>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第

14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人光産業技

術振興協会

(OITDA)/財団法人  日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO/IEC 10149:1995,Data interchange on

read-only 120 mm optical data disks (CD-ROM)を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,

このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登

録願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS X 6281 には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)

RSPC による誤り訂正符号化

附属書 B(規定)スクランブラ

附属書 C(規定)

CIRC による誤り訂正符号化

附属書 D(規定)

8 ビットから 14 チャネルビットへの変換

附属書 E(規定)併合ビット

附属書 F(参考)保存試験


X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

2) 

目  次

ページ

序文  

1

1.  適用範囲  

1

2.  適合性  

1

3.  引用規格  

1

4.  定義  

2

5.  環境  

2

6.  不燃焼性  

4

7.  材質  

4

8.  機械的特性,物理的特性及び寸法特性  

4

9.  入射面の機械的偏位  

9

10.  反射層の偏位  

9

11.  物理トラック幾何  

9

12.  光再生システム  

10

13.  記録の一般事項  

13

14.  ディジタルデータトラックのセクタ  

13

15.  スクランブル化  

15

16.  F

1

フレーム  

16

17.  CIRC 符号化 - F

2

フレーム 

16

18.  制御バイト - F

3

フレーム及びセクション  

16

19.  ディスクへの F

3

フレームの記録  

16

20.  情報領域のトラック構造  

17

21.  情報領域の番地付けシステム  

18

22.  ディジタルデータトラックの制御バイトの規定  

19

附属書 A(規定)RSPC による誤り訂正符号化  

24

附属書 B(規定)スクランブラ  

28

附属書 C(規定)CIRC による誤り訂正符号化  

29

附属書 D(規定)ビットから 14 チャネルビットへの変換  

34

附属書 E(規定)併合ビット  

36

附属書 F(参考)保存試験  

37

 
 


     

日本工業規格(案)

JIS

 X

6281

2005

(ISO/IEC 10149

1995

)

120 mm 再生専用形光ディスク(CD-ROM)

Data interchange on read-only 120 mm optical data disks (CD-ROM)

序文  この規格は,

1995 年に第 2 版として発行された ISO/IEC 10149:1995,Information technology — Data

interchange on read-only 120 mm optical data disks (CD-ROM)を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更

することなく作成した日本工業規格である。

1. 

適用範囲  この規格は,情報処理システム間の情報交換用及び情報記憶用の,

CD-ROM と呼ばれる 120

mm 光ディスクの特性について規定する。

この規格が規定する光ディスクは,利用者への配布前に情報を記録しておき,ディスクからの再生だけ

を許す種類とする。この規格は,次の規定を行う。

a)

定義,並びにディスク特性を試験しなければならない環境及びディスクを使用し保存しなければなら

ない環境

b)  ディスクの機械的特性,物理的特性及び寸法特性

c)

記録特性,トラックのフォーマット,誤り検出及び誤り訂正の特性,並びに情報の符号化

d)  情報を再生するための光学的特性

これらの特性は,ディジタルデータを記録するトラックについて規定する。この規格に従って,ディス

クは,ディジタル音声データを記録する一つ以上のトラックを含んでもよい。それらのトラックは,JIS S 

8605 に従って記録しなければならない。

備考

  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している),MOD(修

正している)

NEQ(同等でない)とする。

ISO/IEC 10149:1995,Information technology — Data interchange on read-only 120 mm optical data

disks (CD-ROM) (IDT)

2. 

適合性  光ディスクは,この規格のすべての必す

(須)要件を満たすとき,この規格に適合する。

3. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで発効年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成

するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。

JIS S 8605-1993  コンパクトディスクディジタルオーディオシステム

JIS X 0606:1998  情報交換用 CD-ROM のボリューム構造及びファイル構造


2

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

4. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

4.1 

オーディオトラック (audio track)  ディジタル符号化した音声情報を含む情報トラック。

4.2 

同心度 (concentricity)  二つの円形のものの中心が存在しなければならない円形公差区域の直径。

4.3 

制御バイト (control byte)  F

2

フレームに加える,番地情報を含む

98 バイトの表の中の 8 ビットバ

イト。

4.4 

ディジタルデータトラック (digital data track)  セクタの中に構成され,ディジタル利用者データを

含む情報トラック。

4.5 F

1

フレーム (F

1

 frame)  スクランブラの出力であって,CIRC 符号化器の入力となる 24 個の 8 ビッ

トバイトのグループ。

4.6 F

2

フレーム (F

2

 frame)  CIRC 符号化器の出力となる 32 個の 8 ビットバイトのグループ。

4.7 F

3

フレーム (F

3

 frame)  制御バイトをもつ F

2

フレームであって,

EFM 符号化器の入力となる 33 個

8 ビットバイトのグループ。

4.8 

情報領域 (information track)  リードイン領域,利用者データ領域及びリードアウト領域からなる,

物理トラックをもつディスクの領域。

4.9 

情報トラック (information track)  利用者情報の集まりを含むディスクの領域。

4.10  物理トラック (physical track)  光学ヘッドが追従する,ディスク上の連続したら(螺)旋状の線の 360

度分の経路。

4.11  半径方向加速度 (radial acceleration)  指定の回転速度でのディスクの回転軸に向う物理トラックの

半径方向の加速度。

4.12  半径方向振れ (radial runout)  1 回転にわたって測定される,物理トラックの回転軸への最大変位と

最小変位との差。

4.13  セクション (section)  制御バイトの一つの完全な表を含む 98 個の F

3

フレームのグループ。

4.14  セクタ (sector)  情報領域におけるディジタルデータトラックの番地付け可能な最小部分。その領域

の他の番地付け可能部分とは独立にアクセスできる。

4.15  利用者データ領域 (user data area)  利用者データを含む情報領域の部分。

5. 

環境

5.1 

試験環境

5.1.1 

光学ヘッド  試験測定に用いる光学ヘッドは,次の特性をもたなければならない。

項目

特性

波長

λ

780±10 nm

偏光

円偏光

開口数

0.45±0.01

対物レンズのひとみ

(瞳)の縁での強度 最大強度値の 50%以上

情報層近くのビームの波面収差の実効値は,

0.07λ より小さくなければならない。波面収差へのディスク

の寄与は,

0.05λ より小さくなければならない。

5.1.2 

クランプ  ディスクは,適用可能であれば,最小

29 mm の内径をもち最大 31 mm の外形をもつ二

つの同心円の間で,

1~2 N の範囲の力で保持しなければならない。


3

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

5.1.3 

標準試験環境  特記しない限り,この規格の要件を検査するためにディスクに対して行う試験及び

測定は,次の条件下で行わなければならない。

項目

条件

備考

温度

25±10  ℃

結露がないこと。

相対湿度

45~75 %

気圧

96±10 kPa

試験前放置時間 最小

24 時間

5.1.4 

特定試験環境  特定試験環境と特記してある場合,試験及び測定は,次の条件下で行わなければな

らない。

項目

条件

備考

温度

23±2  ℃

結露がないこと。

相対湿度

45~55 %

気圧

96±10 kPa

試験前放置時間 最小

24 時間

5.2 

動作環境  データ交換用に用いるディスクは,ドライブに装着し電圧を供給してディスクの外側の

表面で測定する,次の条件下で動作しなければならない。

保存条件下にあったディスクは,動作前には少なくとも

2 時間,動作環境になじませなければならない。

項目

条件

備考

温度

-25~+70  ℃

結露がないこと。

相対湿度

10~95 %

絶対湿度

0.5~60.0 g・m

-3

最大許容衝撃温度

50  ℃

最大許容衝撃相対湿度

30 %

5.3 

保存環境  保存環境は,ディスクが保存される際の周囲条件であり,次のとおリとする。附属書 F

を参照されたい。

項目

条件

備考

温度

-20~+50  ℃ 結露がないこと。

相対湿度

5~90 %

最大湿球温度

29  ℃

気圧

75~105 kPa

6. 

不燃焼性  ディスクは,マッチの炎で着火させても,静止した二酸化炭素雰囲気中で燃焼し続けない

材質で構成しなければならない。


4

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

7. 

材質  この規格は,ディスクの材質を情報領域

(8.6 を参照)だけを対象として規定する。ディスクの残

りの部分は,この規格の必す

(須)の要件を満たしている限り,どんな材質で構成してもよい。

ディスクの重さは,

14~33g の範囲内でなければならない。

8. 

