>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  用語及び定義 

2

3

  試験要素及び条件

5

3.1

  試験プラットフォーム 

5

3.2

  試験プラットフォームの設定手順 

5

3.3

  印刷装置立ち上げ

6

3.4

  印刷装置の接続

7

3.5

  印刷装置の状態

7

3.6

  試験回数 

8

3.7

  用紙

8

3.8

  保守

8

3.9

  試験用ファイル,試験用ファイル一式及びアプリケーションソフトウェア 

8

3.10

  環境

9

3.11

  電圧

9

4

  試験方法

9

4.1

  測定手順 

9

4.2

  試験方法の工程

13

4.3

  分野別試験 

14

4.4

  付加機能性能試験

18

4.5

  任意の特殊試験

19

5

  データの計算及びデータの扱い

19

5.1

  分野別試験 

20

5.2

  付加機能性能試験

21

6

  結果の表示 

22

6.1

  分野別試験 

22

6.2

  付加機能性能試験

26

附属書 A(規定)印刷生産性測定に影響を及ぼす可能性のある試験プラットフォームのシステム要素···

28

附属書 B(規定)試験用ファイル一式

32

附属書 C(参考)報告の表示 

38

附属書 D(参考)印刷装置情報及び試験設定の記録例 

42

附属書 E(参考)詳細報告の例 

43


X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人ビジネス機械・情報システム産業協

会(JBMIA)

,社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標

準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業

大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 X

6940

:2011

(ISO/IEC 24734

:2009

)

情報技術−事務機器−プリンタ及び複合機の

印刷生産性測定方法

Information technology-Office equipment-Method for measuring digital

printing productivity

序文 

この規格は,2009 年に第 1 版として発行された ISO/IEC 24734 を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格の編集上の修正を行った事項である。

適用範囲 

この規格は,様々な事務用アプリケーションソフトウェア及び印刷ジョブにおけるプリンタ及び複合機

の印刷生産性の測定方法を規定する。この規格は,印刷技術(例えば,インクジェット方式又は電子写真

方式)にかかわらず,ディジタル入力が可能な印刷装置,すなわち,プリンタ及び複合機に適用できる。

それらの印刷装置は,一連の給紙装置及び後処理の付加装置を備えるものであってもよく,コンピュータ

システムとの接続は,直接でもネットワーク経由でも構わない。また,この規格は,カラーの印刷装置だ

けでなくモノクロの印刷装置にも適用可能であり,試験条件を同一にすれば,異なる装置の生産性を比較

することができる。この規格は,印刷生産性を測定するための試験用ファイル,試験の準備手順,試験の

実行手順及び報告に関する要求事項を含む。

この規格は,A4 サイズ若しくはレターサイズ(215.9 mm×279.4 mm,8.5 インチ×11 インチ)

(以下,

レターサイズという。

)の用紙への印刷ができない装置,又は複数部の印刷を丁合出力できない装置には適

用しない。

この規格は,製造業者の公称印刷速度の置き換えを意図しない。

プリンタ及び複合機の印刷生産性は,その装置以外の要因にも依存する。これらの要因としては,コン

ピュータの製造業者及び型式,プロセッサの型及び速度,RAM 及びハードディスクの記憶容量及び速度,

ドライバソフトウェア,使用されるアプリケーションソフトウェアのバージョン,オペレーティングシス

テム,コンピュータから印刷装置までの通信経路の方式及び速度,などが含まれる。このため,この規格

を用いて印刷生産性を正確に比較するためには,同一のコンピュータシステム(ハードウェア及びソフト

ウェア)を用いる。全ての印刷生産性の測定において,コンピュータのハードウェア及びソフトウェアの

基本的な仕様情報を印刷生産性測定結果とともに記録する。

注記 1  印刷装置を用いて一定時間内に生産できる印刷の枚数に対し影響を与える要因は他にもある。

それらには,ある種の印刷装置にとっての典型的なジョブ構成,システムの信頼性,サービ

スコールによる停止時間,装置の使いやすさ,印刷中の用紙補充又は用紙除去,定期点検,

印刷装置及びネットワークの他の使用者との同時使用などが含まれる。それらの項目につい


2

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

ては,この規格の適用範囲及び測定方法では考慮していない。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO/IEC 24734:2009

,Information technology−Office equipment−Method for measuring digital

printing productivity(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”

ことを示す。

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

2.1 

分野別試験(category test)

分野ごとに分けた 2 種類の試験。事務分野試験は,事務用の典型的アプリケーションソフトウェアを用

いて第 1 部印刷時間(2.9 参照)

,実効印刷速度(2.5 参照)及び推定最大印刷速度(2.6 参照)を試験し,

報告するのに用いる。広告及びグラフィック分野(宣伝広告,商業美術,グラフィックデザインなど。以

下,広告分野という。

)試験は,より複雑で,印刷面積が広く,写真,階調表現,組込み要素(図,絵,文

字など)

のような画像及び図表の占める割合が多いアプリケーションソフトウェアとファイルとを用いて,

第 1 部印刷時間,実効印刷速度及び推定最大印刷速度を試験し報告するのに用いる。

2.2 

丁合(collation)

電子文書の印刷物を原稿のページ順序で,例えば 1234,1234,1234 などの順で繰り返して複数部の印刷

物を生産する印刷装置の能力。これは,適切なソフトウェア又はハードウェア後処理装置によって達成す

ることができる。

2.3 

標準プリンタドライバ(default driver)

製造業者の設置手順に従って自動選択される印刷装置のドライバ。

2.4 

両面印刷(duplex printing)

用紙の両面に印刷する行為。

注記  (対応国際規格では,英語特有の用語を記載しているがこの規格では不要であり,削除した。)

2.5 

実効印刷速度,EFTP(effective throughput,EFTP)

印刷指示から最終部の最終ページが完全に排出されるまでの時間で,出力された全ページ数を除して求

めた印刷速度。1 分間当たりの画像面数(ipm: images per minute)で表す。

注記  実効印刷速度は,印刷単位の印刷時間だけでなく,印刷指示から印刷開始までの処理時間が影

響することがある。

2.6 

推定最大印刷速度,ESAT(estimated saturated throughput,ESAT)

第 1 部の最終ページを完全に排出した時点から,最終部の最終ページを完全に排出するまでにわたって

測定した,装置がページを生産する速度。1 分間当たりの画像面数(ipm: images per minute)で表す。


3

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

2.7 

付加機能性能率(feature performance percentage)

様々な印刷及び後処理の付加仕様を付加した場合の印刷性能(例えば,第 1 部印刷時間及び推定最大印

刷速度)の,対象の付加仕様を付加しない印刷性能に対する比率。

2.8 

付加機能性能試験(feature performance test)

様々な印刷及び後処理の付加仕様を付加した場合の生産性の変化を評価するのに用いる選択的試験。

注記  付加機能性能試験の試験用ファイルは,印刷システムのデフォルト設定で試験して基本データ

を出し,その後に選択する付加機能(例えば,ステープル機能)を追加して試験し,比較する。

2.9 

第 部印刷時間,FSOT(first set out time,FSOT)

印刷指令から第 1 部の最終ページを完全に排出するまでの秒数。

2.10 

詳細報告(full detailed report)

装置のセットアップ環境及び測定結果を含む情報の表示。

2.11 

全体報告(full report)

分野別試験又は付加機能性能試験で試験された各々のファイルの第 1 部印刷時間,推定最大印刷速度及

び実効印刷速度の計測値だけではなく,第 1 部印刷時間,推定最大印刷速度及び実効印刷速度の平均値も

含んだ計算結果の表示。

2.12 

ホストベースコントローラ(host-based controller)

ページ記述言語翻訳部及びラスタイメージプロセッサがホストコンピュータに存在する印刷装置のコン

トローラの方式。ホストベースコントローラを備えた印刷装置では,ホストコンピュータに存在するこれ

らの処理部によってページ記述言語をラスタビットマップのような簡単化されたフォーマットに変換し,

印刷装置に送付することで印刷を行う。

注記  この方式のコントローラは,ほとんどのデータと画像の処理とをホストコンピュータ側で行う。

印刷生産性は,ホストコンピュータ,データ転送部及び印刷装置から構成されるシステム全体

に依存する。

2.13 

初期設置状態(initial installation state)

オペレーティングシステム及びアプリケーションソフトウェアを設置した後であって,試験する印刷装

置用のプリンタドライバのような固有ソフトウェアを設置する前の試験動作環境の状態。

2.14 

入力画像面数(input image equivalent)

印刷する電子原稿入力画像面数。印刷した印刷物の枚数とは独立の数値である。

注記  入力画像面数は,元になる試験用ファイルの画像面数に等価の数値である。例として,A4 サイ

ズの入力画像 2 ページを,片面印刷モードで片面 A3 ページに印刷する場合,この A3 ページの

印刷出力は,A4 入力画像 2 ページに等価である。他の例として,試験用ファイルの A4 サイズ

画像 4 ページを,片面の 4 枚割り付けモードで 1 枚の A4 ページの片面に縮小印刷する場合,


4

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

この A4 ページの印刷出力は,A4 入力画像 4 ページに等価である。

2.15 

インタフェース・ネットワーク(interface/network)

ホストコンピュータと印刷装置との間の,直接又は間接の接続形態。

2.16 

全部数印刷時間,LSOT(last set out time,LSOT)

印刷指令から最終部の最終ページを完全に排出するまでの時間。

2.17 

公称印刷速度(nominal printing speed)

最初のページを完全に排出した時点から,連続印刷の最終ページを完全に排出するまでにわたって測定

して求めた印刷速度。単一ページを,推奨用紙を用いて連続印刷モードにて印刷し,ページ/分(ppm)

又は画像/分(ipm)で表す。

2.18 

ページ記述言語,PDL(page description language,PDL)

印刷装置のページ単位の出力イメージを記述するためのプログラム言語。

2.19 

PDL

ベースコントローラ(PDL-based controller)

ページ記述言語翻訳部及びラスタイメージプロセッサを備えた印刷装置のコントローラの方式。PDL ベ

ースコントローラを備えた印刷装置では,

ホストコンピュータがアプリケーションソフトウェアによって,

ページ情報をページ記述言語に変換しインタフェース・ネットワークを介して印刷装置に送信する。

注記  この方式のコントローラは,ページ記述言語翻訳部及びラスタイメージプロセッサの動作に必

要な処理能力を備えており,最終的なページ情報処理,画像処理は,ほとんど印刷装置側で実

行する。しかしながら,印刷生産性は,依然としてホストコンピュータ,データ転送及び印刷

装置から構成されるシステム全体に依存する。

2.20 

印刷装置(printing device)

ディジタル電子文書を紙などの媒体上へ印刷する装置。

注記  装置の機能は印刷だけに限らない。例えば,印刷機能をもつ複合機の場合は,複写,スキャン,

ディジタル情報送信などの他の機能を実行することが可能である。

2.21 

ラスタイメージプロセッサ,RIP(raster image processor,RIP)

印刷システムの中に組み込まれている,ビットマップを生成する機能。

2.22 

印刷部数(set count)

一つの個別測定の間に印刷する全部数。印刷部数が N,1 試験用ファイルのページ数が M の場合,N×

M のページ数が印刷される。

注記  これは,アプリケーションソフトウェア及びプリンタドライバにおいて,しばしばコピーカウ

ントと呼ぶ。

2.23 

片面印刷(simplex printing)


5

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

用紙の片面に印刷する行為。

注記  (対応国際規格では,英語特有の用語を記載しているがこの規格では不要であり,削除した。)

2.24 

要約報告(summary report)

一定の分野別試験又は付加機能性能試験の第 1 部印刷時間(FSOT)及び推定最大印刷速度(ESAT)の

全体の平均値を含む結果の表示。

2.25 

試験用ファイル(test file)

試験方法に従って用いる個別のファイル。

例  事務分野試験で用いるエクセルファイルは,“試験用ファイル”である。

2.26 

試験プラットフォーム(test platform)

ディジタル印刷生産性試験に使用するハードウェア及びソフトウェアの組合せ。オペレーティングシス

テム及び適用可能なアプリケーションソフトウェアを設置したコンピュータ,

印刷装置用のソフトウェア,

インタフェース(ハードウェア及びソフトウェア)

,計時装置(ストップウォッチ又は自動)などを含む。

2.27 

個別測定(test run)

特定の部数で一つの試験用ファイルを印刷する試験。各々の個別測定の印刷時間を測定する。

2.28 

印刷単位(test set)

一つの試験用ファイルの全ページ。

注記  試験用ファイルを印刷する場合にプリンタドライバなどで指定する“部”に相当する。

2.29 

試験用ファイル一式(test suite)

