparation of steel substrates before application of paints and related products−

Tests for the assessment of surface cleanliness

−Part 13:Field method for the conductometric in situ

determination of water-soluble salts (rigid cell method)


24

Z 0313

:2004

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS Z 0313

:2004

  素地調整用ブラスト処理面の試

験及び評価方法

ISO 8501-1

:1988

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の目視評価  第 1 部  未塗

装鋼材及び旧塗膜全面剥離後の原板のさび度及び素地の仕上げ等級

ISO 8501-1

:1988/Suppl:1994

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の目視評価

第 1 部  未塗装鋼材及び旧塗膜全面剥離後の原板のさび度及び素地の仕上げ等級  第 1 部の補遺情報  異な

る研削材による外観変化の代表写真例

ISO 8502-2

:1992

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 2 部

清浄化表面の塩化物の実験室的定量法

ISO 8502-3

:1992

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 3 部

塗装用に処理した鋼材表面の粉塵の評価

ISO 8502-4

:1993

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 4 部

塗装前の結露の可能性の評価

ISO 8502-5

:1998

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 5 部

塗装用素地調整鋼材の塩化物の測定(イオン検知管法)

ISO 8502-6

:1995

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 6 部

分析のための溶解性の汚染物質の抽出(ブレッスル法)

ISO 8502-8

:2001

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 8 部  表

面付着湿分の現場的測定法

ISO 8502-9

:1998

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 9 部

電気伝導度による表面付着塩分評価法

ISO 8502-10

:1999

塗料及びその関連製品の施工前の鋼材の素地調整―表面清浄度の評価試験方法  第 10 部

塩化物イオンの滴定法

ISO 8503-2

:1988

塗料及び関連製品の施工前鋼材の素地調整―ブラスト処理した鋼材の素地の表面粗さ特性  第 2

部  ブラスト処理鋼の表面プロファイルの等級付けの方法−比較板方式

ISO 8503-3

:1988

塗料及び関連製品の施工前鋼材の素地調整―ブラスト処理した鋼材の素地の表面粗さ特性  第 3

部  ISO 表面プロファイル比較板の較正方法及び表面プロファイルの決定方法―顕微鏡焦点合わせ法

ISO 8503-4

:1988

塗料及び関連製品の施工前鋼材の素地調整―ブラスト処理した鋼材の素地の表面粗さ特性  第 4

部  ISO 表面プロファイル比較板の較正方法及びプロファイル決定方法―触針式測定器法

24

Z 0313


2004


(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅱ)国際規格番

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は実線の側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

1.

適用範

清浄度,結露の可能性及び
粗さの試験評価方法

ISO 8501-1

ISO 8502-2

∼-10

ISO 8503-2

-4

1.

1.

1.

清浄度,結露の可能性及
び粗さの試験評価方法

IDT

IDT

IDT

2.

引用規

JIS B 0601

:1982

JIS B 0651

JIS K 0101

JIS K 0557

JIS Z 0103

JIS Z 0310

JIS Z 0311

JIS Z 0312

JIS Z 1522

JIS Z 8806

ISO 8503-1 

ISO 3274

IEC 60454-2

ISO 4677-1

ISO 4677-2 

MOD/

追加

IDT

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

MOD/

追加

IDT

MOD/

削除

MOD/

削除

MOD/

削除

ISO 4288

と同等なため

追加。

JIS Z 1522

を採用。

JIS Z 8806

を採用。

JIS Z 8806

を採用。

技術的差異はない。

技術的差異はない。 
技術的差異はない。

技術的差異はない。

3.

定義

用語の定義

MOD/

追加

JIS

として必要のため,

追加。

今後,ISO に提案予定。

4.

目視に

よ る 清
浄 度 の
評価

さび度の評価

除せい度の評価

ISO 8501-1

 3.

4.

さび度

仕上げ等級

IDT

IDT

25

Z 0313


2004


26

Z 0313

:2004

(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅱ)国際規格番

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は実線の側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

5.

