>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 X

6102

-1993

情報交換用磁気テープリール

Magnetic tape reel for information interchange

1.

適用範囲  この規格は,JIS X 6101 に規定された情報交換用磁気テープ(以下,テープという。)を巻

くための情報交換用磁気テープリール(以下,リールという。

)について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0621

  幾何偏差の定義及び表示

JIS B 7507

  ノギス

JIS X 6101

  情報交換用磁気テープ

2.

用語の定義

(1)

リールの表面と裏面  リールをテープの駆動装置に取り付けたとき,外から見える面を表面,装置の

パネルに対する面を裏面という。

なお,裏面は書込み許可リングを取り付けるための溝をもつ。

(2)

書込み許可リング  テープに情報を記録する回路を動作状態にするとき,リールに取り付けるリング。

(3)

リールの基準面  リールの裏面側で,ハブの内側貫通部円筒面(図 の A)と書込み許可リング取付

用溝の内側面(

図 の D)との間に挟まれた環状の面を含む平面(図 の U)。

(4)

フランジ  ハブ両端に,基準面と平行に設けられた 2 枚の環状の盤。

3.

種類  リールはそのフランジの直径によって区別し,18 形,22 形及び 27 形の 3 種類とする。これら

の区分は,

表 による。

表 1  リールの種類

図 の寸法

リール記号

テープの長さ m

寸法 mm

B 18

形 183 以上

  177.80

±0.50

 22

形 366 以上

  215.90

±0.50

 27

形 732 以上 266.70

25

.

0

75

.

0

+

4.

性能

4.1

巻心(まきしん)の変形  7.5 の試験方法によって,図 の寸法 を満足しなければならない。

4.2

慣性モーメント  リールだけの慣性モーメント及びリールにテープの全長を巻いたときの総計の慣

性モーメントは,それぞれ

表 に示す値を超えてはならない。

4.3

耐衝撃性  7.7 の試験を行ったとき,リールに欠け,割れ,接着部のはがれ,変形(

1

)

などが発生して

はならない。

(

1

)

変形とは,5.に示す規定を満足しないことをいう。


2

X 6102-1993

4.4

耐熱・耐寒性  7.8 の試験を行ったとき,リールにひび,割れ,変形(

1

)

などが発生してはならない。

表 2  リールの慣性モーメント

単位 g・m

2

リール記号

リールだけの慣
性モーメント

総計の慣性モー
メント

18

0.68

  (1.59)

22

1.34

  (3.63)

27

形 2.71  10.3

備考  括弧内は参考値

5.

構造・形状・寸法

5.1

構造・形状  リールは,ハブ及び 2 枚のフランジで構成され,その形状は,図 に示す。フランジ

には,テープの巻込みの操作のために孔を設けてもよい。孔の数,形及び寸法は任意とする。リールの裏

面には,書込み許可リングを取り付けるための溝を設ける。

5.2

寸法  リール各部の寸法は,表 及び図 に示すとおりとする。ただし,フランジ部の厚さは図示

の斜線部内にあり,かつ,強度の許す限り薄くても差し支えない。フランジ表面に設ける表示やラベルな

どの突起も,

図 の斜線部からはみ出してはならない。ハブの外側円筒面(図 の C)と内側貫通部円筒

面(

図 の A)との中心軸のずれは,0.5mm 以内でなければならない。

5.3

ハブの直角度  基準面(図 の U)に対するハブの外側円筒面(図 の C)の直角度は,図 に示

す 及び の範囲において,それぞれ 0.100mm 以内及び 0.065mm 以内とする[JIS B 0621 参照]

5.4

フランジ外周部の形状  27 形リールのフランジ外周部の形状及び寸法は,図 の Y断面に示す

とおりとする。

5.5

書込み許可リングの形状及び寸法  書込み許可リングの形状及び寸法は,図 に示すとおりとする。

5.6

附属的なもの  4.及び 5.の規定に反しない限り,必要によって附属的なものを設けてもよい。


3

X 6102-1993

図 1  リール

リールの寸法

単位 mm

寸法記号

公称値

公差

備考

寸法記号

公称値

公差

備考

A

93.68

+0.13

表 参照

K

f

21.54

最大

 

−0.08

K

r

  2.03

最大

B

L 104.78

最小

C 130.18

(N)