各分野別試験に用いる複数の試験用ファイルの組合せ。

例  事務分野試験用の試験用ファイル一式は,三つの試験用ファイルからなる。広告分野試験用の試

験用ファイル一式は,四つの試験用ファイルからなる。

2.29A 

印刷可能状態(ready state)

装置の状態のうち,最小の時間で新しい出力を開始することが可能な状態。

注記  出力中でもなく,低電力モードでもない。

試験要素及び条件 

3.1 

試験プラットフォーム 

コンピュータ技術は急速に変化しており,同一の印刷生産性用試験プラットフォーム(ハードウェア及

びソフトウェア)を,長期間にわたって使用できると考えることは現実的ではない。そこで,その時々に

使用した試験プラットフォームの,印刷生産性測定に影響を及ぼす可能性のあるシステム要素(

附属書 A

参照)を記録する。

3.2 

試験プラットフォームの設定手順 

試験プラットフォームの設定手順には,試験プラットフォームのコンピュータ及び試験する印刷装置の


6

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

設定項目を含む。

3.2.1 

試験プラットフォームの初期化 

試験プラットフォームのハードウェアは,製造業者の指示に従って設置するのがよい。試験プラットフ

ォームのハードウェア情報は,

附属書 に従って記録する。試験プラットフォームのオペレーティングシ

ステム及びアプリケーションソフトウェアは,製造業者の指示に従って設置するのがよい。試験プラット

フォームのオペレーティングシステム及びアプリケーションソフトウェアの情報は,

附属書 に従って記

録する。アプリケーションソフトウェア及びオペレーティングシステムのデフォルトの設定から異なる設

定を設置時に行った場合は,これらを全て記録する。

・  試験プラットフォームは,USB の直接接続,イーサネットのネットワーク接続など,適切な接続環境

用に構成され,デフォルトの構成と異なる設定は,

附属書 に従って全て記録する。

・  試験プラットフォームは,ハードディスクの最適化及び圧縮,スワップメモリーサイズなどのシステ

ム要素を見直すことによって,最高の性能を出せるように設定されているか確認するのがよい。これ

らがデフォルト設定と異なる場合は記録する。

・  以上によって,試験プラットフォームは初期設置状態となる。設定時の全ての記録を,詳細報告に含

める。

3.2.2 

試験プラットフォームのディスクイメージ作成(任意) 

試験プラットフォームを構成した後,印刷装置用のプリンタドライバを設置する前に,ディスクイメー

ジを作成してもよい。このとき,試験プラットフォームを初期設置状態に復元するために,ディスクイメ

ージ作成ソフトウェアを用いてもよい。使用したディスクイメージ作成ソフトウェア名称及びそのデフォ

ルト設定と異なる全ての設定を記録する。

3.2.3 

初期試験状態 

新たな印刷装置の一連の試験を開始する前に,試験プラットフォームを初期設置状態に復元する。ハー

ドウェア構成が異なる場合には,新たな印刷装置と考えるのがよい。初期設置状態にするために用いた方

法は記録する。

3.3 

印刷装置立ち上げ 

印刷装置を水平な場所に置き,製造業者の指示に従って設定する。製造業者が推奨するソフトウェア(プ

リンタドライバ,ポートドライバなど)を設置する。プリンタドライバは製造業者が供給する最新のもの

を使用する。報告書にプリンタドライバ及びそのバージョンを記録する。

試験は,その印刷装置用に製造業者が供給する標準プリンタドライバを用いて行う。製造業者による設

置手順において,標準プリンタドライバが自動的に設置されない場合には,説明書に従い推奨されたプリ

ンタドライバを使用する。画像,文字品質,印刷モード及び印刷速度の全ての選択肢は,出荷時設定され

たもので,プリンタドライバの標準設定とする。印刷装置及びプリンタドライバの設定が異なる場合は,

プリンタドライバの標準設定で使用する。製造業者が標準設定した機能を解除することはできない。例と

して,自動クリーニング又は調整動作の周期,双方向通信設定,省エネ設定などがあるが,これらに限る

ものではない。ただし,自動用紙種類検知機能を解除して普通紙を選択できる。

試験用ファイルは,そのファイルに対応した寸法で用紙に印刷する。例えば,A4 サイズの試験用ファイ

ルを用いる場合は,用紙設定は A4 とし,レターサイズの試験用ファイルを用いる場合は,用紙設定はレ

ターとする。印刷装置及びプリンタドライバのページ余白の初期値は 12.7 mm(0.5 インチ)より大きくな

いことを確認する。

テストページの印刷範囲を正しい位置に印刷するよう,

必要に応じて設定を調整する。

画面に表示されたテストページの印刷範囲よりも印刷可能領域が大きくなるよう,必要に応じて設定を調


7

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

整する。これらの印刷装置及びプリンタドライバ設定の全ての変更を記録する。正しい位置に印刷するた

めに,ページの中央合わせ,自動回転などの印刷位置変更機能を用いてもよい。印刷装置の初期設定から

の全ての変更点は詳細報告に記録する。

注記 1  ページの拡大縮小機能を解除するなど設定を変更して印刷範囲の画像を正しく印刷する。

印刷物は丁合してページ順に出力する。ページ順での出力が初期設定でない場合には,製造業者の推奨

に従って設定し,ページ順で出力する。ページ順設定の方法によって生産性が変化する場合には,より速

い結果を報告するのがよい。試験報告にはその他の設定とともに,丁合設定をどのように行ったかを明示

する。

カラー及びモノクロの印刷装置は,初期設定で事務分野試験用ファイル一式の三つの試験用ファイルを

印刷する。これはカラー印刷装置での三つの試験用ファイルの印刷物はカラーであり,一方,モノクロ印

刷装置での三つのファイルの印刷物はモノクロであることを意味する。カラー印刷装置においては,印刷

装置又はプリンタドライバの設定を変更することによって,初期設定された画質又は解像度設定を変更し

ないでモノクロ印刷物を出力できるようにし,同じ三つのファイルを用いたモノクロ印刷の結果を報告し

てもよい。

カラー印刷装置でのモノクロ印刷は,次のように行う。モノクロ印刷を行うように印刷装置又はプリン

タドライバの設定を選択する。黒トナー又は黒インクだけを用いてモノクロ印刷を行うために印刷装置又

はプリンタドライバの設定をどのように変更するかは,製造業者の指示に従う。モノクロ印刷モードに切

り替えた結果,印字品質のような他の設定が自動的に切り替わってしまう場合には,それを試験報告に注

記する。モノクロ印刷が各色を混合したコンポジットブラックによって行われる場合には,そのことを報

告するのがよい。

注記 2  印刷装置をモノクロ印刷に設定する一般的な方法には,プリンタドライバのモノクロ印刷機

能を選択する方法などがある。プリンタドライバでこの機能は,

“モノクロ印刷”

“グレース

ケール印刷”又は“黒だけで印刷”と表示することがある。モノクロ印刷の選択は,プリン

タドライバ及び印刷装置の幾つかの場所で行うことができる。モノクロで印刷するよう印刷

装置を設定する最良の方法が不明の場合は,この設定方法を製造業者に問い合わせることが

最善である。

印刷装置の製造業者によって用意されているが出荷時設定されていないプリンタドライバ又は印刷装置

制御言語を用いて,追加試験を行うことができる。その他,印刷装置に備わる他の設定を用いて,追加試

験を行うこともできる。そのような設定とは,プリンタドライバで設定する印字品質,印刷速度の変更機

能などである。

これらの追加試験の結果は,

工場出荷時設定とは異なるシステム設定であることを記載し,

システムの初期設定での試験結果と比較して表示する。

3.4 

印刷装置の接続 

印刷装置は製造業者が推奨する試験接続形態(ネットワーク接続又は直接接続)がよい。数人の使用者

によって共用することを目的とした印刷装置は,製造業者が備えるネットワーク接続を通して印刷装置と

接続するのがよい。個人使用を意図した印刷装置は,試験用のコンピュータに直接接続(例えば,USB)

するのがよい。試験に使用するシステム又は印刷装置の,接続方法,バージョン,及び,出荷時設定から

変更した全ての設定値を記録し報告する。

3.5 

印刷装置の状態 

印刷装置の用紙及び消耗品を含む全ての補充品は,製造業者が使用可能と指定したもの(又は,別途注


8

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

記するもの)を使用する。試験開始以前に印刷装置で印刷したページ数及び消耗品を用いて印刷したペー

ジ数を記載する。

3.6 

試験回数 

各々の試験に使用されるファイルは,再現性確認用に最低 2 回印刷し測定する。

3.7 

用紙 

試験で使用する用紙は,印刷装置の製造業者が推奨する特性ガイドラインの範囲内にあるものか,それ

に違反しないものでなければならない。その特性ガイドラインには,寸法,坪量,成分,用紙製造業者,

用紙タイプ,品番,その他の物理特性などを含む。分野別試験(5.1 参照)に使用される用紙は,A4 サイ

ズ及び/又はレターサイズのカットシートである。付加機能性能試験においては,リーガルサイズ(215.9

mm×355.6 mm,8.5 インチ×14 インチ),A3 サイズ及び/又はレジャーサイズ(279.4 mm×431.8 mm,11

インチ×17 インチ)

(以下,レジャーサイズという。

)の用紙サイズから試験モードに適切なものを選択し

て用いてもよい。各々の試験に用いた用紙の製造業者,坪量,寸法,用紙型式及び名称は,報告書に記載

する。

3.8 

保守 

印刷装置の保守は,必要に応じて,試験の中で製造業者の推奨に応じて実施する(例えば,清掃処理,

消耗品の交換など)

3.9 

試験用ファイル,試験用ファイル一式及びアプリケーションソフトウェア 

生産性の試験用ファイル一式及び試験用ファイルを B.1B.3 に規定する(

図 B.1∼図 B.3 参照)。試験に

は,規定の試験用ファイルを使用する。最新の試験用ファイルは,

http://standards.iso.org/ittf/PubliclyAvailableStandards/SC28_Test_Pages/

のファイル名“ISOIEC_24734_2009_Test_Pages/”から入手することができる。規定の試験用ファイルを用

いない場合には,試験結果は無効とする。試験に用いた試験用ファイル及びアプリケーションソフトウェ

アのバージョンは報告書に記載する。

各々の試験用ファイル 1 部を印刷し測定して,第 1 部印刷時間(FSOT

1

)を決定する。各々の試験用

ファイルを“1 部+30 秒”試験用に N 部(複数部)印刷し測定して,推定最大印刷速度(ESAT

30

)及び

実効印刷速度(EFTP

30

)を計算する。ここで,N は,全部数印刷時間(LSOT

30

)−第 1 部印刷時間(FSOT

30

)≧30 秒を満足するのに必要な部数である。この方法は,様々な区分の装置に適した試験を行うために

用いる。これによって,装置を区分別に分類して,区分によって試験ページ数を変えるのではなく,高速

の装置はより多くの部数で試験し,低速の装置はより少ない部数で試験することが可能になる。

“1 部+4

分”試験は,実効印刷速度(EFTP

4

)を計算するのに用いられる類似の考え方であり,短い印刷時間に比

べて長い印刷時間では生産性に差異が生じる場合があることを示すための試験である。4 分間という印刷

時間は,高速の装置としては短く,低速の装置としては長い試験時間であるが,4 分間という共通の印刷

時間を採用することによって,この規格の適用範囲に含まれる様々な速度の装置を測定するのに用いる印

刷ページ数を合理的に決めることができる。

事務分野試験は必須の試験である。広告分野試験は任意の試験である。試験する印刷装置が両方の市場

分野向けである場合又はより多くのアプリケーションソフトウェアで試験を行いたい場合は,両方の分野

試験を行うことができる。

付加機能性能試験は任意の試験である。付加機能性能試験は,デフォルトの印刷システム構成を用いて

得られる基本性能値の第 1 部印刷時間(FSOT

基本

)及び推定最大印刷速度(ESAT

基本

)と,選択された印

刷システム付加機能性能試験(例えば,ステープル)を用いて得られる第 1 部印刷時間(FSOT

機能

)及び


9

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

推定最大印刷速度(ESAT

機能

)とを比較するために用いる。このような比較が必要な場合,任意の付加機

能性能試験(4.4 参照)を分野別試験に追加することができる。付加機能性能試験用ファイルをデフォルト

の印刷システム設定で試験して基本性能値を確定し,

その後付加機能性能を比較のために測定する。

“事務

用”及び/又は“複合”機能試験用ファイルのいずれを選ぶかは,試験する印刷装置がどのような市場領

域で使用するように意図しているかによる。基本性能値の試験選択(

“事務用”又は“複合”