機械的特性,物理的特性及び寸法特性  寸法特性は,ディスクの交換と互換性のある使用にとって必

(須)と考えられるこれらのパラメタに関して指定する。設計の自由があるところでは,示される要素の

機能特性だけを規定する。図は,要約した形式で寸法特性を示す。さまざまなディスク部分は,中心孔か

ら 外 縁 ま で を 示 す 。 す べ て の 直 径 は , 中 心 孔 の 中 心 を 基 準 と す る 。

他の寸法は,二つの基準面

P 及び Q を基準とする。

図 は,ディスク部分の断面を示す。図 は,中心孔の端を拡大して示す。図 は,惰報領域のディス

クの断面を拡大して示す。図 は,周縁部の断面を拡大して示す。

  1  ディスクの断面概要

h

3

d

1

d

2

d

3

d

4

d

6

d

7

d

8

d

9

d

5

d

11

d

10

h

5

h

4

h

6

h

9

h

11

h

10

h

8

h

12

h

14

h

7

h

13

d

1

h

1

h

2

h

3

h

4


5

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

  2  中心孔の詳細断面 

  3  惰報領域の拡大断面

  4  ディスク周縁部の詳細断面

8.1 

基準面  基準面

P は,主基準面であって,クランプ領域(8.4 参照)の底面の位置にある面とする。

基準面

Q は,クランプ領域の上面の位置にある,基準面 P と平行な面とする。

8.2 

中心孔  中心孔は,円柱形状をもたなければならない

(図 及び図 を参照)。その直径は,次のとお

りとする。

d

1

 = 15.0

1

.

0

0

.

0

+

 mm

直径 d

1

は,特定試験環境で測定しなければならない。

中心孔の底縁は,第

1 領域(8.3 を参照)の底面の上に,

h

1

 = 0.1 mm(最大)

の高さまで,次の角度で面取りを施してよい。

α = 45°

その代わりに,この縁を

0.1 mm 未満の半径で丸くしてもよい。

中心孔の上縁には,バリがあってもよく,それは,第

1 領域の上面の上に,

h

2

 = 0.2 mm(最大)

まで伸びてもよい。

8.3 

第 領域  第 1 領域は,図 での,直径 d

1

から直径 d

2

に及ぶ範囲とする。ここで d

2

は,次とおりと

する。

d

2

 = 20

6

0

+

 mm

h

 12

d

11

d

10

h

12

h

13

h

14

h

15

h

16


6

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

1 領域全体において,ディスクの上面は,基準面 Q から次に示す h

3

まで低くてよく,

h

3

 = 0.2 mm(最大)

ディスクの底面は,基準面

P から次に示す h

4

まで高くてよい。

h

4

 = 0.2 mm(最大)

さらに,

20 mm  <  d

2

  < 26 mm

で定義される第

1 領域の部分においては,ディスクの上面は,基準面 Q から次に示す h

5

まで低くてよく,

h

5

 = 0.4 mm(最大)

ディスクの底面は,基準面

P から次に示す h

6

まで高くてよい。

h

6

 = 0.4 mm(最大)

8.4 

クランプ領域  クランプ領域は,図 での,直径 d

2

の最大値から直径 d

3

に及ぶ範囲とする。ここで

d

2

の最大値及び d

3

は,次とおりとする。

d

2

 (最大) = 26 mm

d

3

 = 33 mm(最小)

クランプ領域の底面は,平面度が

0.1 mm 以内であって,基準面 P になければならい。

クランプ領域の上面は,基準面

P との平行度が 0.2 mm 以内でなければならず,それが基準面 Q を定義

する。

基準面

P からの上面の高さ h

7

は,次のとおりでなければならない。

h

7

 = 1.2

3

.

0

1

.

0

+

 mm

8.5 

第 領域  第 2 領域は,図 での,直径 d

3

から直径 d

4

に及ぶ範囲とする。ここで d

4

は,次のとおり

とする。

d

4

 = 44 mm(最大)

この領域において,ディスク底面は,基準面

P から h

8

まで高くてよく,基準面

P から h

9

まで低くてよ

い。ここで h

8

及び h

9

は,次のとおりとする。

h

8

 = 0.4 mm(最大)

h

9

 = 0.4 mm(最大)

この領域において,ディスク上面は,基準面

Q から h

10

まで高くてよく,基準面

Q から h

11

まで低くて

よい。ここで h

10

及び h

11

は,次のとおりとする。

h

10

 = 0.4 mm(最大)

h

11

 = 0.4 mm(最大)

8.6 

情報領域  情報領域は,図 及び図 に示すとおり,直径 d

4

から直径 d

5

に及ぶ範囲とする。ここで

d

5

は,次のとおりとする。

d

5

 = 118 mm(最大)

情報領域は,次の区域で構成される。

a)

内周バッファ区域  直径 d

4

から直径 d

6

に及ぶ範囲。ここで,

d

4

 + 1 mm  ≦  d

6

  ≦ 46 mm(最大)

この直径は,特定試験環境で測定されなければならない。

b)  リードイン区域  直径 d

6

から直径 d

7

に及ぶ範囲。ここで,

d

7

 = 50.0

0

.

0

4

.

0

+

 mm

この直径は,特定試験環境で測定されなければならない。


7

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

c)

利用者データ区域  直径 d

7

から直径 d

8

に及ぶ範囲。ここで,

d

8

 = 116 mm(最大)

この直径は,特定試験環境で測定されなければならない。

d)  リードアウト区域  直径 d

8

から直径 d

9

に及ぶ範囲。ここで,

d

9

 = (d

8

 + 1 mm)(最小)

e)

外周バッファ区域  直径 d

9

から直径 d

5

に及ぶ範囲。ここで,

d

9

 + 1 mm  ≦  d

5

  ≦ 118 mm

直径 d

4

から直径 d

5

の間,ディスクは,次のものから構成される

(図 参照)。

  透明基板

  反射層

  保護層

  オプションのラベル

ラベルは,直径 d

4

d

5

の区域を越えてよい。

基準面

P からラベルまでの高さ h

12

は,次のとおりでなければならない。

h

12

 = 1.2

3

.

0

1

.

0

+

 mm

透明基板の厚さ は,次のとおりでなければならない。

e = 1.2±0.1 mm

透明基板の底面は,基準面

P 上になければならない。

透明基板の屈折率は,

1.55±0.1 でなければならない。

透明基板の複屈折は,リターデーション

(平行光,円偏光,垂直入射及びダブルパス)で表し,最大 100 nm

でなければならない。

透明基板及び反射層の反射率は,垂直入射の平行光によって,情報領域の未記録部分で測定するとき,

最小

70 %でなければならない。

100 Hz 以下の周波数でのこの反射率の相対変化は,ディスクが走査速度で回転しているとき,3 %より

小さくなければならない。

これらのパラメタは,5.1.1 に規定する波長で測定しなければならない。

8.7 

周縁領域  周縁領域は,図 及び図 に示すとおり,直径 d

5

から d

10

に及ぶ範囲とする。ここで d

10

は,次のとおりとする。

d

10

 = 120.0±0.3 mm

この直径 d

10

は,特定試験環境で測定しなければならない。

中心孔に内接する最大円に対する同心度は,

0.2 mm 以内でなければならない。

直径 d

5

から直径 d

11

に及ぶ区域では,d

11

は,次の条件をどちらも満足しなければならない。

d

11

  ≧  d

5

117.7 mm  ≦  d

11

  ≦ 118.3 mm

ディスクの底面は,基準面

P 上になければならず,基準面 P からのディスク上面の高さは,h

12

に等しく

なければならない。

直径 d

11

から d

10

に及ぶ区域では,ディスクの底面は,基準面

P から h

13

まで低くてよく,ディスクの上

面は,h

12

より h

14

まで高くてよい。

h

13

 = 0.1 mm(最大)

h

14

 = 0.1 mm(最大)


8

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

h

13

及び h

14

は,次の条件を満足しなければならない。

h

12

 + h

13

 + h

14

  ≦ 1.5 mm

この区域では,ディスクの厚さは,図 に示すとおり,次を満たすまで減少してもよい。

h

16

 - h

15

 = 0.6 mm(最小)

8.8 

一般的注意  8.28.7 において規定した h

i

で示したすべての高さは,互いに独立している。これは,

例えば,第

1 領域の上面が基準面 Q から h

3

まで低くてもよく,この領域の底面が,基準面

P から h

4

まで

高くなくてもよいことを意味する。さらに,クランプ領域と情報領域との許容範囲を含む上面の高さ

(すな

わち,h

7

及び h

12

)が同じ数値をもつが,実際の値は,同一でなくてもよい。

9. 