±0.20

M

18.24

±0.13

 

(W)

±0.13

N

    1.5

D

98.42

±0.13

R

0

 

   0.38

最小

E 111.46

±0.13

R

1

 

   0.89

最小

F

  6.35

+0.25

S

r

   0.76

最大

 

 0.00

S

f

19.12

最大

J

f

15.80

+0.64

T

  4.00

最小

27

形リー

ル だ け に

適用する。

 

−0.13

W

10.34

J

r

  2.46

+0.13

 

−0.64

α

    4

°

±15


4

X 6102-1993

図 2  書込み許可リング

書込み許可リング

単位 mm

寸法記号

寸法

寸法記号

寸法

a

6.00

25

.

0

55

.

0

+

f 1.0

以下

b

5.85

±0.25

g 4.5

以上

c

1.0

以下

h 5.0

以下

d 97.70

±0.50

p

1

 

4

±1

°

e

  7

以上

p

2

 

3

°以上


5

X 6102-1993

6.

材料  リールの材料は,この規格の規定を満足し,かつ,使用に支障のない限り,何を使用してもよ

い。ただし,書込み許可リングの材料は,ポリエチレン又は相当品とする。

7.

試験

7.1

標準試験状態  温度 20±2℃,相対湿度 65±5%とする。ただし,判定に疑義を生じない限り,温度

5

∼35℃,相対湿度 45∼85%の範囲において試験して差し支えない。

7.2

形状及び寸法  5.1 及び 5.2 に規定する寸法の測定は,直径 98.42±0.13mm の平面板(リール受け台)

の中心に垂直に立てた直径 93.60

0

02

.

0

mm

の案内軸にリールをはめて行う。

7.3

ハブの直角度  JIS B 0621 による。

7.4

書込み許可リングの形状及び寸法  図 寸法は,書込み許可リングをテーパが 1 : 0.14 の円すい面

にリングの上面を上にし,かつ,その平面が円すいの軸の垂直になるように密着させてはめ,8.8N の均一

な荷重を上面から加えて測定する。

d

寸法以外の外部寸法の測定は,JIS B 7507 による。ただし,測定温度は 20±2℃とする。

7.5

巻心の変形  リールに 3.6N の張力によってテープの全長を巻いて,図 の 寸法を測定する。

7.6

慣性モーメント  リールの中心孔の周辺を支点として,リールの面が鉛直になるように支え,供試

物を 10

°の振幅で自由振動させて,その周期 T (s)  を測定する(

7

)

。慣性モーメント I (g・m

2

)

は,次の式か

ら算出される。

M

r

T

gr

I

÷

ø

ö

ç

è

æ

=

2

2

2

4

π

ここに,

g

  9.806 65m/s

2

r

図 の寸法

A

2

分の

1

。ただし単位は

m

とする。

M

供試物の質量

 (g)

(

7

)

測定は,

10

回の振動の平均をとること。

7.7

耐衝撃性  リールを

0.5m

の高さから,コンクリートの上に固定した厚さ

20mm

の硬質木板上に連続

2

回自然落下を行い,異常の有無を調べる。

なお,リールを落下する場合は,その回転軸に対して直角と水平の両方向について行うものとする。

7.8

耐熱・耐寒性  リールを温度

65

±

2

℃の恒温槽内に

4

時間置いた後,常温で

1

時間以上放置し,更に

15

±

2

℃の恒温槽内に

2

時間置いた後,常温で

1

時間以上放置する。これを

3

回繰り返し,異常の有無を

調べる。

8.

表示  リールには明りょうに,次の事項を表示しなければならない。

(1)

リールの製造業者名(又は登録商標)(

8

)

(2)

テープの製造業者名(又は登録商標)(

8

)

又はこれを表示するための余白。

(3)

製造年月又はロット番号

(

8

)

容易に判別できる通称を用いてもよい。

関連規格  ISO 1864

Information processing

Unrecorded 12.7 mm (0.5in) wide magnetic tape for information

interchange-32ftpmm (800ftpi) NRZ1, 126ftpmm (3 200ftpi) phase encoded and 356 ftpmm (9

042ftpi) NRZ1

ISO 8064

Information processing

Reels for 12.7mm (0.5in) wide magnetic tapes

Sizes 16, 18 and

22


6

X 6102-1993