)は,要約報

告及び全体報告に記載する(基本性能値に対する付加機能性能率の計算のために特に重要である。

附属書 は個別試験用に用いる試験用ファイルである。試験用ファイルは,

http://standards.iso.org/ittf/PubliclyAvailableStandards/SC28_Test_Pages/ISOIEC_24734_2009_Test_Pages/

から入手できる。

3.10 

環境 

温度及び湿度を含む試験環境は,その装置を動作させるために製造業者が推奨する範囲内とする。推奨

がない場合には,次の範囲内とする。

温度      18  ℃以上 25  ℃以下

相対湿度  30 %以上 70 %以下

注記  試験環境の温度及び湿度は,詳細報告(附属書 E)に記録するのがよい。

3.11 

電圧 

印刷装置は,試験する印刷装置用に製造業者が規定する動作電圧範囲内の電源に接続する。

注記  測定は,各々の試験に先立って,無負荷状態で行うのがよい。

試験方法 

この箇条は,試験方法を規定する。

試験用ファイルを 1 部印刷し,第 1 部印刷時間(FSOT

1

)を測定する。試験用ファイルを N 部印刷し,

“1 部+30 秒”測定を行い,推定最大印刷速度(ESAT

30

)を計算する。ここに,N は LSOT

30

−FSOT

30

≧30 秒を満たす部数で,LSOT

30

は“1 部+30 秒”測定の全部数印刷時間である。同様にして,

“1 部+4

分”測定を行い,EFTP

4

を計算する。

“1 部+30 秒”測定は,様々な区分にわたる装置用の試験を提供する。装置を定義し,区分に分類する

ことなく,この簡単な方法によって,高速の装置は多くの部数で試験し,低速の装置は少ない部数で試験

することになり,それぞれの装置の用い方により合致している。

“1 部+4 分”測定は,長い印刷時間では,短い印刷時間に比べて生産性に差異が生じる場合があること

を示すための試験である。4 分間という印刷時間は,高速の装置としては短く,低速の装置としては長い

試験時間であるが,4 分間という共通の印刷時間を採用することによって,この規格の適用範囲に含まれ

る様々な速度の装置を測定するのに用いる印刷ページ数を合理的に決めることができる。

各測定の終了と開始とが重ならないようにするため,及び連続したジョブスプール効果によって生じ得

る試験結果の混乱を避けるために,各々の印刷ジョブは,その前の測定の最終部を排出完了し,装置が印

刷可能状態に復帰した後で初めて送るようにするとよい。

4.1 

測定手順 

試験前:

1)

試験用コンピュータは試験ごとに初期化し,試験プラットフォームを初期設置状態にする。

2)

取扱説明書及び試験設定の要求事項に従い,印刷装置,ドライバ及びドライバ以外のアプリケー

ションソフトウェアを設置する。出荷時設定で行う必須試験は,印刷装置のウォームアップが完


10

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

了して印刷可能状態に達した後に実施する。測定直前に,少なくとも 1 ページを印刷するウォー

ムアップ印刷を行って,印刷装置を印刷可能状態にしてもよい。

3)

システムのパラメタ(例えば,用紙坪量の選定,用紙寸法及び搬送方向,画質モード)を試験用

に設定する。システムが自動用紙種類検知機能をもっている場合には,それを解除し,テストで

用いる用紙を選択するのがよい。印刷装置型式,構成(付加装置類)

,出荷時設定及びその変更点

を記録する。

4)

測定で使用予定のファイルを,3.9 に書かれているとおりに収集する。測定で使用予定のコンピュ

ータに必要なアプリケーションソフトウェアが入っていることを確認する。

5)

印刷モード制御:測定用の設定では,次の事項を除き,試験する印刷装置のドライバの出荷時設

定印刷モードからの変更をしてはならない。

・  ページの拡大縮小機能を解除する。

・  出荷時設定で丁合が有効にされていない場合に,これを有効にする。

・  普通紙を選択する。

・  両面,又は,カラー印刷装置におけるモノクロ試験用に,印刷ドライバのモードをモノクロ出

力が得られるように設定する。

印刷装置の選択されたモードと選択手段の記録とを試験報告書に含める。

注記 1  装置によっては,複数の両面機能をもつものがある[例えば,横開き(book)及び上

開き(tablet)

,長辺と(綴)じ及び短辺と(綴)じ]

。このような場合には,出荷時設

定の両面機能を使用し,用紙の方向を記録するとよい。

注記 2  丁合,部数及びモノクロの選択の仕方が性能測定結果に影響を与えることがある。設

定が性能速度に与える影響を,前もって評価しておくとよい。推奨される設定に関す

る追加情報は,装置の操作説明書を参照する。

6)

4.3

及び 4.4 を参照して,どの試験を実施すべきかを決める。試験設定の記録例は,

附属書 を参

照する。

FSOT

1

及び EFTP

1

を算出する“部”測定の手順 

1)

アプリケーションソフトウェア及び試験用ファイルの制御  (個別測定開始)試験用コンピ

ュータでアプリケーションソフトウェア及びそのアプリケーションソフトウェアの試験用フ

ァイルを開く。

2)

アプリケーションソフトウェアから印刷を選択する。

3)

“OK”を選択し,同時に計時装置(時計又はその他)を開始する。アプリケーションソフト

ウェアの印刷画面にある“OK”ボタンを選択すると同時に,時間計測を開始する。

4)

第 1 部の最後のページが完全に印刷装置から排出した時間(秒)を,少なくとも小数点以下

第 2 位まで記録する。

5) 

(個別測定終了)試験用ファイルを印刷した後,試験用ファイル及び関連するアプリケーシ

ョンソフトウェアを閉じる。

6) 

“1 部”測定[手順 1)5)]を 2 回実施する。それぞれの個別測定について FSOT

1

及び

EFTP

1

を箇条 に従って計算する。

7) 4.2.3

に従って結果の一致度が±5 %に収まるかを判定し,必要な場合には 3 回目の個別測定

を実施する。


11

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

8)  FSOT

1

及び EFTP

1

の平均値を計算する。

注記 3  この試験の FSOT

1

平均値は,

分野別試験の全体報告及び詳細報告において,

FSOT

として報告する。試験用ファイル一式(多くの試験用ファイルからなる。

)に対応

する FSOT

1

平均値は,分野別試験の要約報告において,FSOT として報告する。

詳細については,

附属書 及び附属書 の報告書例による。

ESAT

30

及び EFTP

30

を算出する“部+30 秒”測定の手順

1) 

アプリケーションソフトウェア及び試験用ファイルの制御  (個別測定開始)試験用コンピ

ュータでアプリケーションソフトウェア及びそのアプリケーションソフトウェアの試験用フ

ァイルを開く。

2) 

アプリケーションソフトウェアから印刷を選択する。LSOT

30

−FSOT

30

≧30 秒に必要な印

刷部数 N を入力する。複数部を丁合して(1234,1234,---)出力するよう必要な設定を選択

する。2 回目及び 3 回目の測定には,1 回目の測定で用いた印刷部数を用いる。ドライバ又は

アプリケーションソフトウェアのどこで丁合及び印刷部数の設定を行ったかを記録する。

注記 4  この FSOT

30

は,

“1 部”測定の FSOT

1

と間違うことがないように注意するのが

よい。ここで測定する FSOT

30

は,LSOT

30

−FSOT

30

≧30 秒の確認及び

ESAT

30

の計算のために用いる。

3) 

“OK”を選択し,同時に計時装置(時計又はその他)を開始する。アプリケーションソフト

ウェアの印刷画面にある“OK”ボタンを選択すると同時に,時間計測を開始する。

4) 

第 1 部排出完了時間(FSOT

30

)を秒で,少なくとも小数点以下第 2 位まで記録する。これ

は,

“OK”から第 1 部目の最終ページが完全に装置から排出されるまでの時間である。

注記 5  排紙トレイ容量が出力すべきページ数よりも少ない場合は,測定中に排出された

用紙を取り除く。

注記 6  分野別試験の各々のファイル(部)は 4 ページからなる。付加機能性能試験の各々

のファイル(部)は 8 ページからなる。

5) 

全部数印刷時間(LSOT

30

)を秒で,少なくとも小数点以下第 2 位まで記録する。これは,

アプリケーションソフトウェアの印刷画面の“OK”を押してから,最終部(N 部目)の最終

ページが完全に装置から排出されるまでの時間である。

6) 

(個別測定終了)試験用ファイルが印刷された後,試験用ファイルと関連するアプリケーシ

ョンソフトウェアを閉じる。

7) 

“1 部+30 秒”測定[手順 1)6)]を 2 回実施する。それぞれの個別測定について ESAT

30

及び EFTP

30

を箇条 に従って計算する。

8) 4.2.3

に従って結果の一致度が±5 %に収まるかを判定し,必要な場合には 3 回目の個別測定

を実施する。

9)  ESAT

30

及び EFTP

30

の平均値を箇条 に従って計算する。

注記 7  この試験の ESAT

30

平均値は,分野別試験の全体報告及び詳細報告において,

ESAT として報告する。試験用ファイル一式(多くの試験用ファイルからなる。)

に対応する ESAT

30

平均値は,分野別試験要約報告において,ESAT として報告

する。詳細については,

附属書 及び附属書 の報告書例を参照する。


12

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

EFTP

4

を算出する“部+分”測定の手順 

1) 

アプリケーションソフトウェア及び試験用ファイルの制御  (個別測定開始)試験用コンピ

ュータでアプリケーションソフトウェア及びそのアプリケーションソフトウェアの試験用フ

ァイルを開く。

2) 

アプリケーションソフトウェアから印刷を選択する。LSOT

4

−FSOT

4

≧4 分に必要な印刷

部数 N を入力する。複数部を丁合して(1234,1234,---)出力するよう必要な設定を選択す

る。2 回目及び 3 回目の試験には,1 回目の試験で用いた印刷部数を用いる。ドライバ又はア

プリケーションソフトウェアのどこで丁合及び印刷部数の設定が行われたかを記録する。

注記 8  この FSOT

4

は,

“1 部”測定から算出する FSOT

1

又は“1 部+30 秒”測定から

算出する FSOT

30

と間違うことがないように注意する。ここで測定する FSOT

4

は,LSOT

4

−FSOT

4

≧4 分の確認のためだけに用いる。

3) 

“OK”を選択し,同時に計時装置(時計又はその他)を開始する。アプリケーションソフト

ウェアの印刷画面にある“OK”ボタンを選択すると同時に,時間計測を開始する。

4) 

第 1 部排出完了時間(FSOT

4

)を秒で,少なくとも小数点以下第 2 位まで記録する。これは,

“OK”から第 1 部目の最終ページが完全に装置から排出されるまでの時間である。

注記 9  排紙トレイ容量が出力すべきページ数よりも少ない場合は,測定中に排出された

用紙を取り除く。

注記 10  分野別試験の各々の部は 4 ページからなる。付加機能性能試験の各々の部は 8 ペ

ージからなる。

5) 

全部数印刷時間(LSOT

4

)を秒で,少なくとも小数点以下 2 位まで記録する。これは,ア

プリケーションソフトウェアの印刷画面の“OK”を押してから,最終部の最終ページが完全

に装置から排出されるまでの時間である。

6) 

(個別測定終了)試験用ファイルが印刷された後,試験用ファイルと関連するアプリケーシ

ョンソフトウェアを閉じる。

7) 

“1 部+4 分”測定[手順 1)6)]を 2 回実施する。それぞれの個別測定について EFTP

4

箇条 に従って計算する。

8) 4.2.3

に従って結果の一致度が±5  %に収まるかを判定し,必要な場合には 3 回目の個別測定

を実施する。

9)  EFTP

4

の平均値を箇条 に従って計算する。

必須試験について,規定の試験用ファイル一式と印刷部数とを用い,試験する装置に備わって

いる規定の印刷モードに関して,

“1 部”測定,

“1 部+30 秒”測定及び“1 部+4 分”測定を必要

回数繰り返す。


13

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

4.2 

試験方法の工程 

4.2.1 

推奨試験方法の工程フローチャート 

図 1−試験方法の工程フローチャート 

いいえ

はい

1 回目及び 2 回目の測定を実施

“1 部+4 分”試験は,分野別試験・片面・PDF

形式ファイルだけが必須である。

印刷部数=1 を設定

FSOT 及び EFTP それぞれの平均値を計算

“1 部”試験の結果を記録

はい

いいえ

1 回目及び 2 回目の測定を実施

3 回目の測定を実施

FSOT 及び EFTP を計算

FSOT 及び EFTP を計算

“1 部+30 秒”試験の結果を記録

印刷部数=2

を設定

測定を実施

“1 部+30 秒”を満たす部数を計算

一致度が±5 %以内か?