入射面の機械的偏位  次の要件は,静止状態のディスクと,5.1.2 に従ってクランプされ,走査速度で

回転しているディスクとの両方に適用する。

情報領域の底面

(すなわち,再生光の入射面)は,直径 d

6

d

11

の間で,基準面

P から±0.4 mm よりも大き

く逸脱してはならない。

1 回転にわたる実効値は,0.3 mm を超えてはならない。

この入射面の法線が基準面

P の法線となす角度は,直径 2 mm の領域での平均で,0°36′を超えてはなら

ない。光ビームが基準面

P の法線に沿ってディスクヘ入射するとき,基準面 P の法線から半径方向への反

射ビームの角度の偏りは,

±1°36′を超えてはならない。この数値は,情報層と入射面の平行度の許容範囲

を含む。

10.  反射層の偏位  5.1.2 に従ってクランプされ,走査速度で回転しているディスクでは,反射層の偏位は,

光学ヘッドから見ると,基準面

P(8.6 参照)に関するその公称位置からの軸の偏差となる。したがってそれ

は,厚さ,屈折率及び入射面の偏位の許容範囲からなる。この偏位は,直径 d

4

及び d

5

の間で測定されなけ

ればならない。

a)

500 Hz 以下の周波数  反射層の公称位置のどちらの側への偏位も,0.5 mm を超えてはならない。実

効値は,

0.4 mm を超えてはならない。反射層の加速度は,基準面 P の法線方向に沿って 10 m/s

2

を超

えてはならない。

b)  500 Hz 以上の周波数  公称位置のどちらの側への偏位も,1 μm を超えてはならない。

11.  物理トラック幾何

11.1  物理トラックの形状  直径 d

6

及び d

9

の間に物理トラックがなければならず,

それぞれのトラックは,

連続したら

(螺)旋状の線の 360 度を形成する。

各物理トラックは,光学ヘッドによって検出できるくぼみの連続で構成されなければならない。くぼみ

を,ピットと呼び

,  そうでないところを平坦反射層とする。符号化した情報は,ピット長の変化及びピッ

ト間隔の変化によって表現する。ピットの深さは,12.2 の要件を満すものでなければならない。

11.2  回転方向  ディスクが光学ヘッドから見て反時計方向に回転するとき,物理トラックは,外側へ向

ってら

(螺)旋とならなくてはならない。

11.3  トラックピッチ  ら(螺)旋は,1.6±0.1 μm のピッチをもたなければならない。

11.4  走査速度  記録中の走査速度は,1.20~1.40 m/s でなければならず,4.3218 Mbit/s のチャネルビット

レートをもつ

(19.参照)。記録時のディスクの速度変動は,±0.01 m/s でなければならない。


9

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

11.5  トラックの半径方向振れ  走査速度で回転しているディスクについて,次の要件を満たさなければ

ならない。

a)  500 Hz 以下の周披数  物理トラックの半径方向振れ,すなわち物理トラックと中心孔の中心との距離

の変化は,

140 μm peak-to-peak を超えてはならない。

加遠度は,

0.4 m/s

2

を超えてはならない。

b)  500 Hz 以上の周波数  半径方向トラッキング信号の雑音は,周波数帯域 500 Hz~10 kHz の半径方向

サーボの閉ループ状態で測定される

(サーボの開ループ伝達関数の 0 dB ポイントを 200 Hz とし,進み

回路網のクロスオーバポイントを

65 Hz 及び 650 Hz とする。図 参照)。

残留誤り信号の雑音の実効値は,積分時間を

20 ms としたとき,(半径方向振れ換算の)トラッキング誤

りで

0.03  μm より小さくなければならない。

さらに,強い単一周波数雑音の影響を避けるために,

100 Hz の帯域幅をもつフィルタを 500 Hz~10 kHz

の範囲で走査して測定した場合,この実効値は,

0.01 μm よりも小さくなければならない。

  5  半径方向トラッキング測定用の開ループ伝達関数の図表現

12.  光再生システム  12.112.6 の要件を試験するために,反射層の情報は,5.1.1 に従った光学ヘッドか

らの光ビームが透明基板を通してこの層に焦点を結んで再生されなければならない。再生時には,走査光

スポットは,反射する情報層のピットによって回折される。光学システムの対物レンズに回折して入る光

パワーは,符号化されたディジタル情報に従って変調される。変調された光電流を,高周波

(HF)信号と呼

ぶ。

12.1 HF 信号  図 に示す HF 信号は,AC 結合の前で測定する。最高基本周波数及び最低基本周波数を,

720 kHz 及び 196 kHz とする。最高基本周波数及び最低基本周波数の検出器電流の peak-to-peak 値を,それ

ぞれ I

3

及び I

11

で示す。最低基本周波数で与えられる

HF 信号の最大値を,I

top

で示す。

HF 信号に含まれる情報は,HF 信号が判定レベル I

D

と交差する位置の形で抽出される。この判定レベル

I

D

は,I

3

の極値の中点のレベルとする。I

3

及び I

D

の連続する交差の間には,アイパターンの三つの菱形が

ある。


10

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

  6  HF 信号

12.2  変調振幅  I

3

I

11

及び I

top

の関係は,次のとおりでなければならない。

0.3  ≦  I

3

/I

top

  ≦ 0.7

I

11

/I

top

  ≧ 06

12.3  対称性  判定レベル I

D

に関する

HF 信号の対称性は,次のとおりでなければならない。

-20 %  ≦ (1/2 - I

D

/I

11

)×100 %  ≦ +20 %

12.4  クロストーク  クロストークは,ビームを二つのトラックの中間に置いたとき及びビームをトラッ

ク上に置いたときの

HF 信号振幅の比として測定される。この比は,0.5 より小さくなければならない。

12.5 HF 信号の品質

12.5.1  チャネルビットの位置ジッタ  チャネルビット(19.参照)の位置ジッタは,チャネルビットレート

(11.4 参照)の周波数変調を引き起こす。許容最大ジッタは,単一変調周波数に関する時間誤差として表さ

れ,図 に示される。時間誤差は,一定の走査速度(11.4 参照)で測定されなければならない。

I

D

I

D

I

3

I

to

p

I

11

I

3


11

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

  7  チャネルビットの位置ジッタ対変調周波数

12.5.2  フレーム誤りの規定  8 ビットバイトの 1 ビット以上に誤りがあれば,その 8 ビットバイトには誤

りがあるとしなければならない。

フレーム誤りとは,

1 バイト遅延セクション(図 C.2 参照)の後での,C1 復号器の入力における,1 フレ

ーム内の

1 バイト以上の誤りの発生をいう。任意の 10 秒間で平均したフレーム誤りレートは,3×10

-2

より

小さくなくてはならない。

12.5.3  バースト誤りの規定  1 バイト遅延セクションの後で,C1 復号器の入力において,1 フレームに 2

バイト以上の誤りが連続すると,そのフレームは,訂正不能となる。

連続する訂正不能なフレームの数は,

7 より小さくなくてはならない。

12.6  半径方向のトラック追従信号  走査スポットのトラックからの半径方向へのずれは,ディスクの半

径方向に非対称な回折パターンを生じる。対物レンズの開口の二つの半面

(トラックの反対側に位置する。)

に回折して入る光パワーI

1

と I

2

との差分は,遠視野で測定したとき,半径方向のトラック追従用のサーボ

信号 I

s

=I

1

-I

2

を与える。

このサーボ信号 I

s

は,時定数

15  μs の低域フィルタを通る。図 では,トラッキング信号を,スポット

の半径方向位置の関数として与える。走査スポットの半径方向の位置は,スポットがデイスク中心から半

径方向に遠ざかっている場合,I

s

が正の傾きでゼロを横切る際のトラックの中心にある。トラッキング信

号のこの符号は,ピットの幾何形状及び検出器の配置によって決まる。


12

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

  8  半径方向トラッキング信号対ディスク中心からの半径方向スポット位置

12.6.1  振幅  トラックの中心からビームの焦点が半径方向に 0.1  μm オフセットした際に,円偏光を用い

て測定される,正の傾きでゼロを横切るトラッキング信号の傾きは,次の式で与えられる。

0.04  ≦  I

s

/I

top

  ≦ 0.07

I

top

は,12.1 で定義される。

同一ディスクにおいて,トラッキング信号の振幅は,その平均値から

±15 %より大きく変化してはなら

ない。

12.6.2  欠陥  欠陥は,その直径が次の値を超えなければ,許容されなければならない。

a)

空気の泡の直径

: 100 μm

b)  周囲に複屈折が増加した領域をもつ黒点の直径: 200 μm

c)

複屈折を伴わない黒点の直径

: 300 μm

さらに,トラックに沿って隣接する欠陥同士の間隔は,最小

20 mm でなければならない。

黒点は,基板中に入った汚れの粒子であったり,反射層におけるピンホールであったりする。

13.  記録の一般事項

13.1  惰報トラック  情報領域において情報を含む情報トラックを,惰報トラックという。各情報トラッ

クは,物理トラックの一部,一つの物理トラック全体,又は複数の物理トラックによって構成されなけれ

ばならない。

ディジタルデータを含む情報トラックを,ディジタルデータトラックという。これらのトラックは,14.

