>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 X

6311

-1996

プリペイドカード−買物用カード−

物理的特性及び形状・寸法

Prepaid cards

−Shopping use−Physical characteristics and dimensions

1.

適用範囲  この規格は,JIS X 6310 に規定するカードのうち,主に買物用カード(以下,カードとい

う。

)の物理的特性並びに形状及び寸法について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS C 2318

  電気用ポリエステルフィルム

JIS K 5400

  塗料一般試験方法

JIS P 8115

  紙及び板紙の MIT 形試験機による耐折強さ試験方法

JIS P 8125

  板紙のテーバーこわさ試験機によるこわさ試験方法

JIS X 6310

  プリペイドカード−一般通則

JIS Z 8703

  試験場所の標準状態

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS X 6310 による。

3.

物理的特性  カードの物理的特性は,6.によって試験を行い,次の規定に適合しなければならない。

(1)

引張強さ  カードの引張強さは,127.4N/mm

2

以上であること。

(2)

衝撃強さ  カードに割れ,ひびなどが生じないこと。

(3)

耐折強さ  カードの耐折強さは,200 回以上であること。

(4)

こわさ  カードのこわさは,1.76mN・m 以上であること。

(5)

表面強度  カードの表及び裏の表面強度は,鉛筆の濃度記号 H 以上であること。

(6)

反り  カードの反りは,長辺方向で 1.8mm 以下,短辺方向で 1.3mm 以下であること。

(7)

はく離  カードの層間にはく離を生じないこと。

(8)

耐熱性  カードの表及び裏に変化がないこと。

(9)

耐寒性  カードの表及び裏に変化がないこと。

(10)

加熱伸縮性  カードの伸縮率は,3%以下であること。

(11)

耐薬品浸せき性  カードの層間にはく離を生じないこと。

また,浸せき・水洗い・乾燥によって磁気特性に変化がないこと。

(12)

粘着性  カード相互間に粘着がないこと。

(13)

耐湿性  カードの表及び裏に変化がないこと。

(14)

光透過濃度  カードの光透過濃度は,カード全域で 2.0 以上のこと。

(15)

毒性  カードは通常の取扱いに当たって毒性が生じないこと。


2

X 6311-1996

(16)

耐久性  カードの耐久性は,受渡当事者間の協定によって取り決めるものとする。

4.

形状・寸法

4.1

外形寸法  カードは縦,横の中心線をそろえた次の大小二つの長方形に囲まれた領域に,そのすべ

ての縁部(四つの角部は,除く。

)が入るように仕上げられていなければならない。ただし,長辺と短辺と

が交差する四つの角については 4.3 の規定による(

図 参照)。

また,カードの挿入方向などを示すために設ける切欠きについては,JIS X 6310 の規定による。

大きい長方形の寸法:長辺 85.80mm

短辺 54.03mm

小さい長方形の寸法:長辺 85.40mm

短辺 53.83mm

図 1  カードの大きさ

4.2

カードの厚さ  カードの厚さは最大 0.29mm,最小 0.18mm の範囲になければならない。

4.3

カードの四つの角の仕上げ  長辺と短辺とが交差するカードの四つの角の部分の丸みの大きさは,

最大 3.30mm,最小 2.70mm の範囲になければならない(

図 参照)。

4.4

カード縁部の仕上げ  カードの縁部のばりは,カードの表及び裏から 0.03mm 以下でなければなら

ない。

5.

材料  カードの材料及びカードに施されるインキなどの加工材料は,磁気情報の読取り装置・書込み

装置に支障を起こすものであってはならない。

6.