3 回目の測定を実施

ESAT 及び EFTP それぞれの平均値を計算

はい

いいえ

はい

いいえ

ESAT 及び EFTP を計算

ESAT 及び EFTP を計算

“1 部+4 分”を満たす部数を計算

一致度が±5 %以内か?

3 回目の測定を実施

EFTP の平均値を計算

“1 部+4 分”試験の結果を記録

1 回目及び 2 回目の測定を実施

EFTP を計算

EFTP を計算

一致度が±5 %以内か?

“1 部+30 秒”を満たす

部数を推定できるか?


14

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

4.2.2 

部数の推定 

1

部+30 秒”試験 

この試験は,

初期部数として N

初期

=2 又は測定者があらかじめ推定を行うのに十分な情報をもつ場合は,

必要な部数を推定して開始することができる。N=2 の測定結果で全部数印刷時間(LSOT)−第 1 部印刷

時間(FSOT)≧30 秒の要求を満たさない場合には,必要な部数 estN

30

を次の式から求め,部数として新

しい estN

30

を用いて測定を行う。次の式は,必要な部数を推定するために用いる。ここで,LSOT

初期

及び

FSOT

初期

は初期試験で得られたデータである。estN

30

の計算値は,小数点以下第 1 位を切り上げて整数と

する。

+

×

=

1

)

1

(

30

30

初期

初期

初期

FSOT

LSOT

N

estN

試験する部数はできる限り

LSOT

30

FSOT

30

30

秒を満たす最小の値がよい。試験の個別測定の結果

LSOT

30

FSOT

30

30

秒となった場合には,部数を増やして,全ての試験を再度行う。

注記

1

部+

30

秒”試験は,

LSOT

30

FSOT

30

を推定最大印刷速度(

ESAT

)の測定誤差を最小に

するために十分長く,かつ調整工程などによる停止を避けるために十分短くなるように考案し

た。

1

部+分”試験 

1

部+

4

分”試験は

PDF

形式のファイルだけが必須である。

1

部+

30

秒”試験の測定結果を用いて“

1

部+

4

分”試験に必要な部数

estN

4

を次の式から求める。ここで,

LSOT

30

及び

FSOT

30

は“

1

部+

30

秒”

試験で得られたデータである。

estN

4

の計算値は小数点以下第

1

位を切上げする。

⎥⎦

⎢⎣

+

×

=

1

)

1

(

240

30

30

30

4

FSOT

LSOT

N

estN

試験する部数は,LSOT

4

−FSOT

4

≧4 分を満たす値がよい。試験の結果が LSOT

4

−FSOT

4

<4 分と

なった場合は,部数を増やして,全ての試験を再度行う。

4.2.3 5 

%

一致度基準 

最初 2 回の個別測定結果の一致度が±5 %以内でない場合は,3 回目の個別測定が必要となる。推定最大

印刷速度(ESAT)及び実効印刷速度(EFTP)の式は,箇条 に記載する。

1

2

2

1

1

+

×

=

FSOT

FSOT

FSOT

一致度

1

2

2

1

1

+

×

=

ESAT

ESAT

ESAT

一致度

1

2

2

1

1

+

×

=

EFTP

EFTP

EFTP

一致度

4.3 

分野別試験 

分野別試験は,1)  事務分野試験及び 2)  広告分野試験の二つに分けることができる(これらの試験用フ

ァイル一式は B.1 及び B.2 を参照する。

。この規格の対象となる全ての装置に対して,事務分野試験は必

須であり,第 1 部印刷時間,推定最大印刷速度及び実効印刷速度を測定する。広告分野試験用ファイルは,

より複雑で,印刷面積が広く,写真,階調表現,組込み要素などの画像及び図表の占める割合が多いもの

を代表している。広告分野試験は任意であり,この分野で特定な比較を行うために第 1 部印刷時間,推定


15

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

最大印刷速度及び実効印刷速度を測定することに用いる。

4.3.1 

事務分野試験 

この規格の対象となる全ての装置に対して,事務分野試験を行う。

附属書 に示されるこの試験用ファ

イル一式,印刷モード及び印刷部数の関係を

表 に示す。試験方法及び測定手順は 4.1 及び 4.2 に規定す

る。分野別試験は A4 サイズ及び/又はレターサイズの用紙だけを用いる。他の用紙サイズを試験する場

合は,付加機能性能試験を用いる。

表 に“R”と記された試験用ファイル及び印刷モードについて,“1 部”試験,

“1 部+30 秒”試験及び

“1 部+4 分”試験を完了する。

“O”と記された箇所の試験は任意である。

“出荷時設定”によって,モノ

クロだけの印刷装置はモノクロ出力を行い,カラー印刷装置はカラー出力を行う。カラー装置が出荷時設

定でモノクロ出力を行う場合には,カラー出力モードを用いての試験も行う。 

表 1−事務分野試験一覧表 

試験用ファイル

印刷部数

印刷モード

ワード

ファイル

PDF 形式

ファイル

エクセル 
ファイル

出荷時設定での片面印刷 R R R

カラー印刷装置の場合,片面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での両面印刷 R R R

“1 部”試験 
 
印刷部数=1

カラー印刷装置の場合,両面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での片面印刷 O O O

カラー印刷装置の場合,片面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での両面印刷 O O O

“2 部”試験 
 
印刷部数=2

(N が推定できな
い場合,“1 部+30
秒”試験の N を計

算 に用い る任 意試
験)

カラー印刷装置の場合,両面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での片面印刷 R R R

カラー印刷装置の場合,片面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での両面印刷 R R R

“1 部+30 秒”試験
 
印刷部数=N

カラー印刷装置の場合,両面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での片面印刷 O R O

カラー印刷装置の場合,片面
印刷でのモノクロ印刷

O O O

出荷時設定での両面印刷 O O O

“1 部+4 分”試験
 
印刷部数=N

カラー印刷装置の場合,両面
印刷でのモノクロ印刷

O O O


16

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

4.3.2 

広告分野試験 

この規格の対象となる全ての装置に対して,広告分野試験は任意の試験である。この試験は,印刷面積

が広くより複雑な内容をもつ様々なアプリケーションソフトウェア及びファイルを用いて,装置の性能比

較を行う場合に,更なる情報を与えることを意図する。 

表 に記載されているように,“R*”(任意選択の広告分野試験を行う場合に必要である。)と記された

試験用ファイル及び印刷モードについて,

“1 部”試験,及び“1 部+30 秒”試験を実施する。

“O”と記さ

れた箇所の試験は任意である。

“出荷時設定”によって,モノクロだけの印刷装置はモノクロ出力を行い,カラー印刷装置はカラー出

力を行う。カラー装置が出荷時設定でモノクロ出力を行う場合には,カラー出力モードを用いての試験も

行う。広告分野試験を開始する前に,試験者はアプリケーションソフトウェア(例えば,InDesign 及び

QuarkXPress)のファイル内容を確認し,フォント,イラストのような貼り付けられた図形,ビットマップ,

画像などのデータを構成する要素が正しく試験プラットフォームのデータ格納ディレクトリに関連付けら

れていること及び/又は試験用ファイルに組み込まれていることを確認するのがよい。この確認及び訂正

をする場合の方法は,アプリケーションソフトウェアによって異なる。アプリケーションソフトウェアの

使用者ガイドを参照する。この規格で規定している全てのデータを構成する要素及び画質特性をアプリケ

ーションソフトウェアが認識して取り込むことができない場合には,性能に影響が出て,結果は無効とな

る。


17

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

表 2−広告分野試験一覧表 

試験用ファイル

印刷部数

印刷モード

InDesign

ファイル

QuarkXPress

ファイル

PowerPoint

ファイル

PDF 形式

ファイル

出荷時設定での片面
印刷

R* R*  R* R*

カラー印刷装置の場
合,片面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での両面
印刷

O O  O O

“1 部”試験 
 
印刷部数=1

カラー印刷装置の場
合,両面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での片面
印刷

O O  O O

カラー印刷装置の場
合,片面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での両面
印刷

O O  O O

“2 部”試験 
 
印刷部数=2 
 
(N が推定で
き な い 場 合 ,
“1 部+30 秒”

試験の N を計
算に用いる任
意試験)

カラー印刷装置の場
合,両面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での片面
印刷

R* R*  R* R*

カラー印刷装置の場
合,片面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での両面
印刷

O O  O O

“1 部+30 秒”
試験 
 
印刷部数=N

カラー印刷装置の場
合,両面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での片面
印刷

O O  O O

カラー印刷装置の場
合,片面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O

出荷時設定での両面
印刷

O O  O O

“1 部+4 分”
試験 
 
印刷部数=N

カラー印刷装置の場
合,両面印刷でのモノ
クロ印刷

O O  O O


18

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

4.4 

付加機能性能試験 

任意の試験である付加機能性能試験は,様々な印刷機能及び後処理機能を有効とした場合の生産性の変

化を評価するのに有用な試験である。付加機能の例として,ラスタイメージプロセッサ(RIP)

,用紙の坪

量,用紙のサイズ,ステープル機能,穴あけ機能及び中とじ機能などがある。付加機能を有効な状態で印

刷した場合の試験結果は,印刷装置及びプリンタドライバが出荷時状態であり,付加機能を無効にした状

態で片面印刷した場合の試験結果と対比して報告する。

2 種類の 8 ページ付加機能試験用ファイルを提供する(様々な印刷機能を試験するために,4 ページより

長い試験用ファイルが必要となるからである。試験時間の制約の中で,広範な機能を試験するために 8 ペ

ージからなる試験用ファイルを用いる。

。事務用 PDF 形式付加機能ファイルは,事務分野試験の試験用フ

ァイルから構成され,複合 PDF 形式付加機能ファイルは広告分野試験の試験用ファイルで構成されている

(試験用ファイルの詳細は B.3 を参照する。

注記 1  ラスタイメージプロセッサ(RIP),メモリ構成などの生産性が向上する機能を試験する場合

は,複合 PDF 形式付加機能ファイルを選択するのがよい。また,印刷装置が広告分野試験用

ファイル一式を使用することを選択した場合においても,機能性能試験のためには複合 PDF

形式付加機能ファイルを選択するのがよい。

付加機能性能試験の手順 

付加機能試験は,4.1 に記載の“1 部”測定及び“1 部+30 秒”測定の試験手順に沿って,付加機能性能

試験用ファイルを用いる。

最初に,工場出荷時状態の印刷装置及びプリンタドライバを用いて試験を完了する(基本性能印刷モー

ド試験)

。基本性能印刷モード試験は,A4 サイズ及び/又はレターサイズを用い片面印刷で,適切な付加

機能性能試験用ファイルを用い,付加機能を無効とした状態で 1 回実施すればよい(ただし,5 %一致度

基準に適合するために 2 回又は必要に応じて 3 回の個別測定を行う。

。この試験結果は,同じ試験用ファ

イルを使用する全ての付加機能試験の比較用データとして用いてよい。次に,各々の付加機能印刷モード

を有効とした状態で試験を完了する(付加機能モード試験)