21.に示す。オーディオ情報を含む情報トラックを,オーディオトラックという。これらのトラックは,

JIS S 8605 に従わなければならない。CD-ROM は,ディジタルデータトラックだけを含むか,ディジタル

データトラック及びオーディオトラックを含むかのどちらかでなければならない。

13.2  ビット符号化  符号化方式が必要とするとき,利用者データフィールドは,各々がビットを含むビ

ット位置の順序付き列と見なされなければならない。

14.  ディジタルデータトラックのセクタ  情報トラックに記録されるディジタルデータは,8 ビットのバ

イトに表現され,セクタにグループ化されなければならない。セクタは,情報領域の番地付け可能な最小

部分であって,独立にアクセスできる。情報トラック上のセクタ数は,可変とする。セクタ数は,情報ト

ラックに記録される情報の量に依存する。

セクタは,

2352 バイトで構成されなくてはならず,図 1012 に示すレイアウト構造とする。セクタの

レイアウトは,セクタモードのバイトの設定に依存する。図 1012 の中で,バイト位置は,“0”から番号


13

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

付けする。位置

0 は,セクタの最初のバイトに対応する。( )の中の数字は,16 進記法で表したバイトの内

容を示す。

セクタ

2352 バイト

同期信号

12 バイト

ヘッダ

2336 (00)

バイト

セクタ番地

モード

3 バイト 1

(00)バイト

                      0                              12                        15                          16                    2351

 10  セクタモード(00)  

セクタ

2352 バイト

同期

信号

12

バイト

ヘッダ

利用者
データ

EDC

中間

 P

パリティ

Q

パリティ

セクタ番地

モード

2048

バイト

4

バイト

8

バイト

172

バイト

104

バイト

3

バイト

1

(01)バイト

  0        12           15          16       2064     2068     2076       2248   2351

 11  セクタモード(01)  

セクタ

2352 バイト

同期信号

12 バイト

ヘッダ

利用者データ

2336 バイト

セクタ番地

モード

3 バイト 1

(02)バイト

                      0                              12                        15                          16                    2351

 12  セクタモード(02)  

14.1  同期信号フィールド  同期信号フィールドは,バイト位置 0~11 に記録される次の 12 バイトで構成

されなければならない。

 1

(00)バイト

 10

(FF)バイト

 1

(00)バイト

14.2  ヘッダフィールド  ヘッダフィールドは,セクタ番地の 3 バイト及びセクタモードの 1 バイトで構

成されなければならない。

a)

セクタ番地の バイト  リードイン領域にディジタルデータトラックがある場合,この領域にあるヘ

ッダのセクタ番地は,リードイン領域の始点からの相対経過時間によって表されるセクタの物理番地

を含まなければならない。

  位置 12 のバイトは,値(A0)を加えた MIN フィールド(22.3.3.3 を参照)の内容に設定されなければな

らない。例えば,

(03)は(A3)になる。

  位置 13 のバイトは,SEC フィールドの内容に設定しなければならない。


14

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

  位置 14 のバイトは,FRAC フィールドの内容に設定されなければならない。

これらの

3 フィールドは,リードイン領域にあるセクションの Q チャネルの部分とする(22.3.3.3 

び 22.3.4.4 を参照)。

利用者データ領域のセクタ番地と,リードアウト領域がディジタルデータトラックを含むときのリ

ードアウト領域のセクタ番地とは,利用者データ領域の始点からの絶対経過時間によって表される

(21.

参照

)セクタの物理番地を含まなければならない。

  位置 12 のバイトは,A-MIN フィールドの内容に設定されなければならない。

  位置 13 のバイトは,A-SEC フィールドの内容に設定されなければならない。

  位置 14 のバイトは,A-FRAC フィールドの内容に設定されなければならない。

これらの

3 フィールドは,セクタの同期信号がスクランブラに入ると同時に EFM 符号化器から出

るセクション

(18.参照)の Q チャネルの部分とする(22.3.3.5 を参照)。  ヘッダ中の時間は,±1 秒の精度

で与えなければならない

(21.参照)。  この許容範囲は,CIRC(附属書 参照)及びその他の記億レジス

タなどによって発生する遅延を考慮している。これらの遅延の大きさは,

30 ms のオーダ,すなわち

ディスク上の

1 セクタの記録長とする。

b)  セクタモードの バイト  バイト位置 15 にあり,このバイトの設定は,次のとおりとする。

1) (00)への設定の場合は,位置 16~2351 のすべてのバイトを,(00)に設定することを意味しなければ

ならない。

2) (01)への設定の場合は,位置 16~2063 のすべてのバイトを利用者データバイトとし,位置 2064~

2351 のバイトを 14.314.6 に従って設定することを意味しなければならない。したがって利用者デ

ータは,

EDC(誤り検出符号),ECC(誤り訂正符号)及び CIRC によって保護される。

3) (02)への設定の場合は,位置 16~2351 のすべてのバイトを,利用者データバイトとすることを意味

しなければならない。利用者データは,

CIRC だけによって保護される。

14.3 EDC フィールド  EDC フィールドは,位置 2064~2067 に記録される 4 バイトによって構成されな

ければならない。

  誤り検出符号は,バイト位置 0~2063 に適用される 32 ビット CRC でなければならない。

データバイトの最下位ビットを最初に用いる。

EDC の符号語は,次の検査多項式によって割り切れなけれ

ばならない。

P(x) = (x

16

 + x

15

 + x

2

 + 1)×(x

16

 + x

2

 + x + 1)