試験方法

6.1

試験場所の状態  試験場所は,特に指定がない限り,JIS Z 8703 に規定する常温常湿(温度 20±15℃,

湿度 65±20%)の状態とする。

6.2

試験片  試験片は,カードに切断する前のシート状の試料から規定寸法のものを採る。ただし,特

に指定がない場合には,製品カード自体とする。


3

X 6311-1996

6.3

物理的特性の試験方法

6.3.1

引張強さ  引張強さ試験は,JIS C 2318 の 6.3.3(引張強さ及び伸び率)による。

6.3.2

衝撃強さ  衝撃強さ試験は,カードを堅固な水平板上に置き,500g の鋼球を 30cm の高さからカー

ドの中央に落とし,カードの割れ,ひびなどの有無を調べる。

6.3.3

耐折強さ  耐折強さ試験は,JIS P 8115 による。

6.3.4

こわさ  こわさ試験は,JIS P 8125 を準用する。

6.3.5

表面強度  表面強度試験は,JIS K 5400 の 8.4(鉛筆引っかき値)を準用する。

6.3.6

反り  反り試験は,カードを水平板上に置き,水平板からカード上面までの距離を測定する。

6.3.7

はく離  はく離試験は,カードを 80℃の温水の中に 5 分間浸せきしたとき,カードの層間のはく

離の有無を調べる。

6.3.8

耐熱性  耐熱性試験は,感熱式のカードの場合は 55℃の温水に,感熱式以外のカードの場合は 70℃

の温水に,5 分間浸せきしたとき,カードの表及び裏の変化を調べる。

6.3.9

耐寒性  耐寒性試験は,カードを−10℃の状態に 24 時間置いた後,常温に戻してカードの表及び

裏の変化を調べる。

6.3.10

加熱伸縮性  加熱伸縮性試験は,JIS C 2318 の 6.3.5(加熱収縮率)による。

6.3.11

耐薬品浸せき性  耐薬品浸せき性試験は,カードを 5∼35℃で次の溶液にそれぞれ 24 時間浸せき

したとき,カードの層間のはく離の有無を調べる。

また,浸せき・水洗い・乾燥の前後の磁気特性を調べる。

(a) 5%

食塩水

(b) 5%

炭酸ナトリウム水溶液

(c) 5%

酢酸水

(d) 60%

エチルアルコール水溶液

(e) 10%

砂糖水

(f) 50%

エチレングリコール水溶液

6.3.12

粘着性  粘着性試験は,2 枚のカードを重ね,温度 40℃,湿度 90%の雰囲気中で,4.9kPa の圧力を

加えて 48 時間保持した後,一方のカードを持ち上げ,自重で他方のカードが落ちるかどうかを調べる。

6.3.13

耐湿性  耐湿性試験は,カードを温度 40℃,相対湿度 90%の雰囲気中に 48 時間保存した後,カー

ドの表及び裏の変化を調べる。

6.3.14

光透過濃度  光透過濃度試験は,光透過濃度計によってカードの光透過濃度を測定する。ただし,

測定に際してはラッテン No.106 フィルターを通して行う。

6.3.15

毒性  毒性試験は,通常の取扱いにおいて,人体に有害な影響を及ぼさないかどうかを調べる。

6.3.16

耐久性  耐久性試験は,カードの製造者とカードの発行者との協定による。

関連規格  JIS X 6301  磁気ストライプ付きクレジットカード

ISO 7810-1985

  Identification cards−Physical characteristics


4

X 6311-1996

プリペイドカード標準化委員会  構成表

(敬称略・順不同)

氏名

所属

(委員長)

木  澤      誠

神奈川工科大学

(小委員会長)

磯  部  憲  寛

日本電装株式会社

(委員)

浅  野  恭  右

財団法人流通システム開発センター

国  分  明  男

財団法人ニューメディア開発協会

河  野  秀  樹

通商産業省機械情報産業局

半  田      力

通商産業省産業政策局

山  村  修  蔵

工業技術院標準部

木  塚  泰  弘

国立特殊教育総合研究所

菊  地  慎  二

日本百貨店協会

笠  原  政  栄

日本チェーンストア協会

落  合  成  行

社団法人日本フランチャイズチェーン協会

牧  島  宏  和

全国商店街振興組合連合会

広  瀬  篁  治

日本自動販売協会(富士ベンディング株式会社)

小  林  弘  幸

社団法人日本民営鉄道協会

黒  沢  健  郎

社団法人日本鉄道技術協会

林      康  郎

全国石油商業組合連合会

神  田  康  孝

石油連盟(日本石油株式会社)

永  井  武  志 E&C(株式会社プラナ)

村  上  満  雄

日本電信電話株式会社

野々宮  恵  司

オムロン株式会社

村  松  克  彦

株式会社東芝

新  井  正  彬

日本自動販売機工業会(富士電機冷機株式会社)

林      義  昭

社団法人日本印刷産業連合会(大日本印刷株式会社)

財  津      博

日立マクセル株式会社

鈴  木  秀  文

日本カードセンター株式会社

砂  川  俊  英

株式会社ジェーシービーカード

渡  辺  俊  明

株式会社ユーカード

遠  藤  千  尋

富士通株式会社

村  上  公  夫

日本電信電話株式会社

村  越  英  二

株式会社高島屋本社

西  村  眞  次

日本電信電話株式会社

入  田  哲  郎

大日本印刷株式会社

木  坂  高  教

昌栄印刷株式会社

北  島  常  吉

凸版印刷株式会社

小  林  茂  美

アンリツ株式会社

水  野      守

株式会社三協精機製作所

鎌  下  良  一

アンリツ株式会社

堀  江  悦  郎

株式会社東芝

上  田  秀  敏

三菱電機株式会社

尾  島  克  彦

オムロン株式会社

西  本      宏

株式会社トーキン

古  川  久  夫

財団法人流通システムス開発センター

大  福  敏  彦

工業技術院標準部

(事務局)

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

備考  ◎印は本委員会と小委員会との委員兼務,○印は小委員会を表す。