付加機能試験に用いる試験セットの印刷部数は,基本性能印刷モード試験及び各付加機能モード試験に

対する“1 部+30 秒”測定の手順を満足する要求値に基づき,個別に決定する。1 部中のページ数が同じ

付加機能は,基本性能印刷モードを 1 回だけ実施すればよい。

注記 2  基本性能印刷モードに使用する印刷部数と,それぞれの付加機能に使用する印刷部数とは異

なる場合がある。

試験する部数はできる限り LSOT

30

−FSOT

30

≧30 秒を満たす最小の値がよい。

個別測定を行った結果,

LSOT

30

−FSOT

30

<30 秒となった場合は,印刷部数を増やして全ての個別測定を再度行う。

付加機能試験を大きなサイズの用紙(A3 サイズ又はレジャーサイズ)で行う場合は,大きなサイズの用

紙に A4 サイズ及び/又はレターサイズの試験用ファイルを 2 アップで印刷するのがよい。具体的には,

A3 サイズの用紙に A4 サイズの画像を二つ,レジャーサイズの用紙にレターサイズの画像を二つ用いる。

大きなサイズの用紙に 2 アップで片面印刷することは,二つの A4 サイズ及び/又はレターサイズの画像

を,大きなサイズの用紙(A3 サイズ又はレジャーサイズ)の一方の面に印刷するという意味である。A4

サイズ及び/又はレターサイズの用紙を用いて 2 アップで片面印刷する場合は,二つの A4 サイズ及び/


19

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

又はレターサイズの画像を(プリンタドライバで)サイズ変更し,A4 サイズ及び/又はレターサイズの用

紙の一方の面に印刷する。

A3 サイズ又はレジャーサイズの付加機能テストにおいて,A4 サイズ及び/又はレターサイズの試験用

ファイルを基本性能印刷モード試験の基本性能の測定に使用した場合,A3 サイズ又はレジャーサイズの結

果は,A4 サイズ及び/又はレターサイズの入力画像面数で報告する。付加機能が 2 アップ,4 アップ,画

像倍率に関する機能,用紙のサイズが混在する機能などの場合,その試験結果は A4 サイズ及び/又はレ

ターサイズの入力画像面数で報告する。

付加機能が 8 ページよりも多いファイルを必要とする場合は,必要に応じて二つ以上の 8 ページ付加機

能試験用ファイルを結合して,8 ページの倍数になるような試験用ファイルを作成してよい。付加機能が 1

部当たり 8 ページより多く必要である場合,その基本性能印刷モードの第 1 部印刷時間(FSOT)及び推定

最大印刷速度(ESAT)は,1 部当たりの枚数を付加機能印刷モードと同じ枚数で測定する。異なる場合は,

試験報告書に明確に記載する。

注記 3  印刷装置によってはドライバのもつ制約(画像サイズの変更,画像余白設定,ページ間で画

像レイアウトを変更,又は異なる紙サイズの組合せ)から,幾つかの特殊な付加機能(例え

ば,最初は 1 アップでそれ以降を 2 アップにする。

)の試験は,この規格の試験用ファイルで

は対応していない。

注記 3A  2 アップとは,用紙の片面に 2 面分の印刷をすることをいう。

付加機能印刷モードの試験表を“ステープル”の場合を例として,

表 に示す。どの付加機能を試験す

るかは,試験を行う試験者が決定し,その付加機能を一つだけ明確に記載する。その装置に複数のステー

プル機能がある場合は,そのどれを試験したかを明確に記載する。

表 3−付加機能性能試験セット 

印刷部数

基本性能印刷モード

付加機能印刷モード

試験用ファイル

“1 部”試験

印刷部数=1

出荷時設定での片面印刷

ステープル

8 ページ事務用

付加機能性能

PDF 形式ファイル

“1 部+30 秒”試験

印刷部数=N

出荷時設定での片面印刷

ステープル

8 ページ事務用

付加機能性能

PDF 形式ファイル

4.5 

任意の特殊試験 

4.3

及び 4.4 の試験に加えて,任意の特殊試験をこの規格に沿った手順で行うことができる(分野別試験

用ファイル一式又は付加機能性能試験の PDF 形式試験用ファイルを用いる。

。特殊試験の例としては,特

殊印刷(工場出荷時の状態でないもの)及び画像品質の設定での印刷(例えば,速度優先モード若しくは

高画質モード,標準以外のプリンタドライバでの測定,又は様々な印刷付加機能の測定)がある。

データの計算及びデータの扱い 

測定中に各個別測定の時間間隔を記録する。個別測定の時間を記録する表形式はこの目的に有用である

が,必ずしも必要ではない。

秒単位で測定する時間間隔は,小数点以下第 2 位まで記録する。第 1 部印刷時間(FSOT)

,推定最大印

刷時間(ESAT)及び実効印刷速度(EFTP)の最終結果は,平均した結果の数値の小数点以下第 2 位を丸


20

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

める。より短い時間又はより速い速度になるように丸めることは許されない。

平均値は測定した第 1 部印刷時間(FSOT)

,推定最大印刷時間(ESAT)及び実効印刷速度(EFTP)を

平均することによって求める。時間を平均して結果を計算するのではない。例えば,1 回目の個別測定で

ESAT

1

を計算し,2 回目の個別測定で ESAT

2

を計算し(必要ならば 3 回目の個別測定を行う。

,その結果

の ESAT

1

と ESAT

2

とを平均して(必要ならば ESAT

3

を加味して)ESAT

平均

を求める。

平均した結果の推定最大印刷速度(ESAT)及び実効印刷速度(EFTP)は,ipm で次のように表示する。

a) 10

ipm 未満の場合,小数点以下第 2 位で切り捨て,有効数字 2 桁で示す(X.X)。

b) 10

ipm∼99 ipm の場合,次の方法のいずれかで示す。

1)

小数点以下第 1 位で切り捨て,有効数字 2 桁で示す(XX)

2)

小数点以下第 2 位で切り捨て,有効数字 3 桁で示す(XX.X)

c) 100

ipm 以上の場合,小数点以下第 1 位で切り捨て,有効数字 3 桁で示す(XXX)。

例えば,測定し平均値として計算した推定最大印刷速度(ESAT)の値が 34.99 の場合,報告書に記載す

る値は 34.9 ipm 又は 34 ipm であり,35 ipm ではない。

5.1 

分野別試験 

5.1.1 

1

部”試験 

FSOT

1

及び EFTP

1

は,

“1 部”試験のデータから計算する。

4 ページファイルを用いて 1 部測定するとき:

FSOT

1

=t

1

(秒)

1

1

240

FSOT

EFTP

=

(ipm)

5.1.2 

1

部+30 秒”試験 

ESAT

30

及び EFTP

30

は,

“1 部+30 秒”試験のデータから計算する。 

4 ページファイルを用いて N

30

部測定するとき:

第 1 部印刷時間=FSOT

30

=t

1

(秒)

全部数印刷時間=LSOT

30

=t

n

(秒)

N

30

=部数

240=4 ページ×60 秒 
ESAT

30

及び EFTP

30

は,

“1 部+30 秒”試験データを用いて次の式から計算する。

30

30

30

30

)

1

(

240

FSOT

LSOT

N

ESAT

×

=

  (ipm)

30

30

30

240

LSOT

N

EFTP

×

=

  (ipm)

t

1

t

0

=0

t

0

=0

t

1

t

n


21

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

5.1.3 

1

部+分”試験 

EFTP

4

は,

“1 部+4 分”試験のデータから計算する。

4 ページファイルを用いて N

4

部測定するとき:

全部数印刷時間=LSOT

4

=t

n

(秒)

N

4

=部数

240=4 ページ×60 秒

4

4

4

240

LSOT

N

EFTP

×

=

  (ipm)

5.2 

付加機能性能試験 

付加機能性能試験それ自身は任意試験である。実施する場合には,基本印刷モード測定及びそれぞれの

付加機能性能測定において,

“1 部”試験及び“1 部+30 秒”試験が必要となる。 

5.2.1 

1

部”試験 

FSOT

1

は 1 部の試験のデータから計算する。

8 ページファイルを用いて 1 部測定するとき:

FSOT

1

=t

1

(秒) 

5.2.2 

1

部+30 秒”試験 

ESAT

30

は“1 部+30 秒”試験のデータから計算する。

8 ページファイルを用いて N

30

部測定するとき:

第 1 部印刷時間=FSOT

30

=t

1

(秒)

全部数印刷時間=LSOT

30

=t

n

(秒)

N

30

=部数

480=8 ページ×60 秒 
ESAT

30

は“1 部+30 秒”試験のデータから次の式で計算する。

ESAT

30

30

30

30

)

1

(

480

FSOT

LSOT

N

×

=

  (ipm)

注記 1  上の式の単位は,1 分当たりに印刷される画像面数である。したがって,A4 サイズ及び/又

はレターサイズ用紙に出力した 2 アップ縮小画像,又は,A3 サイズ及び/又はレジャーサイ

ズ用紙に出力した 2 アップ A4 サイズ及び/又はレターサイズ画像のように,1 ページに 1

画像以上が印刷される場合にも,上の式は変わらない。

t

0

=0

t

n

t

1

t

0

=0

t

1

t

n

t

0

=0


22

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

各々の付加機能性能試験について,基本印刷モードに対する付加機能印刷モードの性能率(%)を次の

とおり計算する。

付加機能性能率 ESAT=

100

×

基本

付加機能

ESAT

ESAT

(%)

付加機能性能率 FSOT=

100

×

付加機能

基本

FSOT

FSOT

(%)

注記 2 FSOT の性能率(%)の場合,より時間のかかる付加機能の FSOT が 100 未満の%となるよう

に基本性能値の時間を分子とする。これは ESAT の性能率(%)との整合性を維持するもの

である。FSOT 基本及び ESAT 基本は,片面 A4 サイズ及び/又はレターサイズの用紙を使用

し,基本印刷モードから得る基本性能値の FSOT 及び ESAT の測定データを使用する。

必須記録情報には,使用した A4 サイズ及び/又はレターサイズ(並びに,追加の A3 サイズ及び/又は

レジャーサイズ)の用紙情報及び使用した“事務用”

(又は“複合”

)のファイル情報を含む。 

結果の表示 

6.1 

分野別試験 

最小限必要とする結果の表示には,

表 又は表 に示す要約報告を含むことが必須である。要約報告に

は,一つの分野試験又は付加機能性能試験を行った各々の印刷モードでの第 1 部印刷時間(FSOT)及び推

定最大印刷速度(ESAT)の全ファイルの平均値を含む。印刷モードの印刷設定(標準設定,標準設定から

の変更点及び任意試験の設定)が分かるようにする。カラー印刷装置においては,モノクロ印刷モードの

データを得るのに用いた印刷設定を含む。

全体報告には,

表 又は表 に示すように,それぞれの個別試験用ファイルについて第 1 部印刷時間

(FSOT)

,推定最大印刷速度(ESAT)及び実効印刷速度(EFTP)の数値を報告する。試験プラットフォ

ームの設定状況を,

附属書 に示すように報告する。

報告を必要とする試験用ファイルを試験しなかった場合又は印刷に失敗した場合,この規格に基づく報

告を行うことは許されない。一つの分野別試験の全ファイルの結果から得たデータを用い,第 1 部印刷時

間(FSOT)

,推定最大印刷速度(ESAT)及び実効印刷速度(EFTP)の平均値を計算する。例えば,事務

分野要約報告において報告する第 1 部印刷時間(FSOT)及び推定最大印刷速度(ESAT)の平均値は,ワ

ード,エクセル及び PDF 形式ファイルの試験用ファイルによる結果の平均値である。これらのファイルか

ら,例えばエクセル試験用ファイルを除いた,ワード及び PDF 形式ファイルだけの平均値を用いることは

許されない。

要約報告を,販売資料又は包装に用いられる“公表”に使用するのがよい。この際,要約報告の全体を

表示するのがよい。要約報告内容の一部を省略することができるが,アプリケーションソフトウェア個別

の結果を追加する場合にはそれに対応する FSOT,ESAT 又は EFTP の平均値を含むことが必要である。詳

細報告の入手先又は問合せ先情報,及び JIS X 6940 によって求めたという記載が必要である。

ただし,

“公表”を行う場合は,最低限,次に示す 3 項目を含める。

(1)

  生産性を JIS X 6940 によって求めたという記載

(2)

  標準設定片面印刷での分野別試験の推定最大印刷速度(ESAT)の平均値

(3)

  詳細報告の入手先又は問合せ先情報

要約報告及び全体報告の表を含む全ての報告には,詳細報告の入手先又は報告を得るための問合せ先情


23

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

報を含める。要約報告及び全体報告の例を次に示す。試験の実施及び報告が必要な項目については“R”

任意の項目については“O”及び特定の試験を行ったときだけ報告が必要な項目については“R*”とした。

要約報告及び全体報告の一例を

附属書 に示す(表 C.1∼表 C.4 参照)。詳細報告の一例は附属書 に含

む(

表 E.1∼表 E.6 参照)。印刷装置の設定記録の典型的な一例を附属書 に示す(表 D.1∼表 D.3 参照)。

例えば,印刷装置が両面印刷機能をもたないためにデータがとれない場合には,要約報告から両面に関

する表の行を削除することができる。行を削除する代わりに,

“無し”と記載することもできる。同様に,

モノクロだけの印刷装置は,カラー印刷モードのデータを報告する必要はない。

要約報告及び全体報告には試験結果の平均値を報告する。平均値(FSOT 又は ESAT)は,全ての試験結

果を加算した値を,試験数で除して算出する。報告する数値は,必要に応じて小数点以下何桁でもよい。

端数を丸めることができるが,より短い時間又はより速い速度に丸めることはできない。測定値及び報告

値は,実際の測定よりもよい数値となる(より大きな ESAT 及び EFTP となるか,又はより小さな FSOT

となる)ことがないようにする。例として,34.99 ipm が測定値及び平均値である場合,報告には 34.9 ipm

又は 34 ipm とすることはできるが,35 ipm として報告することはできない。

表 4−事務分野要約報告 

事務分野試験

第 1 部印刷時間

(FSOT)

