>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 X

9007

-1981

光学式文字認識のための手書き文字

(英字)

Handprinted Alphabets for Optical Character Recognition

1.

適用範囲  この規格は,光学式文字認識(以下,OCR という。)に使用する手書き英字の字形及びこ

れに関連する仕様を規定する。

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,次のとおりとする。

(1)

英字  ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ の 26 文字。

(2)

文字  情報を表記するためのまとまりを持ったパターン。

(3)

字形  個々の英字。

(4)

字体  一群の英字に対し規範として定められた字形の一組。

(5)

線素  個々の字形を構成する幅を持った線。

(6)

線幅  字形を構成する線素の幅。

(7)

空げき(隙)  字形で故意に保った線素間のすき間。これは

  などに見られる。

(8)

突出し  長い線素にほぼ直交して伸びている短い線素。これは

  などに見られる。

(9)

かぎ(鉤)  長い線素の始め又は終わりに,その線素とほぼ直交するように付ける短い線素。これは

  などに見られる。

(10)

おう(凹)部の深さ  かぎ(鉤)のある線素などで保つべきおう(凹)部の水平又は垂直に測った深

さ(

付図 参照)。

(11)

帳票基準辺  機械読取りの際に基準となる辺(付図 参照)。

(12)

記入わく  帳票基準辺に平行及び垂直な辺を有する一つの英字を書く場所を示す長方形(内側)(付図

2

参照)

(13)

記入わくの幅  記入わくを構成する垂直線間の水平距離(付図 参照)。

(14)

記入わくの高さ  記入わくを構成する水平線間の垂直距離(付図 参照)。

(15)

記入帯  帳票基準辺に平行及び垂直な辺を有する 1 行中の一組の連続した記入わくをすべて含む最小

の長方形領域(

付図 参照)。

(16)

記入わく間隔  同一記入帯内の隣接する二つの記入わくの幅の垂直二等分線間の水平距離(付図 

照)

(17)

行間隔  列方向に隣接する二つの記入わくの高さの垂直二等分線間の垂直距離(付図 参照)。

(18)

記入わく間余白  同一記入帯内で相互に隣接する二つの記入わくの水平距離(付図 参照)。

(19)

文字境界  帳票基準辺に平行及び垂直な辺を有する一つの字形のすべての線素をその内部に含む最小

の長方形(

付図 参照)。


2

X 9007-1981

(20)

線素境界  ある文字を構成する一つの線素を字形とみなしたときにできる文字境界。

(21)

垂直線素の傾き  字形を構成する垂直線素の線素境界における水平の辺と垂直の辺との比(付図 

照)

(22)

水平線素の傾き  字形を構成する水平線素の線素境界における垂直の辺と水平の辺との比(付図 

照)

(23)

クリアエリア  帳票基準辺に平行又は垂直な辺を有する記入帯及びその周りの余白部を含む長方形領

域(

付図 参照)。

(24)

ドロップアウトカラー  人間の眼には周囲の余白部とはっきり区別できるが,当該 OCR 装置にはほ

とんど感知し得ない色相と濃さを持った色。

3.

字体の種類と呼び  字体の種類は,1 種類とし,その呼びは OCR−HA とする。

4.

字形  字形は,次のとおりとする。

5.

記入要項

5.1

一般的注意  一つの英字は,一つの記入わく内に 4.に示した字形で書かなければならない。

5.2

空げき(隙)  4.の字形に示した空げき(隙)は,1mm 以上でなければならない。

また,4.の字形に示した空げき(隙)以外の箇所に空げき(隙)ができるように書いてはならない。

5.3

突出し,かぎ(鉤),輪,飾り  4.に示した箇所以外に余分な突出し,かぎ(鉤),輪,飾りなどを付

加して書いてはならない。

5.4

字形に関する注釈  字形相互間の差異を明確にするために,特に注意して書くべき文字について,

その変動許容範囲を

附属書に示す。

5.5

字形の大きさ  文字境界の幅と高さとの許容値は,それぞれ

2

3

W

W

2

3

H

とする。幅の最小値は

2.5mm

,高さの最小値は 4mm とする。ただし,幅の許容値は,

“I”には適用しない。

なお,ここで と は,それぞれ記入わくの幅と高さを示す。例外文字については,

附属書を参照の

こと。

5.6

垂直,水平線素の傾き  垂直線素の傾きは

1

5

まで,水平線素の傾きは

1

8

までとする。

5.7

線幅  線幅の許容範囲は,0.25mm から 0.65mm までとする。

備考  記入わくとその行配置の種類が表 の I 号の場合,線幅の最大値は 0.55mm とする。

6.