最下位のパリティビット

(x

0

)は,バイト位置 2067 の最上位ビットに記録する。

14.4  中間フィールド  中間フィールドは,位置 2068~2075 に記録される 8(00)バイトによって構成され

なければならない。

14.5 P パリティフィールド  P パリティフィールドは,位置 2076~2247 の 172 バイトによって構成され

なければならず,附属書 に規定するとおりに,バイト位置 12~2075 に計算される。

14.6 Q パリティフィールド  Q パリティフィールドは,位置 2248~2351 の 104 バイトによって構成され

なければならず,附属書 に規定するとおりに,バイト位置 12~2247 に計算される。

15.  スクランブル化  各セクタの位置 12~2351 のバイト(バイト 12~2351)は,附属書 に従ってスクラ

ンブル化しなければならない。スクランブル化したセクタのレイアウト結果は,図 13 のとおりでなければ

ならない。


15

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

12

同期信号バイト

2340

スクランブル化した

8 ビットバイト

                0               12                             2351

 13  スクランブル後のセクタ  

16. F

1

フレーム  スクランブル化した各セクタは,一連の連続フレーム上に配置されなければならない。

各フレームは,

0~23 に番号付けされた,24 個の 8 ビットバイトで構成される。セクタの位置 0 のバイト

は,フレームのバイト位置

4に配置されなければならない。ここで,は,0, 1, 2, 3, 4 又は 5 とする。そ

のセクタの連続するバイトは,そのフレームの連続するバイトに配置される。セクタの位置

2351 のバイト

の直後には,次のセクタの位置

0 のバイトが続く。

次いで,フレームにおいて偶数

-奇数番号付きの各バイト対のバイト順は予約済みとする。すなわち,バ

イト順

0, 1, 2, 3, 4, 5…は,1, 0, 3, 2, 5, 4…に置き換わる。 24 個の置換え済み 8 ビットバイトをもつこれら

のフレームを,

F

1

フレームという。

F

1

フレームにおけるセクタのバイト位置

0 の位置は,4n + 1 とする。

ここで,は,0, 1, 2, 3, 4 又は 5 とする。

17. CIRC 符号化 - F

2

フレーム

F

1

フレームは,附属書 に従って,CIRC(クロスインタリーブリードソ

ロモン

)符号化器に供給されなければならない。 24 バイトの F

1

フレームの各々は,

32 バイトの F

2

フレー

ムの各々に変換される。

F

1

フレームの

24 個の 8 ビットバイトの各々のビットパターンは,変化しないま

まであるが,バイト自体は移動し,

106 個の F

2

フレーム上に再分配される。

  パリティ情報をもつ 8 個の

追加

8 ビットバイトが加わり,各 F

2

フレームが,

32 バイトで構成される。

18.  制御バイト - F

3

フレーム及びセクション  制御バイトと呼ぶ単一バイトは,

32 バイトの各 F

2

フレー

ムに対して先頭バイトとして付加される。これが,

33 バイトの新たな F

3

フレームを生成する。

制御バイトは,22.に規定するとおり,98 バイトの表(単数)から得られなければならない。制御バイト(複

)の中の情報は,主として番地付けのために用いられる。その表(単数)の中のバイト(複数)は,表(単数)

の中のバイト

0 を先頭としバイト 97 を末尾として,CIRC 符号化器から出る 98 個の連続した F

2

フレーム

(複

)に付加される。  この操作が,それぞれ 33 バイトから成る 98 個の F

3

フレームの集まり

(複数)を生成す

る。これらをセクション

(複数)と呼ぶ。これらのセクション(複数)は,セクタ(複数)とは同期していない。

すなわち,あるセクタ

(単数)の先頭バイトが置かれる F

1

フレーム

(単数)の番号と,表の最初の制御バイト

が置かれる

F

3

フレーム

(単数)の番号との関係が指定されることはない。各セクションは,制御バイト(複数)

をもつそれ自体の表

(単数)をもつ。

制御バイト

(複数)の生成方法を 22.に規定する。

19.  ディスクへの F

3

フレームの記録

F

3

フレームをディスク上に記録するために,各

8 ビットバイトは,

14 ビットで表現されなければならない。これを 14 チャネルビットという。各 F

3

フレームは,いわゆるチ

ャネルフレームによって表され,それは,同期ヘッダ,併合ビット及び

33 個の 14 チャネルビットで構成

される。


16

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

19.1 EFM 符号化  各セクションの F

3

フレームのすべての

33 バイトを,8 ビットバイトとする。これら

は,附属書 の表に従って 14 ビットバイトに変換されなければならない。これらの 14 ビットバイトのビ

ットをチャネルビットと呼ぶ。

14 チャネルビットからなるこれらのバイトは,二つの“1”の間に 2~10 個

“0”をもつという特徴をもつ。

各セクションの最初の二つの

F

3

フレームにある最初のバイト,すなわちこれらのフレームの制御バイト

は,この表に従っては変換されず,附属書 の表には含まれない 14 チャネルビットの特定の同期パター

ンを与えられる。この二つのパターンは,次のとおりでなければならない。

a)

第 フレーム,バイト 0(同期信号 という)  00100000000001

b)  第 フレーム,バイト 0(同期信号 という)  00000000010010

左端のチャネルビットが,データストリームにおいて最初に送られる。

19.2  同期ヘッダ  同期ヘッダは,24 チャネルビットの次に示す列でなければならない。

100000000001000000000010

左端のチャネルビットが,データストリームにおいて最初に送られる。

19.3  併合チャネルビット  併合チャネルビットは,附属書 に従って設定される 3 チャネルビットの列

でなければならず,同期ヘッダと

14 チャネルビットの隣接バイトとの間と同様に,14 チャネルビットの

バイトの間に挿入されなければならない。

19.4  チャネルフレーム  各 F

3

フレームは,次の構成をもつチャネルフレームに変換される。

a)

同期ヘッダ

24 チャネルビット

b)  併合ビット  3 チャネルビット

c)

制御バイト

14 チャネルビット

d)  併合ビット  3 チャネルビット

e)

それぞれの後に併合ビットを伴うバイト 132  32×(14 + 3) = 544  チャネルビット

これらのチャネルビットは,物理トラックに沿ってディスク上に記録されなければならない。チャネル

ビット

“1”は,反射層においてピットからランドへの変化又はランドからピットへの変化によって表されな

ければならない。チャネルビット

“0”は,反射層における無変化によって表されなければならない。

20.  情報領域のトラック構造  情報領域は,次の領域に情報トラックを含む。

  リードイン領域

  利用者データ領域

  リードアウト領域

リードイン領域は,リードイントラックという情報トラックだけを含む。リードアウト領域は,リード

アウトトラックという一つだけの情報トラックを含む。

利用者データは,利用者データ領域の情報トラックに記録されなければならない。ディジタルデータを

含むすべての情報トラックは,セクタの中に構造化されなければならない。

情報領域の情報トラックを連結するために,これらのトラックは,次のものを含んでよい。

a)

休止区間  休止区間は,情報トラックの一部分とし,制御情報だけを含んで,利用者データは含まな

い。

b)  プリギャップ  プリギャップは,利用者データを含まず,休止区間として符号化されるディジタルデ

ータトラックの最初の部分とする。プリギャップは,次の二つの期間に分けられる。

1)  第 期間  先行のトラックとして符号化された最小 75 セクション(最小 1 秒)。すなわち,Q チャネ


17

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

(22.3 参照)の制御フィールド(22.3.1 参照),及び先行のディジタルデータトラックの場合のセクタ

モードバイトの設定は,前の情報トラックのそれらと同じとする。

2)  第 期間  最小 150 セクション(最小 2 秒)。ここでは,Q チャネルの制御フィールド,及びセクタ

モードバイトの設定は,利用者データを記録するトラック部分のそれらと同じとする。プリギャッ

プのこの期間においては,データは,セクタの中で構造化される。

c)

ポストギャップ  ポストギャップは,ディジタルデータトラックの最後の部分であって,利用者デー

タを含まず,セクタの中で構造化される。ポストギャップの長さは,最小

150 セクション(最小 2 秒)

とする。

Q チャネルの制御フィールドの設定及びセクタモードバイトの設定は,利用者データを記録

するトラック部分のそれらと同じとする。

20.1  リードイン領域  リードイントラックは,ディジタルデータトラック又はオーディオトラックのど

ちらかとする。ディジタルデータトラックのとき,それはセクタの中に構造化されなければならず,ポス

トギャップで終了しなければならない。オーディオトラックのときは,それは JIS S 8605 に従わなければ

ならない。

20.2  利用者データ領域  利用者データ領域の情報トラックは,ディジタルデータトラックだけとするか,

又はディジタルデータトラック及びオーディオトラックとするかのどちらかでなければならない。

  次の規

則が,利用者データ領域の中のトラックに適用される。

a)

最初の情報トラックが,ディジタルデータトラックのとき,それは,

150 セクション(2 秒)の休止区間

で始まり,プリギャップの第

2 期間として符号化されなければならない。

b)  利用者データ領域における最初のトラックではないディジタルデータトラックは,前のトラックが別

のセクタモードをもつディジタルデータトラックであるか又はオーディオトラックであるとき,プリ

ギャップで始まらなければならない。

c)