(秒)

推定最大印刷速度

(ESAT)

(ipm)

片面印刷 R

R

デフォルト印刷

(カラー装置でのカラー印刷, 
モノクロ装置でのモノクロ印刷)

両面印刷 R

R

片面印刷 O

O

モノクロ印刷

(カラー装置での任意試験)

両面印刷 O

O

1)

  印刷装置及びドライバ設定を記載する。

2)

  カラー装置においてモノクロ出力用に用いた印刷装置設定を記載する。

3)

  詳細報告の入手先又は問合せ先情報を記載する。

“R”項目は,印刷装置に該当する機能が備わっているときには,報告することが必須となる項目である。 
“O”項目は,試験の実施が任意となる項目である。


24

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

表 5−事務分野全体報告 

第 1 部

印刷時間

実効印刷速度(EFTP)

(ipm)

推定最大
印刷速度

事務分野試験用

ファイル

(FSOT)

(秒)

1 部

1 部+30 秒

(部数)

1 部+4 分

(部数)

(ESAT)

(ipm)

R R

片面印刷−PDF R

R

#部

#部

R

O O

片面印刷−ワード R

O

#部

#部

R

O O

片面印刷−エクセル R  O

#部

#部

R

片面印刷平均 R

− R

R O

両面印刷−PDF R

R

#部

#部

R

O O

両面印刷−ワード R

O

#部

#部

R

O O

両面印刷−エクセル R  O

#部

#部

R

デフォルト印刷

 
(カラー装置 で
のカラー印刷,モ
ノクロ装置で の
モノクロ印刷)

両面印刷平均 R

− R

R* R*

片面印刷−PDF R*

R*

#部

#部

R*

O O

片面印刷−ワード R*

O

#部

#部

R*

O O

片面印刷−エクセル R*  O

#部

#部

R*

片面印刷平均 R*

− R*

R* O

両面印刷−PDF R*

R*

#部

#部

R*

O O

両面印刷−ワード R*

O

#部

#部

R*

O O

両面印刷−エクセル R*  O

#部

#部

R*

モノクロ印刷

 
(カラー装置 で
の任意試験)

両面印刷平均 R*

− R*

1)

  印刷装置及びドライバ設定を記載する。

2)

  カラー装置においてモノクロ出力用に用いた印刷装置設定を記載する。

3)

  詳細報告の入手先又は問合せ先情報を記載する。

“R”項目は,印刷装置に該当する機能が備わっているときには,報告することが必須となる項目である。 
“R*”は,任意項目である“カラー装置でのモノクロ設定印刷”を行う場合に,報告が必要となる項目である。 
“O”項目は,試験の実施が任意となる項目である。

表 6−広告分野要約報告 

広告分野試験

第 1 部印刷時間(FSOT)

(秒)

推定最大印刷速度(ESAT)

(ipm)

片面印刷 R*

R*

デフォルト印刷

(カラー装置でのカラー印刷,モノ
クロ装置でのモノクロ印刷)

両面印刷 O

O

片面印刷 O

O

モノクロ印刷

(カラー装置での任意試験)

両面印刷 O

O

1)

  印刷装置及びドライバ設定を記載する。

2)

  カラー装置においてモノクロ出力用に用いた印刷装置設定を記載する。

3)

  詳細報告の入手先又は問合せ先情報を記載する。

“R”項目は,印刷装置に該当する機能が備わっているときには,報告することが必須となる項目である。 
“R*”は,任意項目である“カラー装置でのモノクロ設定印刷”を行う場合に,報告が必要となる項目である。 
“O”項目は,試験の実施が任意となる項目である。


25

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

表 7−広告分野全体報告 

第 1 部

印刷時間

(FSOT)

実効印刷速度(EFTP)

(ipm)

推定最大
印刷速度

(ESAT)

広告分野試験用ファイル

(秒)

1 部

1 部+30 秒

(部数)

1 部+4 分

(部数)

(ipm)

R* O

片面印刷−PDF R*

R*

#部

#部

R*

O O

片面印刷−PowerPoint R*

O

#部

#部

R*

O O

片面印刷−QuarkXPress R* O

#部

#部

R*

O O

片面印刷−InDesign R*

O

#部

#部

R*

片面印刷平均 R*

− R*

O O

両面印刷−PDF O

O

#部

#部

O

O O

両面印刷−PowerPoint O

O

#部

#部

O

O O

両面印刷−QuarkXPress O O

#部

#部

O

O O

両面印刷−InDesign O

O

#部

#部

O

デフォルト印刷

 
(カラー装置で

のカラー印刷,
モノクロ装置で
の モ ノ ク ロ 印

刷)

両面印刷平均 O

− O

R* O

片面印刷−PDF R*

R*

#部

#部

R*

O O

片面印刷−PowerPoint R*

O

#部

#部

R*

O O

片面印刷−QuarkXPress R* O

#部

#部

R*

O O

片面印刷−InDesign R*

O

#部

#部

R*

片面印刷平均 R*

− R*

O O

両面印刷−PDF O

O

#部

#部

O

O O

両面印刷−PowerPoint O

O

#部

#部

O

O O

両面印刷−QuarkXPress O O

#部

#部

O

O O

両面印刷−InDesign O

O

#部

#部

O

モノクロ印刷

 
(カラー装置で
の任意試験)

両面印刷平均 O

− O

1)

  印刷装置及びドライバ設定を記載する。

2)

  カラー装置においてモノクロ出力用に用いた印刷装置設定を記載する。

3)

  詳細報告の入手先又は問合せ先情報を記載する。

“R”項目は,印刷装置に該当する機能が備わっているときには,報告することが必須となる項目である。 
“R*”は,任意項目である“カラー装置でのモノクロ設定印刷”を行う場合に,報告が必要となる項目である。

“O”項目は,試験の実施が任意となる項目である。


26

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

6.2 

付加機能性能試験 

要約報告において最低限必要な結果として,

表 に示すように,基本印刷モード試験結果に対する付加

機能性能試験結果の比率を示す値(付加機能性能率)を含める。付加機能性能率の計算に用いる基本印刷

データである基本機能第 1 部印刷時間(FSOT

基本

)及び基本機能推定最大印刷速度(ESAT

基本

)は,A4 サ

イズ及び/又はレターサイズの用紙を使用した両面印刷ではなく,標準設定の片面印刷試験結果の値を使

用する。印刷モードの印刷設定(標準設定,標準設定からの変更点及び任意試験の設定)が分かるように

する。カラー印刷装置においては,モノクロ印刷モードのデータを得るのに用いた印刷設定を記載する。

全体報告においては,個々の試験用ファイルでの比率とともに,第 1 部印刷時間(FSOT)及び推定最大

印刷速度(ESAT)の数値も

表 に示すように報告する。試験プラットフォームについては,附属書 

示すように報告する。

全ての結果の表示には,

詳細報告の入手先又は報告を得るための問合せ先情報を含むことが必須である。

要約報告及び全体報告の表の一例を次に示す。要約報告及び全体報告の記載例を

附属書 に含む(表 C.5

表 C.7 参照)。印刷装置の典型的な一例を附属書 に示す(表 D.1∼表 D.3 参照)。

表 8−付加機能性能試験要約報告 

(一例としてステープル機能の試験結果を示す。付加機能はこれに限らない。) 

付加機能性能率

ステープル機能

印刷モード

(事務用付加機能性能試験

PDF 形式の試験用ファイル)

部印刷時間

機能第

部印刷時間

基本第

1

1

機能

基本

FSOT

FSOT

基本推定最大印刷速度

機能推定最大印刷速度

基本

機能

ESAT

ESAT

デフォルト印刷

(カラー装置でのカラー印刷,

モノクロ装置でのモノクロ印刷)

片面印刷

R* R*

1)

  印刷装置及びドライバ設定を記載する。

2)

  カラー装置においてモノクロ出力用に用いた印刷装置設定を記載する。

3)

  詳細報告の入手先又は問合せ先情報を記載する。

“R*”は,任意項目である付加機能試験を行う場合に,報告が必要となる項目である。 
“O”項目は,試験の実施が任意となる項目である。


27

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

表 9−付加機能性能試験全体報告 

(一例として,事務用付加機能性能試験 PDF 形式の試験用ファイルを用いた 

ステープル機能の試験結果を示す。機能設定はこれに限らない。) 

機能性能

基本機能印刷

ステープル機能

印刷モード

事務用

付加機能性能試験

PDF 形式の試験用ファイル

(8 ページ)

基本

第 1 部

印刷時間

FSOT

基本

基本

推定最大

印刷速度

ESAT

基本

機能

第 1 部

印刷時間

FSOT

機能

機能

推定最大

印刷速度

ESAT

機能

第 1 部

印刷時間

機能

基本

FSOT

FSOT

推定最大 
印刷速度

基本

機能

ESAT

ESAT

デフォルト印刷

(カラー装置での

カラー印刷,

モノクロ装置での

モノクロ印刷)

片面 
印刷

R* R* R* R*  R*

R*

1)

  印刷装置及びドライバ設定を記載する。

2)

  カラー装置においてモノクロ出力用に用いた印刷装置設定を記載する。

3)

  試験開始及び試験終了の日時を記載する。

“R*”は,任意項目である付加機能試験を行う場合に,報告が必要となる項目である。 
“O”項目は,試験の実施が任意となる項目である。


28

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

附属書 A

(規定)

印刷生産性測定に影響を及ぼす可能性のある

試験プラットフォームのシステム要素

適用範囲 

附属書 の目的は,次の二つである。第 1 の目的は,試験プラットフォームが印刷生産性の測定結果全

般に影響することを示すことである。第 2 の目的は,測定結果の再現性を高めるため,分かりやすく,後々

記録として残すことができるような試験プラットフォームのシステム要素の一覧を規定することである。

試験プラットフォームシステム要素一覧 

A.1

  ハードウェア 

a)

試験プラットフォームのハードウェアは,測定対象の印刷装置に直接接続された専用のコンピュ

ータ(コンピュータ本体,表示装置,キーボード及びマウス)だけで構成する。

b)

次の属性を記録する。

b.1)

  コンピュータ 

  ・製造業者

  ・型番

b.2)

  プロセッサ 

  ・製造業者

  ・名称

  ・プロセッサファミリ

  ・型番

b.3)

  システムチップセット 

  ・製造業者

  ・型番

b.4)

  マザーボード 

  ・製造業者

  ・型番

  ・BIOS 及び版数

b.5)

  システムメモリ 

  ・製造業者

  ・形式

  ・合計メモリ容量

  ・速度

  ・型番

b.6)

  ハードディスクドライブ及びハードディスクコントローラ 

  ・製造業者

  ・型番


29

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

  ・ディスク容量

  ・ドライブ数

  ・回転数

ハードディスクコントローラがアダプタカードの場合は,その製造業者及び型番を記録す

る。

b.7)

  ビデオコントローラ 

  ・製造業者

  ・型番

  ・メモリ容量(システムメモリと共有であるか又は独立であるかを区別する。

b.8)

  光学式ドライブ 

  ・製造業者

  ・型番

  ・インタフェース

b.9)

  キーボード及びマウスインタフェース 

A.2

  ソフトウェア 

a)

試験プラットフォームのソフトウェアはオペレーティングシステム,試験用ファイル一式の印刷

に必要なアプリケーションソフトウェア及び試験対象の装置用のプリンタドライバに限定する。

b)

次の属性を記録する。

b.1)

  オペレーティングシステム 

  ・製造業者

  ・名称及び版数

  ・サービスパック又はパッチレベル

b.2)

  印刷のための各アプリケーションソフトウェアそれぞれについて 

  ・製造業者

  ・名称及び版数

  ・サービスパック又はパッチレベル

b.3)

  プリンタドライバ 

  ・製造業者

  ・名称及び版数

  ・サービスパック又はパッチレベル

b.4)

  試験用ファイルの格納場所 

  (例えば,ハードディスクドライブ又は光学式ドライブ)

A.3

  試験プラットフォームと印刷装置の接続 

a)

試験プラットフォームは,試験対象の印刷装置と(例えば,USB 又はネットワークによって)直

接接続する。他の印刷装置は試験プラットフォームに接続しない。また,試験対象の印刷装置と

同じ接続経路で他の装置を接続しない。

b)

次の属性を記録する。

b.1)

  インタフェース種類 


30

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

b.2)

  接続がシステムボード上のインタフェースか,又はアダプタカードによるインタフェースか

を識別する 

  (アダプタカードであれば製造業者及び型番を記録する。

b.3)