測定器

具 に よ

る 清 浄
度 の 試
験評価

局部的試料採取方法 
広範囲の平均的試料採取

検知管による 現場での 簡
易分析方法(A 法) 
滴定による現 場での分 析

方法(B 法) 
実験室での分析方法

別に採取した 水溶液の 電
気伝導率測定方法(A 法) 
電磁石固定器具による

電気伝導率測定方法

(B 法)

表面付着湿分の測定 
表面付着粉じんの測定

ISO 8502-6

ISO 8502-5

ISO 8502-5

ISO 8502-10

ISO 8502-2

ISO 8502-9

ISO 8502-8

ISO 8502-3

4.

∼5.

4.

∼5.

パッチを用いた採取 
拭き取りによる採取

検知管による測定

塩化物イオンの滴定

仕 上 げ 面 の 塩 化 物 の 実
験室的検出法

電 気 伝 導 度 に よ る 表 面
付着塩分評価法 
電 気 伝 導 度 に よ る 表 面

付着塩分の測定法 
表面付着湿分の測定 
仕 上 げ 面 の ダ ス ト の 評

IDT

IDT

IDT

MOD/

変更

MOD/

変更

IDT

MOD/

追加

IDT

IDT

簡易分析方法のみ記載。

JIS

の方法に変更。

硝 酸 水 銀 を 使 用 し た 測
定法のため JIS を採用。

ISO CD 8502 -13

として日本提

案している。

ISO CD 8502 -13

として日本提

案している。

6.

結露の

可 能 性
の評価

ISO 8502-4

 1.

∼6.

結露の可能性の評価 
ISO 4677 を引用)

MOD/

変更

MOD/

追加

ISO 4677

を JIS Z 8806

に変更。同一目的の JIS
を採用。

JIS

では,結露計を追加。

技術的差異はない。

26

Z 0313


2004


(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅱ)国際規格番

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は実線の側線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

7.

表面粗

さ の 試

験評価

比較板との比較方法

顕微鏡焦点移動方法 
断面顕微鏡観察方法

触針式測定方法

ISO 8503-1

ISO 8503-2

ISO 8503-3

ISO 8503-4

1.

∼6.

1.

∼7.

1.

∼8.

1.

∼8.

比較板の仕様,使用法,
較正法

焦 点 移 動 長 さ で 粗 さ 校

触 針 式 表 面 粗 さ 計 で 校

IDT

MOD/

変更

MOD/

追加

MOD/

変更

校 正 法 と し て だ け で な
く,実表面の粗さ測定用

に認定。 
最も正確なため,実験室
的だが追加。

測 定 器 及 び 粗 さ の 測 定
方法は,JIS による。

技術的差異はないが,適用対象
を広げた。今後,ISO に提案す
る。

8.

記録

清浄度の記録 
表面粗さの記録

ISO 8502-3

10

ISO 8503-3,4

7.

試験報告 
試験報告

MOD/

変更

最 も 重 要 な 除 せ い 度
ISO 8501 相当)だけ必
すとした。表面粗さは,

記載項目を明確化した。

技術的差異はない。

附属書 1

結露の可能性 を判断す る

ための指針

ISO 8502-4

 1.

∼5.

 IDT

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD(ISO 8501-1:1988;MOD,ISO8501-1:1988/ Suppl:1994;MOD,ISO 8502-2:1992;MOD,ISO 8502-3:1992;MOD,

ISO 8502-4

:1993

;MOD,ISO 8502-5:1998;MOD,ISO 8502-6:1995;MOD,ISO 8502-8:2001;MOD,ISO 8502-9:1998;MOD,ISO 8502-10:1999;MOD,ISO 8503-2:1988;

MOD

ISO 8503-3:1988;MOD,ISO 8503-4:1988;MOD)

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT……………… 技術的差異がない。 
    ―  MOD/削除………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。 

2.

  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………国際規格を修正している。

27

Z 0313


2004