ディジタルデータトラックは,後のトラックがオーディオトラックであるとき,ポストギャップで終

らなければならない。この規則は,リードアウトトラックが後に続く,利用者データ領域における最

後のディジタルデータトラックにも適用される。

20.3  リードアウト領域  リードアウトトラックは,ディジタルデータトラック又はオーディオトラック

のどちらかとする。リードアウトトラックがディジタルデータトラックであるときは,それは,プリギャ

ップなしでセクタの中に構成されなければならない。リードアウトトラックがオーディオトラックである

ときは,それは,JIS S 8605 に従わなければならない。

21.  情報領域の番地付けシステム  ディスク上の情報トラックのセクションの番地は,利用者データ領域

の開始からそのセクションまでの経過時間として与えられる。この時間は,各セクションの制御バイトの

中に記録され,絶対時間と呼ばれる。絶対時間は,

1/75 秒の分解能をもつ。この時間は,毎秒 4.3218×10

6

チャネルビットのディスクからのデータの転送速度のために与えられる。これは,厳密に毎秒

75 セクショ

ンになる。

セクタの番地は,絶対時間としてもセクタヘッダに記録される。記録中のセクタのセクションへのマッ

ピングが,18.に残している自由度のために実装依存であるので,セクタの番地は,セクションの番地への

規定された関係をもたない。したがって,セクタの番地は,セクタが

CIRC 符号化器に入る直前に書き込

まれる。

セクタのヘッダにおける絶対時間の公称値は,セクタの同期信号が

CIRC 符号化器に入る瞬間に EFM 符

号化器によって処理されるセクションの制御バイトに記録した絶対時間に等しくなければならない。この


18

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

規定は,

CIRC 符号化器が記録電子回路における唯一の遅延要素であることを前提としている。

セクタのヘッダの番地における公称時間の許容範囲は,

±1 秒でなければならない。この許容範囲は,こ

の規格に実装の自由を残すために,セクションの記録時間

(1/75 秒)及びセクタの記録時間に比較して大き

い。

各セクタは一意の番地をもつ。情報トラックの利用者データをもつ最初のセクタの番地は,ディスクの

目次

(TOC, table of contents)の中に記録される(22.3.4 参照)。したがって TOC は,制御バイト中の±1 秒の精

度をもつ絶対時間によって,ディスク上の情報トラックの開始を指定する。

22.  ディジタルデータトラックの制御バイトの規定  前の規定(18.を参照)のとおり,各セクションの各 F

3

フレームは,その先頭バイトとして,制御バイトを含む。各セクションについて,制御バイトは,次に示

す表を構成する。この表

(図 14 参照)の内容は,1/75 秒ごとに,すなわちセクションが処理されるのと同じ

レートで,更新される。

バイト

番号

b8 b7 b6 b5 b4 b3 b2 b1

P Q

R

S

T

U

V

W



2





.

96 
97

同期信号

0

同期信号

1

 14  制御バイト

各バイトは,

b1~b8 に番号付けされた 8 ビットを構成する。ここでビット b8 を最上位ビットとする。

セクションの制御バイトの表は,それぞれ

96 ビットからなる P チャネル,Q チャネル, …, V チャネル及

W チャネルと呼ばれる 8 個のチャネルを規定する。バイト 0 及びバイト 1 は,前の規定(19.1 を参照)の

とおり,別の扱いとする。

22.1 Rチャネルの設定  これらの 6 チャネル,すなわち各 F

3

フレームの制御バイトのビット

b1~b6

は,使用されず,常に

“0”に設定される。

22.2 P チャネルの設定  連続するセクションのすべての P チャネルは,情報領域の P チャネルを構成す

る。

この

P チャネルは,フラグを,各々が情報トラックの始点を示すように設定するために用いられる。フ

ラグは,

“1”に設定されたビットの列によって指定される。それ以外の場合は,P チャネルのビットは,“0”

に設定される。一つのセクションの

P チャネルのすべてのビットは,同じ値に設定されなければならない。

フラグ

(すなわち,P チャネルにおける“1”の連続した列)の最小長は,2 秒(すなわち,150 セクション)で

なければならない。

P チャネルにおいて“1”をもつ最後の F

3

フレーム

(すなわち,制御バイトのビット b8 が


19

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

“1”に設定されている最後の F

3

フレーム

)は,利用者データを含む最初のセクションでなければならない。

情報トラックが,

2 秒より長い休止区間で始まるとき,フラグは,この休止区間と同じ長さをもたなけ

ればならない。

リードインラックの

P チャネルのビットは,“0”に設定されなければならない。

利用者データ領域内の最後の情報トラックの

P チャネルは,2~3 秒(すなわち,150~225 セクション)

のフラグで終了しなければならない。その終端は,リードアウトトラックの始点を表さなければならない。

リードアウトトラックにおいては,

P チャネルのビットは,2~3 秒の間“0”に設定される。それから,P チ

ャネルのビットは,

2.00±0.04 Hz のレート及び 50±5 %のデューティサイクルで,交互に“1”及び“0”となる。

22.3 Q チャネルの設定  連続するセクションのすべての Q チャネルは,情報領域の Q チャネルを構成す

る。

Q チャネルは,後で規定するとおり,詳細な制御情報を含む。セクションの Q チャネルの最上位ビット

は,

F

3

フレーム

No.2 のそれとし,データストリームにおいて最初に送られる。したがって,Q チャネルの

ビットは,それが記録されるフレームの番号に従って番号付けされる。

セクションの

Q チャネルのレイアウトは,図 15 のとおりでなければならない。

96 ビット

制御

Q モード

Q データ CRC

4

ビット

4

ビット

72

ビット

16

ビット

                                    2                        6                      10                      82                  97

 15  チャネルのレイアウト

22.3.1  制御フィールド  Q チャネルの最初のフィールドである制御フィールドは,位置 2~5 の 4 ビット

で構成されなければならない。それは,情報トラックに記録された利用者データの型を指定し,この利用

者データがコピーされてもいいかどうかを指定する。

a)

(0100)への設定の場合  利用者データはディジタルデータであって,コピーしてはならないことを意

味しなければならない。

b)  (0110)への設定の場合  利用者データはディジタルデータであって,コピーしてもよいことを意味し

なければならない。

左端のビットは最上位ビットであり,位置

2 に記録される。

制御フィールドのビットは,最短

2 秒の休止区間(すなわち,インデクスフィールドが“0”に設定された

とき。22.3.3.2 を参照。)又はリードイン領域だけにおいて変更できる。ただし,二つのセクションの間で

変更できるコピービット,すなわち左から

3 番目のビットを除く。

制御フィールドの他の設定は,オーディオトラックだけに適用される

(JIS S 8605 参照)。

22.3.2 Q モードフィールド  Q チャネルの 2 番目フィールドである Q モードフィールドは,位置 6~9 の

4 ビットで構成されなければならない。それは,Q データフィールドの内容を規定する(22.3.322.3.4 及び

22.3.5 を参照)。

それは,

Q モード 1 すなわち 0001,又は Q モード 2 すなわち 0010 に設定されなければならない。Q モ

ード

3 は,オーディオトラックだけに適用される(JIS S 8605 参照)。  Q モード 1 の情報は,10 セクション


20

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

の各連続において少なくても

9 回繰り返される。Q モード 2 があると,それは,100 セクションの各連続

において少なくても

1 回繰り返される。

22.3.3  利用者データ領域及びリードアウト領域の モード の データフィールド  Q データフィール

ドは,時間情報を含む。位置

10~81 における Q データフィールドの 72 ビットのレイアウトは,利用者デ

ータ領域及びリードアウト領域において次のとおりでなければならない。最上位ビットは,位置

10 に記録

される。

TNO

インデクス

 MIN  SEC  FRAC  ゼロ

A-MIN

A-SEC

A-FRAC

      10                                                                                                                                                        81

 16  利用者データ領域及びリードアウト領域の データフィールド

次に示すフィールドのほとんどは,それぞれが

4 ビットバイトでの 2 進記法で記録された,2 けた(桁)

10 進数で表される数値を含む。  フィールドの内容が数値でなく,特定のビットパターンの場合は,16

進記法で表示される。

Q データフィールドの各フィールドは,8 ビットから成る。

22.3.3.1 TNO フィールド  TNO フィールドは,セクションが属する情報トラックのトラック番号を指定

する。

トラック番号

01~99 は,利用者データ領域の情報トラックの番号でなければならない。連続する情報ト

ラックは,連続して番号付けされなければならない。ディスクの利用者データ領域の最初の情報トラック

は,トラック番号

01 をもたなければならない。

(AA)に設定されるとき,TNO フィールドはリードアウトトラックを指定する。

22.3.3.2  インデクスフィールド  インデクスフィールドは,情報トラックの細分を規定するインデクスを

含む。

a)

インデクス 00  インデクスのこの値は,セクションが休止区間として符号化されることを表す。休止

区間の全長は,

00 に設定されたインデクスをもつ連続したセクションの数に対応する。

b)  インデクス 0199  これらの値は,利用者データを含む情報トラックの部分の細分のインデクスを指

定する。最初の細分は,インデクス

01 をもたなければならない。連続した細分は,連続したインデク

スの値をもたなければならない。

リードアウトトラックのインデクスフィールドは,

01 に設定されなければならない。

22.3.3.3 MINSEC 及び FRAC フィールド  これらの 3 フィールドは,相対時間を指定する。すなわち,

各情報トラックの中での走行時間の分を

MIN フィールドで指定し,秒を SEC フィールドで指定し,1/75

秒の倍数を

FRAC フィールドの 00~74 によって指定する。

休止区間

(すなわち,インデクス = 00)の始点で,相対時間は,休止区間の時間に設定される。休止区間

においてこの相対時間は減少し,最後のセクションで

0 になる。

利用者データ領域の情報トラックの利用者データ部分の最初のセクション

(インデクス = 01),及びリー

ドアウトトラックの最初のセクション

(インデクス = 01)において,相対時間は 0 に設定される。それは,

情報トラックの終端まで増加する。

22.3.3.4  ゼロフィールド  このフィールドのすべての 8 ビットは,“0”に設定されなければならない。


21

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

22.3.3.5 A-MINA-SEC 及び A-FRAC フィールド  これらの 3 フィールドは,絶対時間を指定する。す

なわち,利用者データ領域の開始からこのフィールドが属するセクションまでの経過時間を指定する

(21.