記入わくとその行配置

6.1

種類  記入わくとその行配置の種類は,表 の 3 種類に分類し,記入わくの幅,記入わく間隔の値

は,

表 のとおりとするのが望ましい。


3

X 9007-1981

表 1  記入わくとその行配置

単位 mm

種類

I

号 II 号 III 号

記入わくの幅  (W) 4>W≧3.4 5>W≧4.0

W

≧5.0

記入わく間隔  (P)

P

≧3.9

P

≧4.5

P

≧5.5

備考1.  記入わくの幅の最小値は,3.4mm とする。

2.

記入わく間余白の最小値は,0.5mm とする。

3.

記入わくの高さ  (H)  は,幅  (W)  の 1.1∼1.4 倍とする。

6.2

分光特性  記入わくは,ドロップアウトカラーで印刷するものとする。

7.

記入帯  記入帯は,記入わくを一まとめにして 1 行ごとに定めなければならない。ただし,1 行を幾

つかの認識対象英字の組に分割して,それぞれ別の記入帯としてもよい。

また,記入帯の行間隔は,

表 のとおりとする。

表 2  記入帯の行間隔

単位 mm

種類

I

号 II 号 III 号

行間隔  (LS)

LS

≧8.5

LS

≧12.7

備考  クリアエリアが他の行の記入帯のわく内に入らないことを条件とする。 

8.

クリアエリア  クリアエリアの上下の境界と記入帯の上下の境界との垂直距離は,4mm 以上とする。

クリアエリアの左右の境界と記入帯の左右の境界との水平距離は,6mm 以上とする(

付図 参照)。

クリアエリア内には,記入わく及び認識対象英字しか存在してはならない。クリアエリアは隣接する記

入帯のクリアエリアと重なってもよいが,他の記入帯と重なってはならない。

備考  ドロップアウトカラーで印刷された文字は,クリアエリア内にあってもよい。


4

X 9007-1981

付図 1  おう(凹)部の深さの測り方

付図 2  帳票基準辺,記入わく,文字境界


5

X 9007-1981

付図 3  記入帯,クリアエリア

付図 4  垂直,水平線素の傾き


6

X 9007-1981

附属書  字形に関する注釈

突出しの長さの基準値は,

各文字記入わくとその行配置の種類 I 号,

II

号,

III

号に従って,

それぞれ 1mm,

1mm

及び 1.4mm とする。

おう(凹)部の深さの最小値は,1mm とする。


7

X 9007-1981

情報部会  OCR 手書き文字専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

平  松  啓  二

東京電機大学

石  井  信  行

日本アイ・ビー・エム株式会社

石  黒  栄  一

株式会社三越

上  田  陸奥夫

社会保険庁社会保険大学校

小  出  嘉  保

郵政省郵務局

小  松      仁

株式会社日立製作所

坂  井  邦  夫

東京芝浦電気株式会社

瀬  川      彰

労働省職業安定局

田  中  達  雄

通商産業省機械情報産業局

田  村  修  二

工業技術院標準部

中  西  道  明

富士通株式会社

長  沢  彦  士

沖電気工業株式会社

南  部      元

三菱電機株式会社

星  野  幸  夫

日本電気株式会社

森      俊  二

工業技術院電子技術総合研究所

山  田  康  宏

日本電信電話公社横須賀電気通信研究所

(事務局)

伊  東      厚

工業技術院標準部電気規格課

西  本  光  徳

工業技術院標準部電気規格課