  USB の場合 

  ・USB 規格(例  1.1 又は 2.0)

  ・同じ USB チャネルに接続された他の装置

b.4)

  ネットワークの場合 

  ・速度と構成

  ・MTU 設定

  ・ハブ(製造業者,型番及び設定)

  ・TCP/IP パラメタ(接続プロトコル及び TCP ウインドウサイズ)

A.4

  試験プラットフォームシステム要素の記録例 

a) USB

接続 

コンピュータ:自作システム(型番無し)

プロセッサ:インテル  Pentium 4 540

システムチップセット:インテル 945P Express

システムボード:インテル D945PSN,インテル BIOS SN94510J.86A

システムメモリ:  1 GB 533 MHz DDR2 Kingston  型番 KVR533D2N4/1G

ハードディスクドライブ及びハードディスクコントローラ:

シーゲート Barracuda 7200.9,250 MB,

     7200

RPM,キャッシュ 8MB,SATA/300

(システムボードコントローラ)

ビデオコントローラ:Connect 3D Radeon X300,256 MB,PCI Express

(独立したコントローラ及び独立したメモリ)

光学式ドライブ:パイオニア  16x DVDRW DVR-R1A5PK

キーボード及びマウス  インタフェース:PS/2

USB

:システムボード USB コントローラ,USB 2.0

他には USB に接続された装置はない。

b) 

ネットワーク接続 

コンピュータ:自作システム(型番無し)

プロセッサ:インテル  Pentium 4 540

システムチップセット:インテル 945P Express

システムボード:インテル D945PSN,インテル BIOS SN94510J.86A

システムメモリ:1 GB 533 MHz DDR2 Kingston  型番 KVR533D2N4/1G

ハードディスクドライブ及びハードディスクコントローラ:

シーゲート Barracuda 7200.9,250 MB,

     7200

RPM,キャッシュ 8MB, SATA/300

(システムボードコントローラ)

ビデオコントローラ:Connect 3D Radeon X300,256 MB,PCI Express


31

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

(独立したコントローラ及び独立したメモリ)

光学式ドライブ:パイオニア  16x DVDRW DVR-R1A5PK

キーボード及びマウス  インタフェース:PS/2

ネットワークインタフェース:システムボードネットワークコントローラ,100BaseTX,

   MTU=1

500

ネットワーク構成:3Com SuperStack 3 Switch 4226T,全 2 重,TCP Port 9100,

ウインドウサイズ=128

c) 

ソフトウェア 

オペレーティングシステム:Microsoft Windows XP SP2

(全ての性能に関する設定は標準設定である。

印刷のためのアプリケーションソフトウェア:

Microsoft Office Word 2003 SP2

Microsoft Office Excel 2003 SP2

Microsoft Office PowerPoint 2003 SP2

Adobe Reader 7.0.1

プリンタドライバ:PCL XT-6200 v8.3.1

試験用ファイルの格納場所:ハードディスクドライブ


32

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

附属書 B

(規定)

試験用ファイル一式

B.1

  事務分野の試験用ファイル一式 

アプリケーションソフトウェアは,Adobe Reader と同様に Microsoft Office 及びワード・エクセ

ルの互換品を含む。

ファイルは,文字,画像及びグラフを含み,事務環境で一般的なアプリケーションソフトウェ

アを反映する。このファイルは,アプリケーションソフトウェアのクリップアート,埋め込ま

れた図,取り込まれた画像,大きな又は多色の階調ファイル,及びグラフ又は画像に重なった

文字を含めてよい。

ファイルは,透明な要素又は高解像度の画像又は写真を含んではならない。

●  事務分野の試験用ファイルの各々は,4 枚の A4 サイズ及び/又はレターサイズのページをもつ。

各々の A4 サイズ及び/又はレターサイズの(印刷できる情報をもった)画像寸法は,A4 サイ

ズ及び/又はレターサイズの用紙上に(画像欠けのない)近似寸法の画像を印刷する目的で,

254 mm×184.4 mm(10 インチ×7.26 インチ)以下とする。印刷装置の設定時に,余白設定が

大きすぎて印刷する画像の欠けがないように注意が必要である。

試験用ファイル一式は A4 サイズ用紙に適したもの及びレターサイズ用紙に適したものの 2 種

類がある。

事務分野の試験用ファイル一式は,次の三つのファイルである。

・  4 ページ構成のワードファイル(カラー及びモノクロ印刷)

・  4 ページ構成のエクセルファイル(カラー及びモノクロ印刷)

,600 dpi に設定されたグラフ

を含む。

・  4 ページ構成の PDF 形式ファイル(カラー及びモノクロ印刷)


33

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

PDF 形式 
ファイル

ワード 
ファイル

エクセル 
ファイル

図 B.1−事務分野の試験用ファイル一式 


34

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

B.2

  広告分野の試験用ファイル一式 

アプリケーションソフトウェアは,Microsoft PowerPoint 及び互換品,Adobe Reader(PDF)

,事

務環境で印刷文書を作成するのに用いる Adobe InDesign 及び QuarkXPress のような文書デザイ

ンのアプリケーションソフトウェアを含む。全体として,広告分野の試験用ファイル一式は,

事務分野の試験用ファイル一式よりも複雑で印刷領域が広く,画像が多い。それは事務所での

印刷で使用する,高負荷のアプリケーションソフトウェアを反映している。

ファイルは,文字,画像及びグラフが混在している。

ファイルは,アプリケーションソフトウェアのクリップアート,埋め込まれた図,取り込まれ

た画像,大きな又は多色の階調ファイル,グラフ又は画像に重なった文字,及び,透明な要素

又は高解像度の画像又は写真を含む。

グラフ内容の制限はない。高解像度の写真を含む画像要素はページの(余白を除いた)全領域

の寸法にできる。

広告分野の試験用ファイルは,4 枚の A4 サイズ及び/又はレターサイズのページをもつ。A4

サイズ及び/又はレターサイズの各ページの(印刷できる情報をもった)画像寸法は,A4 サイ

ズ及び/又はレターサイズの用紙上に(画像欠けがなく)近似寸法の画像を印刷する目的で,

254 mm×184.4 mm(10 インチ×7.26 インチ)以下とする。印刷装置の設定時に,余白設定が

大きくなりすぎて印刷する画像の欠けがないように注意が必要である。

試験用ファイル一式は,A4 サイズ用紙に適したもの及びレターサイズ用紙に適したものの 2

種類がある。

広告分野の試験用ファイル一式は,次の四つのファイルである。

・  4 ページ構成の PowerPoint ファイル(カラー)

・  4 ページ構成の QuarkXPress ファイル(カラー)

・  4 ページ構成の InDesign ファイル(カラー)

・  4 ページ構成の PDF 形式ファイル(カラー)


35

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

広告分野 
PowerPoint 
ファイル

広告分野 
QuarkXPress
ファイル

広告分野 
InDesign 
ファイル

広告分野 
PDF 形式 
ファイル

図 B.2−広告分野の試験用ファイル一式 


36

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

B.3

  付加機能性能の PDF 形式試験用ファイル 

この試験用ファイルは,様々なアプリケーションソフトウェア(ワード,エクセル,PowerPoint,

InDesign 及び QuarkXPress)によって作成したものを,共通の PDF 形式のファイルに変換して

印刷ファイルに結合したものである。

全体として,その内容は事務分野及び広告分野の試験用ファイルの混合に似ている。しかし,

一つの PDF 形式ファイルとして使用し,異なる付加機能性能が印刷装置の生産性に及ぼす効果

の相対的な比較を可能としている(A3 サイズ及び/又はレジャーサイズの用紙,質量又は種類

の異なった用紙,両面印刷,2 アップ印刷,4 アップ印刷,ステープル,穴あけ,中とじ,折り

畳み,裁断,積載,小冊子作成,様々な入力用紙搬送装置,異なる RIP 及びドライバ構成,並

びにそれら付加機能性能の組合せ)

付加機能性能の二つの試験用ファイルは,各々8 枚の A4 サイズ及び/又はレターサイズのペー

ジをもつ。各々の A4 サイズ及び/又はレターサイズの(印刷できる情報をもった)画像寸法

は,A4 サイズ及び/又はレターサイズの用紙上に(画像欠けがなく)近似寸法の画像を印刷す

る目的で,254 mm×184.4 mm(10 インチ×7.26 インチ)以下となっている。印刷装置の設定

時に,余白設定が大きくなりすぎて印刷する画像の欠けがないよう注意が必要である。

試験用ファイルは A4 サイズ用紙に適したもの及びレターサイズ用紙に適したものの 2 種類が

ある。

付加機能性能の試験用ファイルは,次の二つのファイルである。

・  8 ページ構成の事務用の付加機能性能試験の PDF 形式ファイルは,事務分野試験の 4 ペー

ジ構成の PDF 形式ファイルを 2 回繰り返して単一のファイルに作ったものである。

・  8 ページ構成の複雑な付加機能性能試験用の PDF 形式ファイルは,広告分野試験の PDF 形

式ファイルから 4 ページ,広告分野試験の PowerPoint ファイルから 2 ページ,InDesign フ

ァイルから 1 ページ,

及び QuarkXPress ファイルから 1 ページを結合したファイルである。


37

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

事務用付加
機能性能試

験 PDF 形式

ファイル

複雑な付加
機能性能試

験 PDF 形式

ファイル

図 B.3−付加機能性能の PDF 形式試験用ファイル 


38

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

附属書 C 
(参考)

報告の表示

C.1

  要約報告 

表 C.1−要約報告例 

カラー装置での事務分野試験

第 1 部印刷時間

(FSOT)

(秒)

推定最大印刷速度

(ESAT)

(ipm)

片面印刷 15.3

22.8

カラー印刷

両面印刷 30.1

15.2

片面印刷 12.7

29.4

モノクロ印刷

両面印刷 25.2

21.5

注記 1  全ての試験とも,印刷装置及びプリンタドライバの設定はデフォルトの設定のままとした。
注記 2  ただし,モノクロ印刷試験実施時は,プリンタドライバの設定を“モノクロ印刷”とした。
注記 3  詳細報告は,URL:XXXX.XXXX に掲載した。

表 C.2−要約報告例 

モノクロ装置での事務分野試験

第 1 部印刷時間

(FSOT)

(秒)

推定最大印刷速度

(ESAT)

(ipm)

片面印刷 10.4

32.5

モノクロ印刷

両面印刷 16.1

29.6

注記 1  全ての試験とも,印刷装置及びプリンタドライバの設定はデフォルトの設定のままとした。
注記 2  ただし,モノクロ印刷試験実施時は,プリンタドライバの設定を“モノクロ印刷”とした。
注記 3  詳細報告は,URL:XXXX.XXXX に掲載した。

表 C.3−要約報告例 

カラー装置での事務分野試験

第 1 部印刷時間

(FSOT)

(秒)

推定最大印刷速度

(ESAT)

(ipm)

片面印刷

60.5

18.9

カラー印刷

両面印刷 126.2

12.6

片面印刷

35.3

26.1

モノクロ印刷

両面印刷

74.8

18.8

注記 1  全ての試験とも,印刷装置及びプリンタドライバの設定はデフォルトの設定のままとした。
注記 2  ただし,モノクロ印刷試験実施時は,プリンタドライバの設定を“モノクロ印刷”とした。
注記 3  詳細報告は,URL:XXXX.XXXX に掲載した。

製造業者は装置包装及び装置の性能表に要約報告の一部を選択して宣伝することができる。また,

“ipm”だけでなく“ppm”を用いることも認められる。


39

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

C.2

  事務分野での全体報告 

表 C.4−事務分野の全体報告の例 

実効印刷速度(EFTP)

(ipm)

事務分野試験用

ファイル

第 1 部

印刷時間

(FSOT)

(秒)

1 部

1 部+30 秒

(部)

1 部+4 分

(部)

推定最大印

刷速度

(ESAT)

(ipm)

18.2 20.4

片面−PDF 形式 18.6 12.9

(3 部)

(23 部)

22.8

20.7

無し

片面−ワード 12.7

無し

(3 部)

無し

21.8

20.6

無し

片面−エクセル 14.7

無し

(3 部)

無し

23.8

片面印刷平均 15.3

無し 19.8  無し 22.8

 5.2

無し

両面−PDF 形式 31.1 7.7

(3 部)

無し

14.1

両面−ワード 29.7

無し

無し

無し 18.5

両面−エクセル 29.6

無し

無し

無し 13.1

デフォルト印刷

 
( カ ラ ー 装 置 の 場 合 は

カラー印刷,モノクロ装
置 の 場 合 は モ ノ ク ロ 印
刷)