参照

)。それは,分を A-MIN フィールドで記録し,秒を A-SEC フィールドで記録し,1/75 秒の倍数を A-FRAC

フィールドの

00~74 によって記録する。

利用者データ領域の最初の情報トラックの最初のセクション

(8.6 に示す,直径 d

7

の位置

)において,この

絶対時間は

0 に設定される。絶対時間は,リードアウトトラックの終端まで増加する。

絶対時間は,ディスク上の各セクションの位置を規定し,番地付けに用いられる。

22.3.4  リードイン領域の モード のデータフィールド  リードイン領域において,Q チャネルは,デ

ィスクの目次

(TOC)を含む。各 Q データフィールドは,この表の一つの項目を含む。  各項目は,3 個の連

続したセクションの中で

3 回繰り返される。項目は,情報トラックの利用者データの始点の番地を表示す

る。それは,

±1 秒の精度をもつ絶対時間で表される。項目は,トラック番号ポインタ,並びにインデクス

= 01 をもつトラックの最初のセクションの位置 P-MIN,P-SEC 及び P-FRAC から成る。  各項目の制御フ

ィールドは,ポインタが参照する情報トラックの中で使われる制御フィールドと同一とする。

  利用者デー

タ領域のすべての連続する情報トラックが表の中に

3 回リストされた後,(A0),(A1)及び(A2)に設定され

たポインタフィールドをもつ,三つの追加項目が各々

3 回表に加えられる。  リードイントラックでは,こ

の表全体が連続的に繰り返される。リードイントラックの終端では,ポインタのどんな値でも目次を終了

できる。

リードイン領域の

Q データフィールドは,次のレイアウトをもたなければならない。最上位ビットは,

位置

10 に記録される。

TNO

ポインタ

 MIN SEC FRAC ゼロ

P-MIN

P-SEC

P-FRAC

      10                                                                                                                                                        81

 17  リードイン領域の データフィールド

22.3.4.1 TNO のフィールド  TNO のフィールドは,リードイントラックを識別する 00 に設定しなければ

ならない。

22.3.4.2  ポインタ,P-MINP-SEC 及び P-FRAC フィールド  ポインタフィールドは,10 進数の値 01~

99 又は 16 進数の値のどちらかに設定されなければならない。

00~99 に設定した場含,それは,情報トラックのトラック番号を指定する。この場合,P-MIN,P-SEC

及び

P-FRAC フィールドは,この情報トラックのインデクス = 01 をもつ最初のセクションの位置を,絶

対時間で指定する。

(A0)に設定した場合,P-MIN のフィールドは,利用者データ領域の最初の情報トラックのトラック番号

を指定し,

P-SEC 及び P-FRAC フィールドのすべてのビットは,“0”に設定される。

(A1)に設定した場合,P-MIN のフィールドは,利用者データ領域の最後の情報トラックのトラック番号

を指定し,

P-SEC,P-FRAC のフィールドのすべてのビットは,“0”に設定される。

(A2)に設定した場合,P-MIN,P-SEC 及び P-FRAC のフィールドは,リードアウトトラックの始点を指

定し,したがってリードアウトトラックの最初のセクションの番地を指定する。

22.3.4.3  ゼロフィールド  このフィールドのすべての 8 ビットは,“0”に設定されなければならない。


22

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

22.3.4.4 MINSEC 及び FRAC フィールド  これらのフィールド(22.3.3.3 参照)によって指定されるリー

ドイン領域の相対時間は,リードイントラックの始点において任意の値に設定され得る。それは,トラッ

クの終端まで増加する。

22.3.5  情報領域の モード の データフィールド  Q データフィールドは,ディスクのカタログ番号

を含む。

  Q チャネルの位置 10~81 における Q データフィールドの 72 ビットのレイアウトは,次のとお

りでなければならない。

N1  N2  N3  N4  N5  N6  N7  N8  N9  N10  N11  N12  N13

ゼロ

 P-FRAC

      10                                                                                                                                                        81

 18  情報領域の データフィールド

22.3.5.1  カタログフィールド  ディスクのカタログ番号 N1~N13 は,国際品番協会 EAN(International

Article Numbering Association)の品番規格 EAN/UPC に従って,識別番号を形成する 2 進記法で記録される

13 けた(桁)によって表される。カタログ番号は,1 枚のディスク上では変わらない。

カタログ番号が与えられない場合は,

N1~N13 をすべて“0”に設定するか,ディスクから Q モード 2 を

削除するかのどちらかでなければならない。

22.3.5.2  ゼロフィールド  このフィールドのすべての 12 ビットは,“0”に設定されなければならない。

22.3.5.3 A-FRAC フィールド  このフィールドは,先行セクションの Q チャネルの A-FRAC フィールド

に指定される時間の連続として,

1/75 秒の倍数の絶対時間を含む。これらの 8 ビットは,リードイントラ

ックにおいて

“0”に設定されなければならない。

22.3.6 CRC フィールド  このフィールドは,制御,Q モード及び Q データフィールドに関して計算され

16 ビットの巡回冗長検査文字を,位置 82~97 において指定する。このフィールドは,反転パリティビ

ットを含む。

CRC 符号語は,検査多項式によって割り切れなくてはならない。CRC の最上位ビットは,Q

チャネルの位置

82 になければならない。

生成多項式は,次のとおりでなければならない。

G(x) = x

16

 + x

12

 + x

5

 + 1


23

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

附属書 A(規定)RSPC による誤り訂正符号化 

A.1 

一般  セクタの誤り訂正符号化は,リードソロモン積符号

(RSPC)によって実行される。

A.2 

入カ  各セクタのバイト

12~2075(14.参照)は,RSPC 符号化器に入力される。これらの入力バイト

及びパリティフィールドのバイト

2076~2351 は,それぞれが RSPC 専用の 2 個の 8 ビットバイトの 1170

語に順序付けられる。各語

S は,2 個のバイト B から成る。すなわち,最上位バイト(MSB)の位置にある

一つの語,及び最下位バイト

(LSB)にある一つの語から成る。n 番目の語は,次のバイトから成る。

S(n) = MSB[B(2n + 13)] + LSB[B(2n + 12)]

ここで,

n = 0~1169  とする。

RSPC は,バイトへの演算に際して,2 回適用される。1 回は,MSB を構成する符号語に対して適用さ

れ,もう

1 回は,LSB を構成する符号語に対して適用される。RSPC の各適用におけるバイトの番号は,

そのバイトを含む語の番号に等しい。

A.3 

符号化

RSPC は,GF(2

8

)の積符号であり,P パリティバイト及び Q パリティバイトを生成する。GF(2

8

)

のフィールドは,次の原始多項式によって生成される。

P(x) = x

8

 + x

4

 + x

3

 + x

2

 + 1

GF(2

8

)の原始根は次のとおり。

α = (00000010)

ここで,右端のビットを最下位ビットとする。

次の規定は,

MSB と LSB とについて同一とする。各バイト集合は,次の行列の中に配置される。


24

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

43 列は,GF(2

8

)に関する(26, 24)リードソロモン符号語である P ベクトルを示す。Np 番目のベクトルは,

次のバイトを含む。

24 バイトに関して計算された 2 個の P パリティバイトが,ベクトルの最後に付加される。Vp は,次の

式を満す。

Hp×Vp = 0

ここで,パリティチェック行列

Hp は,次のとおりとする。


25

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

行列の

26 項を,GF(2

8

)に関する(45, 43)リードソロモン符号語である Q ベクトルとする。Q ベクトルが

行として書かれるとき,次の行列がバイト集合に対して得られる。

Nq 番目の Q ベクトルは,次のバイトを含む。

(44Mq + 43Nq)は,1118 を法として計算しなければならない。43 ビットにわたって計算された 2 個の Q

パリティバイトが,ベクトルの最後に付加される。

Vq は,次の式を満す。

Hq×Vq = 0

ここで,パリティチェック行列

Hq は,次のとおりとする。


26

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

A.4 

出カ  セクタのバイト

0~2075 は,RSPC の出力において,変更されない。セクタのバイト 2076~

2351 は,A.2 に与えられる規則に従って,語 1032~1169 のパリティバイトで満たされる。語 1032 の LSB

は,バイト

2076 に記録され,語 1169 の MSB は,セクタのバイト 2351 に記録される。


27

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

附属書 B(規定)スクランブラ 

EFM 符号化器に供給される通常のビットパターンは,併合ビットがディジタル合計値を減少できないと

(附属書 を参照),大きなディジタル合計値を生じ得る。スクランブラは,セクタのバイト 12~2351 のビ

ットを規定の方法で変換することによって,この恐れを減らす。スクランブラの入力ストリームの各ビッ

トは,最大長レジスタの最下位ビットに

2 を法として加算する。各バイトの最下位ビットが,入力ストリ

ームの最初にくる。

 15 ビットのレジスタは,並列ブロック同期型であり,多項式  x

15

 + x + 1  に従って,

フィードバックされる。

  セクタの同期信号の後,レジスタは,値 0000 0000 0000 0001 にプリセットされ

る。ここで

1 を,最下位ビットとする。

 B.1  スクランブラ


28

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

附属書 C(規定)CIRC による誤り訂正符号化 

C.1 

一般

F

1

フレームの誤り訂正符号化は,

3 段の遅延セクション並びに 2 個の符号化器 C1(図 C.1 参照)

及び

C2(図 C.2 参照)から成るクロスインタリーブリードソロモン符号(CIRC)の符号化器によって実行され

る。この

CIRC は,JIS S 8605 に規定されるものと同一とする。

C.2 

入カ  符号化器の入力は,各

F

1

フレームの

24 バイトから成る。これらのバイトは,それぞれ A 及

B と示される二つの 8 ビットバイトの 12 語に順序付けられる。F

1

フレーム

No.n のバイト 0 は,W12n,A

と表示され,バイト

23 は,W12n+11,B と表示される(図 C.1 参照)。

C.3 

第 遅延セクション  第 1 遅延セクションのインタリーブ方式(図 C.2 参照)は,語を二つのグループ

に分割し,一つのグループが,

F

1

フレーム時間の

2 倍遅延する。

C.4 

符号化器 C2  誤り訂正符号化器 C2 は,(28, 24)リードソロモン符号を生成する。入力の 24 バイト

から,

4 個のパリティバイト Q(C.7 参照)を出力する。

C.5 

第 遅延セクション  第 2 遅延セクションは,一連の 28 遅延(F

1

フレーム時間の

0~27D 倍)から成

る。ここで,

D は 4 に等しい。

C.6 

符号化器 C1  誤り訂正符号化器 C1 は,(32, 28)リードソロモン符号を生成する。入力の 28 バイト

から,

4 個のパリティバイト P(C.7 参照)を出力する。

C.7 

パリティ記号

C1 符号化器及び C2 符号化器の 8 個のパリティバイト P 及び Q は,次の式を満たす。

Hp = Vp = 0

Hq = Vq = 0

ベクトル

Vp 及び Vq を,図 C.3 に示す。

行列

Hp 及び Hq を,次に示す。

GF(2

8

)のフィールドに関する計算は,次の多項式によって定義される。

P(x) = x

8

 + x

4

 + x

3

 + x

2

 + 1

GF(2

8

)の原始根を次に示す。

α = (00000010)


29

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

ここで,右端のビットを最下位ビットとする。

C.8 

第 遅延セクション  第 3 遅延セクションは,C1 符号化器からの一つおきの各バイトに,F

1

フレー

ム時間の遅延を与える。

C.9 

出力

CIRC 符号化器の出力は,図 C.4 に示されるとおり,F

2

フレームにグループ化される。

P バイ

ト及び

Q バイトのすべてのパリティビットは,符号化器を出る前に反転される。符号化器の入力から出力

までのバイトの最大遅延は,

F

1

フレーム時間の

108 倍とする。バイトの最小遅延は,F

1

フレーム時間の

3

倍とする。

  図 C.1  CIRC 符号化器


30

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

  図 C.2  CIRC 復号器


31

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

 C.3  CIRC の列ベクトル  


32

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

 C.4  CIRC 符号化器出力の構造


33

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

附属書 D(規定)ビットから 14 チャネルビットへの変換 

8 ビットバイトの左端のビット及び 14 チャネルビットバイトの左端のチャネルビットは,最上位ビット

とする。データストリームにおいて,最上位チャネルビットが最初に送られる。

 D.1  ビットから 14 チャネルビットへの変換


34

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

 D.1  ビットから 14 チャネルビットへの変換  (続き)


35

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

附属書 E(規定)併合ビット 

14 個のチャネルビットの各グループは,二つの“1”の間に,及び連続するグループの間にも,2~10 個の

“0”があるという要求を満たすために,3 個の併合ビットによって前置される。この目的には 2 個の併合ビ

ットで充分であるが,ディジタル合計値

(DSV)を最小にすることを可能にするために,3 番目のビットが付

加される。与えられた位置での

DSV は,ディスクの開始から指定位置までのチャネルビットの値の合計と

する。信頼性のある半径方向トラッキングを可能にし,

HF 信号の交差の信頼性のある検知を可能にする

ために,

DSV はできるだけ 0 に近くなければならない。

併合ビットは,次のとおりでなければならない。

a) “1”の連続の間の“0”の個数は,どこでも 2~10 とする。

b)  パターン 100000000001000000000010 は,同期ヘッダの位置だけで生じる。

c) 20

kHz より低い周波数のパワースペクトルは,次に示す最小システムのスペクトル以下でなければな

らない。

DSV を初期化する。  (DSV = 0)

  データの最後まで全フレームに関して実行する。

  同期ヘッダを送る。

DSV を更新する。

33 バイトに関して実行する。(1 制御,12 データ,4 パリティ,12 データ,4 パリティ)

  バイトを獲得する。

  すべての

4 とおりの可能な併合ビット組合せに関して実行する。

次の理由で禁止された組合せか。

a)  “1”の間の 2~10 個の“0”の規則に違反する。 
b)  同期ヘッダが誤りを含む。 
はい                              いいえ

組合せをスキップする。

各組合せ及び次のバイト

(最小の DSV を与

える組合せを保つ。

)に関して DSV を決定す

る。二つの組合せが同一の最小

DSV を与え

るときは,

”1”を含む組合せを選択しなけれ

ばならない。

3 個の併合ビットを送ってから,14 個のチャネルビットが DSV を更新する。

-  同期ヘッダに関する併合ビットとしての DSV の基準に従って,000 又は 100 を送る。
-  DSV を更新。


36

X 6281:2005 (ISO/IEC 10149:1995)

     

附属書 F(参考)保存試験 

この附属書は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

ディスクがこの規格の 5.3 に規定される保存条件に成功裏に耐えるかどうかを評価するために,次の二

つの試験が実行できる。

F.1 JIS 

C 60028-2-30:2003,  環境試験方法(電気・電子)温湿度サイクル(12+12 時間サイクル)試験方法。デ

ィスクは,

40  ℃,6 サイクルの厳しさでこの試験にかけることが望ましい。

F.2 JIS 

60028-2-2:2000,  環境試験方法-電気・電子-高温(耐熱性)-試験方法。ディスクは,55  ℃,

96 時間の厳しさでこの試験にかけることが望ましい。

F.3 

これらの試験から回復した後,ディスクは,この規格のすべての必す

(須)要件を満足しなければなら

ない。

F.4 F.3 の条件を満足すれば,記録された情報は,保存期間の後に利用可能であることが期待できる。