両面印刷平均 30.1

無し

無し

無し 15.2

22.7 24.3

片面−PDF 形式 14.5 16.6

(3 部)

(23 部)

27.8

25.5

無し

片面−ワード 12.7

無し

(3 部)

無し

30.9

26.5

無し

片面−エクセル 10.8

無し

(3 部)

無し

29.4

片面印刷平均 12.7

無し 24.9  無し 29.4

 4.0

無し

両面−PDF 形式 23.8 無し

(3 部)

無し

20.4

両面−ワード 26.1

無し

無し

無し 24.6

両面−エクセル 25.6

無し

無し

無し 19.4

モノクロ印刷

 
( カ ラ ー 装 置 で の 任 意

試験)

両面印刷平均 25.2

無し

無し

無し 21.5

注記 1  全ての印刷装置及びプリンタドライバの設定はデフォルトの設定のままとした。 
注記 2  モノクロ印刷試験実施時は,プリンタドライバの設定を“モノクロ印刷”とした。

C.3

  付加機能性能試験報告 

基本印刷(FSOT 及び ESAT)は,A4 サイズ及び/又はレターサイズの用紙を使用した片面印刷での印

刷試験の値を使用する。この例では,全 8 ページの事務用付加機能性能試験用ファイルを使用した(使用

する付加機能試験用ファイルを,要約報告と全体報告の両方において明記する。

試験を行った付加機能性能試験は,次のとおりである。

a)

レターサイズの用紙に 4 アップの両面印刷を行った(したがって,印刷に使用した全 8 ページのファ

イルセットの 1 部が 4 アップの両面印刷によってレターサイズの用紙の 1 シートとして出力されてい

る。

b)

レジャーサイズの用紙に 2 アップの両面印刷を行い,ステープル止めを行った(したがって,出力さ

れたのは 2 アップの両面印刷が行われたレジャーサイズの用紙 2 シートで,これらがステープル止め

されている。


40

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

注記  ここで報告される ipm は,レターサイズの寸法である原稿画像を基準にした単位である。

表 C.5−要約報告例 

(基本印刷には,事務用付加機能性能試験用ファイルを使用する。) 

付加機能性能率

付加機能

第 1 部印刷時間

機能

基本

FSOT

FSOT

推定最大印刷速度

基本

機能

ESAT

ESAT

4 アップで,レターサイズの用紙
に両面印刷

67 %

249 %

2 アップで,レジャーサイズの用
紙に両面印刷し,ステープル止め

72 %

85 %

注記 1  付加機能を選択した以外の全ての印刷装置及びプリンタドライバの設定は,デフォルトの設定

のままとした。

注記 2  詳細報告は,URL:XXXX.XXXX に掲載した。

表 C.6−全体報告例 

(基本印刷には,事務用付加機能性能試験用ファイルを使用する。) 

基本印刷試験結果

第 1 部印刷時間

(FSOT

1

(秒)

推定最大印刷速度

(ESAT

1

部+

30

(ipm)

32.38

レターサイズの用紙に片面印刷

1 回目

50.72

4 部

32.02

レターサイズの用紙に片面印刷

2 回目

51.42

4 部

32.2 

レターサイズの用紙に片面印刷 

平均値

51.07 

4 部

注記 1  付加機能を選択した以外の全ての印刷装置及びプリンタドライバの設定は,デフォルトの設定のままとし

た。

注記 2  事務用付加機能試験用ファイル(8 ページ)でテストを実施した。


41

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

表 C.7−機能性能試験結果例 

(事務用付加機能性能試験用ファイルを使用する。) 

付加機能性能試験結果

第 1 部

印刷時間

(FSOT

1

(秒)

推定最大印刷

速度

(ESAT

1

部+

30

(ipm)

第 1 部

印刷時間

機能

基本

FSOT

FSOT

推定最大

印刷速度

基本

機能

ESAT

ESAT

26.99

レターサイズの用紙に両面印刷,

1 回目

60.35

3  部

26.53

レターサイズの用紙に両面印刷,

2 回目

59.67

3  部

26.76 

85.1 % 

83.1 % 

レターサイズの用紙に両面印刷,

平均値 

60.01 

3 部

80.17

4 アップで,レターサイズの用紙

に両面印刷,1 回目

75.42

7 部

80.35

4 アップで,レターサイズの用紙

に両面印刷,2 回目

76.46

7 部

80.26 67.25 

% 249 

4

アップで,レターサイズの用紙

に両面印刷,平均値 

75.94 

7 部

27.45

2 アップで,レジャーサイズの用

紙に両面印刷して,ステープル止

め,1 回目

69.71

3 部

27.38

2 アップで,レジャーサイズの用

紙に両面印刷して,ステープル止

め,2 回目

70.33

3 部

27.41 

72.93 % 

85.12 % 

2

アップで,レジャーサイズの用

紙に両面印刷して,ステープル止

め,平均値 

70.02 

3 部

注記 1  付加機能を選択した以外の全ての印刷装置及びプリンタドライバの設定は,デフォルトの設定のままとし

た。

注記 2  事務用付加機能試験用ファイル(8 ページ)でテストを実施した。


42

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

附属書 D 
(参考)

印刷装置情報及び試験設定の記録例

この附属書は,印刷装置情報及び試験設定の記録及び報告について例示する。これらの記録は全体報告

に含める。

表 D.1−印刷装置情報の記録例 

試験開始日時 2007 年 7 月 20 日  午前 11:00

試験者

××××××

装置名称・型番 XT-6200

カラー・モノクロ

カラー印刷装置

構成(付加装置)

両面印刷機構,大容量フィーダ

コントローラ

××××××

気温・相対湿度

23 °C,45 %

電圧 123 V

試験終了日時 2007 年 7 月 20 日  午後 5:30

表 D.2−試験設定の記録例 

項目

設定値

PDL 及びプリンタドライ
バのバージョン

デフォルト

印刷品質設定

デフォルト

モノクロ設定

有効(どこで,何を−例  プリンタドライバで

“モノクロ”を選択)

部数設定

プリンタドライバによる

印刷モード 
設定

丁合機能

有効(どこで,何を)

用紙送り方向

デフォルト

用紙

紙質

デフォルト

給紙

標準給紙カセット

排紙

標準排紙トレイ

排紙方式

デフォルト(表面排出又は裏面排出)

用紙走行経路

両面印刷設定

デフォルト(短辺とじ又は長辺とじ)

表 D.3−用紙仕様情報の記録例 

製造業者

Office Paper Co.

坪量 60

g/m

2

サイズ A4 及び A3

用紙

品名 A44FG48A


43

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

附属書 E

(参考)

詳細報告の例

この附属書は,事務分野試験の詳細報告の一例を表すもので,要約報告,全体報告及び試験設定情報を

含む。

表 E.1−印刷装置の情報記録の例 

試験開始日時 2007 年 7 月 20 日  午前 11:00

試験者

××××××

装置名称・型番 XT-6200

カラー・モノクロ

カラー印刷装置

構成(付加装置)

両面印刷機構,大容量フィーダ

コントローラ

××××××

気温・相対湿度 23

°C,45 %

電圧 123V

試験終了日時 2007 年 7 月 20 日  午後 5:30

表 E.2−試験設定の記録の例 

項目

設定値

PDL 及びプリンタドライ
バのバージョン

デフォルト

印刷品質設定

デフォルト

モノクロ設定

有効(どこで,何を−例  プリンタドライバで

“モノクロ”を選択)

部数設定

プリンタドライバによる

印刷モード 
設定

丁合機能

有効(どこで,何を)

用紙送り方向

デフォルト

用紙

紙質

デフォルト

給紙

標準給紙カセット

排紙

標準排紙トレイ

排紙方式

デフォルト(表面排出又は裏面排出)

用紙走行経路

両面印刷設定

デフォルト(短辺とじ又は長辺とじ)

表 E.3−用紙の特定情報記録の例 

製造業者

Office Paper Co.

坪量 60

g/m

2

サイズ A4 及び A3

用紙

品名 A44FG48A


44

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

   

表 E.4−試験のシステムパラメタ 

項目

設定内容

コンピュータ

自作システム(型番無し)

プロセッサ

インテル Pentium 4540

システムチップセット

インテル 945P Express

システムボード

インテル D945PSN, 
インテル BIOS SN94510J.86A

システムメモリ

1GB 533MHz DDR2 
キングストン p/n KVR533D2N4/1G

ハ ー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ 及 び 
ハードディスクコントローラ

シーゲート Barracuda 7200.9,250GB,7200 RPM,
8MB  キャッシュ,SATA/300 
システムボードコントローラ

ビデオコントローラ

Connect 3D Radeon X300,256MB,PCI Express

光学ドライブ

パイオニア  16X DVD-RW DVR-R1A5PK

I/O PS/2

キーボード,マウス

試験システム

USB

システムボード USB コントローラ,USB 2.0

印刷装置の接続 USB

USB2.0,USB に接続された装置はほかにはない。

オペレーティングシステム

Microsoft Windows XP SP2

印刷用アプリケーションソフト
ウェア

Microsoft Office Word 2003 SP2 
Microsoft Office Excel 2003 SP2 
Adobe Reader 7.0.1

プリンタドライバ

PCL XT-6200 v8.3.1

ソフトウェア

試験用ファイル及び格納場所

事務分野試験用ファイル及びハードディスクドライ

表 E.5−要約報告 

事務分野試験  XT-6200

第 1 部印刷時間

(FSOT)

(秒)

推定最大印刷速度

(ESAT)

(ipm)

片面印刷 15.3

22.8

カラー印刷

両面印刷 30.1

15.2

片面印刷 12.7

29.4

モノクロ印刷

両面印刷 25.2

21.5

注記 1  全ての試験とも,印刷装置及びプリンタドライバの設定は,デフォルトの設

定のままとした。

注記 2  ただし,モノクロ印刷試験実施時は,プリンタドライバの設定を“モノクロ

印刷”とした。

注記 3  詳細報告は,URL:XXXX.XXXX に掲載した。


45

X 6940

:2011 (ISO/IEC 24734:2009)

表 E.6−全体報告 

実効印刷速度(EFTP)

(ipm)

事務分野試験用

ファイル

第 1 部

印刷時間

(FSOT)

(秒)

1 部

1 部+30 秒

(部)

1 部+4 分

(部)

推定最大 
印刷速度

(ESAT)

(ipm)

18.2 20.4

片面−PDF 形式 18.6 12.9

(3 部)

(23 部)

22.8

20.7

無し

片面−ワード 12.7

無し

(3 部)

無し

21.8

20.6

無し

片面−エクセル 14.7 無し

(3 部)

無し

23.8

片面印刷平均 15.3

無し 19.8  無し 22.8

 5.2

無し

両面−PDF 形式 31.1

7.7

(3 部)

無し

14.1

両面−ワード 29.7

無し

無し

無し 18.5

両面−エクセル 29.6 無し

無し

無し 13.1

デフォルト印刷

 
(カラー装置 の場合は
カラー印刷,モノクロ装

置の場合はモ ノクロ印
刷)

両面印刷平均 30.1

無し

無し

無し 15.2

22.7 24.3

片面−PDF 形式 14.5 16.6

(3 部)

(23 部)

27.8

25.5

無し

片面−ワード 12.7

無し

(3 部)

無し

30.9

26.5

無し

片面−エクセル 10.8 無し

(3 部)

無し

29.4

片面印刷平均 12.7

無し 24.9  無し 29.4

 4.0

無し

両面−PDF 形式 23.8 無し

(3 部)

無し

20.4

両面−ワード 26.1

無し

無し

無し 24.6

両面−エクセル 25.6 無し

無し

無し 19.4

モノクロ印刷

 
(カラー装置 での任意
試験)

両面印刷平均 25.2

無し

無し

無し 21.5

注記 1  全ての印刷装置及びプリンタドライバの設定は,デフォルトの設定のままとした。 
注記 2  モノクロ印刷試験実施時は,プリンタドライバの設定を“モノクロ印刷”とした。

参考文献  [1]  JIS B 9527  事務機器−ページプリンタの仕様書様式 

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO/IEC 11160-2, Information technology− Office equipment −

Minimum information to be included in specification sheets−Printers−Part 2: Class 3

and Class 4 printers(MOD)

[2] ISO/IEC 10561,Information technology−Office equipment−Printing devices−Method for

measuring throughput−Class 1 and Class 2 printers

[3] ISO/IEC 11160-1,Information technology−Office equipment−Minimum information to be

included in specification sheets−Printers−Part 1: Class 1 and Class 2 printers

[4] ISO/IEC 21117 , Information technology − Office equipment − Copying machines and

Multi-function devices−Information to be included in specification sheets